1. TOP
  2. >
  3. コスメ・化粧品
  4. >
  5. 日焼け止め・UVケア
  6. >
  7. キスフォービーチの悪い口コミや評判を実際に使って検証レビュー
ウェリナ キスフォービーチ
ウェリナ
キスフォービーチ
3,080円(税込)

キスフォービーチの悪い口コミや評判を実際に使って検証レビュー

キスフォービーチを実際に用意して、徹底的に比較検証しました!

水や汗に強いウォータープルーフなのに、環境や肌にやさしいと高い人気を誇るオーガニック日焼け止め「キスフォービーチ」。ネット上では高評価が多い一方で、「塗っても日焼けしてしまった」「ベタつく」など残念な口コミや評判もあり、購入を迷っている人はいませんか?


そこで今回は⼝コミの真偽を確かめるべく、キスフォービーチを実際に使って、成分・落としやすさ・焼けにくさ・耐摩擦性・耐水性を⽐較検証レビューしました。購⼊を検討中の⽅はぜひ参考にしてみてくださいね!

全商品を自社施設で比較検証しています!

全商品を自社施設で比較検証しています!

実際に商品を購入して、徹底的に比較検証した上で、優れた品質と購入する価値がある商品を見極め、おすすめの商品をご提案しています。

  • 最終更新日:2020年08月31日
目次

敏感肌の人に選ばれるウォータープルーフ、キスフォービーチとは?

キスフォービーチは「究極の安全と癒し」を目指すブランド、ウェリナ・オーガニクスのオーガニック日焼け止め。美容液ベースのUVケアができるのに、シンプルなつくりで赤ちゃんや敏感肌でも使えると評判のアイテムです。まずは、キスフォービーチの特徴をチェックしましょう。

オーガニックではめずらしいウォータープルーフ

オーガニックではめずらしいウォータープルーフ

キスフォービーチは、オーガニックの日焼け止めでは数少ないウォータープルーフタイプです。紫外線防止効果はSPF30、PA+++相当。汗や水に強いから、屋外でのスポーツや海やプールなど、レジャーシーンで活躍してくれます。

防腐剤フリーで、赤ちゃんにも使える

防腐剤フリーで、赤ちゃんにも使える

肌への刺激を抑え、アレルギー発症リスクを減らすために、防腐殺菌作用のある成分を使わずにつくられているのがうれしいところ。原材料の安心感を重視したい大人や、肌がデリケートな子どもにはもちろん、赤ちゃんの肌についてしまっても安心。家族みんなで共有できるアイテムとして人気です。

ハワイアン海洋深層水がベースの美容液仕様

ハワイアン海洋深層水がベースの美容液仕様

ミネラルたっぷりのハワイアン海洋深層水と天然植物からできているため、紫外線によるダメージを防ぎながらうるおいも守ってくれるの美容液仕様なのがポイント!


また、日本国内ではオーガニックコスメには明確な基準がないのが現状。そのため、原料のごく一部に有機栽培植物を使用しただけでも、オーガニックをうたっているものもあります。この商品は、「エコサート」「USDA」などオーガニック認証機関の認定を受けた原料を使用し、安心して使えるのも魅力です。

キスフォービーチの口コミは?

肌や環境のことを考えてつくられているキスフォービーチですが、一部では気になる評判も聞かれます。実際にどんな口コミがあるのか調査してみました。

口コミ①:塗っていても焼けてしまった!効果に疑問

口コミ①:塗っていても焼けてしまった!効果に疑問

特に気になったのは、「きちんと塗っていたのに日焼けしてしまった!」という口コミです。数時間の外出で日焼け跡がくっきりついてしまったというケースもあり、しっかり紫外線をカットできるかが気になるところです。

腕と脚に塗ってすぐ外出し、ほぼ室内のテーマパークで2~3時間遊んだあと帰ると、日焼けの痕がくっきり( TДT)目を疑いました。
かなりしっかり塗らないと、結構焼けちゃいます。

口コミ②:ベタつきやテカリが気になる

口コミ②:ベタつきやテカリが気になる

伸びが悪く「ベタつき」や「テカリ」が気になるという声もあがっています。パウダーである程度抑えられるとはいえ、単体で使えないのは少し難点。ベタつくと手や服についてしまいそうなので、こちらも気になりますね。

のびが悪く伸ばしたあとも顔がずっとベタベタします。
成分が安心できるものを探し、こちらを使用してみました。伸びはあまりよくありませんし、てかります。上からパウダーなどで少してかりを抑える必要がありました。オーガニックの商品としてはよくあることですが、あとは使う人が何を重視するかと思います。

キスフォービーチを実際に使って検証レビュー!

キスフォービーチを実際に使って検証レビュー!

「日焼け止め効果が弱い」「べたつく」など、残念な口コミが気になるキスフォービーチ。購入する前に、本当のところはどうなのかを確かめたいですよね。


そこで今回は、実際に商品を使って以下の5点を検証してみました!


検証①:成分

検証②:落としやすさ

検証③:焼けにくさ

検証④:耐摩擦性

検証⑤:耐水性


キスフォービーチも含めた、人気のオーガニック日焼け止め19商品を実際に使って比較検証しています。ほかの商品のレビューが気になる人は、こちらの記事もチェックしてみてくださいね。

検証①:成分

まずは、オーガニックコスメを選ぶポイントとなる、配合成分について見ていきます。肌や環境へのやさしさを考えるなら、使われている成分は重視したいところです。


オーガニックだからといって肌にやさしい・トラブルが少ないというのは実は間違い。自然由来のものであるほど成分は複雑で、アレルギー反応を起こしやすいということもあるので注意が必要です。今回は、配合成分が少ないものほどシンプルだからリスクが少ない、という前提のもとに検証をすすめていきます。


パッケージで配合されている成分の数を確認し、少ないものほど高評価としました。また、肌に負担をかける紫外線吸収剤が使われていないかも合わせてチェック。もし使われていた場合、減点としています。

成分のよさはトップクラス!シンプル&紫外線散乱剤で高評価

成分のよさはトップクラス!シンプル&紫外線散乱剤で高評価

使われている成分の数は14。同様の検証を行った全19商品の中で2番目に少なく、シンプルさが魅力のアイテムです。さらに、紫外線散乱剤を使用してあるので、肌への負担が少ないのもうれしいですね。


配合されている植物由来成分のほとんどは油脂(オイル)なのもポイント!肌に合わない植物エキスがあるという人でもトライしやすいですよ。

検証②:落としやすさ

次に、使用頻度が高いからこそ重要な「落としやすさ」を検証していきましょう。ウォータープルーフなのに専用クレンジング不要をうたうキスフォービーチですが、本当に石けんだけで落とせるのでしょうか?


腕の内側に商品を塗って数分置きなじませます。泡タイプのボディソープをのせて、2~3回なでてから水で流しました。その後、どれぐらい落とせたかをチェックします。

石けんで軽くなでただけではほぼ落ちず。クレンジングが必要

石けんで軽くなでただけではほぼ落ちず。クレンジングが必要

わずかに落とせた感覚はあったものの、石けんではほとんど落ちないという検証結果に。ウォータープルーフというだけあり、簡単には落ちませんでした。今回の検証では泡をのせて軽くなでるだけだったので、もう少し丁寧に洗ったり、クレンジングを使用するとよいでしょう。

検証③:焼けにくさ

続いて、日焼け止めを使う目的でもある「焼けにくさ」を検証します。口コミでは「塗っていても日焼けしてしまった」という残念な声もあり、実際はどうなのか慎重に見ていきたいところです。


まずはクリアファイルに商品を塗り、紫外線に当たると色が変わるUVラベルに重ねます。屋外で日に当て、ラベルの色がどれぐらい変化するかを確認しました。


さらに、人の肌を使った検証も行います。編集部の男性スタッフに協力を仰ぎ、お腹に商品を塗って30分間屋外で日に当たってもらいました。肌の赤みが引いてから、状態をチェックします。

紫外線カット効果◎。しっかり肌を守ってくれる

紫外線カット効果◎。しっかり肌を守ってくれる

紫外線に当たるとピンク色に染まるUVラベルですが、真っ白いままで変化がありません。また、人の肌を使った検証では、塗っていない場所との境界線がくっきり出なかったものの、ほとんど日焼けしていないことを確認できました。


SPF30、PA+++と、最近の日焼け止めの中ではやや控えめな数値ながらも、焼けにくさの面ではかなり優秀です。

検証④:耐摩擦性

さらに、紫外線カット効果を継続するのに重要な、耐摩擦性についてもみていきましょう。「べたつく」という口コミもあり、服や髪にどれだけ移ってしまうのかも気になるところですね。


腕の内側に商品を塗り、数分経ってなじんだのを確認してから、タオルで2~3回擦ります。どれぐらい日焼け止めが肌に残ったかをチェックしました。

耐摩擦性はほぼナシ。こまめな塗りなおしが必要

耐摩擦性はほぼナシ。こまめな塗りなおしが必要

タオルで擦ると、残念なことにほぼキレイに拭き取れてしまいました…。ビーチでも使える日焼け止めですが、タオルで拭いた後は必ず一からの塗りなおしが必要です。


今回、ほかのオーガニック日焼け止めの耐摩擦性チェックもしたのですが、そのほとんどが摩擦に弱いという結果が出ています。肌にベールをつくり、物理的に肌の上で紫外線を跳ね返す紫外線散乱剤を使った日焼け止めは、摩擦に弱いのが弱点


キスフォービーチだけではなく、オーガニック日焼け止めを使う際にはこまめに塗りなおしをすることが焼けないポイントです!

検証⑤:耐水性

最後に、海やプール・屋外スポーツなどの場面で安心して使えるかどうかの目安となる、「耐水性」を確認してみましょう。ウォータープルーフをうたうキスフォービーチですが、しっかり水をはじいてくれるのでしょうか。


腕の内側に商品を塗り、数分置いてなじませます。その後、馬油と水を混ぜてつくった疑似汗を霧吹きでかけ、どれぐらいはじいたかをチェックしました。

耐水性はあるものの、水辺での使用は厳しい

耐水性はあるものの、水辺での使用は厳しい

ウォータープルーフをうたっているキスフォービーチですが、検証の結果はもう一息といったところ。擬似汗を一応は弾いたものの、水の粒をよく確認すると弾けていないように見える場所もあり、耐水性はいまひとつという結果になりました。


海やプールなど、水の中にいる時間が長い時は、ほかの日焼け止めを選ぶのがよいでしょう。

【レビュー結果】人気オーガニック日焼け止め19商品中5位!日焼け止め効果&成分が優秀でオーガニックのよさを感じたい人に◎

【レビュー結果】人気オーガニック日焼け止め19商品中5位!日焼け止め効果&成分が優秀でオーガニックのよさを感じたい人に◎

今回の検証では、キスフォービーチの成分のよさが目立ちました。厳選された自然由来成分を使用したシンプルなつくりで、敏感肌の人にも試してみてほしいアイテムです。オーガニックならではの肌や環境へのやさしさが高評価で、人気ランキングでも19商品中5位にランクインしています!


肌にやさしいのに、紫外線からしっかり肌を守ってくれる機能性の高さもポイント。口コミ通りのしっとりした重めの質感なので、パウダーなどと併用するのがおすすめです。


ウォータープルーフなのに耐水性がイマイチだったことや、耐摩擦性があまりないというウイークポイントはありますが、これはオーガニック日焼け止め全般にいえること。こまめな塗り直しを心がければ問題ないでしょう。

赤ちゃんにはアマールカ ベビーサンスクリーンも!

キスフォービーチ ウェリナオーガニック アマールカ ベビーサンスクリーン 1枚目
出典:amazon.co.jp

ウェリナオーガニックアマールカ ベビーサンスクリーン

4,999円 (税込)

キスフォービーチは子どもから大人まで使えるアイテムですが、ウェリナ・オーガニクスの商品ラインナップには、赤ちゃんや子どものためにつくられた「アマールカ ベビーサンスクリーン」もあります。


SPF15と紫外線防止効果は抑えめですが、信頼のおける産地の無農薬原料を使用。紫外線散乱剤として配合されている酸化チタンも、肌に直接触れないよう天然成分でコーティングされています。赤ちゃんとの初めてのお出かけや、ちょっとしたお散歩などにぴったりの日焼け止めです。


ビーチリゾートなど高い紫外線防止効果が欲しいときはキスフォービーチ、普段のお出かけ用にはアマールカ ベビーサンスクリーンと使い分けるのがおすすめですよ!

まとめ

今回は、キスフォービーチを比較検証レビューしました。


耐水性に関しては一歩及ばない結果となったものの、配合されている成分や紫外線防止効果の面では高評価。肌や環境にやさしい日焼け止めを選びたいという人に、ぴったりのアイテムです。購入を検討中の人はぜひ参考にしてみてくださいね!

この商品が出てくる記事

当サイトでは、JANコードをもとに、各ECサイトが提供しているAPIを使用して、各商品の価格の表示やリンクの生成を行っております。

そのため、掲載価格に変動がある場合や、JANコードの登録ミスなど情報が誤っている場合がありますので、最新価格や商品の詳細等については各販売店やメーカーに確認するようにお願いいたします。

関連記事

人気の記事

人気のアイテムリスト

カテゴリから探す

カテゴリ