• ミニ三脚のおすすめ人気ランキング7選【徹底比較!】のアイキャッチ画像1枚目
  • ミニ三脚のおすすめ人気ランキング7選【徹底比較!】のアイキャッチ画像2枚目
  • ミニ三脚のおすすめ人気ランキング7選【徹底比較!】のアイキャッチ画像3枚目
  • ミニ三脚のおすすめ人気ランキング7選【徹底比較!】のアイキャッチ画像4枚目
  • ミニ三脚のおすすめ人気ランキング7選【徹底比較!】のアイキャッチ画像5枚目

ミニ三脚のおすすめ人気ランキング7選【徹底比較!】

携帯性に優れ、旅行や登山に便利な「ミニ三脚」。卓上で雑貨やお料理を撮影するときにも使えるため、SNSなどをやっている人にも人気です。カメラを使う方にとっては便利なアイテムですが、Manfrotto(マンフロット)・、Velbon(ベルボン)・JOBY(ジョビー)・SLIK(スリック)など、さまざまなメーカーから発売されており、デジカメかスマホか、または一眼レフかなどによって適した商品も違うもの。初心者さんにはなかなかわかりづらいですよね。

そこで今回は、使用したことがない方やどれを選べばいいのかわからないとお悩みの方に、「ミニ三脚を選ぶときのチェックポイント」と「おすすめのミニ三脚ランキング7選」をご紹介します。旅行やアウトドアをもっと快適に、写真撮影がもっと楽しくなるように、あなたに合った使いやすいミニ三脚を見つけましょう!
  • 最終更新日:2018年11月08日
  • 35,364  views
目次

ミニ三脚を選ぶときのチェックポイント

それでは、初めてミニ三脚の導入を予定している方におすすめの、基本のチェックポイント4つをご紹介します。「耐荷重・本体重量・脚・雲台」についての4点を押さえて、お持ちのカメラに合った使いやすいものを探しましょう!

耐荷重をチェックして安定性を確保しよう

耐荷重をチェックして安定性を確保しよう

出典:amazon.co.jp

まずは、お持ちのカメラの種類や重さに合わせて、ミニ三脚の耐荷重を見てみましょう。ミニ三脚の耐荷重以上の重さの一眼レフカメラを付けると、グラつきや転倒・破損の恐れがあります。転倒して、三脚だけではなく大切なカメラまで傷付き・破損してしまっては元も子もありません。

また、望遠レンズを装着予定の方も要注意です。重さからレンズ寄りに重心が行ってしまい、バランスが取れずに転倒の可能性が高まるため、余裕を持たせた耐荷重の三脚をお求めください。

軽量&低価格なアルミ素材がおすすめ

軽量&低価格なアルミ素材がおすすめ

出典:amazon.co.jp

せっかくの旅行は極力荷物を減らして軽くしたいですよね。その持ち運びやすさから、ミニ三脚を選ぶ際におすすめしたい材質は、軽量であることが特徴の「アルミ素材」です。加えて、アルミ素材は比較的低価格であることも魅力。低価格&軽量を活かして、被写体・撮影スタイルを変えたり、旅行・登山などで今以上に移動距離を伸ばしたりと撮影を楽しんでみてくださいね。

最低高・最大高に幅があると色々な撮影スタイルが可能に

最低高・最大高に幅があると色々な撮影スタイルが可能に

出典:amazon.co.jp

あなたがミニ三脚を使って撮りたいものは何でしょうか?ミニ三脚は「ミニ」とついてはいるものの、最低高・最大高が商品によって大きく異なり、卓上撮影やローアングル撮影・風景撮影などさまざまなスタイルを楽しむ手助けをしてくれます。

旅行での使用ひとつにも、お花や動物には脚を畳んで自撮り棒のように使いマクロ撮影・お料理や民芸品には卓上撮影・景色と自分たちを撮影するには高さもほしくなる…など、色々な使い方がありますよね。さまざまな要望を補える高さを持ったミニ三脚を選んでみてくださいね。

カメラ固定がラクになるクイックシュー付きがおすすめ

カメラ固定がラクになるクイックシュー付きがおすすめ

出典:amazon.co.jp

クイックシューが付属している商品であれば、予めカメラにシューをつけておくことで、撮影の度にカメラを三脚に装着する手間が軽減されます。

収納する際も三脚を付けたままでは不便ですし、人の多い観光スポットでカメラの装着に時間をかけるのも結構つらいものですよね。ミニ三脚を持ち運ぶことが多い方は、このようなちょっとした機能で解決させてはいかがでしょうか。

固定が簡単な雲台を選んで撮りたい瞬間を逃さない

ハンドル付き雲台やギア雲台・自由雲台などさまざまな雲台がある中で、ミニ三脚にはどれが良いのか迷ってしまいますよね。この点は個人の好みが大きく出る点ですが、屋外使用には自由雲台とハンドル付き雲台がおすすめです。

軽量仕様で持ち運びラクラクな自由雲台

軽量仕様で持ち運びラクラクな自由雲台

出典:amazon.co.jp

固定したカメラを上下左右にスムーズかつ簡単に調整できるため、マクロ撮影から動きのある被写体などにも使える万能な雲台です。持ち運びに便利な軽量仕様の製品も多い自由雲台は、その軽量仕様を生かして、登山や荷物の多い旅行など少しでも荷物を軽くしたい方にもおすすめ。

自由雲台はカメラの重量・バランスや設置位置・環境によってブレが出る場合もありますので、構図の微調整をしたい方は次項のハンドル付きをチェックしてくださいね。

水平・垂直に細かな角度調節ができるハンドル付き雲台

水平・垂直に細かな角度調節ができるハンドル付き雲台

出典:amazon.co.jp

ハンドル付き雲台は、水平・垂直に細かな角度調節ができる点が魅力。風景撮影などの構図の微調整が多い方におすすめです。ハンドル付き雲台には、水平・垂直調整用の2つのハンドルがある3Way雲台と、1つのハンドルで上下左右の調整ができる2Way 雲台があります。望遠レンズを使った撮影の多い方は3Way、持ち運びを重視する方には2Wayがおすすめです。

また、ハンドル付き雲台は細かな角度調整を可能にしている分、角度調整できる可動範囲が限られておりカメラの向きを変えなければならない場合もでてきます。装着の手間が気になる方は、他の雲台を検討してみてくださいね。

ミニ三脚のおすすめ人気ランキング7選

ここからは、おすすめのミニ三脚をランキング形式で7商品ご紹介します。幅広くターゲットした中から、本体重量が軽く持ち運びのしやすい物を基準に、耐荷重や高さ・その他機能性に秀でた商品を選りすぐりました。あなたに合った使いやすい商品を探してみてくださいね。

7位:METRIX 軽量小型 卓上三脚

METRIX 卓上三脚 WT0117BK
出典:amazon.co.jp
METRIX 卓上三脚 WT0117BK

148円 (税込)

詳細情報
・格納高:7.7cm
・最低/最大高:10cm/10cm
・本体重量:88g
・耐荷重:0.8kg
・雲台タイプ:グリップ式雲台

複数機材・使用感を試したい方におすすめ!

コンデジ・スマホ・ビデオカメラなどさまざまな機材をお持ちの方や、これからミニ三脚の使用感を掴んでいきたい方におすすめのミニ三脚です。こちらの商品の魅力は、別売りアタッチメントが圧倒的な低価格であることと、折りたたみ時の厚さが3.5cmとスリム仕様のということ。持ち運びの際も荷物にならず、アウトドアにも最適です。

別売りのスマートフォン用アタッチメントを使うことで、スマートフォンでの撮影を楽しむこともできます。自由雲台アタッチメントを使用することでお持ちの三脚に取り付けることもできますので、使用機材や撮影方法の幅を広げたい方には、ぜひ併せて購入することをおすすめします。

なお、購入直後には多少のケミカル臭がする場合や、若干のガタつきが出ることもありますので、気になる方は購入を控えてくださいね。

6位:Manfrottoミニ三脚 スマートフォンアダプターキット

Manfrotto PIXI Smart スマートフォンアダプターキット
出典:amazon.co.jp
Manfrotto PIXI Smart スマートフォンアダプターキット

3,609円 (税込)

詳細情報
・格納高:26cm
・最低/最大高:21cm/21cm
・本体重量:290g
・耐荷重:1kg
・雲台タイプ:自由雲台

スマートフォン撮影がメインの方におすすめのミニ三脚キット

「カメラは荷物になるから持ち歩かないけれど、写真は残したい…」と、スマートフォンでの撮影がメインになっている方におすすめの商品がこちら!他のミニ三脚商品は、スマホ用アタッチメントを別売りで購入しなければならないことが多いですが、こちらは予め付属しているため、スマホ撮影がメインの方には嬉しいキットになっています。

閉じるか開くかのシンプル設計のため高さは固定の21cmですが、自由雲台の特性「傾き」をうまく使って撮影することで、卓上撮影から複数人数と背景の写真など、撮影の幅を広げることができますよ。

カラーバリエーションは、ピンク・ブラック・ホワイト・レッドの4色。使用可能サイズは、幅5.6~8.5×厚さ0.54~1cmまでとなっていますので、予めお持ちのスマホサイズの確認をお願いします。スマートフォン用のミニ三脚をお探しの方、ぜひ検討されてはいかがでしょうか?

5位:HAMSWAN超軽量卓上ミニ三脚 

HAMSWAN 卓上コンパクト三脚 自由雲台超軽量自撮り携帯用ミニ三脚
出典:amazon.co.jp
HAMSWAN 卓上コンパクト三脚 自由雲台超軽量自撮り携帯用ミニ三脚

2,080円 (税込)

詳細情報
・格納高:20.5cm
・最低/最大高:11cm/15.7cm
・本体重量:140g
・耐荷重:3kg
・雲台タイプ:自由雲台

耐荷重3kgで一眼レフカメラ撮影もストレスフリー

一眼レフ使用時も安心の耐荷重3kgが魅力の、コンデジ・一眼・ビデオカメラと複数機材をお持ちの方におすすめしたい商品。また、スマホ用アダプターもパッケージされていますので、三脚・自撮り棒兼用のスマホ撮影も可能です。こちらは自由雲台の商品で、スムーズな構図の調整ができ、サッと撮影したい時に便利ですよ!

機材重量が重くなる・望遠レンズなどでバランスが取りづらくなるほど、ネジ締めをかためにしておくことがグラつきを軽減するポイントになります。最大高14.5cmの撮影に加えて、最低高11cmでの撮影も可能ですので、ローポジション撮影を楽しみたい方も満足いただけるかと思います。

アルミニウム合金製で頑丈かつ軽量で持ち運びも便利ですので、アウトドアや旅行のお供にいかがでしょうか?

4位:JOBY ゴリラポッド マグネット付きミニ三脚

 JOBY ゴリラポッドマグネティック 	JB00151-CM4
出典:amazon.co.jp
JOBY ゴリラポッドマグネティック JB00151-CM4

2,494円 (税込)

詳細情報
・格納高:17cm
・最低/最大高:6cm/17cm
・本体重量:58g
・耐荷重:0.325g
・雲台タイプ:自由雲台

ラクラク着脱!立つ・曲がる・くっつく脚が魅力のゴリラポッド

角度や高さも自由自在、ひと味違った撮影を楽しみたい方におすすめの、特徴的なフォルムのミニ三脚・ゴリラポッド。耐荷重は325gで、軽いコンデジやスマートフォン向けの三脚です。使い方の幅が広く、面白味のある構図や撮影者のセンスが光る1枚への助けになってくれることと思います。

通常の三脚と同じくまっすぐ立てて使えるのは勿論、曲がる脚を巻き付けたり曲げたりして傾きや角度を付けることも可能です。また、マグネット脚を生かし金属部分にくっつけることで、より幅のある構図の撮影や自撮りをすることができますよ!着脱に便利なクイックシューも付属しており、三脚使用の度に雲台に取り付ける手間が軽減できます。

スマートフォンでの撮影を楽しみたい方は、別売りのアタッチメントの購入が必要です。また、一眼レフなど重さのあるカメラは、製品の耐荷重をオーバーしてしまいますので避けることをおすすめします。

3位:SLIK スプリントMINI II 4段三脚

SLIK スプリント MINI II 4906752106556
出典:amazon.co.jp
SLIK スプリント MINI II 4906752106556

9,280円 (税込)

詳細情報
・格納高:35cm
・最低/最大高:15cm/109cm
・本体重量:780g
・耐荷重:2kg
・雲台タイプ:自由雲台

風景撮影もローアングルもおまかせ!高さ調節が魅力のミニ三脚

風景撮影や卓上撮影など、さまざまな高さで撮影を楽しんでいる方におすすめのミニ三脚です!高さ調整が優秀な商品で、最大高は109cmになるため風景・集合写真にも使えます。更に最低高は15cmで、料理・小物などの卓上撮影やローアングル撮影にも使える万能三脚です。

安定性基準ですが、耐荷重2kgのためコンデジは勿論、ミラーレス一眼や望遠レンズ無し・軽めの一眼レフであれば十分に活躍してくれます。クイックシューで着脱はラクラク。ガタつきなどを防ぐためにも、シューはしっかりきつめに固定することをおすすめします。

収納時は35cmと小型になり、本体重量は780gと少々重くはなりますが、この高さ調節機能からすると軽量仕様で持ち運びに便利。お値段は少々張ってしまいますが、様々な撮影スタイルを楽しんでいる方、ぜひ検討されてみてはいかがでしょうか?

2位:Velbon レバー式3段 3Way雲台ミニ三脚

Velbon EX-Macro 4907990301741
出典:amazon.co.jp
Velbon EX-Macro 4907990301741

2,602円 (税込)

詳細情報
・格納高:28.1cm
・最低/最大高:20.3cm/56.3cm
・本体重量:580g
・耐荷重:1.5kg
・雲台タイプ:3WAY雲台

初心者におすすめの扱いやすさと高い安定性&機能性

安定性や使いやすさを重視したい方や、ファミリー層・三脚に不慣れな方にもおすすめしたいこちらのミニ三脚。脚部分にはワンタッチで締める・ゆるめるができる「クイックレバーロック」付き。他にもフル開脚時のバランス崩れ防止にもなる「補助ステー」など、扱いやすく安定しやすい機能が多く搭載されています。

また、カメラと三脚の着脱に便利なクイックシューも付属しており、複数機材を扱う場合や持ち運びの際の取り外しもラクラクです。加えて縦横どちらにもシューの装着が可能なため、縦・横撮影どちらにも対応できる優れもの。

こちらは角度調節に便利な3Wayハンドルの商品ですが、雲台違いで「全高41.7cmの2Way 雲台ミニ三脚」も販売されています。機能性・耐久性は充分なので、コンデジやミラーレス一眼にこちらの三脚はいかがでしょうか?

1位:Manfrotto PIXIミニ三脚

Manfrotto PIXIミニ三脚  SKU MTPIXI-B
出典:amazon.co.jp
Manfrotto PIXIミニ三脚 SKU MTPIXI-B

2,209円 (税込)

詳細情報
・格納高:18.5cm
・最低/最大高:13.5cm/13.5cm
・本体重量:230g
・耐荷重:1kg
・雲台タイプ:自由雲台

自撮り棒としても使える!軽めのカメラ向けミニ三脚

低めのシンプルなミニ三脚をお求めの方、こちらの商品はいかがでしょうか?ロゴマークボタンをプッシュすることで角度調整ができる簡単な操作性と、脚を閉じて使うことで自撮り棒としても使用可能なため、旅行や登山のお好きな方にぜひおすすめしたい商品です。

アルミ製で軽量仕様な点も嬉しいところ。また、ピンク・ホワイト・ブラック・レッドの4色から選べます。Amazon卓上三脚・ミニ三脚カテゴリでベストセラー1位に輝く、評価の高い商品です。

一眼レフカメラの縦固定や望遠レンズを付けることは、下を向いていく恐れがあるため不向き。コンデジよりも重さのある一眼レフは、ボタンをきつく調節しておくことで使いやすくはなりますが、耐荷重にゆとりをもたせておかないと構図の固定がしづらくなり、グラつき・転倒の恐れがあるため避けることをおすすめします。

ミニ三脚の売れ筋ランキングもチェック!

なおご参考までに、ミニ三脚のAmazonの売れ筋ランキングは、以下のリンクから確認して下さい。

まとめ

いかがでしたか?「ミニ三脚を選ぶときのポイント」と「おすすめのミニ三脚ランキング7選」をご紹介しました。カメラや撮影時にこだわりを持つように、ミニ三脚も撮影スタイルや被写体にあわせて選んで、より良い素敵な一枚を残してくださいね!

関連記事

人気の記事

人気のアイテムリスト

カテゴリから探す