• ショックリーダーのおすすめ人気ランキング10選のアイキャッチ画像1枚目
  • ショックリーダーのおすすめ人気ランキング10選のアイキャッチ画像2枚目
  • ショックリーダーのおすすめ人気ランキング10選のアイキャッチ画像3枚目
  • ショックリーダーのおすすめ人気ランキング10選のアイキャッチ画像4枚目
  • ショックリーダーのおすすめ人気ランキング10選のアイキャッチ画像5枚目

ショックリーダーのおすすめ人気ランキング10選

ショックリーダーとは、岩などにこすれたり、魚の歯にあたってラインを切られないように、メインラインの先端に結ぶ強度の強いラインのこと。リーダーシステムを組む際には、狙う魚やシチュエーション、どんなメインラインを使うかによって、使用するリーダーも違ってきます。バランスのとれたリーダーシステムを組まないと、せっかく掛けた魚をバラしてしまうことになりかねません。

しかし、ダイワ・シマノなどたくさんのメーカーからたくさんのリーダーが発売されており、材質・太さ・長さも様々なため、どれを選んだらいいのか迷ってしまいますよね。そこで、今回はリーダーの選び方と、通販で購入できるおすすめ商品をランキング形式でご紹介していきます。あなたのフィッシングスタイルに合ったリーダーを選んで、釣果を倍増させちゃいましょう!
  • 最終更新日:2018年11月08日
  • 21,550  views
目次

ショックリーダーの選び方

海釣り系のルアーフィッシングでは、メインラインにPEラインを使うのが当たり前になってきました。しなやかで引っ張り強度の強いPEは飛距離を稼ぐことができ、魚との激しいやりとりでも威力を発揮します。しかし、根ズレに弱く傷がつくとすぐに切れてしまうため、ショックリーダーが欠かせません。そこでまずは、各自の釣りに適したショックリーダーを選ぶためのポイントを解説していきましょう。

シチュエーションに合った素材を選ぶ

ショックリーダーとして使われるのは、主にナイロンラインとフロロカーボンラインの2つ。その他に、太刀魚など歯の鋭い魚用のワイヤリーダーというものもありますが、すごく特殊で扱いも非常に難しいため、今回はよく使われるナイロンとフロロカーボンの特性と使い分けについてみていくことにします。

障害物周りや口の鋭い魚にはフロロカーボンリーダーを

障害物周りや口の鋭い魚にはフロロカーボンリーダーを
多くの場合、ショックリーダーには、フロロカーボンが使われます。非常に擦れに強いため、とくに岩礁帯や障害物周り、シーバスなど口に糸が当たると切れやすい魚をターゲットにするときに最適です。岩にこすれたり、魚の鋭い口があたっても多少のことでは切れる心配がありません。

また糸伸びも少ないことから、魚のアタリがダイレクトにわかることも大きなメリットです。フロロカーボンなら、擦れに弱いメインラインの欠点をしっかり補い、釣果のUPにつなげてくれますよ。

深いタナを狙うジギングはナイロンリーダーが有利

深いタナを狙うジギングはナイロンリーダーが有利
一方、ジギングやキャスティングゲームなどでは、しなやかで糸がよく伸びるナイロンラインが有利です。たとえば、船釣りで50m以上の深さを狙うジギングでは、ナイロンリーダーを長くとるように船長さんから指示されることがあります。大物狙いの釣りですから、強力な魚の引きをナイロンラインの伸びが吸収してくれるわけです。

また、ナブラ撃ちなどのキャスティングゲームでも、フロロカーボンの短いリーダーでは、ガツンと魚がかかったときに結び目から切れてしまうことが多いため、伸びのあるナイロンラインをリーダーにするベテランフィッシャーマンが少なくありません。

ナイロンラインはフロロカーボンラインより擦れに弱く切れやすいため、「ショックリーダーはフロロカーボンでキマリ」と考えている人も多いですが、ナイロンラインの特性に合わせて使い分けてみると、もっと釣果が伸びるかもしれませんよ。

メインラインに合わせて強さを決めよう

フロロカーボンもナイロンも、さまざまな太さ・強さのものが発売されています。「リーダーだから強けりゃいいだろう」と思っている方もいるかもしれませんが、リーダーには、メインラインに対して適正な強さがあります。強さの表示「lb(ポンド)」に注目して、適切なリーダーシステムを組むようにしましょう。

メインラインより強度の小さいものを選ぶのが基本

メインラインより強度の小さいものを選ぶのが基本
ショックリーダーは、メインラインより強度の小さいものを選ぶことが基本です。たとえば、メインラインがPEラインの2号で20lbの強度なら、リーダーはフロロカーボンの15lbといった具合。20lbでは約9kg、15lbだと約6.8kgの荷重に耐えられることを意味します。

メインラインより強度の小さいものを選ぶのは、根がかりしたとき、リーダー側で切れるようにするため。リーダーがメインラインより強い場合、根がかりしたときに引っ張るとメインラインやリーダーとの結び目で切れる確率が高くなり、メインラインがどんどん短くなってしまいます。再度結び直すのも面倒ですよね。そんな状況を防ぐためにも、メインラインの強度に合わせて選択することが重要です。

根があるところは強いリーダーが必須

根があるところは強いリーダーが必須
基本は「メインライン>ショックリーダー」ですが、例外もあります。根や障害物がきつく、魚をかけたときにこすれる確率が高いときは、リーダーをメインラインより強いものにするのがおすすめです。たとえば、20lbのPEラインに30lbのフロロリーダーといった具合。根がかったときにリーダー側で切れるようにするよりも、魚をかけたときに障害物にあたって切られないことを優先するわけです。

また、マグロやサワラなどの口まわりが鋭利な「牙魚」と呼ばれるような魚をターゲットにするときは、ナイロンリーダーの先にさらに強いフロロカーボンリーダーをつけて切られるのを防ぐこともあります。何事にも例外があるように、リーダーシステムも臨機応変に変えていくようにしましょう。

釣りの種類に合った糸巻量(長さ)を選ぶ

釣りのスタイルによって、つけるショックリーダーの長さが異なります。長いリーダーをつけるなら、糸巻量の多い商品を購入したほうがお得です。釣りスタイル別にどれくらいリーダーが必要かみてみましょう。

キャスティングゲームがメインなら短めでOK

ルアーやメタルジグを遠くに投げるキャスティングゲームでは、ショックリーダーを短めにとるのが一般的。リーダーが長いとロッドのガイドに入ってしまい、引っかかりやすくなるためです。ガイドに入らない1mから長くても1ヒロ(両手を広げた長さ)程度の短めで十分。1m程度のリーダーなら、20m巻き程度の少ない糸巻量でも数回の釣行をまかなうことができるでしょう。

ジギングゲームがメインなら長めがおすすめ

先にも少し触れましたが、深場にジグを落としてしゃくりあげるジギングなどの釣りは、ショックリーダーを長くとるのが一般的。大物の強烈な引きとショックを長いリーダーで吸収するためです。ジギングゲームをメインにする人なら、糸巻量の多いものを選択するのがおすすめです。

ショックリーダーのおすすめ人気ランキング10選

それでは、ショックリーダーのおすすめ人気ランキングを見ていきましょう。ショックリーダーに使用するナイロンラインやフロロカーボンラインはメインライン用のものでもいいのですが、ここではショックリーダー専用の商品を取り上げています。専用品のほうが、強度が正確で摩擦に強い特殊加工を施しているものが多いからです。あなたの釣りにピッタリのショックリーダーを見つけてくださいね。

10位:ユニチカ シルバースレッド ショックリーダー

ユニチカ シルバースレッド ショックリーダー
出典:amazon.co.jp
ユニチカ シルバースレッド ショックリーダー

972円 (税込)

詳細情報
・素材:ナイロン
・強度:16~130lb
・糸巻量:50m
・カラー:ナチュラルクリアー

扱いやすくビギナーさんにおすすめ!

ラインの太さによって性質を変えているのが特徴のナイロン製ショックリーダーです。細い(lb表記の小さい)ものはラインにハリをもたせ、低伸度に設計されているため、ルアーにロッドアクションが伝わりやすくなる仕組み。一方、太い(lb表記の大きい)ラインは、強度を落とすことがないよう、メインラインとの結節で締めこみやすいようにしなやかになっています。

誰にでも扱いやすいため、とくにソルトルアーフィッシングを始めたばかりのビギナーさんにおすすめです。はじめてリーダーシステムを組むなら、使いやすいのが一番ですよね。

9位:ヤマトヨテグス フロロショックリーダー

ヤマトヨテグス フロロショックリーダー
出典:amazon.co.jp
ヤマトヨテグス フロロショックリーダー

1,156円 (税込)

詳細情報
・素材:フロロカーボン
・強度:2~25lb
・糸巻量:30m
・カラー:クリア

トラウトやロックフィッシュ狙いでも使える!

トラウトやロックフィッシュ狙いでも使える!

出典:yamatoyo.com

フロロカーボンのショックリーダーです。フロロカーボンの特性である伸びの少なさで、わずかなアタリも伝わりやすい高感度。摩耗性能も高く、少しぐらい岩や障害物にあたってもラインブレイクすることはありません。フロロは固いイメージですが、こちらの商品は比較的ソフトで締めこみもしやすいため、扱いやすくなっています。

2lbからラインナップされているので、トラウトやメバル、カサゴなどのロックフィッシュにも使えますよ。細いショックリーダー専用ラインは少ないですから、小さい魚狙いにも使えるというのはありがたいですね。

8位:ゴーセン 剛戦Xリーダー ナイロンショックリーダー

ゴーセン 剛戦Xリーダー ナイロンショックリーダー

698円 (税込)

詳細情報
・素材:ナイロン
・強度:17~42lb
・糸巻量:20m/30m
・カラー:ナチュラル

薄型スプールでかさばらない!

薄型スプールでかさばらない!

出典:amazon.co.jp

剛戦のナイロンショックリーダーです。ナイロンラインは、ふつう根ズレに弱く、岩や障害物に擦れるとプツンといってしまうことが多いですが、こちらは特殊表面加工が施してあるため、多少の根ズレくらいは大丈夫。ナイロンのしなやかさをもちながら、根ズレにも強いのは安心ですよね。とは言え、フロロカーボン並みに強いわけではないので、こまめにラインチェックをし、少しでもザラザラになっていたら交換しましょう。

また、厚さ約1cmの超薄型スプールなので、バッグやポケットへの収納にも便利。最小限の持ち物でラン&ガンするときには、この薄さは重宝します。機動力を重視する釣りをする人におすすめです。

7位:よつあみ ガリス FCアブソーバー

よつあみ ライン ガリス FCアブソーバー
出典:amazon.co.jp
よつあみ ライン ガリス FCアブソーバー

1,133円 (税込)

詳細情報
・素材:フロロカーボン
・強度:20~130lb
・糸巻量:50m/60m
・カラー:ナチュラル

スプールは大きいが性能は折り紙つき

スプールは大きいが性能は折り紙つき

出典:yoz-ami.jp

ルアーマンの評価が高いよつあみのライン。フロロカーボン素材ですが、ナイロンラインのようにしなやかに仕上げられています。ライン結びもラクで、しっかりと締めこむことも可能。それでいて、フロロカーボンの抜群の耐摩耗性は維持されているのですから心強いですね。

ただ難点は糸巻量が多く、スプールが大きいこと。釣行の際はあらかじめ使う長さに切ったものをもっていく人もいるようです。それでも支持が高いのは、それだけこのショックリーダーの性能が高いということでしょう。

6位:モーリス ショックリーダー バリバス VEP ナイロン

モーリス ショックリーダー バリバス VEP ナイロン
出典:amazon.co.jp
モーリス ショックリーダー バリバス VEP ナイロン

947円 (税込)

詳細情報
・素材:ナイロン
・強度:12~50lb
・糸巻量:50m
・カラー:ナチュラル

ナイロンリーダーの定番という安心感

ナイロンリーダーの定番という安心感

出典:amazon.co.jp

ナイロンショックリーダーの定番といっていいほど、ユーザーが多いライン。特殊なVEP製法で通常の約20倍といわれる超耐摩耗性脳を誇っています。サーフでウェーディングしてのシーバスゲーム、ショアからのライトジギングゲームなど、比較的障害物が少ない場所なら、このショックリーダーが威力を発揮します。

ナイロンラインの適度な伸びでバラシを防ぎ、かかった魚を確実にキャッチすることができますよ。多くの人が使っているものなら安心感も大きいですよね。ナイロンのショックリーダーが好きな人は、ぜひ一度このVEPショックリーダーを試してみてください。

5位:ダイワ ショックリーダー シーバス モアザン X'treme Type-F

ダイワ ショックリーダー シーバス モアザン X'treme Type-F
出典:amazon.co.jp
ダイワ ショックリーダー シーバス モアザン X'treme Type-F

1,193円 (税込)

詳細情報
・素材:フロロカーボン
・強度:16~40lb
・糸巻量:35m/25m
・カラー:ナチュラル

シーバスならモアザンのリーダーでキマリ!

シーバスならモアザンのリーダーでキマリ!

出典:daiwa.com

「モアザン」は、ダイワのシーバスロッドのフラッグシップブランド。そのブランド名を冠するこのショックリーダーは、原料から見直し、より高性能を追求してつくられたハイスペックリーダーです。フロロカーボン製で根ズレや魚の歯に負けない剛性をもちながら、折り曲げても強度が落ちない結節強力重視設計。軽く引っ張れば、巻きグセもカンタンにとれます。

ユーザー評価も高く、シーバスではこれしか使わないというルアーマンもいるほど。根ズレやシーバスの口でやられることが多い人は、一度モアザンのショックリーダーを使ってみてください。いままでのリーダーが何だったのかと思うかもしれませんよ。

4位:サンライン ショックリーダー ソルトウォータースペシャル システム ナイロン

サンライン ショックリーダー ソルトウォータースペシャル システム ナイロン
出典:amazon.co.jp
サンライン ショックリーダー ソルトウォータースペシャル システム ナイロン

980円 (税込)

詳細情報
・素材:ナイロン
・強度:12~150lb
・糸巻量:50m
・カラー:ナチュラルクリア

大物狙いには伸びのあるナイロンリーダーを!

大物狙いには伸びのあるナイロンリーダーを!

出典:sunline.co.jp

デカい魚がかかったときの強烈な突っ込み。まさに釣りの醍醐味ですが、こんなときプツンとラインが切れてしまったら、ガッカリも倍増ですよね。でも、このナイロンリーダーなら、適度な伸びがショックを吸収してラインブレイクを防いでくれます。

しかも、異種特殊コポリマーナイロンブレンド製法でフロロカーボン並みの強さと耐摩耗性を実現。多少、障害物に擦れたくらいで切れることはありません。ショックリーダーを使えば、今まで獲れなかった魚が捕れるようになりますよ。大物狙いなら、ぜひ1度お試しください。

3位:東レ パワーゲーム ルアーリーダーフロロ

東レ パワーゲーム ルアーリーダーフロロ
出典:amazon.co.jp
東レ パワーゲーム ルアーリーダーフロロ

1,474円 (税込)

詳細情報
・素材:フロロカーボン
・強度:3~50lb
・糸巻量:30m
・カラー:ナチュラル

強力フロロリーダーなら障害物周りもタイトに攻められる

ショックリーダーにフロロカーボンを使う最大の理由は根ズレに強いから。しかし、フロロだからと安心していると根に巻かれてプチンなんてことにもなりかねません。その点、東レのパワーゲーム・ルアーリーダーは、東レの耐摩耗特許が使われているため安心です。

東レが行った実験では、他社の同じlb数のラインと比較して断然傷がつきにくかったのだそう。これなら障害物があるところもガンガン攻めていけますね。さらにうれしいのは3lbという細いリーダーも用意されていること。いま流行りのアジングやメバルなどライトゲームでも使えます。根ズレが激しそうな場所なら、このリーダーでキマリですね。

2位:よつあみ DMVナイロンショックリーダー

よつあみ DMVナイロンショックリーダー
出典:amazon.co.jp
よつあみ DMVナイロンショックリーダー

833円 (税込)

詳細情報
・素材:DMVナイロン
・強度:12~170lb
・糸巻量:50m
・カラー:ナチュラル

フロロ並みに強いナイロンリーダーって本当?

フロロ並みに強いナイロンリーダーって本当?

出典:amazon.co.jp

ナイロンはフロロカーボンより擦れに弱いというのがこれまでの常識です。しかし、このナイロンリーダーはDMVナイロンという特殊な素材でできているため、通常のナイロンの20倍の強度があるという優れもの。メーカーの実験では、フロロカーボンと同等の性能を示したのだそうです。

その分、普通のナイロンリーダーよりは硬いですが、締めこみやすいよう特殊加工が施してあるため、メインラインとの結節もキッチリと結ぶことができます。170lbまで用意されていますから、大物狙いのリーダーとして最適ですね。ナイロンリーダーファンの方には、フロロ並みに強いこのDMVナイロンショックリーダーが一押しです。もう他のリーダーは使えなくなりますよ。

1位:クレハ シーガー プレミアムマックス ショックリーダー

クレハ シーガー プレミアムマックス ショックリーダー
出典:amazon.co.jp
クレハ シーガー プレミアムマックス ショックリーダー

965円 (税込)

詳細情報
・素材:フロロカーボン
・強度:4~81.5lb
・糸巻量:30m
・カラー:クリア

強いけれどしなやか……だから最高に使いやすい!

栄えある第一位は、クレハのプレミアムマックス・フロロカーボンリーダーです。その一番の理由は、高度な耐衝撃性能。普通のフロロカーボンでは、3号の太さだと12lbの強度ですが、このプレミアムマックスは14lbと1クラス上の強度を実現しています。

つまり、他のフロロカーボンリーダーより1クラス細いものを使えるということ。リーダーが細ければそれだけ水の抵抗を受けにくく、ルアーを操作しやすくなるとともに、魚に見えづらくなるため、とても便利です。

もう1つの理由は、他のフロロカーボンリーダーに比べてしなやかなこと。ラインがしなやかだと、メインラインと結束しやすくきちんと結ぶことができるため、すっぽ抜けてしまうトラブルがなくなります。多くのプロアングラーからも高い支持を集めているこのショックリーダーなら、誰もが満足すること間違いなし!ぜひ一度試してみてください。

メインラインにもこだわろう!

今回はショックリーダーについてご紹介しましたが、やはり、メインとなる釣り糸(ライン)にもこだわりたいですよね。ちょっとした違いで釣果に大きな差が出ることも少なくありません。ぜひ以下の記事も参考にしてみてくださいね。

ショックリーダーの売れ筋ランキングもチェック!

なおご参考までに、ショックリーダーのAmazonの売れ筋ランキングは、以下のリンクから確認して下さい。

まとめ

いかがでしたでしょうか?ショックリーダーのおすすめ人気商品をご紹介しました。ショックリーダーはフィッシャーマンそれぞれが独自の意見や好みを持っているため、「これが絶対的な正解」というものはありません。なかには、今回ご紹介した選び方や使い方と異なる考えをもっている人もいるかと思いますが、今回のノウハウを1つの参考として、みなさんの釣りに当てはめて応用してみてください。

ただ1つだけ確実にいえるのは、いいリーダーシステムを組めば、確実に釣果は上がるということです。そのため、プロアングラーはメインラインの選択と同じくらいショックリーダーの選択にも気を使っています。今回ご紹介した商品が、みなさんの釣果を伸ばすお役に立てればこれほどうれしいことはありません。

関連記事

人気の記事

人気のアイテムリスト

カテゴリから探す