• いくら・筋子のおすすめ人気ランキング10選【いくら丼やパスタのトッピングにも】のアイキャッチ画像1枚目
  • いくら・筋子のおすすめ人気ランキング10選【いくら丼やパスタのトッピングにも】のアイキャッチ画像2枚目
  • いくら・筋子のおすすめ人気ランキング10選【いくら丼やパスタのトッピングにも】のアイキャッチ画像3枚目
  • いくら・筋子のおすすめ人気ランキング10選【いくら丼やパスタのトッピングにも】のアイキャッチ画像4枚目
  • いくら・筋子のおすすめ人気ランキング10選【いくら丼やパスタのトッピングにも】のアイキャッチ画像5枚目

いくら・筋子のおすすめ人気ランキング10選【いくら丼やパスタのトッピングにも】

いくら丼や軍艦巻、おにぎりの具として安定の人気を誇る、いくらや筋子。お酒のお供にしたり、パスタにトッピングしたりと、意外にもさまざまな食べ方で楽しめるのも魅力の1つです。贅沢品というイメージが強いかもしれませんが、実はリーズナブルな商品も多数。訳あり品なども販売されているので、どれを選ぼうか迷ってしまいますね。


今回は、通販で購入できる、いくら・筋子のおすすめ商品を人気順にランキング形式で10品ご紹介します。安い価格で購入できる商品から、贅沢感あふれる高級品まで幅広くランクイン。選び方も参考にしながら、ご家庭にぴったりのものを見つけて下さいね。

  • 最終更新日:2019年08月27日
  • 320  views
目次

贅沢食材のいくら・筋子、その違いや食べ方とは?

贅沢食材のいくら・筋子、その違いや食べ方とは?

海の宝石とも呼ばれる「いくら」。ぷちぷちの食感が独特で、癖になるという方も多いですよね。筋子とどう違うの?と気になる方も多いと思いますが、実は「いくら」と「筋子」の違いは、卵同士をつなげている薄い膜の有無だけ。魚から取り出した段階では全て筋子で、粒だけにバラしていくと、いくらになります。


高級感があるいくらや筋子は、さまざまな食べ方で楽しめて、ほんの数粒でいつものメニューを華やかに見せてくれる優秀な食材。ご飯にたっぷり乗せて頂くいくら丼をはじめ、手巻き寿司、パスタ、オードブル、おにぎりの具など、さまざまな料理の彩りや、味のアクセントにぴったりです。


また、元々ロシア語で「魚卵」全般を意味するいくらは、鮭の卵以外の種類も販売されており、価格帯が幅広いのも魅力の1つ。リーズナブルに楽しみたい方には、鱒の卵(鱒いくら・ますこ)もおすすめですよ。メニューやシーンに合ったものを上手に選んで、ご家庭で贅沢気分を味わってみませんか?

いくら・筋子の選び方

ランキングの前に、まずは、いくら・筋子の選び方を見ていきましょう。

食べ方に合わせて選ぶ

「どんなときに食べたいか」を考えると商品の種類を選びやすくなります。

贅沢感を味わいたいなら、やっぱり王道の鮭いくら

贅沢感を味わいたいなら、やっぱり王道の鮭いくら

贅沢感を味わいたいなら、やっぱり王道の鮭いくらがおすすめ!卵がある程度成長した状態の鮭いくらは、皮にハリがあり、プチッと弾ける食感が魅力です。


鮭にも色々と種類があるので、選ぶ際にこだわってみるのも楽しみの1つ。例えば、秋になると産卵のために北海道や東北に戻ってくる秋鮭は「白鮭」という種類です。見栄えの良い粒の大きさと良質な味わい、また国産ということもあって値は張りますが、特別感を味わうのにはぴったり。


比較的安価なものだと、北米などを含む北太平洋でとれる紅鮭、サーモンやトラウトと表記される海外産の鮭いくらが大半です。とはいえ、いくらの品質を左右するのは種類ばかりではありません。鮮度を保つ工程や味付けのバランスなど、商品ごとにチェックしましょう。

お酒のおつまみやおにぎりの具には、筋子がぴったり

お酒のおつまみやおにぎりの具には、筋子がぴったり

贅沢ないくらを日常的に楽しみたいなら、筋子もチェック。筋子の種類は主に2つ。1つめは、購入者がいくらとして加工することを前提としたもの。2つめは、筋子として食べることを前提としたものです。


一般的なのは後者で、まだ未成熟で小粒なものが使用されています。このような筋子は、いくらとしてほぐさずに食べることを前提としているため、すでに味付けが施されています。味付けした筋子は、ねっとりとした食感と強めの塩味が特徴。おにぎりの具や、お酒のおつまみとしても人気ですよ。


前者は、生のままの冷蔵発送で、日持ちせず商品数も限られます。しかし、自分でほぐすなど少し手間をかけてもいくらの贅沢感を味わいたいというなら、生の筋子にトライしてみるのもありですよ。

リーズナブルにたっぷり食べるなら、ますこもおすすめ

リーズナブルにたっぷり食べるなら、ますこもおすすめ

冒頭で記載したように、ますこ(鱒の卵)もいくらの種類の一つです。鮭いくらと比べると安価な商品が多いますこは、思う存分いくらを食べたい人におすすめ。鮭いくらと比べて大きく味が異なるわけではありませんが、粒が小さめで皮が薄く、甘味が濃厚に感じられるのが特徴です。


皮が薄い分、商品によってはドリップが出やすいことに注意が必要。とはいえ、冷凍処理が上手なメーカーの商品であれば美味しくいただけるため、商品情報や口コミをチェックしながら上手に選びましょう。

味付けは2種類。見た目の違いにも注目

いくら・筋子の代表的な味付けは、醤油漬けか塩漬けです。2つの違いを見てみましょう。

主流の醤油漬けは、生臭みが苦手な人にぴったり

主流の醤油漬けは、生臭みが苦手な人にぴったり

海の幸独特の生臭さが気になる方には、しょうゆ漬けがおすすめです。昔は、冷凍技術や輸送の問題で醤油漬けは傷みやすいとされてきました。しかし、技術の進歩によって、その問題を考慮する必要がなくなったため、今は生臭みを抑えやすい醤油漬けが主流。


シンプルな醤油味のものもあれば、水飴などで甘味を加えたもの、出汁でコクをプラスしたものなど選択肢が豊富なのも魅力。醤油の水分でトロリとした仕上がりになるため、ご飯との相性も抜群です。ただし、解凍後の足が早いことには変わりないので、食べきれない分は冷凍保存することをおすすめします。

素材の味を存分に楽しみたいなら、色もきれいな塩漬けを

素材の味を存分に楽しみたいなら、色もきれいな塩漬けを

素材の良さを存分に味わいたいなら、昔ながらの塩漬けがおすすめです。醤油の風味でごまかしが効かない塩漬けは、加工前の素材の鮮度が命。塩漬けの商品で人気なものは、それだけ素材自体が美味しいということです。また、醤油のように黒みがかってしまうこともないため、着色料不使用の商品なら、素材本来の鮮やかな発色も楽しめます。


また、醤油漬けよりも塩味が強い塩漬けは、いくらの旨みが凝縮されやすいのも特徴。おつまみや、おせち料理の数の子の代わりに入れるのもおすすめですよ。今は、醤油漬けの人気で商品数は少なくなっていますが、いつもと違う味を楽しみたい時などに、ぜひチェックしてみてくださいね。

筋子は1ヵ月を目安に、食べきれる容量をチョイス

筋子は1ヵ月を目安に、食べきれる容量をチョイス

筋子の場合はいくらよりも塩味の強い商品が多いため、1回あたりの消費量は少なめに想定するのがポイント。例えば、いくら丼1杯分の消費量が約100gと想定して、期限内に食べきれる容量を選ぶようにしましょう。


300gから500gほどのものが一般的ですが、中には1㎏ほど入った大容量タイプも販売されています。使用頻度や家族の人数も考慮しながら、ほどよいものを選んでくださいね。なお、商品にもよりますが、冷凍保存での賞味期限は約1ヵ月ほどなので、合わせて検討してくださいね。

いくら・筋子のおすすめ人気ランキング10選

10位

仙台中央水産訳あり 醤油漬けすじこ

5,500円 (税込)

種類鮭筋子
醤油
容量1kg
産地アラスカ
9位
種類鮭いくら
醤油
容量500g
産地アメリカ
8位
種類鮭筋子
容量300g
産地アメリカ・ロシアなど
7位
種類鮭筋子
容量1kg
産地北海道~岩手
6位

甲羅組北海道産 極上 いくら醤油漬け

4,999円 (税込)

種類鮭いくら
醤油
容量500g
産地北海道
5位
種類鮭いくら
醤油
容量500g
産地北海道・三陸他
4位

丸茂商店いくら 醤油漬 アメリカ産

2,200円 (税込)

種類ますこ
醤油
容量500g
産地アメリカ
3位

甲羅組小粒 特選 鱒いくら醤油漬け

5,998円 (税込)

種類ますこ
醤油
容量500g
産地ロシア
2位
いくら ますよね いくら醤油漬け 北海道産 1枚目
出典:amazon.co.jp

ますよねいくら醤油漬け 北海道産

9,900円 (税込)

種類鮭いくら
醤油
容量500g
産地北海道
1位
種類ますこ
醤油
容量500g
産地アメリカ・ロシア

人気いくら・筋子の比較一覧表

商品画像
1
いくら OWARI いくら醤油漬け 鱒卵 1枚目

OWARI

2
いくら ますよね いくら醤油漬け 北海道産 1枚目

ますよね

3
いくら 甲羅組 小粒 特選 鱒いくら醤油漬け 1枚目

甲羅組

4
いくら 丸茂商店 いくら 醤油漬 アメリカ産 1枚目

丸茂商店

5
いくら OWARI いくら醤油漬け 鮭卵 1枚目

OWARI

6
いくら 甲羅組 北海道産 極上 いくら醤油漬け 1枚目

甲羅組

7
いくら 魚水島 北海道~岩手県産 生筋子 1枚目

魚水島

8
いくら 産直丸魚 天然紅鮭 塩筋子 1枚目

産直丸魚

9
いくら 森源商店 紅鮭 イクラ 醤油漬け 1枚目

森源商店

10
いくら 仙台中央水産 訳あり 醤油漬けすじこ 1枚目

仙台中央水産

商品名

いくら醤油漬け 鱒卵

いくら醤油漬け 北海道産

小粒 特選 鱒いくら醤油漬け

いくら 醤油漬 アメリカ産

いくら醤油漬け 鮭卵

北海道産 極上 いくら醤油漬け

北海道~岩手県産 生筋子

天然紅鮭 塩筋子

紅鮭 イクラ 醤油漬け

訳あり 醤油漬けすじこ

特徴ドリップの少ない冷凍処理で、鱒いくらの食感が楽しめる!値段に納得!北海道の秋鮭から取れる上質な成熟卵高品質な鱒いくらを使用!マイルドな味わいがご飯にぴったり罪悪感なしで山盛り食べられる!破格の鱒いくらプチッと弾ける食感が好きな人におすすめの訳あり特価品絶妙な食感と出汁の効いた上品な味付けが魅力好きな味をつけられる生筋子は、味噌漬けにもおすすめ日本酒のおつまみに!塩味強めの塩筋子紅子を楽しむならこれ!出汁入りの醤油が美味しい訳ありでコスパ優秀な紅鮭の筋子
価格3,980円(税込)9,900円(税込)5,998円(税込)2,200円(税込)4,980円(税込)4,999円(税込)12,000円(税込)2,160円(税込)3,333円(税込)5,500円(税込)
種類ますこ鮭いくらますこますこ鮭いくら鮭いくら鮭筋子鮭筋子鮭いくら鮭筋子
醤油醤油醤油醤油醤油醤油醤油醤油
容量500g500g500g500g500g500g1kg300g500g1kg
産地アメリカ・ロシア北海道ロシアアメリカ北海道・三陸他北海道北海道~岩手アメリカ・ロシアなどアメリカアラスカ
商品リンク

いくらの名産地・北海道の地酒で素敵な晩酌タイムを

ご紹介してきた10選の中には、お酒の肴にもなる味付けのものがありましたね。いくら・筋子は、とくに日本酒との相性が良好。また、産地が同じものは不思議と相性が良いため、お酒好きなら、いくら・筋子の名産地である北海道の日本酒は要チェックです。

いくら・筋子の売れ筋ランキングもチェック!

まとめ

いくら・筋子の人気商品10選は、卵の種類や味付けがバラエティに富んでいましたね。選択肢は豊富ですが、食べるシーンや量に合わせて選べば、お気に入りの商品が見つかりやすくなります。定期的な自分へのご褒美には「ますこ」や「筋子」、年末など特別な日には「鮭いくら」など使い分けるのもおすすめ。いずれも、お店で食べるよりお得ですから、自宅で存分に味わってみましょう。

関連記事

人気の記事

人気のアイテムリスト

カテゴリから探す