1. TOP
  2. >
  3. ペット・ペット用品
  4. >
  5. 犬用品
  6. >
  7. グレインフリードッグフードのおすすめ人気ランキング10選【穀物不使用!】
  • グレインフリードッグフードのおすすめ人気ランキング10選【穀物不使用!】のアイキャッチ画像1枚目
  • グレインフリードッグフードのおすすめ人気ランキング10選【穀物不使用!】のアイキャッチ画像2枚目
  • グレインフリードッグフードのおすすめ人気ランキング10選【穀物不使用!】のアイキャッチ画像3枚目
  • グレインフリードッグフードのおすすめ人気ランキング10選【穀物不使用!】のアイキャッチ画像4枚目
  • グレインフリードッグフードのおすすめ人気ランキング10選【穀物不使用!】のアイキャッチ画像5枚目

グレインフリードッグフードのおすすめ人気ランキング10選【穀物不使用!】

生活の中で「アレルギー」と向き合う機会が多くなっていますが、今では人間と生活を共にするペットにもこの傾向が出てきています。特に毎日の食事がきっかけとなりやすい食物アレルギーは、今やペットのワンちゃんにとっても重大な問題。そこで注目されているのが、穀類を使用していないグレインフリーのドッグフードです。

そこで今回は、グレインフリードッグフードの上手な選び方を解説し、評判の良い人気商品をランキング形式でご紹介します。人気上昇中のウェルネスコアをはじめ、ナチュラルで安全性の高いペットフードとして評価の高い商品が続々と登場しますよ。ぜひ参考にしてくださいね。
  • 最終更新日:2020年04月10日
  • 75,876  views
目次

そもそもグレインフリーのドッグフードとは?

そもそもグレインフリーのドッグフードとは?
愛犬にはいつまでも健康でいて欲しい…。それは、飼い主さん誰しもが思うこと。そのためにも、日々の食事であるドッグフードにはこだわりたいですよね。最近の世界的な傾向でもある「グレインフリー」とは、ドッグフードは穀物不使用にしていこうという大きな流れのことです。

ペットとしての歴史が長い犬は今でこそ雑食化しているように思えますが、元々は肉食。その体は肉を消化しやすい構造になっています。そのため、犬によっては穀物の消化がしにくく、これが食物アレルギーや体調不良に繋がることがあるということが近年の医学的研究で明らかになってきました。

こうした流れから、日本でもドッグフードをグレインフリーに、という流れは大きくなりつつあります。ちなみにグレインフリーの対象になる代表的な穀物は、米・大麦・小麦・トウモロコシの4つとされています。これを目安に、成分をチェックしながら選んでいきましょう。

グレインフリードッグフードの選び方

ここからは、グレインフリーのドッグフードならではの具体的な選び方をご紹介していきます。必ず押さえておいて欲しいポイントをまとめますので、ぜひ参考にしてくださいね!

たんぱく質の由来原料第一主原料をチェック

たんぱく質の由来原料第一主原料をチェック

グレインフリーのドッグフードは、基本的な主原料として「たんぱく質」の割合が高くなっていますが、一口にたんぱく質と言っても、その原料はビーフ・ポーク・チキン・ラム・サーモンなどさまざま。グレインフリーのドッグフードを購入する際には、まず「たんぱく質が何由来の原料か」をチェックしてください。

チェックすべき理由は、同じ原料の蓄積によるアレルギーの発症を防ぐため。例えばチキンのアレルギーは、継続してチキンを摂り続けることも引き金の一つになり得ると言われています。いくらグレインフリーのドッグフードであっても、たんぱく質は食物アレルギーの原因となる可能性があるので、できれば定期的にたんぱく質原料の種類を変えてローテーションする方がよいとされているので、併せて参考にしてくださいね。


なお、ワンちゃんの体調がすぐれない場合や、ドッグフードを食べても吐く・下痢や軟便が続く・皮膚の異常が治りにくいなどの場合は、使用されている原料にアレルギーを持っている可能性があるので、獣医さんで精密検査を受けることをおすすめします。アレルゲンが分かれば、より安全なドッグフードを選んであげることができますよ。

植物性原料のチェックも忘れずに

植物性原料のチェックも忘れずに
あなたのワンちゃんの体調や好み、どの程度グレインフリーにするのが理想かを考えて、原材料に含まれる植物原料もチェックしましょう。

グレインフリーのドッグフードと言っても、肉類のみで作られているもの・多少の野菜を含むものなどさまざま。米・大麦・小麦・トウモロコシなどの穀物は使用しないことが基本ですが、ジャガイモやさつまいもなどの炭水化物を含む野菜や葉物野菜・フルーツを使っているものは多くあります。


ワンちゃんの中には、さつまいも由来の植物性繊維のおかげで、健康が維持できている子もいるようです。初めてグレインフリーにする際にはいきなり肉100%の製品からではなく、徐々に植物性原料を減らした方が健康を維持できることもあるようですよ。

原材料の安全性を確認も重要

原材料の安全性を確認も重要
グレインフリードッグフードのセールスポイントはたんぱく質の割合が高いことですが、商品選びにあたっては、このたんぱく質の原料の安全性の高さをチェックすることが大切です。例えば肉類で例を挙げると「ミール・ミート」「~肉パウダー」「~肉エキス」という表記のあるドッグフードにはくず肉が紛れ込みやすいとされており、安全性に疑問符がつきやすくなります。

ちなみに、くず肉というのは人間用の食肉としては使えず格安で家畜用に売られている肉のこと。Dead(死んだ動物)・Dying(死にかけていた動物)・Disabled(身体の一部に障害のある動物)・Diseased(病気の動物)の頭文字をとって4Dミートとも呼ばれます。


他にも「動物性油脂」という表記や「肉類」という表記がある商品は、なるべく避けた方が安全性が高いので覚えておいてくださいね。

添加物もしっかりチェック!

添加物もしっかりチェック!

安全性の高いドッグフードを選びたい時は、保存料・酸化防止剤・着色料・香料が無添加のドッグフードを選ぶかは飼い主や愛犬の判断で決めましょう。以下は、市場に出ているドッグフードの中で頻繁に使用されている保存料などの種類です。


  • 酸化防止剤:BHA・BHT・クエン酸・没食子酸プロピルなど
  • 保存料:ソルビン酸Kなど
  • 着色料:青2・赤102・黄4・黄5・二酸化チタンなど
  • 香料:具体的に成分表記をしていることは少ない

上記の中でも、酸化防止剤のBHAには発がん性に関する考えも報告されています。長寿の犬が増えた現代では、ドッグフードを食べて過ごす期間も長いので、発がん性物質の蓄積が多くならないように添加物には十分気を付けてあげましょう。

ただし、これらの添加物は、「愛がん動物用飼料の安全確保に関する法律(通称:ペットフード安全法)」にて認められている成分です。添加物使用に対して上限値を設けており、その基準内でドッグフードを製造しております。


また、酸化防止剤や保存料など無添加の場合、保存条件が厳しくなります。しっかり、パッケージに記載された保存環境を正しく読み適切な環境で保管するようにしましょう。着色料や香料は、愛犬がそのドッグフードを好むように工夫されております。無添加であるとしても、食べなければ栄養状態に支障をきたすので、ある程度は考慮してもよいでしょう。 

原産国の基準や規制を知っておこう

原産国の基準や規制を知っておこう
どの国で作られた製品かということもチェックポイント。コスパの良いドッグフードは原料もさることながら、製造工程で人件費などを抑えるために、人件費の安い海外で生産されているいことがよくあります。

ただし、海外製のドッグフードは全て品質が良くないというわけではなく、海外製のドッグフードでも日本よりずっとペット食品への基準や規制が厳しい国もあります。このような情報を知っておくといいでしょう。


例えばペット先進国であるイギリスは、グレインフリーのドッグフードでは世界の中でもトップの品質を誇っています。他にもカナダはペットフードに使用される原料の基準が厳しいため、カナダ製のものから探すと安全性の高いフードに出会える確率が高まりますよ。

グレインフリードッグフード のおすすめ人気ランキング10選

それでは、人気のグレインフリードッグフードをランキング形式でご紹介していきましょう。なおランキングは、Amazon・楽天など各ECサイトの売れ筋ランキング(2020年2月10日時点)をもとにして順位付けしています。

10位

ロータスジャパングレインフリー フィッシュレシピ 小粒

4,940円 (税込)

第一主原料イワシ・タラ
植物性原料-
添加物酸化防止剤
原産国カナダ
9位
グレインフリードッグフード ウェルペット ジャパン 穀物不使用ウェルネスコア 小型犬成犬用 1枚目
出典:amazon.co.jp

ウェルペット ジャパン穀物不使用ウェルネスコア 小型犬成犬用

4,015円 (税込)

第一主原料骨抜き七面鳥(生肉)
植物性原料-
添加物酸化防止剤(自然派成分)
原産国アメリカ
8位
第一主原料ラム肉
植物性原料-
添加物酸化防止剤
原産国ニュージーランド
7位
グレインフリードッグフード ナチュラルバランス スウィートポテト&フィッシュ 1枚目
出典:amazon.co.jp
第一主原料サーモン
植物性原料-
添加物-
原産国アメリカ
6位
第一主原料サーモン
植物性原料-
添加物-
原産国イギリス
5位
グレインフリードッグフード マースジャパンリミテッド シュプレモ 牧場のレシピ ビーフ 成犬用 1枚目
出典:amazon.co.jp

マースジャパンリミテッドシュプレモ 牧場のレシピ ビーフ 成犬用

4,628円 (税込)

第一主原料ビーフ(肉)
植物性原料-
添加物酸化防止剤
原産国アメリカ
4位
グレインフリードッグフード ウェルペット ジャパン ウェルネスシンプル 小型犬成犬用(1歳以上) サーモン&じゃがいも 1枚目
出典:amazon.co.jp

ウェルペット ジャパンウェルネスシンプル 小型犬成犬用(1歳以上) サーモン&じゃがいも

15120

4,015円 (税込)

第一主原料サーモン・じゃがいも
植物性原料-
添加物酸化防止剤
原産国アメリカ
3位

森乳サンワールドスーパーゴールド フィッシュ&ポテト

1,690円 (税込)

第一主原料魚・ポテト
植物性原料-
添加物酸化防止剤
原産国アメリカ
2位
グレインフリードッグフード マースジャパンリミテッド ワイルドレシピ ラム 成犬用(超小型犬~小型犬) 1枚目
出典:amazon.co.jp

マースジャパンリミテッドワイルドレシピ ラム 成犬用(超小型犬~小型犬)

-

4,258円 (税込)

第一主原料ラム肉
植物性原料-
添加物酸化防止剤
原産国アメリカ
1位
第一主原料オーガニックチキン・乾燥チキン・フィッシュミール
植物性原料-
添加物酸化防止剤(人工でないもの)
原産国アメリカ

人気グレインフリードッグフードの比較一覧表

商品画像
1
グレインフリードッグフード ライトハウス ソルビダ グレインフリー チキン 1枚目

ライトハウス

2
グレインフリードッグフード マースジャパンリミテッド ワイルドレシピ ラム 成犬用(超小型犬~小型犬) 1枚目

マースジャパンリミテッド

3
グレインフリードッグフード 森乳サンワールド スーパーゴールド フィッシュ&ポテト 1枚目

森乳サンワールド

4
グレインフリードッグフード ウェルペット ジャパン ウェルネスシンプル 小型犬成犬用(1歳以上) サーモン&じゃがいも 1枚目

ウェルペット ジャパン

5
グレインフリードッグフード マースジャパンリミテッド シュプレモ 牧場のレシピ ビーフ 成犬用 1枚目

マースジャパンリミテッド

6
グレインフリードッグフード グッドスマイルインターナショナル ファイネストサーモン 1枚目

グッドスマイルインターナショナル

7
グレインフリードッグフード ナチュラルバランス スウィートポテト&フィッシュ 1枚目

ナチュラルバランス

8
グレインフリードッグフード ジウィピーク エアドライ・ドッグフード ラム 1枚目

ジウィピーク

9
グレインフリードッグフード ウェルペット ジャパン 穀物不使用ウェルネスコア 小型犬成犬用 1枚目

ウェルペット ジャパン

10
グレインフリードッグフード ロータスジャパン グレインフリー フィッシュレシピ 小粒 1枚目

ロータスジャパン

商品名

ソルビダ グレインフリー チキン

ワイルドレシピ ラム 成犬用(超小型犬~小型犬)

スーパーゴールド フィッシュ&ポテト

ウェルネスシンプル 小型犬成犬用(1歳以上) サーモン&じゃがいも

シュプレモ 牧場のレシピ ビーフ 成犬用

ファイネストサーモン

スウィートポテト&フィッシュ

エアドライ・ドッグフード ラム

穀物不使用ウェルネスコア 小型犬成犬用

グレインフリー フィッシュレシピ 小粒

特徴オーガニック食材を使用した低脂肪・低カロリーな商品!たんぱく質源に品質の高いラム肉を使用!合成保存料・着色料が無添加!高い消化吸収性で糞便の処理もラクアレルゲンになりにくいとされるサーモンを使用!筋肉・皮膚・消化吸収などの面から健康維持をサポート!成犬からシニア犬まで使えるグレインフリードッグフード!この商品だけのプレミアムなたんぱく質を愛犬に!ニュージーランド産の原材料のみを使用した、天然素材のラ...小粒で食べやすく、栄養バランス◎フレーバーは3種類!同じメーカーの製品をローテーション...
最安値
2,310
送料無料
詳細を見る
4,258
送料要確認
詳細を見る
1,690
送料無料
詳細を見る
4,015
送料無料
詳細を見る
4,628
送料要確認
詳細を見る
4,430
送料要確認
詳細を見る
3,766
送料要確認
詳細を見る
3,950
送料別
詳細を見る
4,015
送料無料
詳細を見る
4,940
送料無料
詳細を見る
第一主原料オーガニックチキン・乾燥チキン・フィッシュミールラム肉魚・ポテトサーモン・じゃがいもビーフ(肉)サーモンサーモンラム肉骨抜き七面鳥(生肉)イワシ・タラ
植物性原料----------
添加物酸化防止剤(人工でないもの)酸化防止剤酸化防止剤酸化防止剤酸化防止剤--酸化防止剤酸化防止剤(自然派成分)酸化防止剤
原産国アメリカアメリカアメリカアメリカアメリカイギリスアメリカニュージーランドアメリカカナダ
商品リンク

グレインフリーにもメリット・デメリットがある

ここまで、ワンちゃんにとっておすすめのグレインフリーのドッグフードについてお伝えしました。しかしグレインフリーのドッグフードもメリットばかりではありません。デメリットも併せて知っておきましょう。

グレインフリードッグフードのメリットは?

グレインフリードッグフードのメリットは?

食物に含まれるたんぱく質成分は、体内でアレルゲンと認識されることがあります。グレインフリーのドッグフードには、犬が消化しにくい成分の配合がとても少ないので、健康維持できるというメリットがありますよ。

デメリットはコスパがあまりよくないこと

デメリットはコスパがあまりよくないこと

グレインフリーのドッグフードは、ただ穀物の配合をしないことだけにこだわっている訳ではありません。現在、市場に出ているグレインフリーのドッグフードの多くは、主原料の生産方法や生産地など、細かい部分にまでこわだっているものがほとんどです。


そのため、どうしてもコスパ重視のドッグフードより割高になります。毎日の大切な食事なので、継続のための予算についても考えておきましょう。

まとめ

以上、グレインフリードッグフードについてご紹介してまいりましたが、いかがでしたでしょうか。

最近は商品の種類も増えてきて、飼い主さんの選択肢も広がってきています。しかしその分、本当に良いグレインフリードッグフードがどれなのか、見失いやすくなったことも事実です。今回お伝えしてきた選び方やランキングを参考に、あなたの愛犬に最適なドッグフードを選んで、ワンちゃんとの豊かな時間をより長く過ごしてくださいね!

当サイトでは、JANコードをもとに、各ECサイトが提供しているAPIを使用して、各商品の価格の表示やリンクの生成を行っております。

そのため、掲載価格に変動がある場合や、JANコードの登録ミスなど情報が誤っている場合がありますので、最新価格や商品の詳細等については各販売店やメーカーに確認するようにお願いいたします。

関連記事

人気の記事

人気のアイテムリスト

カテゴリから探す