• 【プロが教える】コーヒーポットのおすすめ人気ランキング25選【2019年最新版】のアイキャッチ画像1枚目
  • 【プロが教える】コーヒーポットのおすすめ人気ランキング25選【2019年最新版】のアイキャッチ画像2枚目
  • 【プロが教える】コーヒーポットのおすすめ人気ランキング25選【2019年最新版】のアイキャッチ画像3枚目
  • 【プロが教える】コーヒーポットのおすすめ人気ランキング25選【2019年最新版】のアイキャッチ画像4枚目
  • 【プロが教える】コーヒーポットのおすすめ人気ランキング25選【2019年最新版】のアイキャッチ画像5枚目

【プロが教える】コーヒーポットのおすすめ人気ランキング25選【2019年最新版】

自宅で手軽においしいコーヒーを淹れられる、コーヒーポット。カリタ・ユキワ・ハリオ・タカヒロ・フィーノ・仔犬印・月兎印などたくさんのメーカーから形も素材もさまざまな商品が販売されています。しかし注ぎ口・取っ手・フタの形状など、一見しただけでは特徴も分かり辛く、選ぶのがなかなか難しいですよね。

そこで今回は、プロのコーヒーバリスタである小池さんに、コーヒーポットの選び方についてお話を伺いました。コーヒーの味の好みや持ち方の癖による違いなど、プロならではの視点を織り交ぜながら選び方のポイントをご紹介します。さらに記事後半では、おいしいコーヒーを淹れるコツも解説。コーヒー好きの方はぜひ参考にしてください。

この記事に登場する専門家

小池 美枝子
石谷 貴之
平岡 佐智男
sacha
eri
うぴこ
  • 最終更新日:2020年01月24日
  • 195,935  views
目次

コーヒーポットの選び方のポイント

今回はコーヒーポットの選び方について、数々のチャンピオンシップへ出場し優勝経験もある、コーヒーバリスタの小池美枝子さんに取材をさせていただきました。

容量・素材・おすすめの機能など、選び方のポイントを詳しく教えていただきましたので、ぜひ今後のコーヒーポット選びの参考にしてみてください。それではさっそくご紹介していきます。
コーヒーポットの選び方のポイント
<取材協力:小池美枝子さん>
SCAJ認定コーヒーマイスター1期取得・コーヒーアカデミー ドンマイスター主宰・バリスタ・バリスタトレーナー。

ジャパンバリスタチャンピオンシップやジャパンコーヒーイングッドスピリッツチャンピオンシップなど、数々のチャンピオンシップ出場を経て、現在ではジャッジを務める。サイフォンコーヒーについては、2006年のジャパンバリスタチャンピオンシップ・サイフォンの部にて優勝経験あり。書籍監修『トップバリスタが教えるエスプレッソ&コーヒー』、テレビ出演「おしゃれ工房」「情報ライブミヤネ屋」など実績多数。

レベルや好みに合ったネック・注ぎ口を選ぼう

注ぎ口とネックの形状により、湯量のコントロールのしやすさが異なります。自身のレベルに合わせるのはもちろん、好みのコーヒーの味にあった注ぎ口・ネックを選んでいきましょう。

初心者は「細さが一定の細口タイプ」

初心者は「細さが一定の細口タイプ」

出典:amazon.co.jp

初心者は湯量のコントロールがしやすいものを選ぶようにしましょう。注ぎ口は細口タイプのもの、ネックは太さが一定になっているものです。一定の細さでゆっくりとお湯を注ぐことができ、ムラなく安定した味のコーヒーが完成します。

湯の残量を目視し、コーヒーポットの傾け具合をわかりやすくしたいという場合には、先端が注射針のような鋭角になっている細口タイプを選んでください。
小池 美枝子
バリスタ/バリスタトレーナー
小池 美枝子さんのコメント
濃いコーヒーがお好きな方も、1滴1滴お湯を落とす点滴投下ができるコーヒーポットを選ぶのがおすすめですよ。ネックが根元から同じ細さならスピードは変えられますが、湯量は変わらないので成分がしっかり抽出された濃いコーヒーになります!

上手くお湯を注げないという方は、コーヒーポットを45度くらいに傾けたときに、先端が垂直になる注ぎ口を選んでみてください。出口から垂直に水が落ちるので、コントロールしやすくなりますよ。

中・上級者は「根元が太い鶴口タイプ」

中・上級者は「根元が太い鶴口タイプ」

出典:amazon.co.jp

中・上級者に適しているのは、傾け方次第で点滴投下も大量のお湯を注ぐこともできるコーヒーポット。注ぎ口はペリカンとも呼ばれる鶴口タイプのもの、ネックは根元が太いタイプです。コントロールは難しいですが、1つのコーヒーポットで味が軽いコーヒーも濃いコーヒーも淹れられます。高低差のあるネックを選ぶのも良いでしょう。

1~2杯なら700ml以下、3~4杯なら1Lサイズを選ぼう

1~2杯なら700ml以下、3~4杯なら1Lサイズを選ぼう

出典:amazon.co.jp

コーヒーポットの場合、大は小を兼ねません。普段淹れるコーヒーの量に合った容量を選ぶことが大切。1~2杯であれば700ml以下、3~4杯なら1Lが目安です。

必要以上に容量の大きいポットは重く、湯量を上手くコントロールできません。容量同様、ポット自体の重量にも注意してください。上手く扱いきれないと、お湯や注ぎ口がフィルターやドリッパーに当たってしまう可能性があります。
小池 美枝子
バリスタ/バリスタトレーナー
小池 美枝子さんのコメント
家庭でおいしいコーヒーを淹れるのに最適なお湯の温度は、93度前後です。1つのポットで4杯以上のコーヒーを淹れようとするとお湯の温度が下がり、飲むときに既にぬるいなんてことも。1度にたくさん淹れたいという場合には、容量1L程度のポットにお湯を継ぎ足して使ってくださいね!

直接火にかけるなら熱効率が良い素材を

直接火にかけるなら熱効率が良い素材を

出典:amazon.co.jp

コーヒーポットの素材は大きく分けて、「ステンレス」「銅」「ホーロー」の3種類です。直接火にかける場合には熱効率が良いステンレスを選びましょう。

熱効率は良くありませんが保温力が高いホーローは、ゆっくり淹れる人やたっぷり入れる方におすすめの素材です。熱効率が1番良いのは銅ですが、お手入れが大変なのが難点です。またIHコンロやハロゲンコンロで使用したい場合には、必ず対応熱源をチェックしてから購入してください。
小池 美枝子
バリスタ/バリスタトレーナー
小池 美枝子さんのコメント
ぜひ自分が気に入った色やデザインを選んで、使わないときでもおしゃれに飾ってみてください。ホーロー製ならどこまで色付けされているのかもチェックしてもらいですね。内側にはダイヤモンド加工やテフロン加工が施されたもの、外側は塗装が剥げにくいようになっている商品を選ぶのがおすすめですよ。

銅は使っているうちに酸化してしまい、色が黒っぽくなってしまいます。熱効率が良いのは魅力ですが、こまめに面倒を見れる方向けかもしれません。

握り方に合った取っ手で楽々コントロール

握り方に合った取っ手で楽々コントロール

出典:amazon.co.jp

ポットの取っ手は手に馴染むものを選ぶことが大事。お湯を注いでいるときはポットを手にぶら下げる状態になるため、力が入ると疲れてしまううえに、思い通りの場所にお湯を注げません。

また取っ手が熱くならないものを選ぶことも重要です。木製や樹脂製の取っ手、または金属製でも空洞になっているものや離れた位置に付いているなど、熱が伝わらない工夫が施されている取っ手を選びましょう。
小池 美枝子
バリスタ/バリスタトレーナー
小池 美枝子さんのコメント
普段何かを握るとき小指側に力が入る方は、取っ手が本体から離れてるタイプを選んでみてください。逆に人差し指側に力が入る方や全体的に握りしめる方は、取っ手が本体に近いタイプが使いやすいですよ。角度が安定して、楽に持てるコーヒーポットを選ぶのがポイントです。

コーヒーカップのような丸い形の取っ手は、下側が熱くて握りにくいので、あまりおすすめできません。

使用シーンに合った機能をチェック

使用シーンに合った機能をチェック

出典:amazon.co.jp

スタンダードなタイプのほか、さまざまな便利な機能が付いたコーヒーポットも販売されています。「電気ケトル」は場所を選ばず時短にもなり、「温度計付き」なら抽出時の温度管理が簡単に。もっと気軽に淹れたいという方には「温度調節機能」付きも便利です。

そのほか「食洗機対応」なら日々のお手入れがぐっと手軽になりますよ。好みや使用シーンに合った機能が備わった商品を選びましょう。
小池 美枝子
バリスタ/バリスタトレーナー
小池 美枝子さんのコメント
特におすすめなのが電気ケトルです。便利なのに、普通のコーヒーポットとお値段が変わらない商品も多いです。忙しい朝でも、優雅にコーヒーを飲むことができますよ。

食洗機に対応しているのなら、どんな洗剤を使っても大丈夫という目安にもなります。つなぎが溶接ではなくネジ止めの商品は食洗機を使えないので、頑丈なものを手に入れたいならぜひ食洗機対応しているものを選んでください!

プロの愛用するおすすめのコーヒーポット

ランキングの前に、まずはプロの愛用するおすすめのコーヒーポットをご紹介します。コーヒーの味は注ぎ方で変わりますので、プロのおすすめポイントを参考に、おいしいコーヒーが楽しめるポットを見つけてくださいね。

専門家の
マイベスト
専門家の
マイベスト
専門家の
マイベスト
専門家の
マイベスト
専門家の
マイベスト

コーヒーポットの人気ランキング25選

人気のコーヒーポットをランキング形式でご紹介します。なおランキングは、Amazon・楽天・Yahoo!ショッピングなど各ECサイトの売れ筋ランキング(2019年12月19日時点)をもとにして順位付けしています。

25位
注ぎ口のタイプ細口
満水容量 1000ml
素材18-8ステンレス
湯沸かし対応
熱源ガスコンロ・IH(200V対応)・シーズヒーター・ハロゲンヒーター・エンクロヒーター・ラジエントヒーター
その他の機能-
24位
注ぎ口のタイプ鶴口
満水容量 750ml
素材18-8ステンレス
湯沸かし対応
熱源ガス火
その他の機能-
23位
注ぎ口のタイプ細口
満水容量 390ml
素材18-8ステンレススチール
湯沸かし対応-
熱源-
その他の機能
22位
注ぎ口のタイプ細口
満水容量 1200ml
素材ステンレス・フェノール樹脂
湯沸かし対応
熱源IH(200V、100V)・ガスコンロ・エンクロヒータ、ラジエントヒータ・ハロゲンヒータ・シーズヒーター
その他の機能-
21位
注ぎ口のタイプ細口
満水容量 約235ml
素材18-8ステンレス鋼
湯沸かし対応-
熱源-
その他の機能-
20位
注ぎ口のタイプ鶴口
満水容量 約800ml
素材ステンレス・天然木(ブナ)・ポリプロピレン
湯沸かし対応
熱源電気ケトル
その他の機能温度設定・自動再活熱、保温(30分)、電源OFF
19位
注ぎ口のタイプ細口
満水容量 350ml
素材ステンレス鋼
湯沸かし対応-
熱源-
その他の機能-
18位
注ぎ口のタイプ細口
満水容量 1000ml
素材ステンレス鋼・天然木
湯沸かし対応
熱源ガス火・IH
その他の機能-
17位
コーヒーポット HARIO(ハリオ) V60ドリップケトル・ウッド 1枚目
出典:amazon.co.jp

HARIO(ハリオ)V60ドリップケトル・ウッド

VKW-120-HSV

4,648円 (税込)

注ぎ口のタイプ細口
満水容量 800ml
素材ステンレス・天然木
湯沸かし対応
熱源ガス火・IH
その他の機能-
16位
注ぎ口のタイプ細口
満水容量 1200ml
素材18-8ステンレス鋼
湯沸かし対応
熱源IHクッキングヒーター・電気コンロ・ガス火
その他の機能温度計付き
15位
コーヒーポット 竹井器物製作所 フィーノ コーヒードリップポット 1枚目
出典:amazon.co.jp

竹井器物製作所フィーノ コーヒードリップポット

OFF-100

1,529円 (税込)

注ぎ口のタイプ細口
満水容量 1000ml
素材18-8ステンレス鋼
湯沸かし対応
熱源ガス火・IH対応
その他の機能-
14位
注ぎ口のタイプ鶴口
満水容量 700ml
素材ホーロー
湯沸かし対応
熱源ガス火
その他の機能-
13位
注ぎ口のタイプ細口
満水容量 650ml
素材18-8ステンレス
湯沸かし対応
熱源ガス火・クッキングヒーター
その他の機能-
12位
注ぎ口のタイプ細口
満水容量 350ml
素材ステンレス
湯沸かし対応-
熱源-
その他の機能-
11位
注ぎ口のタイプ細口
満水容量 1100ml
素材ステンレス鋼・フェノール樹脂
湯沸かし対応
熱源ガスコンロ・IH・シーズヒーター・ハロゲンヒーター・エンクロヒーター・ラジエントヒーター
その他の機能温度計付き
10位
注ぎ口のタイプ細口
満水容量 700ml
素材ステンレス
湯沸かし対応
熱源電気ケトル
その他の機能空だき防止・自動電源OFF
9位
注ぎ口のタイプ細口
満水容量 250ml
素材304食品グレードステンレス鋼
湯沸かし対応-
熱源-
その他の機能-
8位
注ぎ口のタイプ鶴口
満水容量700ml
素材
湯沸かし対応
熱源ガス火
その他の機能-
7位
注ぎ口のタイプ細口
満水容量700ml
素材ステンレス
湯沸かし対応
熱源ガス火
その他の機能-
6位
注ぎ口のタイプ細口
満水容量250ml
素材ステンレス
湯沸かし対応-
熱源-
その他の機能-
5位
注ぎ口のタイプ細口
満水容量1000ml
素材18-8ステンレス
湯沸かし対応
熱源ガス火・IH対応
その他の機能-
4位
注ぎ口のタイプ細口
満水容量 900ml
素材18-8ステンレス
湯沸かし対応
熱源ガス火・100V電磁調理器対応
その他の機能-
3位
注ぎ口のタイプ細口
満水容量 600ml
素材18-8ステンレス鋼
湯沸かし対応-
熱源-
その他の機能-
2位
注ぎ口のタイプ細口
満水容量800ml
素材ステンレス・ポリプロピレン
湯沸かし対応
熱源電気ケトル
その他の機能自動電源OFF
1位
コーヒーポット HARIO(ハリオ)  V60ドリップケトル・ヴォーノ 1枚目
出典:hario.com

HARIO(ハリオ) V60ドリップケトル・ヴォーノ

VKB-120HSV

2,373円 (税込)

注ぎ口のタイプ細口
満水容量 800ml
素材ステンレス・フェノール樹脂
湯沸かし対応
熱源ガス火・IH対応
その他の機能-

人気コーヒーポットの比較一覧表

商品画像
1
コーヒーポット HARIO(ハリオ)  V60ドリップケトル・ヴォーノ 1枚目

HARIO(ハリオ)

2
コーヒーポット ラッセルホブス カフェケトル

ラッセルホブス

3
コーヒーポット KEYUCA(ケユカ) DENKドリップポット 1枚目

KEYUCA(ケユカ)

4
コーヒーポット タカヒロ コーヒードリップポット 雫 1枚目

タカヒロ

5
コーヒーポット 和平フレイズ カンパーナ コーヒーポット

和平フレイズ

6
コーヒーポット Lautechco コーヒードリップポット 1枚目

Lautechco

7
コーヒーポット カリタ ステンレス製細口ポット

カリタ

8
コーヒーポット カリタ 銅ポット

カリタ

9
コーヒーポット Kslong コーヒーポット 1枚目

Kslong

10
コーヒーポット アピックス 電気カフェケトル 1枚目

アピックス

11
コーヒーポット パール金属 美味カフェ ドリップポット 1枚目

パール金属

12
コーヒーポット Lautechco コーヒードリップポット 1枚目

Lautechco

13
コーヒーポット Love-KANKEI  コーヒードリップケトル 1枚目

Love-KANKEI

14
コーヒーポット 月兎印 スリムポット 1枚目

月兎印

15
コーヒーポット 竹井器物製作所 フィーノ コーヒードリップポット 1枚目

竹井器物製作所

16
コーヒーポット RIVERS FELLOW スタッグケトル 1枚目

RIVERS

17
コーヒーポット HARIO(ハリオ) V60ドリップケトル・ウッド 1枚目

HARIO(ハリオ)

18
コーヒーポット 珈琲考具 ドリップポット ITTEKI 1枚目

珈琲考具

19
コーヒーポット Niviy 細口コーヒードリップポット 1枚目

Niviy

20
コーヒーポット ビタントニオ 温調ドリップケトル ACTY  1枚目

ビタントニオ

21
コーヒーポット よこやま コーヒードリップポット 1枚目

よこやま

22
コーヒーポット HARIO(ハリオ) V60ドリップケトル・フィット 1枚目

HARIO(ハリオ)

23
コーヒーポット 貝印 KHSコーヒードリップポット 1枚目

貝印

24
コーヒーポット ユキワ コーヒーポット 1枚目

ユキワ

25
コーヒーポット ヨシカワ フォンスドリップポット 1枚目

ヨシカワ

商品名

V60ドリップケトル・ヴォーノ

カフェケトル

DENKドリップポット

コーヒードリップポット 雫

カンパーナ コーヒーポット

コーヒードリップポット

ステンレス製細口ポット

銅ポット

コーヒーポット

電気カフェケトル

美味カフェ ドリップポット

コーヒードリップポット

コーヒードリップケトル

スリムポット

フィーノ コーヒードリップポット

FELLOW スタッグケトル

V60ドリップケトル・ウッド

ドリップポット ITTEKI

細口コーヒードリップポット

温調ドリップケトル ACTY

コーヒードリップポット

V60ドリップケトル・フィット

KHSコーヒードリップポット

コーヒーポット

フォンスドリップポット

特徴迷ったらコレ!コストパも注ぎやすさも最高クラスコーヒー1杯分のお湯が約1分で沸く電気ケトル職人の手にで仕上げた、使う人を選ばないコーヒーポットプロも納得!点滴抽出も可能な究極の注ぎ口取っ手が特徴。持ち上げやすくたくさんのお湯でも安定1人用のコーヒーに最適な手のひらサイズ。持ち出しにも便利細長口で水切れが抜群!1滴ずつ狙える使い込むほどに愛着の沸く銅製のポット初心者におすすめなコスパに優れたコーヒーポット高機能で使いやすさ抜群!木目調の取っ手も魅力細かい温度管理が可能!こだわり派や好みの温度を見つけたい方にコンパクトで、湯量コントロールがしやすいと口コミでも評判初心者にもぴったり!お手頃価格でシンプルなステンレス製ポットホーローならではの色合いと自然な形状が美しい!メイド・イン・ジャパンの高品質がリーズナブルに手に入る!1滴ごとのコントロールがしやすいコーヒーポットドリップに便利な木製の取っ手と蓋に注目注ぎ口の幅は4.5mm!初心者でも上手にドリップできるお手頃価格なのに高級感ある見た目。使いやすさでも人気!温度調整できるから自分好みのコーヒーが楽しめる本格的なコーヒーポットでドリップを楽しみたいあなたにドリップのしやすさに特化したコーヒーポットオフィスやアウトドアでも!幅広い場面で使える万能さが魅力ドリップのための工夫がいろいろ。取っ手も熱くなりにくい!オールステンレス製の細口タイプだから初心者に最適!
最安値
2,373
送料要確認
詳細を見る
3,915
送料無料
詳細を見る
2,739
送料要確認
詳細を見る
8,140
送料別
詳細を見る
1,915
送料要確認
詳細を見る
795
送料要確認
詳細を見る
3,151
送料要確認
詳細を見る
7,797
送料別
詳細を見る
1,259
送料要確認
詳細を見る
3,850
送料別
詳細を見る
1,328
送料別
詳細を見る
695
送料別
詳細を見る
2,280
送料要確認
詳細を見る
3,140
送料要確認
詳細を見る
1,529
送料別
詳細を見る
11,082
送料無料
詳細を見る
4,648
送料別
詳細を見る
5,500
送料要確認
詳細を見る
749
送料要確認
詳細を見る
3,924
送料無料
詳細を見る
2,290
送料要確認
詳細を見る
3,198
送料別
詳細を見る
2,840
送料要確認
詳細を見る
11,008
送料要確認
詳細を見る
2,810
送料別
詳細を見る
注ぎ口のタイプ細口細口細口細口細口細口細口鶴口細口細口細口細口細口鶴口細口細口細口細口細口鶴口細口細口細口鶴口細口
満水容量 800ml800ml600ml900ml1000ml250ml700ml700ml250ml700ml1100ml350ml650ml700ml1000ml1200ml800ml 1000ml350ml約800ml約235ml1200ml390ml750ml1000ml
素材ステンレス・フェノール樹脂ステンレス・ポリプロピレン18-8ステンレス鋼18-8ステンレス18-8ステンレスステンレスステンレス304食品グレードステンレス鋼ステンレスステンレス鋼・フェノール樹脂ステンレス18-8ステンレスホーロー18-8ステンレス鋼18-8ステンレス鋼ステンレス・天然木ステンレス鋼・天然木ステンレス鋼ステンレス・天然木(ブナ)・ポリプロピレン18-8ステンレス鋼ステンレス・フェノール樹脂18-8ステンレススチール18-8ステンレス18-8ステンレス
湯沸かし対応-------
熱源ガス火・IH対応電気ケトル-ガス火・100V電磁調理器対応ガス火・IH対応-ガス火ガス火-電気ケトルガスコンロ・IH・シーズヒーター・ハロゲンヒーター・エンクロヒーター・ラジエントヒーター-ガス火・クッキングヒーター ガス火ガス火・IH対応IHクッキングヒーター・電気コンロ・ガス火ガス火・IHガス火・IH-電気ケトル-IH(200V、100V)・ガスコンロ・エンクロヒータ、ラジエントヒータ・ハロゲンヒータ・シーズヒーター-ガス火ガスコンロ・IH(200V対応)・シーズヒーター・ハロゲンヒーター・エンクロヒーター・ラジエントヒーター
その他の機能-自動電源OFF-------空だき防止・自動電源OFF温度計付き----温度計付き---温度設定・自動再活熱、保温(30分)、電源OFF----
商品リンク

おいしいコーヒーの淹れ方のポイント

ここからは、基本的なコーヒーの淹れ方から、小池さんに伺った注湯時のアドバイスまでをご紹介します。お気に入りのコーヒーポットを手に入れて、おうちでもおいしいコーヒーを淹れましょう。

コーヒー豆1gに対してお湯は10ccを目安に

コーヒー豆1gに対してお湯は10ccを目安に

出典:amazon.co.jp

おいしいコーヒーを淹れるには、カップ1杯150ccに対して15gのコーヒー豆を用意しましょう。120cc~130ccのコーヒーが完成します。目安としては、お湯10ccに対してコーヒー豆は1gです。

ここで注意したいのが、1度に2杯以上淹れる場合です。単純に使用するコーヒー豆を倍にしていくのではなく、2杯300ccなら27g・3杯450ccなら36gというように、豆の量を8割ずつ増やすようにしましょう。これは、1度にたくさん淹れたほうが抽出効率が良くなるためです。

なおコーヒー豆の量で調整するのが難しい場合には、1杯ごとに湯量を20cc~30ccほど増やしてみてください。

ゆっくり飲みたいなら使う道具を温めよう

ゆっくり飲みたいなら使う道具を温めよう
道具が冷えていると、せっかく適温で淹れたコーヒーもすぐに冷めてしまいます。おいしいコーヒーを堪能するためにも、ドリッパー・サーバー・カップに沸騰したお湯をかけて温めておくことが大切。冬場は特に効果的です。さらにゆっくり時間をかけて飲みたいときには、保温性が高く冷めにくいガラス製や陶器製の道具を使うと良いですよ。

正しいお湯の注ぎ方

準備が整ったら、いよいよコーヒーポットを使用しコーヒーを淹れていきましょう。

基本の工程は「蒸らし」と「抽出」

基本の工程は「蒸らし」と「抽出」
コーヒーを淹れる工程は大きく分けて、「蒸らし」と「抽出」の2つに分けられます。特に蒸らしはコーヒーの味を左右する重要な作業です。

まずは蒸らし。サーバー・ドリッパー・フィルター・コーヒー粉をセットしたら、フィルターを濡らさないように注意しつつ中心部分から20cc程度の少量のお湯を優しく注ぎ、粉がムクムクと膨らむのを確認。30秒から1分ほど蒸らしてください。

蒸らしが完了したら次は抽出です。「の」の字を描くように中心からお湯を静かに注ぐのがコツです。サーバーの目盛りを確認し適切な分量まで入ったら、ドリッパーにお湯が残っていても出し切らずにすぐにドリッパーを外します。このとき、最後まで抽出しないのがポイントです。
小池 美枝子
バリスタ/バリスタトレーナー
小池 美枝子さんのコメント
慣れていない方は、お湯をまんべんなく一気に注ぎがちです。お湯がフィルターに直接かかると、豆にお湯が触れずにそのまま流れてしまいます。コーヒーが水っぽくなってしまうと悩んでいる方は、外側にお湯をかけないだけでも味が全く違いますよ。

出てくるコーヒーのスピードと、注ぐお湯のスピードが同じなのが理想です。早く注ぎすぎるとドリッパーの上にお湯が溜まってコーヒーに雑味が入ってしまいますので、ゆっくり丁寧にお湯を注いであげてくださいね。

目でお湯を操って上手にドリップ

目でお湯を操って上手にドリップ
「の」の字を書くように円を描きながらお湯を注ぐ。よく聞くアドバイスですが、おいしいコーヒーを淹れる際に同じように重要なのは円のサイズとスピードです。描く円は一円玉程度のサイズに抑え、お湯が勢いよく流れないように注意しましょう。ゆっくりと時間をかけてお湯を注ぐことでコーヒーとお湯が接している時間が長くなるため、コーヒーの成分がしっかり出ます。
小池 美枝子
バリスタ/バリスタトレーナー
小池 美枝子さんのコメント
目線をお湯の着地点に集中させて、「動けー動けー」と念じながら円を描きましょう。手で回そうとすると大きく回しすぎてしまったり、いっぱいお湯を注ぎたくなってしまいます。「目でお湯を操る」ということを意識すると、うまくドリップできますよ♪

コーヒーを追求するならドリッパーにもこだわろう!

今回はコーヒーポットをご紹介しましたが、ドリップコーヒーには好みに合わせたドリッパー選びも重要です。以下の記事ではコーヒードリッパーの選び方と人気商品を紹介していますので、ぜひあわせてチェックしてみてくださいね。

コーヒーポットの売れ筋ランキングもチェック!

なおご参考までに、コーヒーポットのAmazon、楽天の売れ筋ランキングは、以下のリンクから確認してください。

まとめ

コーヒーポットのおすすめ人気ランキングはいかがでしたか?

選び方はもちろんさまざまな商品をご紹介しましたが、どれもおいしいコーヒーをドリップするためのデザインにこだわったものばかりです。ぜひお気に入りのコーヒーポットを手に入れて、おうちカフェを楽しんでください。

関連記事

人気の記事

人気のアイテムリスト

カテゴリから探す