• 【家電のプロが教える】防水Bluetoothスピーカーのおすすめ人気ランキング21選【2019年版】のアイキャッチ画像1枚目
  • 【家電のプロが教える】防水Bluetoothスピーカーのおすすめ人気ランキング21選【2019年版】のアイキャッチ画像2枚目
  • 【家電のプロが教える】防水Bluetoothスピーカーのおすすめ人気ランキング21選【2019年版】のアイキャッチ画像3枚目
  • 【家電のプロが教える】防水Bluetoothスピーカーのおすすめ人気ランキング21選【2019年版】のアイキャッチ画像4枚目
  • 【家電のプロが教える】防水Bluetoothスピーカーのおすすめ人気ランキング21選【2019年版】のアイキャッチ画像5枚目

【家電のプロが教える】防水Bluetoothスピーカーのおすすめ人気ランキング21選【2019年版】

スマートフォンやタブレットに保存した音楽を、キッチンやお風呂場、アウトドアで聞きたい。そんなときに活躍する防水Bluetoothスピーカー。価格や性能なども異なるあらゆる商品が販売されているため、どれを選べばいいか迷ってしまいますよね。

そこで今回はおすすめの人気の防水Bluetoothスピーカーを、価格帯別に人気ランキング形式でご紹介します。また記事前半では、家電のプロである家電販売員のたろっささんにお聞きした選び方のポイントも解説しますよ。この記事を参考にして、あなたにぴったりな1台を見つけちゃいましょう!

この記事に登場する専門家

たろっさ
折原 一也
  • 最終更新日:2019年02月25日
  • 282,278  views
目次

防水Bluetoothスピーカーの選び方

今回は防水Bluetoothスピーカーの選び方について、ショップ販売員として10年以上のキャリアを持ち、法人ナンバーワン販売員にも輝いたご経験のある、家電販売員のたろっささんに取材させていただきました。

用途・ニーズによってさまざまな選び方がありますので、どんなシーンで使うのか明確にしてから以下のポイントを確認していきましょう。
防水Bluetoothスピーカーの選び方
<取材協力:たろっささん>
家電販売員として10年以上のキャリアを持ち、通算約25億円の取引実績をあげる。現在は年間2億円強を売り上げており、「法人ナンバーワン販売員」としての表彰も経験。

家電アドバイザー(ゴールド)・家電エンジニア・フォトマスター検定1級・販売士2級等の資格も取得し、あらゆる家電製品に精通している。

ブログ:http://taromomo.com/
Twitter:https://twitter.com/momoandtaro8931

防水性能は「IPX5以上」が必須

防水性能は「IPX5以上」が必須

出典:amazon.co.jp

防水・防塵性能は「IP○△」のように表され、○に入る数字が防塵、△に入る数字が防水についての保護等級を意味しています。例えば防水機能のみを備えたモデルでは「IPX5」、両方備えていれば「IP56」といった形です。

雨の中での屋外使用を想定しているのであれば「IPX5」以上、お風呂・海・川・プールなど水没の危険性がある場所で使いたいなら「IPX7」以上の防水性能がある製品を選んでください。水辺や砂浜で使うのであれば、IP5以上の製品を購入するのが理想的です。
たろっさ
家電販売員/アドバイザー
たろっささんのコメント
「IPX4以上が完全防水」という考え方が浸透していますが、これは大きな間違いです。IPX4は防沫型なので、飛沫がかかる程度しか耐えられないんです。間違えて10分間シャワーをかけてしまったなんてことがあれば、確実に壊れてしまいます。

中には、水中で操作できるほど高い防水性を備えたIPX8の商品も販売されています。しかし残念ながら音質は今一歩。やはり音質と防水、両方を兼ね備えたスピーカーを求めるのは難しいのかもしませんね。

音質を決める3つのポイントをチェック

タフに使える防水Bluetoothスピーカーだからと言って、決して妥協できないのが音質。「コーデック」「スピーカー」「W数」に注目し、音にもこだわりながら選んでいきましょう。

「AAC」以上のコーデックなら遅延が気にならない

「AAC」以上のコーデックなら遅延が気にならない

出典:amazon.co.jp

音源を圧縮変換する仕組みであるコーデックは、SBC<AAC<apt-X<LDACの順に音質がよくなり、音の遅延も発生しにくくなります。音質にこだわって選びたい方やスマホ・タブレットを使用して動画観賞をしたい方は、AAC以上のコーデックに対応した防水Bluetoothスピーカーを選んでください。

ただし受信機器と送信機器とでコーデックが異なると、最高のパフォーマンスを引き出せません。使用したい送信機器の仕様をチェックしてから、最適なコーデックを選択していきましょう。
たろっさ
家電販売員/アドバイザー
たろっささんのコメント
実はAACやapt-Xに対応している安価な製品よりも、3万円ほどの高価なSBC対応製品のほうが音質がいい場合もあるんです。しかしSBCだと0.5秒ほど音ズレしてしまうので、使用用途は音楽を聴くのみに限られてしまいます。

ちなみにiPhoneを始めとするApple製品ではSBCとAAC、Androidのスマホはapt-Xまで、SONYのXperiaはLDACのハイレゾに対応していますので、こちらも参考にしながら選んでみてくださいね。

音質にこだわるなら迷わず「ステレオ」を選んで

音質にこだわるなら迷わず「ステレオ」を選んで

出典:amazon.co.jp

使用されているスピーカーの種類によっても、音質は変化します。音質にこだわるのであればスピーカー1基のモノラルではなく、必ずスピーカー2基のステレオの製品をチェックしていきましょう。少々お値段は張りますが、音量を上げてもひずみや音割れが発生しづらく、音の立体感も感じられます。

たろっさ
家電販売員/アドバイザー
たろっささんのコメント
低音域を増強させるパッシブラジエーターが搭載されているかも注目しておきたいところですが、それ以上にステレオを選ぶことが何よりも重要です。低音と高音の音域も広がるので、音自体の抜けが格段によくなるんですよ。

お風呂で使うなら「10W」以上を目安に。低音の響き方もW数で判断

お風呂で使うなら「10W」以上を目安に。低音の響き方もW数で判断

出典:amazon.co.jp

どの程度の音量を出せるかは、スピーカーの最大出力W数を見ることで判断できます。

テントほどの狭さであれば5W未満でも事足りますが、それ以上の広い場所やシャワーを浴びている最中だと10Wは欲しいところ。10Wクラスなら水場に限らず、部屋の据え置きオーディオとしても大いに満足できるでしょう。


またW数が大きくなるほど、低音もよく響くようになります。使用場所の広さだけでなく、好きな音楽の系統に合わせて選んでいくのもひとつの方法ですよ。
たろっさ
家電販売員/アドバイザー
たろっささんのコメント
ただしあまり大きく音を出力してしまうと音がひずみ、音割れを起こす場合もあります。その場合は元々の音源の音質によるところが非常に大きいですので、割れてるなと感じたら素直に音量を下げてくださいね。

バッテリーは7~8時間くらい連続使用できると便利

バッテリーは7~8時間くらい連続使用できると便利

出典:amazon.co.jp

アウトドアなどの屋外での使用を目的にしている方は、7~8時間ほどバッテリーが保つ防水Bluetoothスピーカーを選んでおきたいところです。

10時間以上連続で使える製品を選んでも問題ないですが、スマホ等の送信側のバッテリーが持たないため、結局モバイルバッテリーを使う必要が出てきます。もし電源のない場所で長時間使用したいのであれば、モバイルバッテリーを使うことを前提としておきましょう。
たろっさ
家電販売員/アドバイザー
たろっささんのコメント
バッテリーの残量がそろそろ怪しいなと思ったら、低音の少ないJ-POPやハウスミュージックを中心にかけてみてください。

低音になるほど空気を大きく振動させる必要があるので、スピーカーの消費電力も増してしまうんです。もちろん音量を小さくしたり、接続機器の距離を物理的に近づけたりするのも効果的ですよ。

Bluetoothのバージョンは大きいほど最新。送信機器の確認も忘れずに

Bluetoothのバージョンは大きいほど最新。送信機器の確認も忘れずに

出典:amazon.co.jp

防水Bluetoothスピーカーのパフォーマンスを最大限引き出すためにも、Bluetoothのバージョンにもこだわって選んでみましょう。バージョンの数字が大きくなるほど、省電力になったり新しい機能が搭載されたりと、最新かつ高性能になります。

ただし、いくら受信機器である防水Bluetoothスピーカーのバージョンが最新でも、お手持ち送信機器が上位バージョンに対応していなければ意味がありません。

下位互換性があるため、バージョンが異なる場合でも致命的な問題にはなりにくいですが、送信・受信双方のBluetoothバージョンを確認してから購入しておくのが賢明です。

たろっさ
家電販売員/アドバイザー
たろっささんのコメント
バージョン4.1以上には、自動再接続機能が搭載されています。ふとした瞬間に通信が切れてしまっても勝手に再接続してくれますので、Bluetoothの便利さがさらにアップしました!

耐衝撃性を備えているとかなり理想的

耐衝撃性を備えているとかなり理想的

出典:amazon.co.jp

アウトドアやお風呂など、衝撃が加わりやすい場所で使用することが多い防水Bluetoothスピーカー。故障リスクを下げるためにも、耐衝撃性にも注目しておきましょう。耐衝撃性の場合は万が一のことを考えて、1.5m以上あるものを選択するのがおすすめです。
たろっさ
家電販売員/アドバイザー
たろっささんのコメント
テーブルやキッチン台、お風呂など、防水Bluetoothスピーカーを日常生活に使う場所は、基本的に1.5mより低いんです。よっぽど高い場所に置かない限り、1.5mの耐衝撃性を備えている製品を選んでおけば大丈夫ですよ。

「防水性はバッチリだけど衝撃には弱い」という商品も多いですが、アウトドアだと急に地面に角落ちさせてしまったりなんてことも多々ありますので、商品スペックまでしっかり確認しておいてくださいね。

プロの愛用するおすすめの防水Bluetoothスピーカー

まずはランキングの前に、プロの愛用するおすすめの防水Bluetoothスピーカーをご紹介します。プロのおすすめポイントを参考に、必要な性能がそろったものを見つけてくださいね。
専門家の
マイベスト

ソニーワイヤレスポータブルスピーカー

SRS-XB21

6,900円 (税込)

専門家の
マイベスト

防水Bluetoothスピーカー(3,000円未満)の人気ランキング7選

ここからは、人気の防水Bluetoothスピーカーをランキング形式で発表します。予算に合わせて選べるよう「3,000円未満」「3,000~7,000円」「7000円以上」と、3つの価格帯に分けてご紹介。まずは3,000円以下のお手頃な防水Bluetoothスピーカーから見ていきましょう。

7位

WillnornSoundPlus ポータブル Bluetooth スピーカー

1,999円 (税込)

防水性能IPX5
コーデックSBC
ステレオ
最大出力W数10W
連続使用時間約24時間
BluetoothのバージョンBluetooth4.1
耐衝撃性記載なし
6位

幸福SHOP防水 スピーカー

2,305円 (税込)

防水性能IPX5
コーデックSBC
ステレオ記載なし
最大出力W数5W
連続使用時間約3~5時間
BluetoothのバージョンBluetooth3.0
耐衝撃性
5位

サンワダイレクト防水 Bluetoothスピーカー

400-SP073

2,980円 (税込)

防水性能IPX7
コーデックSBC
ステレオ×
最大出力W数8W
連続使用時間4時間
BluetoothのバージョンBluetooth2.1
耐衝撃性記載なし
4位
防水性能IP67
コーデックSBC
ステレオ×
最大出力W数7W
連続使用時間10時間
BluetoothのバージョンBluetooth4.2
耐衝撃性
3位
防水性能IPX6
コーデックSBC
ステレオ
最大出力W数10W
連続使用時間最大12時間
BluetoothのバージョンBluetooth4.2
耐衝撃性
2位

サンワダイレクトBluetoothスピーカー ポータブル

400-SP069R

2,880円 (税込)

防水性能IP55
コーデックSBC
ステレオ
最大出力W数6W
連続使用時間2~2.5時間
BluetoothのバージョンBluetooth4.2
耐衝撃性記載なし
1位
防水性能IPX7
コーデックSBC
ステレオ記載なし
最大出力W数3W
連続使用時間約10時間
BluetoothのバージョンBluetooth4.0
耐衝撃性記載なし

人気防水Bluetoothスピーカー(3,000円未満)の比較一覧表

商品画像
1
防水Bluetoothスピーカー Anker SoundCore Sport

Anker

2
防水Bluetoothスピーカー サンワダイレクト Bluetoothスピーカー ポータブル

サンワダイレクト

3
防水Bluetoothスピーカー Yantop Bluetoothスピーカー

Yantop

4
防水Bluetoothスピーカー Tronsmart Bluetoothスピーカー

Tronsmart

5
防水Bluetoothスピーカー サンワダイレクト 防水 Bluetoothスピーカー

サンワダイレクト

6
防水Bluetoothスピーカー 幸福SHOP 防水 スピーカー

幸福SHOP

7
防水Bluetoothスピーカー Willnorn SoundPlus ポータブル Bluetooth スピーカー

Willnorn

商品名

SoundCore Sport

Bluetoothスピーカー ポータブル

Bluetoothスピーカー

Bluetoothスピーカー

防水 Bluetoothスピーカー

防水 スピーカー

SoundPlus ポータブル Bluetooth スピーカー

特徴防水性能IPX7で水辺に持ち出しても安心!2つの3Wスピーカーで低音を響かせるモバイル機器やPCにつないで色々使える!屋外使用にぴったりの防水&防塵タイプ立てても寝かせてもOKな四角いボディ落としても安心の耐衝撃モデルポケットにも入って携帯性抜群
価格2,999円(税込)2,880円(税込)2,348円(税込)1,780円(税込)2,980円(税込)2,305円(税込)1,999円(税込)
防水性能IPX7IP55IPX6IP67IPX7IPX5IPX5
コーデックSBCSBCSBCSBCSBCSBCSBC
ステレオ記載なし××記載なし
最大出力W数3W6W10W7W8W5W10W
連続使用時間約10時間2~2.5時間最大12時間10時間4時間約3~5時間約24時間
BluetoothのバージョンBluetooth4.0Bluetooth4.2Bluetooth4.2Bluetooth4.2Bluetooth2.1Bluetooth3.0Bluetooth4.1
耐衝撃性記載なし記載なし記載なし記載なし
商品リンク

防水Bluetoothスピーカー(3,000円~7,000円)の人気ランキング7選

続いて、3,000円~7,000円という中価格帯のおすすめBluetoothスピーカーをご紹介します。その後で7,000円以上に限定した高スペックモデルのランキングを発表しますので、合わせてご参考ください。

7位
防水性能IPX7
コーデックSBC
ステレオ記載なし
最大出力W数3W
連続使用時間5時間
BluetoothのバージョンBluetooth4.1
耐衝撃性記載なし
6位

ソニーワイヤレスポータブルスピーカー

SRS-XB10

6,100円 (税込)

防水性能IPX5
コーデックSBC/AAC
ステレオ
最大出力W数5W
連続使用時間約16時間
BluetoothのバージョンBluetooth4.2
耐衝撃性記載なし
5位

オウルテックダイレクトBluetooth ワイヤレススピーカー

OWL-BTSPWP02

3,980円 (税込)

防水性能IP66
コーデックSBC
ステレオ記載なし
最大出力W数6W
連続使用時間8時間
BluetoothのバージョンBluetooth4.0
耐衝撃性記載なし
4位
防水性能IPX6
コーデックSBC
ステレオ
最大出力W数10W
連続使用時間最大8時間
BluetoothのバージョンBluetooth4.2
耐衝撃性記載なし
3位

KateliaBluetooth搭載防水スピーカー

3,240円 (税込)

防水性能IP65
コーデックSBC
ステレオ
最大出力W数10W
連続使用時間約12時間
BluetoothのバージョンBluetooth4.1
耐衝撃性記載なし
2位
防水性能IPX5
コーデックSBC
ステレオ
最大出力W数20W
連続使用時間最大12時間
BluetoothのバージョンBluetooth4.2
耐衝撃性記載なし
1位
防水性能IPX5
コーデックSBC
ステレオ
最大出力W数12W
連続使用時間最大24時間
BluetoothのバージョンBluetooth4.2
耐衝撃性記載なし

人気防水Bluetoothスピーカー(3,000円~7,000円)の比較一覧表

商品画像
1
防水Bluetoothスピーカー Anker SoundCore 2

Anker

2
防水Bluetoothスピーカー Anker SoundCore Boost

Anker

3
防水Bluetoothスピーカー Katelia Bluetooth搭載防水スピーカー

Katelia

4
防水Bluetoothスピーカー Nimaso ワイヤレススピーカー

Nimaso

5
防水Bluetoothスピーカー オウルテックダイレクト Bluetooth ワイヤレススピーカー

オウルテックダイレクト

6
防水Bluetoothスピーカー ソニー ワイヤレスポータブルスピーカー

ソニー

7
防水Bluetoothスピーカー JBL GO2 Bluetoothスピーカー

JBL

商品名

SoundCore 2

SoundCore Boost

Bluetooth搭載防水スピーカー

ワイヤレススピーカー

Bluetooth ワイヤレススピーカー

ワイヤレスポータブルスピーカー

GO2 Bluetoothスピーカー

特徴最長24時間使えるパワフルバッテリー迫力の低音でパーティにも!ライトの色でバッテリーの状態をお知らせ防災用品としても◎なラジオ機能つき海や川に!水に落としても沈まないペアリングが簡単でスマートに使えるカラバリ豊富!「JBL」ロゴもおしゃれ
価格4,999円(税込)6,999円(税込)3,240円(税込)3,399円(税込)3,980円(税込)6,100円(税込)3,764円(税込)
防水性能IPX5IPX5IP65IPX6IP66IPX5IPX7
コーデックSBCSBCSBCSBCSBCSBC/AACSBC
ステレオ記載なし記載なし
最大出力W数12W20W10W10W6W5W3W
連続使用時間最大24時間最大12時間約12時間最大8時間8時間約16時間5時間
BluetoothのバージョンBluetooth4.2Bluetooth4.2Bluetooth4.1Bluetooth4.2Bluetooth4.0Bluetooth4.2Bluetooth4.1
耐衝撃性記載なし記載なし記載なし記載なし記載なし記載なし記載なし
商品リンク

防水Bluetoothスピーカー(7,000円以上)の人気ランキング7選

最後に7,000円以上の防水Bluetoothスピーカーをご紹介します。少し値は張りますが音質の良いモノばかり!音にこだわりたい方は必見です。

7位

オウルテックダイレクト防水ワイヤレスステレオスピーカー

OWL-BTSP06

7,980円 (税込)

防水性能IP67
コーデックSBC
ステレオ
最大出力W数12W
連続使用時間約20時間
BluetoothのバージョンBluetooth4.2
耐衝撃性
6位
防水性能IPX7
コーデックSBC
ステレオ
最大出力W数60W
連続使用時間約24時間
BluetoothのバージョンBluetooth4.2
耐衝撃性記載なし
5位

ソニーワイヤレスポータブルスピーカー

SRS-XB21

8,403円 (税込)

防水性能IPX7
コーデックSBC/AAC/LDAC
ステレオ
最大出力W数14W
連続使用時間約12時間
BluetoothのバージョンBluetooth4.2
耐衝撃性記載なし
4位

ソニーワイヤレスポータブルスピーカー

SRS-XB30

12,800円 (税込)

防水性能IPX5
コーデックSBC/AAC/LDAC
ステレオ
最大出力W数40W
連続使用時間約24時間
BluetoothのバージョンBluetooth4.2
耐衝撃性記載なし
3位

ソニーワイヤレスポータブルスピーカー

SRS-XB31

16,675円 (税込)

防水性能IPX7
コーデックSBC/AAC/LDAC
ステレオ
最大出力W数30W
連続使用時間最大24時間
BluetoothのバージョンBluetooth4.0
耐衝撃性記載なし
2位

JBLFLIP4 Bluetoothスピーカー

JBLFLIP4BLK

10,575円 (税込)

防水性能IPX7
コーデックSBC
ステレオ
最大出力W数16W
連続使用時間約12時間
BluetoothのバージョンBluetooth4.2
耐衝撃性記載なし
1位

JBLCHARGE3 Bluetoothスピーカー

JBLCHARGE3BLKJN

13,638円 (税込)

防水性能IPX7
コーデックSBC
ステレオ
最大出力W数20W
連続使用時間最大20時間
BluetoothのバージョンBluetooth4.1
耐衝撃性記載なし

人気防水Bluetoothスピーカー(7,000円以上)の比較一覧表

商品画像
1
防水Bluetoothスピーカー JBL CHARGE3 Bluetoothスピーカー

JBL

2
防水Bluetoothスピーカー JBL FLIP4 Bluetoothスピーカー

JBL

3
防水Bluetoothスピーカー ソニー ワイヤレスポータブルスピーカー

ソニー

4
防水Bluetoothスピーカー ソニー ワイヤレスポータブルスピーカー

ソニー

5
防水Bluetoothスピーカー ソニー ワイヤレスポータブルスピーカー

ソニー

6
防水Bluetoothスピーカー JBL BOOMBOX

JBL

7
防水Bluetoothスピーカー オウルテックダイレクト 防水ワイヤレスステレオスピーカー

オウルテックダイレクト

商品名

CHARGE3 Bluetoothスピーカー

FLIP4 Bluetoothスピーカー

ワイヤレスポータブルスピーカー

ワイヤレスポータブルスピーカー

ワイヤレスポータブルスピーカー

BOOMBOX

防水ワイヤレスステレオスピーカー

特徴水没させても安心!パッシブラジエーターで迫力の音量を実現SiriやGoogle Nowで音声操作もできる!スマホからイコライジングも。専用アプリで楽しみ広がる置き方は自由、お好みで設置可能シリーズ最小にして大満足の表現力BBQ・キャンプ・お花見など、大勢で楽しむのにぴったりタフな使い方ができるアウトドア向けスピーカー
価格13,638円(税込)10,575円(税込)16,675円(税込)12,800円(税込)8,403円(税込)37,314円(税込)7,980円(税込)
防水性能IPX7IPX7IPX7IPX5IPX7IPX7IP67
コーデックSBCSBCSBC/AAC/LDACSBC/AAC/LDACSBC/AAC/LDACSBCSBC
ステレオ
最大出力W数20W16W30W40W14W60W12W
連続使用時間最大20時間約12時間最大24時間約24時間約12時間約24時間約20時間
BluetoothのバージョンBluetooth4.1Bluetooth4.2Bluetooth4.0Bluetooth4.2Bluetooth4.2Bluetooth4.2Bluetooth4.2
耐衝撃性記載なし記載なし記載なし記載なし記載なし記載なし
商品リンク

お風呂用スピーカーをお探しならこちらもチェック!

以下の記事では、お風呂用のスピーカーをご紹介しています。バスタイムに音楽を楽しみたい方は、ぜひこちらもチェックしてみてくださいね。

まとめ

おすすめの防水Bluetoothスピーカーを厳選してご紹介しましたが、いかがでしたか?

音楽を聴きたい場所・シチュエーションなどにぴったりの防水Bluetoothスピーカーを見つけて、素敵な音楽ライフを楽しんで下さいね。

関連記事

人気の記事

人気のアイテムリスト

カテゴリから探す