1. TOP
  2. >
  3. アウトドア
  4. >
  5. アウトドアグッズ
  6. >
  7. ソフトクーラーボックスのおすすめ人気ランキング15選【コールマン・サーモス・ロゴスなど】
  • ソフトクーラーボックスのおすすめ人気ランキング15選【コールマン・サーモス・ロゴスなど】のアイキャッチ画像1枚目
  • ソフトクーラーボックスのおすすめ人気ランキング15選【コールマン・サーモス・ロゴスなど】のアイキャッチ画像2枚目
  • ソフトクーラーボックスのおすすめ人気ランキング15選【コールマン・サーモス・ロゴスなど】のアイキャッチ画像3枚目
  • ソフトクーラーボックスのおすすめ人気ランキング15選【コールマン・サーモス・ロゴスなど】のアイキャッチ画像4枚目
  • ソフトクーラーボックスのおすすめ人気ランキング15選【コールマン・サーモス・ロゴスなど】のアイキャッチ画像5枚目

ソフトクーラーボックスのおすすめ人気ランキング15選【コールマン・サーモス・ロゴスなど】

軽くて折りたためるのが魅力のソフトクーラーボックスは、キャンプ・釣りなどのアウトドアシーンから買い物・ピクニックにまで幅広く使える便利アイテムです。コールマン・サーモス・スノーピーク・ロゴス・aoからもさまざまな商品が販売されていますね。でもサイズや保冷力など選ぶポイントは意外と多く、ひとつに決めるのは難くありませんか?

そこで今回は、ソフトクーラーボックスの賢い選び方を説明した上で、人気商品を比較しておすすめランキングにまとめてみました。機能性も重要ですが、日常使いにはおしゃれさもポイントですよ!

この記事に登場する専門家

ksk_crony
ryuchikazawa
  • 最終更新日:2020年01月20日
  • 90,142  views
目次

ソフトクーラーボックスのメリット

ソフトクーラーボックスのメリット

ソフトクーラーボックスは本体が軽く、使わないときはコンパクトに折り畳んで収納できるのが魅力。


大人数でのキャンプでは、ハードクーラーボックスをメインに、ソフトタイプをサブに使えばいろんな場面に対応できて便利です。運動会などのイベントでは、携帯性が高く軽いソフトタイプの方が人気ですね。


車には、中くらいサイズのボックスを常備しておくのもおすすめ。急に思い立ってスーパーに寄る、なんてときも安心。ソフトクーラーボックスがあれば、魚や肉・冷凍食品などを買っても、時間を気にせずに移動できます。

ソフトクーラーボックスの選び方

ここからは、ソフトクーラーボックスの選び方についてご紹介します。用途によって選ぶアイテムが変わりますので、しっかりチェックして最適なものを見つけてくださいね。

用途に合わせてタイプを選ぶ

まずは、アウトドア・日常生活・釣りの3つの使用シーンに分けて、それぞれに合ったソフトクーラーボックスの特徴をご紹介します。

キャンプ・BBQ・運動会などのアウトドアシーンにはバスケット型や角型

キャンプ・BBQ・運動会などのアウトドアシーンにはバスケット型や角型
クーラーボックスは、キャンプやBBQなどのアウトドアシーンに加え、ピクニックや運動会といったイベント時にも活躍します。

いずれも屋外で利用するため、自立するバスケット型のソフトクーラーボックスがぴったり。広い開口部と底部が特徴で、お弁当箱から飲みものまでどんな荷物でも出し入れしやすく安定感も抜群です。


また、丈夫な持ち手が付いている商品も多いため、持ち運びもグラつかず楽に行えます。氷などを直接入れるなら防水性もチェックしておきましょう。

買い物用には持ち歩いても違和感の少ないトートバッグ型がおすすめ

買い物用には持ち歩いても違和感の少ないトートバッグ型がおすすめ
出典:amazon.co.jp
買い物など日常生活で持ち歩くなら、見た目だけではクーラーボックスとはわからないトートバッグ型がおすすめです。

お店の中で持ち歩いてもさほど違和感がなく、エコバッグ代わりにも利用ができますよ。


また、車載用に常備しておくなら、自立するバスケット型も便利。スーパーなどの買い物かごのサイズに合わせて作られた「レジカゴ」タイプなら、荷物を移し替えるときもスマートです。

「釣り用」は、防水性・耐久性・安定感を重視

「釣り用」は、防水性・耐久性・安定感を重視
釣り用にはハードタイプが主流ですが、電車やバイクなどで出かけるときには、ソフトクーラーボックスもおすすめです。チェックポイントは、氷・水・魚を直接入れることのできる防水性の高さ

また水を入れるとかなりの重さになるので、耐久性も重要です。本体はもちろん持ち手が頑丈かどうかもチェックしておきましょう「自立する」という点も、釣り用のクーラーボックスには大切なポイントです。

なお、釣り用のクーラーボックスは以下の記事でも詳しくご紹介しています。合わせて参考にしてくださいね。

入れるものに合わせてサイズを選ぼう

入れるものに合わせてサイズを選ぼう
出典:amazon.co.jp
できるだけ入れるものの量にぴったりなサイズを選びましょう。内部に隙間が多いと、保冷力の低下につながってしまいます。おおまかな目安を紹介するので、ぜひ参考にしてください。

お弁当や飲み物を1~2人分入れるなら、5L前後のコンパクトサイズが最適中間サイズの15Lはひとつ持っていると便利です。アウトドアではサブとして、また近場のピクニックや運動会、買い物などに活躍してくれることでしょう。


キャンプなどアウトドアに持ち出すなら、最大級の30Lサイズを選ぶといいでしょう。BBQ用の食材と一緒に、保冷剤や凍らせたペットボトルを詰め込めば、長時間冷たさをキープできます。


ただしソフトタイプは、あまりにサイズが大きいと安定感・耐久性に欠けることがあります。その場合は台車がついたタイプも視野に入れて探してみるといいでしょう。

ジッパーがスムーズに動かせるものが◎

ジッパーがスムーズに動かせるものが◎
快適に使用するためには、蓋の開閉方式も重要です。もし実物に触れられるのであれば、何度か開け閉めしてスムーズに開閉できるものを選んでください


ジッパーがカーブの部分で毎回引っ掛かるものは避けたほうがいいでしょう。通販を利用する場合は、口コミを参考にするのもおすすめです。

お手入れのしやすさもチェック

お手入れのしやすさもチェック
出典:amazon.co.jp
いつまでもキレイな状態で使い続けるためにも、お手入れのしやすい商品を選びましょう。汚れが落ちやすい素材が使われているものを選ぶのがベストです。

特にアウトドアでは泥や砂が入って、クーラーボックスの内部まで汚れてしまうことがあります。そんなときでも簡単にお手入れができるよう、中身がひっくり返せるものや、洗濯可能なものがおすすめです。

型くずれしにくく、耐久性の高いものを

型くずれしにくく、耐久性の高いものを
出典:amazon.co.jp
できるだけ型くずれせず、持ち運びやすいものを選ぶことも大切です。

また重さがマックスになった状態での運びやすさも確認が必要。両手持ちか片手持ちか、肩ひもベルトは肩に食い込まない工夫がされているかを確認し、実際に運ぶシーンを想像しながら最適な商品を選んでください。


肩ひもや持ち手は負荷のかかる部分なので縫製がしっかり補強されているかどうかも確認しておきましょう。口コミも参考に、数回の使用でベルトが壊れてしまった…などの声がないかチェックしてみてください。

保冷力は「素材」と「厚み」を確認

ソフトクーラーボックスは、使用されている素材によって保冷力が異なります。


同じ断熱材が使用されていても厚みによっても変わるので、まずは素材ごとのの特徴を知り、できるだけ厚いものを選ぶといいでしょう。ここでは主な素材の特徴を解説します。

アルミ断熱材:組み合わせることで保冷力がアップ

アルミ断熱材:組み合わせることで保冷力がアップ
アルミ断熱材には、熱を反射する効果があります。単体で使われるより、ほかの断熱材と組み合わせて、外側や内側に蒸着されることが多いですね。特に外貼りされたものは、太陽からの輻射熱を防いで保冷力をアップさせてくれます。

PVCターポリン:防水性が高く汚れが落ちやすい。価格も手頃

PVCターポリン:防水性が高く汚れが落ちやすい。価格も手頃
PVCターポリンは、布を塩化ビニル樹脂で加工した断熱材です。防水性が高く、汚れが落ちやすいのが特徴。保冷力も比較的高く、値段も手頃な商品が多いため、ソフトクーラーボックスの断熱材として最もバランスの取れた素材といえるでしょう。

中綿・PEスポンジ:厚みがあるほど高い保冷力を発揮

中綿・PEスポンジ:厚みがあるほど高い保冷力を発揮
中綿やPEスポンジは、空気の力で保冷する断熱材です。厚みがあるほど空気を含むことにより高い保冷効果を発揮します。しかし保冷効果が高い分、お値段が張るのが難点です。

ポリエチレン:お手頃価格で防水性◎。保冷力はやや低め

ポリエチレン:お手頃価格で防水性◎。保冷力はやや低め
出典:amazon.co.jp

ポリエチレンは、お手頃価格ながらも防水性のある断熱材です。水が漏れにくいので、氷水を張って飲み物やスイカなどを冷やすことができます。保冷力はあまり期待できませんが、お手入れしやすい気軽に使えるものを選びたい、という方におすすめです。

密閉性の高いものを選ぼう

密閉性の高いものを選ぼう
出典:amazon.co.jp
密閉性の高いものを選ぶこともとても重要です。冷気はフタや縫い目から逃げやすいので、この部分に工夫のあるものを選ぶといいですよ。

例えば、フタに小窓が付いていれば、保冷力をキープしたまま食材や飲み物をサッと取り出せます。また縫い目にRF溶着(高周波ウェルダー)加工が施されたものは遮熱効果が高いので、ぜひ確認してみてください。

保冷剤にもこだわれば保冷力はさらにアップします。以下のリンクでは、長時間氷点下がキープできるものや、倍速で凍結できるものなどを紹介していますので、ぜひご一読ください。

プロの愛用するおすすめのソフトクーラーボックス

まずはランキングの前に、プロの愛用するおすすめのソフトクーラーボックスをご紹介します!プロのおすすめポイントを参考に、用途に合わせて選んでくださいね。

専門家の
マイベスト

AO Coolers(エーオー・クーラー)ビニール ソフトクーラー 24パック

15,660円 (税込)

専門家の
マイベスト

モチヅキアイスミュール プロクーラー L (リアルツリーカモ)

15,950円 (税込)

ソフトクーラーボックスのおすすめ人気ランキング15選

ここからは、おすすめのソフトクーラーボックスを人気順にご紹介します。アウトドア用や普段の買い物用など、用途に合わせて最適なものを選んでくださいね。

15位
タイプ角型
容量38L
断熱材アルミコーディングエアシェル内層材
開閉方式ファスナー
収納力2Lペットボトル×16本
サイズ53×31×32cm
お手入れ記載なし
素材PVC・ナイロン
14位
タイプ角型・トート
容量22.7L
断熱材ポリエチレンフォーム(約1.9cm)
開閉方式ファスナー
収納力フロントポケット・500mlペットボトル×20本
サイズ43.1×30.4×25.4cm
お手入れひっくり返して水洗い可能
素材キャンバス・ナイロン・ポリエチレン・ポリエステル
13位

スパイスバカンスクーラー ショッピングトートバッグ

SFVG1307

1,863円 (税込)

タイプトート
容量記載なし
断熱材PEスポンジ
開閉方式巾着
収納力記載なし
サイズ46×30×55(27)cm
お手入れ記載なし
素材表地/ポリエステル・裏地/アルミ
12位
タイプバスケット
容量約22L
断熱材PEVA断熱・アルミ蒸着フィルム
開閉方式ファスナー
収納力サイドポケット・500mlペットボトル×15本
サイズ37.5×23.5×25cm
お手入れ記載なし
素材記載なし
11位
タイプバスケット
容量32L
断熱材スポンジ・アルミニウム
開閉方式ファスナー
収納力記載なし
サイズ 48×24×28cm
お手入れ手洗い可
素材600Dオックスフォード布・アルミニウム合金など
10位
タイプ角型
容量30L
断熱材記載なし
開閉方式ファスナー
収納力サイドポケット・2Lペットボトル×8本
サイズ使用時約34×24×33cm・収納時/約38×8×33cm
お手入れ記載なし
素材ポリエステル・PEVA
9位
タイプバスケット・トート
容量約20L
断熱材ポリエチレンフォーム
開閉方式ファスナー・巾着
収納力保冷剤用メッシュポケット・サイドポケット
サイズ41~34×30・24×23cm
お手入れ記載なし
素材表面/ポリエステル600D・内面/EVA樹脂
8位
タイプ角型
容量15L
断熱材ポリエチレンフォーム・中敷:ポリエチレン
開閉方式ファスナー
収納力サイドポケット・保冷剤用メッシュポケット・500mlペットボトル×10本
サイズ37×18×26cm
お手入れ表面PVCコーティング
素材表面/ポリエステル150D(PVCコーティング)・内面/塩化ビニル樹脂
7位

コールマンジャパンアルティメイトアイスクーラーII

2000027239

7,451円 (税込)

タイプ角型
容量25L
断熱材素材
開閉方式ファスナー
収納力サイドポケット・取り出し用小窓・500mlペットボトル×20本
サイズ使用時/約42×32×33cm・収納時/約42×16×33cm
お手入れライナー取り外し可
素材TPE加工ポリエステル・ポリエチレン(フォーム)・PETアルミニウム・PEVA
6位
タイプ角型
容量約20L
断熱材ポリウレタン・発泡ポリエチレン・ポリプロピレン不織布
開閉方式ファスナー
収納力サイドポケット・保冷剤用メッシュポケット・500mlペットボトル×19本
サイズ約30×23×34
お手入れ汚れがつきにくいポリプロピレン不織布
素材外生地/ポリエステル・ 内生地/PEVA
5位

パール金属デリス シルバートート型クーラーバッグ

M-1856

763円 (税込)

タイプトート
容量4L
断熱材ポリエチレンフォーム(6mm厚)
開閉方式ファスナー
収納力500mlペットボトル×5本(横)
サイズ30×12.5×19cm
お手入れ記載なし
素材表地/アルミ蒸着シート・裏地/EVA・中敷/ポリエチレン(1.5mm厚)
4位

ロゴスコーポレーションハイパー氷点下クーラー

81670090

9,914円 (税込)

タイプ角型
容量40L
断熱材記載なし
開閉方式ファスナー
収納力2Lペットボトル×9本
サイズ使用時/約43×35×35cm・収納時/約44×12.5×35cm
お手入れインナーカバー付き
素材EVA・PP・PE・PVC・ナイロン
3位

コールマンジャパンエクストリームアイスクーラー 35L

2000022215

3,780円 (税込)

タイプ角型
容量35L
断熱材PETアルミニウム・ポリエステル・ポリエチレン(フォーム)
開閉方式ファスナー
収納力サイドポケット・取り出し用小窓・500mlペットボトル×24本など
サイズ使用時/約44×29×33cm・収納時/約44×33×12cm
お手入れライナー取り外し可
素材PETアルミニウム・ポリエステル・ポリエチレン(フォーム)
2位
タイプバスケット
容量約25L
断熱材ポリウレタン・発砲ポリエチレン・ポリプロピレン不織布
開閉方式ファスナー
収納力フロントポケット・2Lペットボトル×6本・保冷剤用メッシュポケット
サイズ42×28.5×26.5cm
お手入れ記載なし
素材外生地/ポリエステル・内生地/PEVA(ポリエチレン酢酸ビニール)
1位
タイプ角型
容量15L
断熱材ポリエチレンフォーム(6mm厚)
開閉方式ファスナー
収納力保冷剤用メッシュポケット・フロントポケット・500mlペットボトルタテ入れ可
サイズ31×26×25cm
お手入れ記載なし
素材表地/アルミ蒸着シート・裏地/EVA(ホワイト)・中敷/ポリエチレン(1.0mm厚)

人気ソフトクーラーボックスの比較一覧表

商品画像
1
ソフトクーラーボックス パール金属 保冷バッグ デリス 1枚目

パール金属

2
ソフトクーラーボックス サーモス 保冷買い物カゴ用バッグ 1枚目

サーモス

3
ソフトクーラーボックス コールマンジャパン エクストリームアイスクーラー 35L  1枚目

コールマンジャパン

4
ソフトクーラーボックス ロゴスコーポレーション ハイパー氷点下クーラー

ロゴスコーポレーション

5
ソフトクーラーボックス パール金属 デリス シルバートート型クーラーバッグ

パール金属

6
ソフトクーラーボックス サーモス ソフトクーラー

サーモス

7
ソフトクーラーボックス コールマンジャパン アルティメイトアイスクーラーII

コールマンジャパン

8
ソフトクーラーボックス パール金属 ラフィネ クーラーバッグ

パール金属

9
ソフトクーラーボックス 高久産業 お買い物用 クーラーバッグ 1枚目

高久産業

10
ソフトクーラーボックス コールマンジャパン デイリークーラー

コールマンジャパン

11
ソフトクーラーボックス NATUCE 折りたたみピクニックかご

NATUCE

12
ソフトクーラーボックス ALLCAMP クーラーバスケット

ALLCAMP

13
ソフトクーラーボックス スパイス バカンスクーラー ショッピングトートバッグ

スパイス

14
ソフトクーラーボックス AO Coolers キャンパス ソフトクーラー 24パック 1枚目

AO Coolers

15
ソフトクーラーボックス スノーピーク ソフトクーラー38  1枚目

スノーピーク

商品名

保冷バッグ デリス

保冷買い物カゴ用バッグ

エクストリームアイスクーラー 35L

ハイパー氷点下クーラー

デリス シルバートート型クーラーバッグ

ソフトクーラー

アルティメイトアイスクーラーII

ラフィネ クーラーバッグ

お買い物用 クーラーバッグ

デイリークーラー

折りたたみピクニックかご

クーラーバスケット

バカンスクーラー ショッピングトートバッグ

キャンパス ソフトクーラー 24パック

ソフトクーラー38

特徴ちょっと使いに最適なお手頃価格。サイズバリエーションも豊富保冷力をキープする5層の断熱構造キャンプやバーベキューに最適な大容量タイプソフトとハードのイイとこ取り買い物からアウトドアまで使える万能トートこだわりが詰まったコスパ最強ソフトクーラー冷気を逃がさずモノが取り出せる小窓付き15Lで約280gの軽量タイプ!リーズナブルな価格も魅力レジカゴにすっぽり!自転車カゴにも最適な買い物用デザインは4種類。おしゃれな方におすすめアルミ製フレームと持ち手がついて、安定感バツグン日常生活で使いやすいサイズ感カゴプリントでおしゃれと実用面を両立おしゃれで実用性の高い2WAYタイプ両サイドに持ち手つき。たっぷり入れても2人で運べる
最安値
865
送料別
詳細を見る
2,000
送料要確認
詳細を見る
3,780
送料要確認
詳細を見る
9,914
送料要確認
詳細を見る
763
送料要確認
詳細を見る
2,246
送料要確認
詳細を見る
7,451
送料無料
詳細を見る
1,056
送料別
詳細を見る
1,560
送料別
詳細を見る
2,582
送料無料
詳細を見る
1,863
送料要確認
詳細を見る
13,750
送料要確認
詳細を見る
16,280
送料無料
詳細を見る
タイプ角型バスケット角型角型トート角型角型角型バスケット・トート角型バスケットバスケットトート角型・トート角型
容量15L約25L35L40L4L約20L25L15L約20L30L32L約22L記載なし22.7L38L
断熱材ポリエチレンフォーム(6mm厚)ポリウレタン・発砲ポリエチレン・ポリプロピレン不織布PETアルミニウム・ポリエステル・ポリエチレン(フォーム)記載なしポリエチレンフォーム(6mm厚)ポリウレタン・発泡ポリエチレン・ポリプロピレン不織布素材ポリエチレンフォーム・中敷:ポリエチレンポリエチレンフォーム記載なしスポンジ・アルミニウムPEVA断熱・アルミ蒸着フィルムPEスポンジポリエチレンフォーム(約1.9cm)アルミコーディングエアシェル内層材
開閉方式ファスナーファスナーファスナーファスナーファスナーファスナーファスナーファスナーファスナー・巾着ファスナーファスナーファスナー巾着ファスナーファスナー
収納力保冷剤用メッシュポケット・フロントポケット・500mlペットボトルタテ入れ可フロントポケット・2Lペットボトル×6本・保冷剤用メッシュポケットサイドポケット・取り出し用小窓・500mlペットボトル×24本など2Lペットボトル×9本500mlペットボトル×5本(横)サイドポケット・保冷剤用メッシュポケット・500mlペットボトル×19本サイドポケット・取り出し用小窓・500mlペットボトル×20本サイドポケット・保冷剤用メッシュポケット・500mlペットボトル×10本保冷剤用メッシュポケット・サイドポケットサイドポケット・2Lペットボトル×8本記載なしサイドポケット・500mlペットボトル×15本記載なしフロントポケット・500mlペットボトル×20本2Lペットボトル×16本
サイズ31×26×25cm42×28.5×26.5cm使用時/約44×29×33cm・収納時/約44×33×12cm使用時/約43×35×35cm・収納時/約44×12.5×35cm30×12.5×19cm約30×23×34使用時/約42×32×33cm・収納時/約42×16×33cm37×18×26cm41~34×30・24×23cm使用時約34×24×33cm・収納時/約38×8×33cm 48×24×28cm37.5×23.5×25cm46×30×55(27)cm43.1×30.4×25.4cm53×31×32cm
お手入れ記載なし記載なしライナー取り外し可インナーカバー付き記載なし汚れがつきにくいポリプロピレン不織布ライナー取り外し可表面PVCコーティング記載なし記載なし手洗い可記載なし記載なしひっくり返して水洗い可能記載なし
素材表地/アルミ蒸着シート・裏地/EVA(ホワイト)・中敷/ポリエチレン(1.0mm厚) 外生地/ポリエステル・内生地/PEVA(ポリエチレン酢酸ビニール)PETアルミニウム・ポリエステル・ポリエチレン(フォーム)EVA・PP・PE・PVC・ナイロン表地/アルミ蒸着シート・裏地/EVA・中敷/ポリエチレン(1.5mm厚)外生地/ポリエステル・ 内生地/PEVA TPE加工ポリエステル・ポリエチレン(フォーム)・PETアルミニウム・PEVA表面/ポリエステル150D(PVCコーティング)・内面/塩化ビニル樹脂表面/ポリエステル600D・内面/EVA樹脂ポリエステル・PEVA600Dオックスフォード布・アルミニウム合金など記載なし表地/ポリエステル・裏地/アルミキャンバス・ナイロン・ポリエチレン・ポリエステルPVC・ナイロン
商品リンク

その他のクーラーボックスはこちら

今回はソフトタイプのクーラーボックスをご紹介しましたが、用途によってはハードタイプやハードとソフトの合わせ使いがおすすめ。以下の記事では、いろいろなタイプのクーラーボックスをご紹介していますので、ぜひ参考にしてください。

まとめ

ソフトクーラーボックスのおすすめ人気ランキングをご紹介しましたが、いかがでしたか?

保冷効力はハードタイプに劣りますが、ソフトタイプならではの使い勝手のいい商品が多く販売されています。この記事を参考にアウトドアから運動会、お買い物まで、あらゆる場面で活用できるソフトクーラーボックスを見つけてくださいね。

当サイトでは、JANコードをもとに、各ECサイトが提供しているAPIを使用して、各商品の価格の表示やリンクの生成を行っております。

そのため、掲載価格に変動がある場合や、JANコードの登録ミスなど情報が誤っている場合がありますので、最新価格や商品の詳細等については各販売店やメーカーに確認するようにお願いいたします。

関連記事

人気の記事

人気のアイテムリスト

カテゴリから探す