1. TOP
  2. >
  3. サービス
  4. >
  5. ウォーターサーバー
  6. >
  7. 【徹底比較】卓上ウォーターサーバーのおすすめ人気ランキング6選
【徹底比較】卓上ウォーターサーバーのおすすめ人気ランキング6選

【徹底比較】卓上ウォーターサーバーのおすすめ人気ランキング6選

卓上ウォーターサーバーは床置型に比べサイズがコンパクトで、省スペースで使いたい人や一人暮らしの人などでも使いやすいのが魅力です。最近ではさまざまな種類の卓上ウォーターサーバーがありますが、一体どれが本当に美味しくて優秀なおすすめ商品なのか気になりませんか?


そこで今回はフレシャスやアルピナウォーターなど、人気の卓上ウォーターサーバー6商品を実際にすべて集めて、最もおすすめの卓上ウォーターサーバーを決定したいと思います。


今回は水のスペシャリスト3名にご協力いただきながら、すべての商品を実際に使って、以下の4点について比較・検証しました

  1. 水の美味しさ
  2. 水交換のしやすさ
  3. 使いやすさ
  4. ランニングコスト

果たしてどの商品が最もおすすめのベストバイ商品なのでしょうか?ぜひ購入の際の参考にしてくださいね!

  • 2020年07月13日更新
  • 25,990 views

検証のポイント

人気の卓上ウォーターサーバー6サービスをすべて集めて、徹底的に比較検証しました
  • 水の美味しさ

    検証① 水の美味しさ

    はじめに、ミネラルの含有量や硬度、後味や香りなどの要素で左右される味のバランスの良さと、専門家がおすすめしたい好みの味を軸に、美味しさを検証しました。専門家の方々には、常温で用意したウォーターサーバーの水を試飲していただき、5段階で評価してもらいました。

  • 水の交換のしやすさ

    検証② 水の交換のしやすさ

    次に、水の交換のしやすさを検証しました。プラスチックのパックに入った水や、大きめのペットボトル、固いガロンボトルに入ったものなど種類はさまざま。20台前半の女性と男性の計2名に6台の卓上ウォーターサーバーの水を交換していただき、5段階で評価しました。なお、サーバーは90cm弱のカウンターに乗せて検証を行いました。

  • 使いやすさ

    検証③ 使いやすさ

    次に検証したのは使いやすさです。ウォーターサーバーは毎日何度も使用するものなので、いかにストレスなく使えるかは重要なポイントです。実際に全6台を使って、水の勢いや水量、取水ボタン(コック)の位置にストレスは感じないか、お手入れはしやすいかといった項目を検証しました。

  • ランニングコスト

    検証④ ランニングコスト

    最後に、1か月にかかるコストを比較しました。今回は、三人家族で1か月に36L消費すると仮定し、1か月分にかかる下記5つの項目のコストを算出。ランニングコストの良し悪しを5段階で評価しました。1. 水2. 配送料3. サーバーレンタル代4. メンテナンス代5. 電気代なお、水の種類・サイズ・プランは最も安いものを選んでいます。

  • すべての検証はmybest社内で行っています

    自社施設

    水のスペシャリストが検証協力!

    水のスペシャリストが検証協力!

    今回の卓上ウォーターサーバーの検証には、水のスペシャリストであるアクアソムリエ3名にご協力いただきました。


    <左:江口慶太さん>
    浄水器メーカーの営業として勤務するかたわら、日本アクアソムリエ協会認定アクアソムリエ資格を取得。その後約1年かけて地球を一周し、世界各地の水やミネラルウォーターについて知識を深める。帰国後はミネラルウォーター専門店で営業を務め、その後、食品関係の事業を起業。水に関する深い知識を活かし、セミナーの講師を務めるなど活躍中。

    <中央:永井里佳さん>

    日本アクアソムリエ協会認定アクアソムリエマイスター。株式会社ラブエアアルゴ代表として美容の普及に尽力し、シデスコエステティシャン・ソシオエステティシャン・温泉ソムリエなど、美容業を中心に、身体に必要なことに関わる資格を取得。現在は、故郷である九州の水の探索に力を入れており、水が人間にどのように関わっていくのかを追及している。


    <右:鶴田雅人さん>

    市販されているミネラルウォーターの味の違いから水に関心を持ち、採水地などをめぐりながら、ミネラルウォーターについて本格的に学ぶ。大学在学中に日本アクアソムリエ協会認定アクアソムリエマイスターの資格を取得し、公認講師としても活躍。テレビや雑誌などのメディアを通じて水に関する情報を発信しているほか、国内外のさまざまな水を飲み比べ日々研究している。 

    卓上ウォーターサーバーの選び方

    卓上ウォーターサーバーを選ぶ際に必ずチェックしておきたい3つのポイントをご紹介します。

    ① 置き場所を考えてサイズで選ぶ

    置き場所を考えてサイズで選ぶ
    卓上ウォーターサーバーは、省スペースで設置できるのが魅力の商品です。しかし卓上型のなかでもサイズの違いがあるため、購入前に設置スペースの確保が重要になります。

    例えば、フレシャスの「dewo ミニ」は高さ47cm×幅25cm×奥行29.5cmで、電気ポットと同じくらいのサイズなのに対し、うるのんの「Grande(卓上タイプ)」は高さ85.5cm×幅27cm×奥行36cmと、サイズに大きな違いがあります。


    また水交換に必要なスペースも確認する必要があります。サーバー上部のフタを上げて水を入れ替えるサーバーの場合は、開閉部分のスペースを確保する必要があります。ガロンボトルを差し込むサーバーの場合は、ボトルの上下をひっくり返して持ち上げるスペースが十分にあるかを、事前に確認する必要があります。


    設置場所の耐荷重にも注意が必要です。卓上サーバーといっても10kg以上あるものがほとんどです。ほかの家電と同じように周囲にスペースが必要になりますので、その点も考慮して設置場所を考えましょう。

    ② ランニングコスト・水の種類・機能で選ぶ

    ランニングコスト・水の種類・機能で選ぶ

    ウォーターサーバーは、水代・サーバーレンタル代・電気代といったランニングコストがかかります。水は天然水とRO水の2種類がメインで、水の種類によって価格は変わってきます。さらに、チャイルドロックやサーバー内での洗浄など機種ごとに搭載されている機能が違うので、ご自身の要望に最も合致するかどうかを事前にきちんと確認することが重要です。


    一般的なウォーターサーバーの選び方と詳細はウォーターサーバーの記事にてご紹介していますので、以下をチェックしてみてください!

    ③ 一人暮らしか家族で使うのか利用形態で選ぶ

    一人暮らしか家族で使うのか利用形態で選ぶ

    一人暮らしか家族複数名で利用するのかで卓上型と床置き型どちらのほうが適しているかが変わります。一番大きな決め手になるのが水の消費量。利用人数に比例して水の消費量が増えるのはもちろん、家族でウォーターサーバーを利用する場合、料理に使用する頻度と量も多くなります。


    「ごはんはコンビニやお惣菜が多い」「水筒などに入れて持ち運ぶこともあまりない」という一人暮らしの方には、軽量パックに対応している卓上型をおすすめします。


    一方、育ち盛りでお水をたくさん飲むお子さんがいるご家庭や、2世帯・3世帯で暮らしているご家庭には大容量のボトルでも比較的交換が楽な床置き型がおすすめです。

    人気卓上ウォーターサーバー全6サービスを徹底比較!

    卓上ウォーターサーバーの検証
    ここからは、売れ筋上位の卓上ウォーターサーバー6商品をすべて集めて、どれが最もおすすめなサーバーなのか検証していきます。

    検証項目は以下の4項目としました。
    検証①:水の美味しさ

    検証②:水の交換のしやすさ

    検証③:使いやすさ

    検証④:ランニングコスト

    今回検証した商品

    1. うるのん|ウォーターサーバー Grande 卓上タイプ
    2. アルピナウォーター|卓上サーバー
    3. クリクラ|クリクラサーバーS型 卓上
    4. フレシャス|SIPHON+ ショートタイプ
    5. フレシャス|dewo ミニ
    6. プレミアムウォーター|スリムサーバーIII ショートタイプ

    検証① 水の美味しさ

    水の美味しさ

    はじめに、ミネラルの含有量や硬度、後味や香りなどの要素で左右される味のバランスの良さと、専門家がおすすめしたい好みの味を軸に、美味しさを検証しました。


    専門家の方々には、常温で用意したウォーターサーバーの水を試飲していただき、5段階で評価してもらいました。

    【検証結果ハイライト】水本来の味わいを楽しめる天然水はやっぱり美味しい

    【検証結果ハイライト】水本来の味わいを楽しめる天然水はやっぱり美味しい

    検証の結果、RO水に比べて、自然のミネラルや風味を味わえる天然水のほうが圧倒的に美味しいということがわかりました。


    天然水のなかでも専門家の方々に好評だったのが「フレシャス」の富士の天然水。「軽くてふわふわしており、”雪解け水”のよう」「甘くて柔らかく美味しい!」とコメント。3名中2名が「バランスの良さ」でA+を、残りの1名はAと評価しました。


    一方、RO水は「特有の苦味がある」「(濾過後にミネラルを添加しているからか)味のバランスが天然水とは違い、飲みづらい」という評価でした。

    検証② 水の交換のしやすさ

    水の交換のしやすさ
    次に、水の交換のしやすさを検証しました。

    プラスチックのパックに入った水や、大きめのペットボトル、固いガロンボトルに入ったものなど種類はさまざま。20台前半の女性と男性の計2名に6台の卓上ウォーターサーバーの水を交換していただき、5段階で評価しました。


    なお、サーバーは90cm弱のカウンターに乗せて検証を行いました。

    【検証結果ハイライト】入れ替え位置がサーバー上部でもパックを乗せるタイプであれば比較的楽

    【検証結果ハイライト】入れ替え位置がサーバー上部でもパックを乗せるタイプであれば比較的楽

    12Lの重いガロンボトルを胸の高さまで持ち上げて差し込むのは体に大きな負担がかかりますが、ビニール製のパックをぽんっと乗せるだけであれば、簡単に交換できることがわかりました。


    さらに、4.7Lや7.2Lパックといった軽量であれば小柄の女性でも楽に交換することができました

    検証③ 使いやすさ

    使いやすさ
    次に検証したのは使いやすさです。

    ウォーターサーバーは毎日何度も使用するものなので、いかにストレスなく使えるかは重要なポイントです。実際に全6台を使って、水の勢いや水量、取水ボタン(コック)の位置にストレスは感じないか、お手入れはしやすいかといった項目を検証しました。

    【検証結果ハイライト】取水位置が高く片手で操作できるサーバーは高評価

    【検証結果ハイライト】取水位置が高く片手で操作できるサーバーは高評価
    検証の結果、水やお湯を注ぐ際に取水位置が目の高さにより近く、腰をかがめなくても注げるサーバーが使いやすい傾向にあることがわかりました。


    低い位置だと腰をかがめる必要があり、毎日複数回使ううえで間違いなくストレスになります。トレーに高さがあるものだと体への負担も多少緩和されるでしょう。


    また、高さと幅があるトレーがついたサーバーは、トレーにカップを置き、片手で操作することができるのでとても楽でした。

    検証④ ランニングコスト

    ランニングコスト

    最後に、1か月にかかるコストを比較しました。今回は、三人家族で1か月に36L消費すると仮定し、1か月分にかかる下記5つの項目のコストを算出。ランニングコストの良し悪しを5段階で評価しました。


    1. 水

    2. 配送料

    3. サーバーレンタル代

    4. メンテナンス代

    5. 電気代


    なお、水の種類・サイズ・プランは最も安いものを選んでいます。

    【検証結果ハイライト】RO水のサーバーはランニングコストが抑えられる

    【検証結果ハイライト】RO水のサーバーはランニングコストが抑えられる

    コストの検証では、「クリクラ」「トーエル(アルピナウォーター)」といったコック式の取水方法で、かつRO水のサーバーがコストを抑えやすいことがわかりました。


    理由は、水1Lあたりの価格が天然水に比べてかなり安いため。ウォーターサーバーで最もコストのかかる水代が安いのは長期の使用を考えると重要なポイントになります。


    今回の検証で最安のトーエル(アルピナウォーター)は1Lあたり87.5円という結果に。卓上ウォーターサーバーの設置を検討しているもののコスト面が心配な方はこのタイプを選ぶとよいでしょう。

    No.1
    ベストバイ卓上ウォーターサーバー

    フレシャスSIPHON+ ショートタイプ

    総合評価

    5.00
    • 水のおいしさ: 4.0
    • 水交換のしやすさ: 3.0
    • 使いやすさ: 5.0
    • ランニングコスト(卓上): 2.0
    • 総合評価(卓上): 5.0

    利便性Good!水交換も美味しさも大満足のmybestおすすめお卓上ウォーターサーバー

    狭いスペースに置いても圧迫感を与えないちょうどよいサイズ。ボタン音やモーター音はとても静かで、リビングやキッチンはもちろん寝室にも問題なく置けるでしょう。


    水量は勢いも十分で気持ちよく、使いやすさに関しては申し分なく高評価となりました!


    また、水は富士と木曽の両方を試飲しましたが、富士のほうが「甘みが強く味のバランスがよいので非常に飲みやすい」と高評価でした。


    水交換もビニールパックをサーバー上部にのせてホースにつなげるだけなので比較的ストレスなく行えました。水も美味しく、使い勝手抜群の優秀サーバーです!

    サイズ高さ77.5cm×横30cm×幅34cm
    水の種類天然水(富士or木曽)
    ボトルの形状7.2Lパック
    1Lあたりの水の価格163円
    No.2

    フレシャスdewo ミニ

    総合評価

    4.00
    • 水のおいしさ: 4.0
    • 水交換のしやすさ: 5.0
    • 使いやすさ: 4.0
    • ランニングコスト(卓上): 1.0
    • 総合評価(卓上): 4.0

    水交換が簡単!インテリアを壊さないオシャレでコンパクトなデザイン

    卓上ウォーターサーバーのなかでもコンパクトで、水のビニールパックが外から完全に見えないオシャレなデザインで「インテリアとしても置けるのでは」というコメントもありました!


    最軽量の4.7Lパックは小柄の女性でも楽に水交換を行うことができました。静音性も抜群で寝室に置いても夜間気になることはないでしょう。

    また、水の美味しさで満点を獲得した富士の天然水は「甘みが強く、品のよい香りがする。味のバランスがよいので非常に飲みやすい」と専門家が高評価。専門家も太鼓判の美味しい天然水を毎日自宅で気軽に楽しめるのは嬉しいですね!

    サイズ高さ47cm×横25cm×幅29.5cm
    水の種類天然水(富士)
    ボトルの形状4.7Lパック
    1Lあたりの水の価格196円
    No.3

    プレミアムウォータースリムサーバーIII ショートタイプ

    総合評価

    3.00
    • 水のおいしさ: 3.0
    • 水交換のしやすさ: 2.0
    • 使いやすさ: 4.0
    • ランニングコスト(卓上): 3.0
    • 総合評価(卓上): 3.0

    高さがあって圧迫感あり。使い勝手は申し分なし!

    チャイルドロック解除も簡単取水位置も高さが十分あるので、操作やお手入れなど使い勝手に問題はありません。空き容器を使い捨てられるのはスペースを取らないので嬉しいポイントです。


    ただ、高さがあるサーバーなので狭いスペースに馴染まないのが残念…。水交換も水自体がかなり重たく、女性が行うとまったく水が持ち上がりませんでした。「ボトルの素材が柔らかくて持つと凹んでしまうので持ちづらい」という意見も…。


    幸い水のサイズを7Lと12Lの2種類から選べるので、特に女性は軽い方を選んだほうがよいでしょう!

    サイズ高さ82cm×横27cm×幅35.4cm
    水の種類天然水(富士or北アルプスor南阿蘇or金城or朝来)
    ボトルの形状7L・12Lペットボトル
    1Lあたりの水の価格153円(12Lの場合)
    No.4

    アルピナウォーター卓上サーバー

    総合評価

    3.00
    • 水のおいしさ: 1.0
    • 水交換のしやすさ: 1.0
    • 使いやすさ: 4.0
    • ランニングコスト(卓上): 5.0
    • 総合評価(卓上): 3.0

    コストや使い勝手よし!サイズの大きさに圧迫感

    卓上としてはサイズが大きくて、狭いスペースに馴染まないのが残念。水の美味しさは「RO水特有の苦味がある。味のバランスが悪い」と低評価でした…。


    しかし、水の消費ノルマがなく、コストが安い点が高評価に。1Lあたりの価格は今回の検証で最安値の87.5円!


    水受けの着脱が簡単でお手入れがしやすく、水の出る量もボタンの押し加減で調整でき、使い勝手のよさでA評価を獲得しました。

    サイズ高さ82cm×横31cm×幅30cm
    水の種類RO水(純水)
    ボトルの形状12L・18.9Lガロンボトル
    1Lあたりの水の価格87.5円(12Lの場合)
    No.5

    うるのんウォーターサーバー Grande 卓上タイプ

    総合評価

    2.00
    • 水のおいしさ: 3.0
    • 水交換のしやすさ: 1.0
    • 使いやすさ: 3.0
    • ランニングコスト(卓上): 2.0
    • 総合評価(卓上): 2.0

    サイズが大きくて残念…空きボトルは使い捨てられて便利

    高さが85.5cmと卓上タイプのなかでは断トツに大きくてコンパクトに設置できなかったのがマイナスポイント。


    水交換は、ボトルにビニールの取っ手が付いているものの心もとなく、ほかの商品に比べて重いうえに交換位置も高くてかなり苦労しました。また、ボタン音が大きくストレスに感じるほどでした。


    空きボトルが使い捨てられる点は場所を取りたくない人にとってメリットになるでしょう。

    サイズ高さ85.5cm×横27cm×幅36cm
    水の種類天然水(富士山)
    ボトルの形状12Lペットボトル
    1Lあたりの水の価格158円
    No.6

    クリクラクリクラサーバーS型 卓上

    総合評価

    2.00
    • 水のおいしさ: 2.0
    • 水交換のしやすさ: 1.0
    • 使いやすさ: 3.0
    • ランニングコスト(卓上): 4.0
    • 総合評価(卓上): 2.0

    大満足のコスパ。ボトルがとにかく重たくて水交換は辛い…

    今回の検証で唯一コストでA+を獲得。水の勢いや量も問題なく、チャイルドロック解除もわかりやすかったため比較的使いやすいという結果でした。


    ただ、水交換は12Lの重いガロンボトルを胸の高さまで持ち上げるのが非常に辛く大変なためD評価に。実際に水交換をした女性は「危うく腰を悪くしそうでした……」とコメント。総合的に最下位となりました。

    サイズ高さ51cm×横46cm×幅27cm
    水の種類RO水(ミネラル添加)
    ボトルの形状12Lガロンボトル
    1Lあたりの水の価格104円

    人気卓上ウォーターサーバーの検証結果比較表

    身長に合わせて卓上ウォーターサーバーを置く台を用意すると便利

    身長に合わせて卓上ウォーターサーバーを置く台を用意すると便利
    卓上ウォーターサーバーを置く上で設置場所の高さはとても重要です。たとえばカウンターに置くと大人は水を注ぎやすく、子どもは操作がしにくくなるでしょう。また、卓上型は水の入れ替え位置がサーバー上部にあるため、高い位置に設置すると交換が大変で体に負担をかけることになります。

    こうした問題を解決するために、移動式のワゴンや腰くらいの高さの台、サイドテーブルを別途用意する方もいらっしゃいます。ご自身やご家族の身長やライフスタイルに合わせて、台の用意もぜひ検討してみてくださいね。

    まとめ

    今回はお水のスペシャリスト3名にご協力いただき、売れ筋上位の卓上ウォーターサーバーを徹底的に比較・検証しました。


    床置型よりもコンパクトな卓上ウォーターサーバーは、まさにご家庭向けの商品です。契約内容さえしっかり把握しておけば便利でお得に使えますので、各サービスをしっかり比較して、ご自宅にぴったりの卓上ウォーターサーバーを見つけてくださいね!

    取材/文:土橋萌花、写真:三浦晃一

    当サイトでは、JANコードをもとに、各ECサイトが提供しているAPIを使用して、各商品の価格の表示やリンクの生成を行っております。

    そのため、掲載価格に変動がある場合や、JANコードの登録ミスなど情報が誤っている場合がありますので、最新価格や商品の詳細等については各販売店やメーカーに確認するようにお願いいたします。

    関連記事

    人気の記事

    人気のアイテムリスト

    カテゴリから探す