• 魚ベースのドッグフードおすすめ人気ランキング10選【アレルギー対策に!】のアイキャッチ画像1枚目
  • 魚ベースのドッグフードおすすめ人気ランキング10選【アレルギー対策に!】のアイキャッチ画像2枚目
  • 魚ベースのドッグフードおすすめ人気ランキング10選【アレルギー対策に!】のアイキャッチ画像3枚目
  • 魚ベースのドッグフードおすすめ人気ランキング10選【アレルギー対策に!】のアイキャッチ画像4枚目
  • 魚ベースのドッグフードおすすめ人気ランキング10選【アレルギー対策に!】のアイキャッチ画像5枚目

魚ベースのドッグフードおすすめ人気ランキング10選【アレルギー対策に!】

犬は肉食の動物ですが、アレルギー対策やヘルシー対策から、「魚ベース」のドッグフードも人気です。しかし実は、すべての魚ベースのドッグフードが犬にとって安心というわけではありません。原材料やタンパク質含有量などを総合的にチェックすることが重要になってきます。

そこで今回は、犬の健康をしっかりと担保してくれる魚ベースのドッグフードの選び方をおさえたうえで、人気ランキング10選をご紹介します。フィッシュ4ドッグやオリジンの6フィッシュなど、いわゆるグレインフリー(穀物不使用)のプレミアムフードを中心に取り上げますのでお楽しみに!
  • 最終更新日:2018年11月08日
  • 11,675  views
目次

魚ベースのドッグフードの選び方

それではまず、魚ベースのドッグフードの選び方をおさえておきましょう。愛犬が元気に過ごせるためのドッグフード選びに必要なのは、成分に注目すること!

アレルギーの起こりにくさに注目!

「なぜ肉ではなく魚ベースのドッグフードを選ぶのか」と問われたときに、おそらく最も多い回答は「アレルギー対策として」でしょう。そのため、アレルギーの起こりにくさにも着目してみてください。

タンパク源は魚オンリーの方がアレルギー対策になる

魚ベースのドッグフードであれば、タンパク源が魚のみのものを選んでほしいと思います。魚ベースとされるドッグフードでも、中には鶏肉や豚肉などが使われている場合がありますが、肉類が含まれていると、それらがアレルゲンになる可能性が拭えません。

さらに欲を言えば、魚の種類も1種類に限ったもののほうが、安心です。鮭に対してはアレルギーが出ないけれど、鯖に対してはアレルギーが出るという場合も想定できるため。ただ、シングルプロテインのドッグフードは数が限られます。よほど強いアレルギーを持っているという場合でなければ、こだわらなくてもいいでしょう。最低限、魚のみ、という点にはこだわってみてください。

魚由来の不飽和脂肪酸が保証されているかチェック

魚由来の不飽和脂肪酸が保証されているかチェック

出典:amazon.co.jp

魚ベースのドッグフードがアレルギー対策になる理由の一つに、脂質の種類が挙げられます。肉類に含まれている脂質は飽和脂肪酸と呼び、皮膚炎を悪化させる可能性がありますが、魚に含まれている不飽和脂肪酸は、逆に皮膚炎をおさめる働きをしてくれます。

ただ、魚ベースのドッグフードの中には、脂質をあとから添加しただけで、しかもその脂質の種類が不飽和脂肪酸ではないものも。ドッグフードの袋の裏にある成分保証欄に、不飽和脂肪酸であるオメガ3必須脂肪酸( α-リノレン酸・EPA・DHA)やオメガ6必須脂肪酸(リノール酸・γ-リノレン酸・アラキドン酸)が書かれているかを確認してみましょう。

穀物不使用のグレインフリー+低GIドッグフードを選ぶ

アレルギー源となり得る穀物にも着目しましょう。穀物不使用のグレインフリードッグフードがおすすめです。グレインフリーとは、犬にとって消化が困難である穀物を含まないという意味。犬が消化吸収を特に苦手とする小麦をはじめ、犬にとって栄養価が低くアレルギーを起こす可能性のある、トウモロコシや大豆なども省かれています。

ただし、犬にもエネルギー源となる穀物はある程度必要なので、低GI値食品であることもあわせてチェックしましょう。食後の血糖値の上昇が緩やかなひよこ豆などの豆類が入っていますよ。

ちなみに、以下の記事ではグレインフリーのドッグフートをより掘り下げてご紹介しています。あわせてぜひチェックしてみてください!

タンパク質含有量が多いフードを選ぶ

犬にとってタンパク質は必要不可欠。そのため、タンパク質含有量が多いフードを選ぶことが大切です。AAFCO(米国飼料検査官協会)で設定されているドッグフードのタンパク質含有量の最低ラインは成長期で22.5%、維持期で18%。しかし、これは最低ラインなので、できれば成長期で30%前後、維持期で25%以上は確保したいところです。

なお、昔は高齢犬になるとタンパク質量は少なくて良いという定説がありましたが、現在はその定説が覆り、高齢犬でも質の良いタンパク質を適正量摂る必要があるとされています。フードには年齢や体重によってどのぐらいの量を摂取すべきか表示がありますので、それも参考にしましょう。

原材料名の表記と添加物に注意!

原材料名の表記と添加物に注意!

出典:amazon.co.jp

魚ベースのドッグフードでアレルギーを防いでも、添加物や原材料が安全性を欠いていては意味がありません。まず、原材料で、〇〇ミール・〇〇副産物といったものは、人間が口にできない肉片である場合があるので避けてください。魚介類(フィッシュミール)などの原材料名のフードは、魚の種類も分からず、さらにどんな状態の魚を原料にしているのかも分かりませんのでご注意を。

また、添加物に関しては、できれば無添加の方が望ましいですが、そうすると保存期間が短くなってしまいます。発がん性を示したり、消化吸収を妨げてアレルギーを引き起こしがちになる、便秘になるなど、避けた方が良い添加物は以下の通りなので、最低限、こちらだけでも避けましょう。

・酸化防止剤(エトキシキン・BHT・BHA・亜硝酸ナトリウム・ソルビン酸カリウム)※ソルビン酸カリウムに関しては亜硝酸ナトリウムとの合わせ技で害を及ぼすとされています。
・保湿剤(プロピレングリコール)
・着色料(エリスロシン・アルラレッドAC・ニューコクシン・ローズベンガル・インジゴカルミン)
・甘味料&かさ増し材(ビートパルプ)

継続利用の目安には、毎日の必要量をチェックしよう

継続利用の目安には、毎日の必要量をチェックしよう
魚ベースのドッグフードはプレミアムと呼ばれるものが多いため、飼い主としては値段が気になるところです。その際、キロ単価で単純計算するのは意味がないのでやめましょう。1日あたりに食べる量を出し、1日あたりにかかる費用を換算し、継続使用できるものを選ぶことが大切です。

例えば、2kg1,000円のフードと、2kg2,000円のフードがあったとします。後者のほうが高く感じますが、実は、後者のほうが3分の1の量で1日に必要な量を摂取できるとしたらどうでしょう。後者のほうが当然、1日当たりの費用は安くつきます。単純な量と価格だけでなく、毎日必要な量にも着目してくださいね。

魚ベースのドッグフードおすすめ人気ランキング10選

それではここからは、魚ベースのドッグフードのおすすめ人気ランキング10選をご紹介します。選び方で確認したとおり、タンパク質の量や質にこだわり、グレインフリーや低GIにも着目して選んでいきたいと思います。

※「1日あたり費用」は、活動量が普通程度の体重5kg犬にかかる費用を、値下げ価格ではなく、定価を基準にして表しています。定価が示されていない商品については、平均的な市場価格で計算。重量が多い商品ほど安価にはなりますが、試しやすい1kgの商品を基準としました。(1kgの商品がないものは、近いものを選んでいます)
10位
魚ベース
ドッグフード LOTUS グレインフリー フィッシュレシピ 小粒 2.27kg
出典:amazon.co.jp

LOTUSグレインフリー フィッシュレシピ 小粒 2.27kg

4,895円 (税込)

タンパク質量25%
タンパク源
不飽和脂肪酸
グレインフリー
低GI穀物
安全性
1日あたり費用約198円
9位
魚ベース
ドッグフード ライトハウス RIGALO フィッシュ 1kg
出典:amazon.co.jp
タンパク質量22%
タンパク源ホワイトフィッシュのみ
不飽和脂肪酸
グレインフリー
低GI穀物
安全性
1日あたり費用小犬:約300円、成犬:約218円
8位
魚ベース
ドッグフード ニュートロジャパン ナチュラルチョイス プロテインシリーズ 全犬種用 成犬用 フィッシュ&玄米 ポテト入り 1kg
出典:amazon.co.jp

ニュートロジャパンナチュラルチョイス プロテインシリーズ 全犬種用 成犬用 フィッシュ&玄米 ポテト入り 1kg

10007461

1,361円 (税込)

タンパク質量22.0%
タンパク源魚のみ
不飽和脂肪酸
グレインフリー
低GI穀物
安全性
1日あたり費用約170円
7位
魚ベース
ドッグフード グッドスマイルインターナショナル フィッシュ4ドッグ ファイネスト サーモン 小粒 1.5kg
出典:amazon.co.jp

グッドスマイルインターナショナルフィッシュ4ドッグ ファイネスト サーモン 小粒 1.5kg

4027 Salmon (Small Bite) 1.5kg

3,326円 (税込)

タンパク質量26%
タンパク源サーモンのみ
不飽和脂肪酸
グレインフリー
低GI穀物
安全性
1日あたり費用約222円
6位
魚ベース
ドッグフード グッドスマイルインターナショナル フィッシュ4ドッグ スーペリア アダルト1.5kg
出典:amazon.co.jp

グッドスマイルインターナショナルフィッシュ4ドッグ スーペリア アダルト1.5kg

4007 Superior Adult 1.5kg

3,629円 (税込)

タンパク質量26%
タンパク源サーモン、オキアミなど
不飽和脂肪酸
グレインフリー
低GI穀物
安全性
1日あたり費用約242円
5位

UGペット国産ドッグフード ZEN プレミアムドッグ グレインフリー フィッシュ 1.4kg

52522x2

5,788円 (税込)

タンパク質量27%
タンパク源生白身魚など魚のみ
不飽和脂肪酸
グレインフリー
低GI穀物
安全性
1日あたり費用約580円
4位
魚ベース
ドッグフード ネイチャーリンクス AATU サーモン ドッグフード 1.5kg
出典:amazon.co.jp

ネイチャーリンクスAATU サーモン ドッグフード 1.5kg

3,974円 (税込)

タンパク質量31%
タンパク源サーモンなど魚のみ
不飽和脂肪酸
グレインフリー
低GI穀物
安全性
1日あたり費用成犬:約305円、小犬:約442円
3位
魚ベース
ドッグフード Champion Petfoods ACANA パシフィカドッグ 2kg
出典:amazon.co.jp

Champion PetfoodsACANA パシフィカドッグ 2kg

3,757円 (税込)

タンパク質量35%
タンパク源ニシンなど魚のみ
不飽和脂肪酸
グレインフリー
低GI穀物
安全性
1日あたり費用約113円
2位
魚ベース
ドッグフード Artemis Artemis オソピュア グレインフリー サーモン&ガルバンゾー 小粒 1kg
出典:amazon.co.jp

ArtemisArtemis オソピュア グレインフリー サーモン&ガルバンゾー 小粒 1kg

OSOS28

2,151円 (税込)

タンパク質量24%
タンパク源サーモンのみ
不飽和脂肪酸
グレインフリー
低GI穀物
安全性
1日あたり費用成犬:約222円、小犬:約295円
1位
魚ベース
ドッグフード Champion Petfoods Orijen 6フィッシュ ドッグ 2kg
出典:amazon.co.jp

Champion PetfoodsOrijen 6フィッシュ ドッグ 2kg

SHOMHNK004

5,444円 (税込)

タンパク質量38%
タンパク源魚のみ数種類
不飽和脂肪酸
グレインフリー
低GI穀物
安全性
1日あたり費用成犬:約194円、小犬:約 291円

おすすめ人気魚ベースのドッグフードの比較一覧表

商品画像
1
魚ベース
ドッグフード Champion Petfoods Orijen 6フィッシュ ドッグ 2kg

Champion Petfoods

2
魚ベース
ドッグフード Artemis Artemis オソピュア グレインフリー サーモン&ガルバンゾー 小粒 1kg

Artemis

3
魚ベース
ドッグフード Champion Petfoods ACANA パシフィカドッグ 2kg

Champion Petfoods

4
魚ベース
ドッグフード ネイチャーリンクス AATU サーモン ドッグフード 1.5kg

ネイチャーリンクス

5
魚ベース
ドッグフード UGペット 国産ドッグフード ZEN プレミアムドッグ グレインフリー フィッシュ 1.4kg

UGペット

6
魚ベース
ドッグフード グッドスマイルインターナショナル フィッシュ4ドッグ スーペリア アダルト1.5kg

グッドスマイルインターナショナル

7
魚ベース
ドッグフード グッドスマイルインターナショナル フィッシュ4ドッグ ファイネスト サーモン 小粒 1.5kg

グッドスマイルインターナショナル

8
魚ベース
ドッグフード ニュートロジャパン ナチュラルチョイス プロテインシリーズ 全犬種用 成犬用 フィッシュ&玄米 ポテト入り 1kg

ニュートロジャパン

9
魚ベース
ドッグフード ライトハウス RIGALO フィッシュ 1kg

ライトハウス

10
魚ベース
ドッグフード LOTUS グレインフリー フィッシュレシピ 小粒 2.27kg

LOTUS

商品名

Orijen 6フィッシュ ドッグ 2kg

Artemis オソピュア グレインフリー サーモン&ガルバンゾー 小粒 1kg

ACANA パシフィカドッグ 2kg

AATU サーモン ドッグフード 1.5kg

国産ドッグフード ZEN プレミアムドッグ グレインフリー フィッシュ 1.4kg

フィッシュ4ドッグ スーペリア アダルト1.5kg

フィッシュ4ドッグ ファイネスト サーモン 小粒 1.5kg

ナチュラルチョイス プロテインシリーズ 全犬種用 成犬用 フィッシュ&玄米 ポテト入り 1kg

RIGALO フィッシュ 1kg

グレインフリー フィッシュレシピ 小粒 2.27kg

特徴新鮮な魚を丸ごと使用!圧倒的に高品質なフードガルバンゾーとはひよこ豆のこと!サーモンとひよこ豆のフード魚使用量多く、安全性も高い!コスパにも納得!オメガ3脂肪酸が4.5%も保証されている高品質フードペット先進国に負けない高品質フィッシュフードフィッシュ4ドッグの中で最もプレミアムなフードはコレ!オメガ3脂肪酸&オメガ6脂肪酸の配合比率が理想的!タンパク源は魚のみ!無添加で品質検査にもこだわる安心フードタンパク源はホワイトフィッシュのみ!アレルギーの犬に最適1粒1粒をオーブンでじっくり焼き上げたイワシベースのフード
価格5,444円(税込)2,151円(税込)3,757円(税込)3,974円(税込)5,788円(税込)3,629円(税込)3,326円(税込)1,361円(税込)2,398円(税込)4,895円(税込)
タンパク質量38%24%35%31%27%26%26%22.0%22%25%
タンパク源魚のみ数種類サーモンのみニシンなど魚のみサーモンなど魚のみ生白身魚など魚のみサーモン、オキアミなどサーモンのみ魚のみホワイトフィッシュのみ
不飽和脂肪酸
グレインフリー
低GI穀物
安全性
1日あたり費用成犬:約194円、小犬:約 291円成犬:約222円、小犬:約295円約113円成犬:約305円、小犬:約442円約580円約242円約222円約170円小犬:約300円、成犬:約218円約198円
商品リンク

アレルギー対策になるドッグフートは他にも色々!

今回はアレルギー対策に効果的と言われる魚ベースのドッグフードをご紹介しましたが、アレルギー対策のドッグフードは他にも色々とあります。以下の記事ではアレルギー対策ドッグフートについて詳しく解説し、おすすめ商品もご紹介していますので、ぜひチェックしてみてくださいね!

まとめ

いかがでしたか?ドッグフード選びにはさまざまな視点・価値観がありますが、ここでは安心・安全でアレルギーにも配慮がされている、10年先の愛犬の健康を考えた魚ベースのドッグフードということでランキング作成してみました。

プレミアムなフードは、もちろんその分、価格にも反映されてきますが、フードで健康を保てるなら、病院通いすることも少なくなり、結果、安上がりという考え方もできます。何より、愛犬が健康でいられることは飼い主にとって何よりの喜びですね。今回の記事がフード選びの参考になれば幸いです。

関連記事

人気の記事

人気のアイテムリスト

カテゴリから探す