1. TOP
  2. >
  3. ドリンク
  4. >
  5. ビール・発泡酒
  6. >
  7. 【徹底比較】黒ビールのおすすめ人気ランキング27選
【徹底比較】黒ビールのおすすめ人気ランキング27選

【徹底比較】黒ビールのおすすめ人気ランキング27選

ローストした黒い濃色麦芽を原材料とした黒ビール。イギリスのポーター・ドイツのシュバルツ・アイルランドのスタウトなどが王道スタイルとして人気ですが、日本でもスーパードライ・一番搾り・エビスなどの銘柄からも黒ビールが販売されていて、どれを選べばいいのか迷ってしまいますよね。


そこで今回は、Amazon・楽天・価格.comなどで売れ筋上位の黒ビールをすべて購入し、最もおすすめの黒ビールを決定したいと思います。


全商品を編集部メンバーが実際に飲み比べて最もおいしい黒ビールはどれかを比較・検証しました。


果たしてどの商品が最もおすすめのベストバイ商品なのでしょうか?商品ごとに味わいの特徴がわかるレーダーチャートをつけているので、ぜひ購入の際に参考にしてみてくださいね。

  • 2020年10月13日更新
  • 56,743 views

検証のポイント

売れ筋の黒ビール27商品をすべて集めて、徹底的に比較検証しました
  • おいしさ

    検証① おいしさ

    黒ビールを選ぶうえで、やっぱり気になるのがおいしさ。どんな味わいがしてどんな特徴があるのかが気になりますよね。編集部のビール好きメンバー6人が実際に全27種類を飲み比べて、黒ビールのおいしさを100点満点で評価し、0.1~5.0点で総合評価点をつけました。

  • すべての検証はmybest社内で行っています

    自社施設

    黒ビールとは?

    黒ビールとは?

    黒ビールとは、一般的には濃色の麦芽で醸造した黒茶色のビールのことをいいます。


    黒ビールの原料となる麦芽は、まず焙燥(ばいそう)と呼ばれる作業を行って、麦芽の発芽をストップ。そのあとに、100℃以上の高い温度で焙焦(ばいしょう)することによって、麦芽に香ばしい風味と焦げた色味をつけていきます。


    黒ビールに使われる焙焦モルトはひとつだけではなく、クリスタルモルトやチョコレートモルト、ブラックモルト、ローストバーレイなど、多くの種類があります。


    焙焦することによって引き出される、コーヒーやチョコレート、ナッツなどにたとえられるようなローストされた麦の味わいが特徴です。

    黒ビールの選び方

    黒ビールの選び方

    まずは黒ビールの選び方のポイントをチェックしましょう。今回の比較検証では、ビールの専門家としてビールブロガーであるタカバシショウヘイさんに選び方を監修していただきました!


    <ビールブロガー タカバシショウヘイさん>

    2005年より生ビールブログを開始。定期的にビール愛好家のためのイベントを開催、ビールメーカーのイベントにゲスト出演するなど、ビールの楽しさを広めるべく日々活動している。ビールブログのほかに、沖縄ランチブログZを始めとするグルメブログや旅ブログを執筆。2018年にはチェコ親善アンバサダー2018に認定される。フジテレビ「笑っていいとも!」、テレビ朝日「マツコ&有吉 かりそめ天国」、読売テレビ「ワケあり!レッドゾーン」、TBSラジオ「荻上チキ Session22」などマスメディアへの出演も多数。


    ※ランキングに掲載している商品は専門家が選定したものではなく、編集部が独自に集計・ランキングづけしたものです。

    ① 製法の違いで選ぼう

    黒ビールの製法は、エールとラガーの2タイプに分かれます。好みの味わい、飲みやすさに合わせて選んでみましょう。

    まったり濃厚なアロマと味を楽しむならエール系ビール

    まったり濃厚なアロマと味を楽しむならエール系ビール

    常温から高温で発酵させる上面発酵によって作られるエールビールは、まったりとした濃厚な香りと味を楽しめるのが特徴。イギリスが本場のビールで、香り豊かで味わい深いビールを、ゆっくりと少しずつ楽しみたい方におすすめです。


    代表的なエールの黒ビールには、「東京ブラック」「キリン一番搾り スタウト」「ドラフト ギネス」などが挙げられます。

    爽やかさと軽い口当たりを求める人にはラガー系ビールがおすすめ

    爽やかさと軽い口当たりを求める人にはラガー系ビールがおすすめ

    ホップの風味をダイレクトに感じる、雑味のないクリアな味わいが好きな方にはラガービールがおすすめ。日本の大手国産ビールの多くもラガー系のビールです。


    南ドイツ発祥となる低温発酵の下面発酵法によって醸造されたもので、さわやかな喉ごしと、飲みやすい軽い口当たりが特徴。


    ラガー系の黒ビールには、「アサヒスーパードライ」「キリン一番搾り 黒生」「サッポロ エビス プレミアムブラック」などがありますよ。

    ② 好みの黒ビールの種類(スタイル)で選ぼう

    黒ビールは、さらにその焙煎方法などの違いにより、大きく4つの種類に分かれます。それぞれの種類と違いも知っておくと、より自分が求める味わいの黒ビールを選ぶことができますよ。

    強いロースト感が好きな人にはスタウトがぴったり

    強いロースト感が好きな人にはスタウトがぴったり

    ビール本来の色が濃く、ローストされたようなアロマと苦味が好きな方におすすめなのがスタウトです。スタウトはアイルランド発祥のエール系ビールで、英語の「Stout=どっしりとした」という意味が名前の由来。その名のとおり、濃い色と焙煎した大麦や麦芽の苦みと、クリームのようななめらかな泡が特徴です。


    スタウトビールは種類が豊富で、アルコール度数が10%前後のインペリアル・スタウト、香ばしさの強いドライ・スタウト、チョコレートのような香りが特徴のスイート・スタウト、牡蠣のエキスが入ったオイスター・スタウトなど、さらに細かく分類されています。日本ではドラフトギネスがおなじみです。

    ほどよい苦みとコクを楽しみたいときはポーターを

    ほどよい苦みとコクを楽しみたいときはポーターを

    黒ビールならではの焦がした麦芽のアロマと、ホップの苦さを味わえるのがポーター。黒ビール特有の苦味や濃厚な味をゆったり楽しみたいけれど強いビールは苦手な方におすすめです。


    イギリス発祥のエール系ビールで、スタウトより比較的アルコール度数が低めなのが特徴。炭酸もそこまで強くなく、まったりとした飲み応えのある味を楽しめます。スタウトほど強くなく、次に紹介するラガー系のシュバルツほど軽くない、絶妙なバランスの味わいです。

    ほのかな甘みとさっぱりとした苦みを楽しめるのはシュバルツ

    ほのかな甘みとさっぱりとした苦みを楽しめるのはシュバルツ

    すっきりと爽快な味わいの黒ビールを楽しみたい方にはシュバルツがぴったり。ドイツ発祥の黒ビールで、真っ黒にローストされた麦芽を下面発酵させたラガービールとなります。喉越しのよさと、ほのかに甘さのあるさっぱりとした後味が特徴です。


    日本の大手メーカーの黒ビールはほぼこのスタイルとなり、たとえば長期熟成によるコクと香りを特徴とした「サッポロ プレミアム ブラック」などがシュバルツ系として人気です。

    苦み抑えめが好みの人にはデュンケルがおすすめ

    苦み抑えめが好みの人にはデュンケルがおすすめ

    口当たりが軽く、苦さが少ないビールが好きな方におすすめなのがデュンケル


    ドイツ・ミュンヘン地方で昔から作られるラガービールで、ローストされた麦芽の甘みと苦みのバランスのほどよく調和されていることから、飲みやすい黒ビールとして人気です。


    同じラガーでもシュバルツに比べて苦味が少なく、まろやかな口当たりになっています。


    また、デュンケルのなかでも、ミュンヘンで造られている伝統的なビールの場合はミュンヒナーデュンケル(ミュンヘナーデュンケル)と呼びます。

    ③ できるだけ添加物が少ないものを選ぼう

    できるだけ添加物が少ないものを選ぼう

    黒ビール本来の味と香りを楽しみたいのであれば、できるだけ添加物が入っていない商品がおすすめ


    販売される黒ビールのなかには、見た目や香りをよくするためだけに、香料や苦味料・調味料が含まれたものや、長期間保存するために酸化防止剤などを含んだ商品もあります。


    黒ビールの醸造に不可欠な大麦・麦芽・ホップのみを使ったシンプルな商品を選ぶことで、ビール本来のおいしさを楽しむことができますよ。

    ④ アルコール度数5%前後を基準に選ぼう

    アルコール度数5%前後を基準に選ぼう

    黒ビールのアルコール度数は約5%〜11%ほどと、ほかのビールよりも度数が高めです。厚生労働省は1日あたりの純アルコール量を約20gと推奨しているので、度数5%であれば約500mlが適量になります。


    度数6%以上あるハイアルコールな黒ビールを飲む際には、200ml(ワイングラス半分くらい)を目安に飲みましょう。

    売れ筋の人気黒ビール全27商品を徹底比較!

    黒ビールの検証

    Amazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどで売れ筋上位の黒ビール27商品をすべて購入し、どれが最もおいしい黒ビールなのかを比較・検証していきます。


    なお、1個あたりの価格は2019年4月時点の情報です。


    ※ランキング作成日:2019年4月5日

    今回検証した商品

    1. MURPHY'S(マーフィーズ)|マーフィーズ アイリッシュスタウト
    2. アサヒビール|アサヒスーパードライ ドライブラック 350ml×24本
    3. エルディンガー|ヴァイスビア デュンケル
    4. キリンビール|ドラフトギネス 350ml×24本
    5. ギネス|ギネス エクストラ スタウト 330ml×24本
    6. ケストリッツァー|ケストリッツァー シュヴァルツビア
    7. サッポロビール|空模様 月夜のデュンケル 350ml×24本
    8. サッポロビール|麦とホップ 黒
    9. サッポロビール|ヱビス プレミアムブラック 350mlx24本
    10. サミュエルスミス|タディポーター
    11. サンクトガーレン|インペリアルチョコレートスタウト
    12. サンクトガーレン|スイートバニラスタウト 330ml×2本
    13. ストーン|Xocoveza(ショコベーサ)
    14. ファウンダーズ|ブレックファーストスタウト 355ml×2本
    15. ヘラー醸造所|シュレンケルラ・ラオホ ビア メルツェン
    16. ホフブロイ|ホフブロイ デュンケル 330ml×6本
    17. ヤッホー・ブルーイング|東京ブラック 350ml×8本
    18. ヴァンホンスブルグ醸造所|キャスティール ドゥンケル(ブリューン)
    19. ヴェルテンブルグ修道院醸造所|ヴェルテンブルガー アッサム ボック
    20. 協同商事|COEDO 漆黒 -Shikkoku- 333ml×3本
    21. 宇奈月ビール|ボック カモシカ
    22. 宮崎ひでじビール|栗黒
    23. 富士桜高原麦酒|シュヴァルツヴァイツェン 330ml×4本
    24. 玉村本店|志賀高原ポーター
    25. 萌木の村 八ヶ岳ブルワリー|八ヶ岳ビール タッチダウン プレミアム ロック ボック 330ml×3本
    26. 西川町総合開発|地ビール月山 ミュンヒナー 330ml×6本
    27. 麒麟麦酒(キリンビール)|キリン一番搾り 黒生 350ml×24本

    検証① おいしさ

    おいしさ

    黒ビールを選ぶうえで、やっぱり気になるのがおいしさ。どんな味わいがしてどんな特徴があるのかが気になりますよね。


    編集部のビール好きメンバー6人が実際に全27種類を飲み比べて、黒ビールのおいしさを100点満点で評価し、0.1~5.0点で総合評価点をつけました。

    【検証結果ハイライト】クセの強い味わいや印象に残らない味わいは低評価に…

    【検証結果ハイライト】クセの強い味わいや印象に残らない味わいは低評価に…

    今回の検証で上位にランクインした黒ビールは、いずれも飲みやすさ&ボディ感のバランスがよくて飲みやすいタイプばかりでした!評価が高ければ高いほど、万人受けする味わいになっていくので、黒ビール初心者の方は上位の黒ビールから選ぶことをおすすめします。


    一方で、評価が低かった黒ビールは味が薄くて印象に残らなかったり、クセが強すぎて評価がはっきりとわかれてしまっていました。とはいえ、クセの強い個性あふれる黒ビールに高評価をつけるメンバーもいました。


    重くてどっしりとした黒ビールがお好きな方や、スモーキーなフレーバーが好きな方は、ランキングの上位・下位問わずに自分の好みに合った商品を見つけてくださいね。

    【検証結果ハイライト】苦味が控えめで、甘味のある黒ビールが好評!

    【検証結果ハイライト】苦味が控えめで、甘味のある黒ビールが好評!

    3.5以上の高評価をつけた黒ビール(赤レーダー)と2.5以下の評価だった黒ビール(青レーダー)を重ねてみると、上位グループのビールは苦味が控えめでしっかりと甘味を感じられる商品が多いことがわかりました!


    また意外なことに、上位グループはミドルボディ以上のビールばかり。飲みやすさよりも黒ビールならではの飲みごたえを評価する人が多いことがうかがえます。


    黒ビール全体の傾向としては、やはりホップ感は少なめ。ローストした麦芽のニオイをしっかりと感じられるビアスタイルが多いため、香りの数値が高い結果になりました。

    No.1
    ベストバイ・黒ビール

    栗とビールの相性のよさに驚く。デザート感覚で飲める黒ビール

    特産のマンゴーや日向夏を使用したフルーツビールが人気の宮崎県にあるブルワリーひでじビールの「栗黒」が第1位となりました。


    栗を副原料としている「栗黒」の味わいは、とにかく栗そのものでした。香りも味からも栗の甘味と香ばしさを感じられ、たとえるなら和栗のモンブランのような味わい。「果たしてこれはビールなのか…?」と首をかしげたくなるほどの完成度の高さです。


    検証に参加した編集部員からは「友人におすすめしたくなる」「デザートビールって感じだけど、上品で満足度高い」「ビール苦手だけど、これはゆっくり飲みたい」などと、高評価を得ました。


    バニラアイスやチョコレートなどと一緒に、デザート感覚で飲みたくなる、mybestおすすめの黒ビールです!

    内容量330ml
    1本あたりの価格972円
    アルコール度数9%
    発酵方法エール
    スタイルスタウト
    No.2

    協同商事COEDO 漆黒 -Shikkoku- 333ml×3本

    341円(税込)

    総合評価

    3.70
    • おいしさ: 3.7

    万人受けする味わい。食中・食後にゆっくりと飲みたい黒ビール

    埼玉県川越市にあるコエドブルワリーが造る「漆黒 -Shikkoku-」。ビアスタイルは、濃厚な味わいが特徴であるシュバルツです。


    チョコレートやカカオなどのシュバルツらしいコクを感じさせつつも、飲みやすさも兼ね備えており、食中に飲んでいても嫌になりません


    カスタードプリンなどのやさしい甘味のデザートと一緒にゆっくりと味わいたくなるような黒ビールです。牛肉の煮込み料理やグリルした玉ねぎなどとも相性がよいでしょう。

    内容量333ml
    1本あたりの価格349円
    アルコール度数5%
    発酵方法ラガー
    スタイルシュバルツ
    No.3

    麒麟麦酒(キリンビール)キリン一番搾り 黒生 350ml×24本

    4,532円(税込)

    総合評価

    3.50
    • おいしさ: 3.5

    くどくないコクとほどよいロースト感。バランスのとれた初心者向け黒ビール

    ラガービールでおなじみのキリン一番搾りシリーズの「一番搾り 黒生」。


    ローストされた麦芽によって、ほんのりチョコやコーヒーのようなアロマが香ります。控えめな苦味と麦芽によるコクがありますが、くどくない後味です。


    飲みやすさのなかにしっかりと飲みごたえがあるので、黒ビールを飲んだことがない人におすすめです。すっきりとした黒ビールなので、和食にも合いますよ。

    内容量350ml
    1本あたりの価格200円
    アルコール度数5%
    発酵方法ラガー
    スタイルダークラガー
    No.4

    サッポロビール空模様 月夜のデュンケル 350ml×24本

    総合評価

    3.20
    • おいしさ: 3.2

    カラメル麦芽の風味がバランスよく引き出された、甘党女性におすすめのビール

    サッポロビールの那須工場でのみ生産されている「空模様 月夜のデュンケル」。


    ドゥンケルにしては色味が薄く、飲み口もとても軽くて飲みやすいです。ローストしたカラメル麦芽の甘味もしっかり出ているところも好印象


    もったりしすぎない甘味とキレのバランスがいいので、すっきり飲めますよ。ナッツやクレームブリュレなど、デザートなどと合わせていただくのがおすすめです。


    ※こちらの商品は廃盤となっています。(2020年9月現在)

    内容量350ml
    1本あたりの価格330円
    アルコール度数5.5%
    発酵方法ラガー
    スタイルデュンケル
    No.5

    MURPHY'S(マーフィーズ)マーフィーズ アイリッシュスタウト

    601円

    総合評価

    3.20
    • おいしさ: 3.2

    コーヒー好きにおすすめ。じっくりしっかり味わいたい黒ビール

    クリーミーな泡が特徴的なマーフィーズは、色味のとおりコーヒーのような苦味とコクがあとを引きます。泡がきめ細やかですが、炭酸はとっても弱いです。


    見た目の黒さからは想像できないですが、意外にも軽くて飲みやすいので黒ビールに興味がある方の入門ビールとしておすすめです。


    ※こちらの商品は廃盤となっています。(2020年9月現在)

    内容量500ml
    1本あたりの価格601円
    アルコール度数4%
    発酵方法エール
    スタイルスタウト
    No.6

    ギネスギネス エクストラ スタウト 330ml×24本

    4,500円(税込)

    総合評価

    3.20
    • おいしさ: 3.2

    キレがあって飲みやすい。スモーキーさを感じるスタウト

    黒ビールといえばこれだよね!という定番中の定番であるギネスのエクストラ スタウト。


    スモーキーさを含んだようなモルトの強い香ばしさに好みが分かれました。しっかりとキレがあって飲みやすいので、黒ビールが苦手な人におすすめです。

    内容量330ml
    1本あたりの価格265円
    アルコール度数5%
    発酵方法エール
    スタイルスタウト
    No.7

    エルディンガーヴァイスビア デュンケル

    7,600円(税込)

    総合評価

    3.20
    • おいしさ: 3.2

    さわやかな甘味に好感が持てる。入門編としておすすめしたい飲みやすさ

    世界No.1の小麦ビールメーカーであるエルディンガーの「ヴァイスビア ドゥンケル」。


    真っ黒の液色に反して、小麦がフルーティに香ります。アーモンドや焦がしカラメルのような麦芽の甘味をしっかり感じますが、苦味抑えめでキレがあって飲みやすいです。


    ステーキなどのシンプルな肉料理と一緒に、泡立ちがよくクリーミーな口当たりを堪能してください。

    内容量330ml
    1本あたりの価格600円, 390円
    アルコール度数5.3%
    発酵方法ラガー
    スタイルデュンケル
    No.8

    アサヒビールアサヒスーパードライ ドライブラック 350ml×24本

    5,188円(税込)

    総合評価

    3.20
    • おいしさ: 3.2

    黒ビールではキレは健在。黒ビールに初挑戦する人におすすめ

    ロースト麦芽とカラメル麦芽を使用した、クリーミーな泡が特徴的な「アサヒスーパードライ ドライブラック 」。


    黒ビールにしてはかなり軽やかでキレのある味わいです。ほんのりと焙煎感を残していて甘味もありますが、黒ビール好きな人からは「もう少し飲みごたえがほしい」という声がありました。


    ビールは苦手だけれども、黒ビールには挑戦してみたい人におすすめです。

    内容量350ml
    1本あたりの価格201円
    アルコール度数5.5%
    発酵方法-
    スタイル-
    No.9

    グラスに入れて出されたら第三のビールとは気づかないほどの高クオリティ!

    今回の黒ビールのなかで、唯一の第三のビールである「麦とホップ 黒」。「コスパで評価したら最強なのでは…?」と思うほどに、黒ビールの味わいがしっかりと再現されていて、検証に参加した編集部員も驚いていました。


    やや誇張しすぎな気もしますが、麦芽の甘味がきちんと出ています。苦味も強すぎず、クセもなくて飲みやすい味わいです。コスパ重視で黒ビールを購入したい方におすすめですよ。

    内容量350ml
    1本あたりの価格112円, 113円
    アルコール度数5%
    発酵方法エール
    スタイルスタウト
    No.10

    ホフブロイホフブロイ デュンケル 330ml×6本

    3,003円(税込)

    総合評価

    3.00
    • おいしさ: 3.0

    軽いボディとモルトの甘味に賛否両論

    ドイツのオクトーバーフェストでも定番であるブルワリー ホフブロイが造る「ホフブロイ ドゥンケル」。


    飲み比べでは「おいしい!お店にあったら頼みたい」「バランスがよくて好き」というプラスな評価と、「もう少しボディ感がほしい」「軽すぎて印象には残りにくいかも…」などと、好き嫌いが分かれる結果となりました。


    ドゥンケルですが、ロースト香が控えめで軽く飲めるので、夏におすすめの黒ビールです。

    内容量330ml
    1本あたりの価格465円
    アルコール度数5.50%
    発酵方法ラガー
    スタイルデュンケル
    No.11

    サッポロビールヱビス プレミアムブラック 350mlx24本

    5,361円(税込)

    総合評価

    2.90
    • おいしさ: 2.9

    無難に飲みやすい。デイリーに飲みたい人におすすめ

    コクのある黒ビールとして売り出している「ヱビス プレミアムブラック」。


    大手のビールメーカーが造る黒ビールとだけあって、万人受けするホップのフルーティな香りや麦芽の苦味のバランスが高評価でした。ドシッとした苦味やボディはないですが、毎日黒ビールを飲むなら選びたくなるような味わいです。

    内容量350ml
    1本あたりの価格224円
    アルコール度数5%
    発酵方法ラガー
    スタイル-
    No.12

    ケストリッツァーケストリッツァー シュヴァルツビア

    390円(税込)

    総合評価

    2.90
    • おいしさ: 2.9

    とくに印象には残らないけど、キレがあって飲みやすい

    「若きウェルテルの悩み」「ファウスト」などで知られる、ドイツの詩人・小説家であるゲーテが愛したという黒ビール「ケストリッツァー シュヴァルツビア」。


    グラスを近づけると、ローストされた麦芽がやさしく香ります。味わいは、軽くてさっぱりとした苦味でちょっと印象が弱めです。さっぱりと飲みやすい黒ビールなので、ハーブ系のソーセージやアヒージョと合わせてみるのがGood。

    内容量330ml
    1本あたりの価格985円
    アルコール度数4.8%
    発酵方法ラガー
    スタイルシュバルツ
    No.13

    ヴァンホンスブルグ醸造所キャスティール ドゥンケル(ブリューン)

    550円(税込)

    総合評価

    2.80
    • おいしさ: 2.8

    麦芽感はややあるけどビール感なし!ブランデーのような大人のお酒の香りがGood

    度数11%という、ハイアルコールなベルギーの黒ビール「キャスティール ドゥンケル」。


    ローストした麦芽による、ミルクチョコのような濃厚な甘味がかなり印象的な黒ビールです。検証に参加したメンバーからは「ビールとしては異色の風味」「もはやリキュール」などと、濃厚な甘味に驚く声が多く寄せられました。


    かなり好みがはっきりと分かれるビールなので、ブランデーやラム、度数の高いリキュールなどが好きな方におすすめです。ドライいちじくやクリームチーズと合わせて楽しめます。

    内容量330ml
    1本あたりの価格600円
    アルコール度数11%
    発酵方法ラガー, -
    スタイルスペシャルビール
    No.14

    サンクトガーレンスイートバニラスタウト 330ml×2本

    506円(税込)

    総合評価

    2.70
    • おいしさ: 2.7

    バニラの風味をしっかり感じられる黒ビール

    サンクトガーレンの「スイートバニラスタウト」は、チョコレートスタウトよりもバニラの風味がしっかりと効いていて、味わいの完成度が高いといえます。


    モルトの甘味がほのかにあり、苦味と酸味も控えめで意外にも飲みやすかったです。飲み比べに参加したメンバーたちからは「可もなく不可もなく…」という微妙な評価でした。

    内容量330ml
    1本あたりの価格985円
    アルコール度数6.5%
    発酵方法エール
    スタイルハーブ&スパイスビール
    No.15

    キリンビールドラフトギネス 350ml×24本

    6,295円(税込)

    総合評価

    2.70
    • おいしさ: 2.7

    炭酸は控えめ。苦味のある黒ビールに慣れている人には物足りない

    1756年に創業したイギリスに老舗ビール会社、ギネスの「ドラフト ギネス」。同社が販売しているビールにある「ギネス エクストラ スタウト」よりも、かなり味わいがあっさりしています。


    黒糖のような麦芽のアロマはあるものの、これって黒ビールだっけ?と思ってしまうくらいに薄味です。まったくクセがないので、ライトな黒ビールが飲みたい日にはおすすめですよ。

    内容量330ml
    1本あたりの価格259円
    アルコール度数4.5%
    発酵方法エール
    スタイルスタウト
    No.16

    サミュエルスミスタディポーター

    489円(税込)

    総合評価

    2.60
    • おいしさ: 2.6

    クセのある黒ビール好きにはおすすめ。干しぶどうのようなフルーティな香りが印象的

    イギリスのブルワリー・サミュエルスミスが造る「タディポーター」。チョコレートやレーズンを想起させるようなフルーティな香りが印象的でした。


    麦芽由来のフルーティで甘い香りがある一方、味わいは渋めのぶどうジュースやフルボディの赤ワインのようでかなりギャップがあります。ひとクセあるので、酒好きな方や黒ビール好きな方におすすめです。

    内容量355ml
    1本あたりの価格529円
    アルコール度数5%
    発酵方法エール
    スタイルポーター
    No.17

    ファウンダーズブレックファーストスタウト 355ml×2本

    総合評価

    2.60
    • おいしさ: 2.6

    コーヒー好きにはたまらない。アルコールを感じさせない強烈な苦味

    チョコレートとコーヒーを使った、秋冬限定で醸造される「ブレックファーストスタウト」。検証に参加したメンバー全員が「ドリップしたあとのコーヒーの香りがする!」とコメントするほど、コーヒー豆の香りがしっかりと主張してきます。


    酸味のあるコーヒーとハイカカオチョコを足したような味わいで、いい意味でアルコールを感じさせません。コーヒー好きとハイカカオチョコ好きにはぜひとも飲んでもらいたい、個性あふれる黒ビールです。

    内容量355ml
    1本あたりの価格864円
    アルコール度数8.3%
    発酵方法エール
    スタイルスタウト
    No.18

    ヴェルテンブルグ修道院醸造所ヴェルテンブルガー アッサム ボック

    737円(税込)

    総合評価

    2.60
    • おいしさ: 2.6

    みたらし団子のような甘じょっぱい味わい

    ビール醸造が盛んなドイツ・ミュンヘンから北に100km離れた、ドナウ河畔にたたずむヴェルテンブルグ修道院が造る「ヴェルテンブルガー アッサム ボック」。


    グラスに鼻を少し近づけるだけで、レーズンのような、みたらし団子のような芳醇で甘みのある香りがします。味わいも、香りどおりの甘じょっぱさ。クリーミーなチーズと合わせて楽しみたいビールです。

    内容量500ml
    1本あたりの価格732円
    アルコール度数6.5%
    発酵方法ラガー
    スタイルドッペルボック
    No.19

    萌木の村 八ヶ岳ブルワリー八ヶ岳ビール タッチダウン プレミアム ロック ボック 330ml×3本

    756円(税込)

    総合評価

    2.60
    • おいしさ: 2.6

    あとに残るクリアな甘味。上品で華やかな味わいを楽しめる黒ビール

    八ヶ岳ブルワリーの元醸造長であり、日本最高峰のビール職人と呼ばれている山田一巳氏がこだわりぬいて完成させた「プレミアム ロック・ボック」。


    真っ黒な液色に反して、最初の口当たりは意外にもすっきりとしています。黒糖のような上品で華やかな後味を楽しめる飲みやすい黒ビールです。

    内容量330ml
    1本あたりの価格1,620円
    アルコール度数7%
    発酵方法ラガー
    スタイルボック
    No.20

    ヤッホー・ブルーイング東京ブラック 350ml×8本

    293円(税込)

    総合評価

    2.60
    • おいしさ: 2.6

    バランスはよいがパンチに欠ける黒ビール

    「よなよなエール」「水曜日のネコ」などでおなじみのヤッホーブルーイングが造る黒ビール「東京ブラック」。ひと言で評価するならかなりバランスがいい味わいです。


    麦芽のロースト香をほどよく感じられて、黒ビールらしい甘味と苦味がキレよくすーっと引いていきます。万人受けするような味わいですが、お酒をよく飲む人にはパンチがなくて物足りないかもしれません。黒ビール初心者におすすめです。

    内容量350ml
    1本あたりの価格288円
    アルコール度数5%
    発酵方法エール
    スタイルロブストポーター
    No.21

    さらっとした味わいで飲みやすいが、やや物足りない

    エールビールの本場イギリスで最高級とされるモルト「マリスオッター」をベースに使用した「志賀高原ビール ポーター」。


    麦芽のロースト感はほどよく、コーヒーのような香りがあります。クリーンな味わいで雑味がありません。しかし、薄味で物足りないという声も多く、振るわない結果となりました。

    内容量330ml
    1本あたりの価格442円
    アルコール度数5.5%
    発酵方法エール
    スタイルロブストポーター
    No.22

    バランスはよいが、これといった個性が見当たらない

    ダムで有名な富山県黒部市にあるブルワリー、宇奈月ビールの「カモシカ」。


    検証に参加したメンバーから「酸味と甘味のバランスがとれていておいしい」という評価もありましたが、味が薄くて印象に残らず今回の順位に落ち着きました。


    とても飲みやすいので、黒ビールを飲み慣れていない方におすすめですよ。

    内容量350ml
    1本あたりの価格378円, 450円
    アルコール度数約6%
    発酵方法ラガー
    スタイルボック
    No.23

    西川町総合開発地ビール月山 ミュンヒナー 330ml×6本

    3,240円(税込)

    総合評価

    2.30
    • おいしさ: 2.3

    薄い味噌汁のような味。印象に残るような特徴はなし

    日本有数の豪雪地帯である月山の湧き水を使用した「地ビール月山 ミュンヒナー」。


    水のようにスイスイ飲めますが、味噌のような甘味が不評でした。もう少し麦芽のロースト感がほしいところでした。


    ※こちらの商品はリニューアルされているため、現行品とは見た目が異なります。詳細情報などは公式サイトをご確認ください。(2020年9月現在)

    内容量330ml
    1本あたりの価格540円
    アルコール度数5%
    発酵方法ラガー
    スタイルミュンヒナー
    No.24

    ヘラー醸造所シュレンケルラ・ラオホ ビア メルツェン

    638円(税込)

    総合評価

    2.30
    • おいしさ: 2.3

    ウィスキー好きに飲んでもらいたい、スモーキーな黒ビール

    1000年以上変わらない、美しいドイツの町並みが世界遺産に登録されているバンベルクにあるヘラー醸造所の「シュレンケルラ メルツェン」。


    ブナで燻製した麦芽を使ったビールで、ラオホ特有のスモーキーな香りと麦芽の甘味がしっかりと引き出されていました。ビアスタイルのお手本になるような完成度の高さです。


    味わいの完成度は高いですが、正露丸のような独特な香りによって好き嫌いがはっきりと分かれました。アイラなど、スモーキーなウィスキーがお好きな方におすすめです。いぶりがっこやスモークチキンなどに合う味わいです。

    内容量500ml
    1本あたりの価格649円
    アルコール度数5.1%
    発酵方法ラガー
    スタイルラオホ
    No.25

    ストーンXocoveza(ショコベーサ)

    803円(税込)

    総合評価

    2.10
    • おいしさ: 2.1

    ハイカカオチョコ好きなら挑戦してみる価値あり

    南カルフォルニアで一般的なメキシカンホットチョコレートのレシピを元に造られた、ストーン「Xocoveza(ショコベーサ)」。


    副原料のココア・コーヒー・パシーヤペッパー・シナモン・ナツメグによって「土のような大地の香りがする」「雨の日の土のニオイ」などという評価が相次ぐ結果に…。


    味わい・香りともに非常にクセが強いですが、99%のハイカカオチョコ好きな人なら意外とツボにハマるかもしれません。アプリコットやラズベリーなどのドライフルーツと合わせて飲みたい、クセのある黒ビールです。

    内容量355ml
    1本あたりの価格833円
    アルコール度数8.1%
    発酵方法エール
    スタイルスタウト
    No.26

    富士桜高原麦酒シュヴァルツヴァイツェン 330ml×4本

    1,936円(税込)

    総合評価

    2.10
    • おいしさ: 2.1

    うっすら黒糖のような甘味あり。ぼやけた味わいは好みが分かれる

    「パンチが足りない」「味がぼやけている」など、味の薄さに言及するコメントが多く集まった、富士桜高原麦酒のシュヴァルツヴァイツェン。


    クセが強いわけではありませんが、好き嫌いが分かれる味わいなのでギフト・プレゼントするには不向きです。

    内容量330ml
    1本あたりの価格436円
    アルコール度数5.2%
    発酵方法エール
    スタイルデュンケルヴァイツェン
    No.27

    サンクトガーレンインペリアルチョコレートスタウト

    660円(税込)

    総合評価

    1.80
    • おいしさ: 1.8

    チョコレートの風味があまり感じられない

    ビールの名前からして「チョコレートの味わいがしっかり効いているのかな?」と思いますが、チョコレートの味わいがかなり薄めでした。


    アルコール度数が高いだけあって、ブランデーのようなドライな味わいを感じられます。

    内容量330ml
    1本あたりの価格648円
    アルコール度数9%
    発酵方法エール
    スタイルインペリアルスタウト

    人気黒ビールの検証結果比較表

    プラスαのコツとアレンジで、黒ビールをもっとおいしく!

    最後に、初めて黒ビールを飲む方や、焙煎された黒ビール独特の苦味が苦手な方にもっと黒ビールをおいしく味わうためのポイントをご紹介します。

    グラス飲みすればおいしさが倍増!

    グラス飲みすればおいしさが倍増!

    ビール好きの人の間でも、意外と好き嫌いが分かれるのが黒ビール。いろいろな銘柄を試したけれど、まだ「これだ!」と思える黒ビールに出会ったことがない、なんて人はいませんか?黒ビールは、直飲みではなくグラスに注いで飲むのが、おいしく飲む秘訣。グラスを傾けてゆっくりと注ぎ入れ、1分半~2分程度待ってから飲むのがポイントです。


    このわずかな時間に、サージングと呼ばれる泡が表面に集まる現象が起こり、クリーミーで濃厚な口当たりに。さらに、グラスで飲むことで、黒ビール特有のしっかりとした苦味と仄かな甘さのある後味をしっかり堪能できますよ。

    苦味が苦手なら、デザートカクテルで楽しもう。

    苦味が苦手なら、デザートカクテルで楽しもう。

    黒ビールを飲んでみたいけれど、独特の重さや苦味が苦手…。そんな方に試してもらいたいのが、アレンジを加えたカクテルドリンク。意外に思う方もいるかもしれませんが、黒ビールはカクテルベースとしても楽しめます。


    たとえば、黒ビール+シャンパンの「ブラックベルベット」、黒ビール+ジンの「ドッグ・ノーズ」は、ビールベースのカクテルとしては定番。黒ビールとオレンジジュースの組み合わせも、オレンジの爽やかな香りと甘酸っぱさが濃厚な黒ビールと相性がよいと人気です。


    ほかにもコーラやバニラアイス、砂糖ミルクなど、甘さのある食材を加えたアレンジで、苦味と甘さを同時に味わえる大人のデザートカクテルを楽しめますよ。ぜひ一度試してみてはいかがですか?

    おいしいビールの飲み方をより詳しくチェックする!

    注ぎ方や飲む前の準備に少しこだわるだけで、ビールをよりおいしく楽しく飲むことができるようになります!


    こちらの記事ではビールの専門家監修のもと、よりおいしくビールを飲む方法が解説されているのでぜひチェックしてみてくださいね。

    爽やかなホワイトビールもいかが?

    黒ビールとは違い、さっぱりとした味わいを楽しめるのがホワイトビール。フルーティで爽やかな甘みがあることから、女性にも人気です。お友達と気軽に飲むときや、淡白な料理と一緒に飲みたいときにもぴったりですよ。ぜひ以下の記事も参考に、気になるビールを試してみてくださいね。

    当サイトでは、JANコードをもとに、各ECサイトが提供しているAPIを使用して、各商品の価格の表示やリンクの生成を行っております。

    そのため、掲載価格に変動がある場合や、JANコードの登録ミスなど情報が誤っている場合がありますので、最新価格や商品の詳細等については各販売店やメーカーに確認するようにお願いいたします。

    関連記事

    人気の記事

    人気のアイテムリスト

    カテゴリから探す