• ロードバイク用ハンドルのおすすめ人気ランキング10選【初心者でも扱いやすい優秀モデルを厳選!】のアイキャッチ画像1枚目
  • ロードバイク用ハンドルのおすすめ人気ランキング10選【初心者でも扱いやすい優秀モデルを厳選!】のアイキャッチ画像2枚目
  • ロードバイク用ハンドルのおすすめ人気ランキング10選【初心者でも扱いやすい優秀モデルを厳選!】のアイキャッチ画像3枚目
  • ロードバイク用ハンドルのおすすめ人気ランキング10選【初心者でも扱いやすい優秀モデルを厳選!】のアイキャッチ画像4枚目
  • ロードバイク用ハンドルのおすすめ人気ランキング10選【初心者でも扱いやすい優秀モデルを厳選!】のアイキャッチ画像5枚目

ロードバイク用ハンドルのおすすめ人気ランキング10選【初心者でも扱いやすい優秀モデルを厳選!】

ロードバイクの乗り心地や操作性を左右する「ハンドル」。使用シーンに合わせて使い心地のよいものを選べば、ぐんと乗り心地もUPしますよね。とはいえ、シャロー・アナトミック・アナトミックシャローなどいくつかの種類があり、素材やサイズもさまざま。そのうえ、DEDA・日東・シマノなど取扱いメーカーもたくさんあるので、どれを選べばよいか迷ってしまう人も多いのではないでしょうか。


そこで今回は、ロードバイク用ハンドルの選び方と、レビューでも好評のおすすめ商品を人気ランキング形式でご紹介します。有名ブランドのものから、初心者でも使いやすいものまで、幅広いアイテムがランクイン!ぜひ、操作性抜群のハンドルを装備して、快適なライディングを楽しみましょう!

  • 最終更新日:2018年11月08日
  • 10,337  views
目次

ロードバイク用ハンドルの選び方

まずは、ロードバイク用ハンドルの選び方をご紹介します。

乗り方にあった持ち手の形状を選ぼう

まず、チェックしたいのは持ち手の形状です。大きく分けて、ドロップハンドルは「シャロー」「アナトミック」「アナトミックシャロー」の3種類。さらに、ドロップハンドル以外に「ブルホーン」というタイプあります。それぞれの特徴の違いをおさえて、自分に合ったものを選んでいきましょう。

レース目的・スピード感重視なら「シャロー」を

レース目的・スピード感重視なら「シャロー」を

レース目的など、風の抵抗やスピード感を重視したい人におすすめなのが「シャロー」です。別名「丸ハン」とも呼ばれ、深く丸を描くような形状となっているのが特徴。下ハンを握ることで、前かがみの姿勢が取りやすくなっています。一方、他のタイプよりも手のポジションを移動できる場所が限られているため、長時間の走行にはあまり向いていません。

もがくときに安定するのは「アナトミック」

もがくときに安定するのは「アナトミック」

全力スピードで乗るときに向いているのが「アナトミック」。下ハンドルの一部が直線状になっており、しっかりと握りやすくなっているのが特徴。もがくときにも走行が安定します。


しかし、下ハンの直線部分を握ることでブレーキレバーまで距離ができてしまうのがデメリット。とくに、手が小さい人は掴みにくく運転しづらくなってしまいます。一昔前までは主流でしたが、最近ではあまり見かけなくなりました。

ツーリング・ロングライドを楽しみたいなら「アナトミックシャロー」

ツーリング・ロングライドを楽しみたいなら「アナトミックシャロー」

初心者でも扱いやすいのが「アナトミックシャロー」です。最近主流のタイプで、本格的なサイクリングだけでなく、通勤通学にもおすすめです。


名前の通り、「シャロー」と「アナトミック」のいいところを混ぜ合わせたもので、両者のちょうど中間の形状をしているのが特徴。握りやすい形状で、コンパクトハンドルと呼ばれることもあります。ロードバイクでツーリングをロングライドを楽しみたい初心者なら、「アナトミックシャロー」が最適です。

街乗りメインなら「ブルホーン」が◎

街乗りメインなら「ブルホーン」が◎

さまざまなポジションで握りやすいのは「ブルホーン」。直線状のハンドルに牛の角のように突き出た形状をしているのが特徴です。ブレーキレバーが握りやすいことから「街乗り」メインの人や、手が小さめでドロップハンドルだとブレーキレバーが届きにくい人に最適


また、突き出た部分を持つことで自然と前かがみになり、ドロップ部がない分風の抵抗が経るため、加速力をアップさせることができます。ただし、ブルホーンでは一般的なロードレースに出場することはできません。

走り心地を重視するならカーボン製が◎

走り心地を重視するならカーボン製が◎

出典:amazon.co.jp

ロードバイク用ハンドルの丈夫さや操舵性を左右するのが、その素材。アルミ・カーボン・スチールの3つがありますが、中でも一番おすすめなのは「カーボン製のハンドル」です。カーボンは調湿性や衝撃吸収性に優れており、不安定な道を走行しても、衝撃が伝わりにくくなるのが特長。そのため、走行が安定し、道路状態に左右されることなく快適な走りを実現できます。


軽量で長持ちしやすいのもメリットですが、他の素材に比べて高価なのが難点。コストを抑えて交換したいなら「アルミ製ハンドル」を検討してみるとよいでしょう。できるだけ加工方法を工夫して強度を高めているものを選び、丁寧にお手入れすれば長く愛用できますよ。

適正なサイズ選びも重要

快適かつ安全に乗るためには、サイズ選びも大事なポイントです。以下のポイントをチェックして、今乗っているロードバイクや自分の乗り方にあったハンドルを選びましょう。

ハンドル幅は肩幅に合わせるのが基本

ハンドル幅は肩幅に合わせるのが基本

ハンドル幅とは、左端から右端までの長さのこと。基本的には前傾姿勢をとったときの肩幅と同じくらいの幅が目安です。自分の肩幅に合ったサイズにすることで、コントロールがしやすくなります。ただし、上級者の場合は、ハンドル幅を短くすることで空気抵抗が少なくなり、スピードアップさせることも可能。逆に、初心者の場合は長めにすることで、走行を安定させることもできます。


ちなみに、ハンドル幅の測り方は、左右の芯(ハンドルの中心部)同士の幅を測る方法と外側面を測る方法の2種類。メーカーによりどちらの測り方を採用しているのかが異なるため、必ず確認しておきましょう。

初心者ならドロップ幅120mm、リーチ径70~90mmを目安に

初心者ならドロップ幅120mm、リーチ径70~90mmを目安に

ロードバイク初心者には、ドロップ幅・リーチ径ともに短めのものがおすすめです。「ドロップ幅」とは、フラット部分から下ハンドルまでの距離のこと。開きが大きいほど前かがみの姿勢になるため、初心者や体が硬い人には120mmくらいのサイズが適しています。


また、フラット部分から一番前方の部分までの長さを指す「リーチ径」も、長いほど前傾姿勢になるため、初心者にはあまり手を伸ばさなくても無理なく乗れるサイズ感が◎。レース目的ではないなら、70mm~90mmを目安に選ぶとよいでしょう。

取付けに必要な「クランプ径」も確認を。主流は31.8mm

取付けに必要な「クランプ径」も確認を。主流は31.8mm

「バークランプ径」のサイズも忘れずに確認しておきましょう。「バークランプ径」とは、ハンドルの中心部分にある、ロードバイクと結合する部分のこと。25.4mm・26.0mm・31.8mmの3つのサイズがありますが、選択を間違えると取り付けられない場合もあるため、事前にしっかり確認しておきましょう。


適正サイズは、今使っているロードバイクのハンドルを測定すればOK。なかには、ステムなどにサイズが記載されている場合もあります。最近はロードバイク用のドロップハンドルの多くが31.8mmで、クロスバイク用のフラットハンドルが25.4mmのことが多いため、間違わないように注意してくださいね。

手の滑りが気になる方は「すべり止め」付きのものを

手の滑りが気になる方は「すべり止め」付きのものを

長時間グリップを握っていると、手の汗や油による滑りが気になる人もいるのではないでしょうか。そんなときは「すべり止め」加工がされている商品がおすすめです。


汗や雨でも手元が滑ることなく、しっかりと握ることができます。悪条件の中での走行が多い場合や長時間走行することが多い人は、ぜひチェックしてみてくださいね。

ロードバイク用ハンドルの人気ランキング10選

ここからは、人気のロードバイク用ハンドルをランキング形式でご紹介します。

10位
持ち手の形状アナトミックシャロー
素材フルカーボンファイバーT700
重さ325g
ハンドル幅42cm
ドロップ径/リーチ径15cm/8cm
対応クランプ直径31.8mm
滑り止め×
9位
持ち手の形状ブルホーン
素材アルミ
重さ245g
ハンドル幅40cm
ドロップ径/リーチ径-
対応クランプ直径26mm
滑り止め-
8位
持ち手の形状アナトミックシャロー
素材AL-6061 ダブルバテッド
重さ280g
ハンドル幅38cm・40cm
ドロップ径/リーチ径12.5cm/7cm
対応クランプ直径31.8mm
滑り止め-
7位
持ち手の形状ブルホーン
素材6061アルミ
重さ290g
ハンドル幅40cm
ドロップ径/リーチ径-
対応クランプ直径31.8mm
滑り止め-
6位
持ち手の形状アナトミックシャロー
素材アルミ
重さ349g
ハンドル幅40cm
ドロップ径/リーチ径14.8cm/8.9cm
対応クランプ直径31.8mm
滑り止め-
5位
ロードバイク
ハンドル DEDA スーパーレジェラRHM
出典:amazon.co.jp
持ち手の形状RHM(アナトミックシャロー)
素材HR40 UDカーボン
重さ180g
ハンドル幅42cm
ドロップ径/リーチ径13cm/7.5cm
対応クランプ直径35mm
滑り止め-
4位
持ち手の形状シャロー
素材アルミ
重さ299g
ハンドル幅37cm
ドロップ径/リーチ径13.5cm/9.5cm
対応クランプ直径-
滑り止め-
3位
持ち手の形状シャロー
素材7050アルミ合金
重さ252g
ハンドル幅42cm
ドロップ径/リーチ径13.5cm/8cm
対応クランプ直径31.7mm
滑り止め-
2位

RXL SLカーボンバイクハンドルバー

RXL1634

7,688円 (税込)

持ち手の形状シャロー
素材炭素繊維製
重さ2101g
ハンドル幅40cm・42cm
ドロップ径/リーチ径12.7cm/10.4cm
対応クランプ直径31.8mm
滑り止め-
1位

Lixadaフルカーボンロードバイクハンドルバー

3,995円 (税込)

持ち手の形状アナトミックシャロー
素材炭素繊維
重さ210g
ハンドル幅42cm・44cm
ドロップ径/リーチ径-
対応クランプ直径31.8mm
滑り止め

人気のロードバイク用ハンドル比較一覧表

商品画像
1
ロードバイク
ハンドル Lixada フルカーボンロードバイクハンドルバー

Lixada

2
ロードバイク
ハンドル RXL SL カーボンバイクハンドルバー

RXL SL

3
ロードバイク
ハンドル DEDA ZERO100SHALLOW

DEDA

4
ロードバイク
ハンドル NITTO ドロップハンドル

NITTO

5
ロードバイク
ハンドル DEDA スーパーレジェラRHM

DEDA

6
ロードバイク
ハンドル THOMSON AEROPROFILE HBE120

THOMSON

7
ロードバイク
ハンドル Cinelli BULLHORN

Cinelli

8
ロードバイク
ハンドル SHIMANO PRO LTコンパクト

SHIMANO PRO

9
ロードバイク
ハンドル Ruler ブルホーンバー

Ruler

10
ロードバイク
ハンドル Beiou ロードバイクハンドルバー

Beiou

商品名

フルカーボンロードバイクハンドルバー

カーボンバイクハンドルバー

ZERO100SHALLOW

ドロップハンドル

スーパーレジェラRHM

AEROPROFILE HBE120

BULLHORN

LTコンパクト

ブルホーンバー

ロードバイクハンドルバー

特徴コスパ抜群!デザイン、使い勝手共にハイクオリティの人気商品カラーバリエーションが豊富!握りやすい形状で手にフィット丈夫なアルミ合金製!フォルムも美しく長く愛用したい人に国産派のライダーに!シルバーのボディもクール握りやすいと定評のある「RHM」を採用した人気ハンドル創業1981年の老舗ブランドが手掛けるロードバイク用ハンドル「Mash Bullhorn」の後継モデル!握りやすい...初心者にもおすすめのスタンダードなハンドル段差がなく好みのポジションで握りやすいブルホーンハンドル光沢感がオシャレ!丈夫なカーボン素材を使用
最安値
3,995
送料要確認
詳細を見る
7,688
送料別
詳細を見る
9,900
送料要確認
詳細を見る
7,588
送料要確認
詳細を見る
33,489
送料要確認
詳細を見る
14,866
送料要確認
詳細を見る
13,200
送料要確認
詳細を見る
3,160
送料別
詳細を見る
2,527
送料要確認
詳細を見る
5,979
送料要確認
詳細を見る
持ち手の形状アナトミックシャローシャローシャローシャローRHM(アナトミックシャロー)アナトミックシャローブルホーンアナトミックシャローブルホーンアナトミックシャロー
素材炭素繊維炭素繊維製7050アルミ合金アルミHR40 UDカーボンアルミ6061アルミAL-6061 ダブルバテッドアルミフルカーボンファイバーT700
重さ210g2101g252g299g180g349g290g280g245g325g
ハンドル幅42cm・44cm40cm・42cm42cm37cm42cm40cm40cm38cm・40cm40cm42cm
ドロップ径/リーチ径-12.7cm/10.4cm 13.5cm/8cm13.5cm/9.5cm13cm/7.5cm14.8cm/8.9cm-12.5cm/7cm-15cm/8cm
対応クランプ直径31.8mm31.8mm31.7mm-35mm 31.8mm 31.8mm 31.8mm 26mm31.8mm
滑り止め--------×
商品リンク

乗り方に合わせてペダルもカスタムしよう!

自分好みの乗りやすいハンドルを取り付けたら、ペダルも交換してさらに乗り心地のよい一台にカスタムしていきましょう!以下のサイトも参考に、用途に合った乗りやすいペダルを探してみてくださいね。

まとめ

今回は、人気のロードバイク用ハンドルをランキング形式でご紹介しました。ハンドルを変えるだけでも走り心地や加速力が格段に向上します。ぜひ、気になる商品にチェンジして自分好みのロードバイクにアレンジしてみてくださいね。

関連記事

人気の記事

人気のアイテムリスト

カテゴリから探す