• E4b604177f35486fb5d1ea06501209996062bd12
  • C3c2caa4b07bf1819dd304e454c0c6939d47fc50
  • 598d6fa61ae11d4b380b17db4d8c2c84a385cc3a
  • 2b1ec38644c29a26dca73c2046fe06cf708eb5b9
  • 77b1015dbbae1e2a0d1679d9e18ea8aec2e66400

【おしゃれ・かわいい・強力!】加湿器の最強おすすめ人気ランキング20選【2017年最新版】

乾燥シーズンに欠かせない「加湿器」。お部屋に適度な潤いを与えてくれるため、風邪予防や美肌対策などにぴったりです。しかし、パナソニック・象印・カドーといった人気メーカーから、卓上型・据え置き型・アロマ・LED対応・おしゃれなデザインなどさまざまな種類の商品が販売されていて選ぶのは大変。さらに夏には扇風機として使えるものまであり、どれを選んでいいのか困ってしまいますよね。

そこで今回は、加湿器の選び方のポイントを解説しつつ、機能性や使いやすさなどを徹底比較。その上で決定したおすすめの加湿器を、ランキング順にご紹介したいと思います。自分のライフスタイルにぴったりな1台を見つけて、潤いのある快適なお部屋を作っちゃいましょう!

最終更新日:2017年10月24日 | 26,835views

加湿器によって得られる効果

加湿器選びの前に、まずは加湿器を置くことでどんなメリットが得られるのかをご紹介します。冬になって室内の空気が乾燥すると、風邪の原因となるウイルスたちも活動し始めます。特にインフルエンザウイルスは、気温が低くて空気が乾燥している状況下で活発に。これに加え、乾燥すると喉や鼻の粘膜が弱まり、ウイルスへの抵抗力が不足して風邪をひきやすい状態となってしまいます。

これを防ぐために有効なのが、加湿器による適度な湿度のキープ。湿度が十分であれば風邪予防にもなりますし、不快な静電気を防止したり、肌の乾燥を防いで美肌を保つこともできます。加湿によるメリットは非常に多いため、冬こそ取り入れておきたいアイテムと言えるでしょう。ただし、加湿し過ぎはカビやダニの発生を招いてしまいますから、過度な加湿にならないように注意してくださいね。

加湿器の選び方のポイント

加湿器と言ってもその種類は豊富で、除菌や殺菌などの他に、アロマ機能や空気清浄機能などさまざまな機能を持つ商品があります。今回は、こうした加湿器の中から自分にあったものを選ぶためのポイントを紹介していきます。

それぞれの特徴から、自分にあう加湿方法を選ぶ

加湿器選びにおいて、利用する時間や部屋の広さはもちろん、お手入れのしやすさや容量、デザイン性なども含めて自分にあったものを選ぶことが大切です。効果的に活用するためにも、ポイントを押さえてしっかり選んでいきましょう。

殺菌効果と保温効果のある「スチームファン式」

スチームファン式の加湿器は、タンク内の水を加熱して蒸気を作り出すタイプです。放出される蒸気が暖かいので保温効果が高く、加熱によって水を殺菌してくれる効果もあります。

ただし、このタイプは吹き出し口が熱くなるというデメリットがあるため、小さな子どものいる家庭では注意が必要。イタズラや火傷などを避けるためにも、置く場所を工夫するか、他のタイプを検討した方がいいかもしれません。また、湿度の保持力が非常に高いため、過度な加湿にならないように気を付けましょう。

省電力で火傷の心配もない「気化式」

気化式は、フィルターに吸わせた水をファンで空気中へ送り出すタイプです。過熱しないため電気代も抑えられ、火傷をする心配もありません。小さい子どものいる家庭でも安心して使用することができますね。

しかし、加熱しないため短時間で加湿することはできず、加湿力も高くありません。ファンの作動音もしますから、寝室や赤ちゃんの寝ている部屋ではなく、リビングなどでの使用がおすすめです。

加熱せずに蒸気を作り出し、作動音も静かな「超音波式」

超音波式は、超音波を発生させて水を水蒸気に変換させるタイプ。発熱せず、作動音も静かなことが最大のメリットです。電力消費も少ない上に静音性も高いですから、寝室や書斎など静かに過ごしたい空間にもぴったり。また、デザインもおしゃれなものが多く、インテリアとしても魅力的と言えます。

デメリットとしては、加熱しないため殺菌効果がなく、水の中の雑菌も空気中へ放出してしまうことが挙げられます。これを防ぐにはタンク内の水をいつでも清潔に保っておく必要があり、水の入れ替えやまめなお手入れが欠かせません。

衛生面や加湿力の低さを補う「ハイブリッド式」

ハイブリット式の加湿器は、スチーム式・気化式・超音波式のそれぞれの欠点をカバーしたタイプ。水を加熱するので衛生的であり、なおかつ本体が熱くならないため火傷の心配をせずに使えるところがメリットです。

良いとこ取りとも言えるタイプではありますが、上記3種類と比較すると価格が高くなってしまうのがデメリット。しかしながら、コスパではなく安心して使える良いものを選びたいという方にはおすすめできます。

置きたい場所にあわせて、卓上型と据え置き型から選ぶ

加湿器には、デスクの上などで使える「卓上型」と、お部屋に設置して使う「据え置き型」があります。どこに設置して使うかをイメージして、ぴったりな方を選びましょう。

狭い空間に使用するのなら、卓上型が便利

卓上型は持ち運びやすい大きさのため、好きな場所に持ち出して加湿可能です。狭い空間を加湿するのに適しており、家の中のさまざまな場所に持ち運んで使いたいという方に最適。中には屋外へ持ち歩くのに適した、軽量でコンパクトなタイプもあり、これなら車の中にもぴったりです。
卓上型は広いお部屋全体を加湿するのは難しくなりますが、その代わりにコンパクトでおしゃれなデザインが豊富なことが魅力。自分のお部屋の雰囲気にぴったりのものも見つけやすいですよ。以下のリンクでもたくさんの卓上型加湿器をご紹介していますので、ぜひチェックしてみてくださいね。

広い空間を潤すのなら、据え置き型を

据え置き型は、リビングや寝室などお部屋全体を加湿するのに適します。加湿以外にもさまざまな便利機能が付いているものもあり、加湿器としてだけでなくプラスアルファの使い方ができるというのも据え置き型の魅力です。

ただし、据え置き型はパワフルさゆえに本体が大きいため、置く部屋を決めたら設置スペースを確保する必要があります。卓上型に比べて価格は高価ですが、お部屋丸ごと乾燥対策を行うにはぴったりです。

適用畳数(適用面積)と加湿量をチェックする

加湿器には、製品ごとに適応畳数(適用面積)が設定されています。適応畳数とは、その加湿器が何畳までの空間に適しているかを示すものであり、設置する部屋の広さにあわせて選ぶことで適正湿度が保たれます。ただし、洋室よりも和室のほうが湿度が上がりにくくなっています。和室に加湿器を設置する場合、適用面積を1つ上げて選ぶようにしましょう。

また、加湿量は、その加湿器が1時間あたりどのくらいの水を水蒸気にしてくれるかを表すもの。単位は「ml/h」と表されていますが、お部屋が広ければ広いほど数字の大きなものが必要になります。500ml/hのものは14畳の洋室にぴったりなので、これを基準にして選んでみてください。

アロマ機能やタイマーなど、付加機能があると便利

加湿器を選ぶ上でもう一つ注目しておきたいのは、加湿以外の便利機能があるか、使いやすさはどうかというポイントです。最近では除菌や殺菌に加えて、使い勝手の良い機能を備えた加湿器が登場しています。リラックス効果が欲しい方にはLEDイルミネーションやアロマ機能は便利ですし、自動でオフしてくれるタイマーがあれば、スイッチの切り忘れを防止することも。

自分にとって、あったら便利な機能の有無をチェックしてみましょう。また、できれば確認しておきたいのが、給水タンクの容量。タンクが小さいと、頻繁に水を入れる必要があるので手間がかかってしまいます。長時間稼働させるのであれば、給水タンクも大きめになっているものを選びたいですね。加湿以外の付加機能にも注目することで、より自分にあった加湿器を見つけることができます。

お手入れのしやすさも、忘れず確認する

最後に、お手入れのしやすさも確認しておきましょう。加湿器はタンク内の水を空気中に蒸散するため、タンクや本体が汚れていると不衛生となります。特に、給水タンクは清潔にする必要があるので、給水タンクを丸洗いできるものが便利です。できれば、タンク内までしっかり洗えるように吸水口が大きなものの方がいいですね。

本体内部に設置されているフィルターも汚れたままにしておくのは避けたいですから、こうしたパーツを取り外して洗えるか・清潔に保てるかを確認してくださいね。

加湿器の最強おすすめ人気ランキング20選

それでは、上記の選び方を踏まえながら、おすすめの加湿器をランキング形式でご紹介したいと思います。加湿のみならず、アロマも楽しめるものやデザイン性に優れたものなどもありますので、ぜひ参考にしてくださいね!

20位:シャープ プラズマクラスター搭載 気化式加湿機 HV-E30

シャープ プラズマクラスター搭載 気化式加湿機 HV-E30
19,800円(税込)

・加湿方法:気化式
・適用面積:ー
・加湿量:最大約290mL/h
・タンク容量:約2.4L

プラズマクラスター搭載でお部屋の空気が快適に

シャープの強みでもあるプラズマクラスターを搭載した加湿器、HV-E30は、設置空間に湿度を与えるとともに空気をキレイにしてくれる商品です。抗菌・防カビフィルターが採用されており、取り込んだ空気を浄化。ウイルスの抑制効果もあるため、風邪予防にぴったりですね。

給水タンクは広口になっており、手を入れてしっかり中まで洗えるからお手入れもラクラク。いつでも清潔に保てるというのも魅力的です。

19位:三菱重工 roomist SHE120MD

三菱重工 roomist SHE120MD
29,500円(税込)

・加湿方法:スチーム式
・適用面積:プレハブ洋室33畳/木造和室20畳
・加湿量:1200mL/h
・タンク容量:約5L×2個

5Lタンク2つ分で、驚異の加湿力

三菱重工のroomistは、おまかせ運転機能が便利な加湿器です。搭載されたセンサーが部屋の温度と湿度を見極め、最適な湿度に自動で調節してくれます。つけっぱなしでも快適な湿度を保てますから、頼もしい1台と言えるでしょう。本体には5Lタンクを2つもセットでき、非常にパワフルな加湿器と言えます。

ただし、加湿力が高いため、タンク2つ分の水が1日持たないことも。まる1日連続運転する場合は途中で吸水が必要となることもありますので、加湿力が高い分、水の減りが早いという点にはご注意くださいね。

18位:山善 スチーム式加湿器 KS-A252

山善 スチーム式加湿器 KS-A252
3,910円(税込)

・加湿方法:スチーム式
・適用面積:ー
・加湿量:最大約360mL/h
・タンク容量:約2.5L

シンプルな機能だけを搭載したコスパ抜群の商品

山善のKS-A252は、6畳ほどのお部屋を加湿するのにぴったりな最大加湿量360ml/hの商品。タンクの容量は約2.5Lと十分で、ランプで吸水のタイミングをお知らせしてくれるところが便利です。安全機能として空焚き防止機能もついており、思わぬ事故を防げる点も安心ですね。

これだけのしっかりとした機能が搭載されていながら、価格は非常にリーズナブル。ただし、強弱調整やタイマー機能などのないシンプル設計ですから、最低限の機能だけを搭載している加湿器とお考えください。客間や自室など追加で設置する加湿器としてはおすすめできます。

17位:アイリスオーヤマ 加湿器 SHM-260D

アイリスオーヤマ 加湿器 SHM-260D
2,278円(税込)

・加湿方法:スチーム式
・適用面積:プレハブ洋室約7畳/木造和室約4畳
・加湿量:最大約260mL/h
・タンク容量:約1.9L

アロマ対応で、お部屋をいい香りに

リーズナブルな価格ながら、アロマ機能も持ち合わせた加湿器。本体に付属しているアロマトレーに好きな香りのアロマオイルを垂らすと、加湿しながら良い香りを漂わせてくれます。リラックスしたい時にもぴったりですね。

また、非常にスリムなデザインで、リビングなどに置いてもインテリアの邪魔になりません。据え置き型と考えるとやや小ぶりではありますが、卓上用としても使えるので、乾燥していると感じた時にサッと取り出して使うにはもってこいです。なお、レビューではすぐに動作しなくなるとの声がありますが、本体の掃除をすることで改善されるようですので、まめなお手入れが必要です。

16位:ドウシシャ ムード 加湿器 KMWQ-301C

ドウシシャ ムード 加湿器 KMWQ-301C
15,500円(税込)

・加湿方法:超音波式
・適用面積:洋室8畳/和室5畳
・加湿量:強300mL/h
・タンク容量:約2.4L

ウイルスや菌も抑制する優秀な加湿器

ドウシシャから販売されているこの加湿器は、二酸化塩素を発生させながら加湿してくれる商品です。二酸化塩素は空気中に漂うウイルスや菌の活動を抑制する効果があり、加湿し過ぎによるカビの原因菌まで除去。加湿と抗菌によってクリーンな空気を提供してくれます。

この二酸化塩素発生装置は「クレベリンLED」という、大幸薬品の開発した装置であり、病院など多くの場でスプレータイプやゲルタイプが使われているほど。家庭では風邪の予防に効果的ですから、小さな子どもや高齢者の家族がいる家庭では、きっと役立ってくれる商品だと思います。

15位:Tenswall アロマディフューザー 超音波式 加湿器

Tenswall アロマディフューザー 超音波式 加湿器
2,299円(税込)

・加湿方法:超音波式
・適用面積:ー
・加湿量:ー
・タンク容量:ー

7色の光でヒーリング効果も与えてくれる

コロンとした形が可愛いこの商品は、アロマディフューザーとしても活躍してくれる加湿器です。蓋を外して水とオイルを投入すれば、お部屋中を良い香りと適度な潤いが包み込んでくれます。インテリアにもなじみやすい木目のデザインもおしゃれで、プレゼントにもぴったりですよ。

トップの白い部分が7色に光るので、ムードのあるライト代わりにも。コンパクトサイズのリーズナブルな商品ですが、水がなくなると自動で電源をオフしてくれる機能が付いているので、安心してお使いいただけます。

14位:ダイニチ ハイブリッド式加湿器 HDシリーズ HD-5015-H

ダイニチ ハイブリッド式加湿器 HDシリーズ HD-5015-H
17,890円(税込)

・加湿方法:ハイブリッド式
・適用面積:プレハブ洋室14畳/木造和室8.5畳
・加湿量:500mL/h(標準時)
・タンク容量:ー

嬉しい機能が満載。どこにでも設置しやすいシンプルデザイン

作動音が静かで、寝室や赤ちゃんのいるお部屋での使用におすすめなダイニチの加湿器。使う人にとって嬉しい機能を多数搭載しているので、非常に使い勝手のいい加湿器と言えます。

適度な湿度をキープする機能の他、省電力で稼働するエコモードやタイマー機能を搭載。吸水タンクは半透明なので、外からでも水の残量チェックができちゃいます。ウイルスを抑えるフィルターまで採用しているため、風邪予防にもぴったり。超音波式で熱くならないので、小さな子供がいても安心して使えます。

13位:シャープ 加湿空気清浄機 プラズマクラスター KC-F50-W

シャープ 加湿空気清浄機 プラズマクラスター KC-F50-W
16,200円(税込)

・加湿方法:ー
・適用面積:プレハブ洋室14畳/木造和室8.5畳
・加湿量:強500mL/h
・タンク容量:ー

お部屋の明かりで作動音を自動調整!寝室にもぴったり

空気清浄機として人気のプラズマクラスターを搭載した、シャープのKC-F50。空気をクリーンに整えながら、加湿して適度な潤い空間を保ちます。本体内部ではファンが回って水を蒸散させますが、作動していない時は水に浸からない位置で停止し、送風してしっかり乾燥させるのでファンまで清潔なままです。

また、本体裏に掃除機を当てれば大きホコリを吸い取ることができますから、日頃のお掃除ついでにお手入れも。電気を消して暗くすると、静音運転に切り替わるので就寝中もうるさくありません。寝室での使用にぴったりな1台です。

12位:ドウシシャ ムード 加湿器 タワー型 MOD-KH1604 NWD

ムード 加湿器 タワー型 MOD-KH1604 NWD
13,480円(税込)

・加湿方法:ハイブリッド式
・適用面積:プレハブ洋室8畳
・加湿量:強300mL/h
・タンク容量:ー

インテリア性の高いおしゃれなデザイン

スリムな木目のこの加湿器は、どんなお部屋にもマッチさせられるところが魅力。幅と奥行きが23㎝しかないので、お部屋の隙間にも収まりやすく、小スペースで設置可能です。リモコンで離れた場所からでも操作できる上に、アロマ対応でいい香りを楽しむことだってできちゃいます。

お部屋の雰囲気にあわせやすいように、ホワイト・ナチュラルウッド・ダークウッドの3色展開というのもポイント。ただし、内部のファンの音が気になるというレビューがあるので、書斎や寝室などでの使用には不向き。吸水時に取り外したカバーから水が垂れてしまうので、タオルなどを用意してから給水を行ってくださいね。

11位:リフレッシュイルミアロマ加湿器

リフレッシュイルミアロマ加湿器
2,120円(税込)

・加湿方法:超音波式
・適用面積:鉄筋コンクリート洋室8畳/木造和室6畳
・加湿量:200mL/h
・タンク容量:1.6L

アロマとイルミの効果でヒーリングにも

雫のような形をしたこの加湿器は、加湿・アロマ・イルミネーションと、お部屋を潤しながらヒーリング効果も得られる商品です。照明を落としたお部屋ではキレイなライトを楽しめるので、ベッドサイドの照明やムードライト代わりにするのにもぴったり。超音波式で作動音も静かですから、寝室で使うのに向いていると言えるでしょう。

本体に付いたダイヤルを回すだけでミストの量調整ができるので、シンプルで分かりやすい操作性も魅力的ですよね。1時間あたりの電気代がわずか1円というローコストなところもポイントです。

10位:Patech アロマディフューザー 超音波式加湿器

Patech アロマディフューザー 超音波式加湿器
2,288円(税込)

・加湿方法:超音波式
・適用面積:ー
・加湿量:ー
・タンク容量:約180mL

柔らかな光で幻想的な空間を演出

Patechのアロマディフューザー 超音波式加湿器は、アロマディフューザーとしても使うことができ、なおかつ柔らかな光を楽しめるアイテム。透け感のある白い本体に7色のLEDが光り、すりガラスを通したかのように優しい明かりで照らしてくれます。ライトをオフにしてミストのみで使うこともできますから、気分にわせて使い分けられますよ。

ただし、水は180mLしか入らないコンパクトな商品のため、数時間しか連続使用できないところが少し残念。長時間でなく、就寝前の読書タイムやちょっとしたリラックスタイムなどに限定して使うのがおすすめです。

9位:バルミューダ Rain Wi-Fiモデル ERN-1000UA-WK

バルミューダ Rain Wi-Fiモデル ERN-1000UA-WK

・加湿方法:気化式
・適用面積:ー
・加湿量:ー
・タンク容量:ー

そのまま吸水できて便利。シンプルでおしゃれな見た目も魅力

バルミューダの加湿器は、インテリアにも最適なシンプルなデザイン。清潔感のあるホワイトで、お部屋のテイストにあわせやすくなっています。おしゃれな見た目も素敵ですが、何といっても吸水がどの製品よりもラクであることが最大の魅力。蓋を外したり、給水タンクを取り出したりする必要がなく、上部からそのまま水を注ぎ入れられるようになっています。

また、Wi-Fiに対応したことで、外出先からでもスマートフォンやタブレットでの操作が可能。さらに、丸洗いも可能なため、ホコリやカルキなどもしっかり落とすことができます。価格が少し高くなってしまいますが、清潔に保てる点は評価できる商品です。

8位:ダイソン ハイジェニック ミスト 加湿器 MF01

ダイソン ハイジェニック ミスト 加湿器 MF01
52,470円(税込)

・加湿方法:超音波式
・適用面積:8~5畳
・加湿量:300mL/h
・タンク容量:ー

夏は扇風機、冬は加湿器として年中活躍

掃除機や、羽のない扇風機で有名なダイソンから販売されているこの商品は、1年中活躍してくれる画期的な加湿器です。夏には扇風機として使用でき、冬は水を入れれば加湿器として使えるため、非常に使い勝手のいい製品。従来の加湿器のようにフィルターやスポンジを採用していないため、バクテリアの繁殖の心配がなく、いつでもクリーンな空気とミストで包んでくれますよ。

最大で18時間も連続運転ができるので、起きてから寝るまで加湿して乾燥を防ぐことも可能。価格はかなり高価になりますが、冬だけでなく夏でも使える家電として考えると、価格に見合った商品であると言えます。

7位:パナソニック 加湿機 FE-KFL05-W

パナソニック 加湿機 FE-KFL05-W
17,200円(税込)

・加湿方法:気化式
・適用面積:プレハブ洋室14畳
・加湿量:500mL/h
・タンク容量:ー

口の大きな給水タンクだから、内部までしっかり洗えて清潔

加湿器を使う上で欠かせない、給水タンクの使いやすさが魅力のFE-KFL05は、使う人のことを考えて設計された人気の加湿器です。冬場はほぼ毎日のように給水タンクに水を入れることになりますが、この商品はタンクに向きがないのでどちらでも使えるというのが便利。。給水タンクの口も大きく作られていて、底や側面までしっかり洗浄できるのが嬉しいですね。

本体に搭載された「のど・肌モード」で運転すれば、通常よりもやや高めの湿度をキープしてくれますから、粘膜の乾燥を防いで風邪を予防してくれます。静音設計とはなっておりますが、ユーザーレビューでは音が気になるという方もいますので、リビングなどでのご使用がおすすめです。

6位:シャープ プラズマクラスター搭載加湿器 HV-E50

シャープ プラズマクラスター搭載加湿器 HV-E50
10,646円(税込)

・加湿方法:ハイブリッド式
・適用面積:ー
・加湿量:最大約500mL/h
・タンク容量:4L

高濃度のプラズマクラスター7000を搭載

プラズマクラスターは、空気中のカビやウイルスを除去する効果があることから非常に人気の家電。そんなプラズマクラスターを高濃度にし、より強力に消臭や空気の浄化ができるのがこの商品の特徴です。ウイルス抑制エアフィルターと抗菌作用によって空気をキレイにし、加湿で適度な潤いも与えますから、1台で加湿器と空気清浄機の2台分の効果が期待できますね。

給水タンクは4Lの大容量なので、まめな吸水が面倒という方にも最適。タンクが大きな分、水を入れた後に運ぶのが大変になりますが、まる1日稼働させておきたい方にはおすすめできます。

5位:象印 スチーム式加湿器 EE-RL35-CA

象印 スチーム式加湿器 EE-RL35-CA
13,980円(税込)

・加湿方法:スチーム式
・適用面積:プレハブ洋室10畳/木造和室6畳
・加湿量:350mL/h
・タンク容量:2.2L

まるでポットのような使い心地。フッ素加工で汚れも付きにくい!

ポットと見間違えてしまうこの加湿器は、お湯の注ぎ口がないだけで、ほぼポットのような使い心地。蓋を開けると給水タンクになっており、内部には汚れの付着を防ぐフッ素加工が施されています。加湿器を運転させたい時間によって、必要な水の量が分かるように水位線も表示されていますから、パッと見ただけで吸水しやすくなっています。もちろん、広々とした内部なのでお手入れもラクチンです。

加湿度合いは3段階で調整でき、気候や気温に合わせて使い分けも可能。全てのスイッチをロックするチャイルドロック機能も搭載しています。しかし、本体を倒してしまうと湯漏れしてしまうので、万が一のことを考えて、子どもの手の届かない場所でご使用くださいね。

4位:三菱重工 roomist スチームファン蒸発式加湿器 SHE35MD-W

三菱重工 roomist スチームファン蒸発式加湿器 SHE35MD-W
14,800円(税込)

・加湿方法:スチーム式
・適用面積:プレハブ洋室10畳/木造和室6畳
・加湿量:350mL/h
・タンク容量:2.8L

大きめの数字で湿度を表示。操作しやすいボタン表示が嬉しい!

19位のルーミストよりもスリムな形状になったSHE35MDは、現在の湿度が一目でわかるディスプレイ付き。パッと見ただけで湿度が適切かどうか判断できる上に、ディスプレイ下の切り替えボタンで運転を調整できるところもポイントです。運転切り替えやタイマー設定、チャイルドロック設定も分かりやすい表示となっており、誰でも簡単に使えます。

コンセントコードはマグネットプラグタイプのため、うっかり引っ掛けてしまってもすぐに外れて安心。ちょっとしたところに使いやすさが隠れている製品と言えます。しかし、静かなお部屋では作動音が気になるというレビューがあるので、音の気にならない部屋でのご使用をおすすめします。機会を苦手とする高齢の家族へ、プレゼントとして贈るのにもぴったりです。

3位:カドー加湿器 HM-C610S

カドー 加湿器 HM-C610S
45,900円(税込)

・加湿方法:超音波式
・適用面積:プレハブ洋室17畳/木造和室10畳(急速の場合)
・加湿量:600mL/h(急速の場合)
・タンク容量:2.2L

メディアでも紹介されたおしゃれ加湿器

インテリアの一部のようでおしゃれなこの商品は、メディアでも取り上げられるほど人気の加湿器。銀色のポールの上部からはミストが送り出され、隣の筒は給水タンクとなっています。吸水時はタンク上部の蓋をスライドさせて水を注ぐだけでよく、透明な筒のため水の残量を一目でチェックすることも可能です。

モード切替によって運転の強弱を調整でき、急速運転モードではプレハブ洋室なら最大で17畳までこれ1台でOK。1時間あたり600mLもの加湿で乾燥を防ぎます。加熱式ではないので火傷をする心配もなく、小さな子どものいる家庭にもぴったりですね。アロマにも対応しているので、来客の前に稼働させておけば、心地いい香りで出迎えることだってできます。

2位:アピックスインターナショナル SHIZUKU touch AHD-015

APIX SHIZUKU touch+ AHD-015
3,500円(税込)

・加湿方法:超音波式
・適用面積:ー
・加湿量:ー
・タンク容量:3.3L

人気シリーズにタッチパネルを搭載したモデル

アピックスインターナショナルのSHIZUKUtouchは、人気シリーズのSHIZUKUにタッチパネルを搭載したモデル。タイマー設定やLEDの点灯などをタッチ操作で直感的に行えるようになりました。ルームライトとしても使えるLEDも搭載されており、光による癒し効果も得ることができます。

従来のシリーズではLED単体のON・OFFの切り替えができませんでしたが、SHIZUKUtouchでは切り替えが可能になり、LEDのみをオフにして加湿だけを行うことも。従来と同じくアロマが使えますから、良い香りでリラックスすることもできますよね。

タンク内の水がなくなるとアラーム音が鳴り、吸水のタイミングをお知らせ。就寝時はこの音で目が覚めてしまう可能性もあるので、お休み時や家を空ける時以外に限定して使うのがおすすめです。

1位:象印 加湿器 EE-RL50-CA

象印 加湿器 EE-RL50-CA
17,980円(税込)

・加湿方法:スチーム式
・適用面積:プレハブ洋室13畳/木造和室8畳
・加湿量:480mL/h
・タンク容量:3L

従来よりもスリムに、タンク容量もアップした加湿器

5位で登場したEE-RL35-CAよりも、スリムで容量もアップしたEE-RL50-CA。1時間あたりの加湿量も350mLから480mLまでアップしており、さらに広いお部屋にまで対応できるようになりました。

今まで以上に使い勝手が良くなっているので、ますます便利に使える加湿器と言えます。機能面の快適さは変わらず、蓋を開ければすぐに吸水可能。フッ素加工されていますからお手入れもしやすく、汚れがこびりつくのも防いでくれます。

もしも本体を倒してしまってもすぐに電源オフになるので安心ですし、コードを引っかけてしまった場合はすぐに外れるマグネットプラグで転倒を防止。空焚き防止機能など、安全面に配慮された機能が嬉しいですよね。加熱スチーム式ですから噴き出す蒸気が暖かく、冬場の冷えたお部屋に最適な加湿器です。

加湿器のお掃除にはクエン酸が便利!

加熱しない加湿器では、水や加湿器内の衛生面によっては雑菌をばらまいてしまいかねません。そこでこまめなお手入れが必要になるのですが、どんなにお手入れしていても白いカスがこびりついてしまいます。

このカスの正体は、水道水に含まれているカルキであり、カビやウイルスとは異なります。しかし、ミストが不快な臭いを放つ原因になりますから、できればスッキリ落としたいですよね。そんな時に便利なのが、クエン酸。クエン酸は食品添加物としても使われているもので、体内に取り込んでも害はありません。

お手入れ方法は簡単で、クエン酸を溶かした水を加湿器に入れて一晩おくだけ。これで給水タンクのお手入れができてしまいます。フィルターも同じように、クエン酸を溶かした水に浸けておくことでキレイにできますので、2週間に一度を目安に掃除して、清潔なタンク内を保ちましょう。

持ち運ぶのに便利な、ペットボトル加湿器もチェック!

今回は主に自宅で使用する加湿器をご紹介しましたが、オフィスなどに持ち出して使いたいという方にはペットボトル加湿器がおすすめ。水を入れたペットボトルを加湿器として使えるようにするアイテムなので、会社のデスクの上などで使用するのに最適です。自宅以外でも加湿しておきたいという方は、ぜひチェックしてみてくださいね。

加湿器の売れ筋ランキングもチェック!

なおご参考までに、加湿器のAmazon・楽天の売れ筋ランキングは、以下のリンクから確認してください。

まとめ

いかがでしたか?加湿機能の他に、アロマディフューザーを兼ねたものやLEDを搭載したもの、空気をキレイにしてくれるものなど、さまざまな機能が付いている加湿器をご紹介しました。

自分にとって最適な加湿器を選ぶコツは、設置場所や使う時間帯などにあった商品を選ぶことです。静音性やお手入れのしやすさなどを吟味して、乾燥するシーズンを乗り切っちゃいましょう!

関連記事

人気の記事

関連キーワード