• ドライブレコーダーのおすすめ人気ランキング10選【前後カメラで煽り運転対策も!】のアイキャッチ画像1枚目
  • ドライブレコーダーのおすすめ人気ランキング10選【前後カメラで煽り運転対策も!】のアイキャッチ画像2枚目
  • ドライブレコーダーのおすすめ人気ランキング10選【前後カメラで煽り運転対策も!】のアイキャッチ画像3枚目
  • ドライブレコーダーのおすすめ人気ランキング10選【前後カメラで煽り運転対策も!】のアイキャッチ画像4枚目
  • ドライブレコーダーのおすすめ人気ランキング10選【前後カメラで煽り運転対策も!】のアイキャッチ画像5枚目

ドライブレコーダーのおすすめ人気ランキング10選【前後カメラで煽り運転対策も!】

当て逃げ・追突・煽り運転など、自動車事故にまつわるトラブル対策や、リスク回避などに役立つ「ドライブレコーダー」。しかし、ケンウッド・ユピテル・コムテックなどのメーカーや、前後取付けタイプ、駐車時も監視するモデルなどいろんなタイプが販売され、どれを選んでいいか迷ってしまいますよね。

今回は、ドライブレコーダーの選び方を解説しつつ、おすすめ商品を人気ランキング形式でご紹介します。高性能なドライブレコーダーを選んで、リスク回避に役立てましょう!
  • 最終更新日:2020年01月20日
  • 343,839  views
目次

ドライブレコーダーはもしものときの心強い証人!

ドライブレコーダーはもしものときの心強い証人!

煽り運転・衝突事故・当て逃げなど、車を運転する以上は誰にでも起こり得るトラブル。100%こちらが正しいと主張しても、証人がいないと説得力に欠けてしまうことも...。そんなときに頼りになるのが「ドライブレコーダー」です!


ドライブレコーダーがあれば、事故の瞬間の映像を残し確固たる証拠として自分の正当性を訴えることが可能に。どちらに責任の所在があるかを明確にすることができるので、トラブルを長期化させる心配もありません。


他にも、駐車中も監視してくれるシステムがあればより安心。バックカメラ付きなら、煽り運転やそれに纏わる事故の証拠もしっかりと押さえられます。もしものときに心強い証人となって守ってくれるドライブレコーダーは、ドラーバーの必需品ですよ。

ドライブレコーダーの選び方

まずは、ドライブレコーダーの選び方について見ていきましょう。

映像の鮮明さと録画範囲で選ぼう

ドライブレコーダーは、事故時の映像が鮮明にはっきりと映っていることが最も重要です。ぼやけたり映っていなかったりすると、証拠としての効果が大きく薄れてしまいます。安心のためにも、映像にはこだわって選ぶようにしましょう。

相手のナンバーの読み取りのためにもフルHD・200万画素以上を標準装備に

相手のナンバーの読み取りのためにもフルHD・200万画素以上を標準装備に

出典:amazon.co.jp

相手のナンバーをぼやけることなくはっきりと映すためにも、フルHD・200万画素以上の画質を搭載した製品を選びましょう。フルHDは解像度1920×1080の非常に鮮明な画像で、相手のナンバーまではっきりと映し出してくれます


さらに、200万画素以上を選べばナンバーの文字がつぶれにくく、よりはっきりとした映像を記録することができますよ。

予算に余裕があれば、解像度が2560×1440の「WQHD」もおすすめ。フルHDよりもさらに高画質で、周りの交通状況や信号、歩行者などを鮮明に記録することが可能です。もしものときに安心するためにも、予算をオーバーしてもフルHDと200万画素の製品を選びましょう。

水平画角は100°以上が目安、余裕があれば360°タイプを

水平画角は100°以上が目安、余裕があれば360°タイプを

出典:amazon.co.jp

さまざまなタイプの事故に対応するためにも、水平画角は100°以上が基本。事故は、正面衝突だけとは限りません。水平画角100°の機能を装備すれば、追い越しざまや右左折時など、側方での事故も記録可能


側方での事故は、ドライバーも事故の瞬間を視覚で確認できていなことがあるため、とても心強い味方になってくれますよ。もしものときのためにも、さまざまな角度に対応できる商品を選びましょう。


また、予算に余裕があれば「360°」タイプを選ぶのもおすすすめ。こちらは360°全方位を記録可能で、死角がないことが最大の魅力。正面・側方・後方の全てを記録できるので、非常に安心感が高くなります。

フレームレートは30fps以上、もしくはLED信号対応モデルを

フレームレートは30fps以上、もしくはLED信号対応モデルを

滑らかな映像を記録し信号機の点滅を逃さないためにもフレームレートは30fps以上、もしくはLED信号対応モデルを選びましょう。


フレームレートは、「1秒間に何枚写真を撮影できるか」という指標。LED信号機は高速で点滅することで、点灯しているように見せています。東日本は「1秒間に100回」、西日本は「1秒間に120回」点滅しているため、フレームレートが低いと信号機の消灯のタイミングと重なり、信号が消えて見える恐れも


事故のとき信号が消えていたら、証拠にならない恐れもあるので、信号機に対応しているモデルを選ぶことは必須ですよ。

明るさ補正ができるHDR・WDR。夜間の撮影にも注目

明るさ補正ができるHDR・WDR。夜間の撮影にも注目

トンネルの出入り口や眩しい西日など、急激な明るさの変化に対応できる製品を選ぶのが◎。暗い部分が「黒つぶれ」したり、明るい部分の「白とび」が発生して見づらくなるのを防いでくれます。


HDR・WDR機能は、自動で明るさを調節して明暗差を少なくしてくれるのが魅力。明るさの変化に対応し、はっきりと鮮明な動画を撮影してくれます。


また、夜間の事故でもはっきり映せるかどうかも重要です。大型、もしくは高性能なイメージセンサーを採用しているものなら、夜間でも鮮明に映すことが可能に。製品によって夜間の鮮明さには差があるので、口コミを参考にするのもおすすめですよ!

前後カメラで煽り運転対策と抑止を

前後カメラで煽り運転対策と抑止を

出典:amazon.co.jp

前後にカメラが付いていると、より一層安心感が増すのでおすすめです。冒頭でも触れたように、事故は正面からとは限りません。後ろにカメラがあれば、追突された際の映像を記録することが可能です。同時に、追突された際に自車が止まっていることが証明されれば、過失を受ける心配も下がります。


さらに、昨今問題となっている煽り運転にも効果を発揮。前面カメラのみだと、煽り運転を受けているかが分かりません。後ろにカメラがあることで、煽り運転をはっきり撮ることができる上に、煽り運転を抑制する効果もアップしますよ。

事故の衝撃で映像記録を保護するGセンサー付きがベスト

事故の衝撃で映像記録を保護するGセンサー付きがベスト

事故時の映像を保護してくれる「Gセンサー」は、もはや必須ともいえる重要な機能。事故の衝撃を感知すると、事故時の映像が上書きされないように保護する優れものです。


せっかく事故時の映像を記録したのに、映像が上書きされてしまっては元も子もありません。多くのドライブレコーダーは、常に新しい動画を上書きし続けながら記録しています。Gセンサー機能がないと、時間の経過とともに事故時の映像が上書きされ、消えてしまうので注意してくださいね。


大事な証拠を消さないためにも、Gセンサー機能付きの製品を選ぶようにしましょう!

GPSや駐車監視などの付加機能付きならより安心

GPSや駐車監視などの付加機能付きならより安心

映像記録以外におすすめなのが、GPS・駐車監視・動体検知の3つの機能。「GPS」は事故が発生した当時の速度が分かるので、証拠を増やすことができます。日時や場所なども記録してくれるのもうれしいですね。


「駐車監視」は駐車中の車に衝撃が加わるとカメラが起動するので、盗難や当て逃げのされたときにも安心


「動体検知」は駐車中の車の周囲で動く物体を検知すると、カメラが起動して映像を記録します。駐車監視と似ていますが、車に衝撃がなくてもセンサーが反応してくれる優れものです。事故時の記録だけでなく、さまざまな付加機能があると利便性が増しますよ。

ドライブレコーダーのおすすめ人気ランキング10選

ここからはおすすめのドライブレコーダーをランキング形式でご紹介します。目的に合ったドライブレコーダーを選んでくださいね。

10位
解像度フルHD(フロントのみ)
水平画角-
フレームレート-
明るさ補正
夜間撮影機能-
前後カメラ
Gセンサー
付加機能駐車監視・動体検知
9位
解像度フルHD・200万画素
水平画角136°
フレームレート27.5fps(LED信号対応)
明るさ補正
夜間撮影機能
前後カメラ×
Gセンサー
付加機能駐車監視
8位
解像度フルHD
水平画角-
フレームレートLED信号対応
明るさ補正
夜間撮影機能
前後カメラ×
Gセンサー
付加機能駐車監視・動体検知
7位
解像度フルHD200万画素
水平画角136°
フレームレートLED信号対応
明るさ補正
夜間撮影機能
前後カメラ×
Gセンサー
付加機能GPS・駐車監視
6位
解像度フルHD(フロントのみ)
水平画角-
フレームレートLED信号対応
明るさ補正
夜間撮影機能
前後カメラ
Gセンサー
付加機能GPS・駐車監視
5位
解像度フルHD
水平画角-
フレームレート30fps
明るさ補正
夜間撮影機能
前後カメラ
Gセンサー
付加機能駐車監視・動体検知
4位

ユピテル前後2カメラ ドライブレコーダー

DRY-TW7500d

19,100円 (税込)

解像度フルHD200万画素(フロントのみ)
水平画角F128°・R82°
フレームレートF27.5 /R30コマfps(LED信号対応)
明るさ補正
夜間撮影機能-
前後カメラ
Gセンサー
付加機能GPS・駐車監視
3位

ケンウッド前後撮影対応2カメラドライブレコーダー

drv-mr740

21,780円 (税込)

解像度フルHD・210万画素
水平画角100°
フレームレートLED信号対応
明るさ補正
夜間撮影機能-
前後カメラ
Gセンサー
付加機能GPS・駐車監視・動体検知
2位

コムテック前後2カメラ ドライブレコーダー

ZDR-015

21,450円 (税込)

解像度フルHD・200万画素
水平画角F115°・R112°
フレームレート29.1 / 19.1fps(LED信号対応)
明るさ補正
夜間撮影機能
前後カメラ
Gセンサー
付加機能GPS・駐車監視
1位

コムテック前後2カメラ ドライブレコーダー

ZDR026

31,180円 (税込)

解像度WQHD・370万画素
水平画角113°
フレームレート19.1・29.1fps(LED信号対応)
明るさ補正
夜間撮影機能
前後カメラ
Gセンサー
付加機能GPS・駐車監視

人気ドライブレコーダーの比較一覧表

商品画像
1
ドライブレコーダー コムテック 前後2カメラ ドライブレコーダー 1枚目

コムテック

2
ドライブレコーダー コムテック 前後2カメラ ドライブレコーダー  1枚目

コムテック

3
ドライブレコーダー ケンウッド 前後撮影対応2カメラドライブレコーダー 1枚目

ケンウッド

4
ドライブレコーダー ユピテル 前後2カメラ ドライブレコーダー 1枚目

ユピテル

5
ドライブレコーダー Aisea 3カメラ搭載 ドライブレコーダー 1枚目

Aisea

6
ドライブレコーダー APEMAN ドライブレコーダー 前後カメラ 1枚目

APEMAN

7
ドライブレコーダー コムテック ドライブレコーダー 1枚目

コムテック

8
ドライブレコーダー APEMAN ライブレコーダー 1枚目

APEMAN

9
ドライブレコーダー コムテック ドライブレコーダー 1枚目

コムテック

10
ドライブレコーダー Joyhouse ドライブレコーダー 前後カメラ 1枚目

Joyhouse

商品名

前後2カメラ ドライブレコーダー

前後2カメラ ドライブレコーダー

前後撮影対応2カメラドライブレコーダー

前後2カメラ ドライブレコーダー

3カメラ搭載 ドライブレコーダー

ドライブレコーダー 前後カメラ

ドライブレコーダー

ライブレコーダー

ドライブレコーダー

ドライブレコーダー 前後カメラ

特徴「超」高画質で周りの状況を鮮明に記録!安心感抜群高性能さと安全運転支援機能で高い安心感210万画素で、文字までハッキリの鮮明動画!高品質で安心のユピテル。前後カメラ付きでコスパも◎3カメラ搭載で安全性がアップ1.8レンズで昼夜問わず鮮明動画コンパクトで十分な機能性。安全運転支援機能も◎お求めやすい価格でコスパ良好視野が広くて安心。高品質なコムテック製品赤外線機能で夜間走行も鮮明に録画
最安値
31,180
送料無料
詳細を見る
21,450
送料別
詳細を見る
21,780
送料無料
詳細を見る
19,100
送料無料
詳細を見る
5,780
送料要確認
詳細を見る
5,280
送料要確認
詳細を見る
17,800
送料無料
詳細を見る
3,598
送料要確認
詳細を見る
12,487
送料要確認
詳細を見る
6,180
送料要確認
詳細を見る
解像度WQHD・370万画素フルHD・200万画素フルHD・210万画素フルHD200万画素(フロントのみ)フルHDフルHD(フロントのみ)フルHD200万画素フルHDフルHD・200万画素フルHD(フロントのみ)
水平画角113°F115°・R112°100°F128°・R82°--136°-136°-
フレームレート19.1・29.1fps(LED信号対応)29.1 / 19.1fps(LED信号対応)LED信号対応F27.5 /R30コマfps(LED信号対応)30fpsLED信号対応LED信号対応LED信号対応27.5fps(LED信号対応)-
明るさ補正
夜間撮影機能---
前後カメラ×××
Gセンサー
付加機能GPS・駐車監視GPS・駐車監視GPS・駐車監視・動体検知GPS・駐車監視駐車監視・動体検知GPS・駐車監視GPS・駐車監視駐車監視・動体検知駐車監視駐車監視・動体検知
商品リンク

確実な記録にはメモリーカードのリフレッシュが必要

確実な記録にはメモリーカードのリフレッシュが必要

ドライブレコーダーは、もしものときに証拠を残してくれる心強い味方。しかし、高い車内温度や振動に常時の録画など、ドライブレコーダーの映像を記録するメモリーカードは、ハードな環境で使われています。


メモリーカードに高負荷がかかり続けていると、場合によっては「しっかりと録画されていなかった」という事態にも。確実に事故時の動画を記録するためにも、定期的にメモリーカードの「リフレッシュ(フォーマット)」を行いましょう。


1~2週間を目安に定期的にリフレッシュすれば、メモリーカードの負担が軽減されるので安心感もアップ。ただし、メモリーカードにも寿命はあるので、2~3年ほどで取り換えるのがおすすめですよ。

ナビやレーダー探知機も準備しよう!

車に取り付ける機器類なら、カーナビやレーダー探知機も見逃せません。ナビは今や必需品。速度取締機を察知してくれるレーダー探知機も、ドライブレコーダーと連動するものなどもあり、性能が高まってきています。ぜひ一緒にチェックしてみてください!

ドライブレコーダーの売れ筋ランキングもチェック!

なおご参考までに、ドライブレコーダーのAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングの売れ筋ランキングは、以下のリンクから確認してください。

まとめ

いかがでしたか?安全のため、今やドラレコは運転時の必須アイテム。フルHDの高解像度で広角の映像を記録できるドライブレコーダーでも、お手ごろ価格で手に入るモデルはたくさんあります。


運転の目的や時間帯によって必要な機能は変わりますので、ご自身のライフスタイルに合わせたものを選んで、安全対策してくださいね。

関連記事

人気の記事

人気のアイテムリスト

カテゴリから探す