• アジングラインのおすすめ人気ランキング10選【フロロカーボン・ナイロン・PEなど】のアイキャッチ画像1枚目
  • アジングラインのおすすめ人気ランキング10選【フロロカーボン・ナイロン・PEなど】のアイキャッチ画像2枚目
  • アジングラインのおすすめ人気ランキング10選【フロロカーボン・ナイロン・PEなど】のアイキャッチ画像3枚目
  • アジングラインのおすすめ人気ランキング10選【フロロカーボン・ナイロン・PEなど】のアイキャッチ画像4枚目
  • アジングラインのおすすめ人気ランキング10選【フロロカーボン・ナイロン・PEなど】のアイキャッチ画像5枚目

アジングラインのおすすめ人気ランキング10選【フロロカーボン・ナイロン・PEなど】

ジグやルアーなどの仕掛けを使ってアジを釣る、アジング。ターゲットが小さく繊細なアクションが要求されるため、使われるラインとしても、強度や感度などの異なる商品が多く開発されています。そのため、いざアジング用のラインを買おうとすると、「どれを選んだらよいのか迷ってしまう」という方が多いようです。


そこで今回は、アジングラインの選び方と、人気商品のランキングをご紹介します。ジグ単に向いているもの・初心者でも扱いやすいもの・ハードな釣り場向きのものなど、様々なおすすめ商品がランクインしていますので、ぜひ自分に合ったものを見つけてくださいね!

  • 最終更新日:2018年11月08日
  • 3,234  views
目次

アジングラインの選び方

アジングでは、セッティングに合わせてラインを使い分けることで、より大きな釣果が期待できます。まずは、その選び方からご紹介していきましょう。

ラインの素材は、仕掛けとのバランスで選ぶ

アジングラインの定番は、ナイロン・PE・エステル・フロロカーボンの4種類。使う仕掛けとのバランスを考えて選ぶようにしてください。

ジグ単で釣りたい人は、比重が重めのラインがおすすめ

ジグ単で釣りたい人は、比重が重めのラインがおすすめ

ジグヘッド単体にワームを装着する「ジグ単」で釣りたい人は、比重が重めのラインを選びましょう。素材で言えば、ナイロン・エステル・フロロカーボンがおすすめです。


「比重」とは、海水に対するラインの重さのことで、数値が大きいほど沈みやすくなります。「ジグ単」など、ジグ部分が軽いセッティングの場合、沈みやすいラインを選ぶことで、魚がいるポイントにしっかりアプローチできますよ。


ただし、同じ素材でも、商品によっても比重は異なります。海水の比重数値は1.03~1.04と言われているので、1.1程度以上の比重のラインを選ぶようご留意くださいね。

重めの仕掛けを使いたいなら、PE素材のものを選ぼう

重めの仕掛けを使いたいなら、PE素材のものを選ぼう

メタルジグなど、重めの仕掛けを使う場合は、PE素材のラインがおすすめです。PEは強度があるため、大きめのジグとのバランスが良く、予期せぬ大物が釣れた時でもしっかり対応してくれます。


丈夫で伸びにくいため、アジが食いついたときの「コン」という感覚が手元に伝わりやすいのも特徴です。重めの仕掛けでよく行う、「遠くへのキャスト」に対応できる強度がありながら、遠くのアタリに対してもしっかり反応してくれる「感度のよさ」も持ち合わせており、メタルジグでのアジングでは断トツの人気があります。


なお、同じく感度の良さで人気のエステル素材は、引っ張る力に対する強度が弱いため、重めの仕掛けには向きません。また、フロロカーボン・ナイロンは伸びやすいため、仕掛けが重いと操作性が悪くなることも。商品によって強度・伸びやすさは異なりますが、目安として参考にしてくださいね。

求める性能や釣り場に合わせて選ぶことも大切

感度のよさや魚へのバレにくさなど、ラインに求める性能は人それぞれ。また、釣り場によっても、適切なラインの素材選びは異なります。

扱いやすくバレにくいものがいいなら、ナイロンライン

扱いやすくバレにくいものがいいなら、ナイロンライン

柔らかいため扱いやすく、ラインが絡まるなどのトラブルが起きにくいナイロンラインは、初心者にもおすすめ。比較的価格が安いこともあり、まず最初に試してみるライン素材としても適しています。


引っ張られると伸びる性質があり、感度は弱め。感度を重視する中~上級者には、物足りなく感じられるかもしれませんが、ラインが伸びる分、アジに対しても不自然さを感じさせず、バレにくいというメリットもあります。


なお、比重が軽めの商品が多いので、底付近を狙いたいときは、比重の表記をよく確認してから購入してくださいね!

感度の良さを重視するなら、PE・エステル素材のラインが◎

感度の良さを重視するなら、PE・エステル素材のラインが◎

感度が良いラインとして人気なのは、PEとエステル。いずれも伸びにくいため、アジが食いついたときの繊細な感覚を、しっかり手元に伝えてくれます。それぞれ特徴が異なるので、自分のスタイルに合わせて選んでくださいね。


PEは、比重が軽く、沈むジグでも中間部を攻めやすいのが特徴。遠くまでのキャストも得意なので、シャローエリアが守備範囲の人は、ぜひチェックしておきたい素材です。


ちょうどよい沈み加減を保ってくれるエステルは、さまざまな種類の仕掛けを使いたい人にもおすすめです。ただし、瞬間的な引っ張りに弱く、仕掛けとの間にショックリーダーと呼ばれる強度の強いラインの装着が必要となるなど、少々手間がかかります。アジングに慣れて、余裕が出てきてから挑戦してみましょう。

岩場などハードな釣り場に行く人は、擦れに強いフロロカーボンラインを

岩場などハードな釣り場に行く人は、擦れに強いフロロカーボンラインを

フロロカーボンは、岩場などのハードな場所で釣りたい人におすすめです。岩に擦れても切れにくく、長期戦にもしっかり対応してくれるので、中級者以上でも満足できるラインと言えるでしょう。


高比重なので、1g以下の軽量ジグでもアジの回遊域までしっかり沈んでくれます。エステル・PEに比べると若干感度は落ちますが、ナイロンよりはアタリが分かりやすいため、ナイロンの次にチャレンジするラインとしても最適です。


ただし、フロロカーボンは固いものが多く、事前にしっかりリールに馴染ませておかないと、ライントラブルになりやすい面もあります。準備に時間がかけられない人は、避けておいた方が良いでしょう。

夜釣り派なら、視認性も重要して

夜釣り派なら、視認性も重要して

アジングを夜に行いたい人は、夜間の視認性(ラインの見えやすさ)もチェックして選びましょう。一般的に、ピンクやホワイトなどの明るい色が、人にとって視認性が高いと言われています。


「あまり目立つ色だとアジにラインがバレてしまうのでは」という意見もありますが、心配な人は、視認性も高く、水中で光を反射してカモフラージュしてくれる、ライトグリーンなどの色を選べば問題ありません。


色よりも他の性能を重視する人も多いと思いますが、迷ったときの判断基準として、覚えておくと便利ですよ。

号数・ポンドの表記に注意して選ぼう

号数・ポンドの表記に注意して選ぼう

ターゲットが小さく繊細な釣りであるアジングでは、ラインの太さや強度の違いが、釣果に大きく影響することも珍しくありません。商品選びの際には、その表記をよくチェックしましょう。


ラインの太さは「号数」で表され、数値が大きいほど太くなりますが、アジングでは、かなり細めの0.3号前後が一般的。ラインが細いと切れやすくなりますが、水の抵抗を受けにくく、コントロールがしやすくなるメリットも。最初は太いものから始めても良いですが、慣れてきたら0.3~0.4号を目安に選んでくださいね。


ラインの強度は「ポンド(lb)」で表され、どれくらいの荷重に耐えるかを示します(1ポンドは約450g)。ナイロンやフロロカーボンでは1.5lb程度が一般的ですが、PEやエステルは12lbなど強度がかなり上がります。「とにかく強度のあるラインが良い!」という人は、ポンド数を重視して選びましょう。

アジングラインの人気ランキング10選

ここからは、アジングラインの人気ランキングをご紹介します。素材や色の違いなど、自分のこだわりポイントに注目して、ぴったりのものを探してみてくださいね。

10位
素材PE
比重0.98
仕掛け重めの仕掛けも可
感度
擦れに強い
視認性
号数/ポンド0.4号/8.0lb
9位
素材エステル
比重
仕掛けジグ単向き
感度
擦れに強い
視認性
号数/ポンド0.3号/1.6lb
8位
アジングライン よつあみ チェルム アンバーコード ハイエンドフロロ
出典:amazon.co.jp

よつあみチェルム アンバーコード ハイエンドフロロ

1,618円 (税込)

素材フロロカーボン
比重1.78
仕掛けジグ単向き
感度
擦れに強い
視認性
号数/ポンド0.6号/3.5lb
7位
素材PE
比重
仕掛け重めの仕掛けも可
感度
擦れに強い
視認性
号数/ポンド0.4号/8lb
6位
素材フロロカーボン
比重1.78
仕掛けジグ単向き
感度
擦れに強い
視認性
号数/ポンド0.5号/2.0lb
5位
アジングライン サンライン ソルティメイト 鯵の糸
出典:amazon.co.jp

サンラインソルティメイト 鯵の糸

1,278円 (税込)

素材エステル
比重
仕掛けジグ単向き
感度
擦れに強い
視認性
号数/ポンド0.3号/1.5lb
4位
素材ナイロン
比重
仕掛けジグ単向き
感度
擦れに強い
視認性
号数/ポンド0.4号/1.5lb
3位
アジングライン よつあみ G-SOUL オードラゴン
出典:amazon.co.jp

よつあみG-SOUL オードラゴン

WX4F-1 SS140

1,777円 (税込)

素材PE
比重1.40
仕掛け重めの仕掛けも可
感度
擦れに強い
視認性
号数/ポンド0.4号/7.5lb
2位
アジングライン モーリス エステルライン バリバス アジングマスター 200mクリア
出典:amazon.co.jp

モーリスエステルライン バリバス アジングマスター 200mクリア

1,116円 (税込)

素材エステル
比重1.35
仕掛けジグ単向き
感度
擦れに強い
視認性
号数/ポンド0.3号/1.4lb
1位
アジングライン よつあみ PEライン ロンフォート リアルデシテックス WX8 150m 0.4号 12lb 8本 3色
出典:amazon.co.jp

よつあみPEライン ロンフォート リアルデシテックス WX8 150m 0.4号 12lb 8本 3色

5,700円 (税込)

素材PE
比重
仕掛け重めの仕掛けも可
感度
擦れに強い
視認性
号数/ポンド0.4号/12lb

人気アジングラインの比較一覧表

商品画像
1
アジングライン よつあみ PEライン ロンフォート リアルデシテックス WX8 150m 0.4号 12lb 8本 3色

よつあみ

2
アジングライン モーリス エステルライン バリバス アジングマスター 200mクリア

モーリス

3
アジングライン よつあみ G-SOUL オードラゴン

よつあみ

4
アジングライン ダイワ 月下美人 TYPE-N

ダイワ

5
アジングライン サンライン ソルティメイト 鯵の糸

サンライン

6
アジングライン ユニチカ ナイトゲーム ザ・アジFC

ユニチカ

7
アジングライン 未来2017 OPA PEライン 4編 5色カラー

未来2017

8
アジングライン よつあみ チェルム アンバーコード ハイエンドフロロ

よつあみ

9
アジングライン ゴーセン ルミナシャイン

ゴーセン

10
アジングライン ダイワ 月下美人 月ノ響

ダイワ

商品名

PEライン ロンフォート リアルデシテックス WX8 150m 0.4号 12lb 8本 3色

エステルライン バリバス アジングマスター 200mクリア

G-SOUL オードラゴン

月下美人 TYPE-N

ソルティメイト 鯵の糸

ナイトゲーム ザ・アジFC

OPA PEライン 4編 5色カラー

チェルム アンバーコード ハイエンドフロロ

ルミナシャイン

月下美人 月ノ響

特徴抜群の強度・感度で上級者も満足!選べる3色もポイントコントロールのしやすさ・感度にこだわる方にPEでも高比重。一味違うPEに挑戦したい方にしなやかで扱いやすい。ライムグリーンのカラーもポイントトラブル軽減を目指したエステルライン。イエローの視認性も◎ライントラブルの起きにくいフロロカーボン自分に合う色を探せる!PEラインの色選びに迷ったらコレ昼釣り用ラインに。フロロカーボンでも感度は良好!適度に沈む!ジグ単メインの方におすすめ視認性の高いPEラインが欲しいならコレ
価格5,700円(税込)1,116円(税込)1,777円(税込)991円(税込)1,278円(税込)761円(税込)2,180円(税込)1,618円(税込)829円(税込)5,953円(税込)
素材PEエステルPEナイロンエステルフロロカーボンPEフロロカーボンエステルPE
比重1.351.401.781.780.98
仕掛け重めの仕掛けも可ジグ単向き重めの仕掛けも可ジグ単向きジグ単向きジグ単向き重めの仕掛けも可ジグ単向きジグ単向き重めの仕掛けも可
感度
擦れに強い
視認性
号数/ポンド0.4号/12lb0.3号/1.4lb 0.4号/7.5lb0.4号/1.5lb0.3号/1.5lb0.5号/2.0lb0.4号/8lb0.6号/3.5lb0.3号/1.6lb0.4号/8.0lb
商品リンク

アジングで釣果を狙うなら、こんなアイテムも!

ますます人気が高まっている「アジング」。ブームが盛り上がる中、アジング専用のアイテムも、いろいろ発売されるようになりました。釣果アップを狙いたい方は、以下の記事も合わせてご覧ください!

アジングラインの売れ筋ランキングもチェック!

なおご参考までに、アジングラインの楽天の売れ筋ランキングは、以下のリンクから確認してください。

まとめ

アジングラインの選び方と、人気の商品ランキングをご紹介しました。使ってみたいラインは見つかりましたか?アジングは、繊細な釣りだからこそ道具にもこだわりたいもの。ぜひ、今回の選び方と商品を参考に、ベストなセッティングを見つけてくださいね!

関連記事

人気の記事

人気のアイテムリスト

カテゴリから探す