• トラウト用ラインのおすすめ人気ランキング10選【初心者でも扱いやすいのはどれ?】のアイキャッチ画像1枚目
  • トラウト用ラインのおすすめ人気ランキング10選【初心者でも扱いやすいのはどれ?】のアイキャッチ画像2枚目
  • トラウト用ラインのおすすめ人気ランキング10選【初心者でも扱いやすいのはどれ?】のアイキャッチ画像3枚目
  • トラウト用ラインのおすすめ人気ランキング10選【初心者でも扱いやすいのはどれ?】のアイキャッチ画像4枚目
  • トラウト用ラインのおすすめ人気ランキング10選【初心者でも扱いやすいのはどれ?】のアイキャッチ画像5枚目

トラウト用ラインのおすすめ人気ランキング10選【初心者でも扱いやすいのはどれ?】

川や湖でトラウトを狙う時に利用するトラウト用ライン。ロッドやルアーと同じように、どのラインを使用するかで釣果も変わってくるため、慎重に選びたいですよね。しかし、ナイロン・PE・エステルなどさまざまな種類があり、色や太さも異なるため、初心者ならとくにどれを選べばいいのか迷ってしまうことでしょう。


そこで今回は、トラウト釣り初心者向けにライン選びのポイントをご紹介。さらに、通販レビューでも評価の高いおすすめの人気商品をランキング形式で紹介します。初めてのトラウトゲームでも使いやすいラインを手に入れれば、釣果も期待できますよ!

  • 最終更新日:2018年11月08日
  • 1,813  views
目次

初心者は汎用性重視で。まずはトラウト釣りを楽しもう!

初心者は汎用性重視で。まずはトラウト釣りを楽しもう!

トラウト用のライン選びは、釣果を左右する大事なポイントだと、よく言われます。でも、これからトラウト釣りをはじめる初心者にとっては、どのラインが必要なのか判断しにくいですよね。


トラウト釣りと一口に言っても、管理釣り場などでの「エリアトラウト」と、渓流や本流での「ネイティブトラウト」では適するラインに違いがあり、釣り方や狙う魚の大きさによっても異なります。でも、それは経験を積んでからの話で大丈夫。


初心者のうちは、どんな釣り場所でも利用でき、いろんなルアーが使える汎用性の高いラインを選ぶのがおすすめです。まずは扱いやすいラインを手に入れて、トラウト釣りの楽しさを体験してみましょう!慣れてしまえば、自分好みの釣り場所・釣り方に特化したラインを選んで使い分けられるようになりますよ。

トラウト用ラインの選び方

ラインも豊富にありすぎて迷ってしまいますが、初⼼者が⾒ておきたいポイントに絞って選んでいきましょう。では、さっそくトラウト⽤ラインの選び⽅を紹介します。

素材はナイロンラインでOK

素材はナイロンラインでOK

出典:amazon.co.jp

まずラインの素材は、もっとも一般的にトラウト釣りで使用されている「ナイロンライン」を選びましょう。トラウトは口がやわらかいため、合わせた時にラインが伸びやすいナイロンラインが最適


糸が伸びやすいため、強い力が加わっても切れにくく、ライントラブルが少ないこともメリットです。渓流だけでなく、エリアトラウトにも適しているため、初心者にも使いやすいでしょう。

ラインの太さは扱いやすい3lb以上を基準に

ラインの太さは扱いやすい3lb以上を基準に
扱いやすさと耐久性を重視して、3lb以上を基準に選びましょう。太い程切れにくく耐久性も上がるため、キャストに失敗したり、トラウトが掛かったあとのやり取りで手間取っても、切れにくいものを選ぶことが重要です。また、太めのラインにして汎用性の高いロッドを合わせて使えば、さまざまなルアーでトラウト釣りを楽しむこともできるでしょう。

ラインを細くすると、ルアーのアクション性能やキャスト後の感度は高くなります。しかし、小型のルアーを使ったアクションや魚とのやり取りは、初心者にとって難しいのが現状。軽量・細めのラインを使用するための専用ロッドや、リール・ルアーも必要になります。まずは、基本の太さに慣れてから、後で揃えていくのがおすすめです。

長さは100m以上あれば十分

長さは100m以上あれば十分

トラウト用に使うラインは、100mほどを目安に選ぶのがおすすめです。トラウトは海釣りと違い、ロングキャストしても巻いて戻しながらアクションをつけるのが一般的。


そのため、強度が弱いナイロンラインの場合は、何十メートルかのロングキャストに対応でき、摩耗してきたラインをカットするか逆巻きにして何度か使える程度の長さとして、100m以上あるものを選んでおくと安心です。

トラウトを警戒させにくいナチュラルカラーからはじめよう

トラウトを警戒させにくいナチュラルカラーからはじめよう

初心者なら、まずはナチュラルカラーのラインから選んでおくのがおすすめです。トラウト用に使用するラインは、主に透過性の高いラインと視認性重視のラインの2種類ありますが、透過性の高いナチュラルカラーならトラウトに認識されにくいため、初心者でも釣果につなげやすいでしょう。


ただし、エリアトラウトや渓流釣りの場合は、ルアーのポイントや繊細な当たりをラインで見極めやすいカラーラインが有効なことも。そのため、まずは、一般的に利用されているナチュラルカラーのラインからはじめて、慣れてきたらラインでアタリが判断できるように視認性の高いラインも準備するのが◎。オレンジ・イエローなど蛍光色が混ざっているラインが使い分けやすくおすすめです。

トラウト用ラインの人気ランキング10選

ではここまで見てきたトラウト用ラインの選び方を踏まえて、初心者が使いやすいトラウト用ナイロンラインの人気商品をランキング形式で紹介します。

10位
トラウト
ライン モーリス バリバス スーパートラウトアドバンス
出典:amazon.co.jp

モーリスバリバス スーパートラウトアドバンス

1,040円 (税込)

太さ(強度)5lb
長さ120m
カラーフラッシュオレンジ
9位
トラウト
ライン モーリス バリバス スーパートラウトアドバンス
出典:amazon.co.jp

モーリスバリバス スーパートラウトアドバンス

780円 (税込)

太さ(強度)3lb
長さ100m
カラーミスティ―ブラウン
8位
太さ(強度)4lb
長さ100m
カラースーパーピンク
7位
トラウト
ライン モーリス バリバス スーパートラウトエリア マスターリミテッド
出典:amazon.co.jp

モーリスバリバス スーパートラウトエリア マスターリミテッド

996円 (税込)

太さ(強度)2.5lb
長さ150m
カラーナチュラル
6位
太さ(強度)3lb
長さ100m
カラーオレンジ
5位
太さ(強度)4lb
長さ150m
カラースーパーマットグリーン
4位
トラウト
ライン モーリス バリバス スーパートラウト アドバンス VEP ブッシュトレイル
出典:amazon.co.jp

モーリスバリバス スーパートラウト アドバンス VEP ブッシュトレイル

796円 (税込)

太さ(強度)3lb
長さ100m
カラーハイライトオレンジ
3位
トラウト
ライン ユニチカ シルバースレッド トラウトクリアー
出典:amazon.co.jp

ユニチカシルバースレッド トラウトクリアー

513円 (税込)

太さ(強度)3lb
長さ150m
カラーナチュラルクリア
2位
トラウト
ライン ヤマトヨテグス ファメルトラウト サイトエディション
出典:amazon.co.jp

ヤマトヨテグスファメルトラウト サイトエディション

964円 (税込)

太さ(強度)3lb
長さ150m
カラーミストグリーン×ライムチャート
1位
トラウト
ライン サンヨーナイロン アプロード GT-R トラウト スーパーリミテッド
出典:amazon.co.jp

サンヨーナイロンアプロード GT-R トラウト スーパーリミテッド

1,531円 (税込)

太さ(強度)4lb
長さ300m
カラーカムフラージュカラーリーフシルバー

人気トラウト用ラインの比較一覧表

商品画像
1
トラウト
ライン サンヨーナイロン アプロード GT-R トラウト スーパーリミテッド

サンヨーナイロン

2
トラウト
ライン ヤマトヨテグス ファメルトラウト サイトエディション

ヤマトヨテグス

3
トラウト
ライン ユニチカ シルバースレッド トラウトクリアー

ユニチカ

4
トラウト
ライン モーリス バリバス スーパートラウト アドバンス VEP ブッシュトレイル

モーリス

5
トラウト
ライン サンライン トラウティスト WILD

サンライン

6
トラウト
ライン ダイワ プレッソ タイプN

ダイワ

7
トラウト
ライン モーリス バリバス スーパートラウトエリア マスターリミテッド

モーリス

8
トラウト
ライン サンヨーナイロン アプロード GT-R

サンヨーナイロン

9
トラウト
ライン モーリス バリバス スーパートラウトアドバンス

モーリス

10
トラウト
ライン モーリス バリバス スーパートラウトアドバンス

モーリス

商品名

アプロード GT-R トラウト スーパーリミテッド

ファメルトラウト サイトエディション

シルバースレッド トラウトクリアー

バリバス スーパートラウト アドバンス VEP ブッシュトレイル

トラウティスト WILD

プレッソ タイプN

バリバス スーパートラウトエリア マスターリミテッド

アプロード GT-R

バリバス スーパートラウトアドバンス

バリバス スーパートラウトアドバンス

特徴初心者でも安心して利用できる太めで強度の高いライン視認性の高さと見破られにくさを併せ持ったラインコストを抑えたクリアカラーが魅力の人気ライン渓流や河川でのベイトフィネスをするならこれロングキャストや流れの速い渓流釣りにおすすめのライン耐久性の高いナイロンラインならコレスレた魚も狙えるエリアトラウト向けのライン抜群の視認性と耐摩耗性の高さの両方を備えたラインラインのカモフラージュ性を重視するならコレエリアから渓流まで大型トラウト狙いにおすすめ
価格1,531円(税込)964円(税込)513円(税込)796円(税込)858円(税込)704円(税込)996円(税込)848円(税込)780円(税込)1,040円(税込)
太さ(強度)4lb3lb3lb3lb4lb3lb2.5lb4lb3lb5lb
長さ300m150m150m100m150m100m150m100m100m120m
カラーカムフラージュカラーリーフシルバー ミストグリーン×ライムチャートナチュラルクリアハイライトオレンジスーパーマットグリーンオレンジナチュラルスーパーピンクミスティ―ブラウンフラッシュオレンジ
商品リンク

慣れてきたら状況に応じてラインを使い分けていこう

トラウト初心者の場合、まずナイロンラインを使用しておけば間違いなくトラウト釣りを楽しめますが、慣れてきたらさらにライン素材を変更し、いろいろな釣り方を試していきましょう。

遠投性やルアー制御を重視したいなら「PEライン」

遠投性やルアー制御を重視したいなら「PEライン」

出典:amazon.co.jp

湖や大河川でロングキャストしてトップ付近を狙うなら、遠投性能が高く浮力も高いPEラインがおすすめです。PEラインは、ナイロンと比較しても伸びにくく作られているラインで、一般的に0.6前後のラインがトラウトでよく利用されています。


4本~8本の糸を網合わせて作られているため傷に弱く、リーダーの使用が必要。ナイロンラインで慣れてきたら、まずPEラインを試してみるといいでしょう。

ユニチカシルバースレッド アイキャッチPEII

1,400円 (税込)

軽量ルアーやボトムを狙いたいなら「エステルライン」

軽量ルアーやボトムを狙いたいなら「エステルライン」

出典:amazon.co.jp

エステルラインは比較的新しい素材のラインで、PE素材とフロロ素材の特性を組み合わせて作られたラインです。基本的にトラウトで利用されているエステルラインは、1.5lb前後の強度のものが使われています。


軽量をルアーを使った釣りやボトムも狙えますが、張りが強くライントラブルになりやすいのも特徴。リーダーの使用に合わせてライン管理もできるような上級者向けのラインになるため、繊細な当たりも感じ取れるようになったら試してみるとよいでしょう。

ゴーセンルミナシャイントラウト

GL1010Y03

1,001円 (税込)

トラウト釣りにはベイトフィネスロッドもおすすめ

ベイトリールでも軽量ルアーを使い繊細な釣りを楽しめる「ベイトフィネスロッド」。ベイトフィネスロッドはバス釣りによく使われますが、狭い渓流でも狙いを定めてルアーをキャストできるため、トラウト釣りにも有効です。ベイトフィネスロッドでのトラウト釣りに挑戦したいなら、ぜひ以下の記事もチェックしてみてくださいね。

トラウト用ラインの売れ筋ランキングもチェック!

なおご参考までに、トラウト用ラインのAmazonの売れ筋ランキングは、以下のリンクから確認してしてください。

まとめ

今回は、初心者がトラウト用ラインを選ぶときのポイントをいくつか紹介してきましたが、いかがでしたか?初心者にとって種類が豊富にあるラインを選ぶのは大変ですが、まずは扱いやすさを重視してラインを選び、慣れてきたら使い分けていくのがおすすめです。

この記事のランキングで紹介しているラインは、どれも初心者から利用できるナイロンラインを集めました。この記事で紹介した選び方も参考にして商品を比較し、自分が使いやすいラインを見つけて釣りを楽しみましょう!

関連記事

人気の記事

人気のアイテムリスト

カテゴリから探す