1. TOP
  2. >
  3. カメラ
  4. >
  5. 双眼鏡・単眼鏡
  6. >
  7. オペラグラスのおすすめ人気ランキング15選【観劇・コンサートで使いやすいのはどれ?】
  • オペラグラスのおすすめ人気ランキング15選【観劇・コンサートで使いやすいのはどれ?】のアイキャッチ画像1枚目
  • オペラグラスのおすすめ人気ランキング15選【観劇・コンサートで使いやすいのはどれ?】のアイキャッチ画像2枚目
  • オペラグラスのおすすめ人気ランキング15選【観劇・コンサートで使いやすいのはどれ?】のアイキャッチ画像3枚目
  • オペラグラスのおすすめ人気ランキング15選【観劇・コンサートで使いやすいのはどれ?】のアイキャッチ画像4枚目
  • オペラグラスのおすすめ人気ランキング15選【観劇・コンサートで使いやすいのはどれ?】のアイキャッチ画像5枚目

オペラグラスのおすすめ人気ランキング15選【観劇・コンサートで使いやすいのはどれ?】

アーティストのコンサートやお子様の発表会など、もっと近くで見たいなあ…と思ったことありませんか?そんなときに重宝するのがオペラグラスです。表情などの細かなところまで観ることができ、軽量のものも多いので持ち運びにも便利です。しかし、商品によってサイズや倍率などが異なるため、どれを選べば良いか迷ってしまいませんか?

そこで今回は、オペラグラスの選び方とおすすめの商品を人気ランキング形式でご紹介していきます。早速、人気モデルを比較して、用途にあった使いやすいオペラグラスを手に入れてくださいね。
  • 最終更新日:2020年04月08日
  • 230,780  views
目次

オペラグラスのメリットとは?双眼鏡との違いは?

オペラグラスのメリットとは?双眼鏡との違いは?

オペラグラスは双眼鏡と同じもの、そう思っている方も多いのではないでしょうか?でも、双眼鏡とは、用途が異なります。


双眼鏡は高倍率で天体観測などに適していますが、重たくて価格も高額。一方、観劇向けに作られたオペラグラスは、小型で軽く、低倍率のため手ブレにも強く、長時間使いやすく作られているという特徴があります。持ち手付きのものなら腕を上げずに使えるので、楽な姿勢で鑑賞したい方にもぴったりです。


コンサートやライブ、観劇に出掛けることが多いのなら、ぜひオペラグラスを使ってみませんか?

オペラグラスの選び方

オペラグラスを選ぶ際、倍率や対物レンズ有効径・実視界や見掛け視界など、いろんな数字や用語が並んでおり、どこに注目して選んだ良いか迷ってしまう方も多いはず。そこで、まずは初心者にもわかりやすいオペラグラスの選び方をご紹介します。

倍率は利用シーンに合わせて選ぼう

オペラグラスの倍率は、3~4倍のものが一般的です。最近では10倍以上のものも登場していますが、倍率が大きくなるほど見える範囲が狭まる・手ブレしやすいというデメリットを持っていますから、オペラグラスでは倍率10倍以下のものを選ぶのがおすすめです。

小規模の劇場や前列席での鑑賞には、4倍までで十分

小規模の劇場や前列席での鑑賞には、4倍までで十分

収容人数の少ない劇場や、ステージに近い席で鑑賞するのなら、倍率は4倍までのものを選ぶと良いでしょう。倍率3倍の場合、30m先のものを10mまで近づいて肉眼で見るのとほぼ同じように見えます。あまりステージから離れていないのならこのくらいでも十分です。


低倍率なので手ブレもおこりにくく、ステージ上もしっかり見えるので目への負担も少なめ。野球やサッカーなど、スポーツ観戦にもおすすめです。ちなみに4倍までなら、美術館や博物館で展示物を見たいときにも便利ですよ。

ドーム公演など、ステージから離れた場所で見るのなら4倍以上を

ドーム公演など、ステージから離れた場所で見るのなら4倍以上を

大規模な会場での公演の場合、倍率は4倍以上のものを選びましょう。4~10倍のものならば、東京ドームや武道館でのライブやフェスにもぴったり


倍率10倍であれば、100m先のステージも10mまで近づいたときのように見ることができますよ。宝塚歌劇団の舞台や歌舞伎座の公演もとても見やすくなるでしょう。

見掛け視界が広いものは、ワイドに見られる

見掛け視界が広いものは、ワイドに見られる

スポーツ観戦や演劇などには、見かけ視界の広いモデルがおすすめです。見かけ視界とは、オペラグラスを覗いたときに開けて見える視界の角度のこと。同じ倍率でも見掛け視界が広いものほど広範囲を見られるので、なるべく広いものを選びましょう。


見掛け視界が不明な場合は、実視界×倍率をチェック。60~65度以上あれば広角タイプなので迫力十分です。例えばスポーツ選手を追ったり、ステージ上の複数のアーティストを一度に見たいときには、広角が便利ですよ。

明るく見えるものを選ぼう

明るく見えるものを選ぼう
目標物をはっきり鮮明に観るためにも、明るく見えるアイテムを選びましょう。オペラグラスの明るさは「対物レンズの有効径」と「倍率」によって決定し、対物レンズの有効径が大きく、倍率が低いほど明るくなるという特性があります。同じ倍率のものであれば対物レンズの有効径が大きいものを選んでください。

150g以下なら理想的!長時間持っても疲れないものを

150g以下なら理想的!長時間持っても疲れないものを
2時間以上ある舞台やコンサートでは、長時間オペラグラスを持ち続けることになるので、なるべく軽いものを選びましょう。

また、なるべく手にフィットするものを選べば、持ちやすさも抜群。さらに、携帯しやすいものだと、持ち運びにも便利です。縮めてコンパクトになるものや、ストラップ付きなら持ち運びやすいですよ。

メガネをかけたままでも使えるかチェックしよう

メガネをかけたままでも使えるかチェックしよう
メガネを使用している方は、アイレリーフの長さをチェックしておきましょう。アイレリーフとは、オペラグラスを使用して全てが見渡せる目の位置と接眼レンズとの距離のこと。

アイレリーフが15mm以上のものなら、メガネをかけたままでも全視野を観察できるので便利です。逆に、裸眼でオペラグラスを使用したい方は、アイレリーフが短いものを選ぶとよいでしょう。

オペラグラスのおすすめ人気ランキング15選

それでは、人気のオペラグラスランキングの発表です。なお厳密には、プリズムを使わない低倍率ものがオペラグラスとなりますが、今回は観劇などで使いやすい、手頃な双眼鏡タイプのものも含めて紹介します。


なおランキングは、Amazon・楽天・Yahoo!ショッピングなど各ECサイトの売れ筋ランキング(2020年3月18日時点)をもとにして順位付けしています。

15位
倍率8倍
見かけ視界60.3
明るさ14.4
対物レンズ有効径30mm
軽量タイプ×(435g)
携帯性〇(ケース、ストラップ付き)
メガネのまま使用-(アイレリーフ:15.1mm)
14位
明るさ2.3~0.1
倍率18~100倍
見かけ視界-(実視界:2.3~0.1°)
対物レンズ有効径28mm
軽量タイプ×(350g)
携帯性〇(ケース・ストラップ付き)
メガネのまま使用
13位
倍率12倍
見かけ視界55.3°
明るさ
対物レンズ有効径36mm
軽量タイプ×(約660g)
携帯性〇(ケース、ストラップ付き)
メガネのまま使用-(アイレリーフ:14.5mm)
12位
倍率8倍
見かけ視界47.5°
明るさ6.8
対物レンズ有効径21mm
軽量タイプ〇(195g)
携帯性〇(ケース、ストラップ付き)
メガネのまま使用-(アイレリーフ:8.3mm)
11位
倍率8倍
見かけ視界-(実視野6.7°)
明るさ9.8
対物レンズ有効径25mm
軽量タイプ×(350g)
携帯性〇(ケース、ストラップ付属)
メガネのまま使用
10位
倍率12倍
見かけ視界
明るさ
対物レンズ有効径
軽量タイプ×(358g)
携帯性
メガネのまま使用
9位
倍率10倍
見かけ視界ー(実視界7.5度)
明るさ
対物レンズ有効径22mm
軽量タイプ△(139g)
携帯性〇(専用ケース・ストラップ付き)
メガネのまま使用
8位
倍率5倍
見かけ視界-(実視界 :11度)
明るさ-
対物レンズ有効径21mm
軽量タイプ×(215g)
携帯性〇(ストラップ付き)
メガネのまま使用-
7位
倍率8倍
見かけ視界51.2°
明るさ6.9
対物レンズ有効径21mm
軽量タイプ△(170g)
携帯性
メガネのまま使用-(アイレリーフ11.0mm)
6位
倍率12倍
見かけ視界-(実視界6.5フィート)
明るさ-
対物レンズ有効径-
軽量タイプ-
携帯性〇(ハンドストラップ、専用収納バック付き)
メガネのまま使用
5位
倍率10倍
見かけ視界-(実視界6.5度)
明るさ4.4
対物レンズ有効径21mm
軽量タイプ〇(139g)
携帯性〇(専用ケース・ストラップ付き)
メガネのまま使用-
4位

(同)EMIトレーディング コンパクト オペラグラス

2,000円 (税込)

倍率10倍
見かけ視界-(実視界7.5°)
明るさ4.8
対物レンズ有効径22mm
軽量タイプ〇(135g)
携帯性〇(リストラップ、ソフトケース付き)
メガネのまま使用-
3位
倍率10倍
見かけ視界-(実視界7.8度)
明るさ4.84
対物レンズ有効径30mm
軽量タイプ×(263g)
携帯性〇(収納袋・ストラップ付き)
メガネのまま使用×(アイレリーフ12mm)
2位
倍率10倍
見かけ視界-(実視界6.5度)
明るさ4.8
対物レンズ有効径22mm
軽量タイプ〇(137g)
携帯性〇(ソフトケース・ストラップ付き)
メガネのまま使用-
1位
倍率10倍
見かけ視界-(実視界6.5フィート)
明るさ4.84
対物レンズ有効径22mm
軽量タイプ〇(140g)
携帯性〇(ストラップ付き)
メガネのまま使用-

人気オペラグラスの比較一覧表

商品画像
1
オペラグラス DEPOT 双眼鏡 1枚目

DEPOT

2
オペラグラス ユニバーサル物産 双眼鏡 1枚目

ユニバーサル物産

3
オペラグラス Ginova フリーフォーカス 双眼鏡 1枚目

Ginova

4
オペラグラス (同)EMIトレーディング  コンパクト オペラグラス 1枚目

(同)EMIトレーディング

5
オペラグラス グローブ 双眼鏡 10倍 1枚目

グローブ

6
オペラグラス Ragii  双眼鏡 1枚目

Ragii

7
オペラグラス オリンパス 双眼鏡 倍率8倍 1枚目

オリンパス

8
オペラグラス フレスタ 双眼鏡 ヒノデ  1枚目

フレスタ

9
オペラグラス VisionKids オペラグラス 1枚目

VisionKids

10
オペラグラス Baufut 双眼鏡 1枚目

Baufut

11
オペラグラス ケンコー・トキナー NEW SG 1枚目

ケンコー・トキナー

12
オペラグラス ニコンビジョン アキュロン  1枚目

ニコンビジョン

13
オペラグラス キヤノン 12×36 IS III 1枚目

キヤノン

14
オペラグラス ケンコー・トキナー V-TEX 1枚目

ケンコー・トキナー

15
オペラグラス ニコンビジョン 双眼鏡 モナーク7 1枚目

ニコンビジョン

商品名

双眼鏡

双眼鏡

フリーフォーカス 双眼鏡

コンパクト オペラグラス

双眼鏡 10倍

双眼鏡

双眼鏡 倍率8倍

双眼鏡 ヒノデ

オペラグラス

双眼鏡

NEW SG

アキュロン 

12×36 IS III

V-TEX

双眼鏡 モナーク7

特徴ブレないから見たいものをしっかりとらえられる100m先のステージも10m前に!見やすくて使いやすい!ピント調節自由自在!見たいものを鮮明に手のひらサイズで広い視界!表情まで鮮明にコンパクトなのに広角。どこででも使えるモデル倍率12倍で鮮明に!クリア度の高いレンズを採用UVプロテクション採用で目に優しいシンプルなスタンダードモデル長時間使っても負担にならないタイプ12倍の高倍率レンズで明るさ向上防水仕様でアウトドアでも快適にコンパクトでカラーバリエーションも豊富小型ボディに手ブレ補正機能搭載!圧巻!18倍~最大100倍のズームが可能自然な色調で広く明るい視野を実現
最安値
2,480
送料無料
詳細を見る
1,780
送料無料
詳細を見る
1,999
送料要確認
詳細を見る
2,000
送料無料
詳細を見る
3,530
送料別
詳細を見る
3,900
送料要確認
詳細を見る
14,800
送料無料
詳細を見る
1,780
送料無料
詳細を見る
1,980
送料要確認
詳細を見る
3,754
送料要確認
詳細を見る
5,879
送料無料
詳細を見る
84,300
送料別
詳細を見る
7,999
送料無料
詳細を見る
35,990
送料無料
詳細を見る
倍率10倍10倍10倍10倍10倍12倍8倍5倍10倍12倍8倍8倍12倍2.3~0.18倍
見かけ視界-(実視界6.5フィート)-(実視界6.5度)-(実視界7.8度)-(実視界7.5°)-(実視界6.5度)-(実視界6.5フィート)51.2°-(実視界 :11度)ー(実視界7.5度)-(実視野6.7°)47.5°55.3°18~100倍60.3
明るさ4.844.84.844.84.4-6.9-9.86.8-(実視界:2.3~0.1°)14.4
対物レンズ有効径22mm22mm30mm22mm21mm-21mm21mm22mm25mm21mm36mm28mm30mm
軽量タイプ〇(140g)〇(137g)×(263g)〇(135g)〇(139g)-△(170g)×(215g)△(139g)×(358g)×(350g)〇(195g)×(約660g)×(350g)×(435g)
携帯性〇(ストラップ付き)〇(ソフトケース・ストラップ付き)〇(収納袋・ストラップ付き)〇(リストラップ、ソフトケース付き)〇(専用ケース・ストラップ付き)〇(ハンドストラップ、専用収納バック付き)〇(ストラップ付き)〇(専用ケース・ストラップ付き)〇(ケース、ストラップ付属)〇(ケース、ストラップ付き)〇(ケース、ストラップ付き)〇(ケース・ストラップ付き)〇(ケース、ストラップ付き)
メガネのまま使用--×(アイレリーフ12mm)---(アイレリーフ11.0mm)--(アイレリーフ:8.3mm)-(アイレリーフ:14.5mm)-(アイレリーフ:15.1mm)
商品リンク

高倍率でもブレにくい防振双眼鏡もおすすめ

東京ドームや武道館など、座席とステージがかなり離れているときはオペラグラスよりも高倍率な双眼鏡がおすすめです。中でも防振双眼鏡なら、手ブレを防いでくれるため倍率が高くても見やすさアップ!より快適にくっきり見ることができますよ。気になった方はこちらもあわせてご覧ください!

オペラグラスの売れ筋ランキングもチェック!

なおご参考までに、オペラグラスのYahoo!ショッピングの売れ筋ランキングは、以下から確認してください。

まとめ

おすすめのオペラグラス人気ランキングは、いかがでしたでしょうか?利用シーンに合った倍率や明るさなど正しいアイテムを選べば、いつものライブや劇場鑑賞がもっと楽しくなること間違いなし!

劇場やライブに行く際は、是非あなたに合ったとっておきのオペラグラスを持って行き、最大限に楽しんじゃいましょう!

当サイトでは、JANコードをもとに、各ECサイトが提供しているAPIを使用して、各商品の価格の表示やリンクの生成を行っております。

そのため、掲載価格に変動がある場合や、JANコードの登録ミスなど情報が誤っている場合がありますので、最新価格や商品の詳細等については各販売店やメーカーに確認するようにお願いいたします。

関連記事

人気の記事

人気のアイテムリスト

カテゴリから探す