• レインコートの最強おすすめ人気ランキング10選【2018年最新版】のアイキャッチ画像1枚目
  • レインコートの最強おすすめ人気ランキング10選【2018年最新版】のアイキャッチ画像2枚目
  • レインコートの最強おすすめ人気ランキング10選【2018年最新版】のアイキャッチ画像3枚目
  • レインコートの最強おすすめ人気ランキング10選【2018年最新版】のアイキャッチ画像4枚目
  • レインコートの最強おすすめ人気ランキング10選【2018年最新版】のアイキャッチ画像5枚目

レインコートの最強おすすめ人気ランキング10選【2018年最新版】

傘や長靴よりもしっかりと雨を防げるレインコート。ノンブランドだけでなく、アウトドアブランドからもたくさんの商品が販売されています。キッズ・ベビー用はデザインも豊富なのですが、大人用にはシンプルなものが多いので、おしゃれなものを見つけるのは大変ですよね。

そこで今回は、通販で人気のスタイリッシュで機能的なレインコートをランキングでご紹介します。メンズに最適なもの・自転車に乗る際におすすめのもの・かわいいポンチョタイプなどなど、デザイン性の高いものが10商品登場。詳しい選び方も解説しますので、ぜひ参考にして、あなたのレインコート選びにお役立てください。

この記事に登場する専門家

高橋愛
  • 最終更新日:2018年11月08日
  • 70,694  views
目次

レインコートの選び方

レインコートを選ぶ際はどんなところに気をつけたらいいのでしょうか。まずはレインコートを選ぶときのポイントについてご紹介します。

防水性・撥水性・透湿性をチェックして、機能的なものを選ぶ

レインコート選びで最も重要なことは、しっかり雨を弾けることと快適に着用できることです。防水性・撥水性・透湿性のそれぞれをしっかりチェックしてみましょう。

「耐水圧」をチェック。10,000mm程度あれば大雨でも大丈夫

「耐水圧」をチェック。10,000mm程度あれば大雨でも大丈夫
雨を防ぐ能力は、耐水圧と言う数値で見分けることができます。一般的なレインコートは200mmから1,000mmになっており、小雨の時に最適です。

小雨程度ではレインコートを着用しないという方は、大雨にも耐えられるように耐水圧10,000mmのものを選んでおきましょう。嵐や登山などの時に備えたいのならば、耐水圧は20,000mmをおすすめします。

「撥水性」のあるものはお手入れがしやすい

撥水加工のあるものは雨粒がコロコロと流れ落ちて生地に浸水しないようになっています。使用後に軽く振るだけで水を振り落とすことができますので、単純に防水性のある生地よりもお手入れが簡単です。頻繁に出かけるという方は、撥水性のあるものを選んでおきましょう。

ただし、防水性がなく、撥水加工のみ施されたものは浸水してしまいますから、ベンチに座る時や自転車に乗る際は注意してください。

快適に着られるように「透湿性」も確認する

快適に着られるように「透湿性」も確認する
レインコートと言う特性上どうしても蒸れやすくなりますので、透湿性もチェックしましょう。透湿性の示す数値として、24時間の間に8000g以上の水を排出できるものが蒸れにくいとされていますので、透湿性について記載のある場合は参考にしてみてください。

ちなみに、透湿性が高い生地としてゴアテックスがありますが、これは夏場には不向きです。ゴアテックスは「暖かい空気が冷たい空気の方へ移動する」と言う特徴を持っており、暑い季節はこの性能を発揮できません。夏場は他のものをおすすめします。

動きやすさと防水性、優先したいポイントで素材を選ぶ

レインコートに使われている素材は、主にビニールと化学繊維の2種類です。

ビニールのものはPVCやEVAなどで、雨を全く通さないという特徴があります。浸水しないので最もレインコートに適していますが、化学繊維よりも重たいので動きにくさがあります。

一方で化学繊維は、ナイロンやポリエステルなどが主流。軽くて動きやすいものの、完全に防水するわけではないので、経年劣化などで浸水しやすくなります。動きやすさと防水性のどちらを優先したいかで素材を選ぶと良いでしょう。

サイズ選びも重要。「胴回り」を目安に選ぶ

サイズ選びも重要。「胴回り」を目安に選ぶ
レインコートはあらかじめ大きめに作られており、ほとんどが身長に合わせて選ぶようになっています。しかし、身長で選んでしまうと、丈は申し分なくてもお腹周りが苦しくて動きにくくなることがありますので、選ぶ際は胴回りのサイズを参考にしておきましょう。

利用シーンに合わせたチェックポイント

レインコートにも、さまざまなデザインや機能を持ったものがあります。着用するシーンに合わせて選んでみましょう。

おしゃれに着こなしたいなら「ポンチョタイプ」がおすすめ

おしゃれに着こなしたいなら「ポンチョタイプ」がおすすめ

出典:amazon.co.jp

ポンチョタイプは、ファッションに取り入れやすいデザインです。普段のお出かけからレジャーなどに幅広く活用できますし、デザインもかわいいものが多いので、女性や子どもにぴったりです。袖付きのものだけでなく袖のないものもありますので、お好みで選べるところもポイントです。

アウトドアやスポーツ用は「通気性」と「動きやすさ」に工夫のあるものを

アウトドアやスポーツ用は「通気性」と「動きやすさ」に工夫のあるものを

出典:amazon.co.jp

アウトドアやジョギング時などに使うのならば、通気性を良くする工夫があるものをおすすめします。

背中に通気口を取り付けたベンチレーションタイプや、裏生地がメッシュ地のものなら湿気がこもりませんので、着用しても快適です。また化学繊維を使用したレインコートには伸縮性を持たせたものもあるので、ストレッチが効いて動きやすさがアップしますよ。

自転車やバイクに乗る場合は、乗車に適したレインウェアを選んでおく

自転車やバイクに乗る場合は、乗車に適したレインウェアを選んでおく

出典:amazon.co.jp

自転車とバイクに乗る際に着用するのならば、乗車に適したレインウェアを選んでおきましょう。上下別れたレインスーツタイプや、自転車をすっぽり覆える形状ものもなどがあります。乗車しやすいように工夫されたものも多いですから、こうしたものから選んでみてください。

コンパクトに収納できるものなら持ち運びやすい

コンパクトに収納できるものなら持ち運びやすい

出典:amazon.co.jp

急な雨に備えて、レインコートを持ち歩く人も多いかと思います。携帯性を重視するのなら、コンパクトになるものがいいですね。

折りたたむと小さくなるものはたくさんありますので、普段の荷物にプラスしても邪魔になりません。専用のポーチなどに収納しておけるとさらに便利ですから、ぜひ携帯性にも注目してみてください。

プロの愛用するおすすめのレインコート

まずはランキングの前に、プロの愛用するおすすめのレインコートをご紹介します。プロのおすすめポイントを参考に、雨の日に快適に過ごせる機能的なものを見つけてくださいね。
専門家の
マイベスト

MACKINTOSH PHILOSOPHY【ウォッシャブル】【はっ水】ポケッタブルコート (トレンチコートタイプ)

22,680円 (税込)

レインコートの人気ランキング10選

ここからは、人気のレインコートをランキングでご紹介します。素材やデザインを比較しながら、お気に入りのものを見つけてみてくださいね。
10位

ホームセンターブリコ ヤフー店カジメイク エントラントレインコート

5,780円 (税込)

耐水圧10,000mm撥水性
透湿性記載なし素材ナイロン
サイズM~3L特徴ベンチレーション付き・リフレクター付き
携帯性収納袋つき
9位

サングローブkiu レインポンチョ

3,780円 (税込)

耐水圧5,000mm撥水性
透湿性記載なし素材ポリエステル
サイズフリー特徴選べる24デザイン
携帯性ポーチ付き
8位

バッグ・リュック・小物 MocKiU レインコート

5,292円 (税込)

耐水圧記載なし撥水性
透湿性記載なし素材ポリエステル
サイズフリー特徴ベンチレーション付き
携帯性ポーチ付き
7位

WORKER BEE自転車レインコート

2,980円 (税込)

耐水圧記載なし撥水性
透湿性記載なし素材ポリエステル(PVCラミネート)
サイズフリー特徴防水性・自転車OK
携帯性×
6位

アウトドアレインコート

2,786円 (税込)

耐水圧記載なし撥水性
透湿性記載なし素材ポリエステル
サイズM・L特徴反射材付き
携帯性収納袋つき
5位

ルルクチュールレインコート ロングポンチョ

1,980円 (税込)

耐水圧記載なし撥水性
透湿性記載なし素材化学繊維
サイズワンサイズのみ特徴ポンチョタイプ・自転車OK
携帯性×
4位
レインコートドルマンスリーブ
出典:amazon.co.jp

ワールドパーティーレインコートドルマンスリーブ

3,996円 (税込)

耐水圧記載なし撥水性
透湿性記載なし素材ポリエステル
サイズフリー特徴ドルマンスリーブ
携帯性手提げバッグ付き
3位

EVERSOUL PLUS version Yメンズ レインパーカー

3,229円 (税込)

耐水圧記載なし撥水性
透湿性記載なし素材ナイロン
サイズL・3L特徴選べる5色
携帯性ポーチ付き
2位

バックヤードシュシュポッシュ レインコート

4,212円 (税込)

耐水圧記載なし撥水性
透湿性記載なし素材ポリエステル
サイズL特徴シームレス加工・裾絞りOK
携帯性手提げバッグ付き
1位
レインコート フラワーガーデン
出典:amazon.co.jp

アセントレインコート フラワーガーデン

3,780円

耐水圧記載なし撥水性
透湿性記載なし素材ポリエステル
サイズフリー特徴
携帯性手提げバッグ付き

人気レインコートの比較一覧表

商品画像商品名特徴価格耐水圧撥水性透湿性素材サイズ特徴携帯性商品リンク
1
レインコート フラワーガーデン

アセント

レインコート フラワーガーデン

小花柄でキュートに着られる3,780円記載なし記載なしポリエステルフリー手提げバッグ付き詳細を見る
2
シュシュポッシュ レインコート

バックヤード

シュシュポッシュ レインコート

切り替えデザインのおかげでかわいく着られる4,212円(税込)記載なし記載なしポリエステルLシームレス加工・裾絞りOK手提げバッグ付き詳細を見る
3
メンズ レインパーカー

EVERSOUL PLUS version Y

メンズ レインパーカー

おしゃれに着られるメンズ向けのデザイン3,229円(税込)記載なし記載なしナイロンL・3L選べる5色ポーチ付き詳細を見る
4
レインコートドルマンスリーブ

ワールドパーティー

レインコートドルマンスリーブ

ファッション性が高く、おしゃれに着こなしやすい3,996円(税込)記載なし記載なしポリエステルフリードルマンスリーブ手提げバッグ付き詳細を見る
5
レインコート ロングポンチョ

ルルクチュール

レインコート ロングポンチョ

クリアのつば付きで顔も雨からガード1,980円(税込)記載なし記載なし化学繊維ワンサイズのみポンチョタイプ・自転車OK×詳細を見る
6
レインコート

アウトドア

レインコート

軽量で持ち運びに便利な化繊素材2,786円(税込)記載なし記載なしポリエステルM・L反射材付き収納袋つき詳細を見る
7
自転車レインコート

WORKER BEE

自転車レインコート

そのまま着ても、自転車のときもおすすめ2,980円(税込)記載なし記載なしポリエステル(PVCラミネート)フリー防水性・自転車OK×詳細を見る
8
KiU レインコート

バッグ・リュック・小物 Moc

KiU レインコート

オーバーサイズで着られるから男女兼用もOK5,292円(税込)記載なし記載なしポリエステルフリーベンチレーション付きポーチ付き詳細を見る
9
kiu レインポンチョ

サングローブ

kiu レインポンチョ

フェスやお出かけ時に最適なおしゃれデザイン3,780円(税込)5,000mm記載なしポリエステルフリー選べる24デザインポーチ付き詳細を見る
10
カジメイク エントラントレインコート

ホームセンターブリコ ヤフー店

カジメイク エントラントレインコート

大雨の日でも安心の高耐水圧5,780円(税込)10,000mm記載なしナイロンM~3Lベンチレーション付き・リフレクター付き収納袋つき詳細を見る

撥水加工は定期的にメンテすることが大切

撥水加工は定期的にメンテすることが大切
撥水効果は使用しているうちにどうしても落ちてしまいますので、こまめにメンテナンスをすることが大切です。使用した後は水気をすぐにふき取って保管しましょう。また直射日光を当てることで効果が失われる場合もありますので日陰干しにするようにしてください。

撥水効果が落ちてきたと感じたら、撥水スプレーや防水スプレーを使って効果を維持してくださいね。

レインブーツも見たい方はこちらをチェック

以下のリンクでは、レインブーツを紹介しています。レインウェアと併せてコーディネートも楽しめますよ。ぜひチェックして、お気に入りの1足を見つけてみてください。

レインコートの売れ筋ランキングもチェック

なおご参考までに、レインコートのAmazon・楽天の売れ筋ランキングは、以下のリンクから確認して下さい。

まとめ

人気のレインコートランキング、いかがでしたでしょうか。レインコートはライフスタイルやお住いの地域の気候などさまざまな条件によっても使い勝手が変わっていきます。

ここでご紹介したポイントを押さえながらご自分に合った商品を探して、お気に入りのレインコートを手に入れてくださいね。

関連記事

人気の記事

人気のアイテムリスト

カテゴリから探す