【プロが教える】モバイルバッテリーの最強おすすめ人気ランキング15選【2018年最新版】

今やモバイルバッテリーは、スマホを使う方にとっての必需品。外出先でもモバイルバッテリーがあれば、バッテリーの減りが気になる動画視聴やゲームのプレイも安心して楽しめます。しかし商品によって容量も性能も大きさもバラバラで、一体どれを選べばいいのか分からずお困りの方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そこで今回は、モバイルバッテリーの購入を検討している方のために、人気商品の価格・性能・レビューを比較し、おすすめの人気商品をランキング形式でご紹介します。記事前半では、デジタルデバイスに関するプロである柳谷さんにお聞きした選び方のポイントも解説しますよ。あなたの使い方にぴったりのモバイルバッテリーを見つけてくださいね。

おすすめの愛用品を紹介するクリエイター
7d0dfcb6305ed7f32a1d03082d9cb7905549bace
A4b8c2a607a2629fe32d8aeb0d2b1d3aa5eb9550
C69e35ac4c86cfe68a89f20cadaacc53e235d551
最終更新日:2018年04月12日 | 470,988views

モバイルバッテリーの選び方のポイント

今回はモバイルバッテリーの選び方について、ITライターとしてテレビや雑誌でもご活躍している柳谷さんにお話を伺いました。容量や出力など、これからご紹介する選び方のポイントをしっかり確認し、ぜひ今後のモバイルバッテリー選びに役立ててみてください。
Loading

<取材協力:柳谷 智宣さん>
1972年生まれ。日々ありとあらゆる新製品・新サービスを扱っているITライター。パソコンやIT関連の媒体で、特集や連載、単行本を多数手がける。PC歴は30年を超え、デビューはX1C(シャープ)から。

著書に「銀座のバーがウイスキーを70円で売れるワケ」(日経BP社)、「Twitter Perfect GuideBook」(ソーテック社)、「Dropbox WORKING」(翔泳社)、「仕事が3倍速くなるケータイ電話秒速スゴ技」(講談社)など

繰り返し使える「充電タイプ」がおすすめ。乾電池タイプは緊急用

モバイルバッテリーは大きく分けて、「充電タイプ」と「乾電池タイプ」の2種類があります。基本的には、繰り返し使用できる充電タイプを選ぶのが理想的ですが、外出先で突然充電が必要になった際には、コンビニなどで気軽に購入できる乾電池タイプを選択するのもひとつの手です。

しかし乾電池式は割高な上にパワーも弱いため、あくまで緊急用として考えておいたほうが良いでしょう。
0a4f15746f9c0a742b4603539bdb191de0ad7ecc
ITライター
柳谷智宣のコメント

充電タイプの中には、コンセントに直挿しして充電できる商品もあるんです。コンセントに挿しながらスマホとモバイルバッテリーの充電を同時に行えますので、スマホの充電器を持ち運ばなくてよくなるだけでなく、充電をし忘れてしまうということもなくなるはずですよ。

しかしコンセント充電タイプはまだ数が少なく、コスパの面から考えると一般的な充電タイプのほうが有利です。ただやはりとても利便性が高いものですので、今後はコンセント充電タイプが増えていくと思いますね。

何度も充電するなら「10000mAh」程度の容量があると便利

選ぶべきモバイルバッテリーの容量は、ご使用機器のバッテリー容量やモバイルバッテリーの用途によって変わります。目安としては、スマホ1回分の充電なら5000mAh、複数回充電したい場合や複数日続けて使用したい場合には10000mAh、タブレット用には20000mAhと頭に入れておくといいでしょう。

しかし充電時にはどうしても変換ロスが発生してしまうため、実際に充電できるのはモバイルバッテリーに記載されている容量の70%程。例えば10000mAhの容量があったとしても、実際に充電できるのは約7000 mAhですので、少し余裕のある容量を選んでおくのが得策です。
0a4f15746f9c0a742b4603539bdb191de0ad7ecc
ITライター
柳谷智宣のコメント

私は、コスパがよく選べる幅も広い10000mAh程度の製品を購入することが多いです。もちろん用途がはっきりと決まっているなら、ほかの容量を選ぶのもアリですよ。10万mAh以上の超大容量を選べば、キャンプなどのアウトドア時はもちろん、非常時や災害時にも役立ちます。

また海外旅行に持っていくなら、2万mAh以上のモバイルバッテリーを1つ持っていくのがおすすめです。複数個のモバイルバッテリーを持っていくと機内持ち込みができず、捨てられてしまう可能性があるんです。

「200g前後」が持ち運びやすい

Loading

出典:www.anker.com

200g程度が、モバイルバッテリーを無理なく持ち運べる重量です。一見すると200gも300gも大した違いがないように見えますが、たった数百gの違いでも、毎日のように使っているとかなりの負担となってしまいます。

ただ容量が大きくなるほど重量も増える傾向にありますので、容量と持ち運びやすさのどちらを優先するのか明確にしてから、最適な商品を見つけてみてください。
0a4f15746f9c0a742b4603539bdb191de0ad7ecc
ITライター
柳谷智宣のコメント

重量もそうですが、バッグに入るサイズなのかも忘れずに確認しておきましょう。わたしは基本的にバッグを持ち歩かないので、薄着の夏場には10000mAh程度の持ち運びやすいモバイルバッテリーを使っています。

それから、モバイルバッテリーにスマホを重ねて使う方は素材も気にして選んだほうがいいですね。金属同士だとシャリシャリとこすれる音がしてしまい、不快に感じることもありますよ。

「2A以上」「急速充電対応」モデルでスピーディーな充電を

Loading

出典:www.anker.com

出力電流は、大きいほうがいいに越したことはありません。1Aよりも2A、2Aよりも2.1Aと、アンペア数が大きくなるほど、スマホやタブレット等をスピーディーに充電できます。特にタブレットなどの容量が大きなデバイスは、一定以上の出力がないと充電自体できないこともありますので、必ず確認してください。

急速充電と表記されているものであればより理想的ですが、デバイス側が対応していなければ意味がありませんので、ご使用のスマホがどの規格・バージョンに対応しているか確認した上で、適切な製品を選択してください。
0a4f15746f9c0a742b4603539bdb191de0ad7ecc
ITライター
柳谷智宣のコメント

やはり出力が大きいものを選びたいですが、複数のUSBポートを同時に使うとき少し注意が必要ですね。これについては後程詳しく解説しますが、数値だけ大きくても実際に使うときに充電速度が落ちてしまうことがあります。

複数の端末を充電するなら「USBポートの数」に注目

2つ以上のUSBポートが搭載されている製品を選べば、同時に複数の端末を充電できますよ。スマホとタブレットを一度に充電したい、友人と一緒に使いたい、という方はUSBポートの数にも注目して選んでみてください。

また複数のUSBポートが搭載されている場合には、各USBポートの出力を確認しておくことも重要です。USBポートごとに最大出力が決まっている場合と、使用するUSBポート全体での合計出力が決まっている場合の2パターンがあります。

安定感を重視するなら前者、普段は1つのUSBポートで急速充電を使用と考えているなら後者など、ご自身の使い方に合ったタイプの出力方式を選択してください。
0a4f15746f9c0a742b4603539bdb191de0ad7ecc
ITライター
柳谷智宣のコメント

個人的に、USBポートは2個あれば十分だと思っています。わたし自身3台以上の端末を持っていますが、2台同時に充電することはあっても、3台同時にモバイルバッテリーに繋げることはほぼありません。

先ほど出力が大きいほうがいいとお話しましたが、USBポート全体での合計出力が決まっている製品は少し注意が必要です。例えば合計最大出力が3.5Aとなっていたら、2つのUSBポートを同時に使うと1.75Aの出力になってしまうんです。

使い方に合わせて付加機能もチェック

使い方に合った適切な付加機能が備わっているのかどうかも、モバイルバッテリーを選ぶ上でチェックしておきたいポイントです。防水・LEDライト・ソーラー充電・USBハブ・ジャンプスターターなど、あらゆる機能付きの商品が販売されていますので、持ち運ぶシーンなどに合わせて選んでみてください。
0a4f15746f9c0a742b4603539bdb191de0ad7ecc
ITライター
柳谷智宣のコメント

今わたしが注目しているのは、車のバッテリーが上がってしまった際に活躍するジャンプスターター機能付きのモバイルバッテリーです。1回使うだけでもロードサービスに依頼する分のお金が浮きますから、コスパの高さも十分です!

普段からノートパソコンと一緒にUSBハブを持ち歩いて使っているという方には、ぜひUSBハブとしても稼働する製品を選んでもらいたいですね。さらに大容量のモバイルバッテリーの中には、ノートパソコンまで充電できる製品もありますよ。

プロの愛用するおすすめのモバイルバッテリー

まずはランキングの前に、プロの愛用するおすすめのモバイルバッテリーをご紹介します。プロのおすすめポイントも参考に、充電切れの不安を払拭してくれる便利アイテムを見つけてくださいね。

USBポート×3!超大容量だから出張の多い方も安心

cheero Power Plus3 Premium 超大容量モバイルバッテリー CHE-062-WH

3,395円

コンパクトなのに大容量!持ち運びに便利なポケットサイズ

Anker PowerCore Speed 10000 QC A1266011

2,999円

詳細情報
・タイプ:充電
・容量:10000mAh
・重量:198g
・最大出力:3A
・USBポート:1
・機能:-

RAVPower

ポータブル電源 20100mAh / 65W

RP-PB054

13,999円 (税込)

モバイルバッテリーのおすすめ人気ランキング15選

ここからは、人気のモバイルバッテリーをランキング形式でご紹介します。さまざまな商品が登場しますので、あなたにぴったりのモバイルバッテリーを探してみてくださいね!

15位:CHINON CH-UC400

CHINON CH-UC400

1,296円 (税込)

詳細情報
・タイプ:乾電池
・容量:-
・重量:45g(電池を除く)
・最大出力:1A
・USBポート:1
・機能:Lightningケーブル・microUSBケーブル付き

緊急用に最適な乾電池タイプのコンパクトバッテリー

単三形アルカリ乾電池4本または単三形ニッケル水素充電池4本をセットして使う、簡易タイプのモバイルバッテリーです。頻繁に使うにはパワーが足りないですが、単三電池が手に入りさえすればいつでもどこでもとりあえずの充電はできるので、緊急時には「持っていて良かった」と思える製品ですよ。

14位:TSUNEO モバイルバッテリー 10000mAh ケーブル内蔵

TSUNEO モバイルバッテリー 10000mAh ケーブル内蔵

2,299円 (税込)

詳細情報
・タイプ:充電
・容量:10000mAh
・重量:169g
・最大出力:2.1A
・USBポート:2(2.1A・1A)
・機能:Lightningケーブル・microUSBケーブル付き

利便性が高いケーブル一体型

Lightningケーブル内蔵&micro USBケーブル収納タイプなので、充電用ケーブルを別途購入する必要がなく、外出時にケーブルを忘れるという失敗ももう起こりません。付属のケーブルだと長さが足りない場合には、2つのUSBポートを使って通常のケーブルで充電することもできますよ。

13位:suaoki K12

suaoki K12

3,680円 (税込)

詳細情報
・タイプ:充電
・容量:8000mAh
・重量:621g
・最大出力:2.1A
・USBポート:1
・機能:ジャンプスターター

ジャンプスターター機能で車のトラブルにも対応

12V用のジャンプスターター機能が付いた、モバイルバッテリーです。いつか車のバッテリーを上げてしまいそうだ、という不安がある方は1台購入しておくのが得策かもしれません。容量は8000mAhありますので、日常生活でも活躍してくれること請け合いです。

12位:cheero Power Plus 3 Premium

cheero Power Plus 3 Premium

3,980円 (税込)

詳細情報
・タイプ:充電
・容量:20100mAh
・重量:375g
・最大出力:3A
・USBポート:3(合計最大出力4.4A)
・機能:-

大人気シリーズの超大容量プレミアム版

「Power Plus 3」から50%も容量が増え、20100mAhになりました。 重さは375gと缶ビールとほぼ同じです。同時に3台の機器を充電でき、別売の「cheero Type-Cケーブル」を使用すれば、新型Macbookの充電をすることもできますよ。

11位:Aukey モバイルバッテリー 30000mAh

Aukey モバイルバッテリー 30000mAh

2,999円 (税込)

詳細情報
・タイプ:充電
・容量:30000mAh
・重量:580g
・最大出力:2.4A
・USBポート:2(合計最大出力3.4A)
・機能:LEDライト

2種類の入力ポートで入力も出力もスマートに

入力ポートは、LightningとMicro USBの2つを装備。iPhoneユーザーでもAndroidユーザーでも入力から出力まで1本のケーブルで賄えます。また、容量は驚きの30000mAh。580gと毎日持ち運ぶには気になる重量ではありますが、LEDフラッシュライトも装備していますので、停電時や災害時用に購入しておくのもひとつの手です。

10位:cheero Power Plus DANBOARD

cheero Power Plus DANBOARD

3,650円 (税込)

詳細情報
・タイプ:充電
・容量:10050mAh
・重量:190g
・最大出力:3.4A
・USBポート:2(合計最大出力3.4A)
・機能:-

初代と比べて容量ほぼそのまま、サイズは2/3

初代「DANBOARD version」が基本性能大幅アップ、コンパクトになって新登場。かわいい顔をしていますが容量は10050mAhありますので、頼りがいも抜群です。カラフルな6色から選べる「DANBOARD version -FLOWERS-」や4200mAhのスリムタイプも販売されています。気になる方はぜひチェックしてみてくださいね。

9位:JETech B0760

JETech B0760

1,739円 (税込)

詳細情報
・タイプ:充電
・容量:10000mAh
・重量:259g
・最大出力:2.1A
・USBポート:2(1A・2.1A)
・機能:LEDライト

10000mAhの中ではかなりの高コスパ

2つのUSBポートを搭載し、4つのLED表示で充電状態が一目瞭然。アルミニウムケースでプレミアム感たっぷり、軽量薄型設計で持ち運びも簡単・便利です。誤作動防止のため、LEDライト機能のボタン操作がダブルクリックタイプになっているのもポイント。10000mAh帯の製品の中でも特にコスパの高い一品ですよ。

8位:Poweradd Slim2

Poweradd Slim2

1,199円 (税込)

詳細情報
・タイプ:充電
・容量:5000mAh
・重量:125g
・最大出力:2.1A
・USBポート:1
・機能:-

まるで口紅。ポケットにも収まりやすいスリムさが魅力

容量は5000mAh、USBポートは1つというシンプルなスペックですが、その分ジーンズのポケットにも収まるコンパクトなボディーとなりました。色はブラック・ローズレッド・ブルー・グリーンのおしゃれな4色から選べます。家族や恋人へのプレゼント用に選んでみるのもいいかもしれませんね。

7位:cheero Power Plus 3 mini

cheero Power Plus 3 mini

1,980円 (税込)

詳細情報
・タイプ:充電
・容量:6700 mAh
・重量:130g
・最大出力:2.1A
・USBポート:1
・機能:-

持ち歩いても負担にならないコンパクトなモバイルバッテリー

モバイルバッテリーを手軽に持ち歩きたい人にぜひチェックしてもらいたいのが、容量6700mAhのcheero Power Plus 3 mini。130gというスマホと同程度の重さと、手にスッポリと納まるコンパクトサイズで、小さなバックやポケットにもすっぽり収まることでしょう。

6位:EC Technology 22400mAh モバイルバッテリー

EC Technology 22400mAh モバイルバッテリー

2,319円 (税込)

詳細情報
・タイプ:充電
・容量:22400mAh
・重量:約462g
・最大出力:2.4A
・USBポート:3(2.4A・2A・1A)
・機能:LEDライト

USBポートはなんと3つ。LEDライト機能も搭載

22400mAhの超大容量タイプの本モバイルバッテリーは、3つのUSBポートを通じて複数の機器を高速に同時充電可能。さらにLEDフラッシュライトも装備していて、暗い場所も照らせます。SOS機能も使えるので、万一の災害時には重宝することでしょう。

5位:Anker PowerCore II 20000

Anker PowerCore II 20000

4,799円 (税込)

詳細情報
・タイプ:充電
・容量:20000mAh
・重量:約367g
・最大出力:2.4A
・USBポート:2(最大合計-)
・機能:-

20000mAhの大容量で長期出張でも安心

20000mAhを超える超大容量ですが、このクラスのモバイルバッテリーとしては最もコンパクト。バッテリーの残量は8段階で表示されるため、電池の減り具合が分かりやすいのも魅力的です。また、タブレットを2台同時に急速充電できるほどの高出力ですので、長期間出先で作業をする筋金入りのモバイラーには手放せない一品となることでしょう。

4位:cheero Power Plus 3

cheero Power Plus 3 CHE-059

2,480円 (税込)

詳細情報
・タイプ:充電
・容量:13400mAh
・重量:約245g
・最大出力:2.4A
・USBポート:2(最大合計3.4A)
・機能:-

2台同時に急速充電できる大容量コンパクト

ほとんど全てのUSB充電機器で使える大容量かつコンパクトな製品です。USBポートを2つ備えていて、スマートフォンとタブレットを同時に急速充電できるのがポイント。スマホとタブレットの2台持ちで、毎日のように出先で作業をするモバイラーは要チェックです。

3位:Anker PowerCore Fusion 5000

Anker PowerCore Fusion 5000

2,599円 (税込)

詳細情報
・タイプ:充電(コンセント)
・容量:5000mAh
・重量:189g
・最大出力:2.1A
・USBポート:2(最大合計3A)
・機能:-

スマホもモバイルバッテリーも同時に充電

コンセントタイプのモバイルバッテリーです。50000mAhのコンパクトサイズながらも、USBポートは2つ搭載。もちろんコンセントに挿せば、モバイルバッテリーもスマホも同時に充電できますよ。これを使えば、旅行先のホテルでコンセントが足らず、スマホかモバイルバッテリーのどちらを十分に充電できない、なんて失敗もなくなるはずです。 

2位:Anker PowerCore 10000

Anker PowerCore 10000

3,299円 (税込)

詳細情報
・タイプ:充電
・容量:10000mAh
・重量:約198g
・最大出力:2.4A
・USBポート:1
・機能:-

コスパと安全性の高さを求める人におすすめ

大容量のモバイルバッテリーとしては世界最小最軽量。また、Ankerの独自技術「PowerIQ」と「VoltageBoost」により、すべての機器に対して最大2.4Aでの急速充電が可能です。しかも、高い安全性を誇るパナソニック製バッテリーセルやAnkerのマルチプロテクトシステム採用で、長期間安心して使えます。

1位:Anker Astro E1

Anker Astro E1

1,599円 (税込)

詳細情報
・タイプ:充電
・容量:5200mAh
・重量:204g
・最大出力:2A
・USBポート:1
・機能:-

持ち運びしやすいコンパクトさ

iPhoneやAndroidスマホを出先で1~2回充電できるほどの容量をもちながら、同容量のモバイルバッテリーの中では最軽量で、毎日持ち歩きたくなるくらい携帯性に優れています。しかも、Ankerの独自技術「PowerIQ」が接続機器を自動検知し、機器ごとに適した最大スピードで急速充電。これさえあれば、終日の外出も安心ですね!

モバイルバッテリーの売れ筋ランキングもチェック!

なおご参考までに、モバイルバッテリーのAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングの売れ筋ランキングは、以下のリンクからご確認ください。

まとめ

今回は人気のモバイルバッテリーをご紹介しましたが、いかがでしたか?

モバイルバッテリーは、高温になる場所で使わないのが鉄則です。ポケットに入れながら使用して高温になってしまった場合には、風に当てたり使用すること自体を控えたりしてください。モバイルバッテリーの寿命を延ばすことにもつながりますよ!

関連記事

人気の記事

人気のアイテムリスト

人気のクリエイター

関連キーワード

カテゴリから探す