• 【エクササイズや椅子代わりに!】バランスボールのおすすめ人気ランキング10選のアイキャッチ画像1枚目
  • 【エクササイズや椅子代わりに!】バランスボールのおすすめ人気ランキング10選のアイキャッチ画像2枚目
  • 【エクササイズや椅子代わりに!】バランスボールのおすすめ人気ランキング10選のアイキャッチ画像3枚目
  • 【エクササイズや椅子代わりに!】バランスボールのおすすめ人気ランキング10選のアイキャッチ画像4枚目
  • 【エクササイズや椅子代わりに!】バランスボールのおすすめ人気ランキング10選のアイキャッチ画像5枚目

【エクササイズや椅子代わりに!】バランスボールのおすすめ人気ランキング10選

家でのエクササイズやトレーニングに最適なバランスボール。最近では椅子として利用する方もいらっしゃいます。体幹や腹筋を鍛えるとこで、腰痛改善や気になる下腹などに効果が期待できると評判。最近ではすぐに使えるように空気入れがついているものや、穴が開いても破裂しないノンバースト(アンチバースト)タイプなどが人気です。

今回は、そんなバランスボールの選び方と、Amazonなどの通販で購入できるおすすめ商品をランキング形式でご紹介します。自分の身長や体格にあったバランスボールを手に入れて、日常生活にエクササイズやトレーニングを取り入れて健康な生活を目指しましょう。

この記事に登場する専門家

山﨑 美由紀
ami
  • 最終更新日:2019年04月16日
  • 81,722  views
目次

バランスボールの選び方のポイント

バランスボールを購入しようと思った時、意外に種類が多く驚かれた方もいらっしゃるのではないのでしょうか。ここでは、バランスボールの選び方のポイントをご紹介しますので、迷ったときの参考にしてください。

身長に合わせてサイズを選ぶ

身長に合わせてサイズを選ぶ

出典:amazon.co.jp

バランスボールのサイズは身長に合わせて選びます。この段階で自分の体に合わないサイズを選ぶと、トレーニングの効果も半減してしまいますので、まず最初にサイズを確認してからその他の機能を選びましょう。以下に身長に合わせたバランスボールのサイズの目安を記載していますので、参考にしてください。

  身長       サイズ
150cm以下      45cm
150cm~165cm   55cm
165cm~185cm   65cm
185cm以上      75cm

トレーニング内容に合わせて耐荷重を選ぶ

トレーニング内容に合わせて耐荷重を選ぶ

出典:amazon.co.jp

バランスボールは体全体を乗せて使うアイテムです。そのため耐荷重のチェックも重要なポイント。耐荷重が200Kg~300kgある商品ならどんな運動に用いても安心して使えますが、80kgや90kgのバランスボールは全体重をかけて行うストレッチには向きません。

安全に利用するためにも、耐荷重はトレーニング内容に合わせて選んでください。中には耐荷重の表記がない商品も販売されていますが、いくらリーズナブルな商品でも安全性に不安が残りますので避けた方が無難です。

耐久性は重量を目安に、素材なども含めて総合的に判断する

耐久性は重量を目安に、素材なども含めて総合的に判断する

出典:amazon.co.jp

少しハードなトレーニングをする方は、耐荷重と合わせて素材の耐久性もチェックしておきたいポイント。基本はメーカーのホームページや口コミをチェックするのがおすすめですが、厚みのあるバランスボールが欲しい方は重量を確認するのもひとつの手です。

同じサイズのバランスボールなら、重いものの方が厚みのある素材を使っている可能性が高いので1つの目安になりますよ。もちろん軽くて耐久性の高い素材もありますので、重量を目安に総合的に判断しましょう。

割れにくい「ノンバーストタイプ」がおすすめ

割れにくい「ノンバーストタイプ」がおすすめ

出典:amazon.co.jp

空気を入れて利用するバランスボールは、キズや穴が開くことで風船のように割れてしまう可能性があります。めったにあることではありませんが、安全に利用するためには注意しておきたいポイントです。

そんな破裂の心配を軽減するためにも「ノンバーストタイプ」のバランスボールを選びましょう。ノンバーストタイプのバランスボールは二層構造になっているので、もし穴が開いてしまっても破裂せずにゆっくりと空気が抜けるようになっています。価格面ではバーストタイプのバランスボールの方が安価ですが、安全面を考えればノンバーストタイプがおすすめです。

初めてバランスボールを購入する場合は「空気入れ」付きを選ぶ

初めてバランスボールを購入する場合は「空気入れ」付きを選ぶ

出典:amazon.co.jp

2つ目、3つ目のバランスボールの購入なら別ですが、はじめて購入する方は空気を入れるためのポンプが付属しているかを確認してから購入してください。全てのバランスボールに空気入れがついていると勘違いされている方もいらっしゃいますが、空気入れの有無は商品によって異なります。

空気入れがなければ購入してもすぐに使えませんし、別に購入すると費用もかかりますので事前に空気入れが付属しているかをチェックしておきましょう。バランスボール用の空気入れを持っている方は、付属の有無はあまり気にしなくても大丈夫ですが、新しく購入するバランスボールとの互換性があるかを忘れず確認してくださいね。

エクササイズ初心者にはDVD付きも

エクササイズ初心者にはDVD付きも

出典:amazon.co.jp

エクササイズ目的で初めてバランスボールを購入する方は、DVD付きのものもおすすめです。DVDでレッスンを確認しながらエクササイズできれば、自分で調べるより手間もかからず効率的にトレーニングできますし、レベルを少しずつ上げていけるタイプのものならモチベーションのアップにも繋がります。

バランスボールはさまざまな使い方のできるアイテムですが、自由度が高いからこそ初心者には使い方が難しい面もありますので、慣れるまではお手本通りにエクササイズするのもおすすめですよ。

プロの愛用するおすすめのバランスボール

まずはランキングの前に、プロの愛用するおすすめのバランスボールをご紹介します。プロのおすすめポイントも参考に、毎日のトレーニングにぴったりの使いやすいものを見つけてくださいね。
専門家の
マイベスト

ダンノバランスボール ソフトギムニク イエロー 直径26cm

D-5416

954円 (税込)

専門家の
マイベスト

ビボラシーティングボール ルーノ

10,800円 (税込)

バランスボールのおすすめ人気ランキング10選

ここからは、バランスボールのおすすめ人気商品をランキング形式でご紹介します。選び方のポイントを参考に、自分にぴったりのバランスボールを見つけてくださいね。
10位
バランスボール カワセ 鉄人倶楽部 ヨガボール
出典:amazon.co.jp
耐荷重80kg
重量750g
タイプ-
付属品ハンドポンプ
9位
耐荷重150kg
重量-
タイプノンバースト
付属品フットポンプ・トレーニングチューブ・ボールホルダー
8位
耐荷重80kg
重量750g
タイプバーストタイプ
付属品フットポンプ
7位
耐荷重300kg
重量-
タイプ-
付属品フットポンプ・固定リング
6位
バランスボール CROTHO バランスボール&なわとび Set
出典:amazon.co.jp

CROTHOバランスボール&なわとび Set

1,480円 (税込)

耐荷重250kg
重量-
タイプノンバーストタイプ
付属品フットポンプ・縄跳び
5位
耐荷重400kg
重量-
タイプノンバーストタイプ
付属品ハンドポンプ
4位
バランスボール 東急スポーツオアシス バランスボール
出典:amazon.jp

東急スポーツオアシスバランスボール

FB-600

3,490円 (税込)

耐荷重300kg
重量950g(ボール)・700g(リング)
タイプノンバーストタイプ
付属品ボール固定用リング、ハンドポンプ、エクササイズDVD
3位
バランスボール イージーエス バランスボール
出典:amazon.jp
耐荷重200kg
重量1.38kg
タイプノンバーストタイプ
付属品フットポンプ
2位
耐荷重300kg
重量約1.25kg
タイプノンバーストタイプ
付属品ハンドポンプ
1位
バランスボール アルインコ エクササイズボール
出典:amazon.jp

アルインコエクササイズボール

EXG025

1,990円 (税込)

耐荷重300kg
重量1.1kg
タイプノンバーストタイプ
付属品ハンドポンプ

おすすめ人気バランスボールの比較一覧表

商品画像
1
バランスボール アルインコ エクササイズボール

アルインコ

2
バランスボール シールズ ジムボール

シールズ

3
バランスボール イージーエス バランスボール

イージーエス

4
バランスボール 東急スポーツオアシス バランスボール

東急スポーツオアシス

5
バランスボール POVUMGA バランスボール

POVUMGA

6
バランスボール CROTHO バランスボール&なわとび Set

CROTHO

7
バランスボール Trideer バランスボールセット

Trideer

8
バランスボール ダバダ バランスボール

ダバダ

9
バランスボール ElleSye バランスボール

ElleSye

10
バランスボール カワセ 鉄人倶楽部 ヨガボール

カワセ

商品名

エクササイズボール

ジムボール

バランスボール

バランスボール

バランスボール

バランスボール&なわとび Set

バランスボールセット

バランスボール

バランスボール

鉄人倶楽部 ヨガボール

特徴耐久性が高く長く使えるコスパの高いバランスボール本格派におすすめ!トレーニング用品の会社が開発したバラ...1000円以下で購入できるノンバーストタイプ初心者にもおすすめ!フィットネスクラブが作ったバランスボール女性の手でも8分で準備が完了iPhoneを思わせる独自のカラーリングが魅力椅子としての利用や収納時に便利な固定リング付き軽いエクササイズに最適筋トレにも使えるトレーニングチューブ付き空気の入れやすいダブルアクションポンプが付属
価格1,990円(税込)1,390円(税込)999円(税込)3,490円(税込)2,199円(税込)1,480円(税込)2,680円(税込)1,280円(税込)2,380円(税込)982円(税込)
耐荷重300kg300kg200kg300kg400kg250kg300kg80kg150kg80kg
重量1.1kg約1.25kg1.38kg950g(ボール)・700g(リング)---750g-750g
タイプノンバーストタイプノンバーストタイプノンバーストタイプノンバーストタイプノンバーストタイプノンバーストタイプ-バーストタイプノンバースト-
付属品ハンドポンプハンドポンプフットポンプボール固定用リング、ハンドポンプ、エクササイズDVDハンドポンプフットポンプ・縄跳びフットポンプ・固定リングフットポンプフットポンプ・トレーニングチューブ・ボールホルダーハンドポンプ
商品リンク

バランスボールを椅子として使う時のポイント

最近ではバランスボールを椅子として使って、普段の生活にトレーニングを取り入れている方もいらっしゃいます。ここではそんな方のために、バランスボールを椅子として使うときのポイントをご紹介します。

膝は90度、背筋を伸ばして真上に座る

膝は90度、背筋を伸ばして真上に座る
バランスボールは座っているだけでインナーマッスルが鍛えられたり、姿勢が正しくなると言われています。しかし、正しい座り方をしないとこれらの効果は期待できません。バランスボールに座るときはボールの真上に座り、膝を90度に曲げて背筋をしっかり延ばしてください。

無理のない範囲でスタートして、慣れてきてから時間を延ばす

無理のない範囲でスタートして、慣れてきてから時間を延ばす

出典:amazon.co.jp

仕事の椅子をバランスボールにするのは理想ですが、1日7時間も8時間もバランスボールに座っていると、筋肉痛や集中力低下に悩まされてしまいます。あまり無理をすると日常生活に支障がでますので、できる範囲で時間を決めて慣れてきたら少しずつ時間を延ばしていきましょう。

慣れるまでは「固定用リング」の利用もおすすめ

慣れるまでは「固定用リング」の利用もおすすめ

出典:amazon.co.jp

固定用のリングはバランスボールが転がらないようにするためのアイテムです。そのため、リングを使うとトレーニングの効果が薄れてしまうのではと、使わない方もいらっしゃいます。

ある程度体幹が鍛えられている方なら問題ないかもしれませんが、慣れていない方は無理をせずに固定リングを使って練習してから徐々に慣らしていきましょう。効果が感じられないと思われるかもしれませんが、まずは続けることが1番です。

体幹トレーニングにはバランスディスクもおすすめ!

今回はバランスボールに絞ってご紹介しましたが、体幹トレーニングにはバランスディスクもおすすめ。バランスボールよりもサイズが小さいので、省スペースで自宅トレーニングが実現できます。以下の記事ではバランスディスクの選び方とおすすめ商品を紹介していますので、ぜひあわせてチェックしてみてくださいね。

バランスボールの売れ筋ランキングもチェック!

なおご参考までに、バランスボールのAmazon・楽天・Yahoo!の売れ筋ランキングは以下のリンクからご確認ください。

まとめ

バランスボールのおすすめ人気ランキングはいかがでしたか?

バランスボールはどれも同じように見えますが、大きさや耐久性のなど、商品によってさまざまな違いがあります。自分にピッタリのバランスボールを見つけて、自宅での運動習慣を身に付けましょう。

関連記事

人気の記事

人気のアイテムリスト

カテゴリから探す