1. TOP
  2. >
  3. パソコン
  4. >
  5. ノートパソコン
  6. >
  7. 5万円以下のノートパソコンおすすめ人気ランキング10選【2020年最新版】
  • 5万円以下のノートパソコンおすすめ人気ランキング10選【2020年最新版】のアイキャッチ画像1枚目
  • 5万円以下のノートパソコンおすすめ人気ランキング10選【2020年最新版】のアイキャッチ画像2枚目
  • 5万円以下のノートパソコンおすすめ人気ランキング10選【2020年最新版】のアイキャッチ画像3枚目
  • 5万円以下のノートパソコンおすすめ人気ランキング10選【2020年最新版】のアイキャッチ画像4枚目
  • 5万円以下のノートパソコンおすすめ人気ランキング10選【2020年最新版】のアイキャッチ画像5枚目

5万円以下のノートパソコンおすすめ人気ランキング10選【2020年最新版】

高スペックはいらないけれど、ちょっとした作業に使えるノートパソコンが1台欲しい…という方にぜひ検討してほしいのが、5万円以下の価格帯の製品。ブラウジングやメールチェックをするだけ、またサブ機として使うだけなら、5万円以下でも充分なものが手に入ります。中には安いのにMicrosoftOfficeまで搭載されている製品もありますよ。

今回は、ASUS・Lenovo・HPなど、人気メーカーから販売されている低価格ノートパソコンの選び方と、おすすめ商品をランキング形式で紹介します。選び方のポイントを押さえて、コスパがよく使いやすいパソコンを手に入れましょう!

この記事に登場する専門家

山本 竜也
鈴木 章史
  • 最終更新日:2020年03月31日
  • 244,156  views
目次

5万円以下のノートパソコンの選び方

まずは、5万円以下のノートパソコンの選び方をご紹介します。画面サイズやストレージ、接続端子など基本的なポイントを押さえていきましょう。

用途にあった画面サイズを選ぼう

用途にあった画面サイズを選ぼう
5万円以下といっても選べる画面サイズは多岐にわたるため、自分の用途にあった画面サイズのモデルから絞ってみましょう。まず、自宅で据え置き型パソコンとして利用するなら、15.6インチがおすすめ。フルHDの見やすい画面を探している人にも向いています。

また、持ち運ぶこともあるなら、比較的作業領域が大きい13~14インチがよいでしょう。頻繁に持ち運べる軽量モデルを探しているなら、重量が1kg程度の10~13インチモデルも選択肢に入ってきます。


ただし、15インチ以下の高スペックノートは5万円以上になりやすいです。5万円以内のコンパクトサイズは軽作業に対応できるサブノートとして使う予定の人におすすめします。

容量と転送速度を比較してストレージを選ぼう

5万円以内に抑えたノートパソコンは、データを保存しておくストレージの種類と容量が価格に大きな影響を与えます。自分の用途に合ったストレージ、かつコストを抑えられる基準をチェックしておきましょう。

必要最低限の容量でいいなら「eMMC」がおすすめ

必要最低限の容量でいいなら「eMMC」がおすすめ
本体のストレージ容量がほとんど必要ないなら「eMMC」搭載モデルがおすすめです。コストを一番抑えられるので、5万円以下のモデルも多数。HDDより起動が速いこともメリットです。本体ストレージを利用せず、外付けストレージや、クラウドをメインに利用している人にも、eMMC搭載品がピッタリですね。

ただし、eMMCはフラッシュメモリの一種です。低価格のeMMC搭載モデルの容量はかなり低い事が多いので、メインPCとして使う場合は注意してください。費用面のメリットはありますが、データ容量が足りなくなった場合により容量の大きなものに換装するのは難しいため、SSD・HDDを別途付けるか外付けストレージで対応する必要があります。

転送速度の速さと容量のバランスがよいのは「SSD」

転送速度の速さと容量のバランスがよいのは「SSD」

本体ストレージも利用したいし、読み書き速度も速いものがいい、という場合は「SSD」を搭載したモデルから選びましょう。SSDは、eMMCと同じくフラッシュメモリーですので動作音も静か。ディスクが無い分、耐久性が高いのも特徴です。


5万円以下であればSSD128~256GBのモデルが選択肢となります。SSD128GBであれば、5分6MBの音楽データを2万曲、2MBの写真データを約6万枚保存できる容量です。


もし、それ以上の容量が必要な場合は、外付けストレージで対応するか、クラウド・もしくは次に紹介するHDD搭載モデルを選ぶといいでしょう。

起動・読み書き速度より容量優先の場合は「HDD」を

起動・読み書き速度より容量優先の場合は「HDD」を
外部ストレージを使用せず、本体に大容量データを保存する場合は、HDD搭載モデルを検討してみましょう。HDDはSSD・eMMCより起動速度・データ転送速度が遅いですが、容量を気にせずデータを保存可能です。

5万円以下のモデルなら、HDD500GB~1TBから選ぶことになります。かなり豊富なストレージですので、音楽・写真・動画データを大量に保存する予定の人は、容量を重視してHDDを選択するのがベストでしょう。

処理能力優先なら「Core i」搭載モデルから選択

処理能力優先なら「Core i」搭載モデルから選択

多少パソコンに負荷のかかりそうな作業をする可能性があるなら、先にCPUに求めるスペックを決めてから選ぶのがおすすめ。処理能力を左右するCPUが、高性能なCore iシリーズのモデルだと満足できる一台を見つけられるでしょう。とくに、Core iシリーズの第8世代であれば、かなりの高性能になります。


ただし、5万円以下の場合、CPUとストレージのどちらも高スペックなモデルを手に入れるのは困難です。処理能力を優先するのであれば、選べるストレージが限られることは覚えておきましょう。


逆に、ネット・文章作成などの軽作業メインであれば、CPUを安価なAMD製やCeleronにして、ストレージをSSD256GBにするのもありですよ。

持ち運ぶなら、駆動時間10時間以上を目安に

持ち運ぶなら、駆動時間10時間以上を目安に

頻繁にノートパソコンを持ち運ぶ人は、ストレージ・CPUと合わせて駆動時間も比較してみましょう。さすがに20時間以上のモデルには手が届きませんが、5万円以下でも10~15時間の駆動時間に対応しているモデルがあります。


据え置き型なら10時間以下でも問題ありませんが、外出先でインターネット・メールだけでなく、複数ソフトを起動したり、動画を見たりしたいなら10時間以上のモデルを選ぶと安心ですよ。

使い方の幅を広げるインターフェースをチェック

使い方の幅を広げるインターフェースをチェック

5万円以下のモデルの中から、より汎用性の高いものを選びたければ、USB端子だけでなくHDMI端子の有無をチェックしておきましょう。HDMI端子が搭載されていれば、外部モニターに出力することができ、仕事でもプライベートでも使い方の幅が広がります。


また、ストレージ容量でコストを抑えて外付けストレージで補うなら、転送速度の早いUSB3.0・USBTypeC端子を搭載したモデルが最適。本体価格を抑えながら、快適な環境を手に入れるならインターフェースのチェックは必須です。

仕事で使うなら「Office」の有無も確認しよう

仕事で使うなら「Office」の有無も確認しよう

仕事でWord・Excel・Powerpointなどを使用する人は、「Office」ソフトがインストールされているモデルがおすすめです。ただし、5万円以下のノートパソコンの中でもOffice付きは、予算ギリギリ。処理能力が落ちたり、ストレージ容量が少なかったりとスペックが犠牲になります。


そのため、本体のスペック重視で選びたいのであれば、別途「Office」や互換性のある「キングソフト」を購入するのもひとつの方法。プライベート利用なら無料で使えるGoogleドキュメントやスプレッドシートを活用するのもありですよ。

プロの愛用するおすすめの5万円以下のノートパソコン

まずはランキングの前に、プロの愛用するおすすめの5万円以下のノートパソコンをご紹介します。プロのおすすめポイントを参考に、コスパの高いノートパソコンを見つけてくださいね。
専門家の
マイベスト
専門家の
マイベスト

5万円以下のノートパソコンおすすめ人気ランキング10選

それではここからは、5万円以下で購入できる人気のノートパソコンをランキング形式で見ていきましょう。

なお、執筆時点で消費税別の本体価格5万円以下のものを紹介していますが、価格変動により、閲覧時には5万円を超えている可能性もあります。あらかじめご了承ください。


またランキングは、Amazon・楽天・Yahoo!ショッピングなど各ECサイトの売れ筋ランキング(2020年3月3日時点)をもとにして順位付けしています。

10位
画面サイズ10.1インチ
重量900g
ストレージeMMC 16GB
CPUOP1 Hexa-core(Dual A72, Quad A53)
駆動時間約9時間
インターフェースUSBType-C×2・USB2.0×1・microSDXC・microSDHC・microSD
Office-
発売時期2019年7月
9位
画面サイズ13.3インチ
重量1.35kg
ストレージeMMC 64GB
CPUApollo Lake N3350
駆動時間-
インターフェースUSB3.0×2・mini HDMI・microSD
Office-
発売時期2019年9月
8位
画面サイズ11.6インチ
重量約999g
ストレージeMMC 32GB
CPUCeleron N3350
駆動時間11.3時間
インターフェースUSBTypeC×2・USB3.0×1・microSD
Office-
発売時期2018年10月
7位
画面サイズ15.6インチ
重量1.5kg
ストレージSSD 480GB
CPUCeleron J3160
駆動時間約4~8時間
インターフェースUSB3.0・mini HDMI・microSD
Office
発売時期2019年11月
6位
画面サイズ14.1インチ
重量1.39kg
ストレージeMMC 64GB
CPUCeleron 3867U(Kaby Lake-R)
駆動時間7時間
インターフェースUSB3.0 TypeC×1・USB3.0×1・USB2.0×1・HDMI
Office-
発売時期2019年8月
5位
画面サイズ11.6インチ
重量約1.2kg
ストレージeMMC 32GB
CPUCeleron N4000
駆動時間約13時間
インターフェースUSB3.1TypeC×2・USB3.0×2・microSD
Office-
発売時期2019年9月
4位
5万円以下 ノートパソコン HP(ヒューレット・パッカード) HP Stream 11-ak0000 1枚目
出典:amazon.co.jp

HP(ヒューレット・パッカード)HP Stream 11-ak0000

9DS45PA-AAAA

29,500円 (税込)

画面サイズ11.6インチ
重量約1kg
ストレージeMMC 64GB
CPUCeleron N4000
駆動時間13時間30分
インターフェースUSB3.1Gen1×2・USB Type-C3.1・HDMI・microSD
Office-
発売時期2020年1月
3位
画面サイズ11.6インチ
重量1.96kg
ストレージeMMC 64GB
CPUCeleron N4000
駆動時間-
インターフェースUSB2.0×1・USB3.0×2・HDMI・SDカード・イーサネット(RJ45)×1
Office
発売時期2019年9月
2位
画面サイズ14インチ
重量約1.5kg
ストレージeMMC 32GB
CPUMediaTek MT8173C
駆動時間約10時間
インターフェースUSB3.0Type-C×1・USB3.0×1・HDMI・SDカード
Office-
発売時期2019年6月
1位
画面サイズ14.1インチ
重量1.3kg
ストレージSSD 64GB
CPUAtom x5-Z8350
駆動時間約9.5時間
インターフェースUSB3.0×1・USB2.0×1・HDMI・microSD
Office
発売時期2018年9月

5万円以下のノートパソコンの比較一覧表

商品画像
1
5万円以下 ノートパソコン グローバル商事 GLM Z8350 1枚目

グローバル商事

2
5万円以下 ノートパソコン レノボ Chromebook  S330 1枚目

レノボ

3
5万円以下 ノートパソコン Acer Aspire1 1枚目

Acer

4
5万円以下 ノートパソコン HP(ヒューレット・パッカード) HP Stream 11-ak0000 1枚目

HP(ヒューレット・パッカード)

5
5万円以下 ノートパソコン ASUStek Chromebook C204MA 1枚目

ASUStek

6
5万円以下 ノートパソコン FFF SMART LIFE CONNECTED MAL-FWTVPC02BB 1枚目

FFF SMART LIFE CONNECTED

7
5万円以下 ノートパソコン wajun(ワジュン) wajun Pro-9 1枚目

wajun(ワジュン)

8
5万円以下 ノートパソコン ASUStek Chromebook C223NA 1枚目

ASUStek

9
5万円以下 ノートパソコン Jumper EZbook X3 1枚目

Jumper

10
5万円以下 ノートパソコン ASUS(エイスース) Chromebook Flip 1枚目

ASUS(エイスース)

商品名

GLM Z8350

Chromebook S330

Aspire1

HP Stream 11-ak0000

Chromebook C204MA

MAL-FWTVPC02BB

wajun Pro-9

Chromebook C223NA

EZbook X3

Chromebook Flip

特徴軽量でハイスペック!Office搭載でコスパ◎のバランス型Googleアプリを使いこなす方におすすめブルーライトシールド搭載!タッチパッド操作が便利コンパクトでお手頃!13時間以上の駆動時間も魅力長時間の持ち歩きにも安心のタフ&充電長持ち仕様薄型でサクサク動く!コスパのいいノートPC大画面で薄型!Officeが使えて基本的な機能を網羅軽量+堅牢+長時間バッテリーでモビリティ性◎グラフィックにもこだわったサブ使用にも便利なPCタブレットの手軽さとノートPCの使いやすさを兼備
最安値
34,800
送料要確認
詳細を見る
22,980
送料要確認
詳細を見る
29,500
送料要確認
詳細を見る
29,800
送料別
詳細を見る
32,900
送料無料
詳細を見る
27,555
送料無料
詳細を見る
30,992
送料要確認
詳細を見る
27,800
送料無料
詳細を見る
画面サイズ14.1インチ14インチ11.6インチ11.6インチ11.6インチ14.1インチ15.6インチ11.6インチ13.3インチ10.1インチ
重量1.3kg約1.5kg1.96kg約1kg約1.2kg1.39kg1.5kg約999g1.35kg900g
ストレージSSD 64GBeMMC 32GBeMMC 64GBeMMC 64GBeMMC 32GBeMMC 64GBSSD 480GBeMMC 32GBeMMC 64GBeMMC 16GB
CPUAtom x5-Z8350MediaTek MT8173CCeleron N4000Celeron N4000Celeron N4000Celeron 3867U(Kaby Lake-R)Celeron J3160Celeron N3350Apollo Lake N3350OP1 Hexa-core(Dual A72, Quad A53)
駆動時間約9.5時間約10時間-13時間30分約13時間7時間約4~8時間11.3時間-約9時間
インターフェースUSB3.0×1・USB2.0×1・HDMI・microSDUSB3.0Type-C×1・USB3.0×1・HDMI・SDカードUSB2.0×1・USB3.0×2・HDMI・SDカード・イーサネット(RJ45)×1USB3.1Gen1×2・USB Type-C3.1・HDMI・microSDUSB3.1TypeC×2・USB3.0×2・microSDUSB3.0 TypeC×1・USB3.0×1・USB2.0×1・HDMIUSB3.0・mini HDMI・microSDUSBTypeC×2・USB3.0×1・microSDUSB3.0×2・mini HDMI・microSDUSBType-C×2・USB2.0×1・microSDXC・microSDHC・microSD
Office-------
発売時期2018年9月2019年6月2019年9月2020年1月2019年9月2019年8月2019年11月2018年10月2019年9月2019年7月
商品リンク

安さが最重要なら3万円台の製品もおすすめ

今回は5万円以下のノートパソコンということで、4万円以上の製品もご紹介しましたが、「とにかく安さを追求したい!」という場合は、以下の記事も参考になりますよ。3万円台というかなり低価格な部類の製品を紹介していますので、ぜひチェックしてみてくださいね。

まとめ

いかがだったでしょうか。5万円以下のノートパソコンにも大きさや性能面など、意外にバリエーションがありました。価格と相談しながら満足できる使い心地のものを選んでいきたいですね。どんな使い方をするのかを検討したうえで、お気に入りの商品を探してみてくださいね!

当サイトでは、JANコードをもとに、各ECサイトが提供しているAPIを使用して、各商品の価格の表示やリンクの生成を行っております。

そのため、掲載価格に変動がある場合や、JANコードの登録ミスなど情報が誤っている場合がありますので、最新価格や商品の詳細等については各販売店やメーカーに確認するようにお願いいたします。

関連記事

人気の記事

人気のアイテムリスト

カテゴリから探す