1. TOP
  2. >
  3. スポーツ
  4. >
  5. フィットネス・ダイエット
  6. >
  7. バランスディスクのおすすめ人気ランキング10選【筋トレ・ダイエットにも!】
  • バランスディスクのおすすめ人気ランキング10選【筋トレ・ダイエットにも!】のアイキャッチ画像1枚目
  • バランスディスクのおすすめ人気ランキング10選【筋トレ・ダイエットにも!】のアイキャッチ画像2枚目
  • バランスディスクのおすすめ人気ランキング10選【筋トレ・ダイエットにも!】のアイキャッチ画像3枚目
  • バランスディスクのおすすめ人気ランキング10選【筋トレ・ダイエットにも!】のアイキャッチ画像4枚目
  • バランスディスクのおすすめ人気ランキング10選【筋トレ・ダイエットにも!】のアイキャッチ画像5枚目

バランスディスクのおすすめ人気ランキング10選【筋トレ・ダイエットにも!】

ちょっとのスペースでトレーニングやリハビリに使えることから、注目を集めている「バランスディスク」。でも、バランスディスクといっても、柔軟性のあるクッションタイプや硬さのあるボードタイプなどがあり、一体どれを選んだらいいのか悩んでしまいませんか?

そこで今回は、レベルに合わせたバランスディスクの選び方とあわせて、人気のおすすめ商品をランキング形式でご紹介します。高齢者の方でも使いやすいものや、本格トレーニングに最適なものなども登場!また、記事の後半では椅子を使った初心者向けの使い方も解説します。ぜひ自分に合ったバランスディスクを手に入れて、気軽にトレーニングしてみましょう!
  • 最終更新日:2020年06月25日
  • 143,984  views
目次

バランスディスクの効果とは?

バランスディスクの効果とは?

自宅で手軽にトレーニングができると人気のバランスディスクですが、どのような効果があるのか良く分からないという方も多いのではないでしょうか?バランスディスクはその名の通り、あえて不安定な状態で身体を支えることにより、バランス機能や体幹を鍛えられるアイテムです。


体幹とはヒトの体の中心部分のこと。体幹を強化すれば、姿勢を支える「脊柱起立筋」や「腹直筋」に働き、姿勢の歪み改善や、ケガの予防にも効果が期待できるといわれています。身体の深部の筋肉を鍛えることでバランス能力を高めることもできますよ。


また、バランスディスクの上でスクワットや腹筋を行えば、負荷をかけたトレーニングも可能。ゴルフや野球などのパフォーマンスの向上にも役立ちます。少しのスペースがあれば手軽にトレーニングができるので、運動不足気味の方や体力を高めたい方は、ぜひ挑戦してみませんか?

バランスディスクの選び方

リハビリ目的の方からスポーツのパフォーマンスを上げたいという方まで、幅広いトレーニングに適したバランスディスク。その効果を得るためには、自分に適したものを正しく選ぶことが大切です。そこでまずはバランスディスクの選び方をご紹介していきます。

自分のレベルに適したタイプを選ぼう

バランスディスクには、主に2つのタイプがあります。それぞれで適したトレーニング方法やレベルが異なるので、自分にぴったりなタイプから選んでいきましょう。

初心者や体力に自信がない方は「クッションタイプ」がおすすめ

初心者や体力に自信がない方は「クッションタイプ」がおすすめ

初めてバランスディスクに挑戦するという方は、クッションタイプを選びましょう。床との接地面積が広いため安定感があり、初心者や体力に自信がない方でもトライしやすいですよ。床に置いてその上に座るだけでもトレーニング効果が得られますから、運動が得意でない方や高齢者の方にもぴったりです。


クッションタイプはほとんどが柔軟性のあるPVC素材でできており、空気圧を変えて難易度を調節することもできます。はじめのうちは空気量少なめから挑戦すると良いでしょう。

日頃から鍛えている方や、運動が得意な方は「ボードタイプ」を

日頃から鍛えている方や、運動が得意な方は「ボードタイプ」を

日頃から運動をしている方や体力に自信がある方には、ボードタイプがおすすめです。床との接地面積が少ないため、よりバランス感覚が必要。難易度も高く、トレーニング効果重視の方に最適です。


プラスチック製や木製など硬い素材でできているのでクッション性はないですが、その分負荷をかけやすくなっています。スポーツが趣味という方はもちろん、サーフィンやスキーなど、バランス感覚が重要なスポーツをしている方にもぴったりです。

本格トレーニングには負荷がかけやすいものがおすすめ

本格トレーニングには負荷がかけやすいものがおすすめ

バランスボードでできるトレーニングにはさまざまなものがあります。基礎的なことだけでなく本格的なトレーニングでより効果を高めたい方は、負荷がかかりやすいものを選びましょう。


たとえばクッションタイプは、厚みが均一なものほどバランスを取るのが難しくなるのが特徴。より負荷をかけたい場合は、平らな形状のものが最適です。空気の入れ具合で負荷を調節できるものもいいですね。2個セットなら、両手を乗せて肘立て・両足を乗せてスクワットなどで負荷をかけられます。


また、ボードタイプでは、高さのあるものがより高負荷に。6~10cmくらいのものが一般的なので、より高さのあるものを選ぶと良いでしょう。左右に取っ手が付いたボードタイプは、バランスを取りながらの腕立ても!本格的なトレーニングを目指す方はチェックしてみるとよいでしょう。

サイズは用途や身体に合うものをチョイス

サイズは用途や身体に合うものをチョイス

自分の体格やトレーニング内容に合う大きさを選ぶことも大切です。バランスボードの上に座って行うトレーニングが中心なら、直径30cmくらいのものがおすすめ。このくらいあれば十分座ることができ、部位別のトレーニングにも使いやすいですよ。


また、バランスボードの上に立って使う方や男性の方は、直径40cmくらいがベター。体格の良い方でも安定して体を預けられます。


ただし、ジムなどに持ち運んで使う場合、直径40cmだと持ち運びに不便ですので、持ち運び用には直径30cm程度のサイズを別に用意するのも1つの方法です。また重たすぎると移動に不便ですから、重量は1kg前後を目安にすると良いですね。

安全性も重視して。滑り止めの有無と耐荷重をチェック

安全性も重視して。滑り止めの有無と耐荷重をチェック

不安定な状況を作ってトレーニングするアイテムですから、安全に使えるものを選びましょう。とくにトレーニング中は汗をかきやすいですから、手や足が滑ってしまうことも。


滑って転倒するリスクを減らすためにも、突起や凸凹などの滑り止めが付いた商品を選ぶのがおすすめです。足を乗せる部分だけノンスリップ素材が使われたタイプもよいですね。


また、耐荷重の確認も必須です。概ねどの商品も100kg以上のものが多いですが、筋量の多い方や体格のよい男性はオーバーすることもあります。耐荷重は自分の体重よりも余裕を持ったものを目安に選びましょう。

バランスディスクのおすすめ人気ランキング10選

人気のバランスディスクをランキング形式でご紹介します。


なおランキングは、Amazon・楽天・Yahoo!ショッピングなど各ECサイトの売れ筋ランキング(2020年4月17日時点)をもとにして順位付けしています。

10位
タイプクッションタイプ
負荷のかけやすさ
サイズ33×33×6cm
重さ約1kg
滑り止め
耐荷重300kg
9位
タイプクッションタイプ
負荷のかけやすさ-
サイズ約33cm
重さ1kg
滑り止め
耐荷重250kg
8位
タイプボードタイプ
負荷のかけやすさ
サイズ40×10cm
重さ1.15kg
滑り止め
耐荷重200kg
7位
タイプクッションタイプ
負荷のかけやすさ×
サイズ34×5cm
重さ約1.27kg
滑り止め
耐荷重250kg
6位
タイプクッションタイプ
負荷のかけやすさ
サイズ33cm
重さ920g
滑り止め
耐荷重200kg
5位
タイプボードタイプ
負荷のかけやすさ
サイズ40×10cm
重さ-
滑り止め
耐荷重100kg
4位
タイプクッションタイプ
負荷のかけやすさ
サイズ34cm
重さ-
滑り止め
耐荷重200kg
3位
タイプクッションタイプ
負荷のかけやすさ
サイズ34×34×7.5cm
重さ約1kg
滑り止め
耐荷重100kg
2位
タイプボードタイプ
負荷のかけやすさ
サイズ39×8cm
重さ約1.38kg
滑り止め
耐荷重100kg
1位

e SPORTS(イースポーツ)バランスディスク

2,270円 (税込)

タイプクッションタイプ
負荷のかけやすさ
サイズ約33×9cm
重さ約1kg
滑り止め
耐荷重100kg

人気バランスディスクの比較一覧表

商品画像
1
バランスディスク e SPORTS(イースポーツ) バランスディスク 1枚目

e SPORTS(イースポーツ)

2
バランスディスク DABADA バランスボード 1枚目

DABADA

3
バランスディスク アルインコ エクササイズクッション 1枚目

アルインコ

4
バランスディスク ブリッジトレード バランスディスク 1枚目

ブリッジトレード

5
バランスディスク EVERYMILE(エブリーマイル) バランスボード 1枚目

EVERYMILE(エブリーマイル)

6
バランスディスク YUUWA(ユウワ) バランスディスク 1枚目

YUUWA(ユウワ)

7
バランスディスク ショーアッププロモーション バランスクッション 1枚目

ショーアッププロモーション

8
バランスディスク KINGBOS(キングボス) バランスボード 1枚目

KINGBOS(キングボス)

9
バランスディスク RIORES(リオレス) バランスディスク 1枚目

RIORES(リオレス)

10
バランスディスク RGGD&RGGL バランスディスク 1枚目

RGGD&RGGL

商品名

バランスディスク

バランスボード

エクササイズクッション

バランスディスク

バランスボード

バランスディスク

バランスクッション

バランスボード

バランスディスク

バランスディスク

特徴2個使いで本格トレーニングも!本気で鍛えるのに最適割れにくくて高耐久!長く使うのに最適好みに合わせてリバーシブルで使えるエクササイズクッション空気量を調節して自分に合ったエクササイズ取っ手を活用して幅広いエクササイズに使用できる足やお尻を刺激しながらエクササイズ!カラフル・コンパクトで、使わないときでも置き場所に困らない30度まで傾けることが可能!より負荷をかけたい方に初心者におすすめ!初めの一歩にぴったりな商品耐荷重300kg!男性でも余裕で使えるタフなモデル
最安値
2,270
送料無料
詳細を見る
1,990
送料要確認
詳細を見る
2,090
送料要確認
詳細を見る
1,780
送料要確認
詳細を見る
2,480
送料無料
詳細を見る
2,880
送料要確認
詳細を見る
1,680
送料要確認
詳細を見る
2,600
送料要確認
詳細を見る
1,780
送料要確認
詳細を見る
2,098
送料要確認
詳細を見る
タイプクッションタイプボードタイプクッションタイプクッションタイプボードタイプクッションタイプクッションタイプボードタイプクッションタイプクッションタイプ
負荷のかけやすさ×-
サイズ約33×9cm39×8cm34×34×7.5cm34cm40×10cm33cm34×5cm40×10cm約33cm33×33×6cm
重さ約1kg約1.38kg約1kg--920g約1.27kg1.15kg1kg約1kg
滑り止め
耐荷重100kg100kg100kg200kg100kg200kg250kg200kg250kg300kg
商品リンク

椅子や手すりを使えば、初心者やシニア世代の方も簡単!

椅子や手すりを使えば、初心者やシニア世代の方も簡単!

体力に自信がなくて、バランスディスクを使いこなせるか心配な方もいるのではないでしょうか。とくにシニア世代の方や筋力が少ない方は、不安になってしまいますよね。でも、椅子を使えば初めてでも簡単にトレーニングができますよ。


まずは、椅子の座面にバランスクッションを置いて、その上に座ることから始めてみましょう。身体の中心でバランスを取りつつ、足でしっかり支えておけるので転倒のリスクも減らせます。バランスディスクの上に立つときは、手すりで身体を支えながら行うのもおすすめです。


バランスディスクは、その上に座っているだけでも効果大。体力アップやリハビリはもちろん、初心者の方にも有効です。この方法を参考にぜひバランスディスクに挑戦してみてくださいね。

全身のトレーニングにはバランスボールもおすすめ

もっと広範囲を鍛えたい方は、バランスボールも検討してみていかがでしょう?椅子代わりに座っているだけでも効果的ですし、こちらも体感を鍛えるためにフィットネス教室などでも用いられています。以下の記事で詳しく紹介しているので、気になった方はぜひご検討ください。

バランスディスクの売れ筋ランキングもチェック!

バランスディスクのAmazon・Yahoo!ショッピングの売れ筋ランキングは以下のリンクからご確認ください。

まとめ

今回はおすすめのバランスディスクをご紹介しましたが、気になる商品は見つかりましたか?


不安定だからこそ効果的なトレーニングが行えるバランスディスクは、それゆえバランスを崩し転倒しやすいという欠点もあります。使用する際には必ず周りに物がない場所で行い、ケガをしないようにしましょう。日々の生活にバランスディスクをうまく取り入れ、体力・筋力アップにつなげてみてくださいね。

当サイトでは、JANコードをもとに、各ECサイトが提供しているAPIを使用して、各商品の価格の表示やリンクの生成を行っております。

そのため、掲載価格に変動がある場合や、JANコードの登録ミスなど情報が誤っている場合がありますので、最新価格や商品の詳細等については各販売店やメーカーに確認するようにお願いいたします。

関連記事

人気の記事

人気のアイテムリスト

カテゴリから探す