• レインコートの最強おすすめ人気ランキング10選【おしゃれなポンチョからレインスーツまで!】のアイキャッチ画像1枚目
  • レインコートの最強おすすめ人気ランキング10選【おしゃれなポンチョからレインスーツまで!】のアイキャッチ画像2枚目
  • レインコートの最強おすすめ人気ランキング10選【おしゃれなポンチョからレインスーツまで!】のアイキャッチ画像3枚目
  • レインコートの最強おすすめ人気ランキング10選【おしゃれなポンチョからレインスーツまで!】のアイキャッチ画像4枚目
  • レインコートの最強おすすめ人気ランキング10選【おしゃれなポンチョからレインスーツまで!】のアイキャッチ画像5枚目

レインコートの最強おすすめ人気ランキング10選【おしゃれなポンチョからレインスーツまで!】

傘や長靴よりもしっかりと雨を防げるレインコート。1枚あれば、自転車に乗るときや釣りやキャンプなどのアウトドアレジャー、野外フェスなどさまざまなシーンで使えて便利ですよね。しかし、メンズ・レディースともに、上下のレインスーツタイプからおしゃれなポンチョタイプまでさまざまなデザインのものがあり、どれを選べばよいか迷ってしまいせんか。

そこで今回は、レインコートの選び方と、おすすめのレインコートをランキング形式でご紹介!通販で人気のスタイリッシュで機能的な10商品が登場します。お気に入りのレインコートを見つけて、雨の日も快適にお出掛けを楽しみましょう。

この記事に登場する専門家

高橋愛
  • 最終更新日:2019年08月13日
  • 134,603  views
目次

レインコートの選び方

まずは、レインコートを選ぶときのポイントについてご紹介します。

防水・撥水・透湿性をチェックしよう

レインコート選びで最も重要なことは、しっかり雨を弾けることと快適に着用できることです。防水性・撥水性・透湿性のそれぞれをしっかりチェックしてみましょう。

耐水圧10,000mm程度あれば、大雨でも安心

耐水圧10,000mm程度あれば、大雨でも安心

防水性の高さは、耐水圧を見れば判断することができます。耐水圧とは、生地に水がしみこむのを防ぐ力を表したもの。耐水圧が高いものほど、レインコートから雨がしみこむのを防いでくれるため、使用シーンにあわせて選ぶとよいでしょう。


たとえば、小雨の時や傘と併用して使う場合は、耐水圧200~1,000mm程度でも十分。一方、大雨の時でもレインコートを使いたい方は、耐水圧10,000mmのものを選んでおくと安心です。台風などによる豪雨や登山の時などに備えたいのならば、耐水圧20,000mm程度のものをおすすめします。

撥水性のあるものは、雨をよくはじきお手入れも簡単

撥水性のあるものは、雨をよくはじきお手入れも簡単

簡単にお手入れできるものを選びたい方は、撥水加工されたものがおすすめです。撥水加工済みのレインコートは、雨粒がコロコロと流れ落ちて生地に浸水しないようになっています。撥水性のあるものは使用後に軽く振るだけで水を振り落とすことができるので、お手入れが簡単ですよ。


ただし、防水性がなく、撥水加工だけ施されたものは浸水してしまいますから、ベンチに座る時や自転車に乗る際は注意してください。

透湿度5,000g/㎡/24h以上あると、ムレにくく快適

透湿度5,000g/㎡/24h以上あると、ムレにくく快適
レインコートは中がムレやすいものですが、雨の日でもできるだけ快適に着用したいですよね。ムレにくいレインコードを選ぶためには、「透湿度」をチェックしましょう。

透湿度は24時間の間に、衣服内の汗や湿気をどれだけ外に放出できるかを示したもの。最低でも5,000g/㎡/24h、できれば8,000g/㎡/24h程度の透湿度であれば、快適に着用できるでしょう。


ちなみに、透湿性が高い生地として知られるゴアテックスは、夏場には不向きです。ゴアテックスは「暖かい空気が冷たい空気の方へ移動する」と言う特徴を持っており、暑い季節はこの性能を発揮できません。夏場は他のものをおすすめします。

動きやすさと防水性、優先したいポイントで素材を選ぶ

動きやすさと防水性、優先したいポイントで素材を選ぶ

レインコートにはさまざまな素材が使われていますが、防水性を重視したいならビニール製を。動きやすさを優先したいならナイロン・ポリエステル製がおすすめです。


PVC・EVAなどのビニール製は雨を全く通さないけれど少し重いのが特徴。浸水しないので最もレインコートに適した素材ですが、重たいので動きにくくなります。


一方、ナイロンやポリエステル製は軽くて動きやすいものの、完全に防水するわけでありません。また、経年劣化などにより浸水しやすくなります。動きやすさと防水性のどちらをより優先したいかを考え、メインの素材を選ぶと良いでしょう。

サイズ選びも重要。衣類の厚みも考慮して

サイズ選びも重要。衣類の厚みも考慮して
レインコートは身長を基準にサイズを選ぶことが多いでしょう。しかし、身長だけで選んでしまうと、丈は申し分なくてもお腹周りが苦しくて動きにくくなることがあります。とくに体格のある方や、おなか周りが気になる方は、胴回りのサイズも参考にして選びましょう。

また、レインコートは衣類の上から着るものなので、迷ったら通常のサイズより大きめを選んでおいたほうが安心です。衣類を着た状態で体のサイズを測り、身長・胴回りなどのサイズに合わせて選ぶといいですよ。

利用シーンに合ったデザインをチョイス

レインコートにも、さまざまなデザインや機能を持ったものがあります。着用するシーンに合わせて選んでみましょう。

おしゃれに着こなしたいなら「ポンチョタイプ」がおすすめ

ファッションに取り入れやすいデザイン性の高さで選ぶなら、ポンチョタイプがおすすめ。普段のお出かけからレジャーなどに幅広く活用でき、デザインもかわいいものが多いので、女性や子どもにぴったりです。


袖付きのものだけでなく袖のないものもありますので、お好みで選べるところもポイント。持ち運びがしやすいものが多いので、レジャーなどでも重宝します。しかし、強い雨や長時間の雨には不向きなので注意しましょう。

アウトドアやスポーツ用は「通気性」と「動きやすさ」に工夫のあるものを

アウトドアやスポーツ用は「通気性」と「動きやすさ」に工夫のあるものを

アウトドアやジョギング時などに使うのならば、通気性を確保できるよう工夫されているものや、動きやすいデザインのものがおすすめです。たとえば、背中に通気口を取り付けたベンチレーションタイプや、裏生地がメッシュ地のものなら、湿気がこもりにくく快適に着用できます。


また、伸縮性を持たせたレインコートなら、動きやすさがUP。サイズが大きすぎても動きにくいものですが、首回りや袖口をベルクロで調節できたり、ゴム仕様になっているとフィット感がよくなりますよ。

自転車やバイクに乗る場合は、乗車に適したデザインがベスト

自転車やバイクに乗る場合は、乗車に適したデザインがベスト

自転車やバイクに乗る際に着用するのならば、上下別れたレインスーツタイプや、自転車をすっぽり覆えるデザインのものがおすすめ。夕方や夜間の暗い中で使う場合は、反射テープ付きのものも便利です。


また、自転車の場合は、漕いでいると汗をかくので透湿性の高いものを選ぶことも大切。ただし、濡れたサドルに座っていると、水蒸気を外に逃がす小さな孔から浸水してくるので注意してくださいね。

コンパクトに収納できるものなら持ち運びやすい

コンパクトに収納できるものなら持ち運びやすい

急な雨に備えて、常にレインコートを持ち歩く場合は、携帯性の高いコンパクトになるものがいいですね。小さく折りたためるものを選べば、普段の荷物にプラスしても邪魔になりません。専用のポーチなどに収納しておけるとさらに便利です。


防水性の高いものは生地も厚めでたたみにくかったり、折りたたんでも厚みが出てしまうことも。急な雨に備えて持ち歩くものは携帯性を重視して選び、大雨のときのために自宅に保管しておけるものをもう一つ用意して使い分けるのもおすすめですよ。

プロの愛用するおすすめのレインコート

まずはランキングの前に、プロの愛用するおすすめのレインコートをご紹介します。プロのおすすめポイントを参考に、雨の日に快適に過ごせる機能的なものを見つけてくださいね。
専門家の
マイベスト

MACKINTOSH PHILOSOPHY【ウォッシャブル】【はっ水】ポケッタブルコート (トレンチコートタイプ)

22,680円 (税込)

レインコートのおすすめ人気ランキング10選

ここからは、人気のレインコートをランキングでご紹介します。素材やデザインを比較しながら、お気に入りのものを見つけてみてくださいね。
10位

クアゾンレインポンチョ

2,280円 (税込)

耐水圧
撥水性
透湿性
素材ポリエステル
サイズフリーサイズ
形状ポンチョタイプ
携帯性○(収納袋付き)
9位

Mt.Happy迷彩 レインウェア

2,890円 (税込)

耐水圧8,000mm
撥水性
透湿性
素材ナイロン
サイズM〜XXXL
形状レインスーツタイプ
携帯性×
8位
耐水圧
撥水性
透湿性
素材
サイズ3XL
形状ポンチョタイプ
携帯性×
7位

レースレディースレインポンチョ

2,480円 (税込)

耐水圧10,000mm
撥水性
透湿性
素材ポリエステル・ポリウレタン
サイズフリーサイズ(150〜185cmに適応)
形状ポンチョタイプ
携帯性○(軽量)
6位
レインコート ワールドパーティー kiu レインコート 1枚目
出典:amazon.co.jp

ワールドパーティーkiu レインコート

5,292円 (税込)

耐水圧
撥水性
透湿性
素材ポリエステル
サイズフリーサイズ
形状コートタイプ
携帯性○(収納袋付き)
5位

マックレインウェア ADJUST MAKKU LIGHT

AS7100

2,929円 (税込)

耐水圧10,000mm
撥水性
透湿性5000g
素材ポリエステル
サイズS〜4L
形状レインスーツタイプ
携帯性○(収納袋付き)
4位

ホームセンターブリコ ヤフー店カジメイク エントラントレインコート

5,780円 (税込)

耐水圧10,000mm
撥水性
透湿性
素材ナイロン
サイズS~3L
形状コートタイプ
携帯性○(収納袋つき)
3位

クレアガールレインポンチョ

2,020円 (税込)

耐水圧
撥水性
透湿性
素材ナイロン・ポリエステル
サイズXL/2XL/3XL
形状レインポンチョ
携帯性
2位
耐水圧
撥水性
透湿性
素材ナイロンオックスフォード
サイズフリーサイズ(約150〜175cmに適応)
形状ポンチョタイプ
携帯性×
1位

ルルクチュールレインコート ロングポンチョ

1,980円 (税込)

耐水圧
撥水性
透湿性
素材化学繊維
サイズフリーサイズ
形状ポンチョタイプ
携帯性×

人気レインコートの比較一覧表

商品画像
1
レインコート ルルクチュール レインコート ロングポンチョ

ルルクチュール

2
レインコート DISE 自転車用 レインポンチョ 1枚目

DISE

3
レインコート クレアガール レインポンチョ 1枚目

クレアガール

4
レインコート ホームセンターブリコ ヤフー店 カジメイク エントラントレインコート 1枚目

ホームセンターブリコ ヤフー店

5
レインコート マック レインウェア ADJUST MAKKU LIGHT 1枚目

マック

6
レインコート ワールドパーティー kiu レインコート 1枚目

ワールドパーティー

7
レインコート レースレディース レインポンチョ 1枚目

レースレディース

8
レインコート JIANG レインポンチョ 1枚目

JIANG

9
レインコート Mt.Happy 迷彩 レインウェア 1枚目

Mt.Happy

10
レインコート クアゾン レインポンチョ 1枚目

クアゾン

商品名

レインコート ロングポンチョ

自転車用 レインポンチョ

レインポンチョ

カジメイク エントラントレインコート

レインウェア ADJUST MAKKU LIGHT

kiu レインコート

レインポンチョ

レインポンチョ

迷彩 レインウェア

レインポンチョ

特徴自転車に乗るときにぴったりのレインポンチョ雨の日も楽しく自転車に乗れる、カラフルな商品可愛いデザインのポンチョが欲しい方におすすめ!大雨の日でも安心の高耐水圧夜間の使用にも安心な、リフレクター付きオーバーサイズで着られるから男女兼用もOKおしゃれなデザインと、機能性の高さを両立したポンチョ前カゴや手までしっかりカバーしたい方にぴったり!特に男性に人気の高い、迷彩柄のレインスーツ大きなポケット付きで、カバンなしでも出かけられる
価格1,980円(税込)980円(税込)2,020円(税込)5,780円(税込)2,929円(税込)5,292円(税込)2,480円(税込)1,790円(税込)2,890円(税込)2,280円(税込)
耐水圧10,000mm10,000mm10,000mm8,000mm
撥水性
透湿性5000g
素材化学繊維ナイロンオックスフォードナイロン・ポリエステルナイロンポリエステルポリエステルポリエステル・ポリウレタンナイロンポリエステル
サイズフリーサイズフリーサイズ(約150〜175cmに適応)XL/2XL/3XLS~3LS〜4Lフリーサイズフリーサイズ(150〜185cmに適応)3XLM〜XXXLフリーサイズ
形状ポンチョタイプポンチョタイプレインポンチョコートタイプレインスーツタイプコートタイプポンチョタイプポンチョタイプレインスーツタイプポンチョタイプ
携帯性××○(収納袋つき)○(収納袋付き)○(収納袋付き)○(軽量)××○(収納袋付き)
商品リンク

撥水加工は定期的にメンテすることが大切

撥水加工は定期的にメンテすることが大切
撥水効果は使用しているうちにどうしても落ちてしまいますので、こまめにメンテナンスをすることが大切です。使用した後は水気をすぐにふき取って保管しましょう。濡れたままのレインコートを袋に入れっぱなしにするのはNGです。

また直射日光を当てることで効果が失われる場合もありますので日陰干しにするようにしてください。撥水効果が落ちてきたと感じたら、撥水スプレーや防水スプレーを使って効果を維持してくださいね。

レインブーツも一緒に用意しよう

レインウェアと併せてレインブーツも用意すれば、雨の日の対策はバッチリです。最近ではおしゃれなデザインのレインブーツもたくさんあるので、コーディネートも楽しめますよ。ぜひ以下の記事もチェックして、お気に入りの1足を見つけてみてくださいね。

レインコートの売れ筋ランキングもチェック

なおご参考までに、レインコートのAmazon・楽天の売れ筋ランキングは、以下のリンクから確認して下さい。

まとめ

人気のレインコートランキング、いかがでしたでしょうか。レインコートはライフスタイルやお住いの地域の気候などさまざまな条件によっても使い勝手が変わっていきます。

ここでご紹介したポイントを押さえながらご自分に合った商品を探して、お気に入りのレインコートを手に入れてくださいね。

関連記事

人気の記事

人気のアイテムリスト

カテゴリから探す