• ガソリンランタンのおすすめ人気ランキング8選【メンテナンス方法も】のアイキャッチ画像1枚目
  • ガソリンランタンのおすすめ人気ランキング8選【メンテナンス方法も】のアイキャッチ画像2枚目
  • ガソリンランタンのおすすめ人気ランキング8選【メンテナンス方法も】のアイキャッチ画像3枚目
  • ガソリンランタンのおすすめ人気ランキング8選【メンテナンス方法も】のアイキャッチ画像4枚目
  • ガソリンランタンのおすすめ人気ランキング8選【メンテナンス方法も】のアイキャッチ画像5枚目

ガソリンランタンのおすすめ人気ランキング8選【メンテナンス方法も】

抜群の明るさと、どこか落ち着くような光が魅力の「ガソリンランタン」。セッティング・メンテナンスに手間がかかると言われながらも、多くのキャンパーに愛されています。しかし、商品によって明るさや使い勝手、燃焼時間が大きく異なることをご存知でしたか?

そこで今回は、ガソリンランタンの選び方を解説するとともに、おすすめの商品を人気ランキング形式でご紹介。人気メーカー「コールマン」の商品を中心に比較していきます。卓上でも使える小型の商品や、防災にも使える商品も登場しますので、ぜひ用途にあった商品を選んでください。

  • 最終更新日:2020年03月18日
  • 67,402  views
目次

ガソリンランタンの人気の理由

ガソリンランタンの人気の理由

ガソリンランタンの魅力は、キャンプ全体を照らす抜群の明るさ。冬の寒い時期でも安定して、消えにくいので、季節を選ばずに使えるのも嬉しいポイントです。


また、コンパクトな商品を卓上に置いて、夜の晩酌タイムの雰囲気作りに使うのもおすすめ。暖かく優しい光が、夜の雰囲気を盛り上げてくれます。


ただし、点火にはマントルの準備やポンピングなどの準備が必要。高価なものが多く、メンテナンスも必要なので、楽に使いたい人には不向きです。しかし、きちんと手入れをすることで長く使え、道具としての味が出てくるのも楽しみ方の1つ。くすみや傷も商品の魅力として楽しめる方にはぴったりですよ。

ガソリンランタンの選び方

ここからは、ガソリンランタンの選び方を解説していきます。ぜひ、お気に入りのアイテムを探してみてくださいね。

メインランタンの明るさは200CP以上を目安に

メインランタンの明るさは200CP以上を目安に

メインランタンとして使うなら、明るさを表すCP(キャンドルパワー)をチェック。200CPあればテント周辺を照らすのには十分ですよ。W(ワット)やlm(ルーメン)で表記がされている場合は、それぞれ商品を確認し、十分な明るさを持つランタンを選びましょう。


また、明るさ重視という方には、光源であるマントルが2つ付いているツーマントルタイプもおすすめです。マントルが2つ付いている分とても明るいので、メインランタンにもぴったりですよ。


他にも、卓上用や虫除けのサブランタンとして使うなら、100CP〜150CP程度を目安に、ミニサイズのタイプを選んでみるのも◎。用途に合わせたCPを持つガソリンランタンを選んでみてくださいね。

タンクの容量と最大燃焼時間はキャンプの日数に合わせて

タンクの容量と最大燃焼時間はキャンプの日数に合わせて

出典:amazon.co.jp

1泊2日のキャンプなら、一晩中明かりを灯しておくことを考えて、5時間〜8時間程度の燃焼時間を目安に選びましょう。2泊以上のキャンプなら、燃料を継ぎ足して使うか、タンクの容量の大きいものを選ぶ必要があります。大容量のものなら、燃料の継ぎ足しの手間も省けて楽チンですよ。


ただし、CPの強いものやマントルが2つ必要なものは、タンクの容量が大きくても燃焼時間が短いことも。購入前にそれぞれよくチェックしておきましょう。キャンプの日数によっては、破れたり穴が空いた時用に、予備のマントルを購入しておくのもおすすめです。

防災用ならレギュラーガソリン兼用タイプも

防災用ならレギュラーガソリン兼用タイプも

出典:amazon.co.jp

防災用に購入したいという方は、レギュラーガソリンが使える兼用タイプも検討してみましょう。通常のガソリンランタンに使われるホワイトガソリンは、純度が高くよく燃える反面、アウトドアショップやインターネットでしか購入できないのが難点。


その点、レギュラーガソリンなら家の車やガソリンスタンドから手軽に手に入るので、災害時に燃料がないなんてことにもなりません。もちろん、キャンプ用としても、燃料漏れや燃料不足に素早く対応できるのでおすすめですよ。


ただし、通常のガソリンランタンでレギュラーガソリンを使うと、燃料が詰まったり本体が劣化することも。兼用タイプ以外では、必ずホワイトガソリンを使うようにしましょう。

専用ケース付きなら携帯性◎。サイズや重量もチェック!

専用ケース付きなら携帯性◎。サイズや重量もチェック!

出典:amazon.co.jp

ガソリンランタンは、明るい分大型のものが多く、それなりの重量になってしまいます。持ち運びのことも考えて、サイズや重量のチェックを忘れずに行いましょう。高さ30cm程度であれば収納に困りませんし、本体が2kg以下のものを選べば、燃料を入れても気軽に持ち運ぶことができます。


また、ガソリンランタンのホヤ部分(グローブ)は、ガラスでできているため取り扱いには注意が必要。プラスチックケースや保護ケースが付属しているものだと、持ち運びも安心ですよ。

ガソリンランタンのおすすめ人気ランキング8選

ここからは、おすすめのガソリンランタンをご紹介していきます。ぜひ、自分に合ったものを見つけてみてくださいね。

7位
CP350CP
タンク容量1.5L
燃焼時間約7時間
レギュラーガソリン◯(オクタン価92以上)
マントル数1
サイズ17×17×42cm
重量2kg
専用ケース×
6位
ガソリンランタン コールマン  40thリミテッド ワンマントルランタン 1枚目
出典:amazon.co.jp

コールマン 40thリミテッド ワンマントルランタン

41,522円 (税込)

CP200CP(130W相当)
タンク容量590cc
燃焼時間約7.5~15時間
レギュラーガソリン×
マントル数1
サイズ16×31(h)cm
重量1.4kg
専用ケースプラスチックケース付属
5位

コールマン(Coleman)シーズンズランタン2019

2000033825

96,087円 (税込)

CP190CP(約130W相当)
タンク容量590cc
燃焼時間約7時間~15時間
レギュラーガソリン×
マントル数1
サイズ17x17x31 cm
重量1.4kg
専用ケースオリジナルキャリーケース(25×23×40cm)
4位
ガソリンランタン Coleman 285 ツーマントル デュアルフューエル ランタン 1枚目
出典:amazon.co.jp

Coleman285 ツーマントル デュアルフューエル ランタン

27,260円 (税込)

CP-(700ml)
タンク容量-
燃焼時間最大13.5時間
レギュラーガソリン×
マントル数2
サイズ-
重量-
専用ケースプラスチックケース付属
3位

コールマン(Coleman)パワーハウスツーマントルランタン

290A740J

21,800円 (税込)

CP300CP(190W相当)
タンク容量940cc
燃焼時間約7~14時間
レギュラーガソリン×
マントル数2
サイズ18×35(h)cm
重量約1.8kg
専用ケースプラスチックケース付属
2位
CP200CP(130W相当)
タンク容量約590cc
燃焼時間7.5時間〜14時間
レギュラーガソリン×
マントル数1
サイズ6×31(h)cm
重量1.4kg
専用ケースプラスチックケース付属
1位

コールマン(Coleman)ノーススター2000ランタン

2000-750J

24,800円 (税込)

CP約360CP(230W相当)
タンク容量940cc
燃焼時間約7~14時間
レギュラーガソリン×
マントル数1
サイズ17.3×34.3(h)cm
重量約1.8kg
専用ケース×

人気ガソリンランタンの比較一覧表

商品画像
1
ガソリンランタン コールマン(Coleman) ノーススター2000ランタン  1枚目

コールマン(Coleman)

2
ガソリンランタン コールマン(Coleman) ワンマントルランタン  1枚目

コールマン(Coleman)

3
ガソリンランタン コールマン(Coleman) パワーハウスツーマントルランタン  1枚目

コールマン(Coleman)

4
ガソリンランタン Coleman 285 ツーマントル デュアルフューエル ランタン 1枚目

Coleman

5
ガソリンランタン コールマン(Coleman) シーズンズランタン2019 1枚目

コールマン(Coleman)

6
ガソリンランタン コールマン  40thリミテッド ワンマントルランタン 1枚目

コールマン

7
ガソリンランタン OUT-D マルチフューエルランタン 1枚目

OUT-D

商品名

ノーススター2000ランタン

ワンマントルランタン

パワーハウスツーマントルランタン

285 ツーマントル デュアルフューエル ランタン

シーズンズランタン2019

40thリミテッド ワンマントルランタン

マルチフューエルランタン

特徴初心者ならこれ!自動点火装置付きでスムーズな点火が可能に見た目も機能も一生もの。道具自体を楽しみたい方に最適の...明るさ◎のツーマントルタイプ。キャンプのメインランタンとして避難時の照明に。レギュラーガソリン兼用のツーマントルタイプ毎年人気の限定モデル。記念日のプレゼントやインテリアとしてもファン必見のレトロデザイン。一味違ったランタンをお探しの方に様々な燃料に対応可能なマルチランタン。防災用としても
最安値
24,800
送料無料
詳細を見る
15,600
送料無料
詳細を見る
21,800
送料無料
詳細を見る
27,260
送料要確認
詳細を見る
96,087
送料要確認
詳細を見る
41,522
送料要確認
詳細を見る
7,200
送料要確認
詳細を見る
CP約360CP(230W相当)200CP(130W相当)300CP(190W相当)-(700ml)190CP(約130W相当)200CP(130W相当)350CP
タンク容量940cc約590cc940cc-590cc590cc1.5L
燃焼時間約7~14時間7.5時間〜14時間約7~14時間最大13.5時間約7時間~15時間約7.5~15時間約7時間
レギュラーガソリン××××××◯(オクタン価92以上)
マントル数1122111
サイズ17.3×34.3(h)cm6×31(h)cm18×35(h)cm-17x17x31 cm16×31(h)cm17×17×42cm
重量約1.8kg1.4kg約1.8kg-1.4kg1.4kg2kg
専用ケース×プラスチックケース付属プラスチックケース付属プラスチックケース付属オリジナルキャリーケース(25×23×40cm)プラスチックケース付属×
商品リンク

ガソリンランタンの使い方とメンテナンス方法

ガソリンランタンは、点火するのにマントルの空焼きとポンピングが必要です。また、メンテナンスを行うことで、より長く使うことができます。

ポンピングはレバーが硬くなるまで。メンテナンスも忘れずに

ポンピングはレバーが硬くなるまで。メンテナンスも忘れずに

出典:amazon.co.jp

点火前のポンピングは、ポンプを数十回押してポンプを押すのが固いと感じるまで行います。ここで、スカスカと空気が送り込めない場合は、棒の先端に付いているゴム素材のポンプカップに、油を2.3滴差しておきましょう。


ゴムでできているポンプカップは、長くつけば使うほど経年劣化してしまうものです。劣化を防ぐためにも、定期的に油を差してメンテナンスをしておきましょう。とはいえ、油を差してもスカスカ感が変わらない場合は、ポンプカップの交換も検討しましょう。

マントルは「二重仮結び」で取り付け。全体が灰状になるまで空焼きを

マントルは、上部の突起部分に二重仮結びで取り付けましょう。取り付けたら、ライターやチャッカマンを使ってマントル全体を軽く炙っていきます。火を近づけすぎると穴が空いたり破れてしまうので、離れたところから、少しずつ炙るのがコツ。


全体が縮まって灰状になったら準備OKです。空焚きをしたマントルは、少し触れただけで破れてしまうので、決して触らない様にライターで火をつけます。最後にバルブを少しずつ開けば点火完了です。

室内使用厳禁!ガソリンランタンは必ず屋外で

室内使用厳禁!ガソリンランタンは必ず屋外で

ガソリンランタンは、必ず屋外で使うこと。ついつい、夜のテント内を照らす明かりとして使いたくなってしまいますが、室内使用は厳禁です。


屋外使用を前提としたガソリンランタンは、燃焼時に一酸化炭素が発生したり、転倒時の安全装置がついていないので、室内で使用すると重大な事故が起きる可能性があります。機能性がよく、おしゃれで見た目も良いガソリンランタンですが、必ず安全に配慮した上で使用するようにしましょう。

おすすめのガスランタンもチェック!

ランタンの明かりを楽しみたいけど、ガソリンランタンだと少し大きすぎるという方は、ガスランタンもおすすめ。バーナーと同じメーカーのものを選べば、余計な燃料を持っていく必要もありませんよ。おすすめのガスランタンは、ぜひ下のシンクよりチェックしてみてくださいね!

まとめ

今回は、ガソリンランタンの選び方を解説するとともに、おすすめの人気アイテムをランキング形式でご紹介しました。今回紹介したもの以外にも、ヴィンテージアイテムなども多数あるので、ぜひ自分の用途に合ったものを探してみてくださいね。


記事監修(ランキング部は除く):ずぼらママ https://www.zubora-mom.com/ 

関連記事

人気の記事

人気のアイテムリスト

カテゴリから探す