• アジングロッドのおすすめ人気ランキング10選【初心者向け!】のアイキャッチ画像1枚目
  • アジングロッドのおすすめ人気ランキング10選【初心者向け!】のアイキャッチ画像2枚目
  • アジングロッドのおすすめ人気ランキング10選【初心者向け!】のアイキャッチ画像3枚目
  • アジングロッドのおすすめ人気ランキング10選【初心者向け!】のアイキャッチ画像4枚目
  • アジングロッドのおすすめ人気ランキング10選【初心者向け!】のアイキャッチ画像5枚目

アジングロッドのおすすめ人気ランキング10選【初心者向け!】

近年、アジのルアーフィッシング「アジング」が流行っていますよね。ブームが盛り上がるにつれ、アジング専用のロッドも発売されるようになりました。しかし、ダイワ・シマノ・ヤマガブランクスなどの釣り具メーカーからさまざまな商品が販売されており、1万円以下のものから5万円を超える超高級ロッドまで多彩にラインナップされています。もちろん、高いロッドのほうが釣りやすいかもしれませんが、高級品にはなかなか手を出しにくいですよね。

そこで今回は、ビギナーさんに最適なアジングロッドの選び方のポイントと、お手頃価格の人気商品をランキング形式でご紹介していきます。お手頃のものとはいえ、その性能は折り紙付きのものばかり。お気に入りの1本を見つけて、じゃんじゃんアジを釣りあげましょう!
  • 最終更新日:2019年04月29日
  • 24,985  views
目次

アジングロッドの選び方

アジは、ルアーをくわえても違和感をおぼえるとすぐに吐き出してしまうとても繊細な魚。そのため、アジングは繊細なアタリをとっていく釣りになります。それにはロッドの感度や性能がとても大事。ロッド選びがアジングの釣果を左右するといっても過言ではありません。ポイントは、「長さ」「ルアー荷重」「ティップ」、そして「リール」です。

使いやすい長さを選ぶ

まず、アジングロッドの長さからみていきましょう。アジングロッドには様々な長さのものがあり、だいたい5フィート(約1.5m)程から8フィート(約2.4m)ぐらいまでの長さが主流です。長さによって用途や性能にだいぶ違いがありますから、自分に合った長さのロッドを選んでみましょう。

感度重視ならショートロッド

感度重視ならショートロッド
ショートロッドのよさは、短いゆえにとりまわしがラクで正確にキャストできること。ピンポイントを狙いたいときはショートロッドが断然有利になります。ショートロッドの範囲は、5フィート(約1.5m)から6フィート(約1.8m)ぐらいが目安。アジングロッドの中では、短い長さになります。

また、感度がいいのもショートロッドの強み。アジ特有の小さなアタリを見逃がしません。アタリを感じたら即アワセができるのも、ショートロッドならではといえるでしょう。しかし、軽いルアーしか投げられないので、遠投ができず、キャストに不慣れなビギナーさんにはちょっと使いづらいかもしれません。

沖を狙いたいならロングロッドで大遠投

沖を狙いたいならロングロッドで大遠投
アジはいつも岸に寄っているとはかぎりません。ときには沖目に群れていることもあります。そういうときはロングロッドの出番です。7ft(約2.1m)~8ft(2.4m)ぐらいの長めのロッドで遠くを狙いましょう。ロングロッドは比較的重いルアーが投げられるので、ロッドにルアーの重さを乗せて遠くへ飛ばすことができますよ。

ただし、ロングロッドは軽いルアーには不向き。軽く小さなルアーを使うことが多いアジングでは、用途が限られてしまいます。ビギナーが最初の1本として選ぶよりは、1本目のロッドに十分に慣れてから、2本目に遠くを攻略できるロングロッドを選択するのがいいでしょう。

ビギナーに使いやすいのは汎用性のあるミディアムロッド

ビギナーに使いやすいのは汎用性のあるミディアムロッド

出典:amazon.co.jp

ビギナーがまず1本目を選ぶなら、6ft(1.8m)~7ft(2.1m)ぐらいのミディアムロッドがいいでしょう。1~7gぐらいの重さのルアーを投げることができ、ビギナーでも扱いやすいのがその理由。ショートロッドほど高感度ではなく、ロングロッドほどロングキャストはできませんが、ビギナーがそこそこ軽いルアーを使い、そこそこ長い距離を気持ちよく投げられるという観点から考えると、ミディアムロッドが一番です。

ミディアムロッドを使いこなせるようになると、もっと軽いルアーで即アワセしたい・もっと遠くへ飛ばしたいという自分なりの欲求が出てきますから、そのときにショートロッドやロングロッドを2本目として選択するのがいいでしょう。

ルアーの荷重から選ぶ

おおよそ長いロッドほど重いルアーを投げることができますが、ロッドによって適合荷重が異なるため、長さとともに適合荷重もチェックしておきましょう。適合荷重5~10gのロッドで1gのルアーはとても投げづらく、まともにキャストできません。使うルアーやリグを考えて、最適なものを選びましょう。

超軽量ルアーを投げられるロッドはビギナーには向かない

超軽量ルアーを投げられるロッドはビギナーには向かない

出典:amazon.co.jp

一般的にルアーは重いより軽いほうが、魚に違和感を与えません。そのため、アジングでは0.5gという超軽量ジグヘッドに極小ソフトルアーという組み合わせがよく使われます。こんな軽いルアーを投げるためには、ロッドも細くしなやかな特別仕様のものが最適。アタリを重視するなら超軽量ルアーに適合するロッドがおすすめです。

しかし、超軽量ルアーを投げられるロッドは、ビギナーにはちょっと扱いづらいので注意が必要。超軽量ルアーを投げやすくはなっていますが、やはりちょっとしたコツがいります。また、少し風が吹いただけでルアーが流されたり、糸フケが出てラインが絡まったりといったトラブルも頻発しがち。

どんなに軽いルアーを使ったとしても、きちんとキャストできなければ魚を釣ることはできませんよね。最初の1本として持つなら、超軽量ルアー対応のロッドは避けた方が無難でしょう。

汎用性を考えるならルアー負荷7g程度まで背負えるものを

汎用性を考えるならルアー負荷7g程度まで背負えるものを

出典:amazon.co.jp

ビギナーには、最小荷重が1~2g程度、最大荷重が7~10gぐらいのルアーに適合するロッドがおすすめです。これくらいの重さがあれば、ロッドでルアーの重みを感じて気持ちよく投げることができるでしょう。また、1~10g程度のルアーが使えると、アジングだけではなく、メバルやカサゴなどの根魚や小ぶりのシーバスまで狙うことができます。

アジングしかしないという人はともかく、普通のビギナーさんは他の釣りでもロッドを使いまわしたいですよね。それなら1~10gぐらいのルアー負荷のアジングロッドがいちばん汎用性が高く、いろいろと応用がききますよ。

ティップ(穂先)の種類から選ぶ

ティップ(穂先)は釣り竿の命と言われるように、ティップの役割はとても重要です。ティップによって釣りの仕方も変わってきますから、しっかりとチェック項目に入れておきましょう。アジングロッドにはソリッドティップとチューブラーティップの2種類があります。それぞれの性質を理解して、自分に合ったものを選んでくださいね。

ビギナーが使いやすいのはソリッドティップ

ビギナーが使いやすいのはソリッドティップ

出典:amazon.co.jp

柔らかく、魚の食い込みがいいロッドをお望みなら、ソリッドティップでキマリでしょう。ソリッドティップのロッドは、しなやかで竿先がグニャッと曲がるのが特徴。アジがルアーをくわえたときにあまり違和感を与えないため、とくにアワセの動作をしなくても、魚の口に勝手にハリが食い込む「向こうあわせ」が多くなります。いわゆる「知らないうちに掛かっちゃった」というものですね。自動フッキングに近いですから、ビギナーにとっても使いやすいですよ。

アワセの技術があるならチューブラーティップを

アワセの技術があるならチューブラーティップを

出典:amazon.co.jp

一方、中級以上の人に向いているのが、チューブラーティップです。中が空洞の中空構造になっていてハリがあるため、アジの繊細なアタリを手元まで伝えてくれます。言ってみれば、感度重視のティップですね。しかし、魚のアタリはわかりやすいものの、竿先がやや硬めなため魚をはじいてしまいやすい。そのため、アタリを感じたら即アワセる技術を持つ人に適しているというわけです。

ただし、ビギナーでもアワセの腕を磨きたいというのであれば、チューブラーティップを選択するのもアリでしょう。感度はいいですからアタリを敏感に察知、でもフッキングできないというもどかしい釣りになりますが、何度も繰り返すうちに次第に上達していきます。アタリに即座に反応して、ビシッとアワセることができるようになれば、アジングが本当に楽しくなりますよ。

リールとのバランスも考えて選ぶ

リールとのバランスも考えて選ぶ

出典:amazon.co.jp

案外見過ごされているのが、ロッドとリールとのバランスです。すでに持っているリールを流用するなら、リールの重さに合ったロッドを選びましょう。やや重みのあるリールなら、ロッドは少し重めのものを、軽いリールなら軽いロッドがおすすめです。

アジングは小さく軽いルアーを使い、感度を重視するため、ロッドは軽量に設計されているものがほとんど。軽いロッドに重いリールをセットすると、バランスが崩れてアタリがよくわからなくなってしまいます。ロッドと一緒にリールも新調するなら、軽いリールを選ぶこともポイントです。ロッドとリールのバランスがとれているほうが、ロッドの性能を引き出しやすいということを覚えておきましょう。

アジングロッドのおすすめ人気ランキング10選

それではアジングロッドの人気モデルをランキング形式でご紹介していきましょう。ビギナーさんの最初の1本ということで、実売価格3万円までのものをそろえました。あまり高価なものだと、もったいなくて使えないですよね。まずはお手頃価格のロッドで使い倒しましょう!
10位
アジングロッド シマノ スピニングロッド ルアーマチック 1枚目
出典:amazon.co.jp

シマノスピニングロッド ルアーマチック

4,558円 (税込)

タイプミディアムロングロッド
長さ7フィート6インチ(約229cm)
継数2本(仕舞寸法117.0cm)
重さ90g
対応ルアー0.8~12g
適合ラインPE/0.3~0.8号・ナイロン・フロロ/2~6lb
穂先チューブラーティップ
9位
タイプミディアムロッド
長さ7フィート(約213cm)
継数2本(仕舞寸法110.0cm)
重さ92g
対応ルアー1.5~7g
適合ラインPE/0.3~0.8号・ナイロン・フロロ/2~6lb
穂先チューブラーティップ
8位

メジャークラフトクロステージ アジング

CRX-S562AJI

8,640円 (税込)

タイプショートロッド
長さ5フィート6インチ(約168cm)
継数2本(仕舞寸法135cm)
重さ-
対応ルアー0.6~10g
適合ラインPE/0.1~0.6号・ナイロン・フロロ/1~5lb
穂先ソリッドティップ
7位
アジングロッド ゼスタ ブラックスター セカンドジェネレーション 1枚目
出典:amazon.co.jp

ゼスタブラックスター セカンドジェネレーション

S69

26,622円 (税込)

タイプミディアムロッド
長さ6フィート9インチ(約210cm)
継数5本(仕舞寸法49cm)
重さ83g
対応ルアー0.2~10g
適合ラインPE/0.16~0.6号・ナイロン・フロロ/0.9~8lb
穂先チューブラーティップ
6位
アジングロッド ヤマガブランクス ブルーカレント ナノ 1枚目
出典:amazon.co.jp

ヤマガブランクスブルーカレント ナノ

82F

29,690円 (税込)

タイプロングロッド
長さ8フィート2インチ(約250cm)
継数2本(仕舞寸法128cm)
重さ80g
対応ルアーmax18g
適合ラインPE/max0.6号・ナイロン・フロロ/-
穂先チューブラーティップ
5位

メジャークラフトTRUZER トルザイトリング アジングモデル

TZS-S632AJI

30,618円 (税込)

タイプミディアムロッド
長さ6.3フィート(約190cm)
継数2本(仕舞寸法100cm)
重さ-
対応ルアー0.6~10g
適合ラインPE/0.3~0.8号・ナイロン・フロロ/2~6lb
穂先ソリッドティップ
4位
アジングロッド ゼスタ ブラックスター TZチューンド ジグヘッドコントローラー 1枚目
出典:amazon.co.jp

ゼスタブラックスター TZチューンド ジグヘッドコントローラー

S69-S

29,800円 (税込)

タイプミディアムロッド
長さ6フィート9インチ(約210cm)
継数2本(仕舞寸法106cm)
重さ65g
対応ルアー0.2~7g
適合ラインPE-・ナイロン・フロロ/0.9~3lb
穂先ソリッドティップ
3位
アジングロッド シマノ ロッド ソアレSS アジング  1枚目
出典:amazon.co.jp

シマノロッド ソアレSS アジング

S610LS

20,024円 (税込)

タイプミディアムロッド
長さ6フィート10インチ(約208cm)
継数2本(仕舞寸法107m)
重さ72g
対応ルアー0.6~12g
適合ラインPE/0.1~0.6号・ナイロン・フロロ/1.5~4lb
穂先ソリッドティップ
2位

ダイワ月下美人MX アジング

511UL-S・K

18,339円 (税込)

タイプショートロッド
長さ5フィート11インチ(約180cm)
継数2本(仕舞寸法94cm)
重さ62g
対応ルアー0.3~5g
適合ラインPE/0.15~0.3号・ナイロン・フロロ/1~3lb
穂先ソリッドティップ
1位
アジングロッド ヤマガブランクス ブルーカレント 1枚目
出典:amazon.co.jp

ヤマガブランクスブルーカレント

74II

21,554円 (税込)

タイプミディアムロッド
長さ7フィート4インチ(約223cm)
継数2本(仕舞寸法114cm)
重さ74g
対応ルアー0.3~5g
適合ラインPE/0.2~0.5号・ナイロン・フロロ/1~4lb
穂先チューブラーティップ

おすすめ人気アジングロッドの比較一覧表

商品画像
1
アジングロッド ヤマガブランクス ブルーカレント 1枚目

ヤマガブランクス

2
アジングロッド ダイワ 月下美人MX アジング 1枚目

ダイワ

3
アジングロッド シマノ ロッド ソアレSS アジング  1枚目

シマノ

4
アジングロッド ゼスタ ブラックスター TZチューンド ジグヘッドコントローラー 1枚目

ゼスタ

5
アジングロッド メジャークラフト TRUZER トルザイトリング アジングモデル 1枚目

メジャークラフト

6
アジングロッド ヤマガブランクス ブルーカレント ナノ 1枚目

ヤマガブランクス

7
アジングロッド ゼスタ ブラックスター セカンドジェネレーション 1枚目

ゼスタ

8
アジングロッド メジャークラフト クロステージ アジング 1枚目

メジャークラフト

9
アジングロッド ダイワ ロッド 月下美人 1枚目

ダイワ

10
アジングロッド シマノ スピニングロッド ルアーマチック 1枚目

シマノ

商品名

ブルーカレント

月下美人MX アジング

ロッド ソアレSS アジング

ブラックスター TZチューンド ジグヘッドコントローラー

TRUZER トルザイトリング アジングモデル

ブルーカレント ナノ

ブラックスター セカンドジェネレーション

クロステージ アジング

ロッド 月下美人

スピニングロッド ルアーマチック

特徴アジングロッドおすすめ小さなアタリを確実に掛けるためのロッド!長さ、全体のシャキット感とも入門ロッドに最適ジグヘッドに特化したスペシャルロッドワンランク上のアジングロッドを求めている人に沖にひそむ大型アジを狙うならこのロッド!出張でも空いた時間にアジングをしたい!ショートロッドがこのコストパフォーマンス、見逃せません!廉価版だけど感度はかなり良し!アジもメバルも手軽に楽しみたい人に!
価格21,554円(税込)18,339円(税込)20,024円(税込)29,800円(税込)30,618円(税込)29,690円(税込)26,622円(税込)8,640円(税込)10,188円(税込)4,558円(税込)
タイプミディアムロッドショートロッドミディアムロッドミディアムロッドミディアムロッドロングロッドミディアムロッドショートロッドミディアムロッドミディアムロングロッド
長さ7フィート4インチ(約223cm)5フィート11インチ(約180cm)6フィート10インチ(約208cm)6フィート9インチ(約210cm)6.3フィート(約190cm)8フィート2インチ(約250cm)6フィート9インチ(約210cm)5フィート6インチ(約168cm)7フィート(約213cm)7フィート6インチ(約229cm)
継数2本(仕舞寸法114cm)2本(仕舞寸法94cm)2本(仕舞寸法107m)2本(仕舞寸法106cm)2本(仕舞寸法100cm)2本(仕舞寸法128cm)5本(仕舞寸法49cm)2本(仕舞寸法135cm)2本(仕舞寸法110.0cm)2本(仕舞寸法117.0cm)
重さ74g62g72g65g-80g83g-92g90g
対応ルアー0.3~5g0.3~5g0.6~12g0.2~7g0.6~10gmax18g0.2~10g0.6~10g1.5~7g0.8~12g
適合ラインPE/0.2~0.5号・ナイロン・フロロ/1~4lbPE/0.15~0.3号・ナイロン・フロロ/1~3lbPE/0.1~0.6号・ナイロン・フロロ/1.5~4lbPE-・ナイロン・フロロ/0.9~3lbPE/0.3~0.8号・ナイロン・フロロ/2~6lbPE/max0.6号・ナイロン・フロロ/-PE/0.16~0.6号・ナイロン・フロロ/0.9~8lbPE/0.1~0.6号・ナイロン・フロロ/1~5lbPE/0.3~0.8号・ナイロン・フロロ/2~6lbPE/0.3~0.8号・ナイロン・フロロ/2~6lb
穂先チューブラーティップソリッドティップソリッドティップソリッドティップソリッドティップチューブラーティップチューブラーティップソリッドティップチューブラーティップチューブラーティップ
商品リンク

夜釣りには釣り用ライトが必須!

アジングは基本的にアジが岸際に寄って来る夕方から夜にかけて行います。そんな暗い釣り場では、転倒など思わぬトラブルが起きてしまうことも。そんなときに役立つのが、釣り用ライトです。以下の記事でも、おすすめの商品をたくさん紹介していますので、あわせてチェックしてみてくださいね。

まとめ

いかがでしたでしょうか?ビギナーが最初の1本として選ぶアジングロッドのおすすめ商品をご紹介しました。今は技術開発が進み、入門用、廉価版といえどもハイスペック。どれを選んでもそれなりに満足できると思いますが、最初の1本ですから「これだ!」というものをチョイスしたいですよね。

短いロッドがいいのか、長いロッドがいいのか、アジだけではなく他の釣りにも流用したいのか、自分の目的と用途をよく考えて最適の1本を選んでくださいね。

関連記事

人気の記事

人気のアイテムリスト

カテゴリから探す