• 登山用ゲイターのおすすめ人気ランキング10選のアイキャッチ画像1枚目
  • 登山用ゲイターのおすすめ人気ランキング10選のアイキャッチ画像2枚目
  • 登山用ゲイターのおすすめ人気ランキング10選のアイキャッチ画像3枚目
  • 登山用ゲイターのおすすめ人気ランキング10選のアイキャッチ画像4枚目
  • 登山用ゲイターのおすすめ人気ランキング10選のアイキャッチ画像5枚目

登山用ゲイターのおすすめ人気ランキング10選

泥濘や砂埃で登山靴や靴下を汚れから守ってくれる「ゲイター」。登山の際の必需品の一つですね。しかし、モンベルやマーモットなど登山メーカーも種類も様々でどれを買ったらいいか迷っている方も多いと思います。

そんなゲイター迷い子になってしまった方へ。今回はゲイター選びのポイントとお勧めゲイター10選を種類別にランキング形式でご紹介します。ファッション性にも富んだ、お気に入りの一品を是非見つけましょう。
  • 最終更新日:2018年11月08日
  • 18,831  views
目次

登山用ゲーターとは?

登山用ゲーターとは?
そもそも登山用ゲイターとは何でしょうか。

ゲイターとは、登山中ズボンと靴の上にかけるカバーです。ゲイターには足の裾から靴にかけてカバーするショートタイプのものと膝下から靴にかけてカバーするロングタイプがあります。ショートタイプのものは、軽いハイキングや夏の登山に使用され、ロングタイプは冬の登山や雪山に使用されます。その目的は主に3つあります。

1、雨や雪が靴の中に入り、体温を低下させるのを防ぐ
2、泥濘でズボンの裾が汚れるのを防ぐ
3、特に下山中に小石などが靴の中に入るのを防ぐ

上記の目的を踏まえて、登山用ゲイターの選び方ポイントを見ていきましょう。

登山用ゲイターの選び方 4つのポイント

登山ゲイターの使用目的が分かったところで、次に購入時の選び方のポイントをご紹介します。下で紹介する選び方のポイントに沿ったゲイターを購入すれば、より快適な登山になること間違いなしです!ポイントは4つあります。

ゲイターの質は素材で決まる!

ゲイターの質は素材で決まる!
一番にこだわりたいのはやはりゲイターの素材です。その中でも主に考慮したいのは2つ。防水性と耐強性です。

ゲイターの使用目的の一つは、雨や雪が靴の中に入り、体温の低下を防ぐことです。特に気温の低い雪山で、足先が濡れてしまったら、体温が一気に下がってしまいます。夏でも山の天気は変わりやすく、天気が良い日でも突如雨が降ってきたリ、気温の変化も激しいです。そんな時でも快適に登山を続けれるように、耐水性に富んだゲイターを購入する必要がありますね。

おすすめはゴアテックス素材のゲイターを購入することです。ゴアテックス素材であれば、絶対的な防水力で強い雨や雪山から足を守ってくれます。

また、山道を歩く際、木の根や瓦礫でゲイターが破れてしまうことがあります。破れてしまったら、土や石が靴の中に入るだけでなく、防水機能も果たさなくなります。耐強性を求めるなら、破れにくい素材のコーデュラを使用したものをおすすめします。

素材はゲイター選びで一番にこだわりたいポイントですね。

長時間の登山でもラクラク!足に負担をかけない軽量ゲイター

長時間の登山でもラクラク!足に負担をかけない軽量ゲイター
ゲイターは軽いに越したことはありません。重いゲイターは長時間の登山において、体をより疲れさせる原因となります。足になるべく負担をかけない軽量のものを選びましょう。

ただし、軽いからと言って、素材の薄いゲイターや破れやすいゲイターでは本末転倒です。ゲイターの質も考慮しながら、なるべく軽量のものを選びましょう。

履きやすさを決めるのはジッパーの位置!

履きやすさを決めるのはジッパーの位置!
ゲイターのジッパーの位置は基本的に前に付いているタイプと後ろに付いているタイプがあります。

ゲイターは靴を履いた後、最後に装着することとなりますが、特に初心者には前に付いているタイプをおすすめします。前にジッパーが付いているタイプの方がゲイターの装着が簡単な上に、登山中に外れそうになった時も気づきやすいです。また、靴紐が解けた際も結びやすいです。

基本中の基本!自分の足にフィットするサイズを

基本中の基本!自分の足にフィットするサイズを
ゲイターのサイズはL・M・Sに加えフリーサイズがあります。当然のことですが、自分にあったサイズのゲイターを購入しましょう。サイズが合ったものでないとゲイターの役目を果たさず、つけている意味がなくなります。

初心者でどのサイズが自分の足に合っているか分からないという場合は、登山靴を登山ショップに持って行き、試しにつけてみることをおすすめします。登山ショップのほとんどのスタッフは登山経験者の為、良いアドバイスをくれるでしょう。

【ロングタイプ】ゲイターのおすすめ人気ランキング5選

多くの種類の登山ゲイターがある中、正直、どれも同じように見えますよね。しかし、それぞれのメーカーが登山者のニーズに合わせた登山ゲイターを販売しています。ここでは、冬の山や標高の高い山に使用される人気のロングゲイターランキングをご紹介します。
5位
登山
ゲイター ザ・ノース・フェイス ハイベント ロングゲイター
出典:amazon.co.jp

ザ・ノース・フェイスハイベント ロングゲイター

NN21600

7,344円 (税込)

サイズM、L
材質HYVENT®3層(表:ナイロン100%、中間層:ポリウレタンラミネーション、裏:ナイロン100%)  <補強部> ナイロン100%
4位

モンベルGORE-TEX ライトスパッツ セミロング

3,900円 (税別)

サイズS、M、L
ブラック、コスモス、シャドウ、サンセットオレンジ、ウルトラマリン
材質ゴアテックス®ファブリクス・3レイヤー[表:50デニール・ナイロン・リップストップ](エッジガード)210デニール・ナイロン・オックス〈ウレタンコーティング〉
3位
登山
ゲイター イスカ ライトスパッツ フロントジッパー
出典:isuka.co.jp

イスカライトスパッツ フロントジッパー

4,700円 (税別)

サイズフリーサイズ(高さ40㎝)
ブラック・ロイヤルブル-・イエロ-・レッド・ラベンダ-
材質ゴアテックス素材
2位

モンベルGORE-TEX アルパインスパッツ

1129427

6,800円 (税別)

サイズS・M・L
ブラック・サンセットオレンジ・ウルトラマリン
材質ゴアテックス®ファブリクス・3レイヤー[表:50デニール・ナイロン・リップストップ (エッジガード)840デニール・ナイロン・オックス〈ウレタンコーティング〉
1位
登山
ゲイター アウトドアリサーチ クロコゲイター
出典:amazon.co.jp

アウトドアリサーチクロコゲイター

10,800円 (税込)

サイズS・M・L
ブラック・チリ
材質脚部は3レイヤー(GORE-TEX・70デニール・ナイロン100%)、脚部の内側とブーツ部分はCordura素材1000デニール

おすすめ人気【ロングタイプ】ゲイターの比較一覧表

商品画像
1
登山
ゲイター アウトドアリサーチ クロコゲイター

アウトドアリサーチ

2
登山
ゲイター モンベル GORE-TEX アルパインスパッツ

モンベル

3
登山
ゲイター イスカ ライトスパッツ フロントジッパー

イスカ

4
登山
ゲイター モンベル GORE-TEX ライトスパッツ セミロング

モンベル

5
登山
ゲイター ザ・ノース・フェイス ハイベント ロングゲイター

ザ・ノース・フェイス

商品名

クロコゲイター

GORE-TEX アルパインスパッツ

ライトスパッツ フロントジッパー

GORE-TEX ライトスパッツ セミロング

ハイベント ロングゲイター

特徴足元の悪い雪山でも安心!防水性、ジッパー位置に強度、全...ゴアテックス素材の高い防水性と高強度が売りのゲイターダブルジッパーで使いやすさを追求したゲイター持ち運び便利!コンパクトに纏まるゲイター防水機能と湿気排出機能に富んだゲイター
価格10,800円(税込)6,800円(税別)4,700円(税別)3,900円(税別)7,344円(税込)
サイズS・M・LS・M・Lフリーサイズ(高さ40㎝)S、M、LM、L
ブラック・チリブラック・サンセットオレンジ・ウルトラマリンブラック・ロイヤルブル-・イエロ-・レッド・ラベンダ-ブラック、コスモス、シャドウ、サンセットオレンジ、ウルトラマリン
材質脚部は3レイヤー(GORE-TEX・70デニール・ナイロン100%)、脚部の内側とブーツ部分はCordura素材1000デニールゴアテックス®ファブリクス・3レイヤー[表:50デニール・ナイロン・リップストップ (エッジガード)840デニール・ナイロン・オックス〈ウレタンコーティング〉ゴアテックス素材ゴアテックス®ファブリクス・3レイヤー[表:50デニール・ナイロン・リップストップ](エッジガード)210デニール・ナイロン・オックス〈ウレタンコーティング〉HYVENT®3層(表:ナイロン100%、中間層:ポリウレタンラミネーション、裏:ナイロン100%)  <補強部> ナイロン100%
商品リンク

【ショートタイプ】ゲイターのおすすめ人気ランキング5選

次は、夏の登山や短時間のハイキングに使用されるショートゲイターランキングです。ロングゲイターに比べると値段が安く、種類も豊富な為迷ってしまいがちなショートゲイター。そんな方々、必見!使い勝手がよいと人気の商品をご紹介します。自分に合ったゲイターがきっと見つけてくださいね。
5位

イスカウェザーテック ショートスパッツ

3,132円 (税込)

サイズフリー(高さ22cm)
ブラック・ロイヤルブルー・レッド
材質ナイロン100%(ウェザーテック)
4位
登山
ゲイター アウトドアリサーチ スタミナゲイター
出典:amazon.co.jp

アウトドアリサーチスタミナゲイター

5,616円 (税込)

サイズS/M・L/XL
ブラック・ハイドロ
材質ポリエステル100%
3位

アウトドアリサーチラピッドゲイター

7,020円 (税込)

サイズS/M・L/XL
オーキッド・クロッカス
材質ナイロン50%・ポリエステル43%・二重織りスパンデックス7%
2位

モンベルGORE-TEX ライトスパッツ ショート

1129431

3,400円 (税別)

サイズM・L
ブラック・シャドウ・サンセットオレンジ・ウルトラマリン
材質ゴアテックス®ファブリクス・3レイヤー[表:50デニール・ナイロン・リップストップ](エッジガード)210デニール・ナイロン・オックス〈ウレタンコーティング〉
1位

ザ・ノース・フェイスハイベント ショートゲイター

5,184円 (税込)

サイズWM・M・L
ブラック・コズミックブルー
材質HYVENTR(3層)(表:ナイロン100%、中間層:ポリウレタンラミネーション、裏:ナイロン100%)

おすすめ人気【ショートタイプ】ゲイターの比較一覧表

商品画像
1
登山
ゲイター ザ・ノース・フェイス ハイベント ショートゲイター

ザ・ノース・フェイス

2
登山
ゲイター モンベル GORE-TEX ライトスパッツ ショート

モンベル

3
登山
ゲイター アウトドアリサーチ ラピッドゲイター

アウトドアリサーチ

4
登山
ゲイター アウトドアリサーチ スタミナゲイター

アウトドアリサーチ

5
登山
ゲイター イスカ ウェザーテック ショートスパッツ

イスカ

商品名

ハイベント ショートゲイター

GORE-TEX ライトスパッツ ショート

ラピッドゲイター

スタミナゲイター

ウェザーテック ショートスパッツ

特徴歩きやすさ抜群!靴底ストリップがフラットなゲイターコンパクトですっきりしたデザインのゲイター女性に大人気!さっさっと履ける簡単・可愛いゲイター軽さをとことん追求した履き心地の良いゲイター内側に滑り止めがあり、ずれにくいショートゲイター
価格5,184円(税込)3,400円(税別)7,020円(税込)5,616円(税込)3,132円(税込)
サイズWM・M・LM・LS/M・L/XLS/M・L/XLフリー(高さ22cm)
ブラック・コズミックブルーブラック・シャドウ・サンセットオレンジ・ウルトラマリンオーキッド・クロッカスブラック・ハイドロブラック・ロイヤルブルー・レッド
材質HYVENTR(3層)(表:ナイロン100%、中間層:ポリウレタンラミネーション、裏:ナイロン100%)ゴアテックス®ファブリクス・3レイヤー[表:50デニール・ナイロン・リップストップ](エッジガード)210デニール・ナイロン・オックス〈ウレタンコーティング〉ナイロン50%・ポリエステル43%・二重織りスパンデックス7%ポリエステル100%ナイロン100%(ウェザーテック)
商品リンク

まとめ

沢山あって迷ってしまう登山用ゲイター。人気ランキングをご紹介しましたが、いかがでしたか?
どのゲイターにもその使用目的に応じた特徴を持っています。
自分にぴったりのゲイターを見つけて、早速、登山に出かけましょう!

関連記事

人気の記事

人気のアイテムリスト

カテゴリから探す