1. TOP
  2. >
  3. ペット・ペット用品
  4. >
  5. 犬用品
  6. >
  7. 【徹底比較】犬用ウェットフードのおすすめ人気ランキング19選【缶詰・無添加も】
【徹底比較】犬用ウェットフードのおすすめ人気ランキング19選【缶詰・無添加も】

【徹底比較】犬用ウェットフードのおすすめ人気ランキング19選【缶詰・無添加も】

匂いや食感に優れ、ドライフードよりも嗜好性が高いといわれる「犬用ウェットフード」。デビフ・シーザー・ペディグリーなど定番商品だけでなく、最近ではブッチ・シシアなど無添加にこだわったシリーズも多く販売されています。また総合栄養食・一般食などの種類もあり、一体どのように選んだらいいかわからないという方も多いのではないでしょうか。


今回は、Amazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどの売れ筋上位と口コミで人気の犬用ウェットフードをすべてて集めて検証し、最もおすすめの犬用ウェットフードを決定したいと思います。


検証には、獣医師の彦坂道子先生にご協力いただき、以下の3点を比較しました。

  1. 原材料表記の詳しさ
  2. 食いつきの期待度
  3. 使いやすさ

ランキングの後には開封後のウェットフードの保存期間についても記載していますので、ぜひ最後までご覧になってくださいね!

  • 2020年05月31日更新
  • 92,602 views

検証のポイント

売れ筋の犬用ウェットフード 19商品をすべて集めて、徹底的に比較検証しました
  • 原材料表記の詳しさ

    検証① 原材料表記の詳しさ

    1つ目は「原材料表記の詳しさ」です。各商品の原材料表や公式サイトでの原材料の記載を確認し、商品の信頼性が高いかどうかをチェックします。持ち点を3.0とし、以下の5つに当たる表記があった場合、それぞれ1.0点(最大2.0点)の加点をしていきます。パーセンテージやグラム数など、原材料の含有量原材料の産地「生」「乾燥」など肉・野菜等の加工前の状態や保存方法「骨を含まない」「副産物を含まない」「ホルモン剤不使用」など、肉に関する詳細その他「遺伝子組み換えでない」「人間用の食材を使用」などの原材料に関する説明逆に「等」「類」「家禽」などの表現の後に補足がなく、細かい原材料の記載がない箇所が1つでもあった場合は0.5点の減点と設定します。

  • 食いつきの期待度

    検証② 食いつきの期待度

    2つ目は「食いつきの期待度」です。各商品のパッケージを開け、開封直後の匂いを嗅ぎ、「匂いの強さ」と「犬が好む匂いかどうか」をチェックして1.0〜5.0の評価をつけていきます。次は、「アミノ酸の種類が多いと味に深みが出る」という仮定のもと、たんぱく質を含む原材料の数を数えます。こちらは数に応じて、0.5刻みで3.0〜5.0の評価を付けました。「匂いの強さ」「犬が好む匂いかどうか」「たんぱく質を含む原材料の数」の評価を元に、食いつきの期待度を総合的に比較します。

  • 使いやすさ

    検証③ 使いやすさ

    最後は「使いやすさ」です。各商品のパッケージの開けやすさ・中身の取り出しやすさ・ほぐしやすさ・ゴミの捨てやすさ・使い切りやすさ等をチェックし5段階で評価していきます。

  • すべての検証はmybest社内で行っています

    自社施設

    ペットの専門家が検証協力!

    今回の検証は、獣医師の彦坂道子先生の協力を得て実施しました。

    <取材協力:彦坂 道子先生>
    獣医師。東京出身。日本獣医生命科学大学卒業。都内の動物病院にて勤務後、ペットフードメーカーにて約1,000件の動物病院を担当。動物病院スタッフと飼い主によるチーム医療を提唱。vetコンサルタント。動物専門学校非常勤講師。

    Blog:http://animalclinic.life/

    ドライフードとウェットフードの違い

    ドライフードとウェットフードの違い

    まず初めに、基本的なドッグフードの種類について確認しておきましょう。ドッグフードは、大きく分けてドライフードとウェットフードの2つがあります。カリカリとした食感のドライフードは保存が利いてコスパがよく、一般的にドッグフードといえばこちらを指します。


    一方ウェットフードは缶詰やパウチに入ったもので、水分量が多く嗜好性が高いことが大きな特長です。ドライフードと比較すると高価ですので、トッピングとして利用したり、食欲が落ちている時などに利用するケースが多いです。


    この記事ではウェットフードを扱いますので、おすすめのドライフードを知りたい方は下記のリンクをチェックしてくださいね!

    彦坂 道子
    獣医師
    彦坂 道子さんのコメント

    ウェットフードは嗜好性が高く犬が好みますがドライフードに比べて価格が高く、地域によってはゴミ回収の際に手間がかかります。水分が多いため重く持ち運びしにくいというデメリットもあります。


    一方でドライフードはコストパフォーマンスが良く、長期保存に適しています。重量も比較的軽く持ち運びしやすいため「飼い主さんにとって扱いやすいフード」と言えるかもしれません。

    犬用ウェットフード の選び方

    犬用ウェットフード を選ぶ際に必ずチェックしておきたい「5つのポイント」をご紹介します。

    ① 種別で選ぼう

    ウェットフードは、用途に合わせた3つの種別に分けることができます。与える目的やシーンを考えて適切な商品を選びましょう。

    主食としての役割も果たしたいなら「総合栄養食」

    主食としての役割も果たしたいなら「総合栄養食」

    ドライフードと併せて使用するケースが多いウェットフードですが、主食としても与えたい場合は「総合栄養食」と書かれたものを選びましょう。


    「総合栄養食」と記載できるのはペットフード公正取引協議会が定める基準をクリアした商品だけで、そのフードと水だけを摂取すれば必要な栄養素を摂ることができるというものです。トッピングとして使用する場合は、ドライフードとのカロリーのバランスをしっかりと考えましょう。

    彦坂 道子
    獣医師
    彦坂 道子さんのコメント
    栄養バランスの基準をクリアした「総合栄養食」であれば、ドライフードでもウェットフードでも栄養学的には大きな違いはありません。犬の好みやライフスタイルによって使い分けるのが良いと思います。

    トッピングやおやつだけでOKなら「一般食・副食」

    トッピングやおやつだけでOKなら「一般食・副食」

    トッピングやおやつとしてのみ使いたいのであれば、「副食」や「一般食」、または「栄養補完食」と書かれたウェットフードを選びましょう。


    栄養摂取が目的ではありませんので総合栄養食よりもカロリーが低く、1パックの値段が100円以下というものがほとんどです。価格や食べすぎを気にせず、手軽に与えることができます。

    成分配合が特別な「食事療法食」

    成分配合が特別な「食事療法食」

    食事管理をすることで体調のサポートをしたいのであれば、「食事療法食」を選びましょう。さまざまな悩みに合わせて、豊富な種類の療法食が販売されています。


    食事療法食は、原則として動物病院等で購入し、獣医師から指導を受けた上で犬に与えます。ネットや店頭でも販売されていますが、飼い主の判断で与えてしまうと効果がなかったり病気を悪化させる可能性もあるので注意しましょう。

    彦坂 道子
    獣医師
    彦坂 道子さんのコメント

    食事療法食は獣医師の指導なく購入することができますが、その場合飼い主様の自己判断での給与となり何かあったときの保証はありません。


    病態に合わせた独特なレシピで作られていて、逆に病状を悪化させてしまう可能性があるため、獣医師の診察を受けてからの購入をおすすめいたします。

    ② 年齢で選ぼう

    犬用ウェットフードは、ライフステージに合わせて商品が用意されています。特に総合栄養食の場合種類が豊富ですので、年齢を考えた適切なフードを食べさせてあげましょう。

    子犬には高カロリーと栄養バランスを重視した「パピー用」

    子犬には高カロリーと栄養バランスを重視した「パピー用」

    成犬になる前の成長期の子犬には、パピー用のウェットフードを与えましょう。一般的に小型犬であれば生後10ヵ月程度まで、中型犬であれば約1歳まで、大型犬であれば約1歳半までが成長期となります。


    パピー用のウェットフードは少ない量でも十分なカロリーを摂取できるレシピになっており、栄養バランスにも優れています。また消化器官が未発達ですので消化・吸収のしやすい食材が使われていたり、食材が胃腸に負担がかかりにくい形状に加工されている商品も多くあります。


    成長期の食事は非常に重要ですので、特に主食としてウェットフードを与える場合は必ずパピー用の商品を選ぶようにしましょう。

    彦坂 道子
    獣医師
    彦坂 道子さんのコメント

    総合栄養食で子犬用と表示してあるものは、子犬にとって必要な栄養素の基準をクリアしており、消化の負担にならないような加工もしてあるので、わざわざ「高たんぱく低炭水化物」などを意識する必要はありません。


    またこの時期に減量用フードを与えると栄養バランスが乱れ、発育に影響することがあるので注意しましょう。

    成犬には健康維持が目的の「アダルト犬用」

    成犬には健康維持が目的の「アダルト犬用」

    成犬には、「成犬用」「アダルト用」と書かれたウェットフードを与えましょう。総合栄養食の場合は一般的に健康維持を目的とした成分配合になっており、一部で減量用としてカロリーを抑えた商品も販売されています。


    対象が広くもっとも種類が豊富なタイプですので、多くの選択肢の中から選択することが可能です。犬の好みや与え方を考えて、最適な商品を選びましょう。

    彦坂 道子
    獣医師
    彦坂 道子さんのコメント
    各メーカーがライフスタイルに合わせたフードを販売しているので、「生活に合ったもの」という視点で商品を選ぶのがおすすめです。

    老犬には低カロリー・栄養たっぷりの「シニア犬用」

    老犬には低カロリー・栄養たっぷりの「シニア犬用」

    老犬にはシニア用のウェットフードを選びましょう。小型犬・中型犬の場合は10歳程度で、大型犬であれば7歳程度で老齢期に入ると言われています。


    食が細くなりがちな高齢の犬には、食いつきのいいウェットフードは非常に有用です。低カロリーと高い栄養価をコンセプトにしたものが多く、運動量の少なさによる肥満や栄養バランスの崩れを防ぐことができます。

    彦坂 道子
    獣医師
    彦坂 道子さんのコメント

    AAFCO(米国飼料検査官協会)のガイドラインでは、老犬用フードの明確な基準が記載されていません。


    そのため一言で「シニア犬用」といってもメーカーによって栄養バランスやその目的が異なるので、説明をよく読んでから購入してくださいね。

    ③ 原材料で選ぼう

    犬にとって安全な素材でできたフードを選ぶために、原材料のチェックは欠かせません。以下の3つのポイントを参考にして、正しく原材料をチェックしていきましょう。

    アレルギーのある食材を避ける

    アレルギーのある食材を避ける

    原材料においてまず考えるべきなのは、愛犬がアレルギーを持つ食材が使われていないかということ。


    鶏肉を使ったペットフードは定番ですが、チキンアレルギーのある犬は意外にも多いので注意しましょう。その他に牛やラムもアレルギーを発症しやすい食材ですので、原材料の表記を隅々まで確認してください。

    添加物が入ったものを選んでもOK!

    添加物が入ったものを選んでもOK!

    保存料・酸化防止剤・着色料などの食品添加物が入った商品を避ける方も多いと思いますが、市場に出るためには一定の基準をクリアする必要がありますので、お店で販売されている商品の中に「絶対に危険なフード」というものは存在しません


    ウェットフードは缶などの密閉された保存容器に入っているため、ドライフードよりも保存料等は少ない傾向にあります。その代わり肉の色を良くする発色剤が使用されているケースが多々ありますが、こちらも危険性はありません。「気になる場合は避ける」という考え方で判断をしましょう。

    彦坂 道子
    獣医師
    彦坂 道子さんのコメント

    色素の中にはポリフェノールなどの抗酸化剤も含まれているので、着色料や発色剤も絶対的な悪ではありません。


    ちなみに、ペットフードの原産国は「最終的に加工した国」を示しています。輸入した肉を日本で加工すれば「国産」と表記することができるので、こだわりを持っている場合には原材料についてメーカーに問い合わせてみると良いです。

    曖昧な表記がないものだとより安心◎

    曖昧な表記がないものだとより安心◎

    商品がどれくらい信用できるものなのかが気になる方は、「原材料が細かく記載されているか」をチェックしてみましょう。


    例えば「肉類」よりは「鶏肉」「骨抜きチキン」「国産ラム」など詳細な肉の種類が書いてある方がより具体的に原材料をイメージすることができます。


    また「すべて人間用として認定されている食材を使っています」という表記や、各原材料の含有量が書かれている商品も、フードへのこだわりを感じることができる部分です。

    彦坂 道子
    獣医師
    彦坂 道子さんのコメント

    原材料のパーセンテージはメーカー独自の基準で表記されていることが多く、一概に数字を比較することはできません。ですが、細かい原材料名等の表記はそのフードを作ったメーカーのこだわりやフードに対する誠意を感じる事ができます。


    また、「ケア」という言葉は「治療」を意味するため食事療法食でのみ使用可能な単語です。療法食以外で「○○ケア」を謳っているフードがあれば、注意しなければいけません。

    ④ 食いつきで選ぼう

    年齢・原材料などに配慮したら、次は愛犬が好んで食べてくれるかどうかを考えましょう。下記の2つのポイントをヒントに、犬が「おいしい」と感じるウェットフードを探してください。

    犬好みの匂いが強いものがおすすめ

    犬好みの匂いが強いものがおすすめ

    犬は何かを食べるとき、まず匂いで判断します。そのため犬が好む肉の匂いや、腐敗臭のような匂いが強くする商品を選ぶことが食いつきのよさにつながります。


    「オーガニックな素材にこだわった高級なフードを購入したが、匂いが弱くて全く食べなかった」という例もあり、そのようなワンちゃんの場合は素材の良さよりも匂いを優先した方が食いつきがいい可能性があります。嗜好性の面から考えると、価格に惑わされずに商品を選ぶことが重要です。


    好みの匂いのフードはすぐに勢いよく食べ始めるので、匂いの強さと併せて与えた際の様子も見ながら愛犬の好き嫌いを探っていきましょう。

    彦坂 道子
    獣医師
    彦坂 道子さんのコメント

    犬は食べ物を匂いで判断していると考えられています。匂いが弱いものよりも強いものを魅力的に感じる傾向はありますが、どのような匂いを好むかは生活状況や育て方にも影響されますので一概には言えません。


    ただ経験上、鮭とばの匂いは好きな犬が多いようです。

    おいしさの元であるタンパク質の種類が多いものを選ぼう

    おいしさの元であるタンパク質の種類が多いものを選ぼう

    匂いで食いついても、味が好みでなければ次第に食べなくなってしまいます。一般的に食べ物の「味」はアミノ酸で決まり、その元となるタンパク質の種類が多いと味に深みが出ると言われています。


    好みは個体差が大きく、犬の食べ物の味を人間が判断すること自体が非常に難しいですが、原材料が豚肉だけのみのものよりも「豚肉・牛肉・鶏肉・大豆」を使ったフードの方がおいしいという想像ができます。


    あくまでヒントですが、食いつきの悪さで悩んだ時はこの考え方を参考に購入する商品を選んでみてもいいでしょう。

    ⑤ パッケージの種類と使いやすさで選ぼう

    パッケージの種類と使いやすさで選ぼう

    ウェットフードを毎日与える場合、飼い主が手軽に使えるかどうかも重要になってきます。缶・パウチ・トレイなど複数のパッケージがありますが、開けやすさや中身の取り出しやすさ、使った後の捨てやすさなどに注目してみましょう。


    缶はもっとも長く保存することができる優秀な容器ですが、開けにくさとゴミ処理のしにくさがデメリットです。パウチは楽に開封できゴミもかさばりませんが、袋の内側にフードが残ってしまう場合も多いです。


    トレイは中身を食器にひっくり返してそのまま食べさせることも可能ですが、缶やパウチに比べて割高なものが多いので注意しましょう。

    彦坂 道子
    獣医師
    彦坂 道子さんのコメント

    「犬にとっていい」だけでなく「飼い主も満足できる」という要素がないと本当の意味でいいフードとは言えないでしょう。


    たとえ犬にとって良いフードだとしても飼い主が悲しい表情であげれば犬も警戒します。飼い主も犬も一緒に楽しめるフードを選びましょう。

    売れ筋の人気犬用ウェットフード 全19商品を徹底比較!

    犬用ウェットフード の検証

    ここからは、Amazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどで売れ筋上位となっている犬用ウェットフード19商品を集め、どれが最も優れた商品であるのかを検証していきます。今回はウェットフードとして一般的な成犬用の「総合栄養食」と「一般食・副食」にあたる商品を選定しました。


    検証項目は以下の3つとしました。

    検証①:原材料表記の詳しさ

    検証②:食いつきの期待度

    検証③:使いやすさ

    今回検証した商品

    1. ブッチ・ジャパン|ブッチ ブラック・レーベル
    2. K9ナチュラル|プレミアム缶 ラムフィースト
    3. ブッチ・ジャパン|ブッチ ブルー・レーベル
    4. デビフペット|デビフ ささみ&レバーミンチ
    5. マースジャパンリミテッド|成犬用シーザー 蒸しささみ 野菜入り 70gx3個セット
    6. わんわん|チョイめし とり肉とベジ4 80g×10個
    7. イースター|愛情物語 霧島鶏 ささみ角切り&緑黄色野菜 210g(70g×3)×4個
    8. ウェルネス|ウェルネスコア チャンキーセンター ターキー&ダック さつまいも入り 170g
    9. わんわん|犬日和 レトルト ささみと緑黄色野菜 80g×12個
    10. アイリスオーヤマ|ヘルシーステップレトルトビーフと野菜 犬用 375g
    11. ユニ・チャーム|愛犬元気 グラン・デリ パウチ 5種類の野菜と鶏ささみ入り 60g
    12. ユニチャーム|グラン・デリ 銀のさら パウチ 国産鶏ささみ入り ジュレ 成犬用 バラエティ 緑黄色野菜入り、緑黄色野菜・チーズ入り 80g×4個パック
    13. デビフペット|デビフ ささみ&チーズ 85g×3個
    14. いなば食品|ツインズ とりささみ チーズ・野菜入り 80g(40g×2)×12コ
    15. いなば食品|日本の魚 さば まぐろ・かつお入り 170g
    16. ユニチャーム|愛犬元気 缶 ビーフ・緑黄色野菜入り 375g
    17. ヒルズ|ヒルズのサイエンス・ダイエット アダルト 缶詰 ビーフ 成犬用 1歳~6歳 370g×12缶
    18. マース|ペディグリー 成犬用 角切りビーフ 400g×24缶
    19. マースジャパンリミテッド|成犬用シーザー 吟選ビーフ チキン・野菜入り 100g×24個

    検証① 原材料表記の詳しさ

    原材料表記の詳しさ

    1つ目は「原材料表記の詳しさ」です。各商品の原材料表や公式サイトでの原材料の記載を確認し、商品の信頼性が高いかどうかをチェックします。


    持ち点を3.0とし、以下の5つに当たる表記があった場合、それぞれ1.0点(最大2.0点)の加点をしていきます。


    • パーセンテージやグラム数など、原材料の含有量
    • 原材料の産地
    • 「生」「乾燥」など肉・野菜等の加工前の状態や保存方法
    • 「骨を含まない」「副産物を含まない」「ホルモン剤不使用」など、肉に関する詳細
    • その他「遺伝子組み換えでない」「人間用の食材を使用」などの原材料に関する説明


    逆に「等」「類」「家禽」などの表現の後に補足がなく、細かい原材料の記載がない箇所が1つでもあった場合は0.5点の減点と設定します。

    【検証結果ハイライト】海外メーカーの高級品がこだわりを持った表記をしており、信頼性が高い

    【検証結果ハイライト】海外メーカーの高級品がこだわりを持った表記をしており、信頼性が高い

    曖昧な表記がなく、その上詳しい記載がされていたのは値段の高い海外メーカーの商品です。原材料の部位や含有量が書かれており安心感と商品へのこだわりが感じられました。


    ウェットフードはドライフードに比べて種類が少なく、歴史のある定番メーカーの商品が多くを占めていますが、原材料の信頼性を重視したい場合は新しい海外メーカーの輸入商品を選ぶのもおすすめです。

    検証② 食いつきの期待度

    食いつきの期待度

    2つ目は「食いつきの期待度」です。


    各商品のパッケージを開け、開封直後の匂いを嗅ぎ、「匂いの強さ」と「犬が好む匂いかどうか」をチェックして1.0〜5.0の評価をつけていきます。


    次は、「アミノ酸の種類が多いと味に深みが出る」という仮定のもと、たんぱく質を含む原材料の数を数えます。こちらは数に応じて、0.5刻みで3.0〜5.0の評価を付けました。


    「匂いの強さ」「犬が好む匂いかどうか」「たんぱく質を含む原材料の数」の評価を元に、食いつきの期待度を総合的に比較します。

    【検証結果ハイライト】原材料・値段・メーカーなどによる傾向は特に無し!

    【検証結果ハイライト】原材料・値段・メーカーなどによる傾向は特に無し!

    この検証では目立った傾向は特に見られませんでした。


    匂いの強さ・たんぱく質を含む原材料の多さともに評価はバラバラでしたので、各商品の原材料表記やレビューを見ながら食いつきのいいフードを探っていきましょう。



    検証③ 使いやすさ

    使いやすさ

    最後は「使いやすさ」です。


    各商品のパッケージの開けやすさ・中身の取り出しやすさ・ほぐしやすさ・ゴミの捨てやすさ・使い切りやすさ等をチェックし5段階で評価していきます。

    【検証結果ハイライト】中身が柔らかく容量少な目の缶詰が扱いやすい!ゴミ処理の面ではパウチが優秀

    【検証結果ハイライト】中身が柔らかく容量少な目の缶詰が扱いやすい!ゴミ処理の面ではパウチが優秀

    最も使いやすいと感じたのは、中身が柔らく150g以下程度の少量になっている缶詰です。硬いものは取り出しにくい上にドライフードになじみにくく、また大きな缶は大容量ゆえに開封後の傷みが気になります。適度な容量・柔らかさの缶入りフードを1〜2日で与えきるのがいいでしょう。


    ただし空になった缶はかさばり、回収にも手間がかかる場合があるためゴミ処理のしやすさを優先するとパウチタイプがベストです。

    No.1

    ブッチ・ジャパンブッチ ブラック・レーベル

    1,404円(税込)

    総合評価

    4.20
    • 食いつきの期待度: 4.0
    • 原材料の表記: 5.0
    • 使いやすさ: 3.0

    マイベストが選んだおすすめはこれ!こだわりがギュッと詰まったウェットフード

    マイベストが最もおすすめする犬用ウェットフード1位に輝いたのは、ブッチのブラック・レーベルでした!商品に貼られているシールには表記が曖昧な部分がありましたが、公式サイトには各原材料の詳細やパーセンテージ等がしっかりと記載されており、安心して与えることができます。


    ソーセージのようなスパイシーな香りで、人間でも「おいしそう」と思えるレベルの匂い。たんぱく質を含む原材料の数も比較的多く、おいしさも期待できるでしょう。にんじん・コーン・えんどう豆を使用しており、見た目も鮮やかです。


    特殊な形状でパッケージごとカットする必要があるため使いやすさは高評価とはなりませんでしたが、このシリーズは冷凍保存が可能です。犬も飼い主も満足できる、こだわりのウェットフードです!

    対象年齢全年齢
    原産国ニュージーランド
    種別総合栄養食
    パッケージのタイプその他
    内容量800g
    100gあたりのカロリー121.5kcal
    No.2

    K9ナチュラルプレミアム缶 ラムフィースト

    506円(税込)

    総合評価

    4.00
    • 食いつきの期待度: 3.7
    • 原材料の表記: 4.0
    • 使いやすさ: 4.5

    子羊の栄養がたっぷり。穀類・イモ類・豆類不使用でアレルギーにも配慮したフード

    子羊のレバー・肉などをふんだんに使ったフードで、蓋を開けた時点では灰色がかった見た目。ですがほぐすと中から新鮮さがうかがえる赤いお肉が出てきました。


    柔らかく水分量も適度なので、主食としてでもドライフードに混ぜても便利に使えます。匂いは比較的弱めですが豊富な食材を使用しておりアミノ酸の種類も多く、味の深みも期待できます


    主原料の子羊は人間用の家畜を使用しており、原材料表記の評価は4.0となりました。また穀類・イモ類・豆類を使用していないので、穀物アレルギーのある犬や炭水化物を避けたい犬には最適です。

    対象年齢全成長期
    原産国ニュージーランド
    種別総合栄養食
    パッケージのタイプ
    内容量170g
    100gあたりのカロリー137.5kcal
    No.3

    ブッチ・ジャパンブッチ ブルー・レーベル

    1,404円(税込)

    総合評価

    3.90
    • 食いつきの期待度: 3.2
    • 原材料の表記: 5.0
    • 使いやすさ: 3.0

    ソーセージのような形がユニーク!鶏と魚を使用した安心のウェットフード

    800gで1,400円というお値段ですが、その分商品へのこだわりがしっかりと表れているフードです。原材料は含有量と加工前の状態がしっかりと記載されており、表記の評価は満点になりました。


    弾力があり食べ応えがあるので、トッピングよりも主食向きの商品と言えるでしょう。食いつきの期待度の評価は3.3という平均的な結果になりましたが、ドライフードの食べ残しに悩んでいる場合は試してみる価値アリです。


    パッケージごとカットするのが少々面倒であるため使いやすさの評価は3.0に留まりましたが、素材にこだわったフードを与えたいと考えている飼い主さんにはぴったりの商品です。

    対象年齢全年齢
    原産国ニュージーランド
    種別総合栄養食
    パッケージのタイプその他
    内容量800g
    100gあたりのカロリー125.7kcal
    No.4

    デビフペットデビフ ささみ&レバーミンチ

    147円(税込)

    総合評価

    3.50
    • 食いつきの期待度: 3.5
    • 原材料の表記: 3.0
    • 使いやすさ: 4.5

    質の良さが感じられるお肉がぎっしりと入った、定番のデビフ缶

    ウェットフードとして定番のデビフの150g缶シリーズで、スプーンですくうと質の良い肉を使ったなめらかなペーストという印象でした。


    匂いがしっかりとしますがレバーの生臭さなどはなく、ペットフード特有のきつい匂いはありません。原材料がシンプルであるため味の評価は伸び悩みましたが、匂いにつられて食べる犬も多いでしょう。


    柔らかいので非常に取り出しやすく、ドライフードともなじみやすい形状でした。ですが缶の処理の手間を考え、使いやすさの評価は満点まであと一歩の4.5となりました。主食としても使える総合栄養食なので、ご褒美や食欲の落ちてしまったワンちゃんにもおすすめです。

    対象年齢幼犬,成犬
    原産国日本
    種別総合栄養食
    パッケージのタイプ
    内容量150g
    100gあたりのカロリー105kcal
    No.5

    マースジャパンリミテッド成犬用シーザー 蒸しささみ 野菜入り 70gx3個セット

    71円(税込)

    総合評価

    3.50
    • 食いつきの期待度: 3.7
    • 原材料の表記: 3.0
    • 使いやすさ: 4.0

    具材の形がしっかりと残り食べ応えバツグン!手頃な価格も嬉しい

    人気シリーズ、シーザーのパウチタイプのウェットフードで、食いつきの期待度と使いやすさの評価が高めでした。


    ささみベースのフードの中では匂いが強めで、人間にとっても嫌でないシーチキンのような香りが。たんぱく質を含む素材の量もそこそこで、喜んで食べてくれることを期待できます。パッケージも非常に扱いやすく、毎日手軽に使用することができます。


    また水分量が多く具材の形があまり残っていないものが多い中で、この商品はゴロゴロとした大きなささみが特徴的でした。食べ応えがありワンちゃんも満足してくれるでしょう。価格が低いのも嬉しいですね。

    対象年齢全年齢
    原産国オーストラリア
    種別総合栄養食
    パッケージのタイプ
    内容量400g
    100gあたりのカロリー80kcal
    No.6

    わんわんチョイめし とり肉とベジ4 80g×10個

    82円(税込)

    総合評価

    3.40
    • 食いつきの期待度: 3.5
    • 原材料の表記: 3.0
    • 使いやすさ: 4.0

    4種類の国産野菜をたっぷり使用し、栄養バランスを考えた一般食

    にんじん・かぼちゃ・さつまいも・ブロッコリーという4種類の国産野菜とささみを合わせた一般食で、食器に取り出すと水分の多さが目立ちました。


    その分中身は取り出しやすく、パッケージの大きさと内容量も適度だったため使いやすさは高評価に。匂いはあまり強くありませんでしたが、たんぱく質を含む原材料が多く味の評価は高めでした。


    人気のシリーズで店頭でも簡単に購入できるので、お気に入りの味だった場合はストックしておくのがおすすめです。

    対象年齢離乳後の犬
    原産国日本
    種別一般食
    パッケージのタイプパウチ
    内容量80g
    100gあたりのカロリー55kcal
    No.7

    イースター愛情物語 霧島鶏 ささみ角切り&緑黄色野菜 210g(70g×3)×4個

    208円(税込)

    総合評価

    3.40
    • 食いつきの期待度: 3.5
    • 原材料の表記: 3.0
    • 使いやすさ: 4.0

    3個パックでお得&便利に使える!九州産の鶏を使ったウェットフード

    九州産と霧島鶏と3種類の野菜を使った副食にあたるウェットフードで、中身はかなり水分が多め。


    匂いの強さやたんぱく質を含む原材料の数は標準的で、食いつきの期待度は3.5という評価になりましたが、子犬やシニア犬も負担なく食べられる形状です。


    また70gという少量に小分けされており、取り出しにくさもないのでトッピングとして便利に使うことができます。個包装1袋あたり74円という値段の安さも特徴的でした。

    対象年齢全年齢
    原産国日本
    種別副食
    パッケージのタイプパウチ
    内容量210g(70g×3)
    100gあたりのカロリー54kca
    No.8

    ウェルネスウェルネスコア チャンキーセンター ターキー&ダック さつまいも入り 170g

    540円

    総合評価

    3.40
    • 食いつきの期待度: 3.2
    • 原材料の表記: 3.0
    • 使いやすさ: 4.5

    穀物アレルギーの犬に最適なウェットフード。使いやすさも高評価!

    鶏肉の他にシチメンチョウやアヒルが使用された、グレインフリー(穀物不使用)のウェットフードです。穀物にアレルギーのあるワンちゃんにも安心して与えることができます。


    色の濃い見た目とは異なりシンプルなチキンの香りがして、匂いの強さはあまりありませんでした。ですがたんぱく質を含む原材料が多いので、味の良さは期待できるでしょう。


    丸型のプラスチックトレイは取り出しやすさも捨てやすさもバッチリ。中身の水分量・硬さも適度で非常に扱いやすいという印象でした。

    対象年齢成犬
    原産国タイ
    種別総合栄養食
    パッケージのタイプトレイ
    内容量170g
    100gあたりのカロリー89kcal
    No.9

    わんわん犬日和 レトルト ささみと緑黄色野菜 80g×12個

    89円(税込)

    総合評価

    3.30
    • 食いつきの期待度: 3.5
    • 原材料の表記: 3.0
    • 使いやすさ: 3.5

    低価格と食べやすい形状が嬉しい、ささみがメインの一般食

    中身はかなり水分が多く、ささみも非常に細かくされていました。食が細い小型犬や顎の力が弱ったシニア犬には最適です。


    どの項目の評価も標準的でしたが、内容量とカロリーの低さはトッピングに最適と言えるでしょう。また1袋91円という低価格も嬉しく、コストを抑えたい飼い主さんにはぴったりの商品です。

    対象年齢2ヶ月以上
    原産国日本
    種別一般食
    パッケージのタイプパウチ
    内容量80g
    100gあたりのカロリー41kcal
    No.10

    アイリスオーヤマヘルシーステップレトルトビーフと野菜 犬用 375g

    122円(税込)

    総合評価

    3.30
    • 食いつきの期待度: 3.7
    • 原材料の表記: 3.0
    • 使いやすさ: 3.0

    トッピングに使える補完食。3種類の野菜はほぼ溶けていて見た目のよさはイマイチ

    「栄養補完食」という名称で、ドライフードと併用することを前提として作られたウェットフードです。封を開けると油分が多く、中身はかなり柔らかめでした。底の方はスプーンでかき出す必要がありましたが、ドライフードと混ぜやすい形状です。


    にんじん・グリーンピース・じゃがいもが入っていますが、形がしっかりと残っていたのはじゃがいもだけで残り2つは溶けていたのでパッケージ写真のようなカラフルさはありませんでいた。


    匂いは強めで食いつきは悪くなさそうですが、人間があまり好まないきつめの肉の匂いがしたので苦手な方は避けることをおすすめします。

    対象年齢成犬
    原産国中国
    種別栄養補完食
    パッケージのタイプパウチ
    内容量375g
    100gあたりのカロリー76kcal
    No.11

    ユニ・チャーム愛犬元気 グラン・デリ パウチ 5種類の野菜と鶏ささみ入り 60g

    96円(税込)

    総合評価

    3.30
    • 食いつきの期待度: 3.7
    • 原材料の表記: 3.0
    • 使いやすさ: 3.0

    大きなかぼちゃが特徴的!食いつきも十分に期待できる一般食

    お皿に取り出してみると、たっぷりと入ったかぼちゃと水分量の多さが目立ちました。


    またささみ系のウェットフードにしては匂いが強く、味の深みも期待できるので食いつきの評価は標準よりも高めに。食べ残し解消のためのアイテムとして活躍してくれそうです。


    小さなパッケージでゴミも捨てやすいパウチタイプですが、中身を取り出す際に大きな具材が引っかかってしまったため使いやすさは3.0という評価になりました。

    対象年齢成犬
    原産国日本
    種別一般食
    パッケージのタイプパウチ
    内容量60g
    100gあたりのカロリー約60kcal
    No.12

    ユニチャームグラン・デリ 銀のさら パウチ 国産鶏ささみ入り ジュレ 成犬用 バラエティ 緑黄色野菜入り、緑黄色野菜・チーズ入り 80g×4個パック

    6,887円(税込)

    総合評価

    3.20
    • 食いつきの期待度: 3.5
    • 原材料の表記: 3.0
    • 使いやすさ: 3.0

    2つの味が入った、トッピングに最適な混ぜやすいウェットフード

    野菜入りのささみとチーズ入りのささみの2種類が入った商品で、トッピングやおやつとして使える一般食です。水分の多いジュレなので、ドライフード全体に絡めやすくしっかりと食いつきアップに貢献してくれます。


    匂いはシンプルなささみの香りであまり強くありませんでしたが、どちらの味もたんぱく質を含む食材が多く、味の良さが期待ができそうです。


    取り出した際に袋の内側に中身少しついてしまったので、使いやすさの評価は標準的な3.0となりました。

    対象年齢1歳以上
    原産国日本
    種別一般食
    パッケージのタイプパウチ
    内容量80g×4
    100gあたりのカロリー野菜50kcal,チーズ53kcal
    No.13

    デビフペットデビフ ささみ&チーズ 85g×3個

    126円(税込)

    総合評価

    3.20
    • 食いつきの期待度: 3.0
    • 原材料の表記: 3.0
    • 使いやすさ: 4.0

    ささみとチーズのシンプルなフード。少量で手軽に使える点も◎

    ささみの中にチーズが入ったシンプルなウェットフード。シンプルゆえに原材料が少ないため匂いや味の深みの評価は低くなってしまいましたが、チーズ好きの犬は喜ぶこと間違いなしです。


    内容量85gの小さな缶で開封後すぐに食べ切ることができ、取り出しやすいも高評価でした。評価の項目にはなっていませんが、添加物も少ないため安心して与えられる商品と言えるでしょう。

    対象年齢幼犬,成犬
    原産国日本
    種別総合栄養食
    パッケージのタイプ
    内容量85g
    100gあたりのカロリー80kcal
    No.14

    いなば食品ツインズ とりささみ チーズ・野菜入り 80g(40g×2)×12コ

    84円(税込)

    総合評価

    3.20
    • 食いつきの期待度: 3.2
    • 原材料の表記: 3.0
    • 使いやすさ: 3.5

    双子のように並んだ小さなパックがかわいい。でも主食として使うのは非現実的?

    ツインズという名前の通り、40gの小さなパックが2つ並んだウェットフードです。人間の鼻ではチーズの匂いは感じられず、ささみよりも野菜の匂いが強めでした。


    総合栄養食の基準を満たしていますが、3kgの超小型犬でも1日10袋を食べさせる必要があるためやはりドライフードと併せて与えるのがベストでしょう。


    想像よりも中身が出しにくく、容器の性質上量の調節がしにくかったので使いやすさの評価は3.5止まりとなりました。

    対象年齢-
    原産国中国
    種別総合栄養食
    パッケージのタイプパウチ
    内容量80g(40g×2)
    100gあたりのカロリー75kcal
    No.15

    いなば食品日本の魚 さば まぐろ・かつお入り 170g

    70円(税込)

    総合評価

    3.00
    • 食いつきの期待度: 3.5
    • 原材料の表記: 3.0
    • 使いやすさ: 2.0

    魚の身がそのまま詰まった缶詰!唯一無二だが、使いにくさが目立つ……

    さばの切り身がそのままの形で入った缶詰で、ゼラチン状に固められていました。取り出しにくく、ほぐすのにも時間がかかります。


    匂いはさば缶といった感じで、人間にとっても嫌な香りではありませんでした。好みは分かれそうですが、魚好きのワンちゃんにはたまらない一品でしょう。また保存料や着色料が使用されていないので添加物を避けたい飼い主さんにはおすすめです。

    対象年齢離乳後の犬
    原産国タイ
    種別一般食
    パッケージのタイプ
    内容量170g
    100gあたりのカロリー120kcal
    No.16

    ユニチャーム愛犬元気 缶 ビーフ・緑黄色野菜入り 375g

    146円

    総合評価

    3.00
    • 食いつきの期待度: 3.5
    • 原材料の表記: 2.5
    • 使いやすさ: 3.0

    柔らかいパテのような食感の缶入りウェットフード。原材料表記の曖昧さが△

    長い缶のフタを開けると、柔らかいレバーパテのようなフードがぎっしり詰まっていました。硬さがないので取り出しにくさは感じませんでしたが、開封の際にプルタブ(缶の引き手)が取れてしまったので使いやすさの評価がマイナスに。


    また主原料である「肉類」の説明が「チキンエキス等」で止まっていたことも順位に影響しました。ただ柔らかくてよくなじむので、食いつきをよくするためにドライフードとしっかり混ぜて使用したい場合は最適な商品です。

    対象年齢全年齢
    原産国中国
    種別総合栄養食
    パッケージのタイプ
    内容量375g
    100gあたりのカロリー95kcal
    No.17

    ヒルズヒルズのサイエンス・ダイエット アダルト 缶詰 ビーフ 成犬用 1歳~6歳 370g×12缶

    181円(税込)

    総合評価

    3.00
    • 食いつきの期待度: 3.2
    • 原材料の表記: 3.0
    • 使いやすさ: 2.5

    長い缶にコンビーフのようなお肉がぎっしり。硬さと取り出しにくさが少々気になる

    見た目や匂いは人間用のコンビーフに近く、スプーンですくってみるとパサパサ感が目立ちました。硬さもあるので、缶の底に残ったものを取り出すのは手間がかかりそうです。


    100gあたりで108kcalとカロリーはあまり低くはないなので、与えすぎには注意しましょう。また内容量も多いので、少量ずつ与える場合は開封後の傷みにも気をつける必要があります。

    対象年齢成犬
    原産国アメリカ
    種別総合栄養食
    パッケージのタイプ
    内容量370g
    100gあたりのカロリー108kcal
    No.18

    マースペディグリー 成犬用 角切りビーフ 400g×24缶

    140円(税込)

    総合評価

    2.90
    • 食いつきの期待度: 3.5
    • 原材料の表記: 2.5
    • 使いやすさ: 2.5

    角切りビーフとスープがたっぷり!こぼさないように注意が必要……

    缶を開けるとゴロゴロとした大きめの角切りビーフとスープがたっぷりと入っていました。盛り付ける際はこぼさないよう注意しなければいけません。


    ビーフも大きめなので、特に小型犬の場合はしっかりとほぐしてから与える必要があるでしょう。400gで140円という値段なので、ボリューミーな商品を探している方にはおすすめです。

    対象年齢成犬
    原産国オーストラリア
    種別総合栄養食
    パッケージのタイプ
    内容量400g
    100gあたりのカロリー80kcal
    No.19

    マースジャパンリミテッド成犬用シーザー 吟選ビーフ チキン・野菜入り 100g×24個

    3,080円(税込)

    総合評価

    2.80
    • 食いつきの期待度: 3.0
    • 原材料の表記: 2.5
    • 使いやすさ: 3.0

    四角くカットされた野菜がカラフルなトレイタイプのウェットフード

    定番シリーズであるシーザーのトレイタイプのフードで、にんじん・いんげん・パプリカが非常にカラフルです。


    牛肉がメインの商品にしては匂いが弱かったことと、「チキン・ビーフ・ラム等」という表記があったことからこの順位となってしまいました。中身も弾力があるので、分けて与える場合はほぐすのに少し手間がかかります

    対象年齢1歳以上
    原産国オーストラリア
    種別総合栄養食
    パッケージのタイプトレイ
    内容量100g
    100gあたりのカロリー65kcal

    人気犬用ウェットフード の検証結果比較表

    ウェットフードは開封後できるだけ早く食べるのが安全

    ウェットフードは開封後できるだけ早く食べるのが安全

    ウェットフードを開封した後は冷蔵保存の上、できる限り早く与えきるようにしましょう。パッケージに記載されている賞味期限は開封前を想定した期限であり、特に保存料が少ない商品の場合は開けた直後に中身が変化していきます。


    人間の缶詰を食べ切るのと同じ感覚で与えきり、なくなるまでにそれ以上の日数がかかってしまう大きさの商品は購入を避けるのが無難です。

    彦坂 道子
    獣医師
    彦坂 道子さんのコメント

    ウェットフードの開封後の期限について明確な判断基準はなく、「飼い主さんが許せるまで」という答えになります。


    一般的に缶には保存料がほとんど入っていませんので開封と同時に傷みはじめます。早く食べるに越したことはありませんが、どこまで許せるかは飼い主さんのお考え次第です。

    ドライフードの食いつきを良くする方法

    ドライフードの食べ残しに悩んでいる場合は、ウェットフードをトッピングする以外にも食いつきをアップさせる方法があります。下記の2つを参考に、完食できるような工夫をしてあげましょう。

    大好きなおやつをトッピングする

    ウェットフードの代わりに好みのおやつをトッピングしてあげるのもおすすめです。おやつはウェットフードよりもカロリーが高いものがほとんどですので、与え過ぎには注意しましょう。


    下記の記事でおすすめの犬用おやつを紹介していますので、そちらもぜひ参考にしてください。

    食べやすい食器で食欲アップ!

    食器が軽すぎて動いてしまったり、高さが合わなかったりすることも食いつきの悪さの原因となります。またプラスチック製の食器は噛み癖が出やすかったり、スレンレス製は鏡のように自分の姿が映り込んでしまったりと、愛犬の性格も考慮しながら食事に集中できる食器を選んであげる必要があります。


    こちらの記事から最適な食器を選んで、ごはんの時間をもっと楽しいものにしてあげてくださいね!

    犬用ウェットフードの売れ筋ランキングもチェック!

    なおご参考までに、犬用ウェットフードの売れ筋ランキングは、以下のリンクから確認してください。

    まとめ

    今回は人気の犬用ウェットフード19商品を集めて検証しましたが、いかがでしたでしょうか。実際に中身を比較してみると見た目や硬さ、匂いに大きな差があり、嗜好性が高いと言われるウェットフードでも好みは分かれると感じました。


    非常に種類が多いので、各商品の目的・特徴をしっかりと把握することが大事ですね。この記事を参考に、愛犬にとっても飼い主さんにとってもベストなウェットフードを見つけてください。


    取材/文:伊東遼子、写真:芝崎哲治・三浦晃一・岩上紗亜耶

    ランキング作成日:2019/07/16

    当サイトでは、JANコードをもとに、各ECサイトが提供しているAPIを使用して、各商品の価格の表示やリンクの生成を行っております。

    そのため、掲載価格に変動がある場合や、JANコードの登録ミスなど情報が誤っている場合がありますので、最新価格や商品の詳細等については各販売店やメーカーに確認するようにお願いいたします。

    関連記事

    人気の記事

    人気のアイテムリスト

    カテゴリから探す