1. TOP
  2. >
  3. ドリンク
  4. >
  5. お酒
  6. >
  7. 南アフリカワインのおすすめ人気ランキング10選【安いのに美味しい!】
  • 南アフリカワインのおすすめ人気ランキング10選【安いのに美味しい!】のアイキャッチ画像1枚目
  • 南アフリカワインのおすすめ人気ランキング10選【安いのに美味しい!】のアイキャッチ画像2枚目
  • 南アフリカワインのおすすめ人気ランキング10選【安いのに美味しい!】のアイキャッチ画像3枚目
  • 南アフリカワインのおすすめ人気ランキング10選【安いのに美味しい!】のアイキャッチ画像4枚目
  • 南アフリカワインのおすすめ人気ランキング10選【安いのに美味しい!】のアイキャッチ画像5枚目

南アフリカワインのおすすめ人気ランキング10選【安いのに美味しい!】

美味しくて安い!というワイン好きにとってたまらない魅力を備えた、南アフリカのワイン。白ワインも赤ワインも総じて酸味が豊かで、果実味もエレガントさも兼ね備えているのが特徴です。とはいえピノタージュやシュナン・ブランといった品種や産地もさまざまなので、それぞれどんな違いがあるのか、どんなワインが自分の口に合うのか、悩んでしまうのではないでしょうか。

そこで今回は、産地や品種による選び方をお伝えしてから、おすすめの南アフリカのワインをランキング形式でご紹介します。南アフリカのワインを飲んでみたい!と思っている方はぜひ参考にしてみてくださいね。
  • 最終更新日:2020年10月15日
  • 14,811  views
目次

南アフリカワインの選び方

それでは早速、南アフリカワインの選び方について見て行きましょう。主にワインが作られているのは南ケープ州ですが、さらに大きく5つの産地に分けられ、その中でも地区によって土壌や品種で味わいの異なる幅広いワインが生まれます。飲みたいワインを探す前に、それぞれの特徴をっかりチェックしておきましょう。

産地による特徴で選ぶ

まずは産地について見て行きましょう。今回は特に有名なワインを輩出している地区や、南アフリカらしいワインを産出する地区をピックアップしてご紹介していきます。

本場の赤ワインに近い味わい!ステレンボッシュ地区

本場の赤ワインに近い味わい!ステレンボッシュ地区
赤ワインが好きな方に試していただきたいのが、ステレンボッシュ地区のワイン。ステレンボッシュ地区は南アフリカの南端に位置し、雨が多く冬は涼しい南フランスに似た地中海性気候なのが特徴。南アフリカの中でも特にブドウ栽培に適した地形・天候・土壌を持っているとされています。

大学にワイン科があるなど地区をあげてワイン生産に積極的で、主に作られているのはカベルネ・ソーヴィニョンやメルローなど、ワインの本場フランス・ボルドーの赤ワインでよく使われる品種。ボルドーワインが好きな方、本場の赤ワインと飲み比べてみたいという方は、ステレンボッシュ地区のワインをチェックしてみてくださいね。

南アフリカらしさを感じられるパール地区

南アフリカらしさを感じられるパール地区
南アフリカらしいワインを飲みたい!という方には、パール地区のワインがおすすめ。ステレンボッシュ地区の北に隣接するパール地区は比較的暖かく、こちらもワイン作りに適した土地とされています。主に栽培されている品種はナッシュ・ブランやカベルネ・ソーヴィニョン、シラー、ピノタージュなど。南アフリカに特徴的なナッシュ・ブランやピノタージュが割合的に多く、赤ワインも白ワインも南アフリカらしさを味わえる地区と言えるでしょう。

ロバートソン地区なら、幅広いワインが飲み比べできる

ロバートソン地区なら、幅広いワインが飲み比べできる
ロバートソン地区は、ケープから約1時間ほどのところにある内陸の地区。雨がやや少なく夏は暑い気候が特徴で、シャルドネやソーヴィニョン・ブランで作られた白ワインが美味しいことで知られています。近年はカベルネ・ソーヴィニョンやシラー、ピノタージュで赤ワインも作られるようになり、白ワイン・赤ワインともに幅広い味わいが楽しめる地区になっていますよ。

さまざまな品種で違った味わいを楽しもう

次に、品種による味わいの違いについて見て行きましょう。一口に南アフリカのワインといっても、さまざまな品種のブドウから作られています。ここでは、南アフリカでも特に特徴のある品種についてご紹介します。

白ワイン好きなら甘酸っぱい香りのシュナン・ブランを

白ワイン好きなら甘酸っぱい香りのシュナン・ブランを
白ワイン用品種として、南アフリカでもっとも重要な地位を占めるのがシュナン・ブラン。このシュナン・ブランは、白ワインが好きな方や飲みやすいワインを探している方におすすめの品種です。バナナやパイナップルのような熟した果実味が特徴で、熟成することによりハチミツのような甘い香りが感じられるようになりますよ。

シュナン・ブランは、もともとフランスが原産とされる品種。南アフリカでは17世紀に最初に導入された品種の1つで、現在では世界中のシュナン・ブランの栽培地の3分の2がこの国にあるとされています。国全体の栽培面積としても、世界の栽培面積としても1位を誇る、間違いなく南アフリカを代表する品種と言えるでしょう。

南アフリカならではの味わいを求めるならピノタージュが◎

南アフリカならではの味わいを求めるならピノタージュが◎
南アフリカらしい品種を味わいたい!という方には、ピノタージュがおすすめです。ピノタージュは1925年、ピノノワールとサンソー(エミルタージュ)という品種を掛け合わせて作られた、南アフリカ出身の比較的新しい品種。産地によって味わいに差が出やすく、南アフリカ国内でもどっしりとした色の濃いものから淡いものまで幅広いワインが作られていますよ。

全体的な特徴としては、スモーキーさのある香りと、熟れた果実味が挙げられます。味わいはしっかりしていて、酸味も渋みもきちんと感じられる、安いのに本格的なワインです。

ケープブレンドなら複雑な味わいが楽しめる

ケープブレンドなら複雑な味わいが楽しめる
ケープブレンドとは、ピノタージュを30~70%使ったブレンドワインのこと。ピノタージュは南アフリカ独自の品種ですから、ケープブレンドも南アフリカ独自のブレンドということになります。南アフリカの赤ワインを飲んでみたい方は、まずケープブレンドから初めてみるのもいいかもしれませんね。

ピノタージュ以外の品種としてはカベルネ・ソーヴィニョンやメルローなどを使うことが多く、全体的にどっしりとした調和の取れた味わいに。同時に複雑さも感じられる、赤ワイン好きの方にはたまらないワインだと思います。

ヴィンテージもチェック!

ヴィンテージもチェック!
せっかく南アフリカのワインを買うなら、ヴィンテージにもこだわってみましょう。作られた年によって天候が異なり、出来上がるブドウの品質も変わるのは、どんな国のワインでも同様のこと。南アフリカのワインは、全体的にヴィンテージによって大きな品質の上下がなく安定した味わいを保っていますが、なかでも2009年と2015年は特に高い評価を得ています。南アフリカワインを選ぶ際は、ぜひこの年のものを選んでみてはいかがでしょうか?

受賞歴のある銘柄を選ぶのもおすすめ

受賞歴のある銘柄を選ぶのもおすすめ
ワイン選びに迷ったら、ワインコンクールでの受賞歴がある銘柄を選んでみるといいでしょう。南アフリカはニューワールド、すなわち比較的最近ワインが作られ始めた地域に属します。それでも初めて作られたのが17世紀ですから、ワインづくりにどれだけ歴史があるのかうかがえますね。

そんな「新しい」とされる南アフリカのワインですが、2000円台とお手頃な価格帯の商品でも国際的なワインコンクールで高い評価を得ているものが多く、コスパが高いと言われる一因でもあります。どのワインを選ぼうか悩んでいる方は、こうしたワインから選んでみるのもおすすめです。

南アフリカワインのおすすめ人気ランキング10選

人気の南アフリカワインをランキング形式でご紹介します。格安でデイリーワインにぴったりなものから、特別な日に飲みたい高コスパワインまで幅広くお伝えしていきますので、きっとお気に入りの1本が見つかるはずですよ。

なお、ランキングはAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングなど各ECサイトの売れ筋ランキング(2020年9月18日時点)をもとにして順位付けしています。

10位
地区西ケープ
品種シラーズ100%
ヴィンテージ-
受賞歴サクラ・アワード2018金賞受賞(VT2017)/ カタビヌム・ワールド・ワイン&スピリッツ・コンペティション 2016銀賞受賞(VT2015)
9位
地区西ケープ
品種シラーズ100%
ヴィンテージ-
受賞歴-
8位
地区パール地区
品種シュナンブラン100%
ヴィンテージ2019
受賞歴サクラアワード2016シルバー受賞/2015 ゴールド受賞
7位
地区ケープ・サウス・コースト エルギン地区
品種シャルドネ100%
ヴィンテージ2016
受賞歴デキャンタ・ワールド・ワイン・アワード 南アフリカシャルドネ1位
6位
地区パール地区
品種シャルドネ100%
ヴィンテージ-
受賞歴-
5位
地区西ケープ州
品種カベルネ・ソーヴィニヨン100%
ヴィンテージ-
受賞歴-
4位

ライクスピノタージュ・プライヴェート・セラー

5,192円 (税込)

地区西ケープ州タルバッハ
品種ピノタージュ100%
ヴィンテージ2013
受賞歴-
3位
地区西ケープ州
品種ピノタージュ
ヴィンテージ2010
受賞歴-
2位
地区ステレンボッシュ
品種カベルネ・ソーヴィニヨン85% /プティ・ヴェルド8% /プティットシラー4% /マルベック2% /カベルネ・フラン1%
ヴィンテージ2017
受賞歴南ア産No.1カベルネ2010/モスト・サクセスフル・プロデューサートロフィ受賞
1位
地区西ケープ州
品種シュナン・ブラン100%
ヴィンテージ-
受賞歴カタビヌム・ワールド・ワイン・&スピリッツ・コンペティション 2016 銀賞

人気南アフリカワイン比較一覧表

商品画像
1
南アフリカワイン ブティノ シュナン ブラン ケープ ハイツ 1枚目

ブティノ

2
南アフリカワイン スターク・コンデ・ワインズ カベルネ・ソーヴィニヨン 1枚目

スターク・コンデ・ワインズ

3
南アフリカワイン KWV ゴールデンカーン ピノタージュ 1枚目

KWV

4
南アフリカワイン ライクス ピノタージュ・プライヴェート・セラー 1枚目

ライクス

5
南アフリカワイン ディステル リベルタス カベルネ・ソーヴィニヨン 1枚目

ディステル

6
南アフリカワイン KWV ゴールデンカーン シャルドネ 1枚目

KWV

7
南アフリカワイン ポールクルーバー シャルドネ 1枚目

ポールクルーバー

8
南アフリカワイン ブラハム シュナンブラン アンウッド 1枚目

ブラハム

9
南アフリカワイン KWV クラシック シラーズ 1枚目

KWV

10
南アフリカワイン ブティノ ケープ ハイツ シラーズ 1枚目

ブティノ

商品名

シュナン ブラン ケープ ハイツ

カベルネ・ソーヴィニヨン

ゴールデンカーン ピノタージュ

ピノタージュ・プライヴェート・セラー

リベルタス カベルネ・ソーヴィニヨン

ゴールデンカーン シャルドネ

シャルドネ

シュナンブラン アンウッド

クラシック シラーズ

ケープ ハイツ シラーズ

特徴フレッシュな柑橘系果実の香りと豊かな味わいの白こだわりの手作業のブドウ造りが、クラシックな味わいを醸し出すピノタージュ100%!特別な日のディナーにはコレ樽熟成2年!ふくよかな香りの中にストレートな果実味が印象的クセを抑えたバランスのよい赤で初心者にもおすすめ価格・品質、どちらをとっても普段使いしやすい白ワイン4種のシャルドネで複雑な魅力を表現したエレガンスな1本スッキリした口当たりで料理にも合わせやすい!スパイシーな余韻が楽しめる個性派の赤果実味があふれ出す味わい豊かな赤ワイン
最安値
819
送料別
詳細を見る
2,321
送料要確認
詳細を見る
968
送料要確認
詳細を見る
5,192
送料要確認
詳細を見る
806
送料別
詳細を見る
968
送料要確認
詳細を見る
2,552
送料要確認
詳細を見る
1,375
送料要確認
詳細を見る
1,017
送料別
詳細を見る
777
送料別
詳細を見る
地区西ケープ州ステレンボッシュ西ケープ州西ケープ州タルバッハ西ケープ州パール地区ケープ・サウス・コースト エルギン地区パール地区西ケープ西ケープ
品種シュナン・ブラン100%カベルネ・ソーヴィニヨン85% /プティ・ヴェルド8% /プティットシラー4% /マルベック2% /カベルネ・フラン1%ピノタージュピノタージュ100%カベルネ・ソーヴィニヨン100%シャルドネ100%シャルドネ100%シュナンブラン100%シラーズ100%シラーズ100%
ヴィンテージ-201720102013--20162019--
受賞歴カタビヌム・ワールド・ワイン・&スピリッツ・コンペティション 2016 銀賞南ア産No.1カベルネ2010/モスト・サクセスフル・プロデューサートロフィ受賞----デキャンタ・ワールド・ワイン・アワード 南アフリカシャルドネ1位サクラアワード2016シルバー受賞/2015 ゴールド受賞-サクラ・アワード2018金賞受賞(VT2017)/ カタビヌム・ワールド・ワイン&スピリッツ・コンペティション 2016銀賞受賞(VT2015)
商品リンク

南アフリカワインは人にも自然にも優しい?!

南アフリカワインは人にも自然にも優しい?!
南アフリカのワインが、人にも自然にも優しく作られていることをご存じですか?南アフリカは、産地全体で環境保護や労働環境に関する取り組みを行う、世界的にも他に例のない国なんです。

22,000種もの植物が生息する、いわば植物の楽園である南アフリカ。実はワイン生産地のおよそ9割が、世界自然遺産にも登録されている植物保護地域内にあります。植物を守るために世界一厳しいと言われる農薬や殺虫剤、酸化防止剤の環境基準が定められており、ワインの生産には細心の注意を払う必要があるんですね。この環境基準を満たしているワインには「INTEGRITY&SUSTAINABILITY」のシールが付けられているので、購入の際はぜひチェックしてみてください。

また南アフリカではフェアトレードのワインも多く作られており、その規模は今や世界一。ワイン生産に関わる労働者の環境が保証された、人にも優しいワインでもあります。環境保護や労働環境の改善に気を遣うワイン愛飲者にとっても、南アフリカワインは魅力的だと言えるでしょう。

世界のワインを飲み比べてみよう

下記のリンクで解説しているのは、ドイツワインとアメリカワイン。国によってワインの特徴や味わいが違うので、ぜひ飲み比べてみてはいかがでしょうか?それぞれのおすすめ商品もご紹介しているので、ぜひチェックしてみてくださいね!

まとめ

おすすめの南アフリカワインをランキング形式でご紹介してきましたが、いかがでしょうか。安さと美味しさを兼ね備えた、コストパフォーマンスの高さが魅力的な南アフリカのワイン。特徴的な品種などもあり、飲み比べても楽しいですよね。ワイン好きの方はぜひ今回の記事を参考にして、お気に入りの南アフリカワインを見つけてくださいね。

当サイトでは、JANコードをもとに、各ECサイトが提供しているAPIを使用して、各商品の価格の表示やリンクの生成を行っております。

そのため、掲載価格に変動がある場合や、JANコードの登録ミスなど情報が誤っている場合がありますので、最新価格や商品の詳細等については各販売店やメーカーに確認するようにお願いいたします。

関連記事

人気の記事

人気のアイテムリスト

カテゴリから探す