• 【本当に美味しい!】ドイツビールのおすすめ人気ランキング10選のアイキャッチ画像1枚目
  • 【本当に美味しい!】ドイツビールのおすすめ人気ランキング10選のアイキャッチ画像2枚目
  • 【本当に美味しい!】ドイツビールのおすすめ人気ランキング10選のアイキャッチ画像3枚目
  • 【本当に美味しい!】ドイツビールのおすすめ人気ランキング10選のアイキャッチ画像4枚目
  • 【本当に美味しい!】ドイツビールのおすすめ人気ランキング10選のアイキャッチ画像5枚目

【本当に美味しい!】ドイツビールのおすすめ人気ランキング10選

夏の暑い日に日差しを浴びながらでも、冬の寒い日に暖かいこたつの中にいながらでもいつでもおいしく飲めるお酒が「ビール」です。お酒好きの人にとっては、どんなビールも美味しいとは思いますが、ビールの本場と言えばやはりドイツが有名でしょう。ドイツでは日中からビールを飲んでいる人も多いほどビールファンが多いので、ビールの味のレベルもかなり高めです。

今回はそんなビールの本場、ドイツに行った気分を味わえる「ドイツビールのおすすめ人気ランキング」を、比較的値段が安いものから、飲みやすいこだわりの高級品までご紹介したいと思います。いずれも楽天などの通販サイトで手に入れられるビールばかりです。たまには少し贅沢をして美味しいお酒を楽しんでみてはいかがでしょうか?
  • 最終更新日:2018年08月31日
  • 68,191  views
目次

ドイツビールってなに?

ドイツビールの選び方を見ていく前に、ドイツビールの特徴を簡単に説明したいと思います。実はドイツビールの歴史はとても奥が深く、それが現代のおいしいドイツビールを造りだしています。これを知ればよりドイツビールを楽しく頂くことができるでしょう。

ドイツビールの特徴

ドイツビールの特徴
ドイツのビールの特徴はなんと言っても古くから受け継がれているその製法にあります。実はドイツにはビールに関する法律「ビール純粋令」というものがあり、ビールの原料に、大麦・ホップ・水しか使えないことになっています。

しかもこの法令は1516年に制定されたもので、時代が移り変わるにつれて後に酵母も使っていいとするなど少々緩く改正されてはいるのですが、ビールの酒造家たちは今でもその法令を守り続けて製造しているようです。そのためドイツのビールは混じり気なく後味もすっきりとした特別な味わいが感じられます。

実は知らない人も多いかもしれませんが、日本のビールは麦芽とホップの比率が3分の2以上であれば、「ビール」と名乗ることができます。そのためコーンスターチや防腐剤が含まれていることもあり、100%無添加で安全なドイツのビールと比べると、混じり気のないおいしさからは離れているのかもれませんね。純粋なビールのおいしさはドイツビールでしか味わえません。

ドイツビールの選び方

それではドイツビールの特徴が分かったところで、早速ドイツビールの選び方を見ていきましょう。私たちは「ドイツビール」と一括りにしてしまいがちですが、実はドイツビールは地域や色によっても味わいが変わってきます。

あなたの好みによって選ぶべきドイツビールは変わってくるので、まずはそれぞれの細かな特徴を知っておくと便利ですね。それらの違いを一緒に楽しく理解していきましょう。

地域による特徴を知る

地域による特徴を知る
もちろん例外はありますが、ドイツビールは地域によって醸造の仕方が変わるため、大まかに味わいが変わってきます。

例えばドイツの北のほうの地域では「エール」と呼ばれるビールが主流で、旨みをじっくりと感じられるビールが多いです。これは上面発酵酵母と言って、酵母が発酵もろみの上面に浮き上がる酵母を使い、常温で短時間に発酵させるスタイルをとっているためです。甘味と香ばしさがあり、泡が少ないことが特徴です。

また逆に南のほうでは、下面発酵酵母と言って酵母が発酵もろみの下面に沈んで発酵をさせるスタイルをとっています。10度程度の低温でじっくりと発酵させている「ラガー」と呼ばれる種類のもので、爽快なのど越しとすきっとした口あたりが特徴です。心地いい苦味と麦芽の深みの絶妙なバランスを感じられるビールになっています。

ビールの色による違いを知る

またドイツビールは「色」によっても味わいが変わってきます。大きく分けてドイツビールには白ビールと言われる「ヴァイスビール」、黒ビールと呼ばれる「シュバルツビール」、そして日本でよく見られるノーマルなものがあります。

ここでは珍しい「ヴァイスビール」と「シュバルツビール」について説明をしていきます。色だけではないそれぞれのビールの特徴について理解してみてくださいね。

ヴァイスビール(白ビール)

ヴァイスビール(白ビール)
「ヴァイスビール」は生の小麦または大麦麦芽をかなり大量に使用した、白味がかった色のビールのことを言います。このビールは泡持ちが非常にいいのですが、それは、小麦が多く含まれていることからも分かるようにたんぱく質の含有量が多いからです。注ぎたての見た目と味わいが長い間楽しめますね。

口当たりも爽やかで飲みやすく、特に喉が渇いたときには最高と地元ドイツでも人気のあるビールの一つです。またフルーティーな香りがビールを注いだ瞬間から周囲に立ち込める、日本にはない、不思議な魅力を持つビールです。

特有の酸味も持ち合わせていて、それを感じるためにもこのビールを飲むときには少しぬるめの10度~13度の温度で飲んでみるといいでしょう。おいしさが十分に引き出せますよ。

シュバルツビール(黒ビール)

シュバルツビール(黒ビール)
日本でもたまに見かける、黒ビールこと「シュバルツビール」ですが、このビールの特徴はなんと言っても苦みです。ビールは色が濃くなるほど苦みが強くなり、このビールは麦の香ばしさや強い苦みを感じたい人にぴったりのビールと言えるでしょう。

ビールの黒さの理由は、通常のビールよりも焙燥作業を高温で長時間行っていることにあります。そのためヴァイスビールに比べると重めの口当たりでくせのある味わいですが、ビール好きな人にとっては間違いなく虜となるビールに違いないでしょう。

飲み方はキンキンに冷やして飲む方が心地よい苦みとビール本来の香ばしい後味を感じられるかもしれません。シュバルツビールの発祥はドイツです。本場の歴史ある味をぜひ一度試してみてくださいね。

どんな風にドイツビールを楽しみたいのかも重要!

どんな風にドイツビールを楽しみたいのかも重要!
日本ではビールはおつまみを片手に飲むことがほとんどだと思いますが、ドイツビールは通常の食事中に飲んだりコーヒーの代わりに飲んだりと、さまざまな場面での飲み方があります。そのため、そうした目的によって種類が分かれています。

食事と一緒に飲むのであれば、「ヴァイスビール」や「シュバルツビール」といったビールでいいのですが、コーヒー替わりに飲むビールとして甘めのデザートのようなビールも中にはあります。

このビールは食事には合わない可能性がありますが、ビール嫌いの人からも「飲みやすい!」と好評なので、今までビールの苦さが嫌いだったという人にもおすすめです。またまだまだ日本では珍しいビールであったりするので、手土産などの贈り物としても活躍してくれそうですよ。

ドイツビールのおすすめ人気ランキング10選

一口にドイツビールと言っても、多くの種類があってびっくりした人もいるのではないでしょうか。しかしどれもそれぞれに特徴があって魅力的ですね。色々と試してそのおいしさの虜になって頂きたいです。

それではドイツビールの選び方が分かったところでおすすめのドイツビールを紹介していきたいと思います。ビールが醸造されている地域と色についても記載しておくので、ぜひそれも参考に選んでみてくださいね。
10位
地域ミュンヘン種類ヴァイスビール

ビールの祭典「オクトーバーフェスト」で人気のビール

レーベンブロイ社の名前がそのままついた「レーベン・ブロイ」は毎年10月、ミュンヘンで行われるビールの祭典「オクトーバーフェスト」で最も人気のビールです。そもそも、このオクトーバーフェストでビールを出すレストランとして出店ができるお店は6つのみ。その中の一つとなっているとても貴重なビールです。

ドイツビールファンならば確実に飲んだことのあるこのビールは、軽やかなコクが人気です。黄金色に輝くビールで、キンキンに冷やしても、常温で飲んでも美味しく頂けます。

一度飲んだらクセになる

とにかくビールに混じり気がないため、若者からお年寄りまでが飲みやすいと評判です。口当たりも柔らかく、軽く1杯飲めてしまいます。現地ではこのビールは1杯あたり1L単位で飲み干していくそうですが、ここまで優しい飲み口ならば、ぐびぐびと飲めてしまうのも納得です。

まさにドイツのビールというこの王道ビールは最初に試してみてもいいかもしれません。もちろんおつまみには塩気のあるソーセージがおすすめです。日本にいながら異国の気分を味わえてしまいますね。
9位
地域北ドイツ種類ノーマル

本場ドイツの「ノンアルコールビール」

本場ドイツの「ノンアルコールビール」

出典:amazon.co.jp

高品質ビールを世に送り出しているビットブルガー社のノンアルコールビールです。ノンアルコールビールというと「ビール風」のものを想像しがちですが、ドイツのノンアルコールビールは本場の味です。ドイツビール純粋法に則った製法で一度ビールに仕上げた後、アルコール分だけを取り除いています。

そのためビールを飲みたくても飲めない人やアルコールをやめている人も本物のビールを飲むように楽しむことができる1本です。「ノンアルコールビールの常識を覆された」という人も多いようです。

普通のノンアルコールビールにはない芳醇な香り

ビールと同じ製法で作られているので、もちろん芳醇でほろ苦い旨さを楽しめます。グラスに注ぐとアルコールビールと同じようなクリーミーな泡がつくられていき、奥深い香りが広がります。ほどよい苦みもあるのでちょっとしたおつまみともよく合います。

国産のノンアルコールビールに飽きた人が「驚いた!」というほど飲みやすいのにコクがある、ビールに近いテイストです。炭酸のキレもよく、食前酒代わりにしてもいい1杯でしょう。
8位
地域ケルン種類ノーマル

デザートビールの定番

1904年から続く家族経営の「フリュー」がケルシュビールとレモネードを割って作ったビールです。味は甘めでデザートのような感覚で飲むことができます。ビールというよりは、カクテルのような味わいと言ったほうが近いかもしれません。

ただしゴクリと喉を通った後はケルシュビールのおいしさをきちんと感じられるから不思議です。ビール嫌いだった人がこのビールを飲んでビールにハマってしまったという声もよく聞かれます。多くの人を虜にしてきたビールですね。

女性にもおすすめ

爽快感のある飲み口でさっぱりとしているので特に女性からの支持が厚いです。アルコール度数も3%とそこまで高くはないので、何杯でも飲めてしまいそうですね。

このビールはぜひキンキンに冷やして召し上がってください。爽やかなレモネードの風味と心地よい酸っぱさが口の中に広がっていきます。
7位
地域北ドイツ種類ノーマル

甘みと苦みのバランスが絶妙

甘みと苦みのバランスが絶妙

出典:amazon.co.jp

ドイツのビールは甘いものと苦いものははっきりと分かれやすい傾向にあるのですが、この「フレンスブルガー」のヴァイツェンは、甘さと苦さの両方がきちんと味わえる数少ないビールです。

ドイツでもコアなファンの人気を獲得していて、適度なコクもあるので飲みごたえも十分です。多くの人が初めての味わいとなる今までにないビールのおいしさを発見できることでしょう。

リンゴジュースに近い感覚

リンゴジュースに近い感覚

出典:amazon.co.jp

もちろん甘さはないのですが、果実の味がググっと凝縮されているビールでもあるのでほのかにりんごのようなジューシーさを感じることができます。ほどよく感じるフルーティーさは食事中でも、ちょっと一息つくときの一杯としても活躍してくれそうですね。

ビールとリンゴというコラボレーションは想像がつかないかもしれませんが、想像以上に洗練された飲みやすさがありますよ。口の広いグラスにストローをさして飲むと雰囲気も出そうですね。
6位
シュパーテン ミュンヘナーヘル
出典:amazon.co.jp
地域ミュンヘン種類ヴァイスビール

600年の歴史を誇る醸造所のビール

ラガービールの元祖と言われる「ミュンヘナーヘル」は、チェコで生まれたボヘミアンピルスナーをライバルとし、それを超えるために生み出されたドイツの意地とも言えるビールです。ミュンヘン最初の醸造所として600年の歴史を誇るシュパーテン社の代表的な銘柄で、多くのファンを抱えます。

ハラトー産の選りすぐりの酵母を使用しているあたりも、当時からのこだわりが見受けられます。高級ビールとも言われることが多く、ビール通には外せない逸品と言えるでしょう。

飲むならジョッキグラスがベスト!アロマの香りを堪能できる

ドイツの代表的なビールの一つでもあり、味のバランスが抜群です。まるで洋ナシやリンゴなどを思わせるアロマの香りに包まれた優しい苦味と、豊かなこくが特徴的です。グラスに注いだ瞬間に拡散するポップの香りは一度味わったら間違いなく病みつきになってしまうでしょう。

ドイツビールの中では比較的酸味が少ないので、くせのあるビールが苦手という人にはおすすめです。現地ではその香りを楽しむため、大き目のグラスで、ぐびぐびと飲まれています。ぜひジョッキグラスで味わいたいビールですね。
5位
エルディンガー ヴァイスビア チャンプ
出典:amazon.co.jp

エルディンガー ヴァイスビア チャンプ

483円 (税込)

地域南ドイツ種類ヴァイスビール

栄養価が高い無ろ過のビール

「エルディンガー」のヴァイスビアチャンプはツヴィッケルビアと呼ばれる、貯蔵タンクからビールを直接注いだビールです。まさに無ろ過の状態であなたの口に届くので、新鮮でできたてのおいしさを堪能することができるでしょう。

また、ろ過をされていないことからミネラルなどが多く残っており、栄養価が他のビールよりも高めになっています。濁った色をしていますが、飲んでみたらスッキリとしていてそのギャップにびっくりとするでしょう。

若者のために作られた、まろやかな口当たり

ビール大国と言われるドイツですが、近年若者を中心にビール離れが進んでいるとも言われています。そのため、その若者たちの心を捉えるために作られたビールと言えます。このビールはアルコール度数を下げて少々飲みやすくしていて、柔らかな喉越しとまろやかな口当たりになっています。

蛇口から直接注いだビールなので、酵母が瓶内に残っていて心地良い酸味も特徴です。モダンな味わいで、暑い日にごくごくと飲みたいビールとして愛されています。
4位
ケストリッツァー シュヴァルツビア
出典:amazon.co.jp

ケストリッツァー シュヴァルツビア

475円 (税込)

地域南ドイツ種類シュヴァルツビール

詩人ゲーテが愛したビール

詩人ゲーテが愛したビール

出典:amazon.co.jp

詩人ゲーテがこよなく愛したということで、ドイツ国内では非常に有名なビールです。ローストされた麦芽によって造られるシュヴァルビールなので、少々苦めではありますが大変上品さを感じる苦みです。

伝統的な原料を使用していて、特に大麦は特別に栽培されている春播大麦のみを使用しています。繊細で芳醇な味わいがそれによって作り出されているようです。

黒ビールと言えばこれ!

黒ビールと言えばこれ!

出典:amazon.co.jp

1543年にテューリンゲンの醸造所で造られたものが起源とされている「ケストリッツァー」のシュヴァルツビアはまさに黒ビールの王道と言えるでしょう。日本の黒ビールよりもクリアな清涼感が特徴で、日本のビールにはない面白さを感じることができるでしょう。

苦みの中にはほんのりとした甘みを少しだけ感じることができるのでシュヴァルビール初心者にもおすすめです。深みのある黒さに乗るフワフワの泡は、目で見ても楽しめそうですね。ぜひグラスに注いで飲み干してくださいね。
3位
ビットブルガー プレミアムピルス
出典:amazon.co.jp
地域北ドイツ種類ノーマル

ドイツで1番売れているビール

ドイツ旅行をした人が一番よく目にするビールかもしれません。ビットブルガーの「プレミアムピルス」は世界30カ国にも渡り一流ホテルのレストラン指定銘柄となったビールで、今でもレストランなどでおすすめされるビールの一つです。

ドイツ国内のビールの売り上げのおよそ65%がピルスビールであるとも言われています。その中でもこのビットブルガーのメーカーのものは多くのレストランでも愛飲されているようにイチオシと言えそうです。

透き通るように美しい淡色が特徴でワイングラスに入れて飲む人もいるようです。ワイン好きな人にもおすすめかもしれません。

麦芽への徹底的なこだわり

1817年の創業以来、何年もの間、頑ななまでに醸造方法を変えずに造られたビールです。とくに麦芽にはこだわりを見せ、軽快な味わいとさわやかな飲み口をつくりあげています。

売り上げランキングからも分かるように非常に飲みやすいビールで食事とも合いそうです。喉が渇いたときには思わず唸ってしまうほどのビールらしい最高の喉越しを体感できるでしょう。
2位
地域ミュンヘン種類ノーマル

「クイッ」と喉に入り込む、ドライで引き締まった味わい

最もドライで引き締まった味わいを見せるビールです。明るい淡色のビールで現地では200mlほどの小さめのグラスでキンキンに冷やしたものを一気に飲み干します。泡は少な目なので、その分飲み干しやすくなっているようです。

芳醇なモルトの風味と若干の甘みが全体のバランスをとっていて、華やかな香りと爽やかさが特徴です。万人に愛されるクセのないビールのひとつでしょう。

ケルンの人々に愛され続ける、地元密着型ビール

ケルシュビールとはケルンの市部近郊のみで醸造されるビールだけのことを指し、それ以外の地域で造られたものは「ケルシュ」を名乗れないという特別感があります。ケルシュは上面発酵で造られるビールで1302年までさかのぼることができる歴史ある醸造所で製造されています。

ケルシュビールの70%以上が樽詰めビールなのでこのビールの本来のおいしさを味わうのであれば「缶」でなく「瓶」を選びたいところですね。ケルンのビアホールで頼まない人はいないというほど地元密着型の地域に根付いているビールです。
1位
パウラーナー ヘフェ ヴァイスビア
出典:amazon.co.jp

パウラーナー ヘフェ ヴァイスビア

347円 (税込)

地域ミュンヘン種類ヴァイスビール

最古の修道院醸造所で造られるビール

ドイツビールを語る上でこの「ヘフェヴァイスビア」を味わわないわけにはいきません。この「ヘフェヴァイスビア」はなんと現存する最古の修道院醸造所が作るビールとして多くの人に愛されているビールです。今ではドイツだけではなく、世界にも多くの輸出をしています。

色はキラキラとした乳白色で細めのコップに入れて飲むとその美しさが引き立ちます。地元ドイツではクリーミーな泡を作りやすいように飲み口の方だけ丸みを帯びた特殊な形のグラスで飲まれています。ぜひ目で鼻で味わいたいビールです。

注いだ瞬間広がるフルーティーな香り

注いだ瞬間広がるフルーティーな香り

出典:amazon.co.jp

またヘフェヴァイスビアの特徴は専用のヴァイツェン酵母が生み出すフルーティーでスパイシーな独特の香りです。最初に香った瞬間はフルーツチョコレートのような甘い香りが漂い、後から少しピリリとしたアロマのような香りが鼻に心地よく残ります。

多くの専門家も大絶賛をしたその味は、ドイツビールらしい小麦の風味が効いていて非常にソフトです。クリーミーな泡もとてもおいしくドイツビールの奥深さを感じる逸品でしょう。まずはどのビールから飲んでいけばいいか分からないという人はこのヘフェヴァイスビアから始めてみましょう。

おすすめ人気 ドイツビールの比較一覧表

商品画像商品名特徴価格地域種類商品リンク
1
パウラーナー ヘフェ ヴァイスビア

パウラーナー ヘフェ ヴァイスビア

347円(税込)ミュンヘンヴァイスビール詳細を見る
2
ガッフェル ケルシュビール

ガッフェル ケルシュビール

475円(税込)ミュンヘンノーマル詳細を見る
3
ビットブルガー プレミアムピルス

ビットブルガー プレミアムピルス

410円(税込)北ドイツノーマル詳細を見る
4
ケストリッツァー シュヴァルツビア

ケストリッツァー シュヴァルツビア

475円(税込)南ドイツシュヴァルツビール詳細を見る
5
エルディンガー ヴァイスビア チャンプ

エルディンガー ヴァイスビア チャンプ

483円(税込)南ドイツヴァイスビール詳細を見る
6
シュパーテン ミュンヘナーヘル

シュパーテン ミュンヘナーヘル

12,100円(税込)ミュンヘンヴァイスビール詳細を見る
7
フレンスブルガー ヴァイツェン

フレンスブルガー ヴァイツェン

640円(税込)北ドイツノーマル詳細を見る
8
フリュー ラドラー

フリュー ラドラー

11,000円(税込)ケルンノーマル詳細を見る
9
ビットブルガー ドライブ0.0%

ビットブルガー ドライブ0.0%

271円(税込)北ドイツノーマル詳細を見る
10
レーベンブロイ

レーベンブロイ

1,231円(税込)ミュンヘンヴァイスビール詳細を見る

まとめ

いかがでしたか?ランキングを見ながら、「おいしいビールを味わいたい!」と心の中で唸ってしまった人もいるのではないでしょうか。

美味しいビールを飲むためには現地に行くのが一番かもしれませんが、わざわざ時間や費用をかけなくても、自宅でも十分に本場の味を楽しむことができますよ。特別な日に特別なビールを用意して、楽しい時間を過ごしてみませんか。ぜひその時にはこちらのランキングを参考にしてみてくださいね。

関連記事

人気の記事

人気のアイテムリスト

人気のクリエイター

関連キーワード

カテゴリから探す