• 5fca45e8846bf502aca27b8a4c93b6348d23c6c2
  • 3d29167db17de51d27f467ad057f15b6b0ff8560
  • Ae0460c73d7b1d233b15acb4179153030b238909
  • 35064af178908b8034d6e01e071de308da00f7fb
  • 63e2390697c986f2b988015caff5ed1253d4c8a9

ロックを聴くのにおすすめのスピーカー人気ランキング5選

パンクロックにポストロック、さらにはオルタナティブロックやロックバラードなど、様々な方向への派生が進むロック音楽。「ロックを聴くためのスピーカー」を探しているという方の中にも、ジャンルが多すぎて何をどう選べばいいのかわからない…という方は多いのではないでしょうか?

そこで今回は、そんなロック音楽を聞くのにピッタリのスピーカーとして、「バンドサウンド」を聞くのに適した商品を5つ選んでご紹介しようと思います。スピーカーの豆知識なども交えてお届けしますのでお楽しみに!ご一緒に、最高のスピーカーを探し当てましょう♪

最終更新日:2017年07月26日 | 3,221views

ロック音楽におすすめのスピーカーの選び方

みなさんは「ロック音楽に適したスピーカーの特徴」ってなんだと思いますか?その答えは、「低音が前に出る」「すべての音がバランス良く聞こえてくる」「高音が前に出てくる」といった感じで、きっと人によってバラバラだと思います。まさしくその通りで、「どんな音で聞きたいか」は人によってそれぞれ違い、正直、全員の要望に答えられるスピーカーを見つけるのは不可能に近いと思います。

そこで、みなさんそれぞれが、ロックを聴く時のベストなスピーカーを見つけるための選び方のポイントを、以下に3つ挙げてみたいと思います。

1.自分の音の好みで選ぶ

自分の好み。スピーカーを選ぶにあたっていちばん大切なポイントは、やはりこれだと思います。結局のところ、自分で選んだ、自分が好きな音楽を聴きたいがためにスピーカーを買うわけですから、自分が好きな音を出してくれるスピーカーを選ぶのが一番なんです。とはいえ、スペック表などを見ているだけでは、どんな音で再生してくれるのか、正直あまりよくわからないですよね。

自分が好きな音かどうかを見分けるためには、やっぱり一度ショップに行って実際に音を聞いてみるのが一番良いです。試聴せずに購入して、全然好みの音じゃなくて返品した、というケースも実際にたくさんあります。実は、筆者も経験したことがあります。

ショップまで出向くのがめんどう…という方は、気になっているスピーカーのメーカーに直接電話をして聞いてみるのも良いですよ。メーカーの方に自分の好きな音を伝えると、本当に丁寧に、しかも素早くおすすめのスピーカーを探し出してくれます。これは、なかなか便利な方法。みなさんも、是非一度、試してみてください!

2.ユーザーレビューをしっかり確認する

音楽好きの人がすごく魅力的なスピーカーに出会ってしまうと、「見た目も値段も良い感じ!これ買っちゃおう!」と、勢いで購入しちゃいがち。でも、購入する前にユーザーレビューをしっかりチェックしてみることをおすすめします。音楽分野のユーザーレビューには、様々な耳や感性を持った人の生の声が溢れかえっています。そういった声の中には、スピーカーを選ぶにあたって非常に重要な情報が含まれていますので、これを利用しない手はありません。

スピーカーという商品は長く使えるものばかりですし、お値段も結構張るので、なかなか次のステップに行きづらいと思います。購入してから、「え、ちょっと低音が前に出すぎじゃない!?」「ハウリングするんだけど…」といった不満点に出会ってしまうと、泣くに泣けません。そんな失敗をしないためにも、ユーザーレビューを見て、ある程度納得した上で購入に踏み切りましょう!

3.スペック表から特徴を読み取る

オーディオ関連に詳しくない方は、スピーカーなどの商品情報に記載されているスペック表を見ても、何がなんだかわからないと思います。寸法などは理解できると思うので、ここでは音の周波数について軽く紹介していきますね。これを知っておくと、音の傾向をある程度判断できます。

スピーカーやヘッドフォンなどのスペック表でよく「Hz(ヘルツ)」「kHz(キロヘルツ)という言葉を目にすると思います。このHz(ヘルツ)というのは音の周波数を表す単位のことで、スペック表では「○○Hz(ヘルツ)~○○kHz(キロヘルツ)」などと幅をもって書かれていることが多いです。

ではこのHzからどうやって特徴を読み取ればいいかと言うと、実は非常に簡単。下の数字が40Hzまたは50Hzを切っていれば「低音がよく出る」、逆に上の数字が30kHz以上だと高音がよく出る。この公式を覚えておけばひとまずOKです。これを覚えてしまうと、例えば「59Hz~25kHz」という再生周波数ですと、低音も高音もそこそこ出て、中音域に音が寄る傾向がある万能型、といった見方ができるようになります。覚えておくと便利ですよ!

ロックを聞くのにおすすめのスピーカー人気ランキング5選

それでは、ここからは、おすすめ商品のランキング発表です!

筆者が今まで使ってきたスピーカーの中から「ロックに適しているな」と思ったスピーカーを厳選してみました。なるべく多くの人に満足してもらうために、それぞれ音の特色が違ったスピーカーを5つとりあげます♪自分の中の「好きな音」に当てはめながら読んでみてください!

5位:ONKYO INTEC205 スピーカーシステム

ONKYO INTEC205 スピーカーシステム D-212EX
52,380円(税込)

・音の傾向:低音~高音
・コスパ:○
・再生周波数帯域:37Hz

スタイリッシュな見た目に暖かみのある音!数十万円のものにも負けない

まず最初に紹介するのは、ONKYOから発売が開始されているD-212EXです。こちらのスピーカーは2台1組で5万円と少々値段が張るようにも思えますが、本当に素晴らしいスペックの持ち主なんです。個人的には、数十万する様々なスピーカーよりもこっちのほうが音が良いと感じており、初めてこのスピーカーで再生したときの衝撃はいまだに忘れられません。

ずんずん響いてくるがくどくない低音に、暖かみのある中音域。そしてどんなジャンルでも難なくこなす高音域のバランスの良さに度肝を抜かれたのを、いまだに覚えています。とりあえずこれを買っておけば失敗しないだろうという、筆者おすすめのスピーカーです。お金に余裕がある方には、ぜひ手に取ってもらいたい素晴らしいスピーカーです。

4位:ONKYO 2ウェイスピーカーシステム

ONKYO 2ウェイスピーカーシステム D-55EX
10,800円(税込)

・音の傾向:中音~高音
・コスパ:◎

艶のある中音域~高音域が魅力!どんなロックでも綺麗に聴かせる優等生

第4位はONKYOのD-55EX。5位で紹介したモデルよりも少しランクが下がりますが、圧倒的なコスパの良さで4位に抜擢しました。2台1組で1万円という破格ながらも、ONKYOならではの艶のある中音域~高音域が魅力的なスピーカーです。ギターやドラム、ベース、はたまたピアノなどの4リズムのバンドサウンドはもちろん、ポストロックやパンクもいけちゃう万能型です。

もちろん見た目も木目調で非常に落ち着いたクラシックな雰囲気。これを部屋においているだけで「こいつ、できるな」と思わせられるような、外見も中身も優秀なスピーカーです。非常に安価で手が出しやすい値段になっており、入門用のスピーカーとして間違いなくおすすめできる商品の一つです。

3位:MACKIE クリエイティブリファレンスモニター CR3

MACKIE クリエイティブリファレンスモニター CR3
12,528円(税込)

・音の傾向:低音~中音
・コスパ:◎

ずんずん響くベースで音楽を楽しみたい方はこれ!見た目も格好いいロック向きスピーカー

続いて第3位は、MACKIEより発売されているCR3。こちらのスピーカーの特徴はやはり何と言ってもその見た目の格好良さ!もちろん、3位に選んだ理由は、見た目だけじゃなく中身も素晴らしいから。ロック音楽を聞くにあたって低音を重視している人たちには、ぜひともチェックしていただきたいスピーカーの一つで、ずんずん前に出てくるベースがとても気持ち良いですよ。

4位で紹介したONKYOのD-55EXがクラシックで落ち着いた雰囲気を持っているスピーカーならば、こちらのスピーカーはとにかく派手で人々を楽しませてくれるスピーカーです。ただ1つ注意点があって、思っているよりもずっと低音が響いてくるので、デスクで聞く際にはスピーカースタンドなども一緒に購入することをおすすめします。

2位:FOSTEX アクティブスピーカー PA-2

FOSTEX アクティブスピーカー PA-2

・音の傾向:低音~高音
・コスパ:◎

どんなロック音楽も繊細に丁寧に歌い上げる、再生音がとても綺麗なスピーカー

2位に輝いたのはFOSTECのPA-2。とにかく非常にきれいな音で音楽を再生してくれるスピーカーで、音楽鑑賞のみならずテレビにも使えたり、はたまた音楽制作にも使えてしまうという優秀アイテムです。しっかりとスピーカーの位置を固定することで、パワフルかつ繊細な音楽を奏でてくれます。万人受けするスピーカーなので、ロック以外の楽曲でも全く問題なく使用することができます。

ここは個人の好みもあるかもしれませんが、ボリュームコントローラーが背面にあるのはとても残念。しかし、それらを踏まえた上でも、今まで使ってきたスピーカーの中で一番コスパがよいスピーカーだと思います。比較的安価なので手も出しやすいですし、スピーカー選びに迷っている方にはぜひこのスピーカーを使ってみて欲しいと思います。

1位:ONKYO WAVIO パワードスピーカーシステム ハイレゾ音源対応 ブラック ブラック GX-70HD2

ONKYO WAVIO パワードスピーカーシステム ハイレゾ音源対応 GX-70HD2
15,373円(税込)

・音の傾向:低音~高音
・コスパ:◎

かっこいい見た目とは裏腹に優しく繊細な音を奏でるスピーカー

1位に輝いたのはONKYOのGX70HD。この価格帯では圧巻の音の良さです!初めてこのスピーカーで音楽を再生したとき、あまりにも音が良すぎて、もしかして別の商品を買ってしまったのではないかと思ったくらい驚嘆したのを覚えています。見た目は何やら無骨な感じでメカメカしく、いかつい印象があるのですが、音は本当に優しいですよ。低音から高音まで、バランス良く演奏者の音を表現してくれます。

音を忠実に、繊細に再現してくれるのでロック音楽はもちろんのことですが、それ以外の全く別のジャンル、例えばクラシックやジャズなどの音楽を聴くのにも非常に適しています。心地よく鳴る低音、主張しすぎず、かといっておとなしすぎない中音、艶があり伸びやかな高音。どれをとっても、この価格帯では間違いなく1番おすすめできるスピーカーです。

音楽鑑賞・映画鑑賞・ゲーム、どれにも対応できる万能スピーカー

また、このGX70HDのいいところは、音楽鑑賞だけではなく、映画鑑賞・ゲームなどの他ジャンルの用途にも全く問題なく使えるスピーカーだということ。様々なシーンで活用できて、末永く愛することができると思います。

さらに、これはさすがONKYOといったところですが、スピーカー自体が結構頑丈です!筆者の場合、もう使い始めて数年経つのですが、全く不良がなく、今までなんの問題もなく使ってこれました。そんな経験からも、長く使える質のいいスピーカーを探している方に自信をもっておすすめできる商品。メーカーの特性が全面に現れている、素晴らしいスピーカーです。

今回この記事を書いてあらためて思ったのですが、やはり低価格帯となるとONKYOの製品が、少し抜き出ているような気がします。
その中でも、比較的安めの価格帯で高品質なスピーカーを探している方なら、このGX70HDを購入しておけば間違いはないでしょう!自信をもっておすすめします!

まとめ

ここまで読んでいただいて、ありがとうございます!ロック音楽を聞くにあたって大切なことや、スピーカーの選び方など、みなさんの参考になっていたらいいのですが、如何だったでしょうか?また、気になるスピーカーは見つけていただけたでしょうか?

ペック表で周波数帯域を見て音の特性を読み取る方法なども応用していただけば、もうご自分でスピーカーの特徴を読み取ることができると思います。今後のスピーカー選びの際にどんどん活用してもらえるとうれしいです。

本当にたくさんの種類のスピーカーがあるので、その中から自分好みのスピーカーを選び出すというのはなかなか難しいことです。しかし、選び方さえ間違えなければ必ず出会えることができます!この記事を読んでくれたみなさんが、ご自分の好みにあったスピーカーと出会えることができるように祈っております♪

人気の記事

関連キーワード