【徹底比較】シリコンスチーマーのおすすめ人気ランキング14選【蒸し料理に便利!】

【徹底比較】シリコンスチーマーのおすすめ人気ランキング14選【蒸し料理に便利!】

売れ筋の人気シリコンスチーマー14商品をすべて購入し、徹底的に比較しました!

電子レンジでチンするだけで料理が作れるシリコンスチーマー。ひとつ持っていれば、温野菜・パスタ・魚など幅広い調理に活躍してくれ、一人暮らしの時短料理や離乳食作りまでできてしまいます。ニトリやルクエといった馴染みのあるメーカーからも販売されており、その形状や価格帯はさまざま。どんなシリコンスチーマーを選べば失敗しないのか、気になるところですよね。


そこで今回は、Amazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどで売れ筋上位のシリコンスチーマー全14商品をすべて購入し、最もおすすめのシリコンスチーマーを決定したいと思います!


全14商品を実際に使用して、以下3点について比較・検証を行いました。

  1. 調理のしやすさ
  2. 洗いやすさ
  3. 美味しさ

果たして、どの商品が最もおすすめのシリコンスチーマーなのでしょうか?ぜひ、購入の際の参考にしてくださいね!

全商品を自社施設で比較検証しています!

全商品を自社施設で比較検証しています!

実際に商品を購入して、徹底的に比較検証した上で、優れた品質と購入する価値がある商品を見極め、おすすめの商品をご提案しています。

  • 最終更新日:2020年01月20日
  • 63,109  views
目次

シリコンスチーマーの選び方

比較検証の前に、まずはシリコンスチーマーを選ぶ際に必ずチェックしておきたい「3つのポイント」をご紹介します。

①タイプごとの特徴を把握しておけば料理の幅が広がる!

各メーカーによってシリコンスチーマーの形状はさまざま。それぞれのタイプの特徴を掴んで、料理の幅を広げましょう!

フタの取り外しが可能なものは汎用性が高い

フタの取り外しが可能なものは汎用性が高い

シリコンスチーマーでフタの取り外しができると、いろいろなタイプの料理に活用できます。温野菜や蒸し料理を作るときにはフタを閉めて加熱。フタを外して加熱すれば、表面をパリッとさせたい食材を調理するのに便利ですよ。


また、フタを取り外せる商品は隅々まで洗えて、食材も入れやすいのでおすすめ。一方で、取り外せないタイプを選ぶ際は、きっちりと閉まり中身が漏れにくいものだとそのまま保管できて便利ですよ。

一体型ならソース入れやお皿にも活用できる

一体型ならソース入れやお皿にも活用できる

フタと本体が一体化したタイプで、フタ自体をソース入れにできるタイプ。これなら、小皿を用意しなくて良いため、洗い物を減らせて便利ですよ!ただ、フタに溝があるため、セパレートタイプに比べて少し洗いにくくなるのが難点です。

本格的な料理も作れる「IH調理器対応タイプ」

本格的な料理も作れる「IH調理器対応タイプ」

通常、シリコンスチーマーは電流が流れないためIH調理器は使えません。しかし、底部分に金属が使われいる商品であればIH調理が可能!消費電力の多い電子レンジを長時間使うのはちょっと…という方も、これなら安心ですよ。

②デザイン性に優れたものはそのまま食卓に出せる

②デザイン性に優れたものはそのまま食卓に出せる

シリコンスチーマーは「おしゃれ調理器具」のイメージが強いのではないでしょうか?たとえば、トマトやかぼちゃといった野菜の形から、ハート形などバリエーションはさまざま。料理を作ってそのまま食卓に置けると洗い物も少なくなりますし、デザインがかわいいと見た目も華やかでうれしいですよね。


またデザイン性のあるものなら、収納スペースが十分に取れない場合もインテリアとして置いておけます。収納しやすいように折りたためるものもありますよ。形状以外にも複数のカラーがあることが多いので、好みのシリコンスチーマーを選んでくださいね。

③スチームトレイがあるものはカロリーダウンに繋がる

③スチームトレイがあるものはカロリーダウンに繋がる

すのこや目皿とも呼ばれる、スチームトレイが付いているかもチェックしましょう。細かい穴の開いたスチームトレイが付いたタイプなら、敷いて調理をするだけで余分な油を落として、カロリーダウン効果を望めます。


さらに、波型のトレイにはレンジから発せられるマイクロウェーブ波が食材に届きやすくなり、熱が満遍なく伝わるといった効果も。ただ、底が波型だと少し洗いにくくなるので気をつけておきましょう。


また、シリコンスチーマーの形状やサイズはメーカーごとに異なるため、スチームトレイが別売りされている場合も、専用のものを購入するのがおすすめですよ。

売れ筋の人気シリコンスチーマー全14商品を徹底比較

売れ筋の人気シリコンスチーマー全14商品を徹底比較

それではさっそく、Amazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどで売れ筋上位のシリコンスチーマー14商品をすべて購入し、どれが最もおすすめのシリコンスチーマーなのかを検証していきます。


<今回検証した商品>

  1. 和平フレイズ|らくCHIN!シリコーン シリコーンスチーマー
  2. ワールドクリエイト|ViV シリコンスチーマー デュエ
  3. よこやま|来栖けい シリコンスチーマー
  4. ワールドクリエイト|ViV シリコンスチーマー ココット パンプキン
  5. 旭金属|メトレフランセ グラン オーバルL
  6. 内海|クックドームスチーマー
  7. ルクエ|ファミリースチームケース
  8. NYプランニング|IH対応シリコンスチーマー
  9. ボーテ福原|スタッシャー ハーフガロン(Lサイズ) クリア
  10. ルクエ|スチームロースター ピエデラ
  11. CBジャパン|シリコンスチーマー ラウンド
  12. CBジャパン|シリコンスチーマー
  13. デライトベース|シリコンスチーマー キープクックM 3個セット
  14. Akicon|シリコーンスチーマーケース

検証項目は以下の3点としました。

検証①:調理のしやすさ

検証②:洗いやすさ

検証③:美味しさ

検証①:調理のしやすさ

検証①:調理のしやすさ

はじめに、調理のしやすさの検証です。


フタや取っ手の扱いやすさに注目し、それぞれのシリコンスチーマーを5点満点で評価していきます。

【検証結果ハイライト】持ち手に別素材が使われているものや、頑丈なものが使いやすい傾向あり!安定感が重要

【検証結果ハイライト】持ち手に別素材が使われているものや、頑丈なものが使いやすい傾向あり!安定感が重要

調理のしやすさで上位にランクインした商品は、持ち手が頑丈で安定感があるものばかりでした。持ち手が金属で補強されている・プラスチック素材・柔軟性のない硬めのシリコンが使われている商品は、どれも加熱後に安心して取り出すことができます。


フタが柔らかすぎるものは、電子レンジから取り出す際にずれて、蒸気が手にかかってしまいました。フタが柔らかいものは、やけどをしないように本体とフタに密着性があるものを選んでくださいね。

検証②:洗いやすさ

検証②:洗いやすさ

続いて、洗いやすさの検証です。


鮭を調理したあとのシリコンスチーマーを洗い、容器の形状や質感の特徴を捉えながらそれぞれ評価していきます。

【検証結果ハイライト】中敷きが取り外せるものは洗うのが簡単!波型の溝は洗いにくく時間がかかる

【検証結果ハイライト】中敷きが取り外せるものは洗うのが簡単!波型の溝は洗いにくく時間がかかる

穴開きのスチームトレイ付きで底が平坦になっている商品と、フタのない一体型の商品は洗いやすいと高評価!特に、スチームトレイを取り外せるものは脂も落としやすいため、清潔に使用することができますよ。


一方で、シリコンスチーマー本体の底が波型のつくりのものは、溝にたまった汚れを落とすのに時間がかかってしまいました。油汚れや鮭の皮をきれいに取り除こうとすると、根気が要ります。また、ほとんどの商品は魚を調理したあと匂いが残りやすいので、洗い方に工夫が必要です。

検証③:美味しさ

検証③:美味しさ

電子レンジ調理器で気になるのは、本当に美味しく調理できるのかですよね。ここからは、シリコンスチーマーで調理した「じゃがいも・鮭・シュウマイ」の美味しさを確認していきます。


  • じゃがいも:ほくほくになっているか。水分量は適切か
  • 鮭:身にしっかり熱が通っているか
  • シュウマイ:パサパサになっていないか。もちっとしているか

以上の点に着目して、評価しました。

【検証結果ハイライト】どの商品も高いレベルの仕上がりに!調理する量に合わせたサイズを選ぶとよい

【検証結果ハイライト】どの商品も高いレベルの仕上がりに!調理する量に合わせたサイズを選ぶとよい

今回の検証では、どの商品も概ね問題なく調理できていて、仕上がりに大きな差は見られませんでした。ただ、調理する食材の量に対してシリコンスチーマーが大きすぎる場合、水蒸気の循環と熱伝導がうまくいかないことが判明。もともと水分量が少なく、硬いじゃがいもの仕上がりはいまひとつでした。


電子レンジで食材を加熱する場合、水分が足りないとあまり摩擦熱が起きず、十分な加熱ができません。したがって、温まって出てきた水蒸気が逃げていかず、食材に行き渡る構造であれば、硬めの野菜もふっくらと仕上がりますよ。

【最終結果】シリコンスチーマーのおすすめ人気ランキングBEST14

ここからは比較・検証結果を踏まえ、シリコンスチーマーのおすすめ人気ランキングBEST14を発表します!なお、ここではシリコンスチーマーを選ぶ上で最も重要な「美味しさ」の項目を重視して評価をつけました。

14位
サイズ径(外)24.5(内)21×幅25.5(ツマミ含む)×高10(蓋つき)×底厚0.45cm
フタの取り外し可能
特徴IH対応
付属品レシピ
対応温度-30~230℃
カラー展開ブラウン、レッド
調理のしやすさ2.6
洗いやすさ3.5
美味しさ4.0
総合評価3.6
13位
サイズ26×18×10cm
フタの取り外し可能
特徴余分な油をカットするウェーブ形状
付属品レシピ
対応温度-40~230℃
カラー展開マゼンタピンク、バレンシアオレンジ、リーフグリーン
調理のしやすさ3.2
洗いやすさ3.4
美味しさ4.0
総合評価3.7
12位
サイズ15×25.3×9cm(本体高さ:約6cm)
フタの取り外し可能
特徴不明
付属品オリジナルレシピ
対応温度-20~220℃
カラー展開-
調理のしやすさ3.0
洗いやすさ3.1
美味しさ4.2
総合評価3.7
11位
サイズ21×27.5×8cm
フタの取り外し不可能
特徴プラチナシリコン製
付属品レシピ
対応温度-30~260℃
カラー展開トマト、レッド、ライス、レタス
調理のしやすさ3.3
洗いやすさ4.0
美味しさ3.9
総合評価3.8
10位

和平フレイズらくCHIN!シリコーン シリコーンスチーマー

580円 (税込)

サイズ20.6×13.2×7cm
フタの取り外し可能
特徴底が波型で余分な油が落ちる
付属品レシピ
対応温度-40~220℃
カラー展開オレンジ、ライムグリーン、ローズピンク
調理のしやすさ4.2
洗いやすさ3.0
美味しさ4.0
総合評価3.8
9位
サイズ直径18×高さ6cm
フタの取り外し可能
特徴たたんで収納可
付属品クッキングレシピ
対応温度-40~260℃
カラー展開-
調理のしやすさ3.2
洗いやすさ3.8
美味しさ4.1
総合評価3.9
8位

ワールド・クリエイトViV シリコンスチーマー ココット パンプキン

1,239円 (税込)

サイズ幅15×厚さ0.3×高さ11cm
フタの取り外し可能
特徴蒸気がまんべんなくまわる
付属品スチームトレイ、ミニレシピブック
対応温度-30~270℃
カラー展開ハートレッド、ハートピンク、スターイエロー、パンプキンオレンジ、トマトレッド、パプリカグリーン
調理のしやすさ3.4
洗いやすさ3.5
美味しさ4.3
総合評価4.0
7位

CBジャパンシリコンスチーマー ラウンド

1,980円 (税込)

サイズ30×24×13cm
フタの取り外し可能
特徴サイズが大きい
付属品蒸し皿
対応温度不明~230℃
カラー展開マゼンタピンク、バレンシアオレンジ、リーフグリーン
調理のしやすさ3.5
洗いやすさ4.4
美味しさ4.1
総合評価4.0
6位

デライトベースシリコンスチーマー キープクックM 3個セット

1,169円 (税込)

サイズ5.5×19×12cm
フタの取り外し可能
特徴保存日の記録ができるダイヤル付き
付属品なし
対応温度不明
カラー展開イエロー・オレンジ・ピンク 3色取り混ぜ
調理のしやすさ4.3
洗いやすさ3.1
美味しさ4.5
総合評価4.2
5位

ボーテ福原スタッシャー ハーフガロン(Lサイズ) クリア

2,420円 (税込)

サイズ26×21×1.7cm
フタの取り外し-
特徴ピンチロックシステムで密閉
付属品なし
対応温度-18~250℃
カラー展開アクア、クリア
調理のしやすさ4.1
洗いやすさ3.5
美味しさ4.5
総合評価4.2
4位
サイズ27×18.5×13cm
フタの取り外し可能
特徴たたんで収納可
付属品なし
対応温度-20~220℃
カラー展開レッド、ブラウン、ピンク
調理のしやすさ4.5
洗いやすさ4.0
美味しさ4.2
総合評価4.2
3位
サイズ13.5×26×7.5cm
フタの取り外し可能
特徴蒸気がまんべんなくまわる
付属品スチームトレイ、ミニレシピブック
対応温度-30~270℃
カラー展開パプリカレッド、キャロットオレンジ、レタスグリーン、ミルキーピンク、マロンブラウン
調理のしやすさ4.6
洗いやすさ3.2
美味しさ4.5
総合評価4.3
2位
サイズ23×11×6cm
フタの取り外し不可能
特徴不明
付属品なし
対応温度-30~230℃
カラー展開レッド、ピンク、グリーン
調理のしやすさ4.1
洗いやすさ3.6
美味しさ4.6
総合評価4.3
1位
サイズ24×20×9.5cm
フタの取り外し-
特徴下ごしらえから調理後のお皿としても使える
付属品レシピブック
対応温度-30~220℃
カラー展開ベージュ、ブラウン、グリーン
調理のしやすさ4.2
洗いやすさ4.5
美味しさ4.4
総合評価4.4

人気シリコンスチーマーの検証結果比較表

商品画像
1
シリコンスチーマー ルクエ スチームロースター ピエデラ 1枚目

ルクエ

2
シリコンスチーマー Akicon シリコーンスチーマーケース 1枚目

Akicon

3
シリコンスチーマー ワールド・クリエイト  ViV シリコンスチーマー デュエ 1枚目

ワールド・クリエイト

4
シリコンスチーマー 旭金属 メトレフランセ グラン オーバルL 1枚目

旭金属

5
シリコンスチーマー ボーテ福原 スタッシャー ハーフガロン(Lサイズ) クリア 1枚目

ボーテ福原

6
シリコンスチーマー デライトベース シリコンスチーマー キープクックM 3個セット 1枚目

デライトベース

7
シリコンスチーマー CBジャパン シリコンスチーマー ラウンド  1枚目

CBジャパン

8
シリコンスチーマー ワールド・クリエイト ViV シリコンスチーマー ココット パンプキン 1枚目

ワールド・クリエイト

9
シリコンスチーマー 内海 クックドームスチーマー 1枚目

内海

10
シリコンスチーマー 和平フレイズ らくCHIN!シリコーン シリコーンスチーマー 1枚目

和平フレイズ

11
シリコンスチーマー ルクエ ファミリースチームケース 1枚目

ルクエ

12
シリコンスチーマー よこやま 来栖けい シリコンスチーマー  1枚目

よこやま

13
シリコンスチーマー CBジャパン シリコンスチーマー 1枚目

CBジャパン

14
シリコンスチーマー NYプランニング IH対応シリコンスチーマー  1枚目

NYプランニング

商品名

スチームロースター ピエデラ

シリコーンスチーマーケース

ViV シリコンスチーマー デュエ

メトレフランセ グラン オーバルL

スタッシャー ハーフガロン(Lサイズ) クリア

シリコンスチーマー キープクックM 3個セット

シリコンスチーマー ラウンド

ViV シリコンスチーマー ココット パンプキン

クックドームスチーマー

らくCHIN!シリコーン シリコーンスチーマー

ファミリースチームケース

来栖けい シリコンスチーマー

シリコンスチーマー

IH対応シリコンスチーマー

特徴作ってそのまま食卓に!見た目も性能も満足度の高い商品期待の上をいく美味しさ!食材そのものの美味しさを引き出...安全に調理できる丈夫さが高評価。味も十分に合格点レベル高級感のある見た目で収納性も抜群。底が狭いのがネックコンパクトで調理した食材の保存も可能。しかし、匂い残り...丈夫で扱いやすい。ただ、魚のにおい残りが強くマイナス評価手入れのしやすさが抜群。柔らかく水分が多い食材の調理向き小さくて扱いやすいが、大量の調理には不向き美味しく調理はできる一方、後片付けに手間がかかるシンプルでしっかりとした構造だが、溝に入り込んだ汚れは...満遍なく熱は通るが、「簡単に」調理をしたい人には不向き高い柔軟性のシリコンは洗いやすいが、調理がしにくい素材鮭やシュウマイはふっくら仕上がる。ただ、調理がしにくい...たっぷり調理できるのはいいが、本体を支えきれない持ち手が難
最安値
2,980
送料要確認
詳細を見る
2,150
送料要確認
詳細を見る
2,020
送料別
詳細を見る
2,180
送料要確認
詳細を見る
2,420
送料要確認
詳細を見る
1,169
送料要確認
詳細を見る
1,980
送料要確認
詳細を見る
1,239
送料要確認
詳細を見る
438
送料無料
詳細を見る
580
送料要確認
詳細を見る
6,061
送料要確認
詳細を見る
1,987
送料要確認
詳細を見る
1,111
送料要確認
詳細を見る
1,796
送料要確認
詳細を見る
サイズ24×20×9.5cm23×11×6cm13.5×26×7.5cm27×18.5×13cm26×21×1.7cm5.5×19×12cm30×24×13cm幅15×厚さ0.3×高さ11cm直径18×高さ6cm20.6×13.2×7cm21×27.5×8cm15×25.3×9cm(本体高さ:約6cm)26×18×10cm径(外)24.5(内)21×幅25.5(ツマミ含む)×高10(蓋つき)×底厚0.45cm
フタの取り外し-不可能可能可能-可能可能可能可能可能不可能可能可能可能
特徴下ごしらえから調理後のお皿としても使える不明蒸気がまんべんなくまわるたたんで収納可ピンチロックシステムで密閉保存日の記録ができるダイヤル付きサイズが大きい蒸気がまんべんなくまわるたたんで収納可底が波型で余分な油が落ちるプラチナシリコン製不明余分な油をカットするウェーブ形状IH対応
付属品レシピブックなしスチームトレイ、ミニレシピブックなしなしなし蒸し皿スチームトレイ、ミニレシピブッククッキングレシピレシピレシピオリジナルレシピレシピレシピ
対応温度-30~220℃-30~230℃-30~270℃-20~220℃-18~250℃不明不明~230℃-30~270℃-40~260℃-40~220℃-30~260℃-20~220℃-40~230℃-30~230℃
カラー展開ベージュ、ブラウン、グリーンレッド、ピンク、グリーンパプリカレッド、キャロットオレンジ、レタスグリーン、ミルキーピンク、マロンブラウンレッド、ブラウン、ピンクアクア、クリアイエロー・オレンジ・ピンク 3色取り混ぜマゼンタピンク、バレンシアオレンジ、リーフグリーンハートレッド、ハートピンク、スターイエロー、パンプキンオレンジ、トマトレッド、パプリカグリーン-オレンジ、ライムグリーン、ローズピンクトマト、レッド、ライス、レタス-マゼンタピンク、バレンシアオレンジ、リーフグリーンブラウン、レッド
調理のしやすさ4.24.14.64.54.14.33.53.43.24.23.33.03.22.6
洗いやすさ4.53.63.24.03.53.14.43.53.83.04.03.13.43.5
美味しさ4.44.64.54.24.54.54.14.34.14.03.94.24.04.0
総合評価4.44.34.34.24.24.24.04.03.93.83.83.73.73.6
商品リンク

シリコンスチーマーの売れ筋ランキングもチェック!

なおご参考までに、シリコンスチーマーのAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングの売れ筋ランキングは、以下のリンクから確認してください。

まとめ

今回は、人気の14商品を徹底的に比較・検証しました。


手軽に調理できることで話題になり、現在ではたくさんのシリコンスチーマーが販売されています。これまでの電子レンジ調理器では、思ったような仕上がりにならなかった!という方もいるでしょう。ですが、この記事を参考に、自分に合ったシリコンスチーマーを探して見てくださいね。料理をするのがきっと楽しくなりますよ。


文:小岩京夏、写真:下家康弘、松田亘平

関連記事

人気の記事

人気のアイテムリスト

カテゴリから探す