• 防振双眼鏡のおすすめ人気ランキング10選【コンサート・舞台鑑賞に大活躍!】のアイキャッチ画像1枚目
  • 防振双眼鏡のおすすめ人気ランキング10選【コンサート・舞台鑑賞に大活躍!】のアイキャッチ画像2枚目
  • 防振双眼鏡のおすすめ人気ランキング10選【コンサート・舞台鑑賞に大活躍!】のアイキャッチ画像3枚目
  • 防振双眼鏡のおすすめ人気ランキング10選【コンサート・舞台鑑賞に大活躍!】のアイキャッチ画像4枚目
  • 防振双眼鏡のおすすめ人気ランキング10選【コンサート・舞台鑑賞に大活躍!】のアイキャッチ画像5枚目

防振双眼鏡のおすすめ人気ランキング10選【コンサート・舞台鑑賞に大活躍!】

手ブレを補正し、遠くの景色や動物などを鮮明に観察できる防振双眼鏡。最近では、コンサートやミュージカルなどの舞台鑑賞に活用している人も増えているようです。キャノン製が有名ですが、他にもニコンやビクセン、ケンコーなどから製品がリリースされています。でも、それぞれ倍率や重さなどはかなり異なるので、どれを選ぶべきか迷うところでしょう


そこで今回は、人気の防振双眼鏡をお伝えするだけでなく、選び方のポイントもしっかりご紹介。防振双眼鏡を使えば、ライブの臨場感もより高まりますよ!

  • 最終更新日:2018年11月08日
  • 1,749  views
目次

防振双眼鏡の選び方

まずは、ぴったりな防振双眼鏡を見つけるために選び方をご紹介していきますよ。

コンサート?アウトドア?まずは目的に合わせよう

コンサート?アウトドア?まずは目的に合わせよう

出典:amazon.co.jp

防振双眼鏡選びの第一歩として、何の目的で双眼鏡を使うのか、はっきりさせておきましょう。主に室内で使うコンサート用と、野外で使うことを前提としたアウトドア向けの製品では、求められる性能も違います。


特にネット通販で双眼鏡を購入する場合、目的を整理して選ばないと後悔することにもなりかねません。高価な物ですから、まずは使用目的をしっかり意識しておきましょう。

コンサート・舞台鑑賞用に選ぶ際のポイント

ここからは、コンサートや舞台鑑賞用に防振双眼鏡を選ぶポイントをご紹介します。主に室内で使うため防水性は必要なく、作動方法や倍率などに注目するのがポイントです。

ワンプッシュで防振が作動するタイプが○

ワンプッシュで防振が作動するタイプが○

出典:amazon.co.jp

防振機能の作動の仕方は、機種やメーカーによって異なります。コンサートや舞台鑑賞に使うなら、一度押せばOFFにするまで続くワンプッシュ式が集中できるのでおすすめ。逆にボタンを押している間のみ作動する方式は、元々バードウォッチングといった用途に開発されたものですので、基本的に向いていません。


なお同じワンプッシュ式でも、5分間のみ作動するといったタイプもありますので、この点にはご注意くださいね。

倍率は会場の規模に合わせよう

倍率は会場の規模に合わせよう

防振双眼鏡にズーム機能は備わっていないため、どこで使うかによって適切な倍率のものを選びましょう。市町村ホールやドームのアリーナ席、それに近い場合は6~8倍ほどあれば十分。逆にドームの2階席のように、距離がある場合なら10倍以上がおすすめです。


高倍率の方が良く見えるようにも思えますが、倍率が高くなるほど視野が狭くなり、相手が動くたびに見切れて使いにくくなります。そのため、距離に合わせて倍率を使い分ける必要がありますよ。

長時間に及ぶ舞台なら、重さも重要!

長時間に及ぶ舞台なら、重さも重要!

防振双眼鏡は通常の双眼鏡と比べて、モーターや様々な電子部品、乾電池などパーツが増えています。そのため、機種によっては1kgを超えることも。豊富な機能を備えていたとしても、これほど重いと長時間見続けるのは難しくなってしまいます。


そのため、特に立ちっぱなしとなるコンサートなどで長時間の使用が想定されるなら、重さも欠かさずチェックしておきましょう。コンパクトな軽量タイプなら電池を除いて400~500gほどのため、鑑賞に集中できますね。

防振双眼鏡をアウトドア用に選ぶなら?

次は、野外で使うアウトドア向けに選ぶポイントです。外で使うからこそ必要な機能もあるため、注目しておきましょう。

夕暮れ時にも使うなら、大きめの対物レンズがおすすめ

夕暮れ時にも使うなら、大きめの対物レンズがおすすめ

出典:amazon.co.jp

薄暗くなってくると光量が足りず見えにくくなるため、夕暮れ時などにも使う機会が多いなら、40~50mmほどの大きな対物レンズが付いている防振双眼鏡がおすすめ。対物レンズは双眼鏡の前方に付いている大きなレンズのことで、大きいほど光を集める能力が高くなり、多少暗くてもはっきり見えるようになります。


ただし、対物レンズが大きくなれば、当然全体の重さも増えて携帯性は落ちることに。昼間の明るい間しか使わないなら、レンズ径30mmほどのタイプでも問題はありません。

防水性があれば急な雨も安心

防水性があれば急な雨も安心

湿気の多い場所や水辺で使うなら、曇り止めや防水機能などにも注目しておきましょう。中には船舶やマリンスポーツでも使えるように、完全防水になっているタイプも販売されています。野外で使うなら、こちらも欠かさずチェックしておきたいところです。

おすすめの実視界は6°

おすすめの実視界は6°

実視界とは、一度に見ることができる範囲のこと。一般的な防振双眼鏡だと、3~6°くらいの範囲のものが多いようですが、見たいものを素早く捉えられるよう、防振双眼鏡の実視界については、6°ほどのものがおすすめです。

メガネ着用ならアイレリーフにも注目!

メガネ着用ならアイレリーフにも注目!

出典:amazon.co.jp

メガネを掛けている方は、アイレリーフにも注目して選びましょう。アイレリーフとは、接眼レンズから瞳の間までの長さのこと。メガネが間に入るため、メガネ着用の方はアイレリーフが長い方が見やすくなります。目安は14mm以上。メガネを着用している場合には、これよりも長いものを選ぶのがおすすめです。


ただし、双眼鏡はしっかりと接眼レンズに目を当てた方が見やすくなりますので、裸眼で問題ない方は、いたずらに長いものを選ぶ必要はありません。

防振双眼鏡の人気ランキング10選

それでは、人気の防振双眼鏡をご紹介します。選び方を参考にぴったりの防振双眼鏡を見つけましょう!

10位

ブッシュネルスタビルビュー

145,341円 (税込)

防振ボタンのタイプ-
倍率10倍
重さ1244g
対物レンズ有効径35mm
特徴完全防水・曇り止め
実視界4.9°
アイレリーフ12mm
使用電池単3乾電池2本
9位
防振ボタンのタイプワンプッシュ(OFFにするまで続く)
倍率12倍
重さ422g(電池は除く)
対物レンズ有効径30mm
特徴軽量モデル
実視界4.2°
アイレリーフ17.5mm
使用電池単4乾電池2本
8位

ケンコー 防振双眼鏡 VC Smart 14×30

60,100円 (税込)

防振ボタンのタイプワンプッシュ(OFFにするまで続く)
倍率14倍
重さ515g(電池は除く)
対物レンズ有効径30mm
特徴軽量モデル
実視界4.4°
アイレリーフ14mm
使用電池CR2(カメラ用リチウム電池)1本
7位

キヤノン双眼鏡 12×36 IS Ⅲ

BINO12X36IS3

85,407円 (税込)

防振ボタンのタイプ押している間のみ
倍率12倍
重さ約660g(電池は除く)
対物レンズ有効径36mm
特徴-
実視界
アイレリーフ14.5mm
使用電池単3形乾電池2本
6位
防振ボタンのタイプワンプッシュ(OFFにするまで続く)
倍率12倍
重さ1,130g(電池は除く)
対物レンズ有効径32mm
特徴-
実視界
アイレリーフ15mm
使用電池単3乾電池2本
5位
防振ボタンのタイプワンプッシュ(5分間)
倍率18倍
重さ約1,180g(電池は除く)
対物レンズ有効径50mm
特徴防水構造・ラバーコート
実視界3.7°
アイレリーフ15mm
使用電池単3乾電池2本
4位
防振双眼鏡 キヤノン 双眼鏡 10×32 IS
出典:amazon.co.jp
防振ボタンのタイプワンプッシュ(5分間)
倍率10倍
重さ約780g(電池は除く)
対物レンズ有効径32mm
特徴パワードIS対応
実視界
アイレリーフ14.5mm
使用電池単3乾電池2本
3位

FUJINON防振双眼鏡 テクノスタビ

TS1440

153,738円 (税込)

防振ボタンのタイプ-
倍率14倍
重さ約1300g
対物レンズ有効径40mm
特徴完全防水
実視界
アイレリーフ13mm
使用電池-
2位
防振ボタンのタイプ押している間のみ
倍率8倍
重さ約490g(電池は除く)
対物レンズ有効径25mm
特徴軽量モデル
実視界6.6°
アイレリーフ13.5mm
使用電池CR123A(カメラ用リチウム電池)1本
1位
防振双眼鏡 キヤノン 双眼鏡 10×30 IS Ⅱ
出典:amazon.co.jp

キヤノン双眼鏡 10×30 IS Ⅱ

BINO10X30IS2

53,499円 (税込)

防振ボタンのタイプ押している間のみ
倍率10倍
重さ599g(電池は除く)
対物レンズ有効径30mm
特徴-
実視界
アイレリーフ14.5mm
使用電池単3形電池2本

人気防振双眼鏡の比較一覧表

商品画像
1
防振双眼鏡 キヤノン 双眼鏡 10×30 IS Ⅱ

キヤノン

2
防振双眼鏡 キヤノン 双眼鏡 8×25IS

キヤノン

3
防振双眼鏡 FUJINON 防振双眼鏡 テクノスタビ

FUJINON

4
防振双眼鏡 キヤノン 双眼鏡 10×32 IS

キヤノン

5
防振双眼鏡 キヤノン 18×50 IS ALL WEATHER

キヤノン

6
防振双眼鏡 ニコン スタビライズ 12X32

ニコン

7
防振双眼鏡 キヤノン 双眼鏡 12×36 IS Ⅲ

キヤノン

8
防振双眼鏡 ケンコー  防振双眼鏡 VC Smart 14×30

ケンコー

9
防振双眼鏡 ビクセン 防振双眼鏡 ATERA H12x30

ビクセン

10
防振双眼鏡 ブッシュネル スタビルビュー

ブッシュネル

商品名

双眼鏡 10×30 IS Ⅱ

双眼鏡 8×25IS

防振双眼鏡 テクノスタビ

双眼鏡 10×32 IS

18×50 IS ALL WEATHER

スタビライズ 12X32

双眼鏡 12×36 IS Ⅲ

防振双眼鏡 VC Smart 14×30

防振双眼鏡 ATERA H12x30

スタビルビュー

特徴コンサートで定番の防振双眼鏡キャノン最軽量・コンパクトモデルプロも使っている頑丈な防振双眼鏡パワードIS搭載で、ゆっくりとした揺れに対応!小鳥も鮮明に見える大型対物レンズ搭載モデル便利な一時停止ボタン搭載が嬉しい!携帯しやすく視野も明るい両立モデル!コンサートに集中できるワンプッシュ式片手でも使える軽量モデル完全防水でアウトドアに最適!
価格53,499円(税込)25,260円(税込)153,738円(税込)120,165円(税込)139,003円(税込)158,278円(税込)85,407円(税込)60,100円(税込)66,582円(税込)145,341円(税込)
防振ボタンのタイプ押している間のみ押している間のみ-ワンプッシュ(5分間)ワンプッシュ(5分間)ワンプッシュ(OFFにするまで続く)押している間のみワンプッシュ(OFFにするまで続く)ワンプッシュ(OFFにするまで続く)-
倍率10倍8倍14倍10倍18倍12倍12倍14倍12倍10倍
重さ599g(電池は除く)約490g(電池は除く)約1300g約780g(電池は除く)約1,180g(電池は除く)1,130g(電池は除く)約660g(電池は除く)515g(電池は除く)422g(電池は除く)1244g
対物レンズ有効径30mm25mm40mm32mm50mm32mm36mm30mm30mm35mm
特徴-軽量モデル完全防水パワードIS対応防水構造・ラバーコート--軽量モデル軽量モデル完全防水・曇り止め
実視界6.6°3.7°4.4°4.2°4.9°
アイレリーフ14.5mm13.5mm13mm14.5mm15mm15mm14.5mm14mm17.5mm12mm
使用電池単3形電池2本CR123A(カメラ用リチウム電池)1本- 単3乾電池2本単3乾電池2本単3乾電池2本単3形乾電池2本CR2(カメラ用リチウム電池)1本単4乾電池2本単3乾電池2本
商品リンク

便利グッズでライブ・コンサートをより楽しもう!

季節を問わず、コンサートやライブではかなり汗をかくもの。会場でグッズのタオルを買えば何とかなりそうにも思えますが、買ったばかりのタオルは意外に汗を吸ってくれません。


こんな時には、スイムタオル(セームタオル)が便利!もともと水泳用に作られたこちらは吸水性抜群で、かなりコンパクト。バッグの中に忍ばせておけば、思いっきり汗をかいても安心ですよ!

まとめ

防振双眼鏡は、ご紹介したようにキャノンが群を抜いて種類豊富。携帯性に優れた小型タイプから、バードウォッチングに最適な大型タイプまで揃っているため、選びやすくなっています。でも、他のメーカーも負けずに様々な機能を付けて対抗していますから、選び方を参考に、用途に合った一台を見つけてくださいね!

関連記事

人気の記事

人気のアイテムリスト

カテゴリから探す