• スマートロックのおすすめ人気ランキング6選【賃貸で使えるものも!】のアイキャッチ画像1枚目
  • スマートロックのおすすめ人気ランキング6選【賃貸で使えるものも!】のアイキャッチ画像2枚目
  • スマートロックのおすすめ人気ランキング6選【賃貸で使えるものも!】のアイキャッチ画像3枚目
  • スマートロックのおすすめ人気ランキング6選【賃貸で使えるものも!】のアイキャッチ画像4枚目
  • スマートロックのおすすめ人気ランキング6選【賃貸で使えるものも!】のアイキャッチ画像5枚目

スマートロックのおすすめ人気ランキング6選【賃貸で使えるものも!】

スマートロックとは、スマホなどの電子機器を通じて、開錠や施錠を行う鍵のこと。利便性もさることながら、セキュリティ対策の面からも注目されているアイテムです。とはいえセサミなど有名な製品をはじめ、さまざまな特徴を持った製品があるため、どれを選べばよいのか迷ってしまうという声も。


そこで今回は、スマートロックの選び方と、人気が高いおすすめ製品のランキングをご紹介します!解除方法や取り付け方などを比較して、自分に合ったアイテムを探してみてくださいね。

この記事に登場する専門家

こんち
  • 最終更新日:2020年02月22日
  • 288,987  views
目次

スマートロックのメリットとは?

スマートロックのメリットとは?

日本でも普及率が高まってきているスマートロック。そのメリットとしてまず挙げられるのが、スマホ操作だけで鍵の開け閉めができるということ。玄関扉などに取り付けることで、いちいち鍵を取り出す必要がなくなり、施錠・開錠が圧倒的に便利になります。


中には、スマートフォンを近づけるだけで、自動で鍵の開け閉めができるモデルや、家族や友人に専用アプリで鍵を受け渡すことで、合鍵を作る手間が省けるモデルなども!


既存の鍵に取り付けるため、空き巣などを完全に防止できるわけではありませんが、遠隔から鍵の開閉履歴を確認できるモデルもあるので、セキュリティ面でも安心が得られます。つい家の鍵を忘れがちな方や、防犯面を強化したい方におすすめですよ。

スマートロックの選び方

ここからは、スマートロックの選び方をご説明します。ポイントをしっかり押さえて、スマートロック選びに役立ててくださいね!

まずは取り付け方法を確認!

まずは取り付け方法を確認!

スマートロック選びの際には、まずは取り付け方法について確認することが大切。粘着テープで貼り付けるタイプのものや、ドアに穴を開けて取り付ける大掛かりなものなど、スマートロックの取り付け方法にもさまざまな種類があります。


粘着テープは取り付けが手軽で、壁やドアを傷つけないため、賃貸の使用におすすめです。ただし固定力が弱かったり、逆に強すぎてドアを傷つけてしまうものもあるので、レビューなどをしっかりチェックしておくことをおすすめします。


一方で、穴開けタイプは設置に手間がかかりますが、ズレたり落ちたりする心配があまりないのがうれしいところ。持ち家であれば、これらの特徴を踏まえた上で、使いやすい方を選べばよいでしょう。

施錠・解錠方法もチェックしておこう

スマートロックの施錠・解錠方法は、大きく分けて3種類。それぞれの特徴を把握し、自分にとって使いやすいものを選びましょう。

ハンズフリータイプ:荷物が多い方や、スムーズに鍵の開閉をしたい方に

ハンズフリータイプ:荷物が多い方や、スムーズに鍵の開閉をしたい方に

ハンズフリータイプのスマートロックは、スマートフォンをポケットやバッグに入れた状態で、鍵に近づいたり離れたりすることで施錠・解錠ができます。


スマートフォンをいちいち取り出す必要がなく、スムーズに鍵の開け閉めができるので、荷物が多い方などにおすすめです。


ただし、Bluetoothの接続状況によっては、施錠・解錠ができなかったり、時間がかかったりといったことも。その場合は、スマートフォンを直接操作したり、物理鍵を挿し込んで開けたりすることが必要になります。

スマホ操作タイプ:鍵の開閉をより確実にしたい方に

スマホ操作タイプ:鍵の開閉をより確実にしたい方に

スマホ操作タイプは、ドアの前でスマートフォンを操作することで、施錠・解錠を行うタイプ。Bluetoothを使用しないので、ハンズフリータイプに比べると施錠・解錠がより確実にできるのが大きなメリットです。


ドアの前でスマートフォンを取り出さなければならないので、そこはやや手間に感じるという方もいるでしょう。それを踏まえた上で、より確実性を重視したいという方におすすめのタイプです。

マルチデバイスタイプ:家族や従業員みんなで柔軟に使いたい場合に

マルチデバイスタイプ:家族や従業員みんなで柔軟に使いたい場合に

マルチデバイスタイプは、スマートフォン以外にも、フィーチャーフォン(ガラケー)やカードキーなど、さまざまなデバイスで施錠・解錠できるスマートロックです。


このタイプは、スマートフォンを持っていない家族や従業員がいるご家庭・オフィスで便利。例えば、「父親と母親はスマートフォンを使い、子どもたちはカードキーを使う」といったように、柔軟にデバイスを使い分けることが可能になります。


また、中には、スマートフォンだけでなく、音声認識で鍵の開け閉めができるタイプもあります。目が不自由な方など、何らかの理由でスマートフォンが使えない場合でも、便利に施錠・解錠することができますよ。

合鍵が必要なら、鍵をシェアできるタイプがおすすめ

合鍵が必要なら、鍵をシェアできるタイプがおすすめ

合鍵が必要な場合は、複数人で鍵をシェアできて、権限を設定できるものがおすすめ。鍵をあらかじめシェアしておけば、登録されている人なら、自由に鍵の開閉を行うことができます。


オフィスに限られた人だけが出社する場合などは、出勤予定のスタッフだけに鍵の開閉の権限を与えておく、といった使い方も可能。部外者の立ち入りをきっちり制限することができ、物理的な合鍵を用意するよりも、セキュリティ面でも安心感が感じられます。

電池残量の通知機能があると、急な電池切れに備えられる

電池残量の通知機能があると、急な電池切れに備えられる

せっかくのスマートロックも、本体の電池が切れてしまっては意味がありません。施錠した状態でスマートロック本体の電池が切れると、ドアが開かなくなってしまうといった事態が起こってしまいます。


急な電池切れで慌てないよう、こまめな確認を忘れてしまいそうな方は、スマートフォンへ電池残量をお知らせしてくれる機能があるものを選ぶとよいでしょう。あらかじめ電池残量を確認できていれば、余裕を持って電池交換ができますよね。

防犯・防災のための機能をチェックしよう

スマートロックの中には、万が一のときに対応できる、便利な機能がついたものも。より安心して使うためには、そういった機能がある製品を選ぶとよいでしょう。例えば、以下のような機能が挙げられますよ。

防犯のためには、「オートロック」「閲覧機能」が◎

防犯のためには、「オートロック」「閲覧機能」が◎

防犯対策のための機能を重視するなら、オートロックや開閉履歴閲覧機能も要チェックです。例えばオートロック機能は、「うっかり鍵を閉め忘れてしまうことがある…」という方におすすめ。一定時間が経過すると自動で施錠を行ってくれるので、外出先で閉め忘れに気づいても安心です。


また開閉履歴閲覧機能があれば、いつ鍵が開閉されたのかをスマートフォン上で確認できるので、空き巣対策に役立ちます。万一空き巣に入られてしまっても、この機能があれば、しっかり証拠を残すことができますよ。


なお、オートロック・開閉履歴閲覧機能は、お子さんがいる家庭でも便利です。鍵の閉め忘れも防止できますし、いつ学校から帰ってきたのか、いつ出かけたのかといったことを、共働きのご家庭でもチェックすることができますよ。

火災時に備えて、「緊急解錠機能」があれば安心

火災時に備えて、「緊急解錠機能」があれば安心

火災時にはとにかく早く逃げなくてはなりませんが、「慌ててしまってうまく鍵が開けられない!」といった事態も考えられます。緊急解錠機能がついているものを選んでおくと、災害時に安心です。


これは、室温を自動で感知し、一定以上の温度になると自動で鍵をあけてくれるという仕組み。これがあれば、慌てていてもすぐに家から脱出することができます。

プロの愛用するおすすめのスマートロック

まずはランキングの前に、プロの愛用するおすすめのスマートロックをご紹介します。プロのおすすめポイントを参考に、設置場所に合わせて選んでくださいね。
専門家の
マイベスト

スマートロックのおすすめ人気ランキング6選

それでは、人気のスマートロックをランキング順にご紹介していきます!これまで解説した選び方のポイントとあわせて、ぜひスマートロック選びの参考にしてみてください。


なおランキングは、Amazon・楽天・Yahoo!ショッピングなど各ECサイトの売れ筋ランキング(2020年2月16日時点)をもとにして順位付けしています。

6位
取り付け方法穴あけ不要・ドライバー1本で設置可能
施錠・解錠方法交通系ICカード・おサイフケータイ・ナンバーキー
鍵のシェア可能
権限管理-
電池残量お知らせ
オートロック
緊急解錠機能×
開閉履歴閲覧機能×
5位
取り付け方法穴を開けて設置
施錠・解錠方法スマートキー・暗証番号
鍵のシェア可能
権限管理記載なし
電池残量お知らせ
オートロック
緊急解錠機能×
開閉履歴閲覧機能×
4位
取り付け方法工具必要(ロック穴なし)
施錠・解錠方法スマートキー
鍵のシェア可能
権限管理-
電池残量お知らせ記載なし
オートロック
緊急解錠機能記載なし
開閉履歴閲覧機能×
3位
スマートロック キャンディハウス セサミ スマートロック
出典:amazon.co.jp

キャンディハウスセサミ スマートロック

14,680円 (税込)

取り付け方法貼り付け
施錠・解錠方法マルチデバイス(スマートフォン・音声入力)
鍵のシェア可能
権限管理可能
電池残量お知らせあり
オートロックあり
緊急解錠機能-
開閉履歴閲覧機能あり
2位
取り付け方法貼り付け
施錠・解錠方法ハンズフリー・スマホ操作
鍵のシェア可能
権限管理可能
電池残量お知らせあり
オートロックあり
緊急解錠機能-
開閉履歴閲覧機能あり
1位
取り付け方法貼り付け
施錠・解錠方法マルチデバイス(スマートフォン・音声入力)
鍵のシェア可能
権限管理可能
電池残量お知らせあり
オートロックあり
緊急解錠機能-
開閉履歴閲覧機能あり

おすすめ人気スマートロックの比較一覧表

商品画像
1
スマートロック Qrio Qrio Lock 1枚目

Qrio

2
スマートロック Qrio Smart Lock

Qrio

3
スマートロック キャンディハウス セサミ スマートロック

キャンディハウス

4
スマートロック Kstar 電子錠スマートロック 1枚目

Kstar

5
スマートロック SAMUSUNG SMART 1枚目

SAMUSUNG

6
スマートロック 株式会社ユーエムイー L!NKEY 1枚目

株式会社ユーエムイー

商品名

Qrio Lock

Smart Lock

セサミ スマートロック

電子錠スマートロック

SMART

L!NKEY

特徴付属パーツでさまざまなサムターンに対応可能多機能で設置も簡単、これを選べばまずは安心鍵の上からポンとはめるだけ!簡単なのに強固なセキュリティお求めやすい価格が魅力だが、「鍵」が必須テンキー付きで鍵を忘れても安心導入コストはやや高め。遠隔操作で一括管理できるので、オ...
最安値
19,749
送料要確認
詳細を見る
12,800
送料無料
詳細を見る
14,680
送料要確認
詳細を見る
13,980
送料無料
詳細を見る
11,390
送料要確認
詳細を見る
61,659
送料要確認
詳細を見る
取り付け方法貼り付け貼り付け貼り付け工具必要(ロック穴なし)穴を開けて設置穴あけ不要・ドライバー1本で設置可能
施錠・解錠方法マルチデバイス(スマートフォン・音声入力)ハンズフリー・スマホ操作マルチデバイス(スマートフォン・音声入力)スマートキースマートキー・暗証番号交通系ICカード・おサイフケータイ・ナンバーキー
鍵のシェア可能可能可能可能可能可能
権限管理可能可能可能-記載なし-
電池残量お知らせありありあり記載なし
オートロックありありあり
緊急解錠機能---記載なし××
開閉履歴閲覧機能ありありあり×××
商品リンク

スマートロックは引き戸にも使える?

スマートロックは引き戸にも使える?

今回ご紹介したスマートロックの多くは、開き戸用として設計されています。しかし、「引き戸でスマートロックを使いたい!」という方も多いもの。引き戸でスマートロックを使うことはできるのでしょうか?


引き戸の場合、サムターン(鍵の開け閉めを行うつまみ)がついているタイプなら、開き戸と同じようにスマートロックを設置することが可能。しかし、残念ながら、サムターンがついた引き戸はあまり多くないのが現実です。


サムターンがない引き戸の場合、通常のスマートロックは設置できないものの、玄関補助錠ならば使えるものがあります。引き戸でセキュリティをアップさせたい方は、ぜひ以下の記事もチェックしてみてくださいね!

まとめ

自宅やオフィスのドアなどに便利なスマートロックをご紹介しました。いかがでしたでしょうか?

商品によって特徴は異なりますが、どこでどのような使い方をするかを決めておけば、ぴったりなものを見つけることができます。大切な家族や家などを守れるように、スマートロックを取り付けてセキュリティ対策していきましょう!

関連記事

人気の記事

人気のアイテムリスト

カテゴリから探す