• エギのおすすめ人気ランキング10選【アオリイカ・ヤリイカ・タコ釣りにも!】のアイキャッチ画像1枚目
  • エギのおすすめ人気ランキング10選【アオリイカ・ヤリイカ・タコ釣りにも!】のアイキャッチ画像2枚目
  • エギのおすすめ人気ランキング10選【アオリイカ・ヤリイカ・タコ釣りにも!】のアイキャッチ画像3枚目
  • エギのおすすめ人気ランキング10選【アオリイカ・ヤリイカ・タコ釣りにも!】のアイキャッチ画像4枚目
  • エギのおすすめ人気ランキング10選【アオリイカ・ヤリイカ・タコ釣りにも!】のアイキャッチ画像5枚目

エギのおすすめ人気ランキング10選【アオリイカ・ヤリイカ・タコ釣りにも!】

磯や防波堤でイカを釣ることをエギングと呼び、使用するルアーを「餌木(エギ)」と呼びます。エギングには専用のロッド・リール・ラインがありますが、中でもイカの興味を引くエギ選びは重要です。しかし、エギは商品によってサイズ・重さ・カラーが異なり、シャローやディープといったタイプの違いもあるので、どれを購入すればよいか迷ってしまいがち。


そこで今回は、エギの選び方と、通信販売でも購入できる人気商品をランキング形式でご紹介します。季節や気候・天気によっておすすめのエギも変化するので、お気に入りをいくつか持っておきましょう!

  • 最終更新日:2019年04月06日
  • 101  views
目次

初心者でも使える!?イカ釣りに必須のエギとは

初心者でも使える!?イカ釣りに必須のエギとは

餌木(エギ)はイカを釣るためのルアーを指し、日本で昔から使用されている釣り具の1つです。漁師が松明を海に落とし、それにイカが抱きついてきたことから生まれたのだそう。


主にエビの形に似せて作られ、テープや布が巻かれているのが特徴。尾にはカンナ(フック)が付いており、エサと間違えて抱きついてきたイカを引っ掛けて釣りあげます。


エギを使用する釣りをエギングと言い、主なターゲットはアオリイカですが、ケンサキイカやコウイカなどイカ全般や、タコを狙えるのもポイント。エギングは、難しい動きを必要としないのもいいところ。エギがあれば手軽に釣ることができるので、初心者にもおすすめです。

エギの選び方

それでは、早速エギの選び方についてご紹介します。

まずは、サイズをチェックしよう

エギのサイズは号数で表されており、1.5号の小型なものから4.5号の大物狙いまで、大きさはさまざま。イカの大きさによって相応しいサイズは異なるため、購入前に確認しましょう。

初めての方にはスタンダードな「3.5号」がおすすめ

初めての方にはスタンダードな「3.5号」がおすすめ

初めてエギを購入するという方には、3.5号のサイズがおすすめです。3.5号はエギングのスタンダードなサイズで、使い勝手の良いオールラウンドタイプ。エギのサイズはメーカーによってバラつきはありますが、3.5号だと長さは約10cm、重さは20gが目安となります。


エギにはタイプ・カラー・沈下速度で違いがありますが、状況に合わせてエギを使い分けたい場合には、まずは3.5号で揃えるのがおすすめです。

イカの大きさに合わせたサイズ選びも大切

イカの大きさに合わせたサイズ選びも大切

エギングに慣れてきたなら、獲物の大きさに合わせたサイズ選びをしてみましょう。春には、春イカと呼ばれる産卵を控えた大型の固体がシーズンになります。春の1kgを越す大物を狙うなら、エギのサイズは4号がおすすめ。また、4号のエギは重さもあるため遠投がしやすく、冲を攻めるときにも最適です。


秋になると春に生まれた小イカが成長し新子となり、シーズンを迎えます。新子を狙うなら、エギのサイズは2.5号がおすすめ。また、2.5号のエギは小さく沈下速度も遅いので、浅瀬での釣りにぴったりです。まずは、3.5号のエギから始めて、状況に合わせて買い足していくのがいいでしょう。

釣り場に合わせたタイプをチョイス

エギにはスタンダード・シャロー・ディープの3種類のタイプがあり、それぞれ沈下速度が異なります。エギングにでは底を取ることが大切になり、タイプ選びが重要になるので、よく行く釣り場に合わせて選びましょう。

必ず1つは持っておきたい「スタンダード」タイプ

必ず1つは持っておきたい「スタンダード」タイプ

まずエギでベーシックなのは、平均的な沈下速度のスタンダードタイプ。表層から水深のある場所でも使えるため、最も使用頻度が高くサイズやカラーを揃えて持っておきたいタイプです。基準となるタイプになるので、パッケージに「スタンダード」と特に表記されていないものも、当てはまると考えてください。


釣り場の潮の流れや風向き、水深を知るために投げるパイロットにも最適です。商品によって違いはありますが、沈下速度はおよそ3~4秒が目安となります。

浅瀬には「シャロータイプ」がおすすめ

浅瀬には「シャロータイプ」がおすすめ

出典:amazon.co.jp

水深が10m未満の浅い場所では、シャロータイプのエギがおすすめです。沈下速度の遅いシャロータイプはゆっくりと落ちていくので、水深の浅い場所でもイカにアピールしやすいという特徴があります。


沈下速度はおよそ5.5~6程度が目安で、シャロータイプとより沈下速度の遅いスーパーシャローの2種類があり、SやSSといった表記が目印。表層から中層での使用が最適で、海藻のある場所やエギの様子を見ながら行うサイトエギングにもおすすめですよ

深場には沈下速度の速い「ディープタイプ」を使おう

深場には沈下速度の速い「ディープタイプ」を使おう

出典:amazon.co.jp

水深が10m以上の深場には、ディープタイプのエギがおすすめです。沈下速度の速いディープタイプは、素早くボトムまで到達することができますよ。沈下速度は1.8~2.7秒が目安で、DやFSといった表記がされているので目印にしてください。

ディープタイプは重さもあるため、遠投しやすく遠いポイントでも狙える潮の流れが激しくてもボトムに到達しやすいといった特徴もあります。

ベース・ボディカラーの組み合わせは、時期や時間帯で選ぼう

ベース・ボディカラーの組み合わせは、時期や時間帯で選ぼう

イカにアピールするために、カラー選びはとても重要です。エギのカラーはボディに巻かれたテープのベースカラーと、その上に巻かれた布のボディカラーの2種類で決まります。2つの組み合わせによってたくさんのカラーがありますが、アピール力によってベストなカラーを選びましょう。


まず、ピンクやオレンジといったアピール系は、水が濁っているときや曇り・夜などに最適。パイロットとしても使える定番カラーです。反対に茶色や黒色のダーク系、青色や緑色のナチュラル系は、アピール力は低め。ダーク系とナチュラル系は、イカの警戒が強いときや昼間におすすめのカラーです。


紫外線で発光するケイムラ系は、日中のエギングでアピール力を発揮します。また、光に当てることで発光する夜光系はナイトエギングにおすすめ。天候や海の状況によって相応しいカラーは異なるので、カラーを揃え、状況に合わせて使い分けてくださいね。

その他のポイントも要チェック!

エギ選びのポイントはサイズ・タイプ・カラーの3つが重要ですが、その他のポイントも忘れずに見ておきましょう。

音でアピールするならラトル入りを選ぼう

音でアピールするならラトル入りを選ぼう
カラーでイカの興味を引くことは大切ですが、よりアピールしたい場合にはラトル入りのエギを選びましょう。ラトルとはエギの中に小さな玉が入っているものを指し、ぶつかり合うことで音がなり、イカにアピールします。


ラトル入りのエギは広範囲にアピールできるといった特徴があり、アクションに対してなかなかエギに反応しない場合に効果的。また、磯や防波堤など障害物が多く、イカにエギが見えづらい場合にもおすすめです。


しかし、全てのエギをラトル入りにしてしまうのも考えもの。ラトル入りのエギに全く反応を示さない場合もあるので、ラトルの入っていないエギと交互に使い分け、イカがより反応するエギを使用するようにしましょう。

根がかりしにくいものなら長く使える!

根がかりしにくいものなら長く使える!

ボトムを攻めるエギングでは、どうしても根がかりしてしまいがち。お気に入りのエギをロストしてしまうと、気分も落ち込んでしまいますよね。そんな方には、針が適度に伸びる・専用のシンカーを取り付けてあるといった根がかりしにくい構造のエギがおすすめ


根がかりを外す作業は初めての方には難しいため、エギング初心者の方にもこのようなエギがおすすめです。

エギのおすすめ人気ランキング10選

ここからは、エギの人気商品のご紹介です。色々と比較してお気に入りを見つけてくださいね。

10位
号数3.5号(-cm・約21g)
タイプスタンダード
沈下速度3.3秒/m
カラーバリエーション赤テープオレンジ・マーブルテープグリーンなど25種類
ラトル
根がかり対策
9位
号数3.5号(約13.5cm・20g)
タイプスタンダード
沈下速度約3.2秒/m
カラーバリエーションアピールカラー4種類・ナチュラルカラー3種類・ダークカラー3種類
ラトル
根がかり対策
8位
号数3.5号(-cm・18.5g)
タイプスタンダード
沈下速度3.75秒/m
カラーバリエーション金ボイルシュリンプ・赤モスブラッドなど10種類
ラトル
根がかり対策
7位
号数3.5号(-cm・19g)
タイプスタンダード
沈下速度約3.2秒/m
カラーバリエーションブルー蛍光ボイル・リアルイソスジエビなど22種類
ラトル
根がかり対策
6位
号数3.5号(約14.5cm・約25g)
タイプスタンダード
沈下速度
カラーバリエーションホワイトグロー・イエロー・オレンジ・ピンク
ラトル
根がかり対策
5位
号数3.5号(11cm・40g)
タイプスタンダード
沈下速度
カラーバリエーションオレンジボーダーゴールド・スーパーアジゴールドなど16種類
ラトル
根がかり対策
4位
号数3.5号(-cm・19.5g)
タイプスタンダード
沈下速度
カラーバリエーションピンクスギG・チャートバナナYなど16種類
ラトル
根がかり対策
3位

マルシン漁具X-TENSION ヒート&ビート

550円 (税込)

号数3.5号(-cm・-g)
タイプスタンダード
沈下速度
カラーバリエーションビートピンク ・ビートオレンジ・ビートアジ・ビートRブラウン・ビートパープル
ラトル
根がかり対策
2位
号数3.5号(-cm・17g)
タイプスタンダード
沈下速度約3.2秒/m
カラーバリエーションブルー夜光ゴールドブラウン・ケイムラレッドパープルなど20種類
ラトル
根がかり対策
1位
号数3.5号(10.5cm・22g)
タイプスタンダード
沈下速度約3秒/m
カラーバリエーションキャロットゴールド・ブルーポーションなど8種類
ラトル
根がかり対策

人気エギの比較一覧表

商品画像
1
エギ YAMASHITA エギ王K ベーシック 1枚目

YAMASHITA

2
エギ DUEL エギ キャスト 喰わせ 1枚目

DUEL

3
エギ マルシン漁具 X-TENSION ヒート&ビート 1枚目

マルシン漁具

4
エギ EVERGREEN ドリフト番長 1枚目

EVERGREEN

5
エギ マルキュー ダートマックスTR 1枚目

マルキュー

6
エギ マルシン釣具 オクトパスタップ 1枚目

マルシン釣具

7
エギ DUEL EZ-Q ダートマスター 1枚目

DUEL

8
エギ DAIWA エメラルダス ラトル 1枚目

DAIWA

9
エギ スタート エギ 10本セット 1枚目

スタート

10
エギ 林釣漁具製作所 餌木猿 松SP 1枚目

林釣漁具製作所

商品名

エギ王K ベーシック

エギ キャスト 喰わせ

X-TENSION ヒート&ビート

ドリフト番長

ダートマックスTR

オクトパスタップ

EZ-Q ダートマスター

エメラルダス ラトル

エギ 10本セット

餌木猿 松SP

特徴スレたイカにも効果的!低活性のイカも寄ってくるアクショ...パタパタフットで、低活性イカにもしっかりアピールアクションと音でイカを誘い、アピール力バッチリ!3つのアイポジションで、多彩なダートをしかけようボートエギングにはコレで決まり!コスパに優れた、タコ専用エギ高ダート性能で広範囲にアピールするオールラウンドモデル6個のラトルボールで広範囲へ強力にアピールカラーバリエーション豊富な、初心者におすすめの基本セット天然木による不規則なダートアクションがイカを魅了
価格885円(税込)779円(税込)550円(税込)900円(税込)1,864円(税込)298円(税込)760円(税込)820円(税込)1,780円(税込)1,434円(税込)
号数3.5号(10.5cm・22g)3.5号(-cm・17g)3.5号(-cm・-g)3.5号(-cm・19.5g)3.5号(11cm・40g)3.5号(約14.5cm・約25g)3.5号(-cm・19g)3.5号(-cm・18.5g)3.5号(約13.5cm・20g)3.5号(-cm・約21g)
タイプスタンダードスタンダードスタンダードスタンダードスタンダードスタンダードスタンダードスタンダードスタンダードスタンダード
沈下速度約3秒/m約3.2秒/m約3.2秒/m3.75秒/m約3.2秒/m3.3秒/m
カラーバリエーションキャロットゴールド・ブルーポーションなど8種類ブルー夜光ゴールドブラウン・ケイムラレッドパープルなど20種類ビートピンク ・ビートオレンジ・ビートアジ・ビートRブラウン・ビートパープルピンクスギG・チャートバナナYなど16種類オレンジボーダーゴールド・スーパーアジゴールドなど16種類ホワイトグロー・イエロー・オレンジ・ピンクブルー蛍光ボイル・リアルイソスジエビなど22種類金ボイルシュリンプ・赤モスブラッドなど10種類アピールカラー4種類・ナチュラルカラー3種類・ダークカラー3種類赤テープオレンジ・マーブルテープグリーンなど25種類
ラトル
根がかり対策
商品リンク

エギング用品なら、こちらもおすすめ

エギングに必要なロッドや、ラインなどのアイテムもお探しなら、以下の記事も要チェック。おすすめをたくさんご紹介していますので、ぜひ併せてご覧くださいね。

エギの売れ筋ランキングもチェック!

なおご参考までに、エギのAmazon・楽天・Yahooショッピングの売れ筋ランキングは、以下のリンクからご確認ください。

まとめ

エギについてご紹介してきましたが、いかがでしたか?エギングでは、複数のエギを状況に合わせて使い分けることが重要です。本記事を参考にお気に入りを見つけ、大物を狙いましょう!

関連記事

人気の記事

人気のアイテムリスト

カテゴリから探す