• 【最強はどれ?】登山用時計のおすすめ人気ランキング15選【2018年最新版】のアイキャッチ画像1枚目
  • 【最強はどれ?】登山用時計のおすすめ人気ランキング15選【2018年最新版】のアイキャッチ画像2枚目
  • 【最強はどれ?】登山用時計のおすすめ人気ランキング15選【2018年最新版】のアイキャッチ画像3枚目
  • 【最強はどれ?】登山用時計のおすすめ人気ランキング15選【2018年最新版】のアイキャッチ画像4枚目
  • 【最強はどれ?】登山用時計のおすすめ人気ランキング15選【2018年最新版】のアイキャッチ画像5枚目

【最強はどれ?】登山用時計のおすすめ人気ランキング15選【2018年最新版】

登山用腕時計は山登りやトレッキングの際の登山用品の一つとして大事であるばかりでなく、アウトドアファッションのアクセントとしても重要なグッズですよね。カシオ、セイコー、スントなど各メーカーでは、本格登山向けの高度計やGPS機能付きのものから、普段使いできるスタイリッシュなものまで、メンズ・レディースとも機能性とおしゃれを兼ね備えたモデルを取り揃えています。

今回は、読者の皆さまの参考になるようにまず選び方のポイントを解説した上で、人気の高い登山用時計を比較して、おすすめの商品をランキング形式でご紹介したいと思います!あなたの手首にふさわしい最強の一本を見つける参考にしてくださいね!
  • 最終更新日:2018年11月08日
  • 194,061  views
目次

登山用時計選びのポイント

登山用時計を選ぶ際は、日常用の時計とは別の観点で選分必要があります。時間だけでなく、標高差や気温変化、気圧の変化なども登山用時計では精度高く把握することが求められます。

以下に選び方を解説していきます。

重量

重量
ずっと腕につけておくものだから軽いに越したことはありません。様々な機能を搭載すると重くなってしまいがちですが、せめて普段つける時計よりも軽いものを選びましょう。

防水性

防水性
日常用の時計も手を洗う時や雨にぬれることを想定して、生活防水機能が搭載されている商品が多いですが、登山用時計では生活防水よりも更に高いレベルの防水性能が求められます。土砂降りの中など、どんなに濡れる状況においても安心できるように、防水機能の高い時計を選ぶようにしましょう。

防水性を示す単位は、対応できる水深の「○m」という表記と、「○気圧」という気圧での表記があります。

一般的に生活防水は30m、3気圧防水です。防水といえど「つけたまま手を洗える」程度であり、水没させると壊れてしまうレベルです。10気圧防水は雨やホースの水などに耐えられます。完全に水没させる水泳にはおすすめされていません。

海に潜るダイバー専用のダイバーズウォッチは20気圧(200m)以上の時計を指します。水泳・浅瀬のダイビングなら20気圧、深度の深い本格的なダイビングには30・50気圧のモデルを選びましょう。

登山用の時計としては、そこまで激しく水の中で活動する場面はないと思いますので、10気圧以上を選びましょう。もし川下りやキャニオニングなどの水遊びを想定しているのであれば、20気圧以上のモデルを選びましょう。

電源・電池

電源・電池
登山用時計の電源の種類は、大きくわけて電池式・ソーラー式・自動巻きの3タイプがあります。

ソーラー式・自動巻き式は半永久的に電池が切れないので安心です。電池式は電池が切れたら止まってしまいますが、いくら長い登山でも1回で電池がきれるほど長い時間をかけるものはないと思います。どうしても電池切れが心配なのであれば登山前に新しい電池に交換すれば安心です。

主な機能

登山用時計の三大機能と言われているのが、気圧計・高度計・電子コンパスです。

そのほかには、温度計、加速度計、アラーム、心拍メーター、消費カロリー計算機能といった機能もあります。

機能はあればある程楽しいですが、使いこなせるかが大切なので、自分にとって本当に必要な機能があるのかを確認しましょう。

様々な機能の中でも、登山だからこそ、あるとうれしい機能がGPSです!自動的に日時と現在地を記録してくれるので、あとからPCにつなぐことで、登山ルート、登山スピードを確認することができます。

登山にむけた、普段のトレーニング時に使うことも想定するのであれば、消費カロリー計算機能や心拍メーター搭載型を選ぶのもいいですね。

時計の表示方式

時計の表示方式

出典:amazon.co.jp

メインの機能である時計の表示方式には、デジタル表示とアナログ表示があります。高度計・電子コンパスなどの機能を搭載しているタイプはほとんどがデジタル式となります。シンプルに時計の機能だけを求める人にはアナログタイプが人気です。

バンドの素材

バンドの素材は、軽くて丈夫なシリコンバンドやラバーバンドもしくはナイロン製が主流です。

シリコンバンドは防水性が高いですが、腕とバンドの間が蒸れやすいため、あせもができやすい人はナイロン製の方が安心です。

登山用時計のおすすめ人気ランキング

それではここからは、人気のおすすめ商品をランキング形式でご紹介していきたいと思います!選び方のポイントを参考にしながら、身につけているだけで気分が上がるようなお気に入りの一本を見つけてみてください♪
15位
フィールドメッセCX
出典:amazon.jp

エンペックスフィールドメッセCX

FG-5907

13,012円 (税込)

14位
プロスペックス アルピニスト
出典:amazon.jp

セイコープロスペックス アルピニスト

SBEB023

21,900円 (税込)

13位
12位
プロスペックス アルピニスト
出典:amazon.jp

セイコプロスペックス アルピニスト

SBEB035

34,500円 (税込)

11位
プロトレック
出典:amazon.jp
10位

セイコープロスペックス

SBDB005

264,600円 (税込)

9位
8位
7位
6位
5位
4位

スントコア・アルティメイトブラック

20,600円 (税込)

3位
2位
1位
アンビット 3ピークブラック
出典:amazon.jp

スントアンビット 3ピークブラック

34,800円 (税込)

おすすめ人気 登山用時計の比較一覧表

商品画像商品名特徴価格商品リンク
1
アンビット 3ピークブラック

スント

アンビット 3ピークブラック

機能性、デザインともにこの上なく最強!34,800円(税込)詳細を見る
2
フェニックス 2J

ガーミン

フェニックス 2J

登山を始め、あらゆるスポーツのアドバイザーになってくれる!47,628円(税込)詳細を見る
3
プロトレック

カシオ

プロトレック

コンパクトサイズの本格アウトドアウォッチ37,700円(税込)詳細を見る
4
コア・アルティメイトブラック

スント

コア・アルティメイトブラック

【究極の黒】はストリートでも圧倒的な人気!20,600円(税込)詳細を見る
5
プロトレック

カシオ

プロトレック

アナログ派も納得のハイテク登山時計37,500円(税込)詳細を見る
6
プロトレック

カシオ

プロトレック

大きな文字盤がインパクト大!36,000円(税込)詳細を見る
7
コア・ライトグリーン

スント

コア・ライトグリーン

フレッシュなライトグリーンが差し色のおしゃれな時計25,800円(税込)詳細を見る
8
E7

バリゴ

E7

大型ディスプレイで見やすく、1ボタンでの操作性は抜群24,840円(税込)詳細を見る
9
コア・グレークラッシュ

スント

コア・グレークラッシュ

スントで人気の【コア】メインモデル37,800円(税込)詳細を見る
10
プロスペックス

セイコー

プロスペックス

あの三浦雄一郎氏が開発に参加!264,600円(税込)詳細を見る
11
プロトレック

カシオ

プロトレック

ヒマラヤ登山でも使える3代目マナスル145,800円(税込)詳細を見る
12
プロスペックス アルピニスト

セイコ

プロスペックス アルピニスト

富士山世界遺産登録記念【夏富士】モデル!34,500円(税込)詳細を見る
13
ES7

バリゴ

ES7

人気のE7の、女性や手首の細い人向けモデル20,952円(税込)詳細を見る
14
プロスペックス アルピニスト

セイコー

プロスペックス アルピニスト

多機能でありながら、登山用時計初心者でも使いやすい21,900円(税込)詳細を見る
15
フィールドメッセCX

エンペックス

フィールドメッセCX

気象計測器を作るエンペックスならではの機能性!13,012円(税込)詳細を見る

まとめ

登山用時計のおすすめ商品をご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?

こんなにおしゃれで機能的な時計なら、山に登るときだけでなく普段から着けていたい気持ちになりますね。眺めているだけで楽しくなるお気に入りの登山用時計を見つけて、一緒に外へ出掛けましょう!

関連記事

人気の記事

人気のアイテムリスト

カテゴリから探す