1. TOP
  2. >
  3. ドリンク
  4. >
  5. お酒
  6. >
  7. オーストラリアワインのおすすめ人気ランキング10選【ニューワールドワイン】
  • オーストラリアワインのおすすめ人気ランキング10選【ニューワールドワイン】のアイキャッチ画像1枚目
  • オーストラリアワインのおすすめ人気ランキング10選【ニューワールドワイン】のアイキャッチ画像2枚目
  • オーストラリアワインのおすすめ人気ランキング10選【ニューワールドワイン】のアイキャッチ画像3枚目
  • オーストラリアワインのおすすめ人気ランキング10選【ニューワールドワイン】のアイキャッチ画像4枚目
  • オーストラリアワインのおすすめ人気ランキング10選【ニューワールドワイン】のアイキャッチ画像5枚目

オーストラリアワインのおすすめ人気ランキング10選【ニューワールドワイン】

チリワインとともに、ニューワールドワイン界を牽引する「オーストラリアワイン」。リーズナブルなデイリーワインを中心に人気があります。しかし、「ペンフォールズ」「グラント・バージ」「デ・ボルトリ」など、有名ワイナリーもたくさん。そのうえ、人気の銘柄もたくさんあるため、どれを選べば良いか迷ってしまいますよね。


そこで今回は、オーストラリアワインならではの選び方と、人気ワインをランキング形式でご紹介します。シラーズ、シャルドネなど、お値段以上に満足できるワインを幅広くピックアップ!ぜひ、美味しい料理やチーズと一緒に、オーストラリアワインを思う存分味わってみませんか?

  • 最終更新日:2020年10月26日
  • 36,649  views
目次

オーストラリアワインの選び方

オーストラリアは世界で6番目に大きな国。熱帯から温帯にかけて国土が広がり、世界の気候のすべてがオーストラリアにあると言われるほど、多種多様な土壌を有します。産地の違いがブドウの質にも大きく影響するため、それぞれの産地の特徴を知ることが、オーストラリアワインを選ぶ際のポイントです。

ブドウ産地の特徴で選ぶ

オーストラリアでブドウの栽培がおこなわれているのは主に南部で、特に南東部と南西部はブドウ栽培に最適な地中海性気候に恵まれています。そのエリアは大きくわけて、「南オーストラリア州」「ニュー・サウス・ウェールズ州」「西オーストラリア州」の3つ。まずは、それぞれの産地の特徴を見ていきましょう。

フルボディの赤が好みなら「南オーストラリア州」のワインが◎

フルボディの赤が好みなら「南オーストラリア州」のワインが◎

南オーストラリア州を代表する産地が、「バロッサ・ヴァレー」と「クナワラ」の2つです。「バロッサ・ヴァレー」には、約150ヶ所のワイナリーがあり、世界からも注目される良質なワインの産地。しっかりとしたフルボディの赤がお好きな方におすすめです。代表品種はシラーズで、長期熟成に向く品種。なめらかで濃厚な果実の風味と穏やかなタンニンで、燻製肉やチーズとの相性もバッチリです。


また、フランスのボルドー地方と気候が非常に似ているのが「クナワラ」地方。雨が少なく、ブドウをゆっくりと熟成させてから収穫することができるため、高品質のカベルネ・ソーヴィニヨンが作られます。しっかりとしたタンニンを感じる個性豊かな赤ワインがお好きな方は、クナワラ地方のワインに注目してみてはいかがでしょう。

白ワイン好きなら「ニュー・サウス・ウェールズ州」に注目!

白ワイン好きなら「ニュー・サウス・ウェールズ州」に注目!
ニュー・サウス・ウェールズ州を代表する「ハンターヴァレー」は、オーストラリア最古のワイン生産地。この土地で作られるシラーズは、芳醇な香りと濃厚な味わいで知られていることもあり、シラーズがお好きな方におすすめです。実は亜熱帯気候で、夏は暑く、秋は降水量が多いというブドウ生産においては不利な土地。そんなハンターヴァレーがオーストラリアの最古の土地というのも不思議ですね。

昔からテーブルワインに力を入れてきた土地で、伝統的な白ワイン品種・セミヨンが栽培されています。シャルドネの評価も高いため、スッキリとした飲みやすい白ワインがお好きな方におすすめです。

品質にこだわるなら「西オーストラリア州」のワインを

品質にこだわるなら「西オーストラリア州」のワインを
西オーストラリア州は、美しい海沿いの街「デンマーク」などがワイン産地として知られています。パースから南の海岸沿いは地中海性気候で、ブドウ作りにも適した気候。この地域のワイン生産量は多くはありませんが、品質はトップクラス。熟成された果実味やミネラル感のある独特の口当たりが特徴です。

ワインの傾向としては、カベルネ・ソーヴィニヨンやシラーズを使用したパワフルな赤ワインがお好きな方、シャルドネやシュナン・ブランを使用した個性的な味わいの白ワインがお好きな方におすすめです。

小規模ワイナリーにも注目!

スクリューキャップの導入や、他国の土着品種の栽培、冷涼な地域でのブドウ栽培など、既成概念にとらわれないワイン造りで注目を浴びるオーストラリア。「ペンフォールズ」や「ジェイコブス・クリーク」などのワインも非常に人気ですが、実は若い小規模生産者が作るワインも高い評価を受けています。オーストラリアワインを堪能したいなら、そんな小規模ワイナリーにも注目してみましょう。

西オーストラリアの白ワインなら「アプリカス・ヒル」

西オーストラリアの白ワインなら「アプリカス・ヒル」
西オーストラリアの白ワインを味わいたいなら「アプリカス・ヒル」のワインがおすすめです。コンセプトは「デンマークの単一畑から生み出すプレミアムワイン」。

少量生産ではありますが、産地へのこだわり、デンマークの土壌で作られるブドウの良さを最大限に活かしたワイン造りが特徴です。ソーヴィニヨン・ブランやセミヨン、シャルドネが作られ、シングルヴィンヤードワインとブレンドワインがあります。

個性的なワインがお好きな方は「ボエジャー・エステート」

個性的なワインがお好きな方は「ボエジャー・エステート」
西オーストラリアを訪れたら、絶対に行きたいワイナリー「ボエジャー・エステート」。ケープ・ダッチ様式の建築物、壮大なバラの庭園、受賞歴を誇るレストランなど、見どころ満載のワイナリーです。繊細な醸造技術によって、複雑な風味を醸し出す上質のワインはが作られると評判。個性的なワインをお探しの方におすすめです。

「カベルネ・ソーヴィニヨン」「メルロー」「ソーヴィニヨン・ブラン」「セミヨン」といった品種のワインを作っています。

確かな品質を求めるなら受賞歴もチェック!

確かな品質を求めるなら受賞歴もチェック!
オーストラリアワインには、世界各地のワインコンクールで賞を得たワインが数多く存在します。「どれを選べばよいかわからない」という時は、受賞歴のあるワインを選んでみるのもひとつの方法です。実はオーストラリアでは、2005年のヴィンテージ以降、権威あるワインショーでの受賞歴以外はラベルの付与を規制。受賞ラベルが、確かな基準で審査された高品質なワインを見極める目安となります。

いつも好きなブドウの品種だけで選んでいると、なんだか似たようなワインが続いて物足りなく感じることもありますよね。受賞歴のあるものを選んでみると、新たな発見や意外な好みが見つかることもあり、楽しいですよ。

オーストラリアワインのおすすめ人気ランキング10選

それでは、おすすめのオーストラリアワインをランキング形式でご紹介します!

なおランキングは、Amazon・楽天・Yahoo!ショッピングなど各ECサイトの売れ筋ランキング(2020年6月11日時点)をもとにして編集部独自で順位付けしています。

10位
産地南オーストラリア
ワイナリーペンフォールズ
品種シラーズ、カベルネ・ソーヴィニヨン
受賞歴2018年サクラアワード ダイヤモンド・トロフィー賞受賞
9位

テンパス・トゥーピューター・ボトリティス・セミヨン

2,618円 (税込)

産地ハンター・ヴァレー(ニューサウスウェールズ州)
ワイナリーテンパス・トゥー
品種セミヨン
受賞歴ワールド・ワイン・アワードにてリージョナル・トロフィー獲得
8位
産地バロッサ・ヴァレーなど(南オーストラリア州)
ワイナリーペンフォールズ
品種シラーズ、カベルネ・ソーヴィニヨン
受賞歴-
7位
オーストラリアワイン デ・ボルトリ プレミアムリザーブ2LTカベルネソーヴィニヨン 1枚目
出典:amazon.co.jp

デ・ボルトリプレミアムリザーブ2LTカベルネソーヴィニヨン

1,738円 (税込)

産地リヴェリーナ(ニューサウスウェールズ州)
ワイナリーデ・ボルトリ
品種カベルネ・ソーヴィニヨン
受賞歴-
6位
産地バロッサ・ヴァレー(南オーストラリア州)
ワイナリートルブレック
品種グルナッシュ、マタロ、シラーズ
受賞歴-
5位
産地オーストラリア
ワイナリーイエローテイル
品種モスカート
受賞歴-
4位

バロークススパークリングワイン 白 シャルドネ

1,958円 (税込)

産地南オーストラリア
ワイナリーバロークス
品種シャルドネ、セミヨン
受賞歴-
3位
産地ニューサウスウェールズ(南オーストラリア州)
ワイナリーデ・ボルトリ
品種シラーズ、カベルネ・ソーヴィニヨン
受賞歴-
2位
オーストラリアワイン カセラ・ファミリー・ブランズ イエローテイル カベルネ・ソーヴィニヨン 1枚目
出典:amazon.co.jp

カセラ・ファミリー・ブランズイエローテイル カベルネ・ソーヴィニヨン

783円 (税込)

産地オーストラリア
ワイナリーイエローテイル
品種カベルネ・ソーヴィニヨン
受賞歴-
1位
産地ハンターヴァレー(ニューサウスウェールズ州)
ワイナリーマッキノンズ
品種シラーズ
受賞歴-

人気オーストラリアワインの比較一覧表

商品画像
1
オーストラリアワイン マッキノンズ マッキノンズ・シラーズ 1枚目

マッキノンズ

2
オーストラリアワイン カセラ・ファミリー・ブランズ イエローテイル カベルネ・ソーヴィニヨン 1枚目

カセラ・ファミリー・ブランズ

3
オーストラリアワイン デ・ボルトリ DBシラーズ カベルネ 1枚目

デ・ボルトリ

4
オーストラリアワイン バロークス スパークリングワイン 白 シャルドネ 1枚目

バロークス

5
オーストラリアワイン イエローテイル モスカート 1枚目

イエローテイル

6
オーストラリアワイン トルブレック キュヴェ・ジュヴナイルズ 1枚目

トルブレック

7
オーストラリアワイン デ・ボルトリ プレミアムリザーブ2LTカベルネソーヴィニヨン 1枚目

デ・ボルトリ

8
オーストラリアワイン ペンフォールズ クヌンガ・ヒル・シラーズ・カベルネ 1枚目

ペンフォールズ

9
オーストラリアワイン テンパス・トゥー ピューター・ボトリティス・セミヨン 1枚目

テンパス・トゥー

10
オーストラリアワイン ペンフォールズ ビン8 カベルネ・シラーズ 1枚目

ペンフォールズ

商品名

マッキノンズ・シラーズ

イエローテイル カベルネ・ソーヴィニヨン

DBシラーズ カベルネ

スパークリングワイン 白 シャルドネ

モスカート

キュヴェ・ジュヴナイルズ

プレミアムリザーブ2LTカベルネソーヴィニヨン

クヌンガ・ヒル・シラーズ・カベルネ

ピューター・ボトリティス・セミヨン

ビン8 カベルネ・シラーズ

特徴肩の力を抜いて気軽に嗜む、マンガに登場したワイン深みと力強さ、期待を裏切らない正統派の味わい1,000円以下とは思えない!コスパがよい優秀ワイン青空の下で飲みたい、カジュアルな缶タイプ食前からデザートまで。いつ飲んでもおいしいさわやかさ樹齢150年を超える葡萄樹が生み出す、深みと濃厚な味わい気軽に楽しめるボックスワインペンフォールドのワイン製造スタイル・哲学を具現化した1本見た目も味も華やか。上品な甘口貴腐ワインデイリーワインよりリッチ。高級ワインよりリーズナブル
最安値
946
送料要確認
詳細を見る
783
送料要確認
詳細を見る
682
送料別
詳細を見る
1,958
送料無料
詳細を見る
699
送料別
詳細を見る
2,863
送料無料
詳細を見る
1,738
送料要確認
詳細を見る
1,430
送料無料
詳細を見る
2,618
送料要確認
詳細を見る
2,495
送料別
詳細を見る
産地ハンターヴァレー(ニューサウスウェールズ州)オーストラリアニューサウスウェールズ(南オーストラリア州)南オーストラリアオーストラリアバロッサ・ヴァレー(南オーストラリア州)リヴェリーナ(ニューサウスウェールズ州)バロッサ・ヴァレーなど(南オーストラリア州)ハンター・ヴァレー(ニューサウスウェールズ州)南オーストラリア
ワイナリーマッキノンズイエローテイルデ・ボルトリバロークスイエローテイルトルブレックデ・ボルトリペンフォールズテンパス・トゥーペンフォールズ
品種シラーズカベルネ・ソーヴィニヨンシラーズ、カベルネ・ソーヴィニヨンシャルドネ、セミヨンモスカートグルナッシュ、マタロ、シラーズカベルネ・ソーヴィニヨンシラーズ、カベルネ・ソーヴィニヨンセミヨンシラーズ、カベルネ・ソーヴィニヨン
受賞歴--------ワールド・ワイン・アワードにてリージョナル・トロフィー獲得2018年サクラアワード ダイヤモンド・トロフィー賞受賞
商品リンク

オーストラリアワインの売れ筋ランキングもチェック!

オーストラリアワインの楽天の売れ筋ランキングは、以下のリンクからご確認ください。

ジェネリックワインに気を付けて!

ジェネリックワインに気を付けて!
オーストラリアワインのラベルに「キャンティ」や「シャブリ」といった、ヨーロッパの産地の名前が付いているワインを見かけたことがありませんか?これらのワインはヨーロッパの有名なワイン産地の良いイメージを利用した”ジェネリック”ワインです。

味の傾向や作りたいイメージによって、名付けられているだけで、ヨーロッパ産のブドウを使用しているとは限りません。中には美味しいワインもあるので、一概に「これはやめた方がいい」というわけではありませんが、違いを分かったうえで選んでくださいね。

チリワインにも注目!

オーストラリアワイン同様、ニューワールドワインとして注目を集めているのが「チリワイン」。フランス系のブドウ品種から造られたワインが多いため、フランスワインがお好きな方にもおすすめです。ぜひ以下の記事もチェックしてみてくださいね。

まとめ

オーストラリアワインの選び方やおすすめをランキング形式でご紹介してきました。安さと美味しさを兼ね備えたワインや、特別な時に開けたいヴィンテージワインまで様々なバリエーションが魅力のオーストラリアワイン。特徴的な品種などもあり、飲み比べても楽しいですよね。お気に入りのワインを見つけてくださいね。

記事監修(ランキングは除く):吉田めぐみ

https://my-best.com/creators/1286 

当サイトでは、JANコードをもとに、各ECサイトが提供しているAPIを使用して、各商品の価格の表示やリンクの生成を行っております。

そのため、掲載価格に変動がある場合や、JANコードの登録ミスなど情報が誤っている場合がありますので、最新価格や商品の詳細等については各販売店やメーカーに確認するようにお願いいたします。

関連記事

人気の記事

人気のアイテムリスト

カテゴリから探す