• 自転車サドルカバーのおすすめ人気ランキング10選【お尻が痛くならないのはどれ?】のアイキャッチ画像1枚目
  • 自転車サドルカバーのおすすめ人気ランキング10選【お尻が痛くならないのはどれ?】のアイキャッチ画像2枚目
  • 自転車サドルカバーのおすすめ人気ランキング10選【お尻が痛くならないのはどれ?】のアイキャッチ画像3枚目
  • 自転車サドルカバーのおすすめ人気ランキング10選【お尻が痛くならないのはどれ?】のアイキャッチ画像4枚目
  • 自転車サドルカバーのおすすめ人気ランキング10選【お尻が痛くならないのはどれ?】のアイキャッチ画像5枚目

自転車サドルカバーのおすすめ人気ランキング10選【お尻が痛くならないのはどれ?】

自転車のサドルに取付ける「サドルカバー」。自転車の乗り心地を快適にしてくれるだけでなく、サドルの劣化を防止するのにも役立ちます。しかし、電動自転車や一般自転車と、ロードバイク・クロスバイクなどのスポーツバイクでは、適するサイズや仕様が異なるため、どれがよいのか迷ってしまいますよね。


そこで今回は、自転車の種類や目的別にサドルカバーの選び方を解説しながら、おすすめの商品を人気順にご紹介。お尻が痛くなりにくいものや、大型サドルにぴったりな商品も登場します。さて、あなたの自転車に最適なサドルカバーは、どれ?

  • 最終更新日:2019年12月09日
  • 6,790  views
目次

自転車サドルカバーは必要?

自転車サドルカバーは必要?

自転車サドルカバーは本当に必要なの?と思う方もいるかもしれません。実は、自転車のサドルは非常に傷みやすく、雨や日光に当たったり、長く乗っているうちに劣化しやすい部分。でも、サドルカバーを装着するだけで雨や日光を防ぎ、サドルが破れたり割れたりするのを防止できます。


既に劣化が目立ってしまったサドルも、カバーをつければ新品のような見た目をキープ。クッション性のあるカバーなら、走行中のお尻の痛みを軽減する効果も期待できますよ。


自転車の走行を快適にしたり、大切な自転車を長持ちさせるのに便利なサドルカバー。まだ取り付けていない方は、ぜひお気に入りのカバーを手に入れてくださいね!

自転車サドルカバーの選び方

まずは、自転車サドルカバーの選び方からご紹介します。あなたの自転車にぴったりなものを選ぶときの参考にしてください。

装着する目的に合わせて選ぼう

サドルカバーを取り付ける目的は、人によって違いますよね。自分の求める使い方に合ったものを選びましょう。

「雨除け用」なら、防水性・撥水性の高いものを

「雨除け用」なら、防水性・撥水性の高いものを
通勤通学などで、日頃から自転車を使う方は、防水性や撥水性に優れたカバーを選びましょう。とくに、自転車が雨に当たる可能性があるなら、撥水ポリエステルやポリウレタン、耐水圧の高い生地を使ったカバーがおすすめです。

自転車のサドルは水が染み込まないようになってはいるものの、長時間雨にさらされるとどうしても劣化が早まります。防水・撥水性が高ければ、雨に当たってもサドルには影響しないので安心です。


「日避け用」には暗色のカバーがおすすめ

「日避け用」には暗色のカバーがおすすめ
サドルは、日光に当たると紫外線による影響で割れや破れがおこりやすくなります。これを防ぐには、暗色のカバーを選ぶのがおすすめです。

黒や濃紺などの暗色のカバーは紫外線を通しにくいので、日除けに最適。また、紫外線をガードして、サドルの色褪せを防ぐのにも、暗色のカバーが効果的ですよ。

「お尻の痛み防止」には、クッション性が高いものをチョイス

「お尻の痛み防止」には、クッション性が高いものをチョイス

自転車に乗る時間が長いと、お尻が痛くなってしまうことがありますよね。特に、ロードバイクやクロスバイクのサドルでは、この悩みが多いものです。そんなときは、クッション性のあるサドルカバーがおすすめ。


多くのサドルカバーで採用されている低反発クッションは、段差や悪路走行が多い方に最適。地面からの衝撃吸収性に優れているので、振動によるお尻の痛みを和らげてくれます。


適度な柔らかさのあるジェルクッションは、自転車に乗る時間が長い方にぴったり。サドルの硬さを和らげ、お尻にかかる体重を分散してくれますよ。

サイズは自転車に合うものを選んで

サイズは自転車に合うものを選んで

サドルの大きさは車種や自転車の種類によって異なるため、サドルカバーも自転車に合わせて選ぶことが大切です。サドルカバーのサイズは、一般自転車用・大型サドル用・スポーツバイク用・子ども用の4種類あります。


ほとんどのサドルカバーは一般自転車用になっていますが、電動自転車などに見られる大型サドルには適合しません。同じように、サドルが細長いスポーツバイクや、小さめの子ども用サドルにも合わない場合が多いので、ご自分の自転車の適合サイズを確認して選ぶことが大切です。

快適に使えるかもチェック

サドルカバーを快適に使うために知っておきたいポイントもあります。選ぶ際は、以下の項目もぜひ確認してください。

固定力が高いものはズレにくくて安心

固定力が高いものはズレにくくて安心

出典:amazon.co.jp

乗っているうちにズレてしまわなよう、サドルへの固定力が高いものを選びましょう。カバーの固定力が甘いものは、直す手間が発生してしまいます。カバーを装着した後、スナップボタンやマジックテープで固定するものならズレにくいので、安心して使うことができます。


カバー裏面に滑り止めの付いたものや、ドローコードで密着感を高めるタイプも良いでしょう。

盗難防止機能があると駐輪時も安心

自転車から離れるシーンでは、サドルカバーの盗難も気になりますよね。通勤通学やお出かけなどで、駐輪場に止めることが多いのなら、盗難防止機能も確認しましょう。


サドルのバネや自転車フレームに固定できるものなら安心ですね。これなら、簡単にカバーを持ち去ることができないので、盗難防止になりますよ。

交換のしやすさも忘れずに確認しよう

サドルカバーの着脱しやすさも大切なポイント。伸縮素材などでできたカバーを選ぶと装着も簡単で、さっと外せるので便利です。

カバーとサドルの間は通気性が悪くなるため、そのままでは湿気が溜まってしまうこともあります。着けっぱなしにせず、時々カバーを外して通気性を良くしておきましょう

自転車サドルカバーのおすすめ人気ランキング10選

それでは早速、自転車用サドルカバーのおすすめ商品をご紹介していきます。
10位
雨除け用×
日除け用
クッション性〇(低反発クッション)
適合サイズスポーツバイク(縦28×横17cmまで)
交換しやすさ〇(マジックテープ)
サドルへの固定
盗難防止機能×
9位
雨除け用×
日除け用
クッション性〇(低反発クッション)
適合サイズスポーツバイク(縦30×横17cmまで)
交換しやすさ〇(マジックテープ)
サドルへの固定
盗難防止機能×
8位
雨除け用×
日除け用
クッション性〇(ジェルクッション)
適合サイズ一般自転車(縦26×横22cmまで)
交換しやすさ〇(ドローコード)
サドルへの固定
盗難防止機能×
7位

マーキュリーストアーサドルカバー フィット

KW-228

680円 (税込)

雨除け用〇(耐水圧1000mm)
日除け用
クッション性×
適合サイズふつう自転車から大型サドル搭載自転車まで(縦36×横36cm/調整可)
交換しやすさ〇(伸縮素材)
サドルへの固定
盗難防止機能×
6位
雨除け用×
日除け用
クッション性〇(ジェルクッション)
適合サイズスポーツバイク(縦29.8×横17.2cmまで)
交換しやすさ〇(マジックテープ)
サドルへの固定
盗難防止機能×
5位
雨除け用×
日除け用
クッション性〇(低反発クッション・ジェルクッション)
適合サイズ一般自転車・スポーツバイク(縦約28×横約18cmまで)
交換しやすさ〇(ドローコード)
サドルへの固定
盗難防止機能×
4位

ARCH GLOBAL GELコンフォート サドルクッション

1,251円 (税込)

雨除け用×
日除け用
クッション性〇(ジェルクッション)
適合サイズスポーツバイク(縦28×横18cmまで)
交換しやすさ〇(マジックテープ)
サドルへの固定
盗難防止機能×
3位
雨除け用
日除け用
クッション性×
適合サイズ子ども用自転車から一般自転車まで(縦29-34~横29-35cmまで)
交換しやすさ〇(伸縮素材)
サドルへの固定
盗難防止機能×
2位
雨除け用×
日除け用
クッション性〇(低反発クッション)
適合サイズスポーツバイク(縦30×横17cmまで)
交換しやすさ〇(マジックテープ)
サドルへの固定
盗難防止機能×
1位

aile(エール)のびーる チャリキャップ ビッグ

PE-009

1,164円 (税込)

雨除け用〇(撥水加工)
日除け用
クッション性×
適合サイズ大型サドル搭載自転車用
交換しやすさ〇(伸縮素材)
サドルへの固定
盗難防止機能

おすすめ人気自転車サドルカバーの比較一覧表

商品画像
1
自転車 サドルカバー aile(エール) のびーる チャリキャップ ビッグ 1枚目

aile(エール)

2
自転車 サドルカバー Oture 自転車 サドルカバー  1枚目

Oture

3
自転車 サドルカバー 自転車のメイト BIG サドルカバー 1枚目

自転車のメイト

4
自転車 サドルカバー ARCH GLOBAL   GELコンフォート サドルクッション 1枚目

ARCH GLOBAL

5
自転車 サドルカバー mujina(ムジナ) サドルカバー 1枚目

mujina(ムジナ)

6
自転車 サドルカバー japanix 自転車 サドルカバー 1枚目

japanix

7
自転車 サドルカバー マーキュリーストアー サドルカバー フィット 1枚目

マーキュリーストアー

8
自転車 サドルカバー Earth Wing   自転車 ジェル内蔵 カバー 1枚目

Earth Wing

9
自転車 サドルカバー COOWOO 自転車サドルカバー  1枚目

COOWOO

10
自転車 サドルカバー Fengniao 自転車 サドルカバー 1枚目

Fengniao

商品名

のびーる チャリキャップ ビッグ

自転車 サドルカバー

BIG サドルカバー

GELコンフォート サドルクッション

サドルカバー

自転車 サドルカバー

サドルカバー フィット

自転車 ジェル内蔵 カバー

自転車サドルカバー

自転車 サドルカバー

特徴バリエーション豊富でおしゃれに使えるカバークロステープでガッチリ固定、ハードなスポーツバイクに◎シンプルでお手ごろ価格。抜群のフィット感が魅力羽根のようなマジックテープでズレにくい!衝撃吸収&体圧分散でさらに快適にスポンジとジェル、Wでクッション性アップぴったりフィットで違和感なく装着できるママチャリのサドルを快適にしてくれるカバー反射板付きで夜間の安全をサポートサイクリストにおすすめの超肉厚タイプ
最安値
1,164
送料要確認
詳細を見る
1,380
送料無料
詳細を見る
498
送料別
詳細を見る
1,251
送料別
詳細を見る
1,180
送料無料
詳細を見る
要確認
680
送料要確認
詳細を見る
1,000
送料要確認
詳細を見る
1,380
送料無料
詳細を見る
1,480
送料要確認
詳細を見る
雨除け用〇(撥水加工)××××〇(耐水圧1000mm)×××
日除け用
クッション性×〇(低反発クッション)×〇(ジェルクッション)〇(低反発クッション・ジェルクッション)〇(ジェルクッション)×〇(ジェルクッション)〇(低反発クッション)〇(低反発クッション)
適合サイズ大型サドル搭載自転車用スポーツバイク(縦30×横17cmまで)子ども用自転車から一般自転車まで(縦29-34~横29-35cmまで)スポーツバイク(縦28×横18cmまで)一般自転車・スポーツバイク(縦約28×横約18cmまで)スポーツバイク(縦29.8×横17.2cmまで)ふつう自転車から大型サドル搭載自転車まで(縦36×横36cm/調整可)一般自転車(縦26×横22cmまで)スポーツバイク(縦30×横17cmまで)スポーツバイク(縦28×横17cmまで)
交換しやすさ〇(伸縮素材)〇(マジックテープ)〇(伸縮素材)〇(マジックテープ)〇(ドローコード)〇(マジックテープ)〇(伸縮素材)〇(ドローコード)〇(マジックテープ)〇(マジックテープ)
サドルへの固定
盗難防止機能×××××××××
商品リンク

ハンドルカバーがあるとさらに快適

サドルと同じく割れや剥がれのおこりやすいハンドルには、ハンドルカバーを使ってみてはいかがでしょう?雨や風、紫外線や寒さから守ってくれるので、もっと快適に自転車に乗ることができますよ。自転車を愛用している方はこちらも一緒にチェックしてくださいね。

自転車サドルカバーの売れ筋ランキングもチェック!

なおご参考までに、自転車サドルカバーの楽天・Yahoo!ショッピングの売れ筋ランキングは、以下から確認してください。

まとめ

自転車サドルカバーのおすすめ商品、いかがでしたか?長時間自転車に乗る方や、雨や紫外線でサドルが劣化してしまうのが心配な方には、ぜひ使っていただきたいアイテムです。

おしゃれなものや乗り心地をアップさせるものがたくさんありますので、ぜひこの記事を参考に、あなたの自転車にぴったりなものを見つけてくださいね。

関連記事

人気の記事

人気のアイテムリスト

カテゴリから探す