• ヨガブロックのおすすめ人気ランキング10選【ヨガワークスなど!】のアイキャッチ画像1枚目
  • ヨガブロックのおすすめ人気ランキング10選【ヨガワークスなど!】のアイキャッチ画像2枚目
  • ヨガブロックのおすすめ人気ランキング10選【ヨガワークスなど!】のアイキャッチ画像3枚目
  • ヨガブロックのおすすめ人気ランキング10選【ヨガワークスなど!】のアイキャッチ画像4枚目
  • ヨガブロックのおすすめ人気ランキング10選【ヨガワークスなど!】のアイキャッチ画像5枚目

ヨガブロックのおすすめ人気ランキング10選【ヨガワークスなど!】

ホットヨガやマタニティヨガなどのブームもあり、ヨガを始める人が急増中!そこで正しいポーズをとるために欠かせないのが「ヨガブロック」です。どれも同じように見えますが、コルク・木製・樹脂など素材もいろいろ。ヨガワークスなどの専門店のものから、リーズナブルで手に取りやすいものまで価格もさまざまです。

そこで今回は、ヨガブロックの選び方とおすすめ商品を、人気ランキング形式でご紹介します。ヨガブロックは、簡単なストレッチにも利用可能。1つあると便利ですので、お気に入りをぜひぜひ見つけてくださいね。

この記事に登場する専門家

中村 美日子
  • 最終更新日:2019年02月01日
  • 20,363  views
目次

ヨガブロックとは

ヨガブロックとは
ヨガブロックとは、難しいヨガポーズをする際に高さや力の入り具合をサポートする、ヨガの補助具(ヨガプロップ)です。ヨガブロックでブレない土台を作ることで安定し、リラックスできる正しいポーズをとることが可能になります。

1つのヨガブロックで、縦・横・厚さの3種類の高さを利用することができ、複数のヨガブロックを組み合わせるとさらにポーズの幅が広がります。

ヨガの他にもストレッチ・筋力トレーニング・椅子の背もたれとして使うなど、アイディア次第でさまざまな使い方ができるアイテムです。

ヨガブロックの選び方

一見しただけでは、どの商品もそれほど違いがないようにみえるヨガブロック。特に初めて使うという方には、基準がわかりにくいですよね。ここでは、そんなヨガブロックの選び方をご紹介しますので、参考にしてください。

素材で選ぶ

ヨガブロックに使われている素材は、EVA樹脂・コルク・木の3種類が主流です。それぞれの素材にメリット・デメリットがあるので、特徴をしっかり確認した上で、まずはどの素材を選ぶのか決めましょう。

EVA樹脂製:リーズナブルでバリエーション豊富。初心者にもおすすめ

EVA樹脂製:リーズナブルでバリエーション豊富。初心者にもおすすめ
最も一般的で値段が安いのが「EVA樹脂製」のヨガブロックです。カラーバリエーションもデザインも豊富にあり、初心者にぴったりの素材。軽量なので持ち運びにも適しています。

ただし爪でひっかいた跡が残ってしまったり、変形してしまったりと耐久性が他の素材に比べ劣り、汗をかくと滑りやすいので安定感に欠けます。

安価なので買い換えを前提に選ぶのも一手ですが、商品によって品質が異なるのでよりよいヨガブロックをお探しの方は口コミなども参考に選びましょう。

コルク製:汗を吸収するので滑りにくく、ホールド力も高い

コルク製:汗を吸収するので滑りにくく、ホールド力も高い
やさしい手触りと適度な重さで、ホールド力が高く耐久性にも優れているのが「コルク製」のヨガブロック。汗を吸収してくれるので、滑りにくいところも特徴です。

しかし、汗を吸収する分臭いが発生しやすいのがデメリット。こまめなメンテナンスが必要なので、EVA樹脂に比べ手間がかかります。


機能性には関係ありませんが、環境にやさしいリサイクル素材であるところも魅力。地球にやさしいヨガブロックをお探しの方にもおすすめです。

木製:耐久性が高く安定感バツグン。木の温もりや香りも楽しめる

木製:耐久性が高く安定感バツグン。木の温もりや香りも楽しめる
木製のヨガブロックは安定感があり、耐久性にも優れています。重量もあるのでポーズをとる際にもグラつかず、安心して身を任せることができるのがポイント。木ならではの温もりや香りが楽しめるのも魅力です。

ただし、コルク製同様汗を吸収するのでメンテナンスが必要。使われている木材によって重さは異なりますが、1kgなどかなり重い場合があるので持ち運びには少し不便です。


また値段も他の素材に比べると高めなので、購入の際にはじっくり比較・検討することをおすすめします。

とりたいポーズの高さに合わせてサイズを選ぶ

とりたいポーズの高さに合わせてサイズを選ぶ
ヨガブロックのサイズは大きく分けて2種類。縦・横の長さは23×15cm前後で、どの商品も大して変わりませんが、厚さは約7.5cmと約10cmのものがあります。

一般的に使われているのは厚さ7.5cm。ポーズを微調整するのに適しています。厚さ約10cmのものは安定感があり、高さを補助したいときの使用に最適です。


使い方によって必要な厚みは変わりますので、どのポーズの高さを補助したいのか考えて選びましょう。

レッスンに持ち運ぶなら300g前後のものがおすすめ

レッスンに持ち運ぶなら300g前後のものがおすすめ
ヨガブロックをスタジオに持っていき、レッスンで使いたい方も多いと思います。その時にチェックしておきたいのが重さです。

軽すぎると安定感の面で不安がありますが、あまり重いものだと持ち運びには不便。自宅以外で使うなら300g前後の軽いヨガブロックを選ぶのがおすすめです。


「木製」と「コルク製」のヨガブロックは1kg前後のものも多いので、特に通販で買うときは、重さを忘れずにチェックしてください。

プロの愛用するおすすめのヨガブロック

まずはランキングの前に、プロの愛用するおすすめのヨガブロックをご紹介します。プロのおすすめポイントを参考に、長く使えるお気に入りを見つけてくださいね。
専門家の
マイベスト

ヨガブロックの人気ランキング10選

ここからは、おすすめのヨガブロックをランキング形式で発表します。さまざまなタイプのヨガブロックをご紹介しますので、使い方に合わせて最適なものを見つけてください。

10位
素材高密度EVA樹脂
サイズ30.5×20.5×5cm
重さ300g
9位
素材コルク
サイズ23×15×10cm
重さ記載なし
8位
素材桧 or 杉
サイズ23×12×7cm
重さ桧900g~1kg・杉630~700g
7位

Tiiyarヨガブロック (2個)+ヨガストラップ セット

1,399円 (税込)

素材EVA樹脂
サイズ15×23×7.6cm
重さ100~120g
6位
ヨガブロック オーエイチプラス コルク ヨガブロック
出典:amazon.co.jp

オーエイチプラスコルク ヨガブロック

2,580円 (税込)

素材コルク
サイズ約23×15×7.5cm
重さ約900g
5位
ヨガブロック リーボック ヨガ ブロック シェイプタイプ
出典:amazon.co.jp

リーボックヨガ ブロック シェイプタイプ

RAYG10035

2,020円 (税込)

素材EVA樹脂
サイズ22.8×15.2×7.6cm
重さ約180g
4位
素材超高密度EVA
サイズ23×15×10cm
重さ記載なし
3位
素材超高密度EVA
サイズ15.2×22.7×7.7cm
重さ340g
2位
素材ウレタン
サイズ約22.5×15×7.5cm
重さ100 g
1位
素材EVA樹脂
サイズ23×15×7.6cm
重さ300g

人気ヨガブロックの比較一覧表

商品画像
1
ヨガブロック ヨガワークス ヨガブロックA

ヨガワークス

2
ヨガブロック 秦運動具工業 ヨガブロック

秦運動具工業

3
ヨガブロック コルコピ ヨガブロック 1枚目

コルコピ

4
ヨガブロック Reehut ヨガブロック 1枚目

Reehut

5
ヨガブロック リーボック ヨガ ブロック シェイプタイプ

リーボック

6
ヨガブロック オーエイチプラス コルク ヨガブロック

オーエイチプラス

7
ヨガブロック Tiiyar ヨガブロック (2個)+ヨガストラップ セット 1枚目

Tiiyar

8
ヨガブロック ヒノ 木製ヨガブロック

ヒノ

9
ヨガブロック Forbidden Road コルクヨガブロック 1枚目

Forbidden Road

10
ヨガブロック PROIRON ヨガブロック 1枚目

PROIRON

商品名

ヨガブロックA

ヨガブロック

ヨガブロック

ヨガブロック

ヨガ ブロック シェイプタイプ

コルク ヨガブロック

ヨガブロック (2個)+ヨガストラップ セット

木製ヨガブロック

コルクヨガブロック

ヨガブロック

特徴安心感バツグン!ヨガ用品専門店のヨガブロック適度な柔らかさが使いやすいウレタン素材重さがあるから使いやすい!超高密度EVA採用タイプ撥水性が高く水洗いできて衛生的機能性とデザイン性にこだわりありおしゃれで耐久性の高いコルク製ヨガブロックヨガブロック2個にストラップの付いたお得なセット温もりと香りに癒される木製ヨガブロックカラーバリエーション豊富なコルク製幅広で低めな30.5×20.5×5cmサイズ
最安値
1,980
送料無料
詳細を見る
649
送料要確認
詳細を見る
1,880
送料無料
詳細を見る
667
送料要確認
詳細を見る
2,020
送料別
詳細を見る
1,980
送料無料
詳細を見る
1,399
送料要確認
詳細を見る
7,020
送料要確認
詳細を見る
999
送料要確認
詳細を見る
1,380
送料無料
詳細を見る
素材EVA樹脂ウレタン超高密度EVA超高密度EVAEVA樹脂コルクEVA樹脂桧 or 杉コルク高密度EVA樹脂
サイズ23×15×7.6cm約22.5×15×7.5cm15.2×22.7×7.7cm23×15×10cm22.8×15.2×7.6cm約23×15×7.5cm15×23×7.6cm23×12×7cm23×15×10cm30.5×20.5×5cm
重さ300g100 g340g記載なし約180g約900g100~120g桧900g~1kg・杉630~700g記載なし300g
商品リンク

ヨガブロックの使い方

ここではいくつかの代表的なポーズを、ヨガブロックを使った形でご紹介します。ご自宅でヨガを行う際には参考にしてくださいね。

二の腕の引き締めに効果的な「ダウンドッグのポーズ」

二の腕の引き締めに効果的な「ダウンドッグのポーズ」
二の腕の引き締めやバスト・ヒップアップ、肩こりや倦怠感を改善するのに効果的なのが、「ダウンドッグのポーズ」。

背中が丸くなってしまう場合には、2つのブロックを手の位置に置いて高さを出しましょう。頭が安定しないときには、頭の下に置いてサポートするのもおすすめです。

腕・脚・腰などのバランスをとれるようになると、疲れを感じずにキープすることができますよ。

腰痛改善に最適な「三角のポーズ」

ウエスト・おしり・脚の引き締め、慢性疲労・腰痛などの改善に効果があるのが「三角のポーズ」。

胸や肩を開けず、下に落ちてきてしまう場合には、下ろしている手の真下にブロックを置いてください。高さはブロックを置く面を変えることで調整できるので、自分に合った高さを見つけるようにしましょう。

ブロックの位置で効果が変わる「橋のポーズ」

バストアップ・ヒップアップ・コアの強化・骨盤の歪み矯正・猫背解消などに効果があるのが「橋のポーズ」。

仙骨の真下にブロックを置くと腰がよく伸びるため、腰痛改善に効果があります。太もものシェイプアップをしたい方は、太ももの間にブロックを挟むのがおすすめ。

ブロックの使い方次第でさまざまな効果が得られるポーズなので、ぜひ試してみてくださいね。

ヨガブロック以外の補助アイテムはこちら

ヨガの補助アイテムはブロック以外にもいろいろ。以下の記事ではさまざまな補助アイテムをご紹介していますので、スタイルに合ったものを見つけてくださいね。

ヨガブロックの売れ筋ランキングもチェック!

なおご参考までに、ヨガブロックのAmazon・Yahoo!ショッピングの売れ筋ランキングは以下のリンクからご確認ください。

まとめ

今回は、おすすめのヨガブロックをご紹介しましたが、いかがでしたか?

これから始めようと思っている人も、もっと上手になりたいと思っている人も、ヨガブロックを活用して思いっきりヨガを楽しんでくださいね。続けることで、心も体もどんどん健康になっていくことでしょう!

関連記事

人気の記事

人気のアイテムリスト

カテゴリから探す