• アレルギー対策ドッグフードのおすすめ人気ランキング10選のアイキャッチ画像1枚目
  • アレルギー対策ドッグフードのおすすめ人気ランキング10選のアイキャッチ画像2枚目
  • アレルギー対策ドッグフードのおすすめ人気ランキング10選のアイキャッチ画像3枚目
  • アレルギー対策ドッグフードのおすすめ人気ランキング10選のアイキャッチ画像4枚目
  • アレルギー対策ドッグフードのおすすめ人気ランキング10選のアイキャッチ画像5枚目

アレルギー対策ドッグフードのおすすめ人気ランキング10選

可愛いわが子をアレルギーの苦しみから救いたいと思う飼い主さん、また、アレルギーの発症のリスクを減らしたいと思う飼い主さんが注目するのは「アレルギー対策ドッグフード」ですね。ドッグフードによるアレルギー対策は、アレルゲンになる食材を“食べさせない”ことが基本です。

皮膚の赤み・かゆみ・耳の汚れなどアレルギーの症状や原因は様々ですが、今回はドッグフードでアレルギー症状を改善させるためのフード選びのポイントとともに、おすすめのアレルギー対策ドッグフードをランキング形式でご紹介します。安心の国産ものから、動物病院でも勧められる療養食まで幅広いラインナップ。実際にアレルギーを持つワンちゃんのみならず、愛犬の食物アレルギーの発症を心配する飼い主さんも必見ですよ!

この記事に登場する専門家

犬日和
  • 最終更新日:2018年11月08日
  • 30,925  views
目次

アレルギー対策ドッグフードのかしこい選び方

皮膚の赤み・かゆみ・フケ・耳の汚れ・目や口の周りの荒れ…。愛犬の気になる症状は、もしかしたら食物アレルギーの可能性も。ご使用のドッグフードを愛犬の体質に合うものに変更することで、症状の改善へつながるといいですね。一緒にアレルギー対策フードの選び方を見ていきましょう。

症状に関連するアレルゲンを含まないものを選ぶ

症状に関連するアレルゲンを含まないものを選ぶ
パッケージに”アレルギー対策ドッグフード”と明記されているフードはたくさんあります。しかし、それらがすべて愛犬のアレルギー対策に適しているということではありません。愛犬の症状に関連するアレルゲンが含まれていないドッグフードを選ぶことが大切なのです。

とはいえ、わが子のアレルゲンをきちんと把握している飼い主さんは少ないのではないでしょうか。というのも、アレルゲンになりうる食材は、代表的なものだけでも「牛肉・乳製品・小麦・仔羊肉・鶏肉・鶏卵・大豆・とうもろこし」その他、さまざまなスパイスや添加物などがあげられます。

さらに、これらの食物アレルゲンに加えて、遺伝や環境要因など目に見えない要素もあるため、アレルゲンの把握はとても難しいとされています。重度のアレルギーの場合は、動物病院などで血液検査によってアレルゲンを特定してもらうと良いでしょう。

添加物の入っていないものを選ぶ

添加物の入っていないものを選ぶ
ドッグフードに含まれる食品添加物(防腐剤・酸化防止剤・着色料など)がアレルギーを引き起こす可能性があることもわかっています。できるだけ食品添加物の少ないドッグフードを選ぶことが、アレルギー対策の大きなポイントになります。

穀物アレルギーにはグレインフリーのものを選ぶ

穀物アレルギーにはグレインフリーのものを選ぶ
犬のアレルギーには穀物がアレルゲンになっている場合があります。使用されている穀物は種類が多く、1つのドッグフードの中に少しずつ複数の穀物が使用されていることも少なくありません。その中でもアレルギーを起こしやすいと言われているのが「トウモロコシ・小麦」です。

しかし、穀物アレルギーが疑われるとはいっても、種類を特定するのは難しいもの。そんな時は、グレインフリーのフードを選ぶのがおすすめです。グレインフリーとは穀物不使用であるということ。本来肉食である犬には、穀物は不要と考える方もいるようです。

単一食材やドッグフードでアレルゲンが特定できることも

単一食材やドッグフードでアレルゲンが特定できることも
愛犬の食物アレルギーを疑う場合は、ご自分でアレルゲンを見分ける方法もあります。まず、単一のメニューを3か月くらい与え続け、アレルギーの症状が改善したか悪化したかでその食材にアレルギーを起こしているかどうかを判断するというもの。

ドッグフードでアレルゲンを特定したい場合は、原材料を見て、一種類のタンパク質が使われているものを順番に試してみましょう。時間がかかりますが、ドッグフードをローテーションすることは、アレルギー発症対策としても有効です。

ドイツのルートヴィヒ・マクシミリアン大学の行った研究では、アレルゲンになりやすい食材は多い方から順に「牛肉・乳製品・鶏肉・小麦・大豆」となっています。まずは、牛肉不使用のドッグフードから試してみるのが良いかもしれませんね。

アレルゲンがわからない場合は「魚・米・ラム肉・ジャガイモ」

アレルゲンがわからない場合は「魚・米・ラム肉・ジャガイモ」
「アレルギー対策フードを試したいけど、どこから手を付けていいかわからない…。」そんな方は、比較的アレルギーが起きにくいといわれている「魚・ラム肉・米・ジャガイモ」などで作られたドッグフードから始めてみるのがいいでしょう。アレルギー反応を観察するには、最低1カ月、できれば3か月くらい同じドッグフードを与えてみる必要があります。

プロの愛用するおすすめのアレルギー対策ドッグフード

まずはランキングの前に、プロの愛用するおすすめのアレルギー対策ドッグフードをご紹介します!愛犬の健康のためにもアレルギーの元となる原料をしっかりチェックしてから選んでくださいね。
PR

コノコトトモニこのこのごはん

初めての方限定価格

2,980円 (税別)

初めてのお届け限定で通常価格から15%OFF+送料無料に!

konoko

食べっぷりバッチリで話題の「このこのごはん」ですが、本当に食べてくれるのか、やっぱり心配ですよね。そこで、定期お届けコースなら通常価格15%OFFの2,980円でお試し可能!いつでも解約することができるので、万が一合わないときも安心です。


今までわんちゃんに満足してもらえなかった人にこそ買ってほしい、美味しさと健康にこだわたった「このこのごはん」をこの機会にぜひお試しください♪

専門家の
マイベスト
キア オラ ベニソン
出典:amazon.co.jp

バックトゥベーシックスキア オラ ベニソン

3,100円 (税込)

専門家の
マイベスト
オソピュア グレインフリー サーモン&ガルバンゾー 小粒
出典:amazon.co.jp

アーテミスオソピュア グレインフリー サーモン&ガルバンゾー 小粒

2,151円 (税込)

専門家の
マイベスト
ホッケドライフード
出典:amazon.co.jp

アレルギー対策ドッグフードのおすすめ人気ランキング10選

ここからは、おすすめのアレルギー対策ドッグフードをご紹介します。人気や口コミをもとにしたランキング形式にはなっていますが、ご家庭のワンちゃんの体質に合わせて探してみてくださいね。

10位:ナチュラルバランス ホールボディヘルス

ナチュラルバランス ホールボディヘルス
出典:amazon.co.jp
ナチュラルバランス ホールボディヘルス

1,836円 (税込)

詳細情報
・原材料:鶏肉・玄米・オート麦・チキンミール・ポテト・ブリュワーズライス・鶏脂肪・乾燥ニンジン・ダックミール・サーモンミール・他
・アレルゲン:グルテン・大豆・卵・乳製品・ヒマワリ油・小麦・トウモロコシ不使用
・1kgあたりの価格:1,836円
・原産国:アメリカ合衆国

メイン素材はチキン!グルテンフリーのドッグフード

メイン素材はチキン!グルテンフリーのドッグフード

出典:amazon.co.jp

かかりつけの獣医さんの勧めでこのフードに変えたという方も多い、優れた栄養バランスの総合栄養食です。ビタミン・ミネラルの添加が多い印象がありますが、化学保存料や香料は使用していません。チキンが大丈夫なワンちゃん用です。

9位:アボ・ダーム ラムミール&ライス

アボ・ダーム ラムミール&ライス
出典:amazon.co.jp
アボ・ダーム ラムミール&ライス

2,656円 (税込)

詳細情報
・原材料:ラムミール・玄米粉・米粉・オートミール・米糠・鶏脂肪・アボカドミール・トマト繊維・亜麻仁・他
・アレルゲン:牛肉・鶏肉不使用
・1kgあたりの価格:1,106円~1,593円
・原産国:アメリカ合衆国

森のバター・アボカドのビタミン&ミネラルに注目したドッグフード

アボダームシリーズは、アボカドに含まれる豊富なビタミン・ミネラルを成分に加えることで、美しい被毛や健康な皮膚のサポートとなるドッグフードを目指し開発されました。

低アレルゲンのラム肉と玄米が使用され、アボカドとの相乗効果で「脂肪燃焼効果・新陳代謝の向上・老化防止」と三拍子そろったヘルシーなドッグフードとなっています。

アボカドは、犬にとってNGな食材ということは有名。しかし、犬にとって毒となる品種・部位は解明されており、当然ながらアボダームには、厳選された安全な「アボカド果肉・アボカド抽出油」が使用されているので安心です。

8位:LOTUS グレインフリー ダックレシピ

LOTUS グレインフリー ダックレシピ
出典:amazon.co.jp
LOTUS グレインフリー ダックレシピ

4,600円 (税込)

詳細情報
・原材料:ダック(鴨)・ダックミール・タピオカ粉・フィッシュミール・乾燥エンドウ豆・乾燥じゃがいも・エンドウ豆繊維・乾燥全卵・乾燥さつまいも・他
・アレルゲン:グレインフリー
・1kgあたりの価格:2,026円
・原産国:カナダ

オーブンベイクド製法でカリカリの食感!

オーブンベイクド製法でカリカリの食感!

出典:amazon.co.jp

低アレルゲン食材であるダック(鴨肉)を使用したアレルギー対策ドッグフード。小粒で食べやすく、毛艶が良くなると評判です。

ロータスのドッグフードの特徴でもあるオーブンベイクド製法とは、オーブンでじっくりと焼き上げることで、素材の栄養素や風味を損なわずにカリッとした食感に作り上げる製法のこと。歯ごたえのあるドッグフードの好きなワンちゃんにおすすめです。

7位:エランコ Dr's CARE アミノプロテクトケア

ドクターズケア アミノプロテクトケア
出典:amazon.co.jp
ドクターズケア アミノプロテクトケア

5,222円 (税込)

詳細情報
・原材料:スターチ・ポテトプロテイン・植物性油脂・セルロース・ミネラル類・アミノ酸類・フラクトオリゴ糖・他
・アレルゲン:不使用 ※ポテトアレルギーの犬は食べられません
・1kgあたりの価格:1,740円
・原産国:日本

重度のアレルギーのワンちゃんにアミノプロテクトケア

この「アミノプロテクトケア」は、食物アレルギーによる皮膚疾患や消化器疾患の犬用に開発された【療法食】です。動物病院で目にしたことがある方もいらっしゃるかもしれませんね。

外国産のアレルギー対策フードが多い中、中には国産のドッグフードを探してこちらに落ち着いたという方も。動物性タンパク質が使用されていないので、食いつきには差が出やすいようですが、酷いかきむしりで苦しむワンちゃんや、肉・魚にアレルギーを持つ場合には、おすすめのドッグフードとなっています。

療法食なので、初回は獣医師に相談してからご使用ください。

6位:森乳サンワールド スーパーゴールド フィッシュアンドポテト

森乳サンワールド スーパーゴールド フィッシュアンドポテト
出典:amazon.co.jp
森乳サンワールド スーパーゴールド フィッシュアンドポテト

5,980円 (税込)

詳細情報
・原材料:ポテト・サーモン・ホワイトフィッシュ・セルロース・フィッシュダイジェスト・トマト・植物性油脂・ビートパルプ・他
・アレルゲン:グレインフリー・肉類不使用
・1kgあたりの価格:797円~1,327円
・原産国:アメリカ合衆国

メイン素材はポテトとサーモン!ダイエットにも

獣肉アレルギーのワンちゃんにおすすめのドッグフードです。オメガ3脂肪酸とオメガ6脂肪酸とのバランスに配慮し、皮膚や被毛の育成を助けます。

「皮膚のかきむしりがなくなった」、「ダイエットが成功した」「目の周りがきれいになった」との飼い主さんの声が多いようです。身体をかゆがったり、目ヤニ・耳の汚れが気になっている方は1度試してみてはいかがでしょう。

5位:アカナ ラム&オカナガンアップル

アカナ ラム&オカナガンアップル
出典:amazon.co.jp
アカナ ラム&オカナガンアップル

3,150円 (税込)

詳細情報
・原材料:羊肉ミール・骨抜き羊肉・緑レンズマメ・赤レンズマメ・羊レバー・丸ごとリンゴ・羊脂肪・緑エンドウマメ・黄エンドウマメ・他
・アレルゲン:グレインフリー・ポテト不使用
・1kgあたりの価格:1,575円~2,700円
・原産国:カナダ

ラム肉50%使用!お肉たっぷりのドッグフード

ラム&オカナガンアップルは新鮮なラム肉を使用したグレインフリーのドッグフードです。原材料の50%がラム肉・35%が新鮮な野菜とフルーツという贅沢なバランスで作られています。

アレルギー対策としては、同じ食材をずっと与え続けないということも効果的。ローテンションフードの1つとしてもラム肉がメイン素材なら安心ですね。

4位:シアンシアン シェフドッグ ホース

シアンシアン シェフドッグ ホース

1,980円 (税込)

詳細情報
・原材料:生肉(馬・魚肉)玄米粉・大麦全粒粉・魚粉・サツマイモ・ジャガイモ・コプラフレーク・煎りゴマ・他
・アレルゲン:大麦全粒粉使用
・1kgあたりの価格:2,329円
・原産国:日本

国産のドッグフードにこだわるならコレ

安心の国産ドッグフードをお探しならばこちらはいかがでしょう。シェフドッグは国産・無添加にこだわって作られたフードで、アレルゲンに対する対応も丁寧です。様々なアレルギーに合わせて豊富なバリエーションを用意しています。

その中でも、ホースは、鉄分を多く含み低カロリーな良質の赤身肉をたっぷりと使用。牛肉やチキンにアレルギーがあってお肉系ドッグフードをあげたいけど我慢しているという方に試していただきたい商品です。

3位:アーテミス オソピュア サーモン&ガルバンゾー

アーテミス オソピュア  サーモン&ガルバンゾー
出典:amazon.co.jp
アーテミス オソピュア サーモン&ガルバンゾー

2,151円 (税込)

詳細情報
・原材料:フレッシュサーモン・ドライサーモン・ガルバンソー豆・えんどう豆・ヒラマメえんどう豆粉・ヒマワリオイル・トマト絞り粕・フラックスシード・チキンスープ・他
・アレルゲン:グレインフリー・肉類不使用
・1kgあたりの価格:1,075円
・原産国:アメリカ合衆国

消化吸収が良いサーモンはアミノ酸バランスも◎

フレッシュサーモン・ドライサーモン・ヒヨコ豆がメイン食材となっているこちらの商品は、獣肉アレルギーのワンちゃんに安心して与えることができるドッグフードです。

サーモンは高タンパク低カロリーで消化吸収に優れ、EPAやDHAを豊富に含み、犬にとっても適した食材です。加えて、他の白身魚には含まれないアスタキサンチンが豊富な点も特徴的。

アスタキサンチンは、βカロテンやリコピンと同じカロテノイドという色素物質で、高い抗酸化作用があることでも知られています。アンチエイジングは長生きのためにも大切なポイントですね。

2位:フィッシュ4ドッグ スーペリア アダルト

フィッシュ4ドッグ スーペリア アダルト
出典:amazon.co.jp
フィッシュ4ドッグ スーペリア アダルト

5,643円 (税込)

詳細情報
・原材料:サーモン・ポテト・サーモンミール・エンドウ・サーモンオイル・サーモンダイジェスト・サンフラワーオイル・オキアミミール・他
・アレルゲン:グレインフリー・肉類不使用
・1kgあたりの価格:1,881円~2,217円
・原産国:イギリス

オメガ3脂肪酸たっぷり!オキアミが入ってリニューアル!

お魚系ドッグフードの中でも人気のフィッシュ4シリーズのひとつ、スーペリアアダルトに“オキアミミール”を新配合。オキアミには天然の吸収率の良いEPA・DHA(オメガ3脂肪酸)が多く含まれています。

オメガ3脂肪酸は、血液中の脂質濃度を下げる働きがあるといわれており、血流を良くし、コレステロールを下げ、アトピー性皮膚炎などのアレルギー症状にも効果があるのだそうです。そんなオキアミミールを含む鮮魚の割合が55%以上と、お魚たっぷりのドッグフードです。

魚臭さがワンちゃんの食欲をそそる!

魚をたっぷりと使用していることが実感できるのは、袋を置けた時の“魚臭さ”!飼い主さんによっては、魚のニオイが好きじゃないという意見もありますが、ワンちゃん目線で考えると、この魚の香りが食欲をそそるようです。

ドッグフードのニオイは強めですが、便はお肉系のフードよりも匂いがしないという飼い主さんの声が多いんですよ。

1位:ピナクル トラウト&スイートポテト

ピナクル トラウト&スイートポテト
出典:amazon.co.jp
ピナクル トラウト&スイートポテト

2,890円 (税込)

詳細情報
・原材料:トラウト・ひよこ豆・えんどう豆・えんどう豆粉・ニシン粉・さつまいも・トマト繊維・キャノーラオイル・他
・アレルゲン:グレインフリー・肉類不使用
・1kgあたりの価格:1,445円~2,000円
・原産国:アメリカ合衆国

新鮮なマスを使用した低GIドッグフード

魚系ドッグフードはサーモンが主流の中、マスを素材に使用した珍しいドッグフードです。サーモンもマスもアレルギー対策のドッグフードとしては優秀。ただ、マスの方が若干カロリーが低いようです。

皮膚の栄養に大切な不飽和脂肪酸を多く含み、脳を活性化させる働きがあるDHA・EPAが含まれているの、はサーモンもマスも共通する利点。ただ、ピナクルの「トラウト&スイートポテト」が特に優れているのは、低GIに仕上げているという点。食後の血糖値の上昇を抑え、肥満や生活習慣病の予防と改善に効果があると評判です。

ワンちゃんが喜ぶサツマイモ入り!

犬が大好きなサツマイモを使用することで、嗜好性を高めているため、食いつきが良いと評判です。サツマイモはおなかの調子を整える働きもあるので、グレインフリーのドッグフードに多い「便が柔らかくなる」ということも少ないようですよ。

まとめ

食物アレルギーを持つワンちゃんにとって、症状を楽にするのも悪化させるのもドッグフード次第です。それぞれのワンちゃんのアレルゲンの食材が異なりますので、一概に「コレが一番のおすすめ!」ということはできませんが、アレルギー対策ドッグフードの選び方の参考にしていただけたら幸いです。

飼い主さんが食材に注意して、ワンちゃんの様子を観察することで、一緒に乗り越えていけますよう願っています。

関連記事

人気の記事

人気のアイテムリスト

カテゴリから探す