• カップうどんのおすすめ人気ランキング12選のアイキャッチ画像1枚目
  • カップうどんのおすすめ人気ランキング12選のアイキャッチ画像2枚目
  • カップうどんのおすすめ人気ランキング12選のアイキャッチ画像3枚目
  • カップうどんのおすすめ人気ランキング12選のアイキャッチ画像4枚目
  • カップうどんのおすすめ人気ランキング12選のアイキャッチ画像5枚目

カップうどんのおすすめ人気ランキング12選

お湯を注ぐだけですぐに食べられる、便利なカップうどん。定番のきつねうどんやたぬきうどんも良いですが、濃厚なカレー味やモチモチの生麺タイプなど、いつもと違うものを試してみるのもおすすめですよ。日清やマルちゃんなどのお馴染みブランドはもちろんのこと、それ以外のたくさんのメーカーからも色々なカップうどんが登場しています。

そこで今回は、カップうどんの選び方とおすすめ商品をランキング形式でご紹介します。カロリー低めの商品もあるので、ダイエット中の方もぜひご覧ください♪

この記事に登場する専門家

オサーン
  • 最終更新日:2018年11月08日
  • 30,720  views
目次

カップうどんの選び方

お湯を注いでから数分で食べられるカップうどんは、昼食や夜食にとても便利なものですよね。でも一口にカップうどんと言ってもさまざまなメーカーからたくさんの商品が販売されているので、悩んだあげく結局無難なものを選びがちです。そこでまずは、カップうどんの選び方のポイントをご紹介します。

地域によるスープの味の違いで選ぶ

地域によるスープの味の違いで選ぶ
カップうどんの選び方でまずポイントとなるのがやはりスープの味。一般的に売られているカップうどんは醤油味をベースにしたものがほとんどですが、地域によって風味が若干違う場合も。大手メーカーの「日清どん兵衛」や「マルちゃん赤いきつね」などは、東日本と西日本では使っている出汁が違っていたり、醤油の種類も変えていたりするようです。

例えば、関東風は魚介出汁と濃口醤油でコクのある味に、関西風は昆布出汁と淡口醤油であっさりとした味に仕上げています。

コンビ二やスーパーではその地域に合わせたスープのカップうどんを購入することができますが、インターネットで購入する場合は両方の地域のスープが売られていますので、良く確認してから購入するようにしましょう。

麺のタイプで選ぶ

カップうどんには、主に「生タイプ」「フライ麺」「ノンフライ麺」があります。麺のタイプはうどん独特の食感を楽しんだり、手軽に作るうえでポイントとなりますので、ぜひ確認してから購入するようにしましょう。

うどんのもちもち食感が楽しめる生タイプ

うどんのもちもち食感が楽しめる生タイプ
茹でうどんに近い麺が真空パックされているタイプです。先に麺だけをお湯でほぐし、そのお湯を一旦捨ててからもう一度新しいお湯を入れ、そこに粉末スープや液体スープを入れて作るのが一般的で、うどん本来のもちもちした食感や太さを楽しめると言ったメリットがあります。

お湯を入れてからの放置時間が少なく、油で揚げていないのでカロリーが控えめなのも生タイプの特徴です。

外出先でも作りやすいフライ麺

外出先でも作りやすいフライ麺
麺を油で揚げてあるタイプで、乾燥しているのが特徴です。麺は生タイプのカップうどんに比べて若干平たく、メーカーによってはかなり縮れているものもあります。一旦お湯を捨てたりと言った面倒さは無く、外出先でも作りやすいのがメリット。また一個当りの重量が軽いので持ち運びがしやすく、箱買いしても重さが気にならないといった面もあります。

実は見かけることの少ないノンフライ麺

実は見かけることの少ないノンフライ麺

出典:topvalu.net

実はカップうどんの麺のタイプで見かけることがほとんどないのがノンフライ麺です。油で揚げずに熱風でゆっくり水分を蒸発させて乾燥させる方法で作られますが、どのメーカーのカップうどんを見ても生タイプかフライ麺のどちらかが採用されていることがほとんど。

2017年5月現在、唯一のノンフライ麺カップうどんと言われているのが大手流通グループ・イオンのプライベートブランド商品である「トップバリュノンフライ麺うどん」。こちらの商品はイオングループの店舗か、会員登録が必要なイオンネットスーパーでしか購入できない特別な商品です。

かやくやトッピングで選ぶ

かやくやトッピングで選ぶ

出典:amazon.co.jp

カップうどんには麺とスープの他に「かやく」と呼ばれる具材が入っています。商品によって卵やかまぼこ・わかめやねぎが入っていたりとバラエティに富んでいます。また、一枚揚げやかき揚げなどのトッピングは、食べ応えがありますし満足感が得られます。カップうどんの選び方で悩んだときにはかやくやトッピングに注目して選ぶのもおすすめです。

新しい味にも挑戦してみよう

新しい味にも挑戦してみよう
カップうどんは結局いつも同じものしか買わないという方も多いのではないでしょうか。いつも決まった味の定番があるというのも良いですが、たまには脱マンネリで、いつもと違うものを試してみるのも楽しいですよ。

新しい味を試すときは、インターネットの口コミや商品レビューを参考にするのがおすすめ。購入した人のコメントを読むだけでもどんな商品か想像できますし、中には辛口のコメントもありますので、購入する際の注意点を勉強できるという点でも見る価値があります。

プロの愛用するおすすめのカップうどん

まずはランキングの前に、プロの愛用するおすすめのカップうどんをご紹介します。プロのおすすめポイントを参考に、ストックしておきたくなるようなカップうどんを見つけてくださいね。
専門家の
マイベスト
カップ みそ煮込うどん 12個
出典:amazon.co.jp

寿がきや食品カップ みそ煮込うどん 12個

1,980円 (税込)

専門家の
マイベスト
マルちゃん バリうま ごぼ天うどん 12個
出典:amazon.co.jp

東洋水産マルちゃん バリうま ごぼ天うどん 12個

1,780円 (税込)

カップうどんのおすすめ人気ランキング12選

お待たせいたしました!ここからは、カップうどんのおすすめ人気ランキングを発表していきます。お馴染みのカップうどんから、珍しいカップうどんまで幅広くご紹介していますので、ぜひ最後までチェックしてみてくださいね。

12位:寿がきや食品 小さなおうどん お吸いもの

寿がきや 小さなおうどん お吸いもの
出典:amazon.co.jp
寿がきや 小さなおうどん お吸いもの

1,879円 (税込)

詳細情報
・内容量:86g
・スープ:白醤油仕立て
・主なかやく:花麩・ねぎ・卵
・麺のタイプ:生タイプ
・出来上がり時間:1分

塩分40%オフ。お弁当や夜食に便利な小ぶりうどん

カップうどんの中でも小ぶりなサイズで人気のある商品です。お昼のお弁当のお味噌汁の代わりにしたり、ちょっと小腹が空いた時や夜食などに便利なサイズ。白醤油仕立てのあっさり味が上品な味わいです。麺は生タイプなので、小ぶりでも満足感があります。

昔から馴染みのある商品ですが2016年9月にリニューアルし、麺もスープも改良されよりおいしくなっています。同メーカーの標準品と比較し塩分が40%も少ないということで、塩分が気になる方でも安心して召し上がれますね。「第一回JSH減塩食品アワード」において金賞を受賞している実力派でもあります。ラインナップは他に「鶏しお」や「梅じそ」などがあり、どの味もおいしいと評判です。

11位:ジャルックス ジャルセレクション うどんですかい

ジャルックス うどんですかい
出典:amazon.co.jp
ジャルックス うどんですかい

1,822円 (税込)

詳細情報
・内容量:37g
・スープ:関西風醤油仕立て
・主なかやく:かまぼこ・油揚げ・ねぎ
・麺のタイプ:フライ麺
・出来上がり時間:3分

飛行機のかまぼこが入ってお土産にぴったり

見た目はカップラーメンのような雰囲気ですが、れっきとしたカップうどんです。JAL国際線の機内で提供されている商品で、お湯の沸点が低い飛行中の機内でもおいしく食べられるようにと、80~85℃のお湯で作ることができるように開発されています。小ぶりなサイズなのでお弁当やおにぎりのちょい足しや、おやつ・夜食などにぴったりですよ。

パッケージは飛行機のイラストが描かれた楽しいデザイン。フタを開けると、これまた飛行機のデザインのかまぼこが入っています。飛行機好きの方やお子様へのお土産にも喜ばれそうですね。

10位:寿がきや食品 カップみそ煮込うどん

寿がきや食品 カップみそ煮込うどん
出典:amazon.co.jp
寿がきや食品 カップみそ煮込うどん

2,116円 (税込)

詳細情報
・内容量:107g
・スープ:名古屋風赤味噌仕立て
・主なかやく:かまぼこ・油揚げ・ねぎ
・麺のタイプ:フライ麺
・出来上がり時間:5分

中部地区限定の味は濃厚味噌スープでコク深

中部地区、特に愛知県人で知らない人はいないのではないかと言われるほど馴染みの深い味です。名古屋風の赤味噌を使った濃厚味噌スープで、コクと旨みが凝縮されています。かやくには味噌スープの濃い味に合うように油揚げやかまぼこ・ねぎなどを採用。赤味噌が苦手な方にとっては辛いと感じてしまうかもしれませんが、一度ハマると病み付きになる味です。

中部地区以外ではあまり売られている事がない商品なので、転勤や長期出張の際にはカバンの中にこのカップうどんを偲ばせる方もいるとかいないとか。愛知県人にとっては故郷の味となっている商品です。

9位:寿がきや食品 だし名人 わかめうどん

寿がきや食品 だし名人 わかめうどん
出典:amazon.co.jp
寿がきや食品 だし名人 わかめうどん

1,503円 (税込)

詳細情報
・内容量:130g
・スープ:関西風醤油仕立て
・主なかやく:わかめ・ねぎ・卵
・麺のタイプ:生タイプ
・出来上がり時間:1分

女性に嬉しいカロリー控えめ

ヘルシーなカップうどんを求める方におすすめしたいのがこちらの商品。1杯分が約191kcalと控えめで、ダイエット中の方でも安心して食べることのできるカップうどんです。かやくにはわかめやねぎなどヘルシーな具材が使われ、卵で彩を添えています。関西風のあっさりした醤油味と、喉越しの良い細めのうどんが絶妙です。

熱湯を入れるだけでもおいしくできますが、さらにおいしく作りたいなら、まず麺だけをお湯に入れて一度湯きりしてから作る方法がおすすめ。麺に程よく熱が通り、細めんならではのつるつるとした食感を味わえますよ。

8位:東洋水産 マルちゃんあつあつ牛すきうどん

マルちゃん あつあつ牛すきうどん
出典:amazon.co.jp
マルちゃん あつあつ牛すきうどん

149円 (税込)

    詳細情報
    ・内容量:102g
    ・スープ:すき焼き風甘辛仕立て
    ・主なかやく:牛肉・油揚げ・ねぎ
    ・麺のタイプ:フライ麺
    ・出来上がり時間:5分

    すき焼きの後のシメのうどんが手軽に味わえる

    すき焼きのシメにうどんを入れることってありますよね。すき焼きの甘辛いだしがうどんに絡まってとてもおいしいものですが、すき焼きをしないと食べられないのはちょっと残念…。そんな時におすすめなのがマルちゃんの「あつあつ牛すきうどん」です。すき焼きをイメージしたコクのある甘辛スープで、あのシメのうどんを味わうことができます。

    かやくには味付牛肉や油揚げが入っており満足感があります。マルちゃん商品の中では、2016年11月から発売されているニューフェイスなので、今後はもっと人気が上がってくると予想されている商品です。

    7位:東洋水産 マルちゃん黒い豚カレーうどん

    マルちゃん 黒い豚カレーうどん
    出典:amazon.co.jp
    マルちゃん 黒い豚カレーうどん

    1,580円 (税込)

    詳細情報
    ・内容量:87g
    ・スープ:カレー風味
    ・主なかやく:豚肉・にんじん・たまねぎ・ねぎ
    ・麺のタイプ:フライ麺
    ・出来上がり時間:5分

    家族の昼食におすすめな辛味を抑えたカレーうどん

    うどんと言えばだしを利かせた醤油仕立てが定番ですが、カレーを使ったカレーうどんも人気があります。「マルちゃん黒い豚カレーうどん」は辛みを抑えたとろみ系スープで、お子様にも食べやすいのが魅力。休日の家族の昼食用に常備しておくのにぴったりです。

    かやくには豚肉やにんじん・たまねぎなどを使用し、カレーっぽさも忘れていません。カレー味のスープを程よく絡めてくれる薄めの縮れ麺は時間が経っても伸びにくく、最後の一口までおいしくいただけます。

    6位:東洋水産 マルちゃん白い力もちうどん

    マルちゃん 白い力もちうどん
    出典:amazon.co.jp
    マルちゃん 白い力もちうどん

    1,580円 (税込)

    詳細情報
    ・内容量:109g
    ・スープ:関西風醤油仕立て
    ・主なかやく:もち・油揚げ・ねぎ・かまぼこ
    ・麺のタイプ:フライ麺
    ・出来上がり時間:5分

    杵つき餅とうどんの絶妙なハーモニー

    カップうどんの中でも安定した人気を誇るのが「マルちゃん白い力うどん」。あっさりとした淡口醤油スープ・コシのある麺・もちもちとした食感の杵つき餅と、どれをとっても飽きの来ないおいしさで、定期的に食べたくなる味です。うどんと餅の絶妙なハーモニーが病みつきになりますよ。

    こちらは発売開始から20周年を迎えるロングセラー商品ですが、2016年10月のリニューアルでおいしさがさらに進化し、「クリーム色のもちカレーうどん」が姉妹品として加わっています。まだ食べたことない方には、ぜひ味わって欲しいおすすめ商品です!

    5位:日清食品 日清のごんぶと天ぷらうどん

    日清食品 日清のごんぶと 天ぷらうどん
    出典:amazon.co.jp
    日清食品 日清のごんぶと 天ぷらうどん

    2,594円 (税込)

    詳細情報
    ・内容量:219g
    ・スープ:関東風醤油仕立て
    ・主なかやく:かき揚げ・ねぎ・わかめ
    ・麺のタイプ:生タイプ
    ・出来上がり時間:1分30秒(電子レンジを使用した場合)

    お湯捨ての面倒なし!電子レンジOKの生タイプ

    日清食品の「ごんぶと天ぷらうどん」は、かき揚げのトッピングと太めの麺で人気の高い商品。2016年8月にリニューアルし、仕上げに入れる「だし粉」が新たに加えられ、より出汁の旨みが感じられる一杯となりました。

    麺は最初にお湯を入れて温める方法と、電子レンジを使って加熱する方法の2通りの作り方があり、大量のお湯を用意しなくてもおいしく作れるように配慮されているのが嬉しいところ。かき揚げは一番最後に乗せるので、サクサクの歯ごたえを楽しめます。他の商品と比べると価格が若干高く割高感がありますが、たまの贅沢におすすめのカップうどんと言えます。

    4位:日清食品 どん兵衛かき揚げ天ぷらうどん

    日清のどん兵衛 かき揚げ天ぷらうどん
    出典:amazon.co.jp
    日清のどん兵衛 かき揚げ天ぷらうどん

    2,332円 (税込)

    詳細情報
    ・内容量:97g
    ・スープ:関東風醤油仕立て
    ・主なかやく:かき揚げ
    ・麺のタイプ:フライ麺
    ・出来上がり時間:5分

    たまねぎの旨みが凝縮された鬼かき揚げが魅力

    こちらもかき揚げのトッピングがついたカップうどんですが、たまねぎをたっぷり使った「鬼かき揚げ」が最大の魅力です。カツオの旨みが凝縮したスープはしっかりとした味わいで、鬼かき揚げに負けない力強さを感じます。

    後のせタイプのかき揚げは、最初はサクサクの分厚い食感を楽しめ、つゆに浸せばスープの旨みをしっかり吸い込んだトロトロの状態を味わえ2倍の美味しさ。麺は油で揚げてあるフライ麺ですが、生タイプのようなもちもち食感はさすがどん兵衛と言ったところ。満足度の高い一杯です。

    3位:日清食品 どん兵衛肉うどん

    日清 どん兵衛 肉うどん
    出典:amazon.co.jp
    日清 どん兵衛 肉うどん

    1,896円 (税込)

    詳細情報
    ・内容量:90g
    ・スープ:関東風醤油仕立て
    ・主なかやく:牛肉・揚げ玉・ねぎ・わかめ
    ・麺のタイプ:フライ麺
    ・出来上がり時間:5分

    ゴロゴロとした牛肉入りで男性を中心に人気

    日清食品の商品が続きますが、ベスト3にランキングされたのは男性を中心に人気の「どん兵衛肉うどん」。ゴロゴロとした牛肉がかやくに入っており、しっかりとしたお肉の食感を楽しめる一杯です。

    スープの色は若干薄めですが、どちらかと言うと関東風に近い味わい。肉の味に負けない濃厚さが特徴です。甘辛い味付牛肉とも相性が良く、お店で肉うどんを食べたときのような満足感が得られますよ。

    2位:東洋水産 マルちゃん赤いきつねうどん

    マルちゃん 赤いきつねうどん
    出典:lohaco.jp
    マルちゃん 赤いきつねうどん

    1,380円 (税込)

    詳細情報
    ・内容量:96g
    ・スープ:関東風醤油仕立て
    ・主なかやく:一枚揚げ・卵・ねぎ・かまぼこ
    ・麺のタイプ:フライ麺
    ・出来上がり時間:5分

    東と西でスープが違う実力派カップうどん

    赤いパッケージでお馴染みの「マルちゃん赤いきつねうどん」は、ジューシーな一枚揚げがトッピングされた人気の商品。数あるカップうどんの中で、西日本と東日本とでスープの味を変えているという徹底したこだわりを持っています。

    その他にも北海道向けに利尻昆布を出汁に使用したものや、関西向けにはうるめ鰯を使用したものなど地域性を大切にしたスープ作りが商品にも反映されています。

    赤いきつねの最大の魅力は何と言っても大きな一枚揚げ。カップの中でもかなりの存在感で、フタをあけたときのがっかり感はまったくありません!発売当初からほとんど変わらぬ味を守り続け、着実に固定ファンを増やし続けてきた実力派。惜しくも1位を逃してしまいましたが、とてもおいしい一杯であることは間違いありません。

    1位:日清食品 どん兵衛きつねうどん

    日清 どん兵衛きつねうどん
    出典:amazon.co.jp
    日清 どん兵衛きつねうどん

    1,814円 (税込)

    詳細情報
    ・内容量:95g
    ・スープ:関西風醤油仕立て
    ・主なかやく:一枚揚げ・かまぼこ
    ・麺のタイプ:フライ麺
    ・出来上がり時間:5分

    自慢の一枚揚げはライバルにも勝る分厚さ!

    「マルちゃん赤いきつねうどん」を抑え、今回堂々の1位に輝いたのが日清食品の「どん兵衛きつねうどん」です!東西でスープの味を変えている点や、大きな一枚揚げなど主な商品の特徴に大きな違いはありませんが、決め手となったのは一枚揚げの厚さ。マルちゃん赤いきつねに比べてかなりふっくらしており、口に含んだときのジューシーさは圧巻です。

    スープは東日本向けはカツオ出汁ベースの濃口醤油でキリッとした味わい、西日本向けには昆布出汁ベースの淡口醤油ですっきりとした味わいが特徴。その他に北海道向けの商品もあるので、ぜひ食べ比べてみたい一杯ですね。

    まとめ

    いかがでしたか?カップうどんは各メーカーが日々改良を重ね、おいしさを追求してきた商品です。スープの違う色々なカップうどん食べ比べてみるのも面白いですね。「食べたい!」と思った時のために、家に常備しておいても良いかもしれません♪

    関連記事

    人気の記事

    人気のアイテムリスト

    カテゴリから探す