• 山形ワインのおすすめ人気ランキング10選【朝日町ワイン・天童ワイン・高畠ワイナリーの逸品も!】のアイキャッチ画像1枚目
  • 山形ワインのおすすめ人気ランキング10選【朝日町ワイン・天童ワイン・高畠ワイナリーの逸品も!】のアイキャッチ画像2枚目
  • 山形ワインのおすすめ人気ランキング10選【朝日町ワイン・天童ワイン・高畠ワイナリーの逸品も!】のアイキャッチ画像3枚目
  • 山形ワインのおすすめ人気ランキング10選【朝日町ワイン・天童ワイン・高畠ワイナリーの逸品も!】のアイキャッチ画像4枚目
  • 山形ワインのおすすめ人気ランキング10選【朝日町ワイン・天童ワイン・高畠ワイナリーの逸品も!】のアイキャッチ画像5枚目

山形ワインのおすすめ人気ランキング10選【朝日町ワイン・天童ワイン・高畠ワイナリーの逸品も!】

山形県は知る人ぞ知るワイン王国。県内には14のワイナリーがあり、地元で栽培したブドウを使用したワインや、地元名産のさくらんぼ・ラフランス・山ブドウを使ったワインなどが造られています。しかし、朝日町ワイン・高畠ワイナリー・蔵王スターワインなど、地域ごとに有名なブランドワインがあり、本格的な熟成ワインから甘口ワインまで様々なため、どれを選べば良いか迷ってしまいますよね。

そこで今回は、お好みに合わせた山形ワインの選び方と有名ワイナリーの紹介、さらに、通販で購入できるおすすめの商品をランキング形式でご紹介します。ナイアガラ・嘉シャルドネなど人気のワインも幅広くピックアップ!ぜひ好みにあう1本を見つけて、山形ならではのフルーティーな味わいを堪能してみましょう!
  • 最終更新日:2018年05月17日
  • 5,757  views
目次

山形ワインの選び方

まずは、山形のワインを選ぶ時のポイントをご紹介します。

山形産の原料にこだわろう

山形のワインは、地元でとれる様々な原材料から造られているワインが多いことが特徴。ブドウの他にも、さくらんぼ・ラフランス・山ブドウなどを素材に用いたフルーツワインは、お土産としても人気です。

地産のブドウ品種から造られたものがおすすめ

地産のブドウ品種から造られたものがおすすめ

出典:amazon.co.jp

せっかく山形産のワインを選ぶなら、やはり地産のブドウを使い、地元のワイナリーで造られたワインを選びましょう。山形でワイン作りに使用されているブドウは「デラウェア」「ナイヤガラ」「ヤマソービニヨン」「セイベル」などが代表的です。

ブドウを原料としたワインは、それぞれのブドウの品種の違いにより、個性を大切にしたフレッシュなタイプと、樽で熟成を重ねたしっかりとしたボディーのリッチなタイプに分けられます。なかには、コンクールなどでの受賞歴があるワインをもあるため、ワイン好きの方なら、何らかの賞を受賞したワインを選んでみてもいいでしょう。

その他、原産地が山形ではなくても、ワインに適した品種である「シャルドネ」「カベルネ・ソーヴィニョン」「ピノノワール」「メルロ」などが使われているものもあります。

フルーツワインは原料100%のものが◎

フルーツワインは原料100%のものが◎

出典:amazon.co.jp

山形県産の果物を原料としたフルーツワインを選ぶなら、それぞれのフルーツを100%使用して造られたものがおすすめです。山形県は、さくらんぼをはじめ、リンゴ・モモ・スイカ・メロン・ラフランスなどの様々な果物の生産量が多い県としても有名で、これらを原料としたワインが多く出回っています。

しかし、気を付けなければならないのが、果物の割合。ブドウのワインをベースにして、そのほかの果物のエキスを混ぜたものもフルーツワインとして販売されている場合があります。このようなワインは、本当の意味でのフル―ツワインではなく、サングリアのようなワイン。できるだけ山形県産のフルーツだけで造られているものを選びましょう。

ワイン初心者は飲みやすいものからチョイス

山形ワインは、ワインコンクールで金賞を受賞するような本格的なワインがある一方で、初心者にも飲みやすいワインが多いのも特徴です。ワイン初心者の方は、次の2つのタイプのワインから選んでみると良いでしょう。

おすすめは7~9度くらいの低アルコールタイプ

おすすめは7~9度くらいの低アルコールタイプ
ワインは一般的にアルコール度が7~14度と幅が広く、山形ワインも同様に、さまざまなアルコール度数のワインがあります。ただし、強いお酒が苦手な方なら、7度~9度くらいの低アルコールタイプのワインから選んでみるのがおすすめです。

月山ワインの「山ぶどう酒」やタケダワイナリーの「サン・スフルシードル」、天童ワインの「ナイヤガラ」「ナイヤガラにごり」などは低アルコールワインの代表格。アルコール度が低めでも香りのよい山形ワインは、非常に飲みやすく、女性や若い方に人気です。

甘味の強いフルーツワインもGOOD

甘味の強いフルーツワインもGOOD
アルコール度数が10~13%と高めのものでも、甘味の強いフルーツワインなら非常に飲みやすく、ワイン初心者にもおすすめです。口当たりがよく、食欲をそそるので、食前酒にもよく合います。

また、炭酸で割る「スプリッツァー」や、ビールで割る「ビアスプリッツァー」、コーラ好きさんにおすすめの「カリモーチョ」、かんきつ類やスパイスを加えた「ホットワイン」など、カクテルのベースとしても楽しめますよ。

有名ワイナリーもチェック!

山形のワインを選ぶなら、山形県内にある有名ワイナリーもチェックしておきましょう。各ワイナリーこだわりの逸品から選んでみるのもおすすめですよ。

受賞歴多数!県内外からの評価が高い「朝日町ワイン」

受賞歴多数!県内外からの評価が高い「朝日町ワイン」

出典:amazon.co.jp

県内外からの評価が高いワインを多数生産しているのが、朝日町ワイン。G7伊勢志摩サミットでは、2013年マイスターセレクションバレルセレクションルージュという銘柄がランチに採用されています。赤ワインはフランス産の樽を使用して造られた、深みのある本格派。白ワインは低温発酵によりフルーティーな香りを重視したワインに仕上がっています。

おすすめは、マイスターセレクションシリーズや「柏原ヴィンヤード遅摘み」。フルーツワインなら、フジやシナノスイートを使用したシードルや、ラフランスのワインが人気です。

大規模な超人気ワイナリー!「高畠ワイナリー」

大規模な超人気ワイナリー!「高畠ワイナリー」

出典:amazon.co.jp

山形県のワイナリーの中でも規模が大きい、高畠ワイナリー。工場見学や試飲も無料ででき、観光客が多く訪れるワイナリーの一つです。契約農家と協力して高品質のブドウ作りに力を入れ、ブドウの特徴を生かしたワインを造り続けています。

一番のおすすめは、上品な甘さが人気の「まほろばの貴婦人(赤・白)」。辛口スパークリングの「嘉yoshi スパークリングシャルドネ」もスッキリとした味わいです。各種コンクールでも数多くの受賞歴を誇る人気ワイナリーです。

山ブンドをワインに!「月山ワイン」

山ブンドをワインに!「月山ワイン」

出典:amazon.co.jp

昭和40年代後半、北海道で山ブドウからワインを作ったと聞いた山形県の(旧)朝日村の村民が「山ブンド(山ブドウを表す方言)ならなんぼでもある。おらの村でもやってみんべ」と、一致団結、試行錯誤で作り始めたという歴史を持つワイナリー「月山ワイン山ぶどう研究所」。

おすすめは、山ぶどうを使った「山ぶどう酒」や、山ぶどうとカベルネ・ソーヴィニョンの交配品種ヤマ・ソービニヨンを使った「豊穣神話ヤマソービニヨン」。飲みやすい白ワイン、セイベル9110を使った「豊穣神話セイベル」も爽やかな甘口で人気があります。

15ヘクタールの自家農園!「タケダワイナリー」

15ヘクタールの自家農園!「タケダワイナリー」

出典:amazon.co.jp

蔵王連峰の麓、かみのやま温泉郷にほど近い南向きの高台にブドウ畑を持ち、土壌改良を20年近く行い、高級ワイン専用品種であるカベルネ・ソービニョン・メルロ・シャルドネを栽培することに成功した、タケダワイナリー。

おすすめは、ハイクオリティーを追求した「ドメイヌ・タケダ」シリーズや、デイリーユースにお手頃なテーブルワイン「蔵王スターワイン」シリーズ。辛口シードル「サン・スフルシードル」も人気です。

フルーツ100%へのこだわり!「東根フルーツワイン」

「山形のフルーツの可能性を広げたい」と、飲んで良し、健康にも良しの、お酒造りをモットーに、山形県産100%の果物を使用したフルーツワインにこだわりを持つワイナリーです。2016年に設立された比較的新しいワイナリーですが、現在は8種類のフルーツワインを製造・販売しています。

おすすめは、さくらんぼだけでも3種類あるフルーツワイン、「RUBY -佐藤錦-」「CARNELIAN -ナポレオン-」「GARNET -紅さやか-」。それぞれ、さくらんぼ100%という贅沢なワインです。あまり甘くない方がいいという方はマスカットべーリーAというブドウを使用した「AMETHYST」「RHODNITE」がおすすめです。

甘口ワインならここ!「天童ワイン」

山形ワインの中でも、特に甘口~やや甘口のワインに定評があるのが天童ワイナリー。山形のワイン文化の向上に貢献するべく、ミニ講座付きのワイナリー見学ツアーを企画するなど、県内外からワインの知識を高めたい人が見学に来るワイナリーです。

ワイン製造の工程から、約5種類の試飲、利き酒の仕方まで教えてくれ、45分間のツアーに参加者は大満足!おすすめは、山形県産のナイヤガラを低温発酵させて造られた「ナイヤガラ」や微発泡の甘口ワイン「ナイヤガラ濁りワイン」が一押しです。

山形ワインのおすすめ人気ランキング10選

それでは、おすすめの山形ワインをランキング形式でご紹介します!

10位:天童ワイン NIAGARA

天童ワイン NIAGARA
出典:amazon.co.jp
天童ワイン NIAGARA

2,100円 (税込)

詳細情報
・主原料:ナイヤガラ
・アルコール度:8%
・タイプ:白・甘口・ライトボディ

女性に人気!冷やしてどうぞ

上品な甘口ワインです。食後のゆったりとした時間に飲むのがおすすめですが、意外と懐石料理など、和食にも合わせやすいワインとの評価もあります。山形県産のナイヤガラを使用し、フルーティーで爽やかな甘さが後を引く味わいです。

9位:東根フルーツワイン 選べる2本セット

東根フルーツワイン 選べる2本セット

2,520円

詳細情報
・主原料:さくらんぼ・ラフランス・ふじりんご・マスカットべリーA
・アルコール度:8~13%
・タイプ:フルーツワイン・甘口~辛口

山形県産フルーツ100%へのこだわり

「山形のお土産に」「甘くて飲みやすいフルーツワインがいい」という方におすすめなのがこちらの、東根フルーツワインの各種ワインです。さくらんぼ3種(佐藤錦・ナポレオン・紅さやか)と、ラフランスやふじリンゴは、爽やかな甘さ。その中でもナポレオンは加工に最適の品種で、甘さと酸味のバランスよいとされています。しっかり冷やして、ロックでいただくのもおすすめです。

8位:タケダワイナリー ドメイヌ・タケダ ベリーA古木

タケダワイナリー ドメイヌ・タケダ ベリーA古木
出典:amazon.co.jp
タケダワイナリー ドメイヌ・タケダ ベリーA古木

3,780円 (税込)

詳細情報
・主原料:マスカットベリーA
・アルコール度:10.9%
・タイプ: 赤・辛口

樹齢70年の古木が醸し出す重厚感が魅力!

樹齢70年のマスカットベリーAの古木からとれるブドウを100%使用して作られたワインです。マスカットベリーAの華やかな香りに加え、古木ならではの深い味わいが楽しめる1本。どっしりとした赤ワインがお好きな方におすすめです。お値段以上の満足感がありますよ。

7位:月山ワイン 山ぶどう酒

月山ワイン 山ぶどう酒
出典:amazon.co.jp
月山ワイン 山ぶどう酒

2,715円 (税込)

詳細情報
・主原料:山ぶどう
・アルコール度:7%
・タイプ:赤・甘口

昔懐かしい「山葡萄酒」は山ブドウ100%の甘口酒

月山ワイン山ぶどう研究所の代名詞ともいえる1本です。地元のおじいちゃん、おばあちゃんの中には、「葡萄酒はこれでねぇと」と、長年のファンが多くいます。

山ぶどうは糖度もバラバラ、一粒に種が4つもあるブドウの実は、原料のうち果汁は55%ほどしか取れないといいます。元々は自生していた山ブドウを計画的に栽培し、飲みごたえのある濃厚な甘口ワインに仕上げました。お酒の苦手な方にも安心して飲んでいただけるフルーツワインです。

6位:朝日町ワイン マイスターセレクション・キュヴェ カベルネソーヴィニヨン

朝日町ワイン マイスターセレクション・キュヴェ カベルネソーヴィニヨン
出典:amazon.co.jp
朝日町ワイン マイスターセレクション・キュヴェ カベルネソーヴィニヨン

2,993円 (税込)

詳細情報
・主原料:カベルネソーヴィニヨン
・アルコール度:13%
・タイプ:赤・辛口・ミディアムボディ

本格派の山形ワイン!甘くないワインが好きな方へ

朝日町ワインの自信作の一つマイスターセレクションの中の1本です。果実の旨みを最大限に活かすようにコールドマセレーション(発酵前に低温で醸すこと)を用いて作られています。ミディアムボディではありますが、柔らかいタンニンも感じられ、食事を引き立てるワイン。特別なディナーのお供に、贈り物におすすめの1本です。

5位:丸俊 ワイナリー巡りレギュラーワイン赤 飲み比べセット

丸俊 ワイナリー巡りレギュラーワイン赤 飲み比べセット
出典:amazon.co.jp
丸俊 ワイナリー巡りレギュラーワイン赤 飲み比べセット

7,575円 (税込)

詳細情報
・主原料:ナイアガラ(高畠ルージュ)・ リースリング・セーベル種 デラウエア種(朝日町ワイン)デラウエア種・ベリーA種(
蔵王スター)・セーベル・デラウェア(月山山麓)・デラウェアー(大浦葡萄酒)・デラウエアー種(天童ワイン)
・アルコール度:-
・タイプ:赤

迷ったら奥の手!自宅でワイナリー巡り

どうしても、どうしても迷ってしまったら、山形の有名ワイナリーの人気商品を集めたセット商品はいかがでしょう。赤ワインのセットになっているので、スパークリングワインや白ワイン、甘口ワインがお好みの方にはおすすめできませんが、選び方でご紹介した山形県のワイナリーの定番赤ワインが揃っています。赤ワインが好きで飲み比べたいという方は、ぜひお試しを!

4位:高畠ワイナリー 高畠ルオール

高畠ワイナリー 高畠ルオール 2本セット
出典:amazon.co.jp
高畠ワイナリー 高畠ルオール 2本セット

3,500円 (税込)

詳細情報
・主原料:カベルネソーヴィニヨン&メルロ/シャルドネ
・アルコール度:13%/12%
・タイプ:赤・甘口・ミディアムボディ/白・辛口

贈答品にもおすすめの赤白セット!

赤のカベルネソーヴィニヨン&メルロは、甘口で飲みやすいにもかかわらず、深い熟成感があり、花の香りやブラックペッパーなどのスパイス、スモークなど、奥深い複雑な香りが男女問わず人気です。白のシャルドネはスッキリとした辛口。レモンイエローの輝きが美しく、高級感があります。食事に合わせていただくワインとして重宝しますよ。

3位:タケダワイナリー サン・スフルシードル

タケダワイナリー サン・スフルシードル
出典:amazon.co.jp
タケダワイナリー サン・スフルシードル

2,160円 (税込)

詳細情報
・主原料:リンゴ4種
・アルコール度:7%
・タイプ:フルーツワイン(シードル)・辛口

リンゴ本来の香りをギュッと閉じ込めた辛口シードル

まるでリンゴそのものを飲んでいるようなかぐわしい香りで、スッキリとした辛口の本格派シードル。山形県産のリンゴを100%使用しました。品種によって味の大きく異なるリンゴは「ふじ・王林・ジョナゴールド・紅玉」を絶妙なバランスで使用しています。

サン・スフル(仏語で亜硫酸なしの意味)製法で、ろ過もせず、加熱もしないという作り方で仕上げているため、リンゴの芳醇な香りと味が楽しめますよ。暑い季節にキリっと冷やしていただきたい1本です!

2位:高畠ワイン 嘉シャルドネ

高畠ワイン 嘉シャルドネ
出典:amazon.co.jp
高畠ワイン 嘉シャルドネ

1,845円 (税込)

詳細情報
・主原料:シャルドネ
・アルコール度:13%
・タイプ:白・辛口・スパークリング

華やぐスパークリングはお祝いにもおすすめ!

気泡が細かく爽やかな飲み口のスパークリングです。筆書きのラベルもおしゃれで、シャルドネのみずみずしく華やか香りはお祝いの席にピッタリです。味の特徴としては、旨味のある酸が印象的。シーフードやクリーム系のお料理はもちろん、てんぷらやお刺身、お寿司などの和食にも合わせやすい1本です。

クセも少なく飲みやすいと好評で、程よい泡感も人気の秘密。価格もお手頃なので、普段のお食事と一緒に飲むのもおすすめ。国産のスパークリングワインをお求めの方に一押しです。

1位:朝日町ワイン 柏原ヴィンヤード遅摘み

朝日町ワイン 柏原ヴィンヤード遅摘み
出典:amazon.co.jp
朝日町ワイン 柏原ヴィンヤード遅摘み

1,620円 (税込)

詳細情報
・主原料:スカットベリーA
・アルコール度:13%
・タイプ:赤・辛口・ライトボディ

木で完熟させた”遅摘み”のブドウは香り高く濃厚!

「濃~い!」そんな感想を持たれる方が多いという朝日町ワイン「柏原ヴィンヤード遅摘み」。”遅摘み”というのは、原料のブドウを糖度と果実味が十分に熟す11月上旬まで待ち、収穫することです。完熟のブドウを使用してワインを仕込むことで、濃厚で香り高く、ふくよかな味わいに仕上がります。

ベリー香~ブラックチェリー、プラム~甘くスパイシーな香りと、赤ワインの楽しみでもある「時間と共に変わっていくアロマ」を堪能できる1本。どっしりとした赤ワインがお好みの方におすすめです。

山形以外のワインも味わってみよう!

今回ご紹介した山形のほかにも、日本では美味しいワインがたくさん!ワインの産地として有名な山梨や北海道のワインも味わってみたいなら、ぜひ以下の記事もチェックしてみてくださいね。山形のワインと味の違いを楽しんでみるのもおすすめですよ。

まとめ

赤ワイン・白ワイン・スパークリングにフルーツワインと、選ぶ楽しみが多い山形ワイン。味の好みも人それぞれです。自分の好みだけでなく、一緒に飲む人やシチュエーションに合わせてどんなワインが合うか考えてみるのもいいですね。ワイン選びの参考にしていただけると嬉しいです。

関連記事

人気の記事

人気のアイテムリスト

人気のクリエイター

関連キーワード

カテゴリから探す