• 初心者におすすめのトレイルランニングシューズ人気ランキング14選【2020年最新版】のアイキャッチ画像1枚目
  • 初心者におすすめのトレイルランニングシューズ人気ランキング14選【2020年最新版】のアイキャッチ画像2枚目
  • 初心者におすすめのトレイルランニングシューズ人気ランキング14選【2020年最新版】のアイキャッチ画像3枚目
  • 初心者におすすめのトレイルランニングシューズ人気ランキング14選【2020年最新版】のアイキャッチ画像4枚目
  • 初心者におすすめのトレイルランニングシューズ人気ランキング14選【2020年最新版】のアイキャッチ画像5枚目

初心者におすすめのトレイルランニングシューズ人気ランキング14選【2020年最新版】

未舗装の山道を駆け抜けるトレイルランニング。それに欠かせないトレイルランニングシューズは、ゴアテックスを使用した防水タイプや幅広タイプなど、さまざまなモデルが販売されています。しかしこれからトレランを始める初心者の方は、一体どんなものを選べばよいのかなかなか見極めるのが難しいですよね。

そこで今回は、トレランシューズの選び方のポイントと合わせて、Amazon・楽天・Yahoo!ショッピングなど通販で人気のおすすめ商品をランキング形式でご紹介します。メンズとレディースに分けていますので、ぜひあなたにぴったりのトレイルランニングシューズ選びにお役立て下さいね♪

  • 最終更新日:2020年03月30日
  • 194,255  views
目次

トレイルランニングシューズの選び方

トレイルランニングシューズ(以下トレランシューズ)は、自分の足に合っているものを探すのが一番です。しかし「足に合っている」とはどのような状態で、どう判断したらいいのでしょう。今回はそんなトレランシューズの選び方をご紹介します。

サイズは普段より1cm程度大きめを目安に

トレランシューズを購入する時は、ロードのシューズよりもやや大きめの物を選ぶのがよいでしょう。履いた際に、シューズのつま先と足の指先の間に1cm程度の余裕があると良いと言われています。


これは、下り坂を走る時に体重が前にかかり、足先に負担がかかるため。つま先が靴の先に当たり、足の指を痛めてしまうなんてことを防ぐために、足の前側に余裕を持たせることが大切です。

本番と同じ厚手の靴下を履いて試着する

本番と同じ厚手の靴下を履いて試着する
試着の際には必ずトレラン用の靴下を履きましょう。トレラン用の靴下は普通のものより厚手ですので、いつもの靴選びとは根本的に感覚が異なります。

靴下の厚さによってフィット感が変わるので、普段よく使っているものを持参するのがおすすめです。もし手持ちがなければ、店頭で貸し出していることも多いのでそういったものを利用してください。試着時に履いた靴下が気に入れば、セットで購入するとより安心ですね。

安全を守る「機能」で選ぶ

安全を守る「機能」で選ぶ

トレランは足場が悪い中を進むことが多いため、足を怪我から守るつま先のトゥ・ガードなどの機能が備わっているかをチェックしましょう。また、岩場などに靴を強くぶつけたり、予期せぬ衝撃が靴に与えられた場合に備え、耐久性のある素材を使用しているか、といった点も確認しておくことも大切です。

アウトソールのグリップ力と耐久性をチェック

アウトソールのグリップ力と耐久性をチェック
トレランは舗装された道だけでなく、岩場やぬかるんだ道、木の根の張った道など悪路を走るので、いかに滑って怪我をしないかが大切です。そのため、地面をとらえる力であるグリップがしっかりとした物を選びましょう。

見るべきポイントはアウトソール。基本的に、ソールの突起(スタッド)が深いものほどグリップ力が高いため、起伏が多いコースを行くハードなトレイル向け。浅いものはスピードが出せるので平坦な道に向いています。

初心者は「クッション性」、中級者以上になったら「足裏の感覚」を重視

初心者は「クッション性」、中級者以上になったら「足裏の感覚」を重視
トレランシューズには、かかと部分が厚く作られた「クッション型」と、足裏の感覚をつかみやすい「感覚型」があります。クッション型は着地時のかかとへの負担を和らげることができますので、山道に慣れていない初心者にぴったりです。

感覚型はソールが薄いため足の裏で地面の凹凸を感じやすく、自然な走りに近くなるのでタイムを出すのに適します。徐々に経験を積んで中級者と言えるレベルになれば、感覚型を選んでタイム更新を目指してみてもいいでしょう。

ローカットタイプがおすすめ

ローカットタイプがおすすめ
足場の悪いトレランでは、地面に足をついた時に足首が前後左右に動きます。そのため、どのように動いても邪魔にならず、無理な力をかけないようなローカットのシューズがおすすめです。

「防水」「軽量モデル」など、必要なスペックを押さえる

上記以外にも、次のようなポイントに気を付けることで、より自分にぴったりのトレランシューズが選びやすくなります。

雨天時にも走るならゴアテックスなど防水機能を備えたものを

雨天時にも走るならゴアテックスなど防水機能を備えたものを

雨天時にも走りたい方や、あるいは雨上がりに走ることが多い方は、できるだけ防水機能が搭載されたものを選ぶようにしましょう。トレランシューズの防水対応・非対応は、ほぼ”ゴアテックス”という防水透湿素材を使用しているか否かで決まるので、商品名や商品説明に注目すると見分けやすいですよ。

ロングトレイルを想定するなら軽量モデルで疲労を軽減

ロングトレイルを想定するなら軽量モデルで疲労を軽減
軽量モデルと言っても通常モデルとの重量差はたかだか数十グラム。ですが、これが長距離の走行では非常に響きます。数キロから十数キロ程度ならばともかく、数十キロのトレイルを考えている方はなるべく軽量なモデルを選んで、少しでも疲労を軽減しましょう。

ただ軽量なものはその分、グリップ力などを犠牲にしていることも多いので、走りたいコースに見合ったソールが備わっているかもきちんと確認してください。

初心者におすすめのトレイルランニングシューズ(レディース)人気ランキング6選

それでは人気のトレイルランニングシューズを、レディースとメンズに分けてランキング形式でご紹介します。まずはレディースのトレイルランニングシューズです。この後はメンズモデルをご紹介しますので、自分にぴったりのトレイルランニングシューズを見つけてください!


なおランキングは、Amazon・Yahoo!ショッピングなど各ECサイトの売れ筋ランキング(2020年2月26日時点)をもとにして順位付けしています。

6位

Columbia montrail(コロンビアモントレイル)バハダ3

14,000円 (税込)

サイズ展開22.5-26cm
かかとの高さ-
タイプローカット
耐水性-
重量約239g(サイズ不明)
5位
サイズ展開22.5〜26.0cm
かかとの高さ-
タイプローカット
耐水性-
重量-
4位
サイズ展開US6〜US8.5
かかとの高さ2.5cm
タイプローカット
耐水性-
重量約249g(24.5cm片足)
3位
サイズ展開23.0~30.0cm
かかとの高さ2.0cm
タイプローカット
耐水性
重量約346g(26.5cm片足)
2位
サイズ展開23.0〜26.0cm
かかとの高さ-
タイプローカット
耐水性
重量-
1位
サイズ展開23.0〜30.0cm
かかとの高さ0.9cm
タイプローカット
耐水性
重量約260g(27cm片足)

初心者におすすめの人気トレイルランニングシューズ(レディース)の比較一覧表

商品画像
1
トレイルランニングシューズ Invo-8(イノヴェイト) TERRAULTRA G 260  1枚目

Invo-8(イノヴェイト)

2
トレイルランニングシューズ asics(アシックス) GEL-SONOMA 3 G-TX 1枚目

asics(アシックス)

3
トレイルランニングシューズ Inov-8(イノヴェイト) FLYROC 345 GTX  1枚目

Inov-8(イノヴェイト)

4
トレイルランニングシューズ ALTRA(アルトラ) ローンピーク4.5 1枚目

ALTRA(アルトラ)

5
トレイルランニングシューズ asics(アシックス) GEL-FujiTrabuco 7 1枚目

asics(アシックス)

6
トレイルランニングシューズ Columbia montrail(コロンビアモントレイル) バハダ3 1枚目

Columbia montrail(コロンビアモントレイル)

商品名

TERRAULTRA G 260

GEL-SONOMA 3 G-TX

FLYROC 345 GTX

ローンピーク4.5

GEL-FujiTrabuco 7

バハダ3

特徴オンロードのマラソンにもおすすめの上級者向けモデルゲルクッションのおかげで動きやすさ抜群!ゴアテックスなのに軽い。派手すぎない見た目も◯初心者におすすめできる定番モデル!機能性の高さがポイントクッション性に優れ、長時間のランニングにも対応スタンダードな履き心地で、初心者にぴったり!
最安値
21,450
送料要確認
詳細を見る
4,063
送料別
詳細を見る
22,000
送料要確認
詳細を見る
16,500
送料別
詳細を見る
5,990
送料別
詳細を見る
14,000
送料別
詳細を見る
サイズ展開23.0〜30.0cm23.0〜26.0cm23.0~30.0cmUS6〜US8.522.5〜26.0cm22.5-26cm
かかとの高さ0.9cm-2.0cm2.5cm--
タイプローカットローカットローカットローカットローカットローカット
耐水性---
重量約260g(27cm片足)-約346g(26.5cm片足)約249g(24.5cm片足)-約239g(サイズ不明)
商品リンク

初心者におすすめのトレイルランニングシューズ(メンズ)人気ランキング8選

さてここからは、メンズモデルをご紹介します。レディース同様、初心者の走りに適したシューズが多数登場しますので、あなたに合うものを見つけてみてくださいね。
8位
サイズ展開25.0~28.5cm
かかとの高さ3.0cm
タイプローカット
耐水性
重量約330g(サイズ不明)
7位
サイズ展開24.0〜30.0cm
かかとの高さ2.9cm
タイプローカット
耐水性
重量約395g(27cm 片足)
6位
サイズ展開25.0~29.5cm
かかとの高さ-
タイプローカット
耐水性-
重量約299g(27.5cm)
5位
サイズ展開25.0~28.0cm
かかとの高さ-
タイプローカット
耐水性-
重量-
4位
サイズ展開25.0〜30.0cm
かかとの高さ2.9cm
タイプローカット
耐水性-
重量約257g(26.5cm片足)
3位
サイズ展開25.0~31.0cm
かかとの高さ-
タイプローカット
耐水性
重量390g(サイズ不明)
2位
サイズ展開25.5〜30.0cm
かかとの高さ-
タイプローカット
耐水性
重量-
1位
サイズ展開25.0~30.0cm
かかとの高さ-
タイプローカット
耐水性
重量270g(27cm片足)

初心者におすすめの人気トレイルランニングシューズ(メンズ)の比較一覧表

商品画像
1
トレイルランニングシューズ adidas TERREX TRACEROCKER GTX EFW64 1枚目

adidas

2
トレイルランニングシューズ asics(アシックス) GEL-VENTURE 7 WP 1枚目

asics(アシックス)

3
トレイルランニングシューズ SALOMON(サロモン) XA PRO 3D Gore-TEX 1枚目

SALOMON(サロモン)

4
トレイルランニングシューズ HOKA ONE ONE CHALLENGER ATR 5 1枚目

HOKA ONE ONE

5
トレイルランニングシューズ MERRELL トレイルグローブ4ニット 1枚目

MERRELL

6
トレイルランニングシューズ ALTRA(アルトラ)  ローンピーク4.5 1枚目

ALTRA(アルトラ)

7
トレイルランニングシューズ adidas(アディダス) TERREX AX3 GTX 1枚目

adidas(アディダス)

8
トレイルランニングシューズ SALOMON(サロモン) Speedcross 4 Gore-TEX 1枚目

SALOMON(サロモン)

商品名

TERREX TRACEROCKER GTX EFW64

GEL-VENTURE 7 WP

XA PRO 3D Gore-TEX

CHALLENGER ATR 5

トレイルグローブ4ニット

ローンピーク4.5

TERREX AX3 GTX

Speedcross 4 Gore-TEX

特徴ランニングもトレッキングもこれ1足でOK!コストパフォーマンスの高さが魅力!王道メーカーの定番モデル、迷ったらコレ!一度は試してみたい!ブランドを代表する1足まるで靴下のようなフィット感機能的バランスの良さが魅力!ブランドの定番モデル快適な履き心地と耐久性を兼ね備えた、バランスのよい1足走る楽しさを実感できる第4世代モデル
最安値
8,114
送料要確認
詳細を見る
7,480
送料無料
詳細を見る
18,700
送料無料
詳細を見る
17,600
送料別
詳細を見る
10,216
送料無料
詳細を見る
16,500
送料別
詳細を見る
7,681
送料無料
詳細を見る
13,860
送料無料
詳細を見る
サイズ展開25.0~30.0cm25.5〜30.0cm25.0~31.0cm25.0〜30.0cm25.0~28.0cm25.0~29.5cm24.0〜30.0cm25.0~28.5cm
かかとの高さ---2.9cm--2.9cm3.0cm
タイプローカットローカットローカットローカットローカットローカットローカットローカット
耐水性---
重量270g(27cm片足)-390g(サイズ不明)約257g(26.5cm片足)-約299g(27.5cm)約395g(27cm 片足)約330g(サイズ不明)
商品リンク

トレイルランニングシューズの買い換え時

トレイルランニングシューズの買い換え時

ケガのないランニングのために、トレランシューズは定期的な買い換えが必要です。足の裏の凹凸がすり減ってグリップが効かなくなったら換え時のサインです。またクッション性が弱くなってきた場合も、ミドルソールが圧迫されている証拠になるので、新しいシューズに換えましょう。


一般的な耐久性としては、約480~800kmの走行が基準となっているので、今まで走ってきたコースを振り返ってみるのもいいですね。

安全のためシューズ以外の登山用装備も忘れずに

道が舗装されていない山では、一歩足を踏み外せば大けがを負いかねません。また見通しも悪いので、常に遭難のリスクがつきまといます。そんな難所だからこそトレイルランニングは楽しいのですが、現在地を知る術など最低限の安全性は確保しておきましょう。

下記記事では登山用の時計・コンパス・ヘッドライト・トレラン用のザックについてそれぞれおすすめ商品を紹介していますので、ぜひ参考にしてください。

トレイルランニングシューズの売れ筋ランキングもチェック!

なおご参考までに、トレイルランニングシューズのAmazon・Yahoo!ショッピングの売れ筋ランキングは、以下のリンクから確認して下さい。

まとめ

デザイン性も機能性も優れたトレイルランニングシューズをご紹介しましたが、いかがだったでしょうか?


走りたい場所、距離によって最適なランニングシューズは異なりますが、このランキングを参考に、あなたにぴったりのトレイルランニングシューズを選んでくださいね。

関連記事

人気の記事

人気のアイテムリスト

カテゴリから探す