• さんまの缶詰のおすすめ人気ランキング10選【おかず・おつまみに!】のアイキャッチ画像1枚目
  • さんまの缶詰のおすすめ人気ランキング10選【おかず・おつまみに!】のアイキャッチ画像2枚目
  • さんまの缶詰のおすすめ人気ランキング10選【おかず・おつまみに!】のアイキャッチ画像3枚目
  • さんまの缶詰のおすすめ人気ランキング10選【おかず・おつまみに!】のアイキャッチ画像4枚目
  • さんまの缶詰のおすすめ人気ランキング10選【おかず・おつまみに!】のアイキャッチ画像5枚目

さんまの缶詰のおすすめ人気ランキング10選【おかず・おつまみに!】

秋の味覚の代表格といえば「さんま」。香ばしく焼いた生さんまのおいしさは格別ですね。でも、さんまの旬の時期は短いもの。そこでおすすめしたいのが、さんまの缶詰です。食べたい時に手軽に使え、骨ごと味わえて、栄養価も満点。さらに最近のさんま缶は味のバリエーションも豊富です。

そこで今回はおすすめのさんまの缶詰をランキング形式でご紹介していきたいと思います。スーパーでよく見かける定番商品から、通販でしかお目にかかれないような、ちょっとめずらしい商品まで10アイテムを厳選しました。ぜひお気に入りを見つけてみてくださいね。
  • 最終更新日:2019年11月11日
  • 14,055  views
目次

優秀食材、さんま缶の魅力とは?

さんま缶は「ごはんを簡単に済ますためのお手軽アイテム」程度に思っている方が多いと思いますが、実は高いポテンシャルを持つ優秀な食材です。まずはさんまの缶詰の魅力についてご紹介します。

さんまの缶詰は栄養の宝庫

さんまの缶詰は栄養の宝庫

出典:amazon.co.jp

さんまには、最近高い注目を集めている必須脂肪酸、DHA・EPAが豊富に含まれています。血液がサラサラになる・脳が活性化する・中世脂肪や悪玉コレステロールを減らすなどの効果があると評判ですよね。さんまの缶詰は骨まで食べられるようにつくられていますので、カルシウムも豊富。ビタミンDも多いので、カルシウムを効率よく吸収できます。

旬のおいしさを1年中味わえる

旬のおいしさを1年中味わえる
さんまの旬は9~10月で、この時期のものが一番脂がノっています。でもあまりにも旬の期間が短いので、1年のうちでもおいしいさんまを食べられるチャンスは少ないですよね。そこでさんま缶の出番です。缶詰にはだいたい旬のさんまが使われていますので、年間通してこのおいしさを味わえます。

さんまの缶詰の選び方

続いて、さんまの缶詰の選び方のポイントをご紹介したいと思います。味付け・栄養価・賞味期限などに着目してまとめました。

さまざまな味付けのものを揃えれば飽きない

さまざまな味付けのものを揃えれば飽きない
さんまと言えば「蒲焼」を思い浮かべる方が多いでしょう。でも、さんま缶は蒲焼だけではありません!こってり系の味噌煮から香ばしく焼いたさっぱり系の塩焼まで、さまざまな種類があります。オイル漬け・トマト煮など、おつまみ向きの種類も充実。お子さんにはカレー味も人気です。自分流の料理にアレンジしたいならシンプルな水煮が使いやすいですよ。

また栄養価が高いうえ、温めなくてもおいしく食べられるので、備蓄食リストにはぜひ加えておきたいですね。非常時でも食欲がわくように、他の備蓄食とカブらない味付けのものを選ぶのがポイントです。

お子さんに食べさせるなら無添加のものを

お子さんに食べさせるなら無添加のものを
缶詰には保存料などの添加物を加えなくても、長期間保存できる商品があります。食材や調味料を密封してから加熱するので、空気が抜けて菌の繁殖を抑えてくれるためです。

特にお子さんに食べさせたい時には無添加のものがおすすめですので、原材料欄や商品説明欄をチェック。さんまの他に塩・砂糖・醤油などの調味料だけが使われていて、余計なものが含まれていないものを選びましょう。

DHA・EPAの含有量にも注目

DHA・EPAの含有量にも注目

出典:amazon.co.jp

血液をサラサラにしてくれる不飽和脂肪酸、DHAやEPAのサプリメントが人気ですよね。このDHA・EPAが、「青魚の油にたくさん含まれている成分だ」ということはご存知の方も多いと思いますが、もちろん、その含有量はさんまの缶詰だって優秀。むしろ、サプリメントよりもさんまの缶詰を食べる方がたくさん摂れるケースもあるんです。

1日の摂取量はDHA・EPAあわせて1000mgが理想とされていますが、さんまの缶詰には、1缶で、はるかにそれを上回るものも多数。一度、栄養成分欄をチェックしてみてください。新鮮な魚を毎日食べられない方は、アレンジメニューなどにうまく活用するといいですよ。

高級缶でたまにはプチ贅沢も!

高級缶でたまにはプチ贅沢も!
さんまの缶詰の多くは、1缶100円台。そのリーズナブルさも魅力の1つですが、1缶数百円、あるいは酢千円するリッチな商品もあります。お祝い事をしたい時のオードブルや、自分を褒めてあげたい気分の日の晩酌のおつまみ用など、ちょっと贅沢をしたい時はプレミア感のあるさんま缶を選んで味わってみるのも楽しいでしょう。

さんまの缶詰のおすすめ人気ランキング10選

それでは、おすすめのさんまの缶詰をランキング形式でご紹介していきたいと思います。今回は手ごろな価格帯のものの中から、ごはんのおかずとしても、晩酌用の肴としても活用しやすいよう、さまざまな味のバリエーションをラインアップしました。選び方も参考にしながら、満足のいく商品を選んでくださいね。
10位
内容量70g(固形量40g)×1
原材料さんま、綿実油、食塩、ガーリックエキス、でん粉、酵母エキス、香辛料
DHA-
EPA-
カロリー209kcal
賞味期限36ヶ月
商品サイズ高さ29×奥行77×幅77mm
9位

K&K缶つま みそカレー味のさんま

2,069円 (税込)

内容量150g(固形量80g)×1
原材料さんま、米みそ、砂糖、カレー粉、食塩、調味料(アミノ酸)、増粘剤(グァーガム)
DHA-
EPA-
カロリー207kcal/100g当たり(液汁含む)
賞味期限3年
商品サイズ高さ51×奥行74×幅74mm
8位
さんま缶詰 明治屋 おいしい缶詰 国産さんまの塩焼き(かぼす風味) 1枚目
出典:amazon.co.jp

明治屋おいしい缶詰 国産さんまの塩焼き(かぼす風味)

440円

内容量100(固形量70g)×1
原材料さんま(日本)、砂糖、かぼす果汁(日本)、食塩、発酵調味料、増粘多糖類
DHA-
EPA-
カロリー231kcal
賞味期限-
商品サイズ高さ108×奥行24×幅78mm
7位
内容量225g×1
原材料さんま、こんぶエキス、みりん、清酒、にんじん、ごぼう、かつお節エキス、しいたけエキス、食塩
DHA1890μg
EPA878μg
カロリー267kcal ※DHA、EPA、カロリー表示は1缶225g当たり(液汁含む)
賞味期限3年
商品サイズ高さ105×奥行68×幅77mm
6位
内容量150g(固形量100g)×1
原材料さんま、砂糖、みそ、食塩、増粘剤(加工でん粉、増粘多糖類)
DHA1796mg
EPA852mg
カロリー257kcal
賞味期限-
商品サイズ高さ74×奥行74×幅47mm
5位
さんま缶詰 キョクヨー 焼さんま大根おろし(ゆず風味) 1枚目
出典:amazon.co.jp

キョクヨー焼さんま大根おろし(ゆず風味)

170円 (税込)

内容量100g(固形量80g)×1
原材料さんま、大根おろし、砂糖、発酵調味料、食塩、ゆず皮、調味料(アミノ酸等)
DHA-
EPA-
カロリー237kcal
賞味期限-
商品サイズ高さ30×奥行63×幅106mm
4位
内容量150g(固形量100g)×1
原材料さんま、砂糖、しょうゆ、(原材料の一部に小麦を含む)
DHA610~1610mg
EPA330~860mg
カロリー173~307kcal
賞味期限36ヶ月
商品サイズ高さ46×奥行77×幅77mm
3位
内容量410g×12
原材料さんま、食塩
DHA-
EPA-
カロリー-
賞味期限2年
商品サイズ高さ120×奥行235×幅314mm
2位
内容量100g(固形量70g)×1
原材料さんま、トマトペースト、ハバネロチリソース、食塩、砂糖、香辛料、調味料(アミノ酸)、増粘剤(グァーガム)
DHA2120mg
EPA1410mg
カロリー275kcal(100g当たり・液汁含む)
賞味期限3年
商品サイズ高さ32×奥行126×幅83mm
1位
内容量100g(固形量80g)×30
原材料さんま、糖みつ、しょうゆ、砂糖、でん粉、増粘剤(グァー)、(原材料の一部に小麦を含む)
DHA1300mg
EPA1000mg
カロリー242kcal(1缶あたり)
賞味期限36ヶ月
商品サイズ高さ96×奥行223×幅326mm

おすすめ人気 さんまの缶詰 比較一覧表

商品画像
1
さんま缶詰 ニッスイ さんま蒲焼 1枚目

ニッスイ

2
さんま缶詰 K&K 日本近海どり さんまとハバネロ 1枚目

K&K

3
さんま缶詰 岩手缶詰 さんま水煮缶 1枚目

岩手缶詰

4
さんま缶詰 SSK うまい! 秋刀魚 醤油煮 1枚目

SSK

5
さんま缶詰 キョクヨー 焼さんま大根おろし(ゆず風味) 1枚目

キョクヨー

6
さんま缶詰 マルハニチロ あけぼの さんまみそ煮 1枚目

マルハニチロ

7
さんま缶詰 K&K 素材ごはんの素 三陸産さんま 1枚目

K&K

8
さんま缶詰 明治屋 おいしい缶詰 国産さんまの塩焼き(かぼす風味) 1枚目

明治屋

9
さんま缶詰 K&K 缶つま みそカレー味のさんま 1枚目

K&K

10
さんま缶詰 SSK サンマdeオードブル オイル漬 1枚目

SSK

商品名

さんま蒲焼

日本近海どり さんまとハバネロ

さんま水煮缶

うまい! 秋刀魚 醤油煮

焼さんま大根おろし(ゆず風味)

あけぼの さんまみそ煮

素材ごはんの素 三陸産さんま

おいしい缶詰 国産さんまの塩焼き(かぼす風味)

缶つま みそカレー味のさんま

サンマdeオードブル オイル漬

特徴これぞ王道!さんまの缶詰といったら蒲焼ちゃんと辛くて手が止まらなくなるハバネロトマト味1缶になんと4尾分も入った大容量タイプ骨ごと食べられて無添加だから、ママも大助かり♪面倒な手間をかけなくても、大根おろし付きの焼さんまが食...みそが合うのはサバだけじゃない!このおいしさ試してみてさんまの旨みが上品にしみだす炊き込みごはんの素こんがり焼いた皮の香ばしさと、かぼすの風味がオツな味大人から子供までみんなが食べやすいカレー味ガーリックの風味が良く、白ワインともピッタリ
最安値
149
送料別
詳細を見る
要確認
518
送料要確認
詳細を見る
要確認
137
送料無料
詳細を見る
要確認
要確認
要確認
2,069
送料別
詳細を見る
126
送料別
詳細を見る
内容量100g(固形量80g)×30100g(固形量70g)×1410g×12150g(固形量100g)×1100g(固形量80g)×1150g(固形量100g)×1225g×1100(固形量70g)×1150g(固形量80g)×170g(固形量40g)×1
原材料さんま、糖みつ、しょうゆ、砂糖、でん粉、増粘剤(グァー)、(原材料の一部に小麦を含む)さんま、トマトペースト、ハバネロチリソース、食塩、砂糖、香辛料、調味料(アミノ酸)、増粘剤(グァーガム)さんま、食塩さんま、砂糖、しょうゆ、(原材料の一部に小麦を含む)さんま、大根おろし、砂糖、発酵調味料、食塩、ゆず皮、調味料(アミノ酸等)さんま、砂糖、みそ、食塩、増粘剤(加工でん粉、増粘多糖類)さんま、こんぶエキス、みりん、清酒、にんじん、ごぼう、かつお節エキス、しいたけエキス、食塩さんま(日本)、砂糖、かぼす果汁(日本)、食塩、発酵調味料、増粘多糖類さんま、米みそ、砂糖、カレー粉、食塩、調味料(アミノ酸)、増粘剤(グァーガム)さんま、綿実油、食塩、ガーリックエキス、でん粉、酵母エキス、香辛料
DHA1300mg2120mg-610~1610mg-1796mg1890μg---
EPA1000mg1410mg-330~860mg-852mg878μg---
カロリー242kcal(1缶あたり)275kcal(100g当たり・液汁含む)-173~307kcal237kcal257kcal267kcal ※DHA、EPA、カロリー表示は1缶225g当たり(液汁含む)231kcal207kcal/100g当たり(液汁含む)209kcal
賞味期限36ヶ月3年2年36ヶ月--3年-3年36ヶ月
商品サイズ高さ96×奥行223×幅326mm高さ32×奥行126×幅83mm高さ120×奥行235×幅314mm高さ46×奥行77×幅77mm高さ30×奥行63×幅106mm高さ74×奥行74×幅47mm高さ105×奥行68×幅77mm高さ108×奥行24×幅78mm高さ51×奥行74×幅74mm高さ29×奥行77×幅77mm
商品リンク

さんま缶の上手なアレンジアイデア

さんまの缶詰は穀物や野菜など、どんな食材とも相性が良いのでアレンジしやすいです。いくつかおすすめのアレンジ法をご紹介しますので、ぜひ試してみてくださいね♪

やっぱりお米との相性は最高!

さんまは白いごはんとの相性がバツグンですよね。だからお米と合わせたアレンジは間違いありません。一番メジャーなのはやはり炊き込みごはんでしょうか。また丼ぶり・お茶漬け・チャーハンにしてもおいしいですよ。ひつまぶし風にすると何通りもの楽しみ方ができます。

お子さん向けのおすすめアレンジ法

お子さん向けのおすすめアレンジ法

出典:nippn.co.jp

さんまの缶詰は卵とも良く会いますので、う巻きにするとお子さんも食べやすくなります。お弁当のちょっとしたおかずにもなりますよね。衣をつけてフライにするのもおすすめ。またパスタに和える・サンドイッチにはさむ・お好み焼きの生地に混ぜ込んであげるなどすると、パクパク食べてくれます。

ちょっと大人向けのアレンジ

ニンニクを効かせたトマトソースにチーズを乗せて焼けばイタリアンなおつまみができます。蒲焼や醤油煮などしっかり味のものは、生姜と具材を加えて煮ものに。豆腐・ジャガイモあたりは、旨みがしみ込みやすくて最高です。水煮缶におろしポン酢を合わせるだけのシンプルなアレンジもオツな味です。

常備しておけばお役立ち!青魚の缶詰いろいろ

さんま缶の他に、サバやいわしの缶詰も栄養たっぷり。DHAやEPAを手軽にとれる青魚の缶詰をいろいろと揃えておけば、忙しい時の食事作りにも活躍してくれます。以下の記事もチェックしてみてくださいね。

まとめ

今回はいつもの食卓にも非常食にも大活躍してくれる、さんまの缶詰をご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?

味付けのバリエーションが豊富で、どれもおいしそうでしたね。さんま缶は蒲焼しか食べたことがないという方も多いでしょうが、この機会に今まで食べたことがなかった他の味にもチャレンジしてみてください♪

関連記事

人気の記事

人気のアイテムリスト

カテゴリから探す