• 【野外で本格コーヒー!】パーコレーターのおすすめ人気ランキング10選のアイキャッチ画像1枚目
  • 【野外で本格コーヒー!】パーコレーターのおすすめ人気ランキング10選のアイキャッチ画像2枚目
  • 【野外で本格コーヒー!】パーコレーターのおすすめ人気ランキング10選のアイキャッチ画像3枚目
  • 【野外で本格コーヒー!】パーコレーターのおすすめ人気ランキング10選のアイキャッチ画像4枚目
  • 【野外で本格コーヒー!】パーコレーターのおすすめ人気ランキング10選のアイキャッチ画像5枚目

【野外で本格コーヒー!】パーコレーターのおすすめ人気ランキング10選

「パーコレーター」は、アウトドアで使える一体型のコーヒーメーカーです。コーヒーをセットしてコンロにかければ手軽にコーヒーが淹れられて、雰囲気たっぷり。コールマンやGSI、スノーピークなど、アウトドアブランドの商品が人気です。

今回は、そんなパーコレーターをランキング形式でご紹介します。淹れるのには少しコツが必要なパーコレーターですが、それもコーヒーの楽しみ方の1つ。いろいろ試して、キャンプやピクニックなどでコーヒータイムを楽しみましょう。パーコレーター以外の一体型のコーヒーアイテムもご紹介していますので、ぜひ参考にしてくださいね。
  • 最終更新日:2018年11月21日
  • 9,861  views
目次

パーコレーターとは?

本格的なアウトドアを楽しんでいる方にはなじみの深いアイテムですが、「パーコレーター」という名前でピンとこない方もいらっしゃいますよね。ここでは、そんな方のためにパーコレーターについてご紹介します。

アウトドアで人気のコーヒーアイテム

アウトドアで人気のコーヒーアイテム

出典:amazon.co.jp

パーコレーターはアウトドアで人気のコーヒーアイテムです。一体型のコーヒーメーカーで、ケトルと兼用で使えるのでとても便利。アウトドア好きの人なら、1つは持っておきたいアイテムです。

パーコレーターで淹れたコーヒーは、ガツン!としたパンチのきいた味わい。アメリカンの好きな方は、加熱時間や淹れ方で濃さや味わいを調節できます。

おいしいコーヒーを淹れるにはコツが必要

おいしいコーヒーを淹れるにはコツが必要
パーコレーターでおいしくコーヒーを淹れるのにはコツが必要です。コーヒーの挽き方や量、濾し方などで味が変わります。好みのコーヒーの淹れ方をつかむまでには少し時間がかかりますが、そんな手間をかけるのも楽しみの1つ。淹れ方で味は劇的に変わりますので、あきらめずに自分の味を見つけてくださいね。

パーコレーターの選び方のポイント

パーコレーターはアウトドアで使うか、家で使うかでも選び方が変わります。ここでは、そんなパーコレーターの選び方をご紹介。他にもアウトドアで使える、パーコレーター以外のコーヒーアイテムもご紹介しますので、参考にしてくださいね。

購入前に家にあるものでサイズ感をチェック

アウトドアで使うアイテムは、軽くてかさ張らないのが基本。パーコレーターも同じで、持ち運びしやすいコンパクトサイズがおすすめです。しかし、実際に手にとってみると思っていた以上に大きいという意見も。購入後に後悔しないためにも、家にあるケトルや容器などと比べて、サイズ感をチェックしておきましょう。

家で使う場合は五徳のサイズに注意

家で使う場合は五徳のサイズに注意

出典:amazon.co.jp

小容量のパーコレーターは、底の直径が小さいため家庭用の大きなコンロでは使えない場合があります。家での使用を視野にいれている場合は、ご自宅の五徳に合わせてサイズを選びましょう。

コーヒーのカップ数と容量の違い

パーコレーターに表示してある「カップ」数は、1度に抽出できるコーヒーの容量です。メーカーによって違いはありますが、一般的に1杯あたり160ml前後で計算してあります。一方、表記してある「容量」は基本的に満水容量。パーコレーターをケトルやポットとして使うときの参考になります。

大は小を兼ねない場合もあるので注意

大は小を兼ねない場合もあるので注意
パーコレーターはコーヒーの粉を入れたバスケットに、お湯を循環させて抽出する方式です。そのため、大容量のパーコレーターで少量のコーヒーを淹れようとすると、お湯が吸い上げられず使えない場合があります。価格が同じなら大きめのものをと思いがちですが、パーコレーターに関してはNG。使う人数に合わせた容量を選んでください。

パーコレーターの最低カップ数はメーカーによって違いますので、購入前に必ずチェックしておきましょう。

軽くてお手入れのしやすいステンレス製が人気

軽くてお手入れのしやすいステンレス製が人気

出典:amazon.co.jp

ステンレス製のパーコレーターは、軽くて丈夫でお手入れがしやすいという実用的な面と、デザイン的な面の両方を叶えてくれます。現在発売されているパーコレーターの素材のほとんどがステンレス製であることからも、その人気が伺えますね。

ステンレス製以外にも、ホーロータイプなどの素材を使ったパーコレーターもありますが、アウトドアに持っていくならステンレス製が断然おすすめですよ。

パーコレーター以外のコーヒーアイテム

アウトドアでコーヒーを楽しむアイテムはパーコレーターだけではありません。ここでは、パーコレーター以外の一体型のコーヒーメーカーをご紹介します。コーヒーは嗜好品ですので、好みに合う味を出せるコーヒーメーカーを選びましょう。

本格的なエスプレッソを楽しむ

本格的なエスプレッソを楽しむ
濃厚な苦味とアロマを楽しめるエスプレッソは、特別感の強いコーヒーです。そんな特別なコーヒーをご自宅やアウトドアで手軽に楽しめるのが「直火式エスプレッソメーカー」。2段式のポットの下段に水を入れて、中段にセットされたバスケットを通し、上段のポットにエスプレッソが抽出されます。

エスプレッソマシンのようなクレマ(泡)はできませんが、独特の苦味と香りが楽しめます。

手軽に淹れられるプレス式

手軽に淹れられるプレス式
プレス式はポットの中にお湯とコーヒーの粉を入れて、金属製のフィルターでプレスするだけの簡単方式。日本では紅茶用のポットとして有名ですので、その形を思い浮かべていただければ分かりやすいかもしれません。

コーヒーの成分を余さず抽出できるので、コーヒー本来の味を楽しめます。ガラス製のオシャレなタイプが人気ですが、アウトドアで使うなら、丈夫で軽い金属製のものがおすすめですよ。

パーコレーターのおすすめ人気ランキング5選

ここからは、パーコレーターの人気商品をランキング形式でご紹介します。サイズ感を確認して、使いやすいものを選んでくださいね。
5位
パーコレーター 仔犬印 エルム パーコレーター 1枚目
出典:amazon.jp

仔犬印エルム パーコレーター

25006

4,244円 (税込)

サイズ直径11.9cm・高さ18.6cm
重量870g
容量960ml
カップ数6カップ
素材18-8ステンレス・ガラス
4位

チヌークティンバーライン ステンレスコーヒーパーコレーター

41110

4,716円 (税込)

サイズ-
重量370g
容量710ml
カップ数3カップ
素材18/8ポリッシュステンレス
3位
パーコレーター コールマン ステンレスパーコレーター 1枚目
出典:amazon.jp

コールマンステンレスパーコレーター

170-9371

14,800円 (税込)

サイズ直径12.5cm・高さ20cm
重量750g
容量2000ml
カップ数8カップ
素材ステンレス他
2位
パーコレーター GSI ステンレスコニカルパーコレーター 1枚目
出典:amazon.jp

GSIステンレスコニカルパーコレーター

11870057000008

9,720円 (税込)

サイズ直径11.5cm・高さ17cm
重量900g
容量1200ml
カップ数8カップ
素材本体・ステンレス/トップ・ガラス
1位

キャプテンスタッグコーヒー ポット 18-8ステンレス製パーコレーター

M-1225

2,536円 (税込)

サイズ横幅17cm・奥行10.5cm・高さ14.5cm
重量390g
容量900ml
カップ数2~3カップ(340~540ml)
素材本体・ステンレス鋼/取手・18-8ステンレス鋼・天然木/ふたつまみ・ポリカーボネート/ストレーナー・18-8ステンレス鋼

おすすめ人気 パーコレーターの比較一覧表

商品画像
1
パーコレーター キャプテンスタッグ コーヒー ポット 18-8ステンレス製パーコレーター 1枚目

キャプテンスタッグ

2
パーコレーター GSI ステンレスコニカルパーコレーター 1枚目

GSI

3
パーコレーター コールマン ステンレスパーコレーター 1枚目

コールマン

4
パーコレーター チヌーク ティンバーライン ステンレスコーヒーパーコレーター 1枚目

チヌーク

5
パーコレーター 仔犬印 エルム パーコレーター 1枚目

仔犬印

商品名

コーヒー ポット 18-8ステンレス製パーコレーター

ステンレスコニカルパーコレーター

ステンレスパーコレーター

ティンバーライン ステンレスコーヒーパーコレーター

エルム パーコレーター

特徴手軽に使えてコスパも良い人気のパーコレーター大人数のキャンプにも使えるの大容量タイプアウトドアといえばやっぱりコールマン使いやすい目盛りつき品質重視!国産パーコレーター
価格2,536円(税込)9,720円(税込)14,800円(税込)4,716円(税込)4,244円(税込)
サイズ横幅17cm・奥行10.5cm・高さ14.5cm直径11.5cm・高さ17cm直径12.5cm・高さ20cm-直径11.9cm・高さ18.6cm
重量390g900g750g370g870g
容量900ml1200ml2000ml710ml960ml
カップ数2~3カップ(340~540ml)8カップ8カップ3カップ6カップ
素材本体・ステンレス鋼/取手・18-8ステンレス鋼・天然木/ふたつまみ・ポリカーボネート/ストレーナー・18-8ステンレス鋼本体・ステンレス/トップ・ガラスステンレス他18/8ポリッシュステンレス18-8ステンレス・ガラス
商品リンク

【番外編】アウトドアで使えるコーヒーメーカーのおすすめ人気ランキング5選

ここからはアウトドアで人気の「パーコレーター」以外のコーヒーメーカーをご紹介します。コーヒーの味もそれぞれ異なりますので、お好みのものを探してみましょう。
5位

大作商事ハンディ型エスプレッソマシン ハンドプレッソ

DHP01

9,500円 (税込)

サイズ横幅9cm・長さ22cm・厚み7cm
重量480g
容量50ml(ウォータータンク)
カップ数1カップ
素材アルミニウム・ポリイミド樹脂・ポリアセタール樹脂・シリコンゴム他
タイプエスプレッソマシン
4位

スノーピークチタンカフェラテセット

CS-110

9,999円 (税込)

サイズ横幅9cm・奥行18cm・高さ28cm(収納時)
重量カフェプレス・180g・ミルクフォーマー140g・フル収納ケース60g
容量-
カップ数3カップ
素材ポット・チタニウム/フタ・チタニウム/プレス部・ステンレススチール/つまみ・エラストマ樹脂
タイププレス式(ミルクフォーマーつき)
3位
パーコレーター スタンレー クック+ブリューセット 1枚目
出典:amazon.jp

スタンレークック+ブリューセット

02345-006

4,320円 (税込)

サイズ直径10.9cm・高さ19.3cm
重量422g
容量940ml
カップ数-
素材ポット本体・ステンレス鋼/フタ・ナイロン/パッキン・シリコン/プレス・ポリプロピレン/プレスフィルター・ステンレス鋼
タイププレス式
2位

スノーピークチタンカフェプレス

CS111

5,810円 (税込)

サイズ直径8.2cm・高さ14cm
重量200g
容量-
カップ数3カップ
素材フタ・チタニウム/プレス部・ステンレススチール/つまみ・エラストマ樹脂
タイププレス式
1位

ビアレッティ直火式 モカエキスプレス

3,024円 (税込)

サイズ横幅16cm・奥行・9cm・高さ16.5cm
重量460g
容量-
カップ数3カップ
素材アルミニウム
タイプエスプレッソメーカー

おすすめ人気 アウトドアで使えるコーヒーメーカーの比較一覧表

商品画像
1
パーコレーター ビアレッティ 直火式 モカエキスプレス 1枚目

ビアレッティ

2
パーコレーター スノーピーク チタンカフェプレス 1枚目

スノーピーク

3
パーコレーター スタンレー クック+ブリューセット 1枚目

スタンレー

4
パーコレーター スノーピーク チタンカフェラテセット 1枚目

スノーピーク

5
パーコレーター 大作商事 ハンディ型エスプレッソマシン ハンドプレッソ 1枚目

大作商事

商品名

直火式 モカエキスプレス

チタンカフェプレス

クック+ブリューセット

チタンカフェラテセット

ハンディ型エスプレッソマシン ハンドプレッソ

特徴本格的なエスプレッソが楽しめる手軽にコーヒーを楽しめるプレス式クッカーとしても使える多機能タイプカフェラテも楽しめるミルクフォーマーつき持ち歩けるエスプレッソマシン
価格3,024円(税込)5,810円(税込)4,320円(税込)9,999円(税込)9,500円(税込)
サイズ横幅16cm・奥行・9cm・高さ16.5cm直径8.2cm・高さ14cm直径10.9cm・高さ19.3cm横幅9cm・奥行18cm・高さ28cm(収納時)横幅9cm・長さ22cm・厚み7cm
重量460g200g422gカフェプレス・180g・ミルクフォーマー140g・フル収納ケース60g480g
容量--940ml-50ml(ウォータータンク)
カップ数3カップ3カップ-3カップ1カップ
素材アルミニウムフタ・チタニウム/プレス部・ステンレススチール/つまみ・エラストマ樹脂ポット本体・ステンレス鋼/フタ・ナイロン/パッキン・シリコン/プレス・ポリプロピレン/プレスフィルター・ステンレス鋼ポット・チタニウム/フタ・チタニウム/プレス部・ステンレススチール/つまみ・エラストマ樹脂アルミニウム・ポリイミド樹脂・ポリアセタール樹脂・シリコンゴム他
タイプエスプレッソメーカープレス式プレス式プレス式(ミルクフォーマーつき)エスプレッソマシン
商品リンク

まとめ

パーコレーターを中心に、アウトドアで使える一体型のコーヒーメーカーをご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?

コーヒーは嗜好品ですので好みはいろいろ。また、アウトドアで使うなら手軽さや雰囲気も重要ポイントです。コーヒーを淹れるのにはコツが必要ですが、好みの味が見つかれば、自宅でのコーヒータイムもパーコレーターにお任せ、ということになるかもしれませんよ!

関連記事

人気の記事

人気のアイテムリスト

カテゴリから探す

アクセスランキングよく見られている人気記事