• ガスランタンのおすすめ人気ランキング17選のアイキャッチ画像1枚目
  • ガスランタンのおすすめ人気ランキング17選のアイキャッチ画像2枚目
  • ガスランタンのおすすめ人気ランキング17選のアイキャッチ画像3枚目
  • ガスランタンのおすすめ人気ランキング17選のアイキャッチ画像4枚目
  • ガスランタンのおすすめ人気ランキング17選のアイキャッチ画像5枚目

ガスランタンのおすすめ人気ランキング17選

キャンプに必須のアイテム「ランタン」。明るさを得るために必要なのはもちろんですが、キャンプサイトの雰囲気作りをする上でも重要です。いろいろな種類がありますが、中でもガスランタンは使い方も簡単なため、初心者から上級者まで幅広い層に人気があります。販売元もコールマン・プリムス・キャプテンスタッグ・ユニフレーム・SOTO・スノーピークなど名だたるアウトドアメーカーが勢ぞろい。

今回は、そんなガスランタンの選び方のポイントと、通販で人気のおすすめ商品をランキング形式でご紹介します。メイン用とサブ用に分けてそれぞれバリエーション豊かな商品が登場しますので、ぜひ実用的でおしゃれなランタンを見つけてください。なお記事後半ではガスランタン以外のランタン解説記事も紹介していますので、興味のある方は合わせてチェックしてみてくださいね。

この記事に登場する専門家

うぴこ
  • 最終更新日:2020年01月20日
  • 66,684  views
目次

ガスランタンの選び方のポイント

ガスランタンには、キャンプサイト全体を明るく照らす大型のものから、テーブルなど手元を照らす小型のものまで幅広いサイズがあります。選ぶときには、使用目的やガス缶の種類、燃焼時間、光量など確認するべきポイントがありますので、一つ一つ確認していきましょう。

用途に合わせてタイプを選ぶ

用途に合わせてタイプを選ぶ
ガスランタンの主な使いみちはキャンプサイト全体を照らす「メイン用」と、食卓を照らすテーブルランプなどの「サブ用」に分かれます。

ソロキャンプの場合は1つのランタンをメインとサブで共用することも可能ですが、ファミリーキャンプなどでは光量の低いサブランタンだと2~3個は必要です。メインとなるランタンは全体を照らす必要があるので、テーブル用の小型ランタンでは光量が足りません。購入するときは、用途に合わせてメイン用かサブ用かをはっきりさせてから選びましょう。

ガス缶の種類で選ぶ

ガスランタンのガス缶には、大きく分けて2つのタイプがあります。2つのガス缶とその選び方のポイントをご紹介します。

寒さに強いOD缶(専用カートリッジ)

寒さに強いOD缶(専用カートリッジ)

出典:amazon.co.jp

OD缶は各メーカーが販売しているアウトドア用のガス缶です。アウトドア用品店などの専門店や通販で購入できます。CB缶より対応しているガスランタンが多いので、幅広く選びたいときはOD缶対応のものがおすすめ。しかしアウトドア専用品のため、CB缶に比べコストがかかります。

またOD缶は、寒冷地など気温の低い場所でも火力を維持できるというのが強み。しかし厳寒期の冬山など、あまりにも気温の低い場所には向きませんのでご注意ください。

手軽でリーズナブルなCB缶(カセットボンベ)

CB缶は、家庭用でおなじみカセットコンロにも使われるガスボンベです。スーパーやコンビニなどでも購入できるので、手軽に利用きるのがメリット。価格もリーズナブルなものが多く、OD缶に比べて経済的と言えるでしょう。

しかし対応しているガスランタンがそもそも少ないのがネック。CB缶を利用したいときは、使えるかどうかを事前に必ずチェックしておきましょう。中にはOD缶・CB缶の両方に対応しているランタンもありますので、両方使えるものを準備しておくと、いざというとき便利ですよ。

また、寒冷地での使用の場合は火力の維持が難しく出力が低下します。寒冷地で利用する場合は、低温用のCB缶を用意しましょう。

他のアイテムと兼用できるガス缶がおすすめ

他のアイテムと兼用できるガス缶がおすすめ

出典:amazon.co.jp

アウトドアやキャンプなどのアイテムには、シングルバーナーをはじめ他にもガス缶を利用するものがたくさんあります。ガスランタンをそれらのガス缶のタイプに合わせると、燃料を併用できてとても便利です。まとめ買いができるのでコストが抑えられて、複数のガス缶を用意する必要がなくなるので、荷物の削減などにもつながりますよ。

燃焼時間をチェック

燃焼時間をチェック

出典:amazon.co.jp

ガスランタンの燃焼時間は、ガソリンランタンに比べて短め。メーカー・ランタンの種類・使用するガス缶によっても異なりますが、5時間前後のものが多いようです。燃焼時間が短いのであれば、当然ガス缶を複数用意する必要も出てきます。そのため、燃焼時間の確認はガスランタンを選ぶときの必須事項。1つのガス缶で長時間使用できるものを選びましょう。

しかし、メーカーによっては燃焼時間を公開しておらず、ガスの消費量のみを記載している商品もあります。一般的には光量の大きなものほど燃料も多く必要になりますので、燃焼時間がわからない場合は自宅でテストした上で必要なガス缶を計算しておいた方が良いでしょう。

明るさで選ぶ

明るさで選ぶ
ガスランタンの明るさを表す単位として、次の3つの単位がよく記載されています。

・ルクス(Lx):光に照らされた面の明るさを表す単位
・ルーメン(Lm):照明器具そのものの明るさを示す単位
・ワット(W):消費電力を表す単位

メーカーによって表記されている単位は異なり、また厳密には表す内容も違うため、なかなか比べにくいところです。目安としては、300ルクス以上・1500ルーメン以上・150ワット相当以上のいずれかであれば、メインランタンとして使える明るさと考えておくと判断しやすいでしょう。

プロの愛用するおすすめのガスランタン

まずはランキングの前に、プロの愛用するおすすめのガスランタンをご紹介します!プロのおすすめポイントを参考に、お気に入りのガスランタンを見つけてくださいね。

専門家の
マイベスト

コールマンIL ルミエールランタン (インディゴ)

2000031624

6,400円 (税込)

専門家の
マイベスト

【メイン用】ガスランタンのおすすめ人気ランキング7選

ここからはガスランタンをメイン用とサブ用にわけてランキングでご紹介します。まずは、キャンプサイト全体を照らしてくれる、おすすめのメインランタンからスタート。定番品から新製品まで取り上げていますので、ぜひチェックしてみてください。
7位
ガスランタン キャプテンスタッグ テラパワーガスランタンL
出典:amazon.co.jp

キャプテンスタッグテラパワーガスランタンL

UF-2

12,539円 (税込)

使用時サイズ(約)幅20×奥行20×高さ23cm
収納時サイズ(約)幅21.5×奥行17.5×高さ28cm
重量約1.5kg
材質-
明るさ最高照度約1,400lx 白熱電球280W相当/平均照度約1,150Lx 白熱電球230W相当
燃焼時間約2時間40分~3時間(CS-250使用時)
付属品収納ケース
機能圧電点火方式
6位
ガスランタン スノーピーク ギガパワーBFランタン
出典:amazon.co.jp

スノーピークギガパワーBFランタン

GL-300A

62,131円 (税込)

使用時サイズ(約)幅13×奥行13×高さ23.5cm
収納時サイズ-
重量約1.025kg
材質ステンレス・アルミニウム・ブラス・耐熱ガラス
明るさ白熱電球170W相当
燃焼時間-
付属品収納ケース
機能自動着火装置
5位
使用時サイズ(約)幅8.3×奥行8.3×高さ12.7cm
収納時サイズ-
重量約200g
材質-
明るさ約370lx(ガス使用時)
燃焼時間約8時間(IP-250タイプガス使用時)
付属品プラスチックハードケース
機能圧電点火装置付
4位
使用時サイズ(約)直径13.6×高さ37.5cm
収納時サイズ(約)直径13.6×高さ22.5cm
重量約1.25kg
材質本体ケース/樹脂 ハーフスクリーンホヤ/耐熱ガラス ヘッドカバー/スチール(耐熱塗装) 燃焼塔・フレーム/ステンレス
明るさ450lx 白熱電球200W相当 (ST-760使用時)/350lx 白熱電球180W相当 (ST-700使用時)
燃焼時間約4.0時間(ST-760使用時)/約4.5時間(ST-700使用時) 
付属品マントル1枚
機能圧電点火方式
3位
使用時サイズ(約)幅6.1×奥行6.2×高さ10.6cm
収納時サイズ-
重量約124g
材質-
明るさ約320lx(Tガス使用時)
燃焼時間約8時間(IP-250タイプガス使用時)
付属品ナイロンスタッフバッグ
機能圧電点火装置付
2位
使用時サイズ(約)直径13.6×高さ37.5cm
収納時サイズ(約)直径13.6×高さ22.5cm
重量約1.25kg
材質本体ケース/樹脂 ハーフスクリーンホヤ/耐熱ガラス ヘッドカバー/スチール(耐熱塗装) 燃焼塔・フレーム/ステンレス
明るさ450lx 白熱電球200W相当(ST-760使用時)/350lx 白熱電球180W相当(T-700使用時)
燃焼時間約4.0時間(ST-760使用時)/約4.5時間(ST-700使用時) 
付属品マントル1枚
機能圧電点火方式
1位
ガスランタン コールマン ランタン 2500 ノーススターLPガスランタン
出典:amazon.co.jp

コールマンランタン 2500 ノーススターLPガスランタン

2000015520

8,521円 (税込)

使用時サイズ(約)直径14.5×高さ26cm
収納時サイズ-
重量約1.3kg
材質-
明るさ約1,543lm(レギュラーガス使用時)
燃焼時間約4~8時間(470g缶使用時)
付属品ソフトケース
機能点火装置

おすすめ人気【メイン用】ガスランタンの比較一覧表

商品画像
1
ガスランタン コールマン ランタン 2500 ノーススターLPガスランタン

コールマン

2
ガスランタン SOTO フォールディングランタン

SOTO

3
ガスランタン プリムス 541マイクロンランタン

プリムス

4
ガスランタン ユニフレーム フォールディングガスランタン

ユニフレーム

5
ガスランタン プリムス 2245ランタン

プリムス

6
ガスランタン スノーピーク ギガパワーBFランタン

スノーピーク

7
ガスランタン キャプテンスタッグ テラパワーガスランタンL

キャプテンスタッグ

商品名

ランタン 2500 ノーススターLPガスランタン

フォールディングランタン

541マイクロンランタン

フォールディングガスランタン

2245ランタン

ギガパワーBFランタン

テラパワーガスランタンL

特徴キャンパーの心を揺さぶる王道ランタンコストパフォーマンスと明るさのバランス良し軽量・大光量・長時間の3拍子揃ったランタンコストも見た目もスマート燃焼時間の長い高効率ランタンメンテナンスしやすい構造大光量の大型で鮮明に照らす
最安値
8,521
送料要確認
詳細を見る
7,597
送料要確認
詳細を見る
要確認
12,500
送料別
詳細を見る
10,395
送料無料
詳細を見る
62,131
送料要確認
詳細を見る
12,539
送料無料
詳細を見る
使用時サイズ(約)直径14.5×高さ26cm(約)直径13.6×高さ37.5cm(約)幅6.1×奥行6.2×高さ10.6cm(約)直径13.6×高さ37.5cm(約)幅8.3×奥行8.3×高さ12.7cm(約)幅13×奥行13×高さ23.5cm(約)幅20×奥行20×高さ23cm
収納時サイズ-(約)直径13.6×高さ22.5cm-(約)直径13.6×高さ22.5cm--(約)幅21.5×奥行17.5×高さ28cm
重量約1.3kg約1.25kg約124g約1.25kg約200g約1.025kg約1.5kg
材質-本体ケース/樹脂 ハーフスクリーンホヤ/耐熱ガラス ヘッドカバー/スチール(耐熱塗装) 燃焼塔・フレーム/ステンレス-本体ケース/樹脂 ハーフスクリーンホヤ/耐熱ガラス ヘッドカバー/スチール(耐熱塗装) 燃焼塔・フレーム/ステンレス-ステンレス・アルミニウム・ブラス・耐熱ガラス-
明るさ約1,543lm(レギュラーガス使用時)450lx 白熱電球200W相当(ST-760使用時)/350lx 白熱電球180W相当(T-700使用時)約320lx(Tガス使用時)450lx 白熱電球200W相当 (ST-760使用時)/350lx 白熱電球180W相当 (ST-700使用時)約370lx(ガス使用時)白熱電球170W相当最高照度約1,400lx 白熱電球280W相当/平均照度約1,150Lx 白熱電球230W相当
燃焼時間約4~8時間(470g缶使用時)約4.0時間(ST-760使用時)/約4.5時間(ST-700使用時) 約8時間(IP-250タイプガス使用時)約4.0時間(ST-760使用時)/約4.5時間(ST-700使用時) 約8時間(IP-250タイプガス使用時)-約2時間40分~3時間(CS-250使用時)
付属品ソフトケースマントル1枚ナイロンスタッフバッグマントル1枚プラスチックハードケース収納ケース収納ケース
機能点火装置圧電点火方式圧電点火装置付圧電点火方式圧電点火装置付自動着火装置圧電点火方式
商品リンク

【サブ用】ガスランタンのおすすめ人気ランキング10選

続いて、テーブルなどに置くのに便利なサブ用ガスランタンのランキングをご紹介します。ムード重視・実用性重視どちらのタイプを選ぶかはお好み次第。ステキなガスランタンを見つけてくださいね。
10位
使用時サイズ-
収納時サイズ(約)幅6.0×奥行6.0×高さ11.0cm
重量180g
材質アルミ・ガラス他
明るさ-
燃焼時間-
付属品専用収納ケース(プラスチックボックス)
機能-
9位
使用時サイズ(約)幅7.7×奥行6.5×高さ11cm
収納時サイズ(約)幅3.3×奥行5.8×高さ14.2cm
重量210g
材質発光体/プラチナ ヘッドガード・リフレクター・器具栓つまみ・発光体ガード/ステンレス 点火スイッチ・空気調整レバー/樹脂
明るさ120lx 白熱電球80W相当(SOD-725T・SOD-710T使用時)
燃焼時間約6.0時間(SOD-725T使用時)/約2.0時間(SOD-710T使用時)
付属品専用収納ケース
機能圧電点火方式
8位
使用時サイズ(約)幅4.7×奥行6×高さ13.8cm
収納時サイズ-
重量150g 
材質本体タンク部/樹脂 ガラスホヤ/耐熱ガラス ヘッドカバー・ホヤ受け/アルミダイカスト
明るさ70lx 白熱電球60W相当(ST-760ガス使用時)/50lx 白熱電球30W相当(ST-700ガス使用時)
燃焼時間約1.5時間(ST-760ガス使用時)/約1.7時間(ST-700ガス使用時)
付属品専用ケース・マントル1枚
機能圧電点火方式
7位
使用時サイズ(約)幅12×奥行12×高さ14.5cm
収納時サイズ-
重量340g 
材質-
明るさ約470lx(Tガス使用時)
燃焼時間約4.5時間(IP-250ガス使用時)
付属品プラスチックハードケース
機能圧電点火装置付
6位
ガスランタン スノーピーク ギガパワーランタン天オート
出典:amazon.co.jp

スノーピークギガパワーランタン天オート

GL100A

8,250円 (税込)

使用時サイズ(約)直径5.7×高さ9.5cm
収納時サイズ(約)幅6.2×奥行6.5×高さ10.3cm
重量135g
材質ステンレス・アルミ・ブラス・耐熱ガラス
明るさ白熱電球80W相当
燃焼時間-
付属品-
機能自動着火装置
5位
使用時サイズ(約)幅10×奥行13×高さ15cm
収納時サイズ(約)幅6.5×奥行10.5×高さ15cm
重量約247g
材質メッシュホヤ・燃焼塔・器具栓つまみ/ステンレス ボンベホルダー・点火スイッチ/樹脂
明るさ150lx 白熱電球80W相当(ST-760使用時)/150lx 白熱電球80W相当(ST-700使用時)
燃焼時間約4.5時間(ST-760使用)/約4.5時間(ST-700使用時)
付属品専用収納ケース、マントル1枚
機能圧電点火方式
4位
使用時サイズ(約)幅10×奥行7.5×高さ13cm
収納時サイズ-
重量約200g
材質-
明るさ約273lm(レギュラーガス使用時)
燃焼時間約6~12時間(230g缶使用時)
付属品プラスチックケース
機能点火装置
3位
使用時サイズ(約)直径13.6×高さ37.5cm
収納時サイズ(約)直径13.6×高さ22.5cm
重量1.3kg
材質樹脂・ハーフスクリーンホヤ/耐熱ガラス ヘッドカバー/スチール(耐熱塗装) 燃焼塔・フレーム/ステンレス
明るさ660lx 白熱電球230W相当(ST-760使用時)/550lx 白熱電球210W相当(ST-700使用時)
燃焼時間約3.0時間(ST-760使用)/約3.5時間(ST-700使用時)
付属品マントル1枚
機能圧電点火方式
2位
使用時サイズ(約)幅4.2×奥行4×高さ10.5cm
収納時サイズ(約)幅5.1×奥行4.7×高さ11.2cm
重量約102g
材質アルミニウム合金・ブラス・ゴム・ガラス・ステンレス鋼
明るさ-
燃焼時間約71時間(500gのガス缶使用時)
付属品-
機能-
1位
使用時サイズ(約)幅7.3×奥行6×高さ18.3cm
収納時サイズ-
重量約210g
材質-
明るさ-
燃焼時間約28~38時間(230g缶使用時)
付属品プラスチックケース
機能-

おすすめ人気【サブ用】ガスランタンの比較一覧表

商品画像
1
ガスランタン コールマン ルミエールランタン

コールマン

2
ガスランタン スノーピーク リトルランプ ノクターン

スノーピーク

3
ガスランタン SOTO 虫の寄りにくいランタン

SOTO

4
ガスランタン コールマン フロンティアPZランタン

コールマン

5
ガスランタン SOTO レギュレーターランタン

SOTO

6
ガスランタン スノーピーク ギガパワーランタン天オート

スノーピーク

7
ガスランタン プリムス 535マイマーランタン

プリムス

8
ガスランタン SOTO G-ランプソリッド

SOTO

9
ガスランタン SOTO プラチナランタン

SOTO

10
ガスランタン Casllee ポータブル ガスランタン

Casllee

商品名

ルミエールランタン

リトルランプ ノクターン

虫の寄りにくいランタン

フロンティアPZランタン

レギュレーターランタン

ギガパワーランタン天オート

535マイマーランタン

G-ランプソリッド

プラチナランタン

ポータブル ガスランタン

特徴キャンドルのように揺れる炎! 雰囲気を大切に限定モデルは売り切れ必至! 優しい明かりのランタン虫嫌いの方は試す価値あり柔らかな光で長時間照らす低温下でも役立つ機能を搭載軽量・コンパクトなクラシックランタン十分すぎるほどの明るさでメイン使いにもどこへでも持ち歩ける手軽さプラチナ発光で強度の高いランタンソロキャンプのメイン用の明かりとしてもおすすめ
最安値
4,222
送料無料
詳細を見る
3,848
送料別
詳細を見る
8,699
送料別
詳細を見る
3,728
送料別
詳細を見る
5,066
送料要確認
詳細を見る
8,250
送料別
詳細を見る
10,610
送料要確認
詳細を見る
4,180
送料別
詳細を見る
15,176
送料無料
詳細を見る
2,580
送料要確認
詳細を見る
使用時サイズ(約)幅7.3×奥行6×高さ18.3cm(約)幅4.2×奥行4×高さ10.5cm(約)直径13.6×高さ37.5cm(約)幅10×奥行7.5×高さ13cm(約)幅10×奥行13×高さ15cm(約)直径5.7×高さ9.5cm(約)幅12×奥行12×高さ14.5cm(約)幅4.7×奥行6×高さ13.8cm(約)幅7.7×奥行6.5×高さ11cm-
収納時サイズ-(約)幅5.1×奥行4.7×高さ11.2cm(約)直径13.6×高さ22.5cm-(約)幅6.5×奥行10.5×高さ15cm(約)幅6.2×奥行6.5×高さ10.3cm--(約)幅3.3×奥行5.8×高さ14.2cm(約)幅6.0×奥行6.0×高さ11.0cm
重量約210g約102g1.3kg約200g約247g135g340g 150g 210g180g
材質-アルミニウム合金・ブラス・ゴム・ガラス・ステンレス鋼 樹脂・ハーフスクリーンホヤ/耐熱ガラス ヘッドカバー/スチール(耐熱塗装) 燃焼塔・フレーム/ステンレス-メッシュホヤ・燃焼塔・器具栓つまみ/ステンレス ボンベホルダー・点火スイッチ/樹脂ステンレス・アルミ・ブラス・耐熱ガラス-本体タンク部/樹脂 ガラスホヤ/耐熱ガラス ヘッドカバー・ホヤ受け/アルミダイカスト発光体/プラチナ ヘッドガード・リフレクター・器具栓つまみ・発光体ガード/ステンレス 点火スイッチ・空気調整レバー/樹脂アルミ・ガラス他
明るさ--660lx 白熱電球230W相当(ST-760使用時)/550lx 白熱電球210W相当(ST-700使用時)約273lm(レギュラーガス使用時)150lx 白熱電球80W相当(ST-760使用時)/150lx 白熱電球80W相当(ST-700使用時)白熱電球80W相当約470lx(Tガス使用時)70lx 白熱電球60W相当(ST-760ガス使用時)/50lx 白熱電球30W相当(ST-700ガス使用時)120lx 白熱電球80W相当(SOD-725T・SOD-710T使用時)-
燃焼時間約28~38時間(230g缶使用時)約71時間(500gのガス缶使用時)約3.0時間(ST-760使用)/約3.5時間(ST-700使用時)約6~12時間(230g缶使用時)約4.5時間(ST-760使用)/約4.5時間(ST-700使用時)-約4.5時間(IP-250ガス使用時)約1.5時間(ST-760ガス使用時)/約1.7時間(ST-700ガス使用時)約6.0時間(SOD-725T使用時)/約2.0時間(SOD-710T使用時)-
付属品プラスチックケース-マントル1枚プラスチックケース専用収納ケース、マントル1枚-プラスチックハードケース専用ケース・マントル1枚専用収納ケース専用収納ケース(プラスチックボックス)
機能--圧電点火方式点火装置圧電点火方式自動着火装置圧電点火装置付圧電点火方式圧電点火方式-
商品リンク

用途に合ったランタンを選ぼう!

今回はガス式のランタンをご紹介しましたが、ランタンは1つを使いまわすよりも、用途に合わせてタイプを変えた方が使いやすいです。シーンごとにおすすめのランタンも簡単にご紹介しますので、アウトドアライフの参考にしてください。

全体を照らすメインランタン

全体を照らすメインランタン
屋外を広範囲に照らすメインランタンは、ガソリン・ガス・LEDのどの種類のランタンを使用してもOK。光量はガソリン式やガス式の方が大きめですが、最近ではLEDタイプのランタンも光量が大きなものが販売されています。

日帰りのバーベキューで、暗くなる前に帰るから必要ないと思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、場所や季節によって暗くなるタイミングは変わります。暗い場所での後片付けや慣れない場所での移動は危険ですので、出かけるときはメインランタンを必ず準備しておきましょう。

卓上用や調理用のサブランタン

卓上用や調理用のサブランタン

出典:amazon.co.jp

食事中のテーブルの上の雰囲気をアップしたり、調理スペースで使うのに便利なのがサブランタンです。こちらもどのタイプのランタンでもOK。ただし、メイン用よりも明るさを抑えたものを選びましょう。

夜間のトイレなどにも利用したいときは、持ち運びしやすく安全なLED式がおすすめです。LED式の中には、分割式になっていてメインとサブの両方に使えるタイプもあるので、ぜひチェックしてみてください。また、雰囲気重視の方にはオイルを使ったキャンドルランタンもおすすめです。

テントを照らすテントランタン

テントを照らすテントランタン
テントの中を明るくしてくれるテントランタンは、キャンプの必需品です。これはほぼLEDランタン一択。ガス式やガソリン式の火を使うランタンは、火事や一酸化中毒の危険があります。安全のためにも、LEDランタンを選びましょう。

まとめ

さまざまなメーカーのガスランタンをご紹介しましたが、いかがでしたか? 使用目的で選ぶのはもちろんですが、雰囲気重視でデザインから選ぶのももちろん自由です。

ちょっとした不便さもキャンプの味わいのひとつ。非日常を楽しませてくれるお気に入りを見つけてくださいね。

関連記事

人気の記事

人気のアイテムリスト

カテゴリから探す

アクセスランキングよく見られている人気記事