1. TOP
  2. >
  3. スポーツ
  4. >
  5. 自転車
  6. >
  7. ビンディングペダルのおすすめ人気ランキング10選【初心者でも使いやすいのはどれ?】
  • ビンディングペダルのおすすめ人気ランキング10選【初心者でも使いやすいのはどれ?】のアイキャッチ画像1枚目
  • ビンディングペダルのおすすめ人気ランキング10選【初心者でも使いやすいのはどれ?】のアイキャッチ画像2枚目
  • ビンディングペダルのおすすめ人気ランキング10選【初心者でも使いやすいのはどれ?】のアイキャッチ画像3枚目
  • ビンディングペダルのおすすめ人気ランキング10選【初心者でも使いやすいのはどれ?】のアイキャッチ画像4枚目
  • ビンディングペダルのおすすめ人気ランキング10選【初心者でも使いやすいのはどれ?】のアイキャッチ画像5枚目

ビンディングペダルのおすすめ人気ランキング10選【初心者でも使いやすいのはどれ?】

ロードバイクで、本格的なレースやロングライドを楽しむために欠かせない「ビンディングペダル」。フットペダルよりもペダリングがしやすくなるのはもちろん、見た目もかっこいいですよね。しかし、ロード用とMTB用があり、シマノ・ルック・タイムなど多くのメーカーから販売されているため、どれを選べば良いのか迷ってしまう方も多いはず。


そこで今回は、ビンディングペダルの選び方と、通販レビューでも人気の商品をランキング形式でご紹介していきます。早速、自分にピッタリのビンディングペダルを取り付けて、軽快にロードバイクを楽しんでいきましょう!

  • 最終更新日:2020年01月20日
  • 24,256  views
目次

ビンディングペダルで軽快な走りを実現!

ロードバイク愛好者に欠かせないのが「ビンディングペダル」です。「Binding」とは「縛りつける」ということ。つまり、ビンディングペダルとは、クリートと呼ばれる金具を取り付けた専用シューズを固定して使うペダルのことを指します。


一般的なフラットペダルでは踏む動作が中心ですが、ビンディングペダルは脚とペダルが固定されているので、クランクを回す動作がメイン。しかも、シューズとペダルが一体化するため、足を踏み外すことなく安全に、安定感のあるペダリングを実現してくれます。早速、使いやすいビンディングペダルを取り付けて、快適なライディングを楽しみましょう!

ビンディングペダルの選び方

それではさっそく、実際にビンディングペダルを購入するときに、これだけは絶対に外せないという選び方のポイントから順にご紹介していきます。

用途に合わせて選ぼう

ビンディングペダルには、ロード⽤・MTB⽤(トレッキング⽤含む)の2つの種類があります。それぞれの特徴などをチェックし、より⾃分に最適なものを選びましょう。

レース・ロングライドには「ロード⽤」がおすすめ

レース・ロングライドには「ロード⽤」がおすすめ
出典:amazon.co.jp

レースやロングライドなど、本格的にロードバイクを楽しむ⽅には「ロード⽤」がおすすめです。ロード⽤のビンディングペダルは踏み⾯がかなり広く、ペダルに⾜の⼒をしっかり伝えることができるため、効率的にペダルをこぐことができます。


踏み込んだ⼒がそのまま推進⼒に変わるため、ロスが少ないことも⼤きなメリット。過酷なシーンでもペダリングの⾟さを感じにくく、安定感のある⾛りを実現してくれるでしょう。ただし、ロード⽤の専⽤シューズは⾦具(クリート)が⼤型で厚みがあり、靴底から出っ張ってしまうため、歩きにくいのが難点です。

通勤・通学・ツーリングメインなら「MTB・トレッキング⽤」が最適

通勤・通学・ツーリングメインなら「MTB・トレッキング⽤」が最適
出典:amazon.co.jp

通勤・通学時など、移動⼿段としてロードバイクに乗る⽅におすすめなのは、MTB(マウンテンバイク)⽤・トレッキング⽤のビンディングペダル。踏み板が⼩さく着脱も簡単なため、初⼼者にも最適です。


ロード⽤とは異なり、MTB⽤シューズのクリートは⼩型で頑丈にできているため、歩きやすいこともメリット。ツーリングなど、ビンディングシューズを履いたまま歩く機会が多い場合は、こちらのタイプが便利でしょう。

初心者なら、まずはアルミ・スチール製をチョイス

初心者なら、まずはアルミ・スチール製をチョイス
出典:amazon.co.jp

ビンディングペダルのグレード選びに迷ったら、素材をチェックしてみましょう。基本的にエントリーモデルは、アルミや鉄(スチール)製。一方、グレードが高いものは、カーボン製の軽量仕様のものが多くなります。


軽いと足を踏み込みやすく、回転力もアップするため、ペダリングしやすいのがメリット。しかし、ハイグレードモデルは本格的なレース向けに作られているものが多いため、固定力が高いうえに硬くて外しにいので、初心者にはあまり向きません。初心者なら比較的手に入れやすいアルミ・スチール製のモデルから試してみると良いでしょう。

片面or両面タイプ?乗り方や固定しやすさで選ぼう

片面or両面タイプ?乗り方や固定しやすさで選ぼう
出典:amazon.co.jp

ビンディングペダルは専用シューズ裏のクリートを固定して使いますが、固定しやすさで選ぶなら、両面ビンディングの「両面タイプ」がおすすめです。両面タイプはどちらの面が上になっていても、足を踏み込むだけでカチッとはまり、クリートキャッチがスムーズなのがメリット。ロードバイクそのものに乗ることが目的の方にピッタリです。


一方、片面がフラットになっている「片面タイプ」のペダルは、ビンディングペダルに慣れていない方や、一般的なシューズでも乗る機会が多い方におすすめ。ただし、ビンディングシューズで乗るときには、ビンディング側のペダル面を上に合わせなければならないため、少し面倒に感じるかもしれません。

シューズとの互換性も確認しよう

シューズとの互換性も確認しよう
出典:amazon.co.jp

すでにビンディングシューズを持っているなら、シューズ・クリートと規格が合うものを選ぶことが重要です。シューズは、2穴・3穴・4穴のものがあるため、それぞれ互換性があるかどうかしっかりチェックしておきましょう。


基本的に、2穴タイプのシューズは「MTB用ペダル」、3・4穴タイプのシューズには「ロード用ペダル」がマッチします。また、3穴タイプはルック・タイムのペダル、4穴タイプはスピードプレイのペダルと互換性があります。

主要メーカーを比較して選ぼう

ビンディングペダルの主要メーカーから選んでみるのもひとつの方法です。各メーカーそれぞれの特徴を把握し、気になるメーカーのアイテムから選んでみるのもおすすめですよ。

日本のメーカーから選ぶなら「シマノ」でキマリ

日本のメーカーから選ぶなら「シマノ」でキマリ
出典:amazon.co.jp

日本のメーカーの中では、ダントツで人気なのが「シマノ」です。何と言ってもペダルのラインナップがとても豊富なのが特長。普及率が高いため購入しやすく、各モデルの使用感などの情報も得やすいため、自分に適したものを見つけやすいのがメリットです。


ロードタイプ用ペダル(SPD-SL)、MTB・トレッキング用ペダル(SPD)と、明確に表記されているため、初めての方でも迷わず選ぶことができるでしょう。比較的、安価で手に入れられるものも多いため、迷ったらシマノのモデルから選んでみるのもおすすめですよ。

レース向けのペダルなら「ルック」がおすすめ

レース向けのペダルなら「ルック」がおすすめ
出典:amazon.co.jp

ビンディングペダルを最初に開発したメーカーとしても知られる「ルック」。足を踏み込むペダルの面積が大きめで、クリートの調整角度もやや広め(赤9度・グレー4.5度・ブラック0度)に設定されているため、ペダリングしている実感を味わいたい方にぴったりです。


また、現時点でパワーメーターに対応しているのが「ルック」のクリートに限定されるため、本格的なレース目的の方にも向いています。多くの3穴式シューズと互換性があり、使用感がシマノのペダルと似ていることから人気がありますが、価格が少し高めなのがデメリットです。

デザイン性なら「タイム」が◎。膝への負担を軽減したい方にも最適

デザイン性なら「タイム」が◎。膝への負担を軽減したい方にも最適
出典:amazon.co.jp

ロードバイクも見た目が大事と思われる方におすすめしたいメーカーが「タイム」。他のメーカーのペダルよりも軽量で、クリートの調整角度が10段階あるため、膝への負担を軽減できるのも大きなメリットです。


さらに、Iclicというクリートキャッチ機構を採用しているのも特長。クリートの爪が最初から開いた状態になっているため、力を加えなくてもクリートがはめこみやすい作りになっています。比較的初心者でも使いやすいと言われていますが、価格はシマノに比べて高めです。

一体感のあるペダリングを体感したいなら「スピードプレイ」

一体感のあるペダリングを体感したいなら「スピードプレイ」
出典:amazon.co.jp

スピードプレイはその特殊な構造とデザイン性で人気があります。シューズとペダルが一体化しているような感覚でペダリングできるため、力が加えやすいのがメリット。また、スピードプレイのペダルも、タイム同様、軽量なのが特長です。


さらに、4穴タイプのシューズに対応しているのは唯一、スピードプレイの商品のみ。空力を考えてデザインされていることから、エアロカバーも付いています。

ビンディングペダルの人気ランキング10選

それでは、実際にどのようなビンディングペダルが人気なのでしょうか?人気商品をランキング形式で紹介していきます。

10位
ビンディングペダル クランクブラザーズ ビンディングペダル キャンディ1 V2
出典:amazon.co.jp

クランクブラザーズビンディングペダル キャンディ1 V2

574617

7,998円 (税込)

種類MTB
素材1ピースコンポジット素材
4面(両面)
重さ282g
9位
種類MTB
素材アルミ
両面
重さ355g
8位
種類ロード
素材カーボン
片面
重さ200g
7位
種類ロード
素材カーボン
片面
重さ244g
6位
種類MTB
素材クロモリ鋼
片面
重さ423g
5位
種類ロード
素材
両面
重さ206g
4位
種類ロード
素材カーボンコンポジット
片面
重さ265g
3位
種類ロード
素材カーボン
片面
重さ248g
2位
種類ロード
素材アルミ
片面
重さ330g
1位
種類MTB
素材アルミ
片面
重さ315g

人気ビンディングペダルの比較一覧表

商品画像
1
ビンディングペダル シマノ 片面SPDペダル PD-A520

シマノ

2
ビンディングペダル シマノ SPD SLペダル PD-R540-LA

シマノ

3
ビンディングペダル シマノ  PD-R8000

シマノ

4
ビンディングペダル シマノ 105 PD-R7000 SPD-SLペダル

シマノ

5
ビンディングペダル SPEED-PLAY ロードバイク用ペダル

SPEED-PLAY

6
ビンディングペダル シマノ PD-T421 リフレクター付

シマノ

7
ビンディングペダル ルック KEO 2 MAX BLK

ルック

8
ビンディングペダル TIME XPRESSO 10 TOUR EDITION

TIME

9
ビンディングペダル 東京サンエス ウルトラペダル

東京サンエス

10
ビンディングペダル クランクブラザーズ ビンディングペダル キャンディ1 V2

クランクブラザーズ

商品名

片面SPDペダル PD-A520

SPD SLペダル PD-R540-LA

PD-R8000

105 PD-R7000 SPD-SLペダル

ロードバイク用ペダル

PD-T421 リフレクター付

KEO 2 MAX BLK

XPRESSO 10 TOUR EDITION

ウルトラペダル

ビンディングペダル キャンディ1 V2

特徴泥抜け設計が施されている軽量ツーリングモデル初めての方にもおすすめのシマノのエントリーモデルロングライドに使いやすいと好評!プロレベルの走りを求める方に4アーム構造により軽量化!ペダリング効率もバツグン日の丸をイメージしたスピードプレイの日本限定モデル街乗りとロングライドの併用におすすめパワー伝達力に優れたロード用ビンディングペダルツールドフランス限定モデル!ロードバイクの差し色に最適アクティブライディングにおすすめの両面ビンディングペダル4面キャッチで泥の排出が可能!
最安値
9,999
送料無料
詳細を見る
12,998
送料無料
詳細を見る
9,250
送料要確認
詳細を見る
19,750
送料要確認
詳細を見る
4,870
送料要確認
詳細を見る
13,088
送料無料
詳細を見る
15,798
送料要確認
詳細を見る
5,142
送料無料
詳細を見る
7,998
送料要確認
詳細を見る
種類MTB ロードロードロードロードMTBロードロードMTBMTB
素材アルミアルミカーボンカーボンコンポジットクロモリ鋼カーボンカーボンアルミ1ピースコンポジット素材
片面片面片面片面両面片面片面片面両面4面(両面)
重さ315g330g248g265g206g423g244g200g355g282g
商品リンク

ビンディングシューズも一緒に揃えよう!

まだビンディングシューズを揃えていないなら、ペダルと一緒にシューズも用意しましょう。同じメーカーで揃えるのもよし、ペダルと互換性のある別のメーカーにするのもよし。自分のお気に入りを選べば、もっと楽しくライディングを楽しめるでしょう!ぜひ以下の記事もチェックしてみてくださいね。

ビンディングペダルの売れ筋ランキングもチェック!

なおご参考までに、ビンディングペダルのAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングの売れ筋ランキングは、以下のリンクから確認してください。

まとめ

今回はビンディングペダルについて、選び方のポイントと人気商品をランキング形式でご紹介してきました。いかがでしたでしょうか?同じようなペダルに思えても、種類・素材・構造などによって使い勝手が異なります。自分の目的に合わせて、ぴったりのピンディングペダルを購入しましょう。

当サイトでは、JANコードをもとに、各ECサイトが提供しているAPIを使用して、各商品の価格の表示やリンクの生成を行っております。

そのため、掲載価格に変動がある場合や、JANコードの登録ミスなど情報が誤っている場合がありますので、最新価格や商品の詳細等については各販売店やメーカーに確認するようにお願いいたします。

関連記事

人気の記事

人気のアイテムリスト

カテゴリから探す