• サーモスの弁当箱のおすすめ人気ランキング10選【ランチタイムにスープやゼリーを楽しもう!】のアイキャッチ画像1枚目
  • サーモスの弁当箱のおすすめ人気ランキング10選【ランチタイムにスープやゼリーを楽しもう!】のアイキャッチ画像2枚目
  • サーモスの弁当箱のおすすめ人気ランキング10選【ランチタイムにスープやゼリーを楽しもう!】のアイキャッチ画像3枚目
  • サーモスの弁当箱のおすすめ人気ランキング10選【ランチタイムにスープやゼリーを楽しもう!】のアイキャッチ画像4枚目
  • サーモスの弁当箱のおすすめ人気ランキング10選【ランチタイムにスープやゼリーを楽しもう!】のアイキャッチ画像5枚目

サーモスの弁当箱のおすすめ人気ランキング10選【ランチタイムにスープやゼリーを楽しもう!】

世界で初めて、真空断熱魔法瓶を製品化したサーモス。そんなサーモスの弁当箱は、保温や保冷などの機能性はもちろんのこと、様々な用途で使い分けられると老若男女問わず人気を集めています。でも、スープジャーやランチジャーをはじめ様々なタイプがあるため、一体どれを選べばいいのか迷ってしまうという方も多いのではないでしょうか。


そこで今回は、大人気のサーモスの弁当箱の選び方や、巷で人気の売れ筋商品をランキング形式で一挙10選ご紹介。おすすめが多数登場しますので、弁当箱を購入しようと思っている方、買い替えを検討されている方は必見ですよ!

  • 最終更新日:2018年12月01日
  • 235  views
目次

サーモスの弁当箱の特徴とは?

サーモスの弁当箱の特徴とは?

サーモスは、テルモス有限会社によって1904年にドイツで誕生した魔法瓶ブランドです。同社は、世界初の真空断熱魔法瓶を製品化した存在として知られ、100年以上経った現在でもサーモスブランドは魔法瓶のパイオニアとして魔法瓶業界を牽引し続けています。


そんな同社の真空断熱魔法瓶の技術が活かされているため、サーモスの弁当箱は、保温・保冷効果が高いのが魅力。温かいものは温かく、冷たいものは冷たいまま長時間保ってくれます。


長きに渡り魔法瓶と同様、人々に愛され続けているサーモスの弁当箱を使えば、ほかほかのスープも、ひんやりしたデザートだって、ランチタイムに楽しめますよ!

サーモスの弁当箱の選び方

それでは早速、サーモスの弁当箱を選ぶ上でチェックしておきたいポイントをご紹介していきたいと思います。

用途で選ぶ

サーモスの弁当箱には、大きく分けて「スープジャー(フードコンテナー)」「ランチジャー」「ランチボックス」の3種類があります。まずは、それぞれの特徴をチェックしてみましょう。

スープやサラダにピッタリ「スープジャー(フードコンテナー)」

スープやサラダにピッタリ「スープジャー(フードコンテナー)」

魔法瓶をそのまま太くしたような寸胴型で、口が広く取られた「スープジャー(フードコンテナー)」は、保温・保冷効果に優れており、汁気の多いスープなどを持ち運ぶのにぴったり


こちらは外蓋・内蓋・保温容器本体の3つのパーツの組み合わせでできており、外蓋には一体型のものと、2つに分かれる『オープンアシスト構造』の2種類があります。


液体物の温度が下がると、本体内側の圧力が下がりフタが開けづらくなるのですが、外蓋が2つに分かれる『オープンアシスト構造』のものなら、楽に開けられます。うまく開けられるかどうか不安という方は、このタイプのものを選ぶといいでしょう。


味噌汁・カレー・シチューなどはもちろん、ゼリー・プリンなどの冷たいデザートも詰めてランチにできますよ。容量は、350mlと500mlの2種類となっています。

温かいご飯を楽しむなら「ランチジャー」

温かいご飯を楽しむなら「ランチジャー」

温かいご飯を楽しみたいという方におすすめなのが、「ランチジャー」。このタイプの弁当箱には、保温容器におかず・ご飯・スープ類の容器をそれぞれセットできるものと、ご飯だけを保温できるタイプの、主に2種類があります。


前者の特徴は、ご飯とスープ類は保温、傷みやすいおかずは常温に保てるよう工夫されていること。外出先でもしっかりとした食事が楽しめると人気があります。


後者は、炊いたご飯のみを保温しながら持ち運べるのが特徴。おかず用の容器は付いていないので、別途用意する必要があります。なお、前者のように保温容器にセットすることはできませんが、おかず容器が付属しているものもありますよ。


このタイプには、持ち歩いている間に余熱でご飯が炊けるタイプのものも。炊飯器の代わりとして使えるので、気になる方はチェックしてみてくださいね。容量は、700ml以下・1100ml以下・2000ml以下の、大きく分けて3つとなります。

用途に合わせて使える「ランチボックス」

用途に合わせて使える「ランチボックス」

普段の通勤や通学にはもちろんのこと、運動会などのイベントなどでも使えるものを探しているなら、「ランチボックス」タイプがおすすめです。こちらはオーソドックスな形ながら、随所に工夫がみられるのが特徴です。


このタイプには、レンジで温める際にも便利な中子付きのものニオイ移りなどの心配がないステンレス製食べ終わった後にコンパクトに収納できるものなどがあります。ほんの一部を除いて保冷ケースやバッグがついているため、特に夏場は安心ですよ。


こちらは「スープジャー(フードコンテナー)」「ランチジャー」に比べて容量の幅が広く、800ml以下の少量サイズものから、1100ml以下・1800ml・2700ml・3920mlまでと、ラインナップが豊富なのも嬉しいところ。みんなでワイワイ囲んで食べる行楽弁当や、食べ盛りのお子さん用にもピッタリのサイズが見つかるでしょう。

容量は使う人に合わせて選ぼう

容量は使う人に合わせて選ぼう

サーモスでは、エネルギー消費量が高い学生や男性向けに、1800mlのランチボックスを販売しているのも特徴的。


一般的な目安として、幼稚園時から小学校低学年くらいまでは500ml程度、小学校高学年や女性は500ml~700ml程度、中学生以上の男性は900mlくらいのサイズが適当だと言われていますが、ハードな部活動や仕事をしている方であればエネルギー消費量が高いため、900mlではとても足りないでしょう。


比較的容量が多いお弁当箱を使っているのに全く足りない…という方は、こういった大容量タイプもおすすめです。


年齢や性別の他、体型でも適切なサイズは変わってきますから、弁当箱のサイズの確認も忘れずにしておきましょう。

お手入れのしやすさにもこだわりたい

お手入れのしやすさにもこだわりたい

弁当箱を選ぶ際には、お手入れのしやすさにもこだわりましょう。「スープジャー」に比べ、特に保温を優先するご飯やスープと、常温で持ち運びたいおかずの3つに分かれているものが多い「ランチジャー」や「ランチボックス」は、それだけパーツの数が多くなっています。


毎日のように使うものですから、洗うパーツが少なく、口が広めで洗いやすいものが当然おすすめ。また、食洗機対応のものもあるので、負担をできるだけ軽減するため、これらの点にも目を向けてみるといいでしょう。

バッグや箸はついている?付属品もチェック!

バッグや箸はついている?付属品もチェック!
弁当箱を選ぶ際には、持ち運び用のバッグやケース、箸やスプーンなどのカトラリー等の付属品のチェックも欠かせません。

サーモスの弁当箱タイプのうち、「スープジャー」と一部の「ランチボックス」には基本的にバッグがついていません。このタイプの弁当箱を選ぶ際には、別売りの付属品なども一緒に見ておくといいでしょう。


また、箸やスプーンなどのカトラリー付きがほとんど無いのも注意しておきたいところ。機能に惹かれて購入したはいいものの、いざ使おうと思ったらバッグや箸がない、なんてことがないように、しっかりと確認しておくとベストです。

サーモスの弁当箱の人気ランキング10選

ここからは、巷で人気のサーモスの弁当箱をランキング形式でご紹介していきたいと思います。商品を比較しながら、「これだ!」というお気に入りの弁当箱を見つけてみてくださいね。

10位

サーモスフレッシュランチボックス

DSD-1102W

1,355円 (税込)

タイプランチボックス保温/保冷(6時間)-
容量1100mlお手入れのしやすさ
付属品保冷ケース・箸・ベルト
9位

サーモス保温ごはんコンテナー

JBP-360

1,328円 (税込)

タイプランチジャー保温/保冷(6時間)54~57度以上/-
容量360mlお手入れのしやすさ
付属品ミニポケット付き専用ポーチ
8位

サーモスステンレスランチジャー

JBC-801

2,631円 (税込)

タイプランチジャー保温/保冷(6時間)61度以上/-
容量490mlお手入れのしやすさ
付属品専用ポーチ・箸・箸ケース
7位
タイプランチジャー(保温弁当箱)保温/保冷(6時間)54~57度/-
容量820mlお手入れのしやすさ
付属品専用ポーチ・箸・箸ケース
6位

サーモス真空断熱スープジャー

JBQ-401

2,473円 (税込)

タイプスープジャー保温/保冷(6時間)58度以上/11度以下
容量400mlお手入れのしやすさ
付属品-
5位

サーモス真空断熱スープジャー

JBU-300

1,941円 (税込)

タイプスープジャー保温/保冷(6時間)53度以上/12度以下
容量300mlお手入れのしやすさ
付属品-
4位

サーモスごはんが炊ける弁当箱

JBS-360

2,729円 (税込)

タイプランチジャー保温/保冷(6時間)54~57度以上/-
容量360mlお手入れのしやすさ
付属品専用ポーチ
3位

サーモスステンレスランチジャー

JBG-2000

3,180円 (税込)

タイプランチジャー保温/保冷(6時間)70度以上/-
容量1450mlお手入れのしやすさ
付属品ストラップ・箸・箸ケース
2位

サーモス真空断熱スープジャー

JBU-380

2,157円 (税込)

タイプスープジャー保温/保冷(6時間)56度以上/12度以下
容量380mlお手入れのしやすさ
付属品-
1位

サーモス真空断熱スープジャー

JBM-501

2,180円 (税込)

タイプスープジャー保温/保冷(6時間)61度以上/12度以下
容量500mlお手入れのしやすさ
付属品-

サーモスの人気弁当箱比較一覧表

商品画像商品名特徴価格タイプ保温/保冷(6時間)容量お手入れのしやすさ付属品商品リンク
1
真空断熱スープジャー

サーモス

真空断熱スープジャー

これだけあれば大満足!大容量スープジャー2,180円(税込)スープジャー61度以上/12度以下500ml-詳細を見る
2
真空断熱スープジャー

サーモス

真空断熱スープジャー

温かいスープにも、冷たいデザートにもピッタリ2,157円(税込)スープジャー56度以上/12度以下380ml-詳細を見る
3
ステンレスランチジャー

サーモス

ステンレスランチジャー

おかずやスープに加え、3.8杯分のご飯が入る3,180円(税込)ランチジャー70度以上/-1450mlストラップ・箸・箸ケース詳細を見る
4
ごはんが炊ける弁当箱

サーモス

ごはんが炊ける弁当箱

弁当箱なのに、ご飯が炊ける?!2,729円(税込)ランチジャー54~57度以上/-360ml専用ポーチ詳細を見る
5
真空断熱スープジャー

サーモス

真空断熱スープジャー

程よいボリュームのスープやデザート向けに1,941円(税込)スープジャー53度以上/12度以下300ml-詳細を見る
6
真空断熱スープジャー

サーモス

真空断熱スープジャー

オープンアシスト構造のフタで開けやすさアップ2,473円(税込)スープジャー58度以上/11度以下400ml-詳細を見る
7
保温弁当箱

サーモス

保温弁当箱

ご飯はホカホカ、おかずは常温で2,062円(税込)ランチジャー(保温弁当箱)54~57度/-820ml専用ポーチ・箸・箸ケース詳細を見る
8
ステンレスランチジャー

サーモス

ステンレスランチジャー

小学校や女性にピッタリのコンパクトサイズ2,631円(税込)ランチジャー61度以上/-490ml専用ポーチ・箸・箸ケース詳細を見る
9
保温ごはんコンテナー

サーモス

保温ごはんコンテナー

ご飯を保温しながら持ち運べる1,328円(税込)ランチジャー54~57度以上/-360mlミニポケット付き専用ポーチ詳細を見る
10
フレッシュランチボックス

サーモス

フレッシュランチボックス

ステンレス製で色移り・ニオイ移りがしにくい1,355円(税込)ランチボックス-1100ml保冷ケース・箸・ベルト詳細を見る

まとめ

真空断熱魔法瓶で有名なサーモスの弁当箱の選び方や、巷で人気の商品をご紹介してきましたが、いかがでしたか?ぜひ、お気に入りのサーモスの弁当箱を見つけて、毎日のお弁当タイムをより素敵なものにしてみてくださいね。

関連記事

人気の記事

人気のアイテムリスト

カテゴリから探す