• アウトドア用シャベル・スコップのおすすめ人気ランキング10選【折りたたみ式も!】のアイキャッチ画像1枚目
  • アウトドア用シャベル・スコップのおすすめ人気ランキング10選【折りたたみ式も!】のアイキャッチ画像2枚目
  • アウトドア用シャベル・スコップのおすすめ人気ランキング10選【折りたたみ式も!】のアイキャッチ画像3枚目
  • アウトドア用シャベル・スコップのおすすめ人気ランキング10選【折りたたみ式も!】のアイキャッチ画像4枚目
  • アウトドア用シャベル・スコップのおすすめ人気ランキング10選【折りたたみ式も!】のアイキャッチ画像5枚目

アウトドア用シャベル・スコップのおすすめ人気ランキング10選【折りたたみ式も!】

アウトドアなどで使用するスコップやシャベル。折りたたみ式で携帯できるものや、ノコギリや栓抜きなどのマルチツールとして使える製品もあり、キャンプや登山・雪かきなどで使うのにとても便利です。しかし、アルミやプラスチック・スチールなど材質や種類もさまざま。どれを選んで良いのか迷ってしまいますよね。

そこで今回は、アウトドア用シャベル・スコップの選び方と、おすすめの商品を人気ランキング形式でご紹介します。スコップやシャベルは、アウトドアのシーンで意外に重宝するアイテム。後回しになりがちですが、あると便利なのでこの機会に手に入れましょう!
  • 最終更新日:2019年09月28日
  • 49,042  views
目次

アウトドア用シャベル・スコップで快適アウトドア

アウトドア用シャベル・スコップで快適アウトドア

アウトドアのシーンでシャベルやスコップを常備しておくととても便利。スキーやバーベキューに向かうとき、舗装されていない道路で車がスタックしても、タイヤ回りの雪や土を簡単に取り除けます


また、キャンプでテントを張るときに雨が降りそうなだなと思えば、テントの周りに堀を作ることも可能。流れてきた水がテント内に侵入することを防げます。どの作業も手では時間がかかるので、シャベルやスコップがあれば安心です。


さらに、斧や鉈などの使用シーンが限られたアイテムと違い、ガーデニングや家庭菜園でも活躍するので自宅での使用頻度も高め!携帯性の高いシャベルやスコップを選べば、アウトドアでも家でも使えてお得ですよ。

アウトドア用シャベル・スコップの選び方

まずは、アウトドア用シャベル・スコップの選び方について見ていきましょう。

素材はアルミ・スチール・プラスチックが主流

素材はアルミ・スチール・プラスチックが主流

スコップやシャベルの素材は大きく分けて、アルミ・スチール・プラスチックの3種類。用途に合わせて選びましょう。アルミは、適度な耐久性と軽さが魅力。持ち運びがしやすい万能タイプで、いろいろな用途に使用できます。錆びにも強いので、雪や泥をすくうのにもぴったりです。


スチールは強度と耐久性が抜群。固めの土や小石が含まれていても、強力に掘り起こせます。3種類の中で最も壊れにくいため、アウトドアでハードな使い方をする予定の方はスチール製をチェックしておきましょう。


プラスチックは安価で軽量。耐久性は劣りますが、柔らかな土や雪などにはぴったり。特別な用途は決まっていないけど、とりあえずシャベル・スコップを用意しておきたいという方にもおすすめです。

先端の形状は用途に合わせて最適なものを

先端の形状は用途に合わせて最適なものを

シャベルやスコップは先端の形状で、適した用途が異なります。硬い土や氷になった雪などを掘るのであれば「剣型」がおすすめ。先が剣のように尖っているので、硬いものでも砕いて強力に掘り起こせます。雪道でスタックしたときにも重宝しますよ。


穴掘りやガーデニングには縦長の「エンビ」がぴったり。苗を植える深い穴を掘るときも、1回でちょうど良い深さの穴になるので、自宅でも使いやすいですよ。


大量の土を掘りたいときには、広い面で一気にすくえる「角型」を選びましょう。キャンプでの土堀りや雪かき、土木作業などで効率の良い作業がしたいかたにもおすすめです。

楽な姿勢で使えるサイズを選ぼう

楽な姿勢で使えるサイズを選ぼう

作業を楽にするためには、用途や自分の背丈に合ったサイズを選ぶのが重要。特に立って作業する場合、短すぎても長すぎても力が入りづらく腰に負担がかかってしまいます。ベストな長さは人によって異なりますので、箒など長柄のもので掘る姿勢をとってみて目安を確認してみてください。


複数人で使用する場合や、用途が決まっていない場合は柄の長さが調節できる商品を選ぶのも一手。使う人や用途に合わせて微調整できるのでとても便利です。ただし商品によっては、連結部が弱い場合もありますので、口コミなども参考にしっかりした商品を選びましょう。

携帯性重視なら折りたたみ式がおすすめ

携帯性重視なら折りたたみ式がおすすめ

出典:amazon.co.jp

登山や徒歩でのキャンプなど、できる限り荷物を減らしたいときには「折りたたみ式」を選びましょう。コンパクトに収まるため携帯性が高く、小型ならザックの中にも入れることもできますよ。


アウトドアやスキーに頻繁に出かける方は、折りたたんで車の中に常備しておくのもおすすめ。不整地や雪道でスタックした際、スピーディーに土や雪をすくえます。持っておくと安心感が高くなりますので、「何かあったときに不安」と感じる方にぴったりです。


ただし、折りたたみ部分は強度や耐久性が低くなっています。ハードな使用を続けた場合、可動部に負担が溜まって折れてしまうことも。いざというとき使えないということを避けるためにも、定期的なチェックは欠かさないようにしましょう。

ノコギリ・栓抜き・斧などが付属した多機能型も人気!

ノコギリ・栓抜き・斧などが付属した多機能型も人気!

出典:amazon.co.jp

土をすくう・穴を掘る以外の機能が付いた多用途タイプは、より快適なアウトドアライフにぴったり。2WAY・3WAYと1つのアイテムにいろいろな機能が揃っていれば、荷物をへらすこともできますよ。


代表的なのは、側面にギザギザ刃が付いたノコギリ機能。他にも栓抜きや斧など、アウトドアの必需品がスコップやシャベルに付属しています。アウトドア用のシャベル・スコップを選ぶときは、プラス1の機能にも注目しましょう。

アウトドア用シャベル・スコップのおすすめ人気ランキング10選

ここからは、アウトドア用シャベル・スコップをランキング形式でご紹介します。最高のアウトドア生活を楽しむために、納得のいく1本を探しましょう!

10位

コールマンマルチスコップ

836-200J

5,470円 (税込)

素材ステンレス
重量-
先端エンビ
サイズ53×237×35mm(使用時)・53×127××35mm(収納時)
他機能折りたたみ
9位

キャプテンスタッグアルミジョイントスコップ

UX-606

2,995円 (税込)

素材アルミ
重量約0.6kg
先端角型
サイズ約210×650mm・820mm(使用時)・225×70×390mm(収納時)
主な他機能-
8位
アウトドアシャベルスコップ LOGOS フォールディングショベル 1枚目
出典:amazon.co.jp

LOGOSフォールディングショベル

84720100

1,980円 (税込)

素材-
重量約1kg
先端剣型
サイズ150×590mm(使用時)・150×240×50mm(収納時)
主な他機能折りたたみ・のこぎり
7位
素材スチール
重量約1kg
先端剣型
サイズ125×385mm
主な他機能のこぎり・栓抜き・ハンマー・斧
6位
アウトドアシャベルスコップ peak motion 多機能シャベル 1枚目
出典:amazon.co.jp

peak motion多機能シャベル

712396934363

2,521円 (税込)

素材マンガン鋼
重量約0.54kg
先端剣型
サイズ100×410mm(使用時)・100×160mm(収納時)
主な他機能折りたたみ・のこぎり・栓抜き・つるはし・ナイフ・くわ
5位

エムティーエイチシャベル アウトドア 折り畳み式 スコップ

shovel-GOLDEN

2,599円 (税込)

素材アルミ
重量約1.29kg
先端剣型
サイズ130×737mm・615mm・480mm・380mm(使用時)・255×163×50mm(収納時)
主な他機能折りたたみ・のこぎり・栓抜き・ナイフ・ハンマー・くわ
4位

キャプテンスタッグ角型スチールフォールディングスコップ(バッグ付)

UA-4501

1,234円 (税込)

素材スチール
重量約1.1kg
先端角型
サイズ150×110×550mm(使用時)・190×260×58mm(収納時)
主な他機能折りたたみ
3位

Oziral多機能シャベル 収納バッグ付き

990円 (税込)

素材アルミ
重量-
先端剣型
サイズ約100×420mm
主な他機能折りたたみ・のこぎり・栓抜き・つるはし・ハンマー・くわ
2位

キャプテンスタッグスチールFDスコップ(バッグ付)

M-3249

1,090円 (税込)

素材スチール
重量約1kg
先端剣型
サイズ約148×580mm
主な他機能折りたたみ式
1位
アウトドアシャベルスコップ BESROY 多機能シャベル 収納バッグ付き 1枚目
出典:amazon.co.jp

BESROY多機能シャベル 収納バッグ付き

2,988円 (税込)

素材マンガン鋼
重量約1.1kg
先端剣型
サイズ130×670mm・530mm・130×380mm
主な他機能のこぎり・栓抜き・つるはし・ナイフ・ハンマー・くわ・火起こし・呼子

人気アウトドア用シャベル・スコップの比較一覧表

商品画像
1
アウトドアシャベルスコップ BESROY 多機能シャベル 収納バッグ付き 1枚目

BESROY

2
アウトドアシャベルスコップ キャプテンスタッグ スチールFDスコップ(バッグ付) 1枚目

キャプテンスタッグ

3
アウトドアシャベルスコップ Oziral 多機能シャベル 収納バッグ付き 1枚目

Oziral

4
アウトドアシャベルスコップ キャプテンスタッグ 角型スチールフォールディングスコップ(バッグ付) 1枚目

キャプテンスタッグ

5
アウトドアシャベルスコップ エムティーエイチ シャベル アウトドア 折り畳み式 スコップ 1枚目

エムティーエイチ

6
アウトドアシャベルスコップ peak motion 多機能シャベル 1枚目

peak motion

7
アウトドアシャベルスコップ LOGOS 7WAYショベルツール 1枚目

LOGOS

8
アウトドアシャベルスコップ LOGOS フォールディングショベル 1枚目

LOGOS

9
アウトドアシャベルスコップ キャプテンスタッグ アルミジョイントスコップ 1枚目

キャプテンスタッグ

10
アウトドアシャベルスコップ コールマン マルチスコップ 1枚目

コールマン

商品名

多機能シャベル 収納バッグ付き

スチールFDスコップ(バッグ付)

多機能シャベル 収納バッグ付き

角型スチールフォールディングスコップ(バッグ付)

シャベル アウトドア 折り畳み式 スコップ

多機能シャベル

7WAYショベルツール

フォールディングショベル

アルミジョイントスコップ

マルチスコップ

特徴サバイバルにも使える多機能性。付属バッグに収納で携帯性も◯耐久性の高いハイパーカーボンスチール製多機能なのにお手頃価格。万能ツールとしてもおすすめがっつり使える角型。携帯性も◎柄が4段階に調節可能。自分に合わせられるのが◎いろいろ使える驚異の5WAY機能!小さくても多機能。座っての作業にgoodスタック時の脱出用に車に常備がおすすめ一気に大量の土をすくえる幅広の角形アウトドアや家庭で活躍するコンパクトシャベル
最安値
2,988
送料要確認
詳細を見る
1,075
送料無料
詳細を見る
990
送料要確認
詳細を見る
1,194
送料無料
詳細を見る
2,599
送料要確認
詳細を見る
1,999
送料無料
詳細を見る
2,377
送料別
詳細を見る
1,958
送料別
詳細を見る
2,920
送料無料
詳細を見る
3,300
送料無料
詳細を見る
素材マンガン鋼スチールアルミスチールアルミマンガン鋼スチール-アルミステンレス
重量約1.1kg約1kg-約1.1kg約1.29kg約0.54kg約1kg約1kg約0.6kg-
先端剣型剣型剣型角型剣型剣型剣型剣型角型エンビ
サイズ130×670mm・530mm・130×380mm約148×580mm約100×420mm150×110×550mm(使用時)・190×260×58mm(収納時)130×737mm・615mm・480mm・380mm(使用時)・255×163×50mm(収納時)100×410mm(使用時)・100×160mm(収納時)125×385mm150×590mm(使用時)・150×240×50mm(収納時)約210×650mm・820mm(使用時)・225×70×390mm(収納時)53×237×35mm(使用時)・53×127××35mm(収納時)
主な他機能のこぎり・栓抜き・つるはし・ナイフ・ハンマー・くわ・火起こし・呼子折りたたみ式折りたたみ・のこぎり・栓抜き・つるはし・ハンマー・くわ折りたたみ折りたたみ・のこぎり・栓抜き・ナイフ・ハンマー・くわ折りたたみ・のこぎり・栓抜き・つるはし・ナイフ・くわのこぎり・栓抜き・ハンマー・斧折りたたみ・のこぎり-折りたたみ
商品リンク

あると便利なツールもチェック!

今回は、シャベル・スコップをご紹介しましたが、アウトドアの必需品は他にもいろいろ。以下の記事では、あると便利なアウトドア用のツールをご紹介していますので、ぜひ合わせてチェックしてみてくださいね。

アウトドア用シャベル・スコップの売れ筋ランキングもチェック!

なおご参考までに、アウトドア用シャベル・スコップのAmazonの売れ筋ランキングは、以下のリンクから確認してください。

まとめ

アウトドア用シャベル・スコップのランキングをお伝えしてきましたが、いかがでしたでしょうか?

シャベル・スコップの機能だけでなく、ノコギリや鍬などとしても使える商品も多かったですね。これを機に、畑を耕したり薪を割ったり、アウトドアの新しい楽しみ方を発見できるかもしれません。車に積んでおくといざという時に役立つことも多いので、ぜひお気に入りの1本を見つけてくださいね!

関連記事

人気の記事

人気のアイテムリスト

カテゴリから探す