1. TOP
  2. >
  3. スポーツ
  4. >
  5. 釣具
  6. >
  7. PEラインのおすすめ人気ランキング13選
  • PEラインのおすすめ人気ランキング13選のアイキャッチ画像1枚目
  • PEラインのおすすめ人気ランキング13選のアイキャッチ画像2枚目
  • PEラインのおすすめ人気ランキング13選のアイキャッチ画像3枚目
  • PEラインのおすすめ人気ランキング13選のアイキャッチ画像4枚目
  • PEラインのおすすめ人気ランキング13選のアイキャッチ画像5枚目

PEラインのおすすめ人気ランキング13選

PEラインは淡水のバスフィッシングや海水のシーバス釣り、エジング(イカ釣り)など人気のルアーフィッシングシーンで使われている汎用性の高い釣り糸です。国内で販売されている製品は、釣り具の総合メーカー大手のシマノやモーリスはもちろん、YGK・デュエル・ラパラ・クレハ合繊のものなど実にさまざま。


見た目たけではなかなか判断がつかないアイテムなので、選び方やおすすめの商品をご紹介させていただきます。ぜひ参考にしてくださいね!
  • 最終更新日:2020年04月28日
  • 370,373  views
目次

PEラインの特徴とは?

PEとはポリエチレン(polyethylene)の略称で、その繊維を複数編み込んだ釣り糸をPEラインと言います。釣り糸はこのPEラインとナイロンライン・フロロカーボン(フロロ)ラインが代表的な種類です。他の二つと比べてPEラインの特徴は簡潔にまとめると、以下の通りです。

比重が水よりも軽いため、水面に浮く

比重が水よりも軽いため、水面に浮く
近年では比重が1.25~1.43の沈む超高比重PEラインもありますが、市場に流通している多くのPEラインの比重は約0.98で、それ自体では水面に浮きます。よって浮力の高いフローティングルアーは水面の位置をキープしやすくなり、自重によって沈むシンキングルアーはゆっくりとフォールしていくのがPEラインの特徴です。

風の影響を受けやく、取り扱いには慣れが必要

風の影響を受けやく、取り扱いには慣れが必要

PEラインはコシがなく、しなやかなので風の影響を受けやすいのも特徴です。釣りをしている際には糸が竿や針に絡まるなどのライントラブルが起こったり、糸よれによる「コブ」ができたりする可能性が高いため、釣りをスムーズに行うには比較的慣れが必要です。

伸縮性がなく、強度は高い

伸縮性がなく、強度は高い
PEラインは伸縮性がないので引っ張り強度が高く、魚が掛かったら強引に寄せることができます。ただし耐摩耗性は低いので、障害物に擦れると糸切れを起こす可能性が高いです。

対象魚を釣るためのルアーとは直結する場合もありますが、ラインのダメージを考慮してPEとルアーの間に別途ナイロンやフロロのリーダーを結ぶのが通例となっています。

価格帯は比較的高価

価格帯は比較的高価
PEラインの価格帯はナイロンやフロロと比べてやや高価です。この理由は他のラインと違い、複数本の繊維の糸を編み上げているからです。PEラインの性能を決める上で重要なその編み数は4ないし8本組が主流で、価格もその数に比例しているのがほとんどです。

PEラインの選び方

PEラインを選ぶ際にまず基本となるのが、何を釣りたいかです。海のターゲットは多種多様なので、とりあえずラインアップに迷ったら対象魚専用のPEラインを選びましょう。そこが決まれば、あとはその釣り方(タックル)に合うPEラインの太さを考えます。以下に詳しく見ていきましょう。

釣りたい魚種に特化した製品からチェックする

PEラインは魚種や釣り方によって様々な製品がラインナップされています。価格帯の目安のなるのは専門性の有無。汎用性の高い製品は特筆したメリットがない分、より安価で購入できます。

対象魚専用のPEラインはより高価

対象魚専用のPEラインはより高価

PEラインは海水の対象魚だけでも岩場に潜んでいるアイナメなどの根魚用・藻の中にいるアオリイカなどのエギング用・回遊しているシーバス(スズキ)用など、製品が細分化されています。


例えば、ストラクチャーを意識するのであれば根ズレに強い耐摩耗性を強化したもの、ルアーをより遠くへ投げたいのであれば飛距離が稼げるしなやかなものを選びましょう。

糸の太さ(号数)や強度(ポンド・lb)を考える

糸の太さ(号数)や強度(ポンド・lb)を考える
シーバスを釣るなら細くて0.6、太くて1.2号が目安。どの魚種にも共通していることだが、ルアーが小さい場合や飛距離を稼ぎたい時は細糸を、大型狙いなら太糸を選んでください。

例えば、アオリイカを釣るエギングであればPEラインは0.8号がおすすめ。この太さであればエギを回収できる確率が高く、1日中使っても強度が落ちることが少ないです。

PEラインを選ぶ際の注意点

PEラインは糸の太さやラインキャパシティーによって異なり、数字が大きくなれば比例して高価になります。PEラインの使用頻度が高く、消耗品と考えている方はコスパが良好なものを選ぶものありです。

安価な製品はターゲット別の特長がない

安価な製品はターゲット別の特長がない
特に釣りたい魚などが決まってない、とりあえずPEラインを用意したい場合は安価で大量巻き(ボビン)を購入して、使い慣れたのち用途に合ったPEラインを選ぶのもありです。

色は好みの問題

色は好みの問題
ラインの色はカラフルなものから地味な色までさまざま。操作性を求めるなら派手な色、視認性を抑えたいなら地味な色が良いと思えますが、釣り人にとってのメリットは対象魚にとってはデメリットになることもあります。結局はルアーをどう操作するかによって釣果は左右されると考えましょう。

PEラインのおすすめ人気ランキング13選

本ランキングではシーバスなど特定のターゲットに特化した製品ではなく、主に汎用性の高いPEラインを紹介しています。とりあえずPEラインがどんなものか使ってみてから、より専門性の高い製品にステップアップしてください。


なおランキングは、Amazon・楽天・Yahoo!ショッピングなど各ECサイトの売れ筋ランキング(2020年4月23日時点)をもとに順位付けしています。

13位
編み数4本
対象魚シーバス・アオリイカ・アコウダイ・アジ・アメマス・イサキ・イシダイ・イナダ・カサゴ・カツオ・カレイなど
号数(ポンド)0.4(10)・0.6(12)・0.8(15)・1(18)・2(28)・2.5(30)・3(40)・4(50)・5(60)・6(70)・7(80)・8(100)・9(115)
長さ1000m
マルチカラー
12位
編み数8本
対象魚シーバスなど
号数(ポンド)0.6(14)・0.8(16)・1(22)・1.2(25)・1.5(30)
長さ150m
グリーン
11位

モーリスVARIVAS(バリバス)アバニ キャスティングPE マックスパワー X8 300m

4,301円 (税込)

編み数8本
対象魚ヒラマサ・GT・キハダ・マグロ・ヒラメ・カツオ・シイラ・サワラなど
号数(ポンド)1(20.2)・1.2(24.1)・1.5(28.6)・2(33)・2.5(40)・3(48)・4(64)・5(78)・6(85)・8(112)
長さ300m
ホワイト
10位
編み数8本
対象魚ワラサ・ブリ・ヒラマサなど
号数(ポンド)1(-)・1.2(-)・1.5(-)・2(-)・2.5(50)
長さ300m
マルチカラー(オレンジ/ピュアホワイト/モス/イエロー/オシアブルー)
9位
編み数8本
対象魚ハタ・カサゴ・ウッカリカサゴ・カツオ・カンパチ・サワラ・シイラ・GT・スズキなど
号数(ポンド数)0.6(14)・0.8(16)・1(20)・1.2(25)・1.5(30)・2(35)・2.5(45)・3(50)
長さ200m
マルチカラー(ホワイト/グリーン/レッド/ピンク/ブルー)
8位
編み数4本
対象魚ロックフィッシュ・青物・メバル・バス・シーバス・トラウト・ヒラスズキなど
号数(ポンド)0.4(8)・0.6(12)・0.8(16)・1(20)・1.2(24)・1.5(30)・2(40)・2.5(50)・3(55)・3.5(58)・4(60)・4.5(70)・5(80)・6(90)・7(95)・8(100)・9(120)・10(120)
長さ150・200・300・500・1000m
イエロー・グレー・ダックグリーン・ダークグリーン・ブラック・ホワイト・マルチカラー
7位
編み数-
対象魚アジ・メバルなど
号数0.2(4)・0.3(5)・0.4(6)・0.5(7)
長さ100・150m
オレンジ・ミルキーピンク
6位
編み数8本
対象魚-
号数(ボンド)0.6(14.5)・0.8(18.3)・1(22.4)・1.5(31.7)・2(42.8)・3(54.6)・4(67.8)
長さ300m
マルチカラー(グリーン/パープル/オレンジ/ブルー/ピンク)
5位
編み数4本
対象魚メバル・アイナメ・アオリイカ・シーバスなど
号数(ポンド)0.6(13.9)・0.8(17.8)・1(20.8)・1.2(22.2)・1.5(29.8)
長さ150m
ピンク・ライムグリーン・カモフラパターン
4位
編み数8本
対象魚-
号数(ポンド)0.6(14.5)・0.8(18.3)・1(22.4)・1.2(27)・1.5(31.7)・2(42.8)
長さ200m
ライムグリーン・スーパーブルー
3位
編み数8本
対象魚全魚種対応
号数(ポンド)0.4(9.1)・0.6(14)・0.8(18)・1(20)・1.2(23)・1.5(26)・2(35)・2.5(40)・3(48)・4(62)・5(78)
長さ200m
マルチカラー(オレンジ/ブルー/レッド/グリーン/パープル)
2位
PEライン UMiNEKO(ウミネコ) 放浪カモメオリジナルPEライン エクストラパワー 1枚目
出典:amazon.co.jp

UMiNEKO(ウミネコ)放浪カモメオリジナルPEライン エクストラパワー

1,400円 (税込)

編み数4本
対象魚青物・タイ・シーバス・ヒラスズキ・メバル・ヒラメ・イカ・マグロなど
号数(ポンド)0.4(12)・0.6(14)・0.8(16)・1(18)・1.2(20)・1.5(23)・2(27)・2(31)・3(40)・3.5(45)・4(50)・4.5(60)・5(70)・6(80)・7(90)・8(100)・10(110)
長さ200・300・500・1000m
マルチカラー・ハイビズイエロー・クリアホワイト
1位
編み数4本・8本
対象魚アオリイカ・アコウダイ・アジ アメマス・アキアジ・アカハラ・イトウ・イサキ・イシダイサクラマス・シマアジ・シーバスなど
号数(ポンド)0.4(10)・0.6(12)・0.8(15)・1(18)・1.5(22)・2(28)・3(40)・4(50)・5(60)・6(70)・8(100)・10(110)
長さ150・200・300・500・1000m
マルチカラー・クリアホワイト・ステルスグレー・ビビットイエロー

人気PEラインの比較一覧表

商品画像
1
PEライン KUROSAWA(クロサワ) X-CORE 1枚目

KUROSAWA(クロサワ)

2
PEライン UMiNEKO(ウミネコ) 放浪カモメオリジナルPEライン エクストラパワー 1枚目

UMiNEKO(ウミネコ)

3
PEライン クレハ合繊 シーガー PEX8 200m 1枚目

クレハ合繊

4
PEライン シマノ ピットブル8 200m 1枚目

シマノ

5
PEライン Rapala(ラパラ) ラピノヴァX マルチゲーム150m 1枚目

Rapala(ラパラ)

6
PEライン シマノ タナトル 8 300m 1枚目

シマノ

7
PEライン デュエル アーマードF アジ・メバル 1枚目

デュエル

8
PEライン Ashconfish PEライン 4編 1枚目

Ashconfish

9
PEライン よつあみ G-SOUL スーパージグマン X8 1枚目

よつあみ

10
PEライン シマノ OCEA EX8 PE 300m 1枚目

シマノ

11
PEライン モーリス VARIVAS(バリバス)アバニ キャスティングPE マックスパワー X8 300m 1枚目

モーリス

12
PEライン よつあみ G-soul X8 Upgrade PE 150m 1枚目

よつあみ

13
PEライン ピットライフ(同) POWER BRAID PRO 1枚目

ピットライフ(同)

商品名

X-CORE

放浪カモメオリジナルPEライン エクストラパワー

シーガー PEX8 200m

ピットブル8 200m

ラピノヴァX マルチゲーム150m

タナトル 8 300m

アーマードF アジ・メバル

PEライン 4編

G-SOUL スーパージグマン X8

OCEA EX8 PE 300m

VARIVAS(バリバス)アバニ キャスティングPE マックスパワー X8 300m

G-soul X8 Upgrade PE 150m

POWER BRAID PRO

特徴高感度で扱いやすい。商品展開も豊富で自由に選べるコスパ優秀!機能性と扱いやすさを兼ね備えたライン優れた視認性&高い感度で快適な釣りをサポートしなやかで高耐久。魚を鋭く引っ張れる4本編みでも耐久性が高い。視認性のあるカラーも魅力抵抗が少なく、滑らかにキャスティングできるアジやメバルを釣りたいならこれ魚や水中の感覚をダイレクトに感じられる厳しい環境にも対応。直線性が高く扱いやすい丈夫でトータルバランスに優れたPEライン摩擦抵抗が少なく、仕掛けを遠くまで投げることが可能1mごとに15cmの目印があり食いつきが分かりやすい1000mの長さなのにリーズナブル
最安値
1,280
送料要確認
詳細を見る
1,400
送料要確認
詳細を見る
1,850
送料要確認
詳細を見る
1,907
送料無料
詳細を見る
1,331
送料別
詳細を見る
2,770
送料要確認
詳細を見る
790
送料要確認
詳細を見る
3,799
送料無料
詳細を見る
2,260
送料要確認
詳細を見る
8,002
送料無料
詳細を見る
4,301
送料別
詳細を見る
1,890
送料要確認
詳細を見る
4,380
送料別
詳細を見る
編み数4本・8本4本8本8本4本8本-4本8本8本8本8本4本
対象魚アオリイカ・アコウダイ・アジ アメマス・アキアジ・アカハラ・イトウ・イサキ・イシダイサクラマス・シマアジ・シーバスなど青物・タイ・シーバス・ヒラスズキ・メバル・ヒラメ・イカ・マグロなど全魚種対応-メバル・アイナメ・アオリイカ・シーバスなど-アジ・メバルなどロックフィッシュ・青物・メバル・バス・シーバス・トラウト・ヒラスズキなどハタ・カサゴ・ウッカリカサゴ・カツオ・カンパチ・サワラ・シイラ・GT・スズキなどワラサ・ブリ・ヒラマサなどヒラマサ・GT・キハダ・マグロ・ヒラメ・カツオ・シイラ・サワラなどシーバスなどシーバス・アオリイカ・アコウダイ・アジ・アメマス・イサキ・イシダイ・イナダ・カサゴ・カツオ・カレイなど
号数(ポンド)0.4(10)・0.6(12)・0.8(15)・1(18)・1.5(22)・2(28)・3(40)・4(50)・5(60)・6(70)・8(100)・10(110)0.4(12)・0.6(14)・0.8(16)・1(18)・1.2(20)・1.5(23)・2(27)・2(31)・3(40)・3.5(45)・4(50)・4.5(60)・5(70)・6(80)・7(90)・8(100)・10(110)0.4(9.1)・0.6(14)・0.8(18)・1(20)・1.2(23)・1.5(26)・2(35)・2.5(40)・3(48)・4(62)・5(78)0.6(14.5)・0.8(18.3)・1(22.4)・1.2(27)・1.5(31.7)・2(42.8)0.6(13.9)・0.8(17.8)・1(20.8)・1.2(22.2)・1.5(29.8)0.6(14.5)・0.8(18.3)・1(22.4)・1.5(31.7)・2(42.8)・3(54.6)・4(67.8)0.2(4)・0.3(5)・0.4(6)・0.5(7)0.4(8)・0.6(12)・0.8(16)・1(20)・1.2(24)・1.5(30)・2(40)・2.5(50)・3(55)・3.5(58)・4(60)・4.5(70)・5(80)・6(90)・7(95)・8(100)・9(120)・10(120)0.6(14)・0.8(16)・1(20)・1.2(25)・1.5(30)・2(35)・2.5(45)・3(50)1(-)・1.2(-)・1.5(-)・2(-)・2.5(50)1(20.2)・1.2(24.1)・1.5(28.6)・2(33)・2.5(40)・3(48)・4(64)・5(78)・6(85)・8(112)0.6(14)・0.8(16)・1(22)・1.2(25)・1.5(30)0.4(10)・0.6(12)・0.8(15)・1(18)・2(28)・2.5(30)・3(40)・4(50)・5(60)・6(70)・7(80)・8(100)・9(115)
長さ150・200・300・500・1000m200・300・500・1000m200m200m150m300m100・150m150・200・300・500・1000m200m300m300m150m1000m
マルチカラー・クリアホワイト・ステルスグレー・ビビットイエローマルチカラー・ハイビズイエロー・クリアホワイトマルチカラー(オレンジ/ブルー/レッド/グリーン/パープル)ライムグリーン・スーパーブルーピンク・ライムグリーン・カモフラパターンマルチカラー(グリーン/パープル/オレンジ/ブルー/ピンク)オレンジ・ミルキーピンクイエロー・グレー・ダックグリーン・ダークグリーン・ブラック・ホワイト・マルチカラーマルチカラー(ホワイト/グリーン/レッド/ピンク/ブルー) マルチカラー(オレンジ/ピュアホワイト/モス/イエロー/オシアブルー)ホワイトグリーンマルチカラー
商品リンク

PEラインの売れ筋ランキングもチェック!

なおご参考までに、PEラインのAmazon売れ筋ランキングは以下のリンクからご確認ください。

まとめ

PEラインといえば、軽さとしなやかさが特徴です。その反面、風に流されやすいので釣り初心者にとっては取り扱いのハードルが高いアイテムでもあります。

またPEラインは、各メーカーの技術革新やコストパフォーマンスの向上はもちろん、ターゲットとなる対象魚が細分化してPEラインの需要が高まったことにより、釣り具の中では価格競争が見られます。価格面も含め、本ランキングから皆さんのニーズに合った商品が見つかったのなら幸いです!

当サイトでは、JANコードをもとに、各ECサイトが提供しているAPIを使用して、各商品の価格の表示やリンクの生成を行っております。

そのため、掲載価格に変動がある場合や、JANコードの登録ミスなど情報が誤っている場合がありますので、最新価格や商品の詳細等については各販売店やメーカーに確認するようにお願いいたします。

関連記事

人気の記事

人気のアイテムリスト

カテゴリから探す