• オイルサーディンの缶詰おすすめ人気ランキング10選【直火グリルでさらに美味】のアイキャッチ画像1枚目
  • オイルサーディンの缶詰おすすめ人気ランキング10選【直火グリルでさらに美味】のアイキャッチ画像2枚目
  • オイルサーディンの缶詰おすすめ人気ランキング10選【直火グリルでさらに美味】のアイキャッチ画像3枚目
  • オイルサーディンの缶詰おすすめ人気ランキング10選【直火グリルでさらに美味】のアイキャッチ画像4枚目
  • オイルサーディンの缶詰おすすめ人気ランキング10選【直火グリルでさらに美味】のアイキャッチ画像5枚目

オイルサーディンの缶詰おすすめ人気ランキング10選【直火グリルでさらに美味】

カルシウムやビタミンDが豊富で、高い健康効果にも注目が集まる魚「イワシ」。積極的に摂取したいけど、魚の調理はなかなか手間がかかりますよね。そこでおすすめしたいのが、イワシが丸ごと手軽に食べられ、おつまみや調味料としても活躍してくれる「オイルサーディンの缶詰」です。そのまま食べても、キャベツや舞茸などと炒め合わせてもOK。ペペロンチーノなどパスタにもぴったりで、缶ごと直火にかければアヒージョ風にも早変わりします。

最近はTVやラジオなど各種メディアで紹介され、何かと話題のオイルサーディンの缶詰。はごろもやマルハニチロなど大手メーカーのものから、竹中缶詰など地域密着型のブランドまで、幅広い商品が販売されています。今回はそんな数あるオイルサーディンの缶詰の中から、自分に最適な商品の選び方と、思わず自宅にストックしておきたくなる人気商品のランキングをご紹介します。
  • 最終更新日:2019年07月07日
  • 19,630  views
目次

オイルサーディンとは?

「オイルサーディン」は食べたことがあっても、どんな調理方法で作られたのかまでは知らない方が多いと思います。そこでまずはじめに、オイルサーディンとはどのようなものなのかをご紹介します。

起源はなんと明治時代!

起源はなんと明治時代!
「サーディン」とはマイワシやウルメイワシなど、小さなイワシの総称を意味する言葉です。つまり簡単に言うと、オイルサーディンとは、イワシをオイル漬けにした料理のことを指します。

調理方法は至ってシンプルで、獲れたてのマイワシやウルメイワシから頭と内蔵を取り除き、高濃度の塩水に軽く漬けてから、オイルで煮込めば完成です。日本で缶詰が誕生したのは明治5年(1872年)ですが、最初に缶詰にされたのがイワシのオイル漬けといわれています。つまりオイルサーディンの缶詰は、とても歴史のある伝統的な保存食ということになります。

イワシは栄養の宝庫!オイルサーディンなら毎日でも摂取できる

イワシは栄養の宝庫!オイルサーディンなら毎日でも摂取できる
イワシといえばカルシウムが豊富な魚として有名ですが、そのカルシウムの吸収を促進させるビタミンDも豊富に含まれており、育ち盛りのお子さんや、健康が気になる中高年は積極的に摂取したい食材です。また血液をサラサラにする効果があるといわれている、EPAやDHAも豊富に含まれています。

健康効果が高いだけに毎日でも摂取したいイワシですが、生魚は調理も面倒ですし、日持ちもしません。しかしオイルサーディンの缶詰なら、一般的に賞味期限が3年となっているので、自宅にストックしておけば毎日でもイワシを丸ごと食べることができます。健やかな毎日を送りたいなら、オイルサーディンの缶詰はベストな食材といえますね。

オイルサーディンの缶詰の選び方

それでは早速、オイルサーディンの缶詰の選ぶ際に、確認しておくべきポイントや、知っておくべきポイントをご紹介します。なかなか違いが分かりづらいオイルサーディンの缶詰なので、ぜひ参考にして自分にぴったりの商品を見つけてくださいね。

まさに旨味の決め手!オイルの種類から選ぶ

オイルサーディンの缶詰は、美味しいイワシはもちろんですが、イワシの旨味が凝縮されたオイルも魅力の一つです。そこでまずは、調理に使用されているオイルによって、オイルサーディンの缶詰にどのような違いがあるのかをご紹介します。

定番感を求めるなら、大豆油と綿実油がおすすめ

定番感を求めるなら、大豆油と綿実油がおすすめ
オイルサーディンの缶詰に使用されるオイルで、特に高いシェアを誇るのは「大豆油(だいずゆ)」と「綿実油(めんじつゆ)」です。まず大豆油とは、その名のとおり大豆から抽出するオイルで、サラダ油やマヨネーズにも使用されています。ポーランドのキングオスカーや、トマトコーポレーションのペルー産のものなど、外国産の商品で特にシェアが高いオイルです。

そして綿実油とは、ワタの種子から抽出したオイルで、風味が良く雑味が少ないのが特徴です。大豆油に比べ高価なため、高級缶詰で有名な竹中缶詰の商品や、プレミアム缶詰が売りの明治屋のおいしい缶詰シリーズでも使用されています。いずれもポピュラーなオイルなのでクセが少なく、まずは定番感のある味から試してみたい方におすすめです。

人気のオリーブオイルや、軽い食感の米油も魅力的

人気のオリーブオイルや、軽い食感の米油も魅力的
大豆油や綿実油と並び種類が豊富なのが、日本の食卓でもすっかりおなじみとなった「オリーブオイル」です。オリーブオイルで作ったオイルサーディンの缶詰は、まるでイタリアンな味わいで、パスタやバゲットとの相性もバッチリ。ワインとも良く合います。イタリアンが好きな方や、ワインが好きな方ならオリーブオイルがおすすめです。

また珍しいものだと、マルハニチロからは「米油(こめゆ)」で作ったオイルサーディンの缶詰が販売されています。こちらは軽い食感が魅力で、育ち盛りのお子さんでも食べやすく作られています。オイルサーディンの缶詰を選ぶ際は、定番の味を望むなら大豆油、より高級感を求めるなら綿実油、イタリアンが好きならオリーブオイル、といった風に好みにあわせて選びましょう。

国産を選べばいい?イワシの原産地から選ぶ

国産を選べばいい?イワシの原産地から選ぶ
イワシと聞くと国産を選べば良いと思いがちですが、オイルサーディンの缶詰に関しては、一概に国産が良いとは言い切れません。例えば、キングオスカーが使用しているノルウエー産のイワシは、非常に小ぶりで身が柔らかいのが特徴で、国産のイワシとはまた違った味わいが楽しめます。

また、コネタブルが使用しているフランス産のイワシは、身が大ぶりで食べごたえがあり、こちらもまた国産では楽しめない食感が魅力。オイルサーディンの缶詰を選ぶ際は、もちろん国産にこだわっても良いですが、外国産のものを最初から省いてしまうのはもったいない選び方といえます。

プレミアム缶詰も人気!価格帯から選ぶ

プレミアム缶詰も人気!価格帯から選ぶ

出典:amazon.co.jp

オイルサーディンの缶詰は、その健康効果の高さからTVやラジオなどのメディアで取り上げられることも多く、最近ではプレミアム缶詰ブームも相まって、価格の幅が広くなっています。毎日でも食べたいオイルサーディンの缶詰なので、コストパフォーマンスはもちろん重要なポイントですが、それだけではない選び方も重要です。

オイルサーディンの缶詰は、コストパフォーマンスの良いもので100円〜200円前後、一般的なもので300円前後、高級路線のもので500円前後のものが主流となっています。そのため、日常的に食べるものは200円前後、月に一度贅沢したいときや来客時のオードブルには500円前後のものといった風に、用途によってお気に入りの商品を決めておくのも賢い選び方です。

オイルサーディンの缶詰のおすすめ人気ランキング10選

ここからは、Amazonや楽天など人気通販サイトで評判の高いオイルサーディンの缶詰の中から、厳選した商品のランキングをご紹介します。どれもおすすめの商品ではありますが、特に気になるものがあれば、ぜひチェックしてみてくださいね。

10位:国分 K&K 缶つまP オイルサーディン

国分 K&K 缶つまP オイルサーディン
出典:amazon.co.jp
国分 K&K 缶つまP オイルサーディン

615円 (税込)

詳細情報
・原材料:片口イワシ・オリーブオイル・食塩
・原産国:日本
・数量:1缶
・1缶あたりの内容量:105g
・1缶あたりの価格:615円

プレミアム缶詰ブームの火付け役!高級オリーブオイルが香る逸品

K&Kといえば、昨今のプレミアム缶詰ブームの火付け役としても知られるブランドです。そんなK&Kのオイルサーディンの缶詰は、国産の片口イワシとギリシャ産のエキストラバージンオリーブオイルで仕上げており、プレミアムの名に恥じない商品に仕上がっています。

プレミアムなオイルサーディンの缶詰だけあって、最安値でも400円以上と価格設定は強気ですが、週に一度や月に一度の贅沢な自宅飲みのおつまみに最適な逸品です。

9位:明治屋 おいしい缶詰 日本近海育ちのオイルサーディン

明治屋 おいしい缶詰 日本近海育ちのオイルサーディン
出典:amazon.co.jp
明治屋 おいしい缶詰 日本近海育ちのオイルサーディン

1,080円 (税込)

詳細情報
・原材料:イワシ・綿実油・食塩・月桂樹の葉
・原産国:日本
・数量:2缶
・1缶あたりの内容量:105g
・1缶あたりの価格:540円

開けてビックリ!手仕事ならではの美しさが魅力

明治屋のオイルサーディンの缶詰は、国産ならではの細かい仕事が光る商品で、なんと獲れたてのイワシを一匹づつ手詰めで加工しており、缶を開けたとき美しく並んだイワシたちに誰しもが驚くはずです。さらにオイルには綿実油を使用しており、クセが少なく食べ飽きることはありません。

一缶あたり500円以上とコストパフォーマンスは決して良いとはいえませんが、その美しく並んだイワシを見るだけでも、一度は試してみる価値のある商品です。

8位:竹中缶詰 天の橋立オイルサーディン 片口イワシ

竹中缶詰 天の橋立オイルサーディン 片口イワシ
出典:amazon.co.jp
竹中缶詰 天の橋立オイルサーディン 片口イワシ

2,758円 (税込)

詳細情報
・原材料:片口イワシ・綿実油・食塩・月桂樹の葉
・原産国:日本
・数量:5缶
・1缶あたりの内容量:105g
・1缶あたりの価格:552円

TVで話題!お取り寄せの注文が絶えない京都の人気ブランド

TVで紹介されたことで話題となった竹中缶詰のオイルサーディンは、京都丹後の名産である片口イワシを贅沢に使った逸品です。綿実油で漬け月桂樹の葉を効かせていて、あっさりしているのにコクがあり、ウイスキーのロックやハイボールと良く合います。

オイルサーディンの缶詰の中では、最も高価な価格帯の商品ではありますが、紙巻きされたパッケージもゴージャスなので、大切な人へのギフトとしても最適な商品です。

7位:キョクヨー シーマルシェ いわしオイル漬

キョクヨー シーマルシェ いわしオイル漬
出典:amazon.co.jp
キョクヨー シーマルシェ いわしオイル漬

5,853円 (税込)

詳細情報
・原材料:イワシ・大豆油・食塩・スモークフレーバー
・原産国:日本・タイ
・数量:30缶
・1缶あたりの内容量:90g
・1缶あたりの価格:195円

スモーキーで濃厚なオイルサーディンの缶詰ならコレに決まり!

キョクヨーのオイルサーディンの缶詰は、他の商品に比べ大ぶりな身が特徴です。また、オイルにスモークのフレーバーを加えているのも特徴で、他の商品にはないスモーキーな味わいが楽しめます。大ぶりな身は食べごたえがあるので、特に調理しなくても、そのままワインやウイスキーのおつまみとして活躍してくれそうです。

やや油っぽいという意見もあるので、あっさりした味わいが好みな方の口には合わない可能性がありますが、スモーキーかつ濃厚なオイルサーディンの缶詰をお探しならマストな商品です。

6位:マルハニチロ あけぼの オイルサーディン

マルハニチロ あけぼの オイルサーディン
出典:amazon.co.jp
マルハニチロ あけぼの オイルサーディン

1,183円 (税込)

詳細情報
・原材料:イワシ・米油・食塩
・原産国:日本
・数量:6缶
・1缶あたりの内容量:100g
・1缶あたりの価格:197円

米油であっさり!お子さんでも食べやすいオイルサーディンの缶詰

日本で最も有名な缶詰メーカーといっても過言ではないマルハニチロ。そんなマルハニチロのオイルサーディンの缶詰は、他にはない米油を使った商品です。米油は他のオイルに比べ非常にあっさりした味わいなので、イワシが苦手なお子さんでも食べやすいよう考えて作られています。

おつまみにするには少し物足りなさを感じてしまいそうですが、クセが少ないのでサラダのドレッシングにしてみたり、すり身にしてツミレにしてみたりなど、色んな料理に活用できそうなオイルサーディンの缶詰です。

5位:トマトコーポレーション オイルサーディン

トマトコーポレーション オイルサーディン 25缶
出典:amazon.co.jp
トマトコーポレーション オイルサーディン 25缶

2,893円 (税込)

詳細情報
・原材料:イワシ・大豆油・食塩
・原産国:ペルー
・数量:25缶
・1缶あたりの内容量:90g
・1缶あたりの価格:116円

コスパ最強!毎日の晩酌のベストパートナー

トマトコーポレーションのオイルサーディンの缶詰は、1缶あたり100円前後と非常にコストパフォーマンスが高いのが特徴です。その分、内容量は90gと他の商品よりも少なめですが、軽く飲みたいときに開けるには丁度良いサイズといえます。

やや塩分が強いという意見はありますが、その分ビールやハイボールにもぴったりなので、日々の晩酌のお供に常備しておくと何かと安心なオイルサーディンの缶詰です。

4位:竹中缶詰 サンフェース印 オイルサーディン

竹中缶詰 サンフェース印 オイルサーディン
出典:amazon.co.jp
竹中缶詰 サンフェース印 オイルサーディン

1,780円 (税込)

詳細情報
・原材料:イワシ・綿実油・食塩・月桂樹の葉
・原産国:日本
・数量:5缶
・1缶あたりの内容量:105g
・1缶あたりの価格:476円

レトロなデザインがGOOD!缶のまま調理しても高級オードブルに

竹中缶詰のサンフェース印のオイルサーディンの缶詰は、レトロなデザインが目を引く見た目にも楽しい商品です。8位でご紹介したものと同じ製法ですが、片口イワシではなく普通のイワシを使用しているため、その分価格は安くなっています。

もちろん価格が安いからといって品質が劣るわけではなく、京都丹後で捕れた極上のイワシを綿実油でオイル漬けし、月桂樹の葉の香りを効かせたプレミアムな逸品です。デザインの良さも魅力なので、缶のまま調理するだけでも特別感のあるオードブルに仕上がります。

3位:宝幸 オリーブオイルサーディン

宝幸 オリーブオイルサーディン
出典:amazon.co.jp
宝幸 オリーブオイルサーディン

864円 (税込)

詳細情報
・原材料:イワシ・オリーブオイル・食塩・調味料
・原産国:日本
・数量:4缶
・1缶あたりの内容量:100g
・1缶あたりの価格:216円

イタリアンのベストパートナー!オリーブオイル漬けのマストバイ

宝幸のオイルサーディンの缶詰は、イタリアの老舗メーカー「BASSO(バッソ)」のオリーブオイルを使った贅沢な逸品です。イタリア産のオリーブオイルを使用しているので、もちろんイタリアンとの相性はバッチリ。パスタソースとして活用すれば極上のペペロンチーノが完成します。

そのまま食べても美味しいですが、ブラックペッパーと相性が抜群なので、少量加えるだけでワインに合う極上のおつまみの完成です。コストパフォーマンス的にも非常に優れた商品なので、オリーブオイルのオイルサーディンの缶詰をお探しならマストバイな商品といえるでしょう。

2位:トマトコーポレーション 肴缶 スモークオイルサーディン

トマトコーポレーション 肴缶 スモークオイルサーディン
出典:amazon.co.jp
トマトコーポレーション 肴缶 スモークオイルサーディン

1,205円 (税込)

詳細情報
・原材料:小イワシ・食用なたね油・食塩
・原産国:ラトビア
・数量:6缶
・1缶あたりの内容量:100g
・1缶あたりの価格:201円

スモーキーな香りにリピーター続出!まさに大人のオイルサーディンの缶詰

トマトコーポレーションのオイルサーディンの缶詰は、小イワシを天然木でじっくりスモークした大人の香り漂う逸品です。この芳醇さに合うのはウイスキーのロックで、ちょっとした自宅飲みを優雅なひとときに変えてくれます。また、スモークの香りは料理に風味を加えてくれるので、パスタやカナッペにちょい足しするのもおすすめの食べ方です。

スモークが好きの方にはもちろん、おつまみの中でもブルーチーズや酒盗など少しクセのあるものが好きな方にこそ、おすすめしたいオイルサーディンの缶詰です。

1位:はごろも&キングオスカー オイルサーディン

はごろも&キングオスカー オイルサーディン
出典:amazon.co.jp
はごろも&キングオスカー オイルサーディン

1,380円 (税込)

詳細情報
・原材料:イワシ・大豆油・食塩
・原産国:ノルウェー・ポーランド
・数量:4缶
・1缶あたりの内容量:105g
・1缶あたりの価格:345円

世界ナンバー・ワンのオイルサーディンの缶詰!ぜひ一度は味わいたい逸品

キングオスカーとは、スウェーデン国王に認められたオイルサーディンのブランドで、世界ナンバー・ワンの知名度を誇るオイルサーディンの缶詰です。ノルウエー沖で捕れた新鮮なイワシは、小ぶりで身が柔らかく国産にはない食感が楽しめます。そんなイワシを樫の木のチップでスモークし、オイル漬けしたオイルサーディンは、一度食べたらヤミツキになること間違いなしです。

プレミアム缶詰のような高級感もありながら、コストパフォーマンスのバランスも良い商品なので、オイルサーディンの缶詰の魅力を余すところなく感じられます。もし濃厚すぎると感じたら、缶のままグリルし、玉ねぎのみじん切りをちょい足しするのがおすすめです。

イワシの魅力は他の缶詰でも!

オイルサーディンと並んで、食通に人気なのが「アンチョビ」ですね。パスタやピザの他、ポテトサラダに入れると大人の味に。ご飯にぴったり「いわしの缶詰」もおすすめです。どれも丸ごとイワシが味わえるので、常備しておくととても便利ですよ。

オイルサーディンの缶詰の売れ筋ランキングもチェック!

なおご参考までに、オイルサーディンの缶詰のAmazon、楽天の売れ筋ランキングは、以下のリンクからご確認ください。

まとめ

いかがでしたでしょうか?オイルサーディンの缶詰は、好みのオイルやコストパフォーマンスのバランスから選ぶと、おのずと最適なものが見つかると思います。しかし意外なほど商品によって個性が分かれるので、少しでも気になる銘柄があれば一度実際に食してみるのがおすすめです。

色んなアレンジができるのもオイルサーディンの缶詰の魅力なので、ぜひオリジナルレシピ作りなどにも挑戦してみてくださいね。

関連記事

人気の記事

人気のアイテムリスト

カテゴリから探す