• 7afc1adeb0e60000215bccc938581bd751c21e3f
  • E12e22d00a6a110815d6eba64c17f26c4293335c
  • E7075e42224d8e169e2b1fc33b710a3d097debc5
  • D17a588b37a7d0b3349d232d053e8bccfc7c943d
  • 3c1e456e50987d5518b746c57fdd05ff4a575587

スマートロックのおすすめ人気ランキング10選

スマートフォンなどの電子機器を通じて開錠や施錠を行う「スマートロック」。セキュリティ対策の面から注目されているアイテムで、気になっている方も多いのではないでしょうか。便利で安全性が高いのですが、取り付けやすさや操作性などは商品ごとに異なるため、どれを選んでいいのか困ってしまうかもしれません。

そこで今回は、まずはスマートロックの選び方のポイントを解説。その後で、人気のスマートロックを価格や性能の違いなどから比較して、おすすめ順にランキングでご紹介します。最も安全でセキュリティ面に優れた商品とは、どんなものなのでしょうか?

最終更新日:2017年08月11日 | 20,981views

スマートロックの選び方

日本でも徐々に普及しはじめているスマートロックですが、商品によってさまざまな特徴があります。自分にとって必要な機能を備え、なおかつ快適に使えるものを選べるように、以下で選び方のポイントをご紹介します。

操作性や機能面を確認して、使いやすいものを選ぶ

セキュリティ面を重視することはもちろんですが、使いやすさも大切なポイントです。使いにくいものを選んでしまうと機能や性能を活かしきれないので、機能面や操作性は必ず確認しておきましょう。

取り付けが簡単に行えるものなら、工具不用で賃貸でも安心

まずは取り付けやすさを確認しましょう。スマートロックはドアの鍵穴にかぶせるようにして取りつけるものが多くなっていますが、中には工具一式を揃えなければ難しいものもあります。取り付け方は必ず確認しておいてください。

最近では粘着テープで貼り付けるスマートロックが普及しており、これならドアへの穴開けが必要ないので賃貸のお部屋でも使えますよ。ただし、粘着力の強度によってはドアを傷つけてしまうものもありますから、レビューなどをしっかりとチェックしてみてください。

手間と確実性のどちらを重視するか決めて、開錠方法を選ぶ

スマートロックの施錠や開錠を行う方法は、商品によって異なります。スマートロックで最も多く採用されているのは、専用のアプリをあらかじめへスマートフォンにインストールし、アプリ上で開錠や施錠を行うタイプ。玄関前でスマートフォンを操作する必要があるのでやや手間がかかります。

一方、スマートロックに認識させているスマートフォンを持っていれば、近づくだけで開錠できる便利なものも登場しています。こちらは手間なく開錠できるものの、電波状況が悪いとスムーズに開錠できないこともあります。手間か、確実性か。どちらを重視するかで選んでください。

電池残量をお知らせしてくれるものなら、急な電池切れに困らず安心

スマートロックは電池で動作するため、電池が切れてしまうと作動しなくなります。急な電池切れで慌てないように、日頃からの確認が欠かせません。しかし、目で見ても電池残量は分からないので、スマートフォンへ電池残量をお知らせしてくれる機能があるものが便利です。

また、スマートロック本体だけでなくスマートフォンの充電切れにも注意。スマートフォンが使えない状況では開錠操作が行えません。こうした状況に対応できるよう、鍵は常に持ち歩いておいた方が安心です。

どんな目的で使うのかで選ぶ

セキュリティ対策として取り付けるスマートロックですが、どこでどんな目的のために取り付けるのかも重要です。自宅用とオフィス用では選ぶべき特徴が違うので、用途に適したものを選びましょう。

自宅用なら、鍵を共有できたり、スマホを持たない家族でも使えるものを

自宅にスマートロックを取り付ける場合、家族全員に対応させられるものを選びましょう。全員のスマートフォンを認識させたり、鍵をシェアできるスマートロックなら、家族みんなが快適に使えます。

最近では家族の顔を認識させることで、スマートフォンを持っていなくても開錠できる商品も発売されています。これなら、スマートフォンを持っていない高齢の家族や子どもでも安心して使うことができますよ。

オフィス用なら、必要に応じて権限付与が行えるものを

オフィスにスマートロックを取り付ける場合、複数人で鍵をシェアできる機能があって、権限付与を設定できるものがおすすめです。鍵をシェアしておけば、登録されているスタッフなら自由にオフィスに出入りできます。しかし、休日など限られた人数のみが出社する場合、出勤予定のスタッフだけに権限を与えておけば、部外者の立ち入りを制限可能。オフィスの安全もしっかり守られ、セキュリティ面でも安心できます。

万が一に対応できる機能を備えているか確認

スマートロックを取り付けた後も安心して使えるように、万が一の時に自動対応する便利機能のある商品を選びましょう。

例えば在宅中に火災が発生した場合、慌てている状況下ではスマートフォンの操作をしている時間がありません。そんな時、家庭内での火災時に緊急開錠できるように、室温が一定ラインを超えた場合には自動的に開錠されるシステムのものなら安心。慌てることなく避難できますよね。

また、時には、ついうっかり施錠を忘れてしまうこともあるかもしれません。こうした時に備えて、ドアが閉まってから一定時間が経過すると自動で施錠するオートロックタイプの商品を選んでおくと安全です。

スマートロックのおすすめ人気ランキング10選

それでは、おすすめのスマートロックをランキング順にご紹介していきます!これまで解説した選び方のポイントとあわせて、ぜひスマートロック選びの参考にしてみてください。

10位:SAMSUNG SMART SHS-1321

SAMSUNG SMART SHS-1321
10,240円(税込)

SAMSUNGの暗証番号式インテリジェントロック

スマートフォンの人気メーカーであるSAMSUNGが発売しているSMART SHS-1321。これはタッチスクリーンを操作する暗証番号方式のドアロックです。

ドアを閉めると自動でロックが掛かるオートロックタイプ。暗証番号入力を3度間違えた場合と、無理な力がかかった際に警報が鳴るシステムが搭載され、セキュリティ面も安心です。また、室温が55度以上になると自動的にロック解除が行われ、火災時の退路を確保する安全性も。近代的な暗証番号式のドアロックをお探しの方におすすめします。

9位:OKIDOKEYS Trend ACCESS-PACK

OKIDOKEYS Trend ACCESS-PACK
42,228円(税込)

高価ですが使い勝手の良さは抜群のスマートロック

スマートフォンだけでなく、通常の鍵やリストバンド型キー、カードキーなどいろいろな解錠方法が選べる、OKIDOKEYSのTrend ACCESS-PACK。携帯電話にも対応していますので、スマートフォンではなく携帯電話を使う家族のいるご家庭にもぴったりです。

ドアを開閉するたびにアプリにその情報が届くので、家族の帰宅確認もできてとても便利。4万円を超える価格がややネックですが、便利さを追求したい方にはおすすめできます。

8位:August Smart Lock

Bluetoothで簡単ペアリング。第三者と鍵の共有も可能

AugustのSmart Lockは、Bluetoothでスマートフォンと通信するスマートロック。ペアリングさせれば解錠も施錠も行えるので、面倒な操作が必要ありません。また、自分以外の第三者に鍵の権限を与えることもできるので、合いカギ間隔でシェアすることも可能。誰が出入りしたかをアプリ上で確認できるので、セキュリティ面でも信頼が置けます。

ただし、こちらは、ドアのロックを取り外して加工する必要があり、女性やDIYの苦手な方にはハードルの高い作業に。専門業者に依頼するか、こうした作業に慣れている方に設置をお願いした方がいいかもしれません。

7位:Kwikset社 キーヴォ

スマホを取り出さずに解錠できるスマートロック

あらかじめペアリングさせたスマホが近くにあれば、Bluetoothで認証できるKwikset社 Kevo。スマートフォンをバッグに入れたままでも、ロック部分を指でタッチするだけで解錠ができます。また、オプションの「Kevo Puls」を使うことで、スマートフォンの電波が届く場所なら遠隔からでも鍵の操作ができることも魅力です。

非常にスマートに開錠ができて便利ですが、取り付けがかなり難しいことと、どのメーカの鍵にも使えるわけではないところが残念なポイント。ご購入の際は、取り付けたい鍵に対応しているかどうか必ずお確かめください。

6位:後付けリモコン電気錠 リボーン2

後付けリモコン電気錠 REBORN2
23,000円(税込)

スマートフォンがなくても、スマートにロック解除できる電気錠

こちらの商品は、スマートフォンではなく専用リモコンで施錠・解錠する商品。ドアが閉まれば自動でロックされるオートロックシステムを採用し、アナログキーでありがちな鍵のかけ忘れの心配がなくなります。

施錠完了は本体のブザー音でお知らせ。面倒な工事やドアへの加工を行わずに取付ができ、簡単にセキュリティ強化ができます。別売りのリモコンキーを追加すると、最大8人まで利用可能。家族みんなで使うスマートロックにぴったりです。

5位:NOKE Bluetooth 南京錠 FUZ-01

NOKE Bluetooth 南京錠 FUZ-01
12,379円(税込)

自転車やガレージなどの施錠にも便利な南京錠デザイン

アナログとデジタルの融合のような、スマートフォンで解錠できる南京錠型スマートロックです。ドアへの取り付けは難しいですが、自転車のチェーンやロッカーの鍵、家の門など、アイディア次第で使える場所が広がります。

Bluetooth4.0以降のiPhoneとAndroid全般に対応しており、専用のアプリでスマートフォンと連携すれば、錠に近づいただけでロックを自動で解除することも可能。価格も手頃で、便利な未来の南京錠です。

4位:eGeeTouch スマート NFC南京錠 GT2000-94

eGeeTouch スマート NFC南京錠 GT2000-94
9,570円(税込)

スマートフォンがなくても使える!誰でも使える分かりやすいガイド付き

こちらも南京錠タイプのスマートロックです。通信仕様がNFCなのでAndroid飲みに対応しており、iPhoneでの操作は出来ません。しかし、付属のストラップタグとシールステッカーで解錠ができますので、未対応の方やスマートフォンを持っていない方でも安心です。

解錠の履歴を専用アプリにログデータとして記録できるので、セキュリティ面でも安心。クイックガイドも付いており、初めて手にした方でもすぐに使いこなせます。

3位:ライナフ NinjaLock

ライナフ NinjaLock

基本性能を揃えたスマートロック。シェア機能で合いカギとして使いたい方にも

ライナフ NinjaLockは、スマートフォンや、パソコン、携帯電話で操作可能なスマートロック。自分が使うだけではなく、招待すれば誰かと鍵を共有することもできます。その他、鍵の開閉履歴の閲覧ができたり、一定時間経過するとオートロックされるなど、セキュリテイ面も充実。

ひとつ残念なのは、各社のロックに対応できるアタッチメントが別売りなこと。自分の家のロックに合ったアタッチメントは、ライナフのホームページ上から別途購入することになります。しかし、アタッチメントを加えても2万円を切る手頃な価格であり、ユーザーにとって便利な機能も揃っているため、初めてのスマートロックとして検討するのもおすすめです。

2位:フォトシンス スマートロックロボット Akerun 630015

出典:akerun.com

フォトシンス スマートロックロボット Akerun 630015

スマートフォンを取り出さなくても自動施錠と解錠が可能!

ドアの施錠・解錠が自動で行えるスマートロックロボット。Bluetoothでペアリングさせたスマートフォンが近づくと自動で解錠し、離れていくと自動で施錠。車のオートロックのような便利さを持った商品です。

家族とキーをシェアすることができるので、自宅ドアへの設置にうってつけ。取り付けは粘着テープで貼り付けるだけの簡単設置なので手間もかかりません。スタイリッシュでドアのデザインを邪魔せず、見た目にこだわりたい方にもおすすめできる商品です。

1位:Qrio Smart Lock Q-SL1

Qrio Smart Lock Q-SL1
19,440円(税込)

多機能で設置も簡単、これを選べばまずは安心

今回1位となったのは、ソニーとWiLの共同開発によるスマートロック「Qrio」。

アプリで解錠ができるのことはもちろんですが、「手ぶらで解錠機能」を設定すれば、一定の距離まで近づいただけで自動でロックを解除します。また、FacebookやLINEのメッセージ機能で鍵を共有できるので、家族や友人ともシェアしやすいですよね。

設置方法は、サムターンを覆うようにして貼り付けるだけ。ほとんどのドアに取付可能です。リチウム電池2本で1年半動作し、もしもの電池切れの際には普通の鍵も使える安心設計。別売りの「Qrio Hub」を使用すれば遠隔での施錠や開錠もでき、今までになかった便利さを実感できる商品と言えます。

まとめ

自宅やオフィスのドア、自転車などをしっかりロックできるスマートロックをご紹介しました。いかがでしたでしょうか?

商品によって特徴は異なりますが、どこでどのような使い方をするかを決めておけば、ぴったりなものを見つけることができます。大切な家族や家などを守れるように、スマートロックを取り付けてセキュリティ対策していきましょう!

人気の記事

関連キーワード