1. TOP
  2. >
  3. ペット・ペット用品
  4. >
  5. 犬用品
  6. >
  7. 【徹底比較】ドッグフードのおすすめ人気ランキング24選【安全でおいしいのはどれ?】
【徹底比較】ドッグフードのおすすめ人気ランキング24選【安全でおいしいのはどれ?】

【徹底比較】ドッグフードのおすすめ人気ランキング24選【安全でおいしいのはどれ?】

ワンちゃんの成長や体づくりに欠かせないドッグフード。定番のシリーズであるユーカヌバ・アイムス・ピュリナワンなどの商品だけでなく、最近ではモグワン・カナガン・アカナなど自然の素材にこだわった高級なフードも増えています。さらに安全面を考えると無添加・国産・グレインフリーなど、注目したい部分はたくさんありますよね。ドッグフードは非常に種類が多いので、一体どのように選べばいいのかわからないという方も多いのではないでしょうか。


そこで今回は、Amazon・楽天・価格.comなどの売れ筋上位と口コミで人気のドッグフードをすべて集めて検証し、最もおすすめのドライフードを決定したいと思います。


検証には、獣医師の彦坂道子先生にご協力いただき、以下の3点を比較しました

  1. 原材料の信頼度とこだわり
  2. 食いつきの期待度
  3. 価格の手頃さ

ランキングの後にはドッグフードの正しい保存方法や、食いつきが悪い時の対処法についても説明していますのでぜひ最後までご覧になってくださいね!

  • 2020年07月10日更新
  • 140,178 views

検証のポイント

売れ筋のドッグフード24商品をすべて集めて、徹底的に比較検証しました
  • 原材料の信頼度とこだわり

    検証① 原材料の信頼度とこだわり

    1つ目は「原材料の信頼度とこだわり」です。まずは各商品の原材料表を確認していきます。持ち点を3.0とし、以下の5つに当たる表記があった場合、それぞれ0.5点(最大2.0点)の加点をしていきます。パーセンテージやグラム数など、原材料の含有量原材料の産地「生」「乾燥」など肉・野菜等の加工前の状態や保存方法「骨を含まない」「副産物を含まない」「ホルモン剤不使用」など、肉に関する詳細その他「遺伝子組み換えでない」「人間用の食材を使用」などの原材料に関する説明逆に「等」「類」「家禽」などの表現の後に補足がなく、細かい原材料の記載がない箇所が1つでもあった場合は0.5点の減点と設定します。また、パッケージの表記や公式サイトを確認し、「●●を使用しました」「●●製法で作りました」など他のフードにはあまり見られない独自性やこだわりが表れたポイントがあるかどうかをチェックしました。こちらも1つあるごとに0.5点加点し、根拠のない効果の記載など、表記のガイドラインに反する表現があった場合は-1.0点とします。

  • 食いつきの期待度

    検証② 食いつきの期待度

    2つ目は「食いつきの期待度」です。まずは各商品を数gずつカップに出して匂いを嗅ぎ、「匂いの強さ」と「犬が好む匂いかどうか」をチェックして1.0〜5.0の評価をつけていきます。次は、「アミノ酸の種類が多いと味に深みが出る」という仮定のもと、たんぱく質を含む原材料の数を数えます。こちらは数に応じて、0.5刻みで3.0〜5.0の評価を付けました。「匂いの強さ」「犬が好む匂いかどうか」「たんぱく質を含む原材料の数」の評価を元に、食いつきの期待度を総合的に比較します。

  • 価格の手頃さ

    検証③ 価格の手頃さ

    最後は「価格の手頃さ」です。犬の体重を10kgと仮定し、パッケージに表記された量を与えた際にかかる1日のコストを計算していきます。商品の価格はAmazonでの販売価格を参考にします。サイズ展開がある商品の場合は、各サイズの1日あたりのコストをそれぞれ計算し、平均をその商品の1日あたりのコストとします。100円未満の商品は5.0、100〜200円未満は4.0、200〜300円未満は3.0、300〜500円未満は2.0、それ以上は1.0という評価になります。

  • すべての検証はmybest社内で行っています

    自社施設

    ペットの専門家が検証協力!

    ペットの専門家が検証協力!

    今回の比較・検証では、獣医師の彦坂道子先生に協力いただきました。


    <取材協力:彦坂 道子先生>

    獣医師。東京出身。日本獣医生命科学大学卒業。都内の動物病院にて勤務後、ペットフードメーカーにて約1,000件の動物病院を担当。動物病院スタッフと飼い主によるチーム医療を提唱。vetコンサルタント。動物専門学校非常勤講師。

    Blog:http://animalclinic.life/

    ドライフードとウェットフードの違い

    ドライフードとウェットフードの違い

    まず初めに、基本的なドッグフードの種類について確認しておきましょう。ドッグフードには、大きく分けて2つの種類があります。


    ひとつは、コスパ優秀なドライフード。カリカリとした食感で、一般的にドッグフードといえばだいたいこちらを指します。栄養がたっぷり詰まっていて、保存期間も長めで使い勝手がよく、普段あげるごはんとして非常に人気。そのため、売れ筋上位のドッグフードを集めた今回の検証も、基本的にドライフードを徹底比較しています。


    なお、嗜好性が高く食の細い犬やシニア犬にも食べやすいウェットフードに関しては、下記記事で選び方とおすすめ商品を紹介しています。ウェットフードをお探しの方は、ぜひこちらをチェックしてください。

    ドッグフードの選び方

    ドッグフードを選ぶ際に必ずチェックしておきたい「7つのポイント」をご紹介します。

    ① 年齢で選ぼう

    ドッグフードは、年齢に合わせて商品が用意されています。子犬・成犬・老犬といったライフステージに合わせて適切なフードを食べさせてあげましょう。

    子犬には栄養バランスと消化の良さを重視した「パピー用」

    子犬には栄養バランスと消化の良さを重視した「パピー用」

    成犬になる前の成長期の子犬には、パピー用のフードを与えましょう。一般的に小型犬であれば生後10ヵ月程度まで、中型犬であれば約1歳まで、大型犬であれば約1歳半までが成長期となります。


    ペットフードにおける栄養基準や原材料に関するガイドラインを作成しているAAFCO(全米飼料検査官協会)の基準でもわかるように、成長期は特にタンパク質・カルシウムが多く必要です。


    子犬用のフードはその2つが豊富であり、また消化器官が未発達ですので消化・吸収のしやすさを重視した素材が使われています。

    彦坂 道子
    獣医師
    彦坂 道子さんのコメント

    一般的に子犬用は消化の良さと栄養価の高さを意識したレシピになっています。私たち動物の体は食べものからできているので、特に小さな時期は栄養素のバランスの取れたものを選ぶのがいいでしょう。

    成犬には健康維持が目的の「アダルト犬用」

    成犬には健康維持が目的の「アダルト犬用」

    成犬には「成犬用」「アダルト用」と書かれたフードを与えましょう。疾患の治療など特定の目的がない限り、健康維持のための成分配合になっています。


    対象が広くもっとも種類が豊富なタイプですので、多くの選択肢の中から商品を選ぶことが可能です。

    彦坂 道子
    獣医師
    彦坂 道子さんのコメント

    成犬用は健康状態を維持することを意識したレシピになっています。運動量の多い犬、室内で生活する犬など、各メーカーがライフスタイルに合わせてたくさんのフードを販売しているので「生活に合ったもの」という視点で商品を選ぶのがおすすめです。

    老犬にはカロリーが低く栄養価の高い「シニア犬用」

    老犬にはカロリーが低く栄養価の高い「シニア犬用」

    老犬には、シニア犬用のフードを与えましょう。一般的に小型犬・中型犬の場合は10歳程度で、大型犬であれば7歳程度で老齢期に入ります。


    シニア犬用フードは低カロリーと高い栄養価をコンセプトにしたものが多く、運動量の少なさや健康が気になる高齢のワンちゃんに最適です。また噛む力が弱っている場合は、柔らかくて食べやすい半生タイプのドッグフードを選ぶのもおすすめです。

    彦坂 道子
    獣医師
    彦坂 道子さんのコメント

    AAFCO(米国飼料検査官協会)のガイドラインでは、老犬用フードの明確な基準が記載されていません。そのため一言で「シニア犬用」といってもメーカーによって栄養バランスやその目的が異なるので、説明をよく読んでから購入してくださいね。

    ② 犬の体調や目的に合わせて選ぼう

    ドッグフードには、体調の維持を目的として与える「総合栄養食」と、健康が気になる犬のために特別な配合がされた「食事療法食」の2種類があります。愛犬の体調や与える目的を考えて適切なフードを選びましょう。

    健康な犬に毎日のごはんとして与えるなら「総合栄養食」

    健康な犬に毎日のごはんとして与えるなら「総合栄養食」

    体調に大きな問題のない犬に、毎日のごはんとしてドライフードを与える場合は、「総合栄養食」を選びましょう


    「総合栄養食」と記載できるのはペットフード公正取引協議会が定める基準をクリアした商品だけで、そのペットフードと水だけを摂取すれば必要な栄養素を摂取できるというものです。一般的なフードはこれに当たります。


    病気を治療するための食事ではありませんが、肥満傾向の犬のためにカロリーを抑えたものや、乳酸菌を配合したものなど豊富な種類がありますので、犬の体調に合わせて適切な商品を選んでください

    成分配合が特別な「食事療法食」

    成分配合が特別な「食事療法食」

    食事管理をすることで体調のサポートをしたいのであれば、「食事療法食」を選びましょう。さまざまな悩みに合わせて、豊富な種類の療法食が販売されています。


    食事療法食は、原則として動物病院等で購入し、獣医師から指導を受けた上で犬に与えます。ネットや店頭でも販売されていますが、飼い主の判断で与えてしまうと効果がなかったり病気を悪化させる可能性もあるので注意しましょう。

    彦坂 道子
    獣医師
    彦坂 道子さんのコメント

    食事療法食は獣医師の指導なく購入することができますが、その場合飼い主様の自己判断での給与となり何かあったときの保証はありません。


    病態に合わせた独特なレシピで作られていて、逆に病状を悪化させてしまう可能性があるため、獣医師の診察を受けてからの購入をおすすめいたします。

    ③ 体の大きさで選ぼう

    犬は犬種によってその大きさが全く異なります。愛犬の体格に合った粒のサイズや分量を選びましょう。

    小型犬には小粒、大型犬には大粒がおすすめ

    小型犬には小粒、大型犬には大粒がおすすめ

    口の小さい小型犬には「小型犬用」と書かれた小粒のフードが最適です。食欲旺盛な大型犬には、大粒で満足度の高い「大型犬用」のフードを与えるのがおすすめです。大粒ですがカロリーは低めであるため、お腹を満たせる分量を食べても問題ないように作られています。


    ただし「小型犬用」「大型犬用」と表記するためのルールは存在せず、必ずしも上記のような特徴があるとは限りません。事前に商品の説明をしっかりと確認することが必要です。

    彦坂 道子
    獣医師
    彦坂 道子さんのコメント

    「小型犬用」「大型犬用」などの基準は各メーカーによって異なりますが、一般的に小型犬用は粒が小さく、大型犬用は粒が大きく低カロリーです。

    酸化防止のため1ヵ月で食べきれるサイズを選ぶ

    酸化防止のため1ヵ月で食べきれるサイズを選ぶ

    ドッグフードはパッケージを開けた直後に酸化が始まるため、開封後1ヵ月以内に食べきるものとされています。愛犬の体重に合わせた給与量を事前にチェックし、1ヵ月以内に食べきれるサイズの商品を選びましょう。当然ながら大きいサイズほど割安ですが、鮮度とおいしさを保つためには少量ずつ購入するのがおすすめです。


    また運動量の少ない犬・多い犬という2パターンの給与量が記載されている商品もありますので、その場合は散歩の時間・回数などもふまえた上で分量を計算しましょう。

    彦坂 道子
    獣医師
    彦坂 道子さんのコメント

    ドッグフードは開封してすぐに酸化が始まり、酸化が進むと味や匂いに影響が出てしまう場合もあります。


    給与量の考え方については、初めてフード食べる時にはパッケージに記載された量を与え、その後お散歩の量などライフスタイルに合わせて調整をしてください。

    ④ 原材料で選ぼう

    犬にとって安全な素材でできたフードを選ぶために、原材料のチェックは欠かせません。ですがそこから品質や危険性を判断するというのは困難である上、誤った情報も多く流れています。


    以下の3つのポイントを参考にして、正しく原材料をチェックしていきましょう。

    アレルギーのある食材を避ける

    アレルギーのある食材を避ける

    原材料においてまず考えるべきなのは、愛犬がアレルギーを持つ食材が使われていないかということ。鶏肉を使ったドッグフードは定番ですが、チキンアレルギーのある犬は意外にも多いので注意しましょう。その他に牛やラムもアレルギーを発症しやすい食材ですので、原材料の表記を隅々まで確認してください。


    また最近は穀類を全く使用していないグレインフリーのフードが多く販売されており、穀物アレルギーのある犬には有効です。


    グレインフリーフードは「肉食である犬にとって消化しやすく健康的」と言われ人気の傾向がありますが、アメリカの政府機関であるFDA(アメリカ食品医薬品局)が拡張型心筋症との関係性を指摘しているという懸念点もあります。

    添加物を無理に避ける必要はナシ!

    添加物を無理に避ける必要はナシ!

    保存料・酸化防止剤・着色料などの食品添加物が入った商品を避ける方も多いと思いますが、市場に出るためには一定の基準をクリアする必要がありますので、お店で販売されている商品の中に「絶対に危険なフード」というものは存在しません


    常温で保存するドッグフードにとって保存料・酸化防止剤などは逆に必要なものでもありますので、商品を選ぶ際に添加物の含有量や種類などを過度に気にする必要はありません。「気になる場合は可能な範囲で避ける」という考え方がいいでしょう。

    彦坂 道子
    獣医師
    彦坂 道子さんのコメント

    色素の中にはポリフェノールなどの抗酸化剤も含まれています。色をつけるだけに見える着色料や発色剤も絶対的な悪ではありませんので、極端な情報に惑わされないようにしてください。

    「副産物」「●●ミール」「▲▲類」などの原材料も選んでOK

    「副産物」「●●ミール」「▲▲類」などの原材料も選んでOK

    よく危険と指摘される「ミートミール」「副産物」「家禽類」などが含まれているフードも、避けずに選択肢の中に入れて大丈夫。


    上記の原材料には質の悪い素材が使用されていると言われますが、必ずしもそうではありません。むしろコラーゲンやミネラルなどが豊富に含まれており、ペットフードにおいては非常に有用な材料となります。

    彦坂 道子
    獣医師
    彦坂 道子さんのコメント

    ちなみに、ペットフードの原産国は「最終的に加工した国」を示しています。輸入した肉を日本で加工すれば「国産」と表記することができるので、こだわりを持っている場合には原材料についてメーカーに問い合わせてみると良いです。

    ⑤ 食いつきで選ぼう

    年齢・体調・原材料などに配慮したら、次は愛犬が好んで食べてくれるかどうかを重視しましょう。犬はドッグフードから生きていくために必要な栄養素を摂取するので、十分な量を食べられなければ栄養不足になってしまう可能性もあります。


    下記の2つのポイントをヒントに、食いつきのいいフードを探しましょう。

    犬好みの匂いが強いものがおすすめ

    犬好みの匂いが強いものがおすすめ

    犬は何かを食べるとき、まず匂いで判断します。そのため犬が好む肉の匂いや、腐敗臭のような匂いが強くする商品を選ぶことが食いつきのよさにつながります。


    「オーガニックな素材にこだわった高級なフードを購入したが、匂いが弱くて全く食べなかった」という例もあり、そのようなワンちゃんの場合は素材の良さよりも匂いを優先した方が食いつきがいい可能性があります。


    値段は安いが匂いの強いエキス・パウダーを配合することで嗜好性を工夫しているという商品もあるので、食いつきの面から考えると価格に惑わされずに選ぶことが必要です。

    彦坂 道子
    獣医師
    彦坂 道子さんのコメント

    犬は食べ物を匂いで判断していると考えられています。匂いが弱いものよりも強いものを魅力的に感じる傾向はありますが、どのような匂いを好むかは生活状況や育て方にも影響されますので一概には言えません。


    ただ経験上、鮭とばの匂いは好きな犬が多いようです。

    おいしさの元であるタンパク質の種類が多いものを選ぼう

    おいしさの元であるタンパク質の種類が多いものを選ぼう

    匂いで食いついても、味が好みでなければ次第に食べなくなってしまいます。一般的に食べ物の「味」はアミノ酸で決まり、その元となるタンパク質の種類が多いと味に深みが出ると言われています。


    好みは個体差が大きく、犬の食べ物の味を人間が判断すること自体が非常に難しいですが、原材料が豚肉だけのものよりも「豚肉・牛肉・鶏肉・大豆」を使ったフードの方がおいしいという想像ができます。


    あくまでヒントですが、食いつきの悪さで悩んだ時はこの考え方を参考に購入する商品を選んでみてもいいでしょう。

    ⑥ パッケージの表記や商品説明で選ぼう

    「原材料に何が使用されているか」だけではなく、それが「どのように表記されているか」にも注目していきましょう。


    またパッケージの表記にはメーカーのこだわりや商品の独自性が表れますので、こちらもヒントにしながらワンちゃんにとっても飼い主さんにとっても嬉しい商品を選んでください。

    原材料の表記が詳しいものがより安心できる

    原材料の表記が詳しいものがより安心できる

    商品がどれくらい信用できるものなのかが気になる方は、「原材料が細かく記載されているか」をチェックしてみましょう。


    例えば「肉類」よりは「鶏肉」「骨抜きチキン」「国産ラム」など詳細な肉の種類が書いてある方がより具体的に原材料をイメージすることができます。また「すべて人間用として認定されている食材を使っています」という表記や、各原材料の含有量が書かれている商品も、フードへのこだわりを感じることができる部分です。

    彦坂 道子
    獣医師
    彦坂 道子さんのコメント

    原材料のパーセンテージはメーカー独自の基準で表記されていることが多く、一概に数字を比較することはできません。ですが、細かい原材料名等の表記はそのフードを作ったメーカーのこだわりやフードに対する誠意を感じる事ができます。


    また、「ケア」という言葉は食事療法食でのみ使用可能な単語です。療法食以外で「○○ケア」を謳っているフードがあれば注意しなければいけません。

    商品のこだわりや独自性をチェック!

    商品のこだわりや独自性をチェック!

    各商品に見られるメーカーのこだわりや、そのフードの独自性にも注目しましょう。


    ドッグフードは数えきれないほどの種類が販売されている上、人間が味や効果を確認できないことから非常に差別化が難しい商品であると言えます。


    例として「目の健康を考えてブルーベリーを使いました」「栄養を逃さない製法で作りました」というメーカーのこだわりやその商品ならではの独自性が記載された部分をチェックして、飼い主が気になったフードを選ぶというのも一つの手です。

    彦坂 道子
    獣医師
    彦坂 道子さんのコメント

    「犬にとっていい」だけでなく「飼い主も満足できる」という要素がないと本当の意味でいいフードとは言えないでしょう。


    たとえ犬にとって良いフードだとしても飼い主が悲しい表情であげれば犬も警戒します。飼い主も犬も一緒に楽しめるフードを選びましょう。

    ⑦ 価格の手頃さで選ぼう

    価格の手頃さで選ぼう

    ドッグフードは毎日欠かさず与えるものですので、当然ながら飼い主にとって続けやすい価格であることも重要です。


    2kgを700円程度で買える商品もあれば、500gで5,000円近くする高級なフードもありますので、無理のないお値段の商品を選びましょう。

    売れ筋の人気ドッグフード全24商品を徹底比較!

    ドッグフードの検証

    ここからは、Amazon・楽天・価格.comなどで売れ筋上位となっているドッグフード24商品を全て購入し、どれが最も優れた商品であるのかを検証していきます。今回は、もっとも一般的な「成犬用・アダルト用」の「総合栄養食」にあたる商品を集めました。


    検証項目は以下の3つとしました。

    検証①:原材料の信頼度とこだわり

    検証②:食いつきの期待度

    検証③:価格の手頃さ

    今回検証した商品

    1. アカナファミリージャパン|アカナ アダルトスモールブリード
    2. アカナファミリージャパン|アカナ クラシックレッド
    3. ナチュラルバランス|ホールボディヘルスドッグフード
    4. オリジン|オリジナル
    5. レティシアン|モグワンドッグフード
    6. レティシアン|カナガン チキン
    7. ロータスジャパン|ロータス アダルト ラムレシピ 小粒 1kg
    8. ブルーバッファロー|ブルー ライフプロテクション・フォーミュラ チキン&玄米レシピ 900g
    9. アーテミスペットフード|アーテミス アガリクスI/S 小粒 1kg
    10. 日本ペットフード|コンボ ドッグ ドライ 角切りビーフ・キャベツブレンド 920g
    11. マースジャパンリミテッド|ペディグリードライ チキン&緑黄色野菜入り 成犬用 2.2kg
    12. レッドハート|ジウィピーク エアドライ・ドッグフード トライプ&ラム 454g
    13. マースジャパンリミテッド|ニュートロ シュプレモ 小型犬用成犬用 1㎏
    14. 森乳サンワールド|スーパーゴールド チキンプラス 成犬用 800g
    15. ネスレ日本|ピュリナワン 1~6歳 ほぐし粒入り 成犬用 チキン 2.1㎏
    16. マースジャパンリミテッド|アイムス 成犬用 健康維持用 ラム&ライス 小粒 2.6kg
    17. 日清ペットフード|JPスタイルゴールド 和の究み 小粒 1歳からの成犬用 900g
    18. 日本ペットフード|ビタワン 5つの健康バランス ビーフ味・野菜入り 小粒 1.2kg
    19. ヒルズ|サイエンス・ダイエット アダルト 小型犬用 成犬用 1歳~6歳 750g
    20. ロイヤルカナンジャポン|ロイヤルカナン ミニ インドア アダルト 800g
    21. 京都ダイゴ犬舎|ネイティブドッグ プレミアムチキン 成犬用 3kg
    22. マースジャパンリミテッド|ニュートロ ナチュラルチョイス 小型犬用 成犬用 チキン&玄米 1kg
    23. サクラペットフード|ドライフード カリカリタイプ 800g×3個セット
    24. 日本ペットフード|ビューティープロ ドッグ 成犬用 700g

    検証① 原材料の信頼度とこだわり

    原材料の信頼度とこだわり

    1つ目は「原材料の信頼度とこだわり」です。まずは各商品の原材料表を確認していきます。

    持ち点を3.0とし、以下の5つに当たる表記があった場合、それぞれ0.5点(最大2.0点)の加点をしていきます。


    • パーセンテージやグラム数など、原材料の含有量
    • 原材料の産地
    • 「生」「乾燥」など肉・野菜等の加工前の状態や保存方法
    • 「骨を含まない」「副産物を含まない」「ホルモン剤不使用」など、肉に関する詳細
    • その他「遺伝子組み換えでない」「人間用の食材を使用」などの原材料に関する説明


    逆に「等」「類」「家禽」などの表現の後に補足がなく、細かい原材料の記載がない箇所が1つでもあった場合は0.5点の減点と設定します。また、パッケージの表記や公式サイトを確認し、「●●を使用しました」「●●製法で作りました」など他のフードにはあまり見られない独自性やこだわりが表れたポイントがあるかどうかをチェックしました。


    こちらも1つあるごとに0.5点加点し、根拠のない効果の記載など、表記のガイドラインに反する表現があった場合は-1.0点とします。

    【検証結果ハイライト】新しいメーカーや海外メーカー商品の表記が詳しく、こだわりも見えやすい。NG表記はなし!

    【検証結果ハイライト】新しいメーカーや海外メーカー商品の表記が詳しく、こだわりも見えやすい。NG表記はなし!

    表記が詳しく、こだわりが見られたのは、日本のメーカーや日本に昔からある大手メーカーの商品ではなく、比較的新しいメーカーの商品や輸入商品でした。


    名前を聞いたことのないメーカーやブランド名でも、原材料表記や商品の説明をしっかり読むと信頼性や安心感につながる可能性があります。「定番だから」という理由でドライフードを選んでいた場合は新たな商品にチャレンジすることをおすすめします。


    また、表記のガイドラインで禁止されている表現を使っている商品はありませんでした。

    検証② 食いつきの期待度

    食いつきの期待度

    2つ目は「食いつきの期待度」です。


    まずは各商品を数gずつカップに出して匂いを嗅ぎ、「匂いの強さ」と「犬が好む匂いかどうか」をチェックして1.0〜5.0の評価をつけていきます。


    次は、「アミノ酸の種類が多いと味に深みが出る」という仮定のもと、たんぱく質を含む原材料の数を数えます。こちらは数に応じて、0.5刻みで3.0〜5.0の評価を付けました。


    「匂いの強さ」「犬が好む匂いかどうか」「たんぱく質を含む原材料の数」の評価を元に、食いつきの期待度を総合的に比較します。

    【検証結果ハイライト】値段の高いフードがたんぱく質となる原材料を多く使用!匂いの傾向は特に見つからず

    【検証結果ハイライト】値段の高いフードがたんぱく質となる原材料を多く使用!匂いの傾向は特に見つからず

    たんぱく質の多さは、値段の高い高級志向のフードが良い評価になりやすいという結果に。素材にこだわって多くの原材料を配合しているため、味に深みが出そうです。


    一方匂いの目立った傾向は見られず、値段・素材などが近い商品でもその評価はバラバラでした。匂いの種類や強さなどが気になる場合は口コミをチェックするのがいいでしょう。

    検証③ 価格の手頃さ

    価格の手頃さ

    最後は「価格の手頃さ」です。


    犬の体重を10kgと仮定し、パッケージに表記された量を与えた際にかかる1日のコストを計算していきます。商品の価格はAmazonでの販売価格を参考にします。サイズ展開がある商品の場合は、各サイズの1日あたりのコストをそれぞれ計算し、平均をその商品の1日あたりのコストとします。


    100円未満の商品は5.0、100〜200円未満は4.0、200〜300円未満は3.0、300〜500円未満は2.0、それ以上は1.0という評価になります。

    【検証結果ハイライト】日本のメーカー・歴史の長い定番のメーカーの商品にお得なものが多い!

    【検証結果ハイライト】日本のメーカー・歴史の長い定番のメーカーの商品にお得なものが多い!

    日本のメーカーが製造・販売する商品や、多くの人が名を知る大手ペットフードメーカーの商品がお得という結果になりました。手に取りやすい価格のフードを求めている場合は、メーカーを参考にしてもよさそうです。


    また素材の良さや種類の豊富さを重視した海外製のフードは高い傾向があり、特にラム肉を使用したものはお値段が張ってしまいます。


    ですがそのようなフードでも大きなサイズの設定がある商品は比較的手の届きやすい価格になっていました。サイズバリエーションをヒントにコスパの良いものを探してみるのもおすすめです。

    PR

    バウムクーヘン自然派わんこの厳選ごはん

    1,980円(税別)

    犬の管理栄養士と共同開発!国産・無添加の自然派ドッグフード

    ワンちゃんの健康のために「もっと身体に優しいドッグフードを探している」「今食べさせているドッグフードで必要な栄養が取れているのか心配」という方におすすめなのが、国産・無添加で低アレルゲン設計にこだわった自然派ドッグフード「自然派わんこの厳選ごはん」です!


    低温・低圧による独自製法で作られており、熱をあまり加えることなく素材本来の栄養価を閉じ込めているのが大きな特徴です。

    主原料は生肉50%以上でできており、おいしさと栄養をしっかり取ることができます。また、乳酸菌・オリゴ糖も配合されているためワンちゃんの免疫力の維持をサポートしてくれるのもポイント。全犬種・全年齢・オールステージ用のドッグフードなので犬種や年齢を問わず長く安心して食べさせられるのも嬉しいですね♪

    1回でもストップOK!定期便なら初回33%オフ!

    自然派わんこの厳選ごはん

    「自然派わんこの厳選ごはん」は1kg通常価格2,980円(税別)のところ定期便なら初回33%オフの1,980円(税別)送料無料で購入できます。2回目以降は2袋4,960円セット、送料500円でお届け。


    定期便は1回の購入でも停止・休止OKなので初めてでまずは1㎏分で試してみたい方にもおすすめです。

    No.1

    アカナファミリージャパンアカナ アダルトスモールブリード

    675円(税込)

    総合評価

    4.16
    • 食いつきの期待度: 4.6
    • 原材料の信頼度とこだわり: 4.7
    • 価格の手頃さ: 2.0

    マイベストが最もおすすめするドライフードはこれ!質の良さが表れた小型犬用フード

    マイベストがおすすめするドッグフード第1位となったのは、アカナのアダルトスモールブリードでした!


    鶏肉・全卵・カレイなどといった新鮮な食材をたっぷりと使用しており、素材へのこだわりが感じられます。また各原材料のパーセンテージの記載、「使用している肉のうち3分の1が無冷凍」という表記など、嘘のない親切な書き方が非常に好印象でした。


    小型犬にとっての食べやすさを考えた小さめの平粒は魚の匂いが強め。人間にとっても嫌な匂いではなかったので、きつい匂いが苦手な飼い主さんでも問題ないでしょう。味の深みもありそうで、飽きずに食べ続けてくれることが期待できます。


    製造工程の全てを自社工場で行っているというのも安心できますね。価格は安くありませんが、愛犬にいいものを食べさせたい!と考える方にはぜひ購入してもらいたいフードです。

    対象犬種小型犬
    主原料新鮮鶏肉
    原産国カナダ
    サイズ展開340g,2kg,6kg
    1日あたりのコスト(全サイズ平均、体重10kgの場合)347.3円
    100gあたりのカロリー約351kcal
    特徴-
    No.2

    アカナファミリージャパンアカナ クラシックレッド

    719円(税込)

    総合評価

    4.13
    • 食いつきの期待度: 4.2
    • 原材料の信頼度とこだわり: 4.5
    • 価格の手頃さ: 3.0

    こだわりが各所にみられる安心のフード!価格が高すぎないのも嬉しい

    ラム・牛肉・豚肉という3種類の肉を使ったフードで、原材料にそれぞれの含有量が細かく表記されています。加工前の状態も記載されており、安心感と信頼感がありました。


    匂いの評価はそこまで高くありませんでしたが、素材へのこだわりからたんぱく質を含む材料をふんだんに使っているので、味の深みはかなり期待できるでしょう。粒は大きめで平べったく、小判のような形でした。小型犬には少し食べづらいかもしれないので、中型犬以上に与えるのがおすすめです。


    サイズバリエーションも豊富で、このレベルのフードにしては比較的求めやすい価格です。ただし大すぎるサイズを購入すると酸化が懸念されるので、愛犬が1ヵ月以内に食べられる量を選んでください。

    対象犬種-
    主原料ラム肉ミール
    原産国カナダ
    サイズ展開340g,2kg,6kg,11.4kg,17kg
    1日あたりのコスト(全サイズ平均、体重10kgの場合)233.7円
    100gあたりのカロリー349.3kcal
    特徴安い
    No.3

    ナチュラルバランスホールボディヘルスドッグフード

    1,650円(税込)

    総合評価

    3.98
    • 食いつきの期待度: 3.7
    • 原材料の信頼度とこだわり: 4.5
    • 価格の手頃さ: 3.0

    健康維持のための成分をふんだんに配合した、全犬種・年齢に与えられる商品

    健康維持の効果を前面に押し出しており、タウリンやブルーベリー、クランベリーなど、非常に多くの成分を配合していました。健康へのこだわりがよく伝わってくる商品です。


    サイズバリエーションが多く、価格は安すぎず高すぎずといったところ。上位のラインナップの中では比較的安いので、高級系のフードに手を出せない場合はおすすめです。


    生後3ヵ月以上であればどんな犬にも与えられるオールマイティなフードですが、粒は大きめで平たい形なので超小型犬には少々食べづらいかもしれません。

    対象犬種全犬種
    主原料鶏肉
    原産国アメリカ
    サイズ展開1kg,2.27kg,5.45kg
    1日あたりのコスト(全サイズ平均、体重10kgの場合)236.4円
    100gあたりのカロリー361kcal
    特徴安い
    No.4

    オリジンオリジナル

    935円(税込)

    総合評価

    3.89
    • 食いつきの期待度: 4.1
    • 原材料の信頼度とこだわり: 4.5
    • 価格の手頃さ: 2.0

    鶏・七面鳥・魚といった豊富な種類の素材を使用!値段相応のこだわりがあるフード

    定番である鶏だけでなく、七面鳥やカレイ・サバ・ニシンなどの素材もふんだんに使ったフードで、匂いも肉というよりは魚という印象でした。魚の匂いは好みが分かれますが、たんぱく質を含む原材料が多いため「おいしさ」は期待できそうです。


    またパッケージを確認するとその他にもたくさんのこだわりが見られ、人間用の食材を使用している点や食材のグラム数が記載されているのも高評価の要因となりました。


    高級系のフードで価格は高めの設定ですが、サイズバリエーションが多いため大きいものを購入すればコストを抑えられるでしょう。

    対象犬種全犬種
    主原料新鮮鶏肉
    原産国アメリカ
    サイズ展開340g,2kg,5.9kg,11.3kg
    1日あたりのコスト(全サイズ平均、体重10kgの場合)406円
    100gあたりのカロリー394kcal
    特徴-
    No.5

    レティシアンモグワンドッグフード

    4,960円(税込)

    総合評価

    3.84
    • 食いつきの期待度: 4.3
    • 原材料の信頼度とこだわり: 4.2
    • 価格の手頃さ: 2.0

    値段は張るが、信頼度も食いつきも高評価!チャックにもこだわりが見られる

    6位の商品とそっくりなドーナツ型の粒はしっかりと匂いがし、野菜+果物+犬好みの腐敗臭という印象でした。またおいしさの元になる原材料も多く使用しており、犬が喜んで食べてくれそうです。


    主原料であるチキンとサーモンは全体の56%を占め、高タンパクであることが特徴です。こだわりのために価格は高くなってしまうものの、原材料が全て人間が口にできる食材という点も安心できますね。


    毎日与えるものであるため、開け閉めのしやすいマジックテープのようなチャックも好印象でした。

    対象犬種全犬種
    主原料チキン,サーモン
    原産国イギリス
    サイズ展開1.8kg
    1日あたりのコスト(全サイズ平均、体重10kgの場合)483円
    100gあたりのカロリー約344kcal
    特徴-
    No.6

    レティシアンカナガン チキン

    4,968円(税込)

    総合評価

    3.83
    • 食いつきの期待度: 3.5
    • 原材料の信頼度とこだわり: 4.7
    • 価格の手頃さ: 2.0

    ドーナツ型の小粒と素材へのこだわりが特徴的なグレインフリーフード

    物を使用していないグレインフリーのフードで、使用している原材料は全て人間が食べられる食材を厳選しているという記載が。チキンの含有量もしっかりと表記されており、信頼感は抜群です。


    またマリーゴールド・カモミールなどの珍しい食材も使用しており、独自性と商品へのこだわりが見受けられました。


    1日あたりのコストは472円と少々お値段が張りますが、グレインフリーを求める方や高タンパクのフードを求める方にはおすすめの商品です。

    対象犬種全犬種
    主原料骨抜きチキン生肉
    原産国イギリス
    サイズ展開2kg
    1日あたりのコスト(全サイズ平均、体重10kgの場合)472円
    100gあたりのカロリー約361.25kcal
    特徴-
    No.7

    ロータスジャパンロータス アダルト ラムレシピ 小粒 1kg

    2,464円(税込)

    総合評価

    3.79
    • 食いつきの期待度: 3.1
    • 原材料の信頼度とこだわり: 4.5
    • 価格の手頃さ: 3.0

    じっくり焼き上げるオーブンベイク製法で、栄養分とおいしさが詰まったフード

    オーブンで時間をかけて焼き上げることで栄養成分と旨みを凝縮し、嗜好性も高いという商品。ギュッと詰まったような小さな星型の粒が特徴的です。


    ですが匂いは弱くどちらかというと野菜や果物の香りが強いので、食いつきの評価は標準レベルとなってしまいました。


    グルコサミン・プロバイオティクスなど健康維持のための成分が多く配合され、原材料に使用されている肉はホルモン剤を使用していないというのは安心できるポイントです。

    対象犬種全犬種
    主原料ラム
    原産国カナダ
    サイズ展開80g,1kg,2.72kg,6kg
    1日あたりのコスト(全サイズ平均、体重10kgの場合)263.4円
    100gあたりのカロリー357.5kcal
    特徴-
    No.8

    ブルーバッファローブルー ライフプロテクション・フォーミュラ チキン&玄米レシピ 900g

    1,878円

    総合評価

    3.78
    • 食いつきの期待度: 3.5
    • 原材料の信頼度とこだわり: 4.2
    • 価格の手頃さ: 3.0

    メーカーのこだわりがよくわかる!独自開発の粒が入っているのも◎

    「骨抜き鶏肉」「乾燥チキン」など、細かい原材料の表記が好印象でした。パッケージからも商品へのこだわりが見え、野菜や果物も豊富な種類を使用しています。


    そのためたんぱく質を含む原材料が多く、おいしさも期待できます。ただ匂いはあまり強くなかったため、最初の食いつきが悪かった場合はトッピングなどで食べやすくするといいでしょう。


    抗酸化栄養素・ビタミン・ミネラルを豊富に含むメーカー独自開発の粒が入っており、健康への配慮もばっちりです。

    対象犬種全犬種
    主原料ラム
    原産国カナダ
    サイズ展開80g,1kg,2.72kg,6kg
    1日あたりのコスト(全サイズ平均、体重10kgの場合)263.4円
    100gあたりのカロリー357.5kcal
    特徴-
    No.9

    アーテミスペットフードアーテミス アガリクスI/S 小粒 1kg

    2,031円(税込)

    総合評価

    3.70
    • 食いつきの期待度: 3.2
    • 原材料の信頼度とこだわり: 4.2
    • 価格の手頃さ: 3.0

    健康をサポートするアガリクスを配合!健康意識の高い飼い主におすすめ

    健康効果のある成分のアガリクスを配合しているのが大きな特徴の商品です。また乳酸菌やグルコサミン・コンドロイチンも含まれており、健康効果を重視していることがわかります。


    原材料も「生」「ドライ」といった加工前の食材の状態が表記されていました。匂いはそこまで強くありませんが肉系の香りはしっかりとあり、たんぱく質を含む食材も比較的多く使用されていました。


    平べったいかなりの小粒で一粒にボリュームがないので、大型犬にはあまり満足感がないかもしれません。

    対象犬種全犬種
    主原料フレッシュチキン
    原産国アメリカ
    サイズ展開1kg,3kg,6.8kg
    1日あたりのコスト(全サイズ平均、体重10kgの場合)254.1円
    100gあたりのカロリー約358.9kcal
    特徴-
    No.10

    日本ペットフードコンボ ドッグ ドライ 角切りビーフ・キャベツブレンド 920g

    458円(税込)

    総合評価

    3.61
    • 食いつきの期待度: 4.6
    • 原材料の信頼度とこだわり: 3.2
    • 価格の手頃さ: 3.0

    乾燥キャベツが入った珍しいドッグフード。食いつきも期待大!

    茶色い花の形の粒の中に赤い角切りビーフと乾燥キャベツが混ざったカラフルなドライフードです。原材料表記の詳しさは標準的でしたが、乾燥した野菜が入ったフードは他にあまりなく独自性が感じられました。


    また食いつきの期待度も4.6という結果で、匂いの種類・強さ・たんぱく質の多さの全てが高評価でした。ただしかなり匂いがあるので、ドッグフードの匂いが苦手な方は注意してください。


    小分け包装になっており酸化を防げるのも嬉しい点ですね。

    対象犬種全犬種
    主原料トウモロコシ
    原産国日本
    サイズ展開460g,920g
    1日あたりのコスト(全サイズ平均、体重10kgの場合)263.5円
    100gあたりのカロリー300kcal
    特徴-
    No.11

    マースジャパンリミテッドペディグリードライ チキン&緑黄色野菜入り 成犬用 2.2kg

    642円(税込)

    総合評価

    3.50
    • 食いつきの期待度: 3.7
    • 原材料の信頼度とこだわり: 2.7
    • 価格の手頃さ: 5.0

    1日あたりのコストは最安値!歴史あるメーカーの定番商品

    ドッグフードの定番ブランドであるペディグリーのドライフード。原材料に「米等」「チキン等」という曖昧な表記が見られたうえ、他の商品と比べた際の独自性は特に見られませんでした。


    ですが価格の安さは検証商品の中で一番で、1日あたり50円以下という結果に。お得さを重視したい方にはイチオシしたいフードです。


    カラフルな粒はいわゆるドッグフードという匂いが非常に強くしました。たんぱく質を含む原材料はあまり多くなかったため味の期待度はそこそこですが、匂いにつられるワンちゃんは多いでしょう。

    対象犬種全犬種
    主原料穀類
    原産国タイ
    サイズ展開2.2kg,5.5kg,10kg
    1日あたりのコスト(全サイズ平均、体重10kgの場合)48.9円
    100gあたりのカロリー345kcal
    特徴安い
    No.12

    レッドハートジウィピーク エアドライ・ドッグフード トライプ&ラム 454g

    3,605円(税込)

    総合評価

    3.50
    • 食いつきの期待度: 3.5
    • 原材料の信頼度とこだわり: 4.5
    • 価格の手頃さ: 1.0

    原材料の96%がお肉!こだわりは感じられるが、値段の高さがネック……

    原材料の96%が肉と貝という驚きのドッグフード。素材や製法にこだわっている分、価格は454gで4,000円以上、1日あたり817円とかなりコストがかかります。


    パッケージを開けてみるとかなり強い匂いがしますが、豆類や穀類が使われていないため味の深みの評価は低め。切った昆布のような平べったい形も特徴的でした。


    高タンパクのフードは腎臓に影響を及ぼす可能性もあるので一概には良いと言えませんが、健康志向の飼い主には向いているでしょう。

    対象犬種全犬種
    主原料ラムトライプ生肉
    原産国ニュージーランド
    サイズ展開454g,1kg,2.5kg
    1日あたりのコスト(全サイズ平均、体重10kgの場合)816.9円
    100gあたりのカロリー520kcal
    特徴-
    No.13

    マースジャパンリミテッドニュートロ シュプレモ 小型犬用成犬用 1㎏

    1,227円(税込)

    総合評価

    3.49
    • 食いつきの期待度: 3.3
    • 原材料の信頼度とこだわり: 3.7
    • 価格の手頃さ: 3.0

    素材にとことんこだわった自然派!DHAが豊富なサーモンを使用しているのも◎

    17種類の自然素材と、そのブレンドにこだわったフード。匂いも比較的自然でそこまで強くはありませんでしたが、原材料の多さから味に深みが出ることは期待できそうです。


    体を作るチキン・ラムに加え、DHAやEPAが豊富なサーモンも使用されているのがポイントです。


    「安すぎるフードは心配だけど、高すぎるのもちょっと……」という飼い主さんにはちょうどいい価格帯の商品といえるでしょう。

    対象犬種小型犬
    主原料チキン(肉)
    原産国アメリカ
    サイズ展開1kg,3kg,6kg
    1日あたりのコスト(全サイズ平均、体重10kgの場合)200.1円
    100gあたりのカロリー360kcal
    特徴安い
    No.14

    森乳サンワールドスーパーゴールド チキンプラス 成犬用 800g

    877円(税込)

    総合評価

    3.45
    • 食いつきの期待度: 3.0
    • 原材料の信頼度とこだわり: 3.5
    • 価格の手頃さ: 4.0

    森永が商標を持つ乳酸菌を使用!腸の健康を重視したドッグフード

    腸の健康へのこだわりが感じられ、森永乳業が商用を登録している特別な乳酸菌やラクトフェリンなどが多く配合されています。


    サイズバリエーションが多く価格もお安めなので、腸の健康が気になる飼い主さんにはおすすめできる商品です。


    匂いはかなり弱く、味の深みの評価も標準的といったところ。かなり小さめの小粒なので、小型犬に与えるのがいいでしょう。

    対象犬種全犬種
    主原料
    原産国アメリカ
    サイズ展開800g,2.4kg,7.5kg
    1日あたりのコスト(全サイズ平均、体重10kgの場合)182.3円
    100gあたりのカロリー360kcal
    特徴安い
    No.15

    ネスレ日本ピュリナワン 1~6歳 ほぐし粒入り 成犬用 チキン 2.1㎏

    1,091円(税込)

    総合評価

    3.45
    • 食いつきの期待度: 2.7
    • 原材料の信頼度とこだわり: 3.2
    • 価格の手頃さ: 5.0

    歯の健康のためにほぐし粒を配合。安さと個包装も嬉しい!

    しっとり感のある柔らかい「ほぐし粒」が混ざったフード。よく噛むことで歯垢・歯石を付きにくくし、満腹感も得られるという効果を狙った商品です。


    ほぐし粒は予想以上の柔らかさで食感がいいので、食いつきにも貢献してくれそうでしたが、匂いの弱さとたんぱく質の少なさから期待度はイマイチ。


    ただ一日70円ほどの価格で済むという点は高評価であり、遮光性のある銀色のパッケージに小分けになっている点も好印象でした。

    対象犬種全犬種
    主原料チキン
    原産国アメリカ
    サイズ展開2.1kg,4.2kg
    1日あたりのコスト(全サイズ平均、体重10kgの場合)69.2円
    100gあたりのカロリー約399kcal
    特徴安い
    No.16

    マースジャパンリミテッドアイムス 成犬用 健康維持用 ラム&ライス 小粒 2.6kg

    1,241円(税込)

    総合評価

    3.43
    • 食いつきの期待度: 3.5
    • 原材料の信頼度とこだわり: 2.7
    • 価格の手頃さ: 5.0

    原材料で少々気になる部分はあるが、コスパの良さが抜群のフード!

    1日あたりのコストが57円という結果になり、価格の手頃さの評価は最高となりました。1ヵ月で食べきれる量の購入をおすすめしますが、12kgという量もあるのでできる限りコストを抑えたい方・多頭飼いの方におすすめです。


    しかし「家禽ミール」「家禽エキス」という表記があったため、原材料の評価は残念ながら低めに。タンパク質を含む食材の数も伸び悩みましたが、犬が好む腐敗臭のような匂いがしっかりとしていました。


    「ラム&ライス」とパッケージに記載されていますが、チキンも使用されていますのでアレルギーのある犬は注意しましょう。

    対象犬種全犬種
    主原料チキンミール
    原産国ドイツ
    サイズ展開2.6kg,5kg,12kg
    1日あたりのコスト(全サイズ平均、体重10kgの場合)57円
    100gあたりのカロリー369kcal
    特徴安い
    No.17

    日清ペットフードJPスタイルゴールド 和の究み 小粒 1歳からの成犬用 900g

    861円(税込)

    総合評価

    3.41
    • 食いつきの期待度: 3.1
    • 原材料の信頼度とこだわり: 3.7
    • 価格の手頃さ: 3.0

    日本のペットと腸の健康を考えて開発されたフード。米糠を使用しているのがユニーク

    腸の健康を考慮して開発された商品。乳酸菌や米糠が使用されているのが特徴的です。鼻を近づけると犬好みの匂いがしましたが、匂い自体はそこまで強くありませんでした。


    主原料の小麦全粒粉は日本産であり、また日本の湿度の高い気候を考えて、100gずつの小分けパックになっています。

    対象犬種全犬種
    主原料小麦全粒粉
    原産国日本
    サイズ展開900g,2.4g
    1日あたりのコスト(全サイズ平均、体重10kgの場合)211.44円
    100gあたりのカロリー360kcal
    特徴安い
    No.18

    日本ペットフードビタワン 5つの健康バランス ビーフ味・野菜入り 小粒 1.2kg

    286円(税込)

    総合評価

    3.40
    • 食いつきの期待度: 3.2
    • 原材料の信頼度とこだわり: 3.2
    • 価格の手頃さ: 4.0

    歯磨き粒が入ったカラフルなミックスタイプのフード。お求めやすい価格も◯

    カラフルでさまざまな形の粒がミックスされた、ザ・ドッグフードという印象の商品。硬さのある歯磨き粒も混ざっています。


    見た目とは裏腹にドッグフードらしい匂いはせず、甘いクッキーのような香りがしました。食いつきには少々差が出るかもしれません。サイズは1.2kgのみですが、お求めやすい価格で無理せず与えられるフードです。

    対象犬種全犬種
    主原料トウモロコシ
    原産国日本
    サイズ展開1.2kg
    1日あたりのコスト(全サイズ平均、体重10kgの場合)149.2円
    100gあたりのカロリー350kcal
    特徴安い
    No.19

    ヒルズサイエンス・ダイエット アダルト 小型犬用 成犬用 1歳~6歳 750g

    420円(税込)

    総合評価

    3.40
    • 食いつきの期待度: 3.2
    • 原材料の信頼度とこだわり: 3.2
    • 価格の手頃さ: 4.0

    ビタミン等を多く配合し、小型犬の健康に配慮。手頃な価格で続けやすい!

    パッケージを確認すると、ビタミンやカルシウム・グルコサミンの配合にこだわりが見られました。小型犬の歯や骨の健康を重視したい方にはおすすめです。


    匂いの強さは標準的で、原材料から期待できる味の深みも高評価にはなりませんでした。ですがサイズバリエーションが3種類あるので、愛犬の好みが気になる場合は750gから購入してみるといいでしょう。


    1日あたり135円というお値段も手を伸ばしやすい価格帯です。

    対象犬種小型犬
    主原料トリ肉(チキン、ターキー)
    原産国チェコ
    サイズ展開750g,1.5kg,3kg
    1日あたりのコスト(全サイズ平均、体重10kgの場合)135.3円
    100gあたりのカロリー374kcal
    特徴安い
    No.20

    ロイヤルカナンジャポンロイヤルカナン ミニ インドア アダルト 800g

    968円(税込)

    総合評価

    3.40
    • 食いつきの期待度: 3.5
    • 原材料の信頼度とこだわり: 3.5
    • 価格の手頃さ: 3.0

    運動量の少ないインドア犬向けにカロリーを調整したフード

    療法食で有名なロイヤルカナンの総合栄養食です。室内に暮らす犬のために開発されたフードで、100gあたりのカロリーは378kcalほどに調整されています。


    特徴的な三角の粒は、ドッグフードにはあまりないトマトのような香りが。たんぱく質を含むの食材の量も7つとあまり多くなかったため、食いつきの期待度は標準的な結果になりました。


    ただ価格は決して高くないので、好んで食べてくれさえすれば健康を目指したい小型犬にはもってこいの商品でしょう。

    対象犬種室内で生活する小型犬
    主原料新鮮鶏肉
    原産国カナダ
    サイズ展開800g,2kg,4kg,8kg
    1日あたりのコスト(全サイズ平均、体重10kgの場合)289.3円
    100gあたりのカロリー約378kcal
    特徴-
    No.21

    京都ダイゴ犬舎ネイティブドッグ プレミアムチキン 成犬用 3kg

    2,371円(税込)

    総合評価

    3.36
    • 食いつきの期待度: 3.1
    • 原材料の信頼度とこだわり: 3.2
    • 価格の手頃さ: 4.0

    サイズバリエーションの多さが嬉しい。腸の健康に配慮した小粒のドッグフード

    チキンが主原料のフードで、ラクトフェリン・フラクトオリゴ糖という腸の健康をサポートする成分を2種類配合しているという特徴がありました。


    チキンよりも穀物のような香りが強かったので食いつきの評価は伸び悩み、好んで食べないワンちゃんもいるかもしれません。


    サイズバリエーションが多く、お試しサイズからお得な12kgまであるのが嬉しいポイントです。

    対象犬種全犬種
    主原料チキン
    原産国アメリカ
    サイズ展開800g,3kg,6kg,12kg
    1日あたりのコスト(全サイズ平均、体重10kgの場合)146.5円
    100gあたりのカロリー372kcal
    特徴安い
    No.22

    マースジャパンリミテッドニュートロ ナチュラルチョイス 小型犬用 成犬用 チキン&玄米 1kg

    1,107円(税込)

    総合評価

    3.33
    • 食いつきの期待度: 3.2
    • 原材料の信頼度とこだわり: 3.5
    • 価格の手頃さ: 3.0

    食べやすい小粒とチキン生肉が特長の、スタンダードな小型犬用ドライフード

    粒の大きさは1cm弱で、小型犬にとってかなり食べやすい形状になっていました。主原料は生のチキンで、素材へのこだわりも見受けられます。


    各検証項目で特に目立った結果が出たものはありませんでしたが、クセがなく小型犬のごはんに迷った時にはおすすめできるフードです。

    対象犬種小型犬
    主原料チキン(肉)
    原産国アメリカ
    サイズ展開1kg,3kg,6kg
    1日あたりのコスト(全サイズ平均、体重10kgの場合)210.2円
    100gあたりのカロリー365kcal
    特徴安い
    No.23

    サクラペットフードドライフード カリカリタイプ 800g×3個セット

    1,100円(税込)

    総合評価

    3.29
    • 食いつきの期待度: 3.3
    • 原材料の信頼度とこだわり: 3.7
    • 価格の手頃さ: 2.0

    少々割高だが、密閉されたパックに安心感が。新鮮さにこだわりを感じる商品

    封を開けてみると密閉性の高い袋に小分けされており、新鮮な印象を受けました。国内の工場から直送されており、使用されている牛肉は骨などを含んでいません。


    フードの匂いはいわゆるドッグフードの匂いとは少し違い、おかかのような香りがしました。キツい匂いが苦手な飼い主さんにはおすすめです。

    対象犬種全犬種
    主原料肉類<ビーフ(骨・皮・内臓を含まない)
    原産国日本
    サイズ展開800g
    1日あたりのコスト(全サイズ平均、体重10kgの場合)363.3円
    100gあたりのカロリー約330kcal
    特徴-
    No.24

    日本ペットフードビューティープロ ドッグ 成犬用 700g

    397円(税込)

    総合評価

    3.25
    • 食いつきの期待度: 2.7
    • 原材料の信頼度とこだわり: 3.2
    • 価格の手頃さ: 4.0

    ハート型の粒がかわいい!食いつきの評価は△だが、飼い主も犬も笑顔になれそう

    個包装を開けた瞬間、ハート型の粒にびっくり。匂いがあまりなく、食いつきの期待度の評価が低くなってしまいましたが、粒のかわいさに笑顔になれるフードです。


    価格の手頃さと、毛づやの維持が期待できるコラーゲンが配合されているのも特徴的です。

    対象犬種全犬種
    主原料トウモロコシ
    原産国日本
    サイズ展開700g,2.5kg,5.2kg
    1日あたりのコスト(全サイズ平均、体重10kgの場合)176円
    100gあたりのカロリー370kcal
    特徴安い

    人気ドッグフードの検証結果比較表

    正しい保存方法と、食いつきが悪いときの対処法

    最後に、専門家にお聞きしたドッグフードに関するお役立ち情報をご紹介します!

    ドッグフードの正しい保存方法と賞味期限

    どんなにいい原料を配合したドッグフードも、酸化してしまったら台無し。保存方法と賞味期限について、しっかり確認しておきましょう。

    ドッグフード保存容器で酸化の進行を抑えよう

    ドッグフード保存容器で酸化の進行を抑えよう

    酸化の進行を抑えるために、開封後は中身をドッグフード保存容器に移し替えるのがおすすめです。パッケージにチャックがついた商品もありますが空気が入りやすいため、密閉性の高い容器で保存するのがベストです。


    入れたい量や機能性を考え、下記のリンクから最適な商品を選んでくださいね。

    賞味期限は未開封の場合の期限!切れたものはできる限り与えない

    賞味期限は未開封の場合の期限!切れたものはできる限り与えない

    ドッグフードに記載されている賞味期限は、未開封の状態を想定しています。前述の通り、開封後1ヵ月以内に食べきることで酸化を抑えた状態のフードを与えることができます。


    未開封の状態でも、賞味期限が切れてしまった場合は中身が変化している可能性があるのでできる限り与えない方がいいでしょう。

    彦坂 道子
    獣医師
    彦坂 道子さんのコメント

    賞味期限は「味」に関してメーカーが設けている基準です。未開封の状態で期限が過ぎていたとしても、絶対にダメといった強い否定はしません。飼い主様のご判断にお任せします。安全性を考えたときに消費期限の切れたものを食べさせるのはおすすめしません。

    ドッグフードの食いつきが悪い時の原因と対処法

    続いて、食いつきが悪い時の対処法についてご紹介します。

    まずは給与量と与え方が正しいか確認

    まずは給与量と与え方が正しいか確認

    ドッグフードの食いつきが悪く残してしまう場合は、まず初めに給与量を見直しましょう。特に小型犬は食が細い犬が多いので、商品に記載されている給与量も参考にしながら与えている量が適切であるかを確認してください。


    また与える際の環境も食いつきに影響を与えます。飼い主が見ているとそれを気にして食べなくなってしまうワンちゃんもいますので、お皿を置いたあとは静かに離れるようにしましょう。

    彦坂 道子
    獣医師
    彦坂 道子さんのコメント

    せっかく用意したフードをガツガツいっぱい食べてほしいという気持ちはわかりますが、飼い主さんが食べてほしい量と、愛犬にとって必要な量にギャップがあることがあります。


    経験から言うと超小型犬の飼い主さんに多いです。与えすぎが原因で残しているにも関わらず、それを「おいしくないから食べない」と誤解していることがあります。


    また元気で愛想のいい犬に多いのですが、与えたときに側でじーっと飼い主が見ていると、フードに集中できずに食べなくなることがあります。またお皿の近くにおもちゃなどがある場合も気がそれる原因になりますので注意してください。

    トッピング・温め・食器を変えることで食欲アップ

    トッピング・温め・食器を変えることで食欲アップ

    ドライフードの上にウェットフードや犬用ふりかけなどをトッピングしたり、半生フードを混ぜたりすると、食いつきが改善することがあります。


    またフードを温めて匂いが立つようにしたり、お湯でふやかして柔らかくするのも効果的であり、食べやすい食器や怖がらない食器に変更することで完食につながる場合もあります。


    上記の方法を試し、商品を変えても変化がない際は病気の可能性もありますので動物病院を受診することをおすすめします。

    「水に浮くドッグフード=危険」は誤り!

    「水に浮くドッグフード=危険」は誤り!

    ドッグフードの安全性を判断する際に、「水に浮くドッグフードは危険である」という話がありますが、これには科学的根拠がありません


    噂に惑わされず、アレルギーの有無・原材料の表記の仕方などをヒントに「愛犬にとって安全」な商品を選んでいきましょう。

    彦坂 道子
    獣医師
    彦坂 道子さんのコメント

    獣医師の立場からコメントすると、水に浮く浮かないはドッグフードの質には全く関係がありません。なぜそのような話が出てきたのか詳細はわかりませんが、ペットフードメーカーの方がフードを水の中に入れ、「うちの商品はすぐにバラバラになるので消化がいい」というパフォーマンスをすることがあります。


    また「水の中で浮く=消化が悪い」というのも栄養学的には根拠がありません。

    ドライフードの売れ筋ランキングもチェック!

    なおご参考までに、ドッグフードのAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングの売れ筋ランキングは、以下のリンクから確認してください。

    まとめ

    今回は人気のドッグフード24商品を集めて検証しましたが、いかがでしたか?愛犬に合うドッグフード探しは、犬を飼う人間にとって非常に大きなテーマです。不安になる情報もたくさん流れていますが、極端な噂に振り回されないようにすることも重要ですね。


    各商品の特徴をしっかりと捉えながら、自分も愛犬も笑顔になれるベストなドッグフードを選んでください!


    取材/文:伊東遼子、写真:芝崎哲治・三浦晃一

    ランキング作成日:2019/07/17

    当サイトでは、JANコードをもとに、各ECサイトが提供しているAPIを使用して、各商品の価格の表示やリンクの生成を行っております。

    そのため、掲載価格に変動がある場合や、JANコードの登録ミスなど情報が誤っている場合がありますので、最新価格や商品の詳細等については各販売店やメーカーに確認するようにお願いいたします。

    関連記事

    人気の記事

    人気のアイテムリスト

    カテゴリから探す