• バランスボールのおすすめ人気ランキング10選【座るだけで簡単エクササイズ!】のアイキャッチ画像1枚目
  • バランスボールのおすすめ人気ランキング10選【座るだけで簡単エクササイズ!】のアイキャッチ画像2枚目
  • バランスボールのおすすめ人気ランキング10選【座るだけで簡単エクササイズ!】のアイキャッチ画像3枚目
  • バランスボールのおすすめ人気ランキング10選【座るだけで簡単エクササイズ!】のアイキャッチ画像4枚目
  • バランスボールのおすすめ人気ランキング10選【座るだけで簡単エクササイズ!】のアイキャッチ画像5枚目

バランスボールのおすすめ人気ランキング10選【座るだけで簡単エクササイズ!】

自宅でのストレッチや筋トレに最適な、バランスボール。正しく使えば、座るだけで体幹や腹筋を鍛えることできるため、椅子として日常に取り入れる方も増えています。腰痛改善やダイエットにも効果が期待できると評判ですが、いざ選ぶとなればサイズやタイプもまちまち。どう選べばよいのか迷ってしまいますよね。

そこで今回は、バランスボールの選び方と、通販で購入できるおすすめ商品をランキング形式でご紹介します。穴が開いても破裂しないノンバーストタイプや、空気入れがついたものもランクイン!自分の身長や体格にあったバランスボールを手に入れて、気軽にエクササイズしてみませんか?



この記事に登場する専門家

ami
  • 最終更新日:2019年11月11日
  • 96,582  views
目次

ながら運動に最適!バランスボールの効果とは?

ながら運動に最適!バランスボールの効果とは?

ハードなトレーニングはもちろんのこと、家庭用のエクササイズ器具としても人気が高いバランスボール。ゆらゆらと揺れるボールの上に座っているだけで運動効果が得られるとあって、テレビを見たり読書しながらの「ながらエクササイズ」をしたい女性を中心に人気を集めています。


気になるのはその効果ですが、インナーマッスルや体幹が鍛えられることで腰痛防止にも効果があるとも言われています。


さらに、不規則な揺れが普段使わない細かな筋肉パーツにもアプローチ。全身の筋肉を鍛えたり基礎代謝をあげる効果にも期待大!ダイエットにもおすすめなんですよ!


近頃は、椅子としてオフィスで使用する方や、子どものバランス感覚を養うために使用するケースも増えています。長期的な健康維持のために、ぜひ生活の中に取り入れてみませんか?

バランスボールの選び方

まずは、バランスボールの選び方をご紹介します。ポイントを掴んで、自分にぴったりのものを見つけてください。

身長を目安にサイズを選ぶ

身長を目安にサイズを選ぶ
バランスボールの直径サイズは、使う人の身長に合わせて選びましょう。身長165cm以下なら55cm・165~185cmなら65cm・185cm以上なら75cmを目安に選ぶのが基本。

自分の体に合わないサイズを選ぶとトレーニング効果も半減してしまうので、まずは自分に合うサイズを知るのが大切。そのうえで、好みのカラーや欲しい機能がついたボールを選ぶと良いでしょう。

トレーニング内容に合った耐荷重を選ぶ

バランスボールの耐荷重は商品によってさまざま。安全にトレーニングするために、トレーニング内容にふさわしい耐荷重のものを選びましょう。

ハードにエクササイズするなら、耐荷重200〜300kgのものを

ハードにエクササイズするなら、耐荷重200〜300kgのものを
自身の全体重をかけてハードにエクササイズをするなら、耐荷重200〜300kgのものがあれば安心。体重100Kg以内の方であれば、耐荷重200Kgのものを選べば、負荷をかけたり反動をつけるエクササイズでも安心。気兼ねなくハードなトレーニングに使えるでしょう。

中には耐荷重の表記がない商品も販売されていますが、本格的なエクササイズをしたい方は、安全性に不安が残るので避けた方が無難。また、素材に耐久性があるものや厚みがあるものなら、さらに安心して使えるので、併せてチェックしてみてください。

座るだけや軽いストレッチなら、耐荷重100Kg以内でOK

座るだけや軽いストレッチなら、耐荷重100Kg以内でOK

主に椅子のように座るだけの方や、軽いストレッチを行う目的で使うなら、耐荷重100kg以内のものでもOK。強い負荷をかけたり弾ませながら全体重をかけるといった使い方でなければ、80Kg程度のものでも問題はないでしょう。


ただ、軽いトレーニングであっても、自分の体重をしっかりと支えられる耐荷重かどうかの確認は必要です。体重と耐荷重が見合っていないものは、潰れたり割れる恐れもあるので注意してくださいね。

二重構造で割れにくい「ノンバーストタイプ」がおすすめ

二重構造で割れにくい「ノンバーストタイプ」がおすすめ

より安全性の高いバランスボールを選びたいなら、「ノンバーストタイプ」を選びましょう。二層構造になっているノンバーストタイプは、もし穴が開いてしまってもゆっくり空気が抜けるため、万一の時も安心。急に床に落ちるような危険はありません。


どんなバランスボールもそう簡単に割れてしまうわけではありませんが、使っている途中に空気が抜ければ怪我をする可能性も否めません。特にハードにトレーニングする方は、ノンバーストタイプを選ぶと良いでしょう。

あると嬉しい付属品にも注目

バランスボールは単品だけでなく、DVDやロープなどの付属品がついたものも。代表的な付属品をご紹介しますので、参考にしてくださいね!

エクササイズ初心者は、DVDやトレーニングチューブつきがおすすめ

エクササイズ初心者は、DVDやトレーニングチューブつきがおすすめ
バランスボールのエクササイズ初心者なら、DVDやトレーニングチューブがついたものがおすすめ。バランスボールは使い方の自由度が高いからこそ、初心者にとってどう使うかが難しいことも。慣れるまでDVDを活用することで、スムーズにトレーニングできるというメリットがありますよ。

また、細かい動きをマネしながらトレーニングすることで、初心者でも効率的にエクササイズできるのもポイントです。レベルを少しずつ上げていけるタイプなら、モチベーションのアップにも繋がりますよ。引っ張ることで背筋などを鍛えるチューブがついていれば、トレーニング方法に迷う事もなく、運動の幅も広がりますね。

空気入れがあれば、すぐにトレーニングができて便利

空気入れがあれば、すぐにトレーニングができて便利

出典:amazon.co.jp

空気入れがついたものなら、届いてすぐにトレーニングできて便利に使えます。浮き輪のように口で空気を入れることのできないバランスボールには、空気を入れるポンプは必需品。別に購入すると費用もかかるので、事前に空気入れが付属しているかをチェックしておきましょう。

また、別途空気入れを購入したり手持ちのものを使う場合は、念のため双方のサイズが合うかをチェックしておくと安心です。

子供用には持ち手つきやボールホルダーつきがベター

子供用には持ち手つきやボールホルダーつきがベター
小さいお子さんが使うバランスボールを選ぶなら、持ち手やボールホルダーがついたタイプが安心。持ち手を掴むことでバランスがとりやすいですし、また、固定リングがあれば転がらないので安心です。

また、大人であっても体幹が弱い方や初心者の方は、持ち手やボールホルダーがついていた方がベター。椅子代わりに使う人にもおすすめです。ボールが固定されていたら効果がないと思われるかもしれませんが、固定した状態であっても足を浮かせて制止するのは初心者にとっては難しいもの!十分トレーニングに役立ちますよ。

プロの愛用するおすすめのバランスボール

まずはランキングの前に、プロの愛用するおすすめのバランスボールをご紹介します。プロのおすすめポイントも参考に、毎日のトレーニングにぴったりの使いやすいものを見つけてくださいね。
専門家の
マイベスト

バランスボールのおすすめ人気ランキング10選

ここからは、バランスボールのおすすめ商品をランキング形式でご紹介します。選び方のポイントを参考に、自分にぴったりのバランスボールを見つけてくださいね。

10位

Patechバランスボール 75cm 固定リング付き

619125679703

2,509円 (税込)

サイズ種類75cm
耐荷重150kg
ノンバースト
付属品フットポンプ・トレーニングチューブ・ボールホルダー
9位

ACTIVE WINNERバランスボール 65cm ポンプ付き

4589552810313

3,800円 (税込)

サイズ種類55・65cm
耐荷重100Kg
ノンバースト
付属品空気入れ
8位
バランスボール 東急スポーツオアシス バランスボール
出典:amazon.jp

東急スポーツオアシスバランスボール

FB-600

3,657円 (税込)

サイズ種類55cm
耐荷重300Kg
ノンバースト
付属品ボール固定用リング、ハンドポンプ、エクササイズDVD
7位

Gruper滑り止め&マッサージ突起点付きバランスボール

1,859円 (税込)

サイズ種類45・55・65・75cm
耐荷重500Kg
ノンバースト
付属品空気入れ
6位

RIORES バランスボール 65cm フットポンプ付

4582468620250

1,480円 (税込)

サイズ種類65cm
耐荷重280kg
ノンバースト
付属品フットポンプ
5位
バランスボール こだわり一番館 バランスボール 75cm   1枚目
出典:amazon.co.jp

こだわり一番館バランスボール 75cm

4573294031501

3,099円 (税込)

サイズ種類45・55・65・75cm
耐荷重250Kg
ノンバースト
付属品空気入れ・エクササイズ説明書
4位
バランスボール プリマソーレ 【Amazon限定】空気入れ付き バランスボール  1枚目
出典:amazon.co.jp

プリマソーレ【Amazon限定】空気入れ付き バランスボール

PSS91NH013

1,480円 (税込)

サイズ種類55・65cm
耐荷重300Kg
ノンバースト
付属品空気入れ
3位
バランスボール LICLI  バランスボール 65cm 空気入れ ポンプ付き    1枚目
出典:amazon.co.jp

LICLI バランスボール 65cm 空気入れ ポンプ付き

3,330円 (税込)

サイズ種類65cm
耐荷重300kg
ノンバースト
付属品空気入れ
2位
バランスボール PURE RISE バランスボール フットポンプ付き 1枚目
出典:amazon.co.jp

PURE RISEバランスボール フットポンプ付き

1,470円 (税込)

サイズ種類55・65・75cm
耐荷重250Kg
ノンバースト
付属品空気入れ
1位
サイズ種類45・55・65・75cm
耐荷重500Kg(白・深緑・黒・ミットブルーは300㎏)
ノンバースト
付属品空気入れ

人気バランスボールの比較一覧表

商品画像
1
バランスボール Trideer Trideer バランスボール 55cm  1枚目

Trideer

2
バランスボール PURE RISE バランスボール フットポンプ付き 1枚目

PURE RISE

3
バランスボール LICLI  バランスボール 65cm 空気入れ ポンプ付き    1枚目

LICLI

4
バランスボール プリマソーレ 【Amazon限定】空気入れ付き バランスボール  1枚目

プリマソーレ

5
バランスボール こだわり一番館 バランスボール 75cm   1枚目

こだわり一番館

6
バランスボール RIORES  バランスボール 65cm フットポンプ付  1枚目

RIORES

7
バランスボール Gruper 滑り止め&マッサージ突起点付きバランスボール 1枚目

Gruper

8
バランスボール 東急スポーツオアシス バランスボール

東急スポーツオアシス

9
バランスボール ACTIVE WINNER バランスボール 65cm ポンプ付き 1枚目

ACTIVE WINNER

10
バランスボール Patech バランスボール 75cm 固定リング付き  1枚目

Patech

商品名

Trideer バランスボール 55cm

バランスボール フットポンプ付き

バランスボール 65cm 空気入れ ポンプ付き

【Amazon限定】空気入れ付き バランスボール

バランスボール 75cm

バランスボール 65cm フットポンプ付

滑り止め&マッサージ突起点付きバランスボール

バランスボール

バランスボール 65cm ポンプ付き

バランスボール 75cm 固定リング付き

特徴耐荷重500Kg!ハードなトレーニングにぴったり自分に合うものが選べる、豊富なサイズとカラーが魅力フットポンプとピン抜きつきで、準備も片付けも手早くできる欧州玩具安全企画試験済みで、安心して使える!初心者にもおすすめの、ロングヒットバランスボール6色から選べる柔らかなカラーが好評1年間の保証付き、素材にもこだわった高品質なバランスボール初心者にもおすすめ!フィットネスクラブが作ったバランスボール安全第一に作られた、信頼のアンチバースト仕様筋トレにも使えるトレーニングチューブ付き
最安値
1,880
送料無料
詳細を見る
1,470
送料要確認
詳細を見る
1,273
送料無料
詳細を見る
1,480
送料要確認
詳細を見る
2,254
送料無料
詳細を見る
1,480
送料別
詳細を見る
1,859
送料要確認
詳細を見る
3,657
送料無料
詳細を見る
3,406
送料要確認
詳細を見る
2,380
送料無料
詳細を見る
サイズ種類45・55・65・75cm55・65・75cm65cm55・65cm45・55・65・75cm65cm45・55・65・75cm55cm55・65cm75cm
耐荷重500Kg(白・深緑・黒・ミットブルーは300㎏)250Kg300kg 300Kg250Kg280kg500Kg300Kg100Kg150kg
ノンバースト
付属品空気入れ空気入れ空気入れ空気入れ空気入れ・エクササイズ説明書フットポンプ空気入れボール固定用リング、ハンドポンプ、エクササイズDVD空気入れフットポンプ・トレーニングチューブ・ボールホルダー
商品リンク

バランスボールを椅子として使う時のポイント

バランスボールを椅子として使う時のポイント

バランスボールを椅子として使ってみたいけど、使いこなせるか心配…という方も多いはず。でも、ちょっとしたコツを知っておくと、気軽に日常に取り入れやすくなりますよ。


バランスボールを椅子代わりにして座るときは、ボールの真上に座ったうえで膝を90度に曲げて、背筋をしっかり延ばすのがポイントです。ただし、長時間正しい姿勢をキープして座るのは難しいので、正しい姿勢を意識するのは1時間のうち数分間だけでもOK。無理なくできる範囲で時間を決めて、慣れてきたら少しずつ時間を延ばしましょう。


1日に数分づつでも正しい姿勢がとれていれば、インナーマッスルや体幹が自然と鍛えられます。これなら、普段の生活に取り入れるのも簡単。長く続けることで高い効果が期待できるので、無理なく続けて下さいね。

体幹トレーニングには、バランスディスクもおすすめ!

バランスボールをご紹介しましたが、さらに体幹を強化したいなら、バランスディスクもおすすめ。サイズが小さく省スペースなので、バランスボールと併用しても邪魔になりませんよ。気になる方は、以下の記事をチェックしてみてくださいね。

バランスボールの売れ筋ランキングもチェック!

なおご参考までに、バランスボールのAmazon・楽天・Yahoo!の売れ筋ランキングは以下のリンクからご確認ください。

まとめ

バランスボールをご紹介しましたが、お気に入りのアイテムは見つかりましたか?どれも同じように見えるバランスボールですが、大きさや耐久性などは商品によってさまざま。自分の身長やトレーニング方法に合うバランスボールを見つけて、効果的なエクササイズに役立ててくださいね。

関連記事

人気の記事

人気のアイテムリスト

カテゴリから探す